月別アーカイブ  [ 2016年10月 ] 

≪ 前月 |  2016年10月  | 翌月 ≫

【ブロマガ】強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた5

前回の話

私は、目の前で悠斗に潮吹きさせられて、いつもの強気が信じられない程に悲鳴のようなあえぎ声をあげていた美里を見て、パンツの中を少し汚してしまった。昼間に何度もオナニーをしていたので、さすがに射精をしてしまったわけではないが、手も触れていないのに少しだけ精液が漏れ出してしまったような感覚だった。

美里は、悠斗の身体に腕を巻付け、自分からも激しく舌を絡めるようなキスをしている。いつもは男言葉で強気な美里が、まるっきりメスの顔で舌を絡めている……。
「気持ち良かったっすか? じゃあ、入れるっすね」
悠斗はそう言って、馬鹿げたほど大きなペニスを握る。そして、美里のアソコに押し当てようとする。

すると、美里が悠斗を押しのけた。
『調子のってんなよ。そこで座ってろ』
美里は、メスの顔からサディスティックな顔に戻っていた。
「そんなぁ……」

『ほら、アンタもこっちおいで』
美里は、少し照れたような顔をしている。私は、慌てて美里に近づく。
『全部脱ぎな』
美里に短く命令をされて、私は慌てて服を脱いでいった。
『なんでこんなにドロドロになってるんだよ。ホント、ド変態だな』
そう言って、美里は私のものをくわえてくれた。娼婦のような煽情的なランジェリー姿の美里が、私のペニスをくわえてくれている。それだけで、私はイッてしまうのではないかと思うくらいに大きな快感を感じていた。

『やっぱり、アンタの方がくわえやすいな。これくらいが一番だよ』
美里は、私のものをフェラチオしながら、しみじみと言う。私は、一瞬褒められたような気持ちになったが、暗に私のものが小さいと言われていることに気がつき、羞恥で顔を赤くしてしまった。

「そんなぁ、俺のはダメっすか?」
悠斗が、情けない声で言う。私は、そう言えば悠斗が見ていたんだなと思い出した。会社の後輩に見られながら、妻にフェラチオされている……。今さら異常な状況だなと思い始めた。

『オマエのはデカすぎるんだよ! アゴが疲れるし、最悪だよ』
美里が、吐き捨てるように言う。
「またまたぁ、本当は、このビッグサンが大好きなくせに!」
おどけながら言う悠斗。
『ビッグサン? なんだそれ』
小馬鹿にしたように言う美里。
「いや、その、マイサンがデカいからビッグサンっす」
『あぁ、息子って意味のサンか。くだらない』
美里が吐き捨てるように言う。
「すんません……」
美里に冷たく言われて、しょんぼりした悠斗。でも、座っていても、その勃起したペニスがデカいのがよくわかる。ヘソより上……みぞおち辺りまで届いているのでは? と、思うほどの長さだ。

美里は、興味なさそうな顔になり、私のものをくわえてくれた。そして、舌を使ったり、唇を引っかけたり、口の内側に亀頭をこすりつけたりしながらフェラチオを続けてくれる。

『やっぱり、アンタのが一番良いよ』
美里は、私のペニスをもてあそぶようにしながら言う。私は、圧倒的な敗北感を感じているのに、そんな事を言ってもらって妙に嬉しかった。
でも、私は、もうすぐにでもイッてしまいそうになってしまった。それでも、少しでも長く美里のご奉仕を楽しみたくて、必死で我慢した。美里が、こんなに熱心にお口のご奉仕をしてくれる事なんて、本当にまれだ。

すると、悠斗が私の横にドンと座った。太もも同士が触れるほどの近くに座った悠斗。
「ちゃんと比べて下さいっす」
と、美里に言う悠斗。私は、すぐ横にそそり立つ悠斗のペニスを見て、あまりの圧倒的なサイズの差に、恥ずかしくてうつむいてしまった。

『ふん。待ってろ』
鼻で笑う美里。そして、すぐに悠斗のモノを左手で握った。そのまま、私のものも右手で握ると、
『倍以上違うな。こんな太いと、邪魔だろ?』
美里は、いつも以上に男言葉になっている。
「そんな事ないっすよ。みんな、夢中になるっすもん。美里さんも、本当は欲しくて仕方ないんじゃないっすか」
悠斗は、ムキになったような感じで言う。美里は私のペニスの方がいいと言ってくれているが、私は敗北感しか感じていない。

こうやって、すぐ近くで見比べてみると、大人と子供の差がある。美里は3倍違うと言っていたが、それもあながち間違いではないと思うくらいに違う。

美里は、両手を動かして、それぞれのペニスをしごき始める。まさか、こんな形での3Pになるとは夢にも思っていなかった。
『長さも全然違うな。おんなじ感じでやってると、あらら、すっぽ抜けちゃう』
そう言って、私のペニスを握りそこなった美里。悠斗のペニスの長さに合わせて、同じように左右の手を動かすと、私のものが短いのでこんな風にすっぽ抜けるようだ。

美里は、握り直して同じようにしごき、またすっぽ抜けて私のものを握りそこなう。
『長さも全然違うんだな。アンタ、本当に小っちゃいんだな』
美里は、私のことを真顔で見つめながら言う。私は、その言葉に屈辱を感じたが、同時に、背中をゾクゾクッと快感が走っていくのを感じてしまった。

