月別アーカイブ  [ 2016年10月 ] 

≪ 前月 |  2016年10月  | 翌月 ≫

出会い系サイトで38歳の人妻さんと出会いましたが、中出しOKでしたw

出会い系サイトで38歳の人妻さんと出会いました。
もちろん援ですが。
食事をした後、彼女が
「このままお別れじゃ寂しいわね」
と言うので、夜景の綺麗な場所に車で向かいました。
丘の上にある駐車場には、数台の車が停まっていました。

【続きを読む】

クラスで接点のなかったギャルに、怪我の手当をしてもらって生中してしまいました

高校を卒業してこれといってやりたい事もなく、かといって大学に進む事も考えていなかった僕は、調理師免許でも取ろうと思い調理系の専門学校に入った。
入学して一週間もするとクラスに自然とグループが出来てくる。
やる気マンマンの真面目集団。
やる気ゼロのギャル上がり集団。

【続きを読む】
[ 2016/10/31 17:20 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

妻の友達夫婦と旅行に行ったら、奥さんが混浴温泉で乱交しているのを見てしまい

2年前のことですが、妻の女学校時代の友人と、
その旦那さんと一緒に旅行に行ってきました。

しかし、妻の友人はオッパイは超巨乳ですが、体もすこし太目でした。
顔は可愛いので、愛嬌があるオデブちゃん?という所ですか

昼間は店を見に行ったり眺めのよい所を回ったりして夕方温泉宿に入りました。

【続きを読む】
[ 2016/10/31 12:30 ] 男性の体験談 温泉での体験 男性 | TB(0) | CM(-)

主人の会社のカメラサークルのモデルになって視姦されました

こんにちわ、主人四十代、私三十代の夫婦です。
主人は会社で『カメラ倶楽部』に席を置いています。
活動といっても、年に数回あるだけで、ほとんどが飲み会です。
倶楽部員は、主人を入れて、たったの五人だけ、部長は会社の専務さんです。
四十代は主人だけで、専務が六十歳、後は五十代後半です。

【続きを読む】
[ 2016/10/30 22:00 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

兄が単身赴任なので、義姉のアソコに蜘蛛の巣が張らないように頑張りましたw

兄は単身で転勤。

家には母親と俺より若い義姉と俺の三人住まい。

義姉と関係を持ち始めて2年。

兄の代わりに義姉のマムコが干上がらないように、いつも潤わせてあげてる。

さっき母親が帰ってきたが、今日は朝から出かけてくれたおかげで、義姉とゆっくり時間を過ごせた。

【続きを読む】

職場の飲み会は、下品過ぎて酒池肉林でした

職場の飲み会でのエロ体験です。
職場と言っても全体ではなく、気心の知れた者だけに声を掛けて、都合のついた者だけで行われた居酒屋での飲み会です。
20歳前後から男は30代半ばまでの5名、女は22歳から40歳ちょい過ぎくらいまでの4名が参加しました。
仕切りは30代半ばの高橋さんで、「酔うと勃起する」と豪語する人物。

【続きを読む】

リゾートに行ったら酔った従姉が風呂に入ってきた

義理の従姉を抱いた。
今からそれを詳しく書こう。

妻や子供が義母たちとリゾートへ行った。
家には俺一人。
暇である。

【続きを読む】
[ 2016/10/29 22:11 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

葬儀で久しぶりに会った従妹は立派な巨乳ちゃんに性長していた

当時、俺は21歳で、従妹のさおり(仮名)は19歳で、叔母の葬式で久しぶりに再会した。
小学生の頃はよく遊んでいたが、高校生になって部活なんかで忙しくて、また身内との行事ごともなかったので、全く会ってなかったが、再会した時はだいぶ大人になっていて、こんなに女性は変わるものかとびっくりした。
葬式自体は涙、涙で終わったが、終わったあとの食事は、身内のみんなが久しぶりの再会だったので、いろいろとつもる話で盛り上がっていた。

【続きを読む】
[ 2016/10/29 21:11 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

夫婦でこぢんまりとやっている整体に行ったら、奥さんがエロ施術を

先日、夫婦でやっている整体に行った時の話です。

初めて行ったのですが、そこは店の看板も無く、全くの隠れ家的な感じでした。
中に入ると30前後の綺麗な女性が迎えてくれました。

【続きを読む】

バイト先のバツイチの先輩は、金髪ギャル風でとにかく上手だったw

簡単に自己紹介。
僕(ヨシ):21歳、都内の某大学3年生、2個下の彼女アリ、スーパーのレジ打ちバイト。
美樹さん:28歳、バツイチ(子供なし)、バイト先の先輩、美人系で165cm位、色白細身、Dカップ。

僕は自宅付近のスーパーでレジ打ちのバイトをしているのですが、最初に入った時にレジの打ち方などを教わった女の先輩(美樹さん)がいました。

【続きを読む】
[ 2016/10/29 12:30 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

【ブロマガ】強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた5

前回の話

私は、目の前で悠斗に潮吹きさせられて、いつもの強気が信じられない程に悲鳴のようなあえぎ声をあげていた美里を見て、パンツの中を少し汚してしまった。昼間に何度もオナニーをしていたので、さすがに射精をしてしまったわけではないが、手も触れていないのに少しだけ精液が漏れ出してしまったような感覚だった。

美里は、悠斗の身体に腕を巻付け、自分からも激しく舌を絡めるようなキスをしている。いつもは男言葉で強気な美里が、まるっきりメスの顔で舌を絡めている……。
「気持ち良かったっすか? じゃあ、入れるっすね」
悠斗はそう言って、馬鹿げたほど大きなペニスを握る。そして、美里のアソコに押し当てようとする。

すると、美里が悠斗を押しのけた。
『調子のってんなよ。そこで座ってろ』
美里は、メスの顔からサディスティックな顔に戻っていた。
「そんなぁ……」

『ほら、アンタもこっちおいで』
美里は、少し照れたような顔をしている。私は、慌てて美里に近づく。
『全部脱ぎな』
美里に短く命令をされて、私は慌てて服を脱いでいった。
『なんでこんなにドロドロになってるんだよ。ホント、ド変態だな』
そう言って、美里は私のものをくわえてくれた。娼婦のような煽情的なランジェリー姿の美里が、私のペニスをくわえてくれている。それだけで、私はイッてしまうのではないかと思うくらいに大きな快感を感じていた。

『やっぱり、アンタの方がくわえやすいな。これくらいが一番だよ』
美里は、私のものをフェラチオしながら、しみじみと言う。私は、一瞬褒められたような気持ちになったが、暗に私のものが小さいと言われていることに気がつき、羞恥で顔を赤くしてしまった。

「そんなぁ、俺のはダメっすか?」
悠斗が、情けない声で言う。私は、そう言えば悠斗が見ていたんだなと思い出した。会社の後輩に見られながら、妻にフェラチオされている……。今さら異常な状況だなと思い始めた。

『オマエのはデカすぎるんだよ! アゴが疲れるし、最悪だよ』
美里が、吐き捨てるように言う。
「またまたぁ、本当は、このビッグサンが大好きなくせに!」
おどけながら言う悠斗。
『ビッグサン? なんだそれ』
小馬鹿にしたように言う美里。
「いや、その、マイサンがデカいからビッグサンっす」
『あぁ、息子って意味のサンか。くだらない』
美里が吐き捨てるように言う。
「すんません……」
美里に冷たく言われて、しょんぼりした悠斗。でも、座っていても、その勃起したペニスがデカいのがよくわかる。ヘソより上……みぞおち辺りまで届いているのでは? と、思うほどの長さだ。

美里は、興味なさそうな顔になり、私のものをくわえてくれた。そして、舌を使ったり、唇を引っかけたり、口の内側に亀頭をこすりつけたりしながらフェラチオを続けてくれる。

『やっぱり、アンタのが一番良いよ』
美里は、私のペニスをもてあそぶようにしながら言う。私は、圧倒的な敗北感を感じているのに、そんな事を言ってもらって妙に嬉しかった。
でも、私は、もうすぐにでもイッてしまいそうになってしまった。それでも、少しでも長く美里のご奉仕を楽しみたくて、必死で我慢した。美里が、こんなに熱心にお口のご奉仕をしてくれる事なんて、本当にまれだ。

すると、悠斗が私の横にドンと座った。太もも同士が触れるほどの近くに座った悠斗。
「ちゃんと比べて下さいっす」
と、美里に言う悠斗。私は、すぐ横にそそり立つ悠斗のペニスを見て、あまりの圧倒的なサイズの差に、恥ずかしくてうつむいてしまった。