『こんなこと言われてるのに、なんで余計に固くなってんだよ。ド変態だな』
美里は、ニヤけた顔で言う。私は、口ごもるだけでなにも言い返せない。
「美里さん、俺のもくわえてみて下さいよ。比べたら、デカい方がくわえやすいかも知れないっすよ」
『それはない。まぁ、試してみるけど』
そう言って、私のすぐ横で、悠斗のペニスをくわえてしまった。確かに、美里は目一杯口を大きく拡げている。ギチギチという感じだ。
『やっぱデカすぎるし。アゴはずれそうになるって』
少しキレ気味に言う美里。
「そんな事言って、くわえた途端、目がトロンとしたっすよ」
からかうように言う悠斗。でも、私もそれに気がついていた。美里は、デカすぎる悠斗のペニスをくわえた途端、一目瞭然に顔がメスの顔になった。
『うっさいわ。苦しくて涙目になってるだけだろ!?』
少し慌てた感じで美里が言い返す。
「そうっすね〜。ほら、もっとくわえて下さいよ。もっと比べてもらわないと、わかんないっすよ」
悠斗は少し小馬鹿にした感じで、ペニスをブンブンとジョイスティックみたいに弄びながら言う。本当に、惚れ惚れするようなペニスだ。美里も、ついついその動きを目で追ってしまっているのがわかる。

『ば〜か』
美里はそう言うと、悠斗のペニスから手を離して、私に覆いかぶさるようにしてキスをしてくれた。美里は、キスをしながらも私のペニスを手でしごき続けてくれる。キスをしながらだと、どうしてこんなにも快感が増すのか不思議に思いながらも、私も必死で舌を絡めた。
『愛してる』
美里は、キスをしながらそんな言葉をかけてくれる。私は、本当に嬉しかった。隠し撮りで見た美里と悠斗とのセックスを見て、私はもしかしたら本当に美里を奪われてしまうのではないかという不安を感じた。でも、美里は普段あまり言ってくれない”愛してる”という言葉を言いながら、私に舌を絡め、手で巧みにしごいてくれる。

すると、
『ンうぅあっっ! ダ、ダメ……ひぃアァァッ!!』
と、美里が私に抱きつきながら叫んだ。私はビックリして顔を上げた。すると、悠斗がバックで美里にハメていた。
「あれぇ? 美里さん、いまイッたっすね」
悠斗は、少しイジワルな顔になっている。
『イ、イクか、バカ! 早く抜けって!』
美里は、そんな風に言う。でも、腰のあたりがガクガク震えているし、顔もトロンとした顔になっている。確かに、悠斗に極太を突っ込まれ、イッてしまったようだ。
「またまたぁ〜。メチャクチャ締め付けてきてるっすよ。おまんこは抜いちゃダメって言ってるっす」
悠斗はそう言うと、腰を前後に動かし始めた。
『うぅぁっ! バ、バカっ! なんで動かしてるんだよ! うぅあっ! ぬ、抜けっ! ヒィうぅ……あぁっんっ!』
美里は、バックの体勢でハメられながら、身体をひねって悠斗を見て言う。でも、言葉とは裏腹に、顔と声がどんどんとろけていくような感じだ。

「ほら、先輩も興奮した顔になってるっすよ。もっとイキまくって興奮させちゃいましょうよ」
悠斗はそう言って、腰の動きを強くした。私に抱きついている美里を通して、その振動が伝わってくる。
『うぅ、うっ! うあっ! み、見るな、あぁっ! 見ないで……イヤぁぁっ! あっ! あぁっ! ダメっ! ダメぇっ!』
美里は、私のことを見つめながら弱々しく言う。こんな美里は、見たことがない。とろけた顔だけど、泣きそうな感じで私に言う美里。私は、思わず彼女にキスをした。すると、美里の舌が荒々しく私の口に飛び込んできて、そのまますごい勢いでかき混ぜてくる。

私もそれに応えるように舌を絡めると、悠斗がさらに激しく腰を振り始めた。まるで、キスをする美里を見て、嫉妬でもしているように、ガンガン腰を振る。ブラもショーツも穴の空いたエロいランジェリー姿のまま、美里はバックで突き続けられる。
『ンッ! んっーっ! んっんっっ!!』
私とキスをしながら、強くうめく美里。私は、嫉妬と興奮が入り混じり、今までに感じたことがないほど興奮していた。美里は、うめくようにあえぎながら、私にキスを続ける。悠斗は、さらに激しく腰を振る。すると、美里は堪えきれないようにキスを解き、
『ダメぇ、うぅあっ! イ、イッちゃう! 見ないでっ! ダメっ! 康太ぁっ! ゴメン、イッちゃうっ!! イクっ! イクぅっ!!』
美里はそう言って、私に抱きついて身体をガクガクッと震わせた。

すると、悠斗は腰の動きを止めて、
「やっぱりデカい方が気持ちいいっすよね」
と、得意げに言った。
『……死ね……』
美里は、息も絶え絶えと言う感じでそう言った。
「死にそうになるほど突いてって事ですか?」
おどけて言う悠斗。
『違うに決まってるだろ? いいから早く抜けよ!』
美里は、つよがるように言う。
「抜いて良いんすか? 美里さんのおまんこ、締め付けて抜かないでって言ってますよ」
『そんなわけねーだろ!』
美里はトロンとした顔のまま言う。

「先輩も、もっと見たいっすよね? 美里さんがイキまくるの、見たいっすよね?」
悠斗は、私に向かってそんな事を言ってくる。でも、実際彼の言う通りだった。私は、黙ってうなずいた。
「ほらほらっ! 先輩もそう言ってますよ!」
悠斗は、うなずいた私を見て、鬼の首でも取ったようにはしゃぐ。
『……ド変態……。アンタのじゃ、感じなくなったらどうすんだよ。いいのかよ?』
バックでハメられたまま、美里が私を鋭い目で見ながら言う。口ごもる私だったが、悠斗が動き始めた。

『ウゥッ! バ、バカッ! もうやめろって! うぅあぁ、ダメ、あぁっ!』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


【ブロマガ】強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた4

前回の話

私は、屋上から移動してトイレに行き、さっきの音声ファイルを再び聞き始めた。そして、オナニーを始めてしまった。会社のトイレでオナニーをするなんて、新入社員でもしないなと思いながら、それでも激しくしごいてしまった。

妻の美里の浮気音声を聞きながらのオナニーは、信じられない程の興奮と快感だった。普段から早漏気味の私だけど、1分も保たずに射精してしまい、さすがに落ち込んでしまった。
今日は、二度もオナニーをしてしまった……。まるで、10代に戻ったような気持ちだ。

そして、事務所に戻ると、まだ悠斗は帰ってきていなかった。私は、とりあえず仕事に集中した。でも、頭の中はさっきの美里の激しいあえぎ声でいっぱいだった。

私とのセックスでは、あんなに乱れることはない。せいぜい、半分程度だ……。敗北感を感じるレベルでもないほどの、圧倒的な差を感じてしまう。

そしてしばらくすると、悠斗が戻ってきた。
「お待たせしました! これでよかったですか?」
悠斗は、いつもの軽い感じとは違う感じで、少し緊張した感じでノートパソコンを渡してきた。
「おっ、悪いな! 助かるよ。美里はいた?」
私は、緊張しながら悠斗の出方をうかがった。正直に言うのか、ナイショにするのか……。
「いました! ていうか、なんか、エッチさせてくれたっす! すんません」
悠斗は、あっさりと正直に言った。そして、素直に謝った。私は、少し拍子抜けしながらも、悠斗らしいなと安心した。
「そっか、美里、オマエのデカいの気に入ったみたいだからな。まぁ、たまに遊んでやってくれよ」
私は、半分本気、半分虚勢でそんな事を言った。
「マジっすか!? 勝手に遊びに行ってもいいんですか!?」
悠斗は、嬉しそうに言う。私は不思議だった。まだ20代の悠斗が、35歳の美里に夢中になる理由がわからない。悠斗は、背が少し低めなのを除けば、イケメンだしノリが良いしで、モテる要素は沢山持っていると思う。実際、会社でも女子人気は断トツの一番だと思う。

「別にかまわんよ。好きにしたらいいよ。美里も喜ぶし」
私は、不思議なほど冷静にそう言った。
「じゃあ、今晩もお邪魔します!」
悠斗は、本当に嬉しそうに言う。
「えっ? 今日か?」
「いつでもいいんっすよね?」
「あ、あぁ、うん」
そうして、今日彼が遊びに来ることが決まった。私は、美里に電話をした。
『ふ〜ん、そう。急だね。たいしたもの作れないよ』
美里は興味なさそうに言う。悠斗とは違い、私にはナイショにするつもりなのだろうか?
「うん。急にゴメンね。よろしく」
『はいはい』
そんな風に、素っ気なく電話は終わった。

そして、仕事を早めに切り上げると、浮かれる悠斗と一緒に会社を出た。
帰りの道すがら、
「先輩って、いつから寝取られ性癖なんですか?」
と、悠斗に聞かれた。
「いや、そんなんじゃないよ。そんな性癖は持ってない」
私は、とっさにそう答えた。
「えっ!? 気がついてないんですか?」
驚いた顔で言う悠斗。
「いやいや、気がつくもなにも、そんなんじゃないから」
「だって、美里さんのエッチ見ながら、イッてたじゃないっすか」
笑いながら言う悠斗。
「い、いや、アレはその……美里の感じてる姿がセクシーだったから」
「それを寝取られ性癖って言うんだと思います」
悠斗は力強く言う。
「そうなのか? そんな自覚はないけど……」
私は、そんな事を言いながらも、すでに納得していた。私には、寝取られ性癖がある……それは、もう間違いないと思っていた。

自宅に戻ると、
「美里さん、お邪魔しますっす!」
と、大きな声で挨拶をして、ドカドカと上がり込む悠斗。
『すっす、うるせーよ』
美里の、キレ気味の声が聞こえる。
「すんません。クセなんす」
そんな、コントのようなやりとりをする二人。気のせいではなく、二人の距離はすごく縮んでいるみたいだ。

「アンタもボーッとしてないで、早く上がりな」
美里は、玄関で靴も脱がずにボーッとしている私に向かってそんな事を言う。私は、慌てて靴を脱いで家に上がった。

そして、三人での夕食が始まった。たいしたものは作れないと言っていた美里だったが、生姜焼きや唐揚げなんかが並び、なかなかのボリュームの夕食が用意されていた。
「ホント、美里さんの料理って、マジで美味いっすね!」
『はいはい、ファミレスと同じくらい美味いんだっけ?』
美里は皮肉たっぷりに言う。
「はい! ファミレス並みに美味いっす!!」
悠斗は、そんな皮肉にまったく気がつくことなく、力強くそう言った。彼の中では、”ファミレス並み”というのは、やっぱり最高の褒め言葉のようだ。
『フン、まぁイイや。ほら、いっぱい食べろ!』
美里はそんな風に言いながら、おかずを皿にのせていく。悠斗は食べながらお礼を言い、さらに口の中にかき込んでいく。美里は、まんざらでもない顔でそれを見つめている。