『ふん。待ってろ』
鼻で笑う美里。そして、すぐに悠斗のモノを左手で握った。そのまま、私のものも右手で握ると、
『倍以上違うな。こんな太いと、邪魔だろ?』
美里は、いつも以上に男言葉になっている。
「そんな事ないっすよ。みんな、夢中になるっすもん。美里さんも、本当は欲しくて仕方ないんじゃないっすか」
悠斗は、ムキになったような感じで言う。美里は私のペニスの方がいいと言ってくれているが、私は敗北感しか感じていない。

こうやって、すぐ近くで見比べてみると、大人と子供の差がある。美里は3倍違うと言っていたが、それもあながち間違いではないと思うくらいに違う。

美里は、両手を動かして、それぞれのペニスをしごき始める。まさか、こんな形での3Pになるとは夢にも思っていなかった。
『長さも全然違うな。おんなじ感じでやってると、あらら、すっぽ抜けちゃう』
そう言って、私のペニスを握りそこなった美里。悠斗のペニスの長さに合わせて、同じように左右の手を動かすと、私のものが短いのでこんな風にすっぽ抜けるようだ。

美里は、握り直して同じようにしごき、またすっぽ抜けて私のものを握りそこなう。
『長さも全然違うんだな。アンタ、本当に小っちゃいんだな』
美里は、私のことを真顔で見つめながら言う。私は、その言葉に屈辱を感じたが、同時に、背中をゾクゾクッと快感が走っていくのを感じてしまった。

『こんなこと言われてるのに、なんで余計に固くなってんだよ。ド変態だな』
美里は、ニヤけた顔で言う。私は、口ごもるだけでなにも言い返せない。
「美里さん、俺のもくわえてみて下さいよ。比べたら、デカい方がくわえやすいかも知れないっすよ」
『それはない。まぁ、試してみるけど』
そう言って、私のすぐ横で、悠斗のペニスをくわえてしまった。確かに、美里は目一杯口を大きく拡げている。ギチギチという感じだ。
『やっぱデカすぎるし。アゴはずれそうになるって』
少しキレ気味に言う美里。
「そんな事言って、くわえた途端、目がトロンとしたっすよ」
からかうように言う悠斗。でも、私もそれに気がついていた。美里は、デカすぎる悠斗のペニスをくわえた途端、一目瞭然に顔がメスの顔になった。
『うっさいわ。苦しくて涙目になってるだけだろ!?』
少し慌てた感じで美里が言い返す。
「そうっすね〜。ほら、もっとくわえて下さいよ。もっと比べてもらわないと、わかんないっすよ」
悠斗は少し小馬鹿にした感じで、ペニスをブンブンとジョイスティックみたいに弄びながら言う。本当に、惚れ惚れするようなペニスだ。美里も、ついついその動きを目で追ってしまっているのがわかる。

『ば〜か』
美里はそう言うと、悠斗のペニスから手を離して、私に覆いかぶさるようにしてキスをしてくれた。美里は、キスをしながらも私のペニスを手でしごき続けてくれる。キスをしながらだと、どうしてこんなにも快感が増すのか不思議に思いながらも、私も必死で舌を絡めた。
『愛してる』
美里は、キスをしながらそんな言葉をかけてくれる。私は、本当に嬉しかった。隠し撮りで見た美里と悠斗とのセックスを見て、私はもしかしたら本当に美里を奪われてしまうのではないかという不安を感じた。でも、美里は普段あまり言ってくれない”愛してる”という言葉を言いながら、私に舌を絡め、手で巧みにしごいてくれる。

すると、
『ンうぅあっっ! ダ、ダメ……ひぃアァァッ!!』
と、美里が私に抱きつきながら叫んだ。私はビックリして顔を上げた。すると、悠斗がバックで美里にハメていた。
「あれぇ? 美里さん、いまイッたっすね」
悠斗は、少しイジワルな顔になっている。
『イ、イクか、バカ! 早く抜けって!』
美里は、そんな風に言う。でも、腰のあたりがガクガク震えているし、顔もトロンとした顔になっている。確かに、悠斗に極太を突っ込まれ、イッてしまったようだ。
「またまたぁ〜。メチャクチャ締め付けてきてるっすよ。おまんこは抜いちゃダメって言ってるっす」
悠斗はそう言うと、腰を前後に動かし始めた。
『うぅぁっ! バ、バカっ! なんで動かしてるんだよ! うぅあっ! ぬ、抜けっ! ヒィうぅ……あぁっんっ!』
美里は、バックの体勢でハメられながら、身体をひねって悠斗を見て言う。でも、言葉とは裏腹に、顔と声がどんどんとろけていくような感じだ。