そして、悠斗のフードファイトみたいな夕食は終わった。その後は、ワインやビールを飲みながらの、少し落ち着いた時間が始まった。
『なんで彼女作らないんだ?』
美里が、急にそんな話を始めた。
「だから言ってるじゃないっすか。美里さんみたいな子がいないだけっす」
『ふ〜ん。私みたいって、どんな感じなんだよ』
「年上で、ちょっと怖いけど、実は可愛いって感じっす」
『ふ、ふざけんな! ホント、アンタは適当なことばっか言ってるな』
「そんな事ないっす。だって、今も照れまくってるじゃないっすか」
『はいはい。ほら、飲めよ』
美里は、確かに照れている感じだ。そして、照れ隠しに酔いつぶそうとしているようだ。
「あと、意外にエッチなところもいいなって思うっす」
『別にエッチじゃないし。アンタこそ、頭の中エッチのことしかないだろ?』
「はいっ! 9割くらいはエロっす!」
『ハァ。って、なにおっ立ててんだよ』
美里が、悠斗の股間を指差しながら言う。確かに、悠斗の股間は見た目にすぐわかるほど盛り上がっていた。

「そりゃ、美里さんの胸チラ見えまくってるんで、こうなっちゃいます」
『なに覗いてんだよ。ド変態』
「なに言ってんすか。そんなエロいブラしてるクセに。俺のためっすか?」
『ばぁ〜か。康太のために決まってるだろ』
そう言って、上着をサッと脱いだ美里。上半身ブラだけの姿になった。それは、確かにエロいブラだった。私は美里の隣に座っていたので、胸チラに気がつかなかった。美里が、こんな穴あきのエロいランジェリーを装着しているとは想像もしていなかった。

黒のレース仕立てのブラは、肝心のブラトップ部分に切れ込みが入っていて、乳輪も陥没気味の乳首も丸見えだ。そして、いつもは陥没気味の乳首も、今日はすでに半分ほど飛びだしていた。

「そんなブラ、持ってたんだ……」
私は、録音のせいで薄々知っていたが、とぼけてそんな風に言った。
『たまにはこんなのもいいだろ?』
美里は、少し恥ずかしそうな感じだ。

「スゲぇエロいっす。俺の、こんなになっちゃいました」
悠斗は、すでにペニスを取りだしていた。驚くほど太くて長いペニスが、ズボンのファスナーからにょっきりと生えたみたいになっていた。
『なに出してんだよ!』
美里は、少し慌てた感じで言う。
「欲しくなっちゃいました?」
笑いながら言う悠斗。何となく、余裕が感じられる。昼間のセックスのせいかもしれない。
『なるか!』

「まぁまぁ、この前みたいにすればいいじゃん」
私は、そんな風に言いながらも、すでに激しく興奮していた。いつものリビングに、エロい下着の美里と勃起した悠斗がいる……。それだけで、興奮が抑えきれなくなってしまった。

『はぁ? なに言ってんの?』
美里は、あきれたように言う。でも、怒っている様子はない。
「いいっすね! 今度こそ、ちゃんと天国に連れてくっす!」
そう言って、悠斗は美里の横に移動する。そして、スッとかがむような動きを見せると、美里の胸にむしゃぶりついた。乳首を舐め始めた悠斗を、美里は押しのけるようなことはせず、
『赤ん坊かよ』
と、あきれたような言葉を吐く。でも、悠斗はかまわずに美里の胸を舐め続ける。右の乳首を舌で舐め、左の乳首を指で転がすようにする。相変わらずの慣れた動きだ。

『ホント、赤ん坊みたい……ンッ、こんなことばっかり上手だな……』
美里は、割とあっさり甘い声をあげ始めた。
「乳首、カチカチになってます」
『うぅ……。うるさい……。いいから、集中して舐めろよ』
美里は、気持ちよさそうな声をあげながら言う。悠斗は、言われた通りに集中して舐め続ける。

『ベッドに行くぞ……』
美里は短く言うと、寝室に向けて歩き始めた。悠斗は、慌ててあとを追う。ファスナーからペニスをポロンと出したまま追いかける悠斗は、少し間抜けな感じがした。

私も後を追い、寝室に入った。美里はすぐにスカートも脱ぎ始め、あっという間にランジェリー姿になった。ブラとおそろいのショーツは、やっぱり見たことのないショーツで、ブラと同じく穴が空いているような感じだった。
たぶん、オナニーの時に着用しているモノだと思う。

「それ、エロいっすよね」
悠斗が、何の気なしに言う。
『は、早く脱げよ! 余計なこと言ってないでいいから!』
美里は、動揺した口調で言う。この下着のことを、悠斗が知ってるのはマズいと思ったのだと思う。やっぱり、美里は昼間のことは私にはナイショにするつもりのようだ。美里が私に秘密を持つ……。そんな事で興奮してしまう私は、やっぱり寝取られ性癖なのかも知れない。

「はぁ〜い」
悠斗は軽い返事をした後、服を脱ぎ始めた。自分が失言をした自覚はないようだ。秘密にするという発想がないのかも知れない。

そして、悠斗は全裸になった。華奢な身体に見えるが、脱ぐと結構筋肉質な感じだ。昔ボクシングをしていた名残なのだと思うが、なかなか格好いい身体だと思う。

『ほら、寝てみろよ』
美里はそんな風に素っ気なく指示をする。悠斗はすぐにベッドに寝転がる。私達夫婦のベッドに、また悠斗が寝転がっている……。この前はあまりの急展開に、そんな事を考える余裕もなかった。
すると、美里が悠斗に覆いかぶさり、胸を顔に押し当てるようにする。
『舐めろよ』
短く命令する美里。でも、表情を見ると興奮しているのが伝わってくる。悠斗は、下から少し頭を持ち上げ気味にして美里の乳首を舐め始めた。
『ンッ、フゥ……。ホント、こんなことばっかり上手だな……』
美里は、すぐに目がトロンとしてきた。すると彼女は、悠斗に乳首を舐めさせたまま、悠斗の固くいきり立ったペニスを手でしごき始めた。
「あぁ、美里さん、気持ちいいっす」
悠斗は、感激したような口調で言う。昼間に、セックスして中出しまでしたくせに、手コキでこんなに喜ぶ悠斗……。本当に、美里に惚れているんだなと伝わってくる。私は、優越感と焦燥感が入り混じり、胸が苦しくなってしまった。

そして、しばらくお互いに愛撫を続ける二人。美里の声がどんどん甘くとろけていく。
「乳首好きっすね。イキそうなんじゃないっす?」
『全然……。いいから、もっと気合い入れて舐めろよ』
美里は、強がったように言う。すると、悠斗の手が美里の股間に伸びていった。そして、ショーツの穴から美里のアソコを触り始める。

『ンッ、フゥ……あぁっ、あっ、ンッ、あ、あぁっ♡』
美里は、悠斗に乳首を舐められながらアソコを触られ、本当に気持ちよさそうにあえぎ始めた。
「スゲぇ、ビチャビチャッす。美里さん、興奮してるんすね」
悠斗は、美里のアソコをまさぐりながら言う。薄暗くて濡れているのかどうかはわからないが、ヌチョヌチョというような、湿った音は響いてくる。

『オ、オマエだって、我慢汁出過ぎだぞ。こんなババァ相手に、そんなに興奮してるのか?』
美里は、小馬鹿にしたような口調で言う。照れ隠しの気持ちもあるのだと思うが、少しムキになっている感じだ。

「そりゃ、興奮しますって! 好きな女性がこんなエロい格好でしてくれてるんすから」
ストレートに気持ちを言う悠斗。
『バ、バカかよ。人妻相手になに言ってんだよ。アイツだって見てるんだぞ』
珍しく、動揺した態度を見せる美里。いつも冷静で少し醒めている美里が慌てる姿は、それだけでもレアだと思う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


コンビニの女店長をフリーターの俺がこましてみた

3年ほど前、俺はよくいるコンビニフリーターだったんだが、そのコンビニの店長(当時23歳女)は俺とタメだった。オーナーは別の店(本店)にいるのでその店はバイトと店長だけだった。

んでよくバイト仲間と飲みに行ってたんだが、たまに店長も参加してた。そんなこんなで2,3年経ち、俺は深夜シフトのリーダーとして信頼は厚かった。

【続きを読む】

【15話目をアップしました】姉妹サイト オリジナル寝取られ体験談のご紹介

【15話目をアップしました】

姉妹サイトで、ブロマガではない寝取られ体験談を書き始めました。
ブロマガではないので無料です。1話あたりが短いですが、長い話になる予定です。

エッチで萌えた体験談厳選ブログ
友達カップルと、一日だけパートナーを入れ替えて鍋パーティーをしたら10

当ブログの、ブロマガ一覧です。
色々なシチュエーションの、オリジナル寝取られ体験談が多数あります。
NTR使える寝取られサイトブロマガ一覧
姉妹ブログのブロマガ一覧です。
エッチな体験談や萌えた体験談ブログブロマガ一覧
姉妹ブログのブロマガ一覧です。
アブノーマルな動画やマンガと体験談ブロマガ一覧
姉妹ブログのオリジナル体験談一覧です。
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談

[ 2016/10/14 09:33 ] おすすめやお知らせ | TB(0) | CM(-)

40独男ですが、取引先の若手社員の嫁さんを不倫してます

私は地方都市に住む40代の独身中年男です。1年ほど前から、取引先の若手社員Kの妻と不倫関係が続いています。

Kは私の会社が使っている制作会社の若手社員でしたが、仕事以外に地元クラブでDJをしたりと交友関係も広い男で、20代からクラブに通っていた私は彼がレジデントをつとめるパーティによく出かけるようになりました。

Kは私と違って身長も高くイケメンで、女の子にもよくモテました。仕方がないことではありますがチヤホヤされるKを横目で見ながら本当にうらやましかったものです。

【続きを読む】

レズっ気のある子と女友達と3Pをする事になったw

マンガみたいな話なんだけども、女友達に彼氏のフリを頼まれた。
彼女は青森の出身で、地元から友達が遊びに来るので1日だけ彼氏のフリをしてくれと。
その友達ってのが高校時代の同級生らしんだけど、ちょっとレズっ気があって、高校時代に結構激しく迫られていたとか。
別の同級生の結婚式に出席した際に再会してしまい、現在は関東にいる彼女のところに遊びに来たいって言い出したみたい。

【続きを読む】
[ 2016/10/11 21:01 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)

ベロベロに酔っ払った女の先輩をおぶって部屋まで上げたら欲情してしまって

先月末の金曜日、同じ課の打ち上げで偉く酔っぱらった女の先輩(26)を、家が同じ方向の僕がタクシーで送った。

彼女のアパートの前で下ろして、僕はそのままタクシーで帰るつもりだったが、あまりに酔い方がひどく、しかも先輩の部屋は階段を上って3階ということもあり、仕方なく僕が料金を払い、おぶって上ることに。

担当が違うため普段あまり話す事がない人だったので、いきなりおぶるのも…って気がする。

【続きを読む】

真面目だった同級生が、人妻になっていたけど調教開始した2

さて、このキヨミって人妻なんだけど・・・。
顔はかなり童顔で、高校の時も隠れファンがいたくらい人気があった。
背は小さいんだよね。
身長は150cmないよ、体重は推定で40kgくらいか?
実際痩せてるしな!

【続きを読む】

真面目だった同級生が、人妻になっていたけど調教開始した1

高校時代の同級生だった人妻のキヨミ(仮名)と付き合う事になったのは4年前。
同窓会で再開したキヨミは、高校時代の真面目なイメージは変わっていなかったが、30歳になっても童顔でスタイルもよく目にとまった。
真面目で物静か、クラスでも目立たない方だったが、容姿は当時から可愛らしく、男子にも人気だった。

【続きを読む】

やっと出来た彼女の処女を、他の男に奪ってもらいたい僕3【ブロマガ】

前回の話

僕は、慌ててズボンを見た。すると、薄暗くてあまりわからないけど、少しだけシミが出来ている感じだった。まさか、少しとはいえ手も触れていないのに漏れ出てしまうなんて、僕は自分がどれだけ興奮しているのだろう? と、驚いてしまった。

隙間から覗くと、すずは真っ赤な顔のままベッドに座っていた。ブラはカップが下に引き下げられ、胸が丸見えになっている。ただでさえ大きな胸が、より大きく見える。ブラに下から支えられて寄せられている感じなので、胸の谷間が凄く強調されていて、グラビアアイドルなんかみたいだ。

『次は、マサ君の番だね。ほら、全部脱いじゃいなよ! それとも、脱がせようか?』
すずは、楽しそうにそんな事を言う。でも、緊張している感じも伝わってくる。
「だ、大丈夫だよ! 自分で脱ぐから!」
そう言って、雅俊は自分で服を脱ぎ始めた。あっという間にパンツ一枚になった雅俊。股間の部分が凄くもっこりしている。すずも、雅俊が脱ぐのにあわせて、中途半端に着たままだったブラウスとブラを外し、全裸になった。
『もう、大きくなってるね』
すずは笑いながらそう言うと、人差し指でそれをつついた。僕は、すずのその行動に、心拍数が一気に上がるのを感じた。すずが触られるよりも、すずが自分から触る方がショックが遥かに大きかった。

「ゴメン……でも、すずちゃんのそんな格好見たら、死にかけのおじいさんでも勃起しちゃうよ」
雅俊の言葉に、すずは爆笑しながら、
『なにそれ。面白い』
と言った。本当に楽しそうに笑うすず。僕は、胸がざわざわしてしまった。すずは、普通に楽しそうだ。僕の狂った性癖のために、イヤイヤしてくれている……はずなのに、爆笑レベルで笑っている。

『じゃあ、最後は私が脱がせるね』
そう言って、すずは雅俊のパンツを脱がせた。元気よく飛び出てくる雅俊のペニス。確かに、つちのこみたいな感じだった。普通は、亀頭部分が一番太いと思うけど、雅俊のペニスは竿の中央部分も太くて、言い方は悪いかも知れないが、ずんぐりとした感じだ。確かに、すずが言っていた通り太くて大きいペニスだった。
『やっぱり、太いよね。なんか、マサ君草食系なのに、ここは結構肉食系なんだね』
「そうかな? 普通だと思うけど……」
『普通じゃないよ。絶対に大きいと思うよ』
「あ、ありがとう」

『じゃあ、どうしようか? どうしたい?』
すずは、これから処女を失おうとしているのに、緊張している感じはない。それどころか、雅俊をリードしている感じがする。

「う、うん……。キスしても良い?」
雅俊が、ガチガチに緊張しながら言う。
『えっ? そ、それは……。キスはゴメン……。でも、それ以外だったらなんでもいいよ!』
すずは、申し訳なさそうに言う。僕は、ホッとしながらも、少し残念に思ってしまった。

「じゃあ、寝てもらっていい?」
『うん』
そう言って、ベッドに寝転がったすず。大きな胸は、仰向きで寝てもそれほど潰れた感じにはならない。張りのある若々しい胸だ。まだ19歳なので当然なのかも知れないが、本当に綺麗で大きな胸だと思う。

雅俊は、ベッドに寝たすずに覆いかぶさるような感じになる。そして、そのまま乳首を舐め始めた。
『あぁ、気持ち良い……。マサ君、上手だね』
すずは、本当に気持ちよさそうな声で言う。雅俊は、すずの声が聞こえないみたいな感じで、夢中で乳首を舐め続ける。赤ちゃんが夢中でおっぱいを吸っているような感じがする。

『ンッ、フゥ、あっ、あっ♡ 気持ちいい、乳首凄く気持ち良いよぉ』
すずは、さっきイカされたばかりだからか、敏感になっているみたいで、とろけきったような声をあげている。
雅俊は、さっきすずに指示された通り、もう片方の乳首を指で触ったりする。
『ねぇ、乳首両方舐めて』
すずはそう言って、自分で胸を左右から挟むようにしてくっつけた。すると、左右の乳首がくっつきそうになり、いっぺんに舐めることが出来る状態になる。
雅俊は、そのまま両乳首をいっぺんに舐め始めた。
『うぅあぁっ、気持ちいいぃっ! これ、すごいぃっ! ンッ、あっ、あぁぁん♡ マサ君、すごく気持ち良いよぉ』
すずも夢中になってしまった感じだ。

『マサ君、ダメぇ、またイッちゃうよぉ。ねぇ、いい? イッてもいい?』
すずは、雅俊に言っているみたいに言うけど、クローゼットの僕の方を見ている。まるで、僕に許可を求めているみたいな感じで、ドキッとしてしまった。
「ダ、ダメだよ。次は、下も舐めるから……」
雅俊は、乳首を舐めるのを止めて、緊張気味の声で言う。
『えっ? 下も舐めるの? それは……恥ずかしいよ……』
うわずった声のまま、恥ずかしがるすず。
「でも、キス以外はなんでも良いんでしょ?」
と、雅俊は揚げ足を取るようなことを言う。

『そ、それはそうだけど……。わかった……。脱ぐね……』
「ダメだよ。最後は僕が脱がせるから」
そう言って、雅俊がすずのショーツに指をかけた。そして、恥ずかしがるすずから、ショーツをはぎ取ろうとする。でも、
「凄く濡れてるんだね……。女の子って、こんな風になるんだ……」
雅俊は、すずのショーツを見てそんな事を言った。
『恥ずかしいよぉ……。そんなに見ないでよぉ!』
すずは、甘えた感じの声で言う。乳首でイカされたことで、一気に雅俊との距離が縮んだ気がする。

「だって、染み出てるよ。ほら、太ももまで濡れてるよ」
そう言って、雅俊はすずの太ももを指で拭った。そして、その濡れた指をすずの目の前に持っていく。慌ててその指を握るすず。
『もう! ばかっ!』
すずは、本当に恥ずかしそうに叫んだ。

雅俊は、ゆっくりとすずのショーツを脱がせていく。Tバックで布の小さなショーツは、あっさりと脱がされてしまった。僕の位置からでも、すずのヘアが丸見えになっている。薄くて少ないヘア……。童顔で可愛らしい顔のすずによく似合っていると思った。

「少し拡げるよ」
雅俊は、震える声で言う。
『う、うん。恥ずかしい……』
すずは、恥ずかしがりながらも、そっと足を拡げた。すずのアソコは、薄暗い中でも濡れて光っているのがわかる。なんか、生き物みたいで妙になまめかしい。

雅俊は、そのまま焦ったようにすずのアソコにむしゃぶりついた。
『イヤぁぁっ! 恥ずかしいっ! うぅあぁ、ダ、ダメぇ、ンッ、ンフゥ』
すずは、恥ずかしそうに叫びながらも、押しのけようとしたりはしない。僕は、すずのアソコを舐められてしまったことに、激しく嫉妬してショックを受けていた。
すずが雅俊とセックスをする……。それは僕が望んだことだし、何度も何度も妄想した。でも、すずがクンニをされる姿は、想像していなかった。そこまでイメージが出来なかったというのが実際のところだけど、こうやってすずが他の男にアソコを舐められている姿は、僕を信じられない程の興奮に包んだ。

『ンッ、フゥ、あっ、あぁっ! ダメぇ、そこ、ウゥあっ! あっ、あぁんっ♡』
「ここ? これが気持ちいいの?」
雅俊は、すずのリアクションを見てそんな事を聞く。
『そ、そう、そこ! そこが気持ちいいのぉ』
すずは、あっさりと感じ始めてしまった。恥ずかしい……そんな気持ちは、消えてなくなったように見える。

「凄い、カチカチになってきた。これがクリトリスだよね? 気持ちいいの?」
『そう! そこがクリだよ! 気持ちいいのっ! 自分で触るより、全然気持ち良いのぉ♡』
すずは、とろけた声であえぎ始めてしまった。考えてみれば、処女でも感じるしイク事もあると思う。オナニーだって、してるみたいだ。
僕は、勝手に処女に幻想を持ち、イメージを持ちすぎていたんだなと思った。
目の前で、処女のすずが他の男のクンニでとろけきった声をあげるている……。見たかったけど、見たくない姿だ。自分でも勝手だなと思うが、他の男とエッチしても、感じて欲しくなかった……そんな風に思っていた。

『ダメぇ、もうダメッ! マサ君、イクっ! すずイッちゃうっ! こんなの初めてっ! こんな気持ちいいの初めて! ダメぇぇーっ!』
すずは、寝たままのけ反ったような感じになる。雅俊は、すずの股間に顔をうずめたまま舐め続ける。身体が動いてしまうすずの太ももをホールドするようにしながら、クリトリスの辺りを重点的に舐め続ける。

『ヒィ、あぁ、もうダメ、ストップして、イッちゃってるのぉ、イッてるから、ダメっ! 怖いっ! もうダメぇっ!!』
すずは、少し怯えたような声で叫ぶ。もう、イキすぎて怖いということなのだと思う。初めてのクンニでイキまくるすず……。敏感な身体なんだなと思う。でも、それは僕だけが知る秘密に出来たはずだ。今さら後悔しても遅いが、正直に言うと後悔している。

「イッたの? そんなに感じてくれたの?」
雅俊が、舐めるのを止めてそんな事を聞いた。
『……めだよ……』
「え? なんて言ったの?」
『止めちゃダメだよ。女の子がダメって言うときは、もっとって事なんだから……』
すずが、少しだけ不満そうに言う。
「そ、そうなんだ、ゴメンね! もっと舐める!」
そう言って、慌ててすずのアソコを舐め始めた雅俊。僕は、すずがそんな事を言うなんて、信じられない気持ちだった。もっと舐めろというリクエスト……。すずが、遠くに行ってしまったような気持ちになった。

『ンッ、うぅ、あっ、そう、そこだよ、うぅあぁっ♡ マサ君、上手だよ、本当に気持ち良いよ♡ ク、クリの皮、めくってみて』
すずは、恥ずかしそうに言う。すると、雅俊はすぐに指ですずのクリトリスの皮をめくり始めた。
「こんな風になってるんだ……。痛くない?」
心配そうに聞く雅俊。
『うん。平気だよ。そんなに見ないで……』
すずは、恥ずかしいというよりは、興奮でうわずった感じの声で言う。
「あっ、ゴメン。じゃあ、続けるね」
そう言って、雅俊はすずのアソコを舐め始めた。指でクリトリスの皮をめくったまま、すずのクリトリスを舐める雅俊。すずはすぐに大きく反応した。

『うぅぅあっ、すごいぃっ! 気持ちいいっ! コレすごいっ! マサ君、ヤバいよこれっ!』
叫ぶすず。僕は、我慢できなくなってしまい、ズボンの上からペニスをまさぐり始めてしまった。ズボンの上からでも、声が出てしまいそうなほど気持ち良く、僕はすずのあられもない姿を見ながらオナニーを始めてしまった。

『マサ君、またイッちゃう! もうダメだよ、おかしくなっちゃうよぉっ!』
すずは、雅俊の頭を掴んでグチャグチャにしている。もう、気持ち良すぎて我を忘れている感じだ。
『イクっ! イクっ! イクぅっ!!』
すずは、一際大きく叫ぶと、身体を横にひねるようにして雅俊のクンニから逃れた。
「だ、大丈夫?」
雅俊は、ハァハァと荒い呼吸をするすずに、不安そうに聞く。
『うん。大丈夫じゃない……。気持ち良すぎて怖かったよ……』
すずは、荒い呼吸のまま、おどけたように言う。すずの雅俊を見る目が、変わってしまったように見えた。距離が近くなったというか、付き合ってる二人のように見えてしまう。

「……どうする? もう、ここで止める?」
雅俊は、この状況で信じられないことを言い出した。男が、この状況で止めようか? と言うなんて、あり得ない気がする。

『止めないよ。約束でしょ? 私の初めてもらってくれるって……』
「本気なんだね。でも、僕なんかでいいの?」
『うん。マサ君がいいの。だって、初めての人のことは一生忘れないから、マサ君がいいの』
すずが、意図がいまいち汲み取れないことを言う。
「え? どういう意味?」
『マサ君となら、後悔しないって思えるから』
「あ、ありがとう……」
そんな会話をする二人。僕は、すずは僕に言っているんだなと思った。僕に、”後悔させちゃうからね”と言ったすず。確かに、僕は後悔していた。でも、僕は後悔しながらも股間をまさぐり続けていた。

「じゃあ、コンドームつけるね」
『え? 持って来てくれたの?』
「あ、うん。一応……」
『なんだ、やる気満々だったんじゃん!』
すずは、笑いながら言う。
「う、うん。だって、こんなチャンス二度とないなって思ったから……」
『そんな事ないよ! マサ君なら、きっと良い出会いがあるよ!』
「そうかな……。でも、すずちゃんみたいな可愛い子、滅多にいないと思うけど」
『私レベルなんて、そこら中にいるって』
「いや、いないって。ホント、あいつが羨ましいよ」
『そんな風に思ってくれてたんだね……。私の事なんて、眼中にないかと思ってたよ』
「そんなわけないじゃん。あきらめてただけだよ」
『そ、そんな……』
「ゴメンね。なんか、こんな状況でこんなこと言うなんて、ダメだよね……」
『……ううん。嬉しいよ……ありがとう』
こんな会話をした二人。僕は、かなり驚いてしまった。すずと同じで、僕も雅俊はすずに興味がないと思っていた。

「じゃあ、コンドームつけるね」
そう言って、雅俊は脱いだズボンを手に取り、ポケットからコンドームを取り出した。
『……見てていい?』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


貧乳OLに日本人なら微乳でしょ! と言ったらやれました2

まじめそうな子で彼氏とも淡泊エッチばかりだったとのこと。
顔は普通だけど強いて言えば国仲涼子をきりっとさせた感じ。
スタイルはいい。というか華奢な感じ。
胸はまあAかBだろってくらいだったけどおれは微乳大好きだから全く問題なし。むしろ小さい胸を恥ずかしがるのがかわいく見える。
であるときノーパンノーブラで来てとメールしたことがあった。

【続きを読む】

貧乳OLに日本人なら微乳でしょ! と言ったらやれました1

おれ妻子持ち31、事務員29、派遣な。
1年以上前の話になんだけど派遣で新しい事務員が来たんだ。
まあなんだかんだで仲良くなっていろいろ話してたらなかなか仕事も終らないし土日もたまに出てきて仕事してるらしく、おれもたまに出てくることあったけど会ったこともなかったしひとりで仕事するのも寂しいし今度一緒に出てきて仕事するかって話になったんだ。

【続きを読む】

ネットカフェで、エロ動画でオナってる女の子がいたからメモを投げ込んでみた

先日、夜勤明けにネットカフェに行った時のこと。
私はいつも禁煙のシングルシートを頼み、後部からの視線が気になるため、後ろが本棚になっている出来るだけお客の視線が気にならないシートを選ぶのだが、今回は先客がおり、その席の対面をお願いした。

席に着き、PCの電源を入れ、飲み物を取りに行こうと思い、何気なく自分が入ろうとした席を見ると、ハンガーに女物のコートが掛かっているのが見えた。

【続きを読む】

孫までいる私が、娘婿を胸チラで誘惑して寝取られました

先日、娘(24歳)の旦那(35歳)と関係を持ってしまいました。
私(44歳)と主人(48歳)とのセックスレスはもう5年以上です。
女性として終わったなんて認めたくないですし、見た目はかなり若いので友人同士で飲みに行ったりすると必ず男性から声をかけられます。
ちょっと必死で言い訳しているようでなんですが、まだ捨てたものじゃないと思います。
先週の土曜日に娘が同窓会に出席するとのことで、お昼前から土曜保育の孫のお迎え&留守番に娘夫婦のマンションに行きました。

【続きを読む】
検索フォーム
カテゴリ