「ほら、先輩も興奮した顔になってるっすよ。もっとイキまくって興奮させちゃいましょうよ」
悠斗はそう言って、腰の動きを強くした。私に抱きついている美里を通して、その振動が伝わってくる。
『うぅ、うっ! うあっ! み、見るな、あぁっ! 見ないで……イヤぁぁっ! あっ! あぁっ! ダメっ! ダメぇっ!』
美里は、私のことを見つめながら弱々しく言う。こんな美里は、見たことがない。とろけた顔だけど、泣きそうな感じで私に言う美里。私は、思わず彼女にキスをした。すると、美里の舌が荒々しく私の口に飛び込んできて、そのまますごい勢いでかき混ぜてくる。

私もそれに応えるように舌を絡めると、悠斗がさらに激しく腰を振り始めた。まるで、キスをする美里を見て、嫉妬でもしているように、ガンガン腰を振る。ブラもショーツも穴の空いたエロいランジェリー姿のまま、美里はバックで突き続けられる。
『ンッ! んっーっ! んっんっっ!!』
私とキスをしながら、強くうめく美里。私は、嫉妬と興奮が入り混じり、今までに感じたことがないほど興奮していた。美里は、うめくようにあえぎながら、私にキスを続ける。悠斗は、さらに激しく腰を振る。すると、美里は堪えきれないようにキスを解き、
『ダメぇ、うぅあっ! イ、イッちゃう! 見ないでっ! ダメっ! 康太ぁっ! ゴメン、イッちゃうっ!! イクっ! イクぅっ!!』
美里はそう言って、私に抱きついて身体をガクガクッと震わせた。

すると、悠斗は腰の動きを止めて、
「やっぱりデカい方が気持ちいいっすよね」
と、得意げに言った。
『……死ね……』
美里は、息も絶え絶えと言う感じでそう言った。
「死にそうになるほど突いてって事ですか?」
おどけて言う悠斗。
『違うに決まってるだろ? いいから早く抜けよ!』
美里は、つよがるように言う。
「抜いて良いんすか? 美里さんのおまんこ、締め付けて抜かないでって言ってますよ」
『そんなわけねーだろ!』
美里はトロンとした顔のまま言う。

「先輩も、もっと見たいっすよね? 美里さんがイキまくるの、見たいっすよね?」
悠斗は、私に向かってそんな事を言ってくる。でも、実際彼の言う通りだった。私は、黙ってうなずいた。
「ほらほらっ! 先輩もそう言ってますよ!」
悠斗は、うなずいた私を見て、鬼の首でも取ったようにはしゃぐ。
『……ド変態……。アンタのじゃ、感じなくなったらどうすんだよ。いいのかよ?』
バックでハメられたまま、美里が私を鋭い目で見ながら言う。口ごもる私だったが、悠斗が動き始めた。

『ウゥッ! バ、バカッ! もうやめろって! うぅあぁ、ダメ、あぁっ!』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


デリでタイ人を呼んだら中出しがデフォだったw

以前、財布にそれなりの余裕があった時のこと。
やりてぇな~と思い、手っ取り早くホテトルを呼ぶことにした。
電話をかけると、日本人以外に外国人もいるとのことで、タイ人の子を頼んだ。
ホテルの部屋で待っていると、早速タイ人の女の子が来た。
笑顔が可愛く、肌は少し褐色で第一印象はなかなかいい。

【続きを読む】
[ 2016/10/28 22:00 ] 男性の体験談 外国人女性との体験 | TB(0) | CM(-)

嫁はヤバい系AVの女優だった過去がある

坂口杏里は25歳でAVデビューしたが、俺の嫁は22歳でAV引退して、23歳で俺と出会い、25歳で俺と結婚した。
もう、結婚して12年、俺は45歳で嫁は37歳になった。
俺は嫁がAVに出ていたことを知らないで出会った。
出会った当時、嫁は23歳だったが、中学生のような顔をしていて、夜遅くにビールの自販機の前にいた嫁に声をかけた。
「こんな夜遅くに1人でであるっちゃダメだろう?それにお酒なんか買って、どうするつもりだ。早く帰りなさい。」
と咎めた。

【続きを読む】
[ 2016/10/28 17:30 ] 男性の体験談 嫁との体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁がサッカー教室のコーチ達とサンドイッチファックしてたのを見た私は

その日は土曜日で私は家に居た。

妻は午後から子供のサッカー教室の手伝いで子供達と学校に出掛けて行った。
私は一人で家に居るのも暇なので、散歩がてら子供のサッカーでも見に行こうかと
家を出た。

【続きを読む】
[ 2016/10/28 17:10 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

入院中に、新人ナースの吐精の練習台になりました

高校2年の夏休み中、持病の喘息の病状を調べるために検査をすることになって2週間の入院をすることになった。

入院をする病院には俺より10歳年上で「R姉さん」と呼んでいる幼馴染の看護師がいて、入院中は担当になることになった。

R姉さんは俺が幼稚園に通っている時からの知り合いで、お互いに住んでいる家が隣同士でよく一緒に遊んだりしていたのでたまに姉弟と間違えられたりしていた。

【続きを読む】
[ 2016/10/27 22:00 ] 男性の体験談 ナースとの体験談 | TB(0) | CM(-)

スナックの娘がヤバいくらいにセックスが上手いのは環境のせいかな?

小さなスナックを営むマスターとママの娘、三姉妹の長女~愛ちゃん(仮名)

自分の仕事(OLさん)が終わってから、両親の店を手伝いながら飲むのが日課な彼女。
店で二度目に会った時連絡先交換。三度目は彼女の仕事帰り待ち合わせて両親の店まで歩いていく途中公園でおしゃべりした。
色々話してるうちに話しはHな方向へw

【続きを読む】
[ 2016/10/27 21:04 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

同級生とその巨乳の嫁さんと俺達夫婦で温泉乱交旅行をした

友人のT君に夫婦で呼び出され居酒屋で飲んでいた。

T君と俺達夫婦は、高校の同級生で32歳。
T君は太っていてモテない為、2年前に結婚した相手が初めての女だった。

「俺君達二人は、今でもエッチしてるの?」

【続きを読む】
[ 2016/10/27 17:30 ] 男性の体験談 温泉での体験 男性 | TB(0) | CM(-)

子供の保育園の先生とひょんなきっかけでSNSをする事になり

俺の子供が行く保育園にはミカ先生がいる。
表情も態度も柔和そのもの。
芸能人で言えば、木村多江に似ていた。

ある日、俺が一人でスーパーに行くと、「あの・・・」と、声を掛けられた。
咄嗟に誰か判らなかったがミカ先生だった。

【続きを読む】

同じアパートの完熟奥様を盗撮した結果2

若い頃の実話の思い出です。裏は勝手に想像して書きました。
アパートの向かいにあの子が越してきてから、風紀が変わった。
平山さんは下着を盗まれ、自転車のそばで股間を膨らませたあの子を見たと言ってる。
暑くなって、雨戸を閉めなくなって気づいたことだけど、主人とセックスしている最中に窓の向こうに人の気配を感じる。気のせいだと思って、明るい時に確認したら壁になんだかシミがある。

【続きを読む】

同じアパートの完熟奥様を盗撮した結果1

若い頃の実話の思い出です。表は感じたまま書きつづります。
高校を卒業してまもなく一人暮らしを始めた。風呂無しボロアパートの1階に部屋を借りた。
親元を離れて自由な暮らしを夢見たが、彼女も出来ずAV鑑賞の毎日に満たされない欲求が膨らんでいった。
刺激を求めて近所を徘徊しても何かあるはずもなく、アパートに戻り一人寂しく過ごしていた。

【続きを読む】

テキーラ、ウォッカ、飲みすぎて気がついたら妹とやっていました

とにかく、あの日は飲んだ。
ワインに始まってウイスキー、ウオツカ、テキーラ・・・。
泥酔以上、酩酊未満。
最後は何が何だか分からなくなった。
潰れてこそいないが、ほとんど意識がぶっ飛んだ状態。

【続きを読む】
[ 2016/10/26 17:05 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

図書館でよく見かける爆乳の後輩に、無理のある理由で胸を揉ませたもらった結果

中学3年生の9月頃。
土曜日の午後3時過ぎ、家から徒歩5分程の距離にあるコンビニに立ち寄る際に、窓ガラス越しに見覚えのある女子が1人いた。
彼女は、同じ中学の1年後輩で、よく昼休みに図書館で見かけていた。
眼鏡を掛けた少々ブサイク顔のぽっちゃり体型でしたが、服の上から分かる程盛り上がった爆乳の持ち主だった。

【続きを読む】
[ 2016/10/26 12:30 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

特別学級の彼女のおっぱいに理性を失った結果……

俺は昔から友達が少なかく、一人で過ごす事が多かった。
小学校5年生に進級し、数少ない友達とも別れてクラスで完全に孤立してしまった。
始業式から数日が経ったある日、休み時間に暇で仕方なく教室で過ごしていたら、ふと特別学級の教室に数多くの遊び道具がある事を思い出し、そこで時間を潰す事にした。

【続きを読む】
[ 2016/10/25 23:00 ] 男性の体験談 処女との体験談 | TB(0) | CM(-)

出会い系で知り合った可愛い子は、いつもゴックンしてくれたけどとんでもない秘密を持っていた

超恥ずかしい話なんだけど、ここで発散しちゃってヨロシイ?
先々月の事、友達と呑んでて2shotカードってのを貰った。
残りは10分ぐらいあるから使っていいよって。
今時テレクラみたいなの需要あるのか?って聞いたら、無いからあげるんだって言われた。
エロDVD買いに行ったらカードが売ってて、思わず買っちゃったらしい。

【続きを読む】

バーベキューで河原に行って全裸で泳いでいたらスマホのシャッター音が

家族四人で、子供達の夏休み中に、川へキャンプに行って来ました。
そこは、あまり川幅の広くない中洲のある川で、誰かがバーベキューをした跡はあるけど、その日は誰もいない、橋から離れた場所でした。
さっそくみんなで手分けして、テントを張ったり、テーブルを組み立てたり、バーベキューの準備をしたりしました。

【続きを読む】
[ 2016/10/25 20:06 ] 女性の体験談 露出プレイ 女性 | TB(0) | CM(-)

塾で知り合った彼女は、陸上部で6パックのムキムキだったw

だいたい10年前の話です。
受験前の高3の時に親が強制的に個別指導塾へ入塾させてきました。
そこで今でも忘れられない体験を1度だけしました。

俺のプロフィール。
当時17歳、男子校出身、もちろん童貞暦=年齢。
170cm、46kgの色白ヒョロガリ、マンガアニメ同好会。
顔は草彅剛を酷くした感じ。

【続きを読む】
[ 2016/10/25 12:30 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

ヘンタイビッチな嫁をもらった結末は託卵生活でした

結婚当時、優子は「30人の男が使ったまんこだよ」と言いながらズブ濡れのパイパンまんこを
私の顔に万遍なく擦りつけてくれた。
「中出しされた精子が出てきたらもっと嬉しいんでしょう?フフフ」
要求すればそのまま私の口に放尿することも・・・
優子は結婚前30人ほどの男と経験をしていたが、ほとんどの相手は妻子ある男だった。

【続きを読む】
[ 2016/10/24 22:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

※嫁が入っていたサークルは、乱交サークルだった

今日は、嫁が遠い親戚の法事で、実家に泊まりで行っているので、久しぶりの独身気分で浮かれていた。

俺は28歳で普通の会社員。嫁の里香は26歳で、結婚してまだ2年だ。
付き合い始めて半年ほどで結婚したので、まだまだラブラブだ。
里香は155cmで、50kgを切る体重なので、小柄で可愛らしい感じだ。美人とは言えないかもしれないが、リスみたいでなんか愛嬌がある。
いまだに学生に間違えられることも多い里香だが、胸だけは爆乳だ。
見た目の幼さと爆乳はギャップがあり、そこが俺の好きなところでもある。

【続きを読む】
[ 2016/10/24 20:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

驚くほど仕事の出来ないパートの人妻に、教育的指導をした

私はあるチェーン店で店長をしています。32歳ですが独身です。
この店には半年前に着任しました。総勢で12人のスタッフがいて、みんなよく働いてくれて助かっています。その中の1名のパートさんのことで若干むかついていました。何度言っても改善がなく、正直やめてもらおうと思っていたくらいです。

【続きを読む】

パチンコ屋でアイスコーヒーをごちそうして熟女を頂きました

先日、夕方から駅近のパチ屋で『慶次』打ってたら、俺の隣の角台が空いてすぐに40歳オーバーと思われる派手な女が座った。
ちょっとキツめの香水を漂わせていたので水商売系かな?と思いつつも、俺は確変中だったので台に集中。
しばらく大人しく打ってたみたいだけど、気が付いたらお隣さんはかなりイライラしてたみたい。

ちょうどコーヒーレディが通ったんで、俺は出玉でアイスコーヒー2つ注文。

【続きを読む】
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー