月別アーカイブ  [ 2016年09月 ] 

≪ 前月 |  2016年09月  | 翌月 ≫

生徒の母親を好きになり、その娘とも関係がありましたが、結局母親と結婚しましたw

俺は現役教師ですが、生徒の母親を好きになり、その娘とも関係がありましたが、結局母親と結婚しました。
その後の生活について報告します。

まもなく夏休みも終わろうとしてますが、非常に有意義な夏休みでした。
妻(バツ1・36歳)は、娘(チカコ・18歳)と俺が親密になるのを恐れていたが、最近はお構いなしの状態である。

妻はお盆過ぎ以降は普通通り仕事に行く。
よってそれ以降は俺と娘の2人きりの時間になる。

【続きを読む】
[ 2016/09/29 22:11 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

小柄で女顔の友人に、いきなりチンポを揉まれたことで始まったゲイ体験

自分が中学生の時、私立の男子中学に通学していました。
そんな思春期真っ盛りの時にゲイ体験を経験したので、投稿させていただきます。

自分は『A』、相手は『N』とします。
僕は身長はまあまあ高い方で、顔も普通な感じでした。
N君とは入学当時から仲良くなり、友達になりました。

【続きを読む】
[ 2016/09/29 21:11 ] 男性の体験談 男同士の体験談 | TB(0) | CM(-)

アパートの隣の部屋の女子大生は、クリイキしか出来なかったので中イキできるようにしてあげた

2年前、通勤のために越してきたアパート。
その隣部屋に住んでいた女子大生の玲子と付き合いだした。
俺は社会人1年生、玲子は大学3年生。

玲子の性体験は浅く、まだクリトリスでしかイケなかった。
その玲子も俺との性生活で次第にペニスの抽送による快感を覚えて、ペニスでもイケるようになったが、その頃、玲子が二股を掛けていたことがわかった。

【続きを読む】
[ 2016/09/29 20:10 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

高校生の娘がいるのに、18歳のデリ嬢と電マでたっぷり遊びました

私は50歳のサラリーマン、15歳下の妻と娘一人のごく平凡な家庭です。
娘も高校生になり、妻との夜はめっきり無くなりました。
以前、数回デリヘルにお世話になりました。

夏休みのある日、妻が娘と実家へ帰り留守になることがありました。
欲求不満解消とネットでデリヘルを検索。

【続きを読む】
[ 2016/09/29 18:10 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

やっと出来た彼女の処女を、他の男に奪ってもらいたい僕2【ブロマガ】

前回の話

やっと出来た彼女の処女を、他の男に奪ってもらいたい……。そんな、異常すぎるお願いを、すずは意外にあっさりと了承してくれた。同人誌とかオタク系と言われる趣味がある彼女にとっては、ボーイズラブとか男の娘が一般的には異常性癖でも、オタ的にはノーマルという感じで、寝取られ性癖もその同一線上にあったのかも知れない。

すずは、僕が打ち明けたときはさすがにショックを受けたようだったけど、あれからまだ3日も経っていないのに、もう楽しんでいるように見える。
『シュン君、どこまですれば良いのかな? キスは?』

すずは、ベッドの中で僕に抱きつきながらそんな事を聞いてくる。今日は、明日のXデーに供えて、すずの部屋に泊まることになった。明日は昼の11:00に雅俊がやってくることになっているので、その方が良いという話になった。

一緒にお風呂に入って、お互いに身体を洗いあったりした後、二人でベッドに潜り込んだ。そんな甘い雰囲気の中で、すずがいじめっ子みたいな顔で聞いてきた。
「キ、キスは……止めて欲しい」
僕は、本当はすずが雅俊とキスをしている姿も妄想していて、それが一番興奮すると思っているけど、実際にすずが他の男とキスをするのは耐えられないなと思っていた。

すると、すずが僕のパジャマのズボンの上からペニスを握ってきた。
『こんなになってるよ? 本当は、キスして欲しいんじゃないの?』
すずは、軽くからかうような感じだ。楽しくて仕方ないみたいに見える。
「うぅ……。それは……。やっぱりダメだよ」
僕は、さんざん迷って、結局そう言った。
『じゃあ、お口でするのは? まだ、シュン君にもしたことないけど、どうすればいい?』
すずは、さらに言葉を続ける。僕は、すずの可愛らしいお口に、雅俊のペニスが突き刺さっている姿を想像してしまった。

『アン。いま、ビクンってなったよ。興奮してるんだね』
すずは、パジャマ越しに僕のペニスを握ったまま言う。
「……ゴメン。お口は……してほしい」
僕は、キスはイヤだけど、フェラチオする姿は絶対に見たいと思ってそう言った。

『そう言うと思った。でも、本当に良いの? シュン君、今お口でしようか?』
すずは、可愛らしい顔で僕を上目づかいで見ながら聞く。やっぱり、眼鏡を外していると凄く可愛らしく見える。どうしても、眼鏡越しだと瞳が小さく見えてしまうけど、今はぱっちりとしたつぶらな瞳だ。

そして、大きな胸が僕の身体に押しつけられて、形をグニャッと変えている。パジャマの下はノーブラのようで、微妙に乳首の形もわかる。僕は、思わず揉んでみたくなるが、なんとかこらえた。

「う、うん。いいよ……。明日終わったら、してもらいたい……」
僕は、正直に性癖通りの希望を言った。
『シュン君って、筋金入なんだね。ガチ勢だ』
すずは、笑顔でそんな事を言った。僕は、明日のことが楽しみで、もうドキドキしていた。でも、不安な気持ちもある。もしかして、雅俊に奪われてしまうのではないか? 雅俊に処女を奪われて、後で後悔しないだろうか? そんな気持ちで、自分でもわけがわからなくなっていた。

『じゃあ、手でしてあげるね』
すずは、そんな事を言う。
「い、いや、いいよ……」
僕は、とっさにそう言った。

『どうして? だって、手でするのはもうマサ君にしちゃったよ。2番目なら良いんでしょ?』
すずは、そんな事を言う。僕は、ドキンとしながら、激しい興奮にクラクラしていた。
手でしごかれるだけなら、僕もこの前してもらった。でも、雅俊は手で射精までさせてもらった……。確かに、すずの手コキの処女は雅俊に奪われたようなものだと思う。

『ほらほら、脱がせるよ〜』
そう言って、すずは僕のパジャマのズボンを降ろし始めた。僕は、抵抗するでもなく、すずに脱がされるに任せていた。すると、そのままトランクスまで脱がされ、勃起したペニスをさらす状態になった。
『なんか、濡れてる』
すずは、僕のペニスを見て微笑みながら言う。

そしてすずは、僕のペニスを握ってきた。
『すごく固くなってるね。興奮しすぎだよぉ〜』
おどけたような口調で言うすず。でも、顔が上気している。
「ど、どこでしたの? 雅俊とは……」
僕は、すずの部屋に雅俊が入って、手コキで射精までしたと聞かされて以来、ずっとその妄想に囚われていた。

『えっとね、ここだよ。ここに寝転がってだよ』
すずは、ベッドの横のフローリングを指さして言う。ベッドの上ではなかった……。それだけでホッとしてしまう僕がいる。
「……あいつ、すぐにイッた?」
『えっ? う、うん。私が下手くそだから、30分くらいかかっちゃったよ』
すずは、動揺して言いよどんだ感じになっている。30分も手コキをした? 僕は、嫉妬で胸が張り裂けそうだった。でも、いくら下手くそとは言え、すずに手コキをされて30分も保つのだろうか? 彼氏のひいき目だと思うけど、すずは可愛いし、なによりも巨乳だ。
こんな子に手コキをされたら、童貞男子なら5分も保たないと思う。

「そんなにかかったの? 焦らしたりしたの?」
僕は、疑念を抱きながら聞いた。
『そんな事してないよ。ただ、握りづらかったから……』
すずは、本当に言いにくそうだ。
「え? どうして? 恥ずかしかったから?」
『ううん……。その……。太かったの……』
すずは、顔を真っ赤にして言う。

「太いって、おちんちんが?」
『うん……。なんか、つちのこみたいだったよ』
すずは、わかりづらい例えで言う。でも、握りづらいほど太かったということみたいだ。僕は、急に劣等感を刺激され、いたたまれない気持ちになった。

NTR使える寝取られサイトとか、そういったたぐいの寝取られ系のテキストサイトでは、巨根に寝取られるシチュエーションが圧倒的に多い。でも、まだ童貞の僕には、いまいち理解しづらい部分があった。それが今、すずの身にそれが起きそうだと思った途端、一気に理解できた。

肉体的に勝った相手に寝取られる……。しかもそれは、努力とかでは埋めることの出来ない差だ。巨根が気持ちいいとは限らないと思うけど、そんな事を思うこと自体が、劣等感の裏返しのように感じてしまう。

「そんなに太かったの?」
『うん。だって、指をギュッと締めないと届かなかったもん』
そう言って、僕のペニスをギュッと握ったすず。少し痛いくらいだ。
『これくらい握らないと、人差し指と親指がくっつかないの』
と、すずが無邪気な顔で言う。

僕のペニスは、握れば届くどころか人差し指の第一関節くらいまで楽勝に届いてしまう。僕は、自分のペニスが凄く細いんだなと自覚した。今まで、比較したことがなかったので意識しなかったが、僕のは粗チンなのかも知れない……。そう思うと、僕はやっぱり止めた方が良いのかな? と、ネガティブな気持ちになってしまった。

『で、でもね、シュン君の方が固いよ。シュン君の方がカチカチ』
すずは、慌ててそんなフォローを入れてくる。たぶん、僕が落ち込んだのを見て、自分の失言に気がついたみたいだ。

『じゃあ、するね』
すずは、少し暗くなった空気を振り払うようにそう言った。そして、手を上下に動かし始める。それは、ぎこちなくて遠慮しすぎな動きだった。そんなにソフトに握っていては、確かにイクのに時間がかかると思う。でも、すずがしてくれているというだけで、僕は幸せだった。

『痛くない?』
すずは、心配そうに聞く。
「全然。もっと強く握らないと、なかなかイケないかも」
『そ、そうなんだ。ゴメンね。だからマサ君時間かかったのか……』
「あいつ、もっと強くとか言わなかったの?」
『なにも言わなかったよ。凄く恥ずかしそうにうつむいてたから……』
あいつらしいなと思った。でも、こんな風に手コキをしたことを聞かされているだけで、嫉妬と後悔で凄くモヤモヤするのに、処女まで奪われてしまって大丈夫だろうか? と、今さらそんな事を強く思った。

「これだけソフトだと、あいつももっと強くって言いたかっただろうね」
『そっか……。悪い事しちゃったね……』
「でも、そのおかげで30分も楽しめたんでしょ? 良かったんじゃないかな?」
『う、うん……。これくらい?』
すずは、僕のペニスを握る力を強めた。でも、まだ全然ソフトだ。
「もっと強くて良いよ」
『えっ? こんなに? 痛くないの?』
「ううん。気持ちいいよ。これならすぐイッちゃうよ」
僕は、一気に快感が増して射精感が強まった。

『こんなに強くて良いんだね。なかなかイカないから、おっぱい見せたりしたんだよ。ゴメンね』
すずは、そんな事をカミングアウトしてきた。僕は、そんなの聞いてない! と、一瞬怒りを感じたが、
『あれ? なんか、白いの漏れてきたよ。少しイッちゃったの? ふふ。やっぱりヘンタイさんだ』
と、すずに言われてしまった。僕は、自分のペニスから、我慢汁ではない白い液体が漏れているのを見て、自分が少し射精してしまったことを知った。イッた感覚もなく精液が出るなんて、自分でも信じられない。でも、さっきからイッたのと同じくらいの快感を味わい続けているので、気がつかなかったのかも知れない……。

『どうすればいい? このまま続けてもいいの?』
すずは、漏れ出した僕の精液を見て戸惑っているみたいだ。僕は、そのまま続けてと言った。
『うん。シュン君のおちんちんの方が、楽でいいね。マサ君のは疲れちゃうもん』
すずが、フォローなのかイジメなのかわからないような発言をする。でも、僕はその言葉に激しく反応した。比較されて小さいと言われたようなものなのに、僕はその言葉をきっかけに、信じられないほどの快感を伴って射精をした。
『わっ! 凄いっ! マサ君のより飛んだよ!』
すずは、さらに追い打ちをかけるように言う。すずがこんな風に雅俊のことも射精させたんだなと思っただけで、僕は泣きそうだった。

『気持ち良かったみたいだね。良かった……。ねぇ、明日、本当にやるの?』
すずは、手の甲や床に落ちた精液をティッシュで拭いながら聞いてくる。どことなく、不安そうな顔になっている。
「すずちゃんさえ嫌じゃなかったら……」
『なんか、ズルい言い方。でも、シュン君に早く抱いてもらいたいから、明日、予定通りするね……。マサ君としないと、抱いてくれないんでしょ?』
すずは、ちょっとだけ悲しそうな顔になった。
「うぅ……。ゴメン……」
『……今、抱いて欲しい……』
すずは、そう言って僕に抱きついてきた。僕は、激しく迷っていた。このまま抱きたい。そんな気持ちが優勢になっていく。

「……」
『……変態……。いいよ、後悔させちゃうからね』
すずは笑いながらそんな風に言った。心情が読み取れなくて、ドキドキしてしまったが、すぐにキスをしてくれたので、心底ホッとした。
『絶対に嫌いなっちゃダメだからね……』
すずは、僕のことを見つめながら熱っぽく言った。

そして、そのまま抱き合うようにして寝た。覚えていないけど、凄く嫌な夢を見た気がして目が覚めた。すると、すずはもう起きていた。シャワーを浴びているようだ。少しすると、すずが戻ってきた。すずは、凄くセクシーなランジェリーを身につけていた。
「ど、どうしたの? それ……」
『勝負下着だよ。女の子の大切な日だからね。一生忘れない日だから、気合い入れちゃった』
イタズラっぽく笑うすず。大きな胸に、肉感的な太もも……。それが大人びたセクシーなランジェリーにとても似合っていると思った。
ブラは黒のレースがベースで、所々真っ赤な縁取りというか模様が入っている。布が小さめなので、胸の谷間がえげつないくらいに強調されている。

そして、ショーツはTバックでお尻は丸見えだ。フロント部分も布が小さく、微妙にヘアがはみ出てしまっている。外国の下着のカタログとかに出てきそうな感じだ。

『変かな? なんか、お尻が落ち着かない……』
初めて穿くTバックに、落ち着かない様子のすず。僕は、凄く似合ってるよと答えた。
『ありがとう。じゃあ、服着るね』
そう言って、すずは服を着始めた。上は普段から着ている清楚な感じの白のブラウスだ。でも、ランジェリーが黒なので、少し透けて見えてしまっている。
そして、スカートは今まで見たことのないミニスカートだった。太ももの半分程度までしか丈がないので、少し背伸びしたり、ちょっと座っただけで丸見えになってしまいそうだ。

『ちょっと短すぎたかな……。通販だと、よくわかんないね』
すずは、スカートの裾を下に引っ張って伸ばそうとしながら言う。でも、引っ張ったところで布が伸びるわけでもなく、短いままだ。

『あっ、時間だよ。ほら、隠れないと!』
すずは、壁の時計を見て叫ぶ。確かに、もう10分前だ。僕は、慌ててすずのクローゼットに身を潜めた。昨日から準備して椅子を置いてあるので、とりあえずそれに座ってみた。
折れ戸の隙間から、すずがベッドに座っているのが見える。隙間が3つあるので、ほとんど部屋中を見ることが出来る感じだ。
僕は、ドキドキしながらも、すでに勃起していた。すずのミニスカート姿が、あまりにもエロいからだ。ムチムチの太ももにミニスカート……。スト2の春麗がリアルに目の前にいるみたいだ。

すると、インターホンが鳴った。僕は、ビクッと身体を震わせた。でも、それはすずも一緒だった。そして、慌ててインターホンのところに行って応答するすず。かすかに、雅俊の声が聞こえてくる。

『いま開けるね! そのまま入ってきて』
すずはそんな指示をする。そして、オートロックを解除した。僕は、とうとうその時が来てしまったなと思っていた。そして同時に、興奮と期待と不安で、吐きそうになってしまった。

「おじゃまします」
緊張でガチガチの雅俊の声。
『どうぞ。あれ? どうしたの? それなに?』
「う、うん。なんか手土産って思って。ケーキとジュース買ってきたよ」
『ありがとう! わっ、○○○のじゃん! わざわざ買ってきてくれたの? ねぇ、食べようよ!』
「う、うん。じゃあ、箱から出すね」
そう言って、二人は部屋に入ってきた。雅俊はケーキの箱をテーブルの上に置く。そして、すずはキッチンに行く。雅俊は床に腰掛けると、箱からケーキを出そうとした。でも、キッチンのすずの方を見て、固まってしまった。

すずは、キッチンの上の棚から皿とかを出そうとしていた。背伸びした感じになっているので、スカートがずり上がり、お尻が丸見えになっていた。Tバックのヒモまではっきりと見えてしまっている。僕は、すずのお尻が他の男に見られてしまっているという状況に、異常なほどの興奮を感じてしまった。

『あれ? こっちか』
そう言って、今度は下の方の棚を開け始めるすず。今度は、しゃがんだのでスカートの中が丸見えで、フロント部分がはっきりと見えてしまっている。すずは、誘惑するつもりなんてないと思う。普段、着ることのないミニスカートなので、見えてしまうことなんかに気が回らないのだと思う。

『あった! マサ君、ゴメンね。いまお皿持ってくから』
そう言って、お皿とコップなんかを持って来たすず。そのまま、ベッドに座った。床に座っている雅俊の目の高さに、すずの腰がある。たぶん、スカートの中が丸見えになっていると思う。

「ど、どっちがいい?」
雅俊は、声を震わせながら聞く。たぶん、色々と見てしまって、興奮しているのだと思う。無理もないと思う。

『じゃあ、こっち!』
すずは、丸見えなのにまったく気がついていないようで、無邪気にケーキを選んだ。そして、準備をして食べ始める二人。
『美味しいね〜。なんか、嬉しいな』
すずは、上機嫌だ。でも、ここだけ見ていると、とてもこれからセックスをするようには見えない。

「ホントだ。凄く並んでたから、時間間に合わないかと思ったよ」
『そうだよね。人気だもんね。ありがとう』
「いや、そんな……。僕こそありがとう」
『え? なにが?』
幸せそうな顔でケーキを食べながらすずが言う。
「え? そ、その……。エッチさせてくれて……」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


同じ課の人妻さんは、淫乱で数の子天井だった

うちの課にナイスな人妻さんがいる。

42歳なのだが、肌がピチピチで顔立ちも幼いので、20代の子達に混ざって盛り上がっても違和感が無い。

ある日、思い切って呑みに誘ってみた。

OKの返事。

【続きを読む】

疑惑の妊娠彼女に、ソープで働いてるのか? と聞いたら、ソープじゃないよと言われた

風俗系の体験談なのでちょっとスレチかもしれないけど良いかな?
先月の終わり頃、突然彼女から「生理がきてない」とメールをもらった。
えっ?妊娠した?マジで?と焦りながら返信すると、まだ分からないという。
「ちゃんと確かめろよ」とマツキヨとかで売ってる判定キットを勧めた。
いつもこんなに遅れる事無かったのに・・・

【続きを読む】
[ 2016/09/27 21:10 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

夫とのデート中に、バイト先の社長の精液が漏れてくることがあります

私は、結婚して2年目の25歳の主婦です。
主人とは恋愛結婚で結ばれました。
けれども私には、独身時代からお付き合いしている男性がいます。
それも58歳の男性なんです。
その人は、大学生の時のバイト先の社長なんです。

【続きを読む】
[ 2016/09/27 17:27 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

病的な焼きもち焼きの彼女が産んだ赤ちゃんは、血液型があり得ないものだった

彼女の名前は祐美ということにしとこう。勿論仮名。
祐美とは大学3年の時に、ゼミで一緒になったことがキッカケで付き合い始めた仲。

祐美は結構病的なヤキモチ焼きで、俺が他の女の子と談笑するのすら快く思ってなかったみたいでしたが、一方、俺はその手の束縛は全くしていなかったし、そんなことする意味すらないと感じてました。

【続きを読む】
[ 2016/09/27 12:21 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

エッチなサークルで、私は沢山の肉棒に失神させられました

私は30代の独身で、女性向けのアパレル関係の仕事をしています。
職場は女性がほとんどで、出会いなんか滅多にありません。
そんな私は3年ほど前から、あるネットのサークルに入ってしまいました。

そのサークルとは、大人の性癖の集いサークル。
4年ほど前に2年間付き合っていた彼と別れ、寂しい思いもしていたので、軽い気持ちでそのサイトに入りました。

【続きを読む】
[ 2016/09/26 22:17 ] 女性の体験談 複数体験 女性 | TB(0) | CM(-)

やけになってバイト先の女先輩と二人で花火をしたら青姦になりました

大学二年の夏。
居酒屋でバイトしてた時のこと。
先輩たちと熱海の花火大会に行ったら、昔の彼女がいた。
凄く好きだったが、事情があり別れてしまった。
その後、他の人と付き合ってもなんか気が向かず、別れてた。
元カノに会えて内心嬉しかったんだが、よく聞くと彼氏がいるとのこと。

【続きを読む】
[ 2016/09/26 21:14 ] 男性の体験談 露出プレイ 男性 | TB(0) | CM(-)

彼氏に内緒でバイト先のお兄ちゃんと失神するまでエッチしました

こないだバイト先の人とエッチしちゃいました。
相手は3つ年上でお兄ちゃんの様に慕ってるKちゃん。
Kちゃんとは普段からかなり仲良しで一緒に帰ったり飲みに行ったりしてて、Kちゃんには同棲してる彼女がいて、あたしにも彼氏がいるんだけど2人共そんなの関係ない、て感じでほんとの兄弟みたいにいつもじゃれあってた。

【続きを読む】
[ 2016/09/26 18:13 ] 女性の体験談 女性の浮気告白 | TB(0) | CM(-)

ゴックンOKのデリヘル嬢が抱える闇と初めての中出し

人妻のヤリ友がいたんですが、そのセフレと会えなくなってから横浜のデリヘルで抜く生活になりました。
人見知りなせいか、相手を毎回変えるのは苦手で、いつも決まったデリヘル嬢。
初めて会った時、オプションに『ゴックンOK』とあっのたで冗談まじりに、「ゴックンできるの?」と聞くと、「して欲しいの?」と小悪魔的に笑う表情がとてもいやらしいデリヘル嬢でした。

【続きを読む】
[ 2016/09/25 22:00 ] 男性の体験談 風俗での体験談 | TB(0) | CM(-)

パートの人妻に、M女はすぐにわかると言ってみたら

休日に職場にパートで入ってきた人妻と町でばったり会ったので、食事がてらに軽く酒を飲みながら話をしていると、酔ってきた彼女の口から「旦那とご無沙汰で」なんてよくある展開になってきた。
彼女は、33歳で子供が2人いる人妻。なかなかいい女だった。
オレも酔っていたので、
「君、マゾだろ。オレ、M女はすぐわかるんだよ」
と言って口説きに入っていた。

【続きを読む】

出会い系で知り合った彼女は、イクと何回もイキ続けるド淫乱だった

彼女とは出会い系サイトで知り合った。
彼女の彼氏はフェラチオされるのが大好きで、週一回のデートでは彼女からフェラするだけのセックスレスが続いているため、いささか欲求不満気味とのことだった。

彼女自身はクリ派でなくヴァギナ派らしく、一度イクと何回もイク淫乱タイプということも聞き出した。
最初の逢瀬は七月半ば。
生中出しエッチの約束をとりつけ、いよいよ出張の日、仕事終了後の夜の七時、私の宿泊場所であるシティホテルのロビーで待ち合わせた。

【続きを読む】

偽装結婚までしているガチレズの私が道を踏み外したきっかけは

はじめてお便り致します。
現在27才の主婦です。
そして私はレズビアンです。

主人との結婚は当然、偽装結婚です。
もちろん愛していないわけではありません。男性として尊敬できる人であるし、またやさしいですし、、。

【続きを読む】
[ 2016/09/25 12:09 ] 女性の体験談 女同士での体験談 | TB(0) | CM(-)

塾でバイトしていましたが、塾長は30代前半の良い女だった

 大学時代のことです。当時、僕は進学塾で塾講師のバイトをしていました。その塾の塾長は30代前半の女性、真由美さん。いつも明るくって笑顔がとても素敵な人。
仕事の話だけではなく、世間話や趣味についてなど、普段から様々な話をしていました。
その人の引越しを手伝いに行った時の話です。

【続きを読む】
[ 2016/09/24 23:00 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

ドアを開けたら妹が全裸でオナニーをしていた。おかずは俺らしい……

中学2年の夏、部活で遅くなり19時に帰宅した。
いつもなら妹の楓が玄関に迎えに来るが、今日は来なかった。
キッチンに行くと母の書き置き。

『母さん今夜は遅くなります。晩ごはんはチンしてね』

(また手伝いか・・・。あれっ?2人分ある)

【続きを読む】
[ 2016/09/24 21:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

高校の頃、ちょっとイケてる二人の友人の前で公開オナニーをしました

私は今、高校3年です。
高2の時の体験です。

私は高校に入って仲が良くなった優と凌と、凌の部屋で遊んでました。
この日は凌の親が居ないせいもあって、エッチな話題で盛り上がっていました。

凌「美亜(仮名)ってオナニ-したことあるん?」

【続きを読む】
[ 2016/09/24 18:18 ] 女性の体験談 女学生の告白 | TB(0) | CM(-)

ゴルフに勝ったご褒美は、旦那さん公認での3時間のデートでした

 楽しいラウンドが終わりました。18番グリーンからクラブハウスに戻る途中・・「今日は楽しかったわ」「ああ、夢・・最後のパットは気合いが入っていたな」「本当ね、夢ちゃんの気合い勝ちね」「ありがとうございます。麻里さんのお蔭です」「さあ、約束通り・・3時間デートをしていいぞ」
 クラブハウスに戻り、1分、1秒でも長く、麻里さんと一緒にいたくて着替えもせずに、車に乗り込みました。麻里さんはシャワーだけでもと言いましたが、直ぐに温泉に入れるからと無理にお願いしました。

【続きを読む】

バスガイドは、大学入りたての男子からしたら、良い性の対象になるんでしょうか?

ちょうど1年前に、
某大学のフレッシュマン達を連れて某観光地へ行く仕事がありました。

バスの中でフレッシュマン達はゲームをしてたんだけど、
この1等の景品が、なんの悪ノリだったのか、私のアドレスになってしまいました。

バスガイドとか年上のお姉さんというのは、
大学入りたての男子からしたら、いい性の対象になるんでしょうか?

【続きを読む】
[ 2016/09/23 22:20 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

出会い系で釣れた知的で美人な奥様は、眼鏡のままフェラしてくれました

出会い系には普段の生活では会えないような出会いがある。
こんな美人が・・こんな子がなんてのは、ざらな事なのです。人妻なら、なおさら欲望を抑えている人妻が多いこと・・・

30歳の人妻のナオミは、スレンダーな知的美人だ。週4くらいで外で働いているだけに、小奇麗な感じがする。
仕事や家庭のストレスをぱあっと発散するために、あとくされのないセフレがほしくて、出会い系を利用したらしい。
ホテル代は彼女持ちで、女盛りのカラダをたっぷりと堪能できる今の関係は俺にとっても理想的だ。

【続きを読む】

実家で電マでオナニーしているのを義兄に見られてしまい

家族にも言えません・・・。
義兄に電マオナニーを見られて、調教プレイをされてしまったんです。
あれは私が20歳で、女子大生の時。
姉の旦那、義理の兄との出来事です。
私は実家のマンション住まいで、母と暮らしています。
姉は結婚して実家を出ているのですが、先月まで産後の里帰りをしていました。

【続きを読む】
[ 2016/09/23 18:30 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

ド変態の露出狂JKが、エスカレートしていった結果

はじめまして、高校一年のエッチな女の子です。
今回、思い切ってオナニーレポートします。

あたしのオナニーは、お医者さんごっこで素裸になって、男の子にオマンコを触られたのが始まり。
なぞられてるうちに気持ちよくなって、こっそり自分でするようになったのが小学三年の頃。
その頃からエッチな好奇心一杯のあたしは、露出プレイのいやらしい動画を見ると、こっそりノーパンで学校へ行ったりして、授業中にオナニーしちゃったこともある。

【続きを読む】
[ 2016/09/22 22:07 ] 女性の体験談 露出プレイ 女性 | TB(0) | CM(-)

事故で入院している夫の病室で、他人棒に抱かれる妻

夫が交通事故で入院しました。
トラックに後ろから追突されるという事故でしたが、幸い軽い鞭打ちと右足の骨折で済み、一ヶ月の入院で完治できるとのことで、私はとても安心していました。

 結婚してから一年目のことなので、事故のことを聞いたときは最悪のことばかりが頭を占め、大丈夫だと友人に言われても号泣してしまいました。

【続きを読む】
[ 2016/09/22 18:01 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

女友達と3人で全裸で肝試しをした結果、レイプされちゃいました

去年の夏の話です。
私は当時大学4年生でした。
高校の時からの友達だった仲良しの子2人と地元で遊ぶ事になりました。
私は地元の大学に通ってましたが、友達2人は東京と千葉で大学生活を送ってました。
友達は『沙耶(さや)』と、『愛美(まなみ)』という名前です。

【続きを読む】
[ 2016/09/22 12:33 ] 女性の体験談 レイプされた告白 | TB(0) | CM(-)

1年の出向生活は、隣の長身の若妻のおかげで最高なものになりました

去年まで1年間の出向で、某都市に暮らしていました。

マンションは会社が用意してくれていた3LDK。

1人暮らしなんてしてる人は多分私だけでした。

引っ越しの挨拶をしに行って、初めて隣の奥さんに会いました。

僕よりも2つ年下で、かなり可愛い若奥さんです。

【続きを読む】

酔って乗り過ごした私は、兄に迎えに来てもらいました。それが中出しの快感への目覚めでした

私は都内の某企業のOLをしています。この不況の中、うちの会社は業績を伸ばし、毎日忙しい日々を送っていました。

そんな中、先月のとある週末…日ごろから頑張っている私たち社員にささやかな御褒美として、会社もちの飲み会がありました。
みんな飲んで食べて大いに騒いでいました。私も同僚の女の子達とワイワイやっていました。

時間も忘れ騒いでいたらいつの間にか終電の時間になっていました。

【続きを読む】
[ 2016/09/21 18:20 ] 女性の体験談 近親男性との体験談 | TB(0) | CM(-)

ベロベロに酔ったOLが苦しそうだったので助けてあげましたw

週末の金曜深夜、京浜東北線は酒臭い電車でした。
上野から一人の、まだ社会人になりたてな感じのOLが乗車してきました。
かなり酔っているらしく、窓際にもたれてかなり辛そうでした。

何駅か過ぎ田端駅に着くと、その女はふらふらと下車していきました。
私も田端で降り、その女を見ていると、ベンチに腰掛けてうなだれてしまいました。

【続きを読む】

やっと出来た彼女の処女を、他の男に奪ってもらいたい僕【ブロマガ】

細かい内容は覚えていないけど、ヒロインがヒーローのライバルと結ばれてしまうRPGゲームをして、その時にやたらと興奮したのが僕の寝取られ性癖の始まりだったと思う。それ以来、ジャンルを問わず、寝取られものをおかずにしてきた。最近では、”NTR使える寝取られサイト”や”凄く抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談”と言った、寝取られ体験談系のサイトをよく見るようになっていた。AVやエロマンガもよく見るし、寝取られ系のゲームもするが、テキストだけの方が想像が広がるからだ。

そんな僕にも、やっと恋人が出来た。大学3年になるまで、一度も女性と交際したことがなかった僕だけど、やっと出来た恋人のすずは、僕にはもったいないような可愛らしい女の子だった。

すずは、一つ年下の19歳で、2年生だ。サークルで知り合い、徐々に仲良くなっていった。僕とすずの入っているサークルは、秘境の駅や廃村、ダムなんかを見に行くような地味なサークルで、メンバーも少なかったこともあり、ライバルも不在だった。

パッとしない僕に対して、眼鏡と髪型をちゃんとすればかなり可愛くなるすずが、僕と付き合うまで、男性と付き合うことも告白されることもなく来たのは、僕にとってとてもラッキーだったと思う。もっとも、すずは極度の人見知りで、恥ずかしがり屋と言うことも影響していたのだと思う。

初めてすずと出会ったとき、あまりにも僕の理想通りの女の子だったので、僕は凝視してしまった。小柄で少しむっちりしていて、おっぱいは大きい。そして、ミニスカートから突き出た足は、ガリガリに細いのではなく、どちらかというと太めでムチムチしていた。昔から、スト2の春麗が好きな僕には、最高の太ももだった。

そして、眼鏡をかけていて、寝癖でハネているような髪型も僕にとってはツボだった。最初から好意を持った僕に対して、すずは人見知りなので壁を作っていた。でも、僕とすずの他に2人くらいしか旅行に参加しないこともあり、急速に仲良くなっていった。僕以外の2人も、すずのことを狙っていたのかも知れないが、すずはなぜか僕を選んでくれた。


『ダメだよ、じっとしてないと、耳まで切っちゃうよ』
すずは、僕の髪をはさみで切りながらそんな事を言った。僕は、すずの顔が見たくて、つい顔を動かしてしまった。手先の器用なすずは、僕の髪を切ってくれたりする。床屋さんや美容室が何となく苦手な僕は、すずが髪を切ってくれるのが、本当にありがたいと思っていた。

ちなみに、人見知りのすずも美容室が苦手で、自分で切ってしまったりする。寝癖っぽい髪型も、そのせいなんだなと思った。やっぱり、人の髪を切るよりも、自分の髪を切る方が難しいみたいだ。

「ごめんね、すずちゃんのこと見たいなぁって思ったから」
僕は、少し照れながらそう言った。
『ふふ。あとでゆっくり見てね♡』
すずは嬉しそうにそう言った。そして、僕の髪を切り始める。すずは、おとなしい見た目に反して、いつも意外なほど大胆に髪を切っていく。ジョキジョキと独特の音をさせながら、はさみが僕の髪の毛を短くしていく。

最近は、こんな風に僕の部屋で過ごすことが多くなった。一緒にDVDを見たり、お互いに本を読んだりして過ごす感じだ。でも、僕の頭の中はエロいことでいっぱいだった。キスはすませたが、まだセックスはしていない。でも、そろそろ行けるかな? と言う雰囲気はある。

それなのに、僕の頭の中にはとんでもない考えが浮かんでしまっている。すずの処女を、他の男に奪われたい……。そんな、とんでもない考えだ。
すずのことは大好きで、すずさえ許してくれるなら、結婚したいと思っているくらいだ。でも、すずが僕の目の前で、他の男に処女を散らされる姿を見てみたい……。そんな妄想が日に日に強くなっていた。

『はい! 出来上がり〜。どうかな? 気になるところある?』
すずが、少し不安そうな顔で僕に聞く。僕は、おかしな妄想をしていたので、慌ててしまった。
「だ、大丈夫。ありがとう! じゃあ、ちょっと流してくるね」
僕はそう言って、風呂に行った。そして、服を脱いでシャワーを浴び始める。すると、いきなり浴室の扉が開き、すずが入ってきた。
『あ、頭も洗ってあげるね』
すずは、全裸で顔を真っ赤にしながら言う。恥ずかしがり屋の癖に、タオルで隠すこともなく、大胆に裸体をさらしながら狭い浴室に入ってきた。

僕は、慌てふためいてしまった。
「い、いや、いいって! 自分で出来るよ!」
すずに背を向け、すず以上に恥ずかしがってしまった僕。でも、すずはかまわずに入ってくる。そして、後ろから僕に身体を押し当ててきた。背中に、大きくて柔らかいモノが押し当てられ、僕は目茶苦茶ドキドキしてしまった。人間の身体の中に、こんなにも柔らかい部分があるなんて、想像もしていなかった。

『あ、洗うね。座ってくれる?』
すずは、緊張した声で僕に言う。僕は、おっぱいの柔らかさで理性をなくしていたので、そのまま言うとおりにした。
すると、すずが僕の頭にシャンプーを垂らし、洗い始めてくれた。すずは、最初は優しく、徐々に力強く洗ってくれる。
『痛くない? 痒いところはない?』
すずは、優しく僕に聞きながら、丁寧に洗ってくれる。そして、すすいでさっぱりすると、
「ありがとう。さっぱりしたよ!」
と、照れ隠しでちょっと大きな声で言う僕。でも、すずは浴室から出ずに、僕の背中にボディーソープを手で塗りつけてきた。
『つ、ついでに、身体も洗うね』
そう言うと、手の平で僕の背中を洗い始めた。僕は、恥ずかしくて動揺しながらも、理性が飛んでしまっていた。
「う、うん。ありがとう」
そう言って、僕はすずに身を任せた。しばらく無言で僕の背中を手の平で洗い続けるすず。すると、いきなり柔らかいモノが背中に押し当てられてきた。
「えっ!?」
ビックリして慌てる僕に、
『サービスしちゃうね』
と、恥ずかしそうに言うすず。僕は、すずがなかなか手を出さない僕に焦れて、強硬手段に出たのだなと理解した。

すずは、ぎこちなく身体を左右や上下に動かしながら、僕の身体をボディ洗いしてくれる。手の平と違った感触に、僕は限界まで勃起してしまっていた。でも、それを太ももに挟むようにして、すずに見つからないようにした。

すると、すずの手が僕の胸の辺りに伸びてくる。そして、さっきと同じように、手の平で洗い始めてくれる。背中をおっぱいで洗いながら、胸の辺りを手の平で洗ってくれるすず。

すると、柔らかい手の平が、僕の乳首に触れる。僕は、快感が走ってビックリした。男が乳首を触られて気持ちいいという発想がなかったので、本当に驚いた。そして、思わずうめき声をあげてしまうと、
『気持ちいい?』
と、すずが嬉しそうに聞いてくる。僕は、凄く気持ち良いと答えた。

すると、いきなり股間に手を突っ込まれた。そして、太ももに挟んでいたペニスを握られてしまった。
『すっご〜い! こんなにカチカチなの?』
すずは、凄く驚いたような声をあげる。
「ちょ、ダメだって! 恥ずかしいよ!」
大慌ての僕に、
『ちゃんと洗わないとダメでしょ?』
と、意味ありげな言い方をするすず。僕は、すずは覚悟を決めているんだなと思った。そして、女の子の方にこんなことをさせてしまった自分を、情けないと思った。

すずは、そのまま僕の勃起したペニスを洗い続ける。と言っても、竿を上下にしごくように洗うだけで、おっかなびっくりという感じだ。でも、僕は初めて人にしごかれて、声が漏れるほどの快感を味わっていた。

そのまま少し竿洗いが続くと、
『わ、私も……洗ってもらっても良いかな?』
恥ずかしそうに言うすず。本当に恥ずかしそうだ。僕は、力強くうんというと、すずと場所を入れ替えた。チラッと見えたすずの胸は、大きくて真っ白だった。あんなに柔らかい感触だったのに、ダラッと垂れているわけではなく、透明の糸で吊っているような感じで持ち上がっていて、ツンと上を向いていた。

色白のすずは、乳首も乳輪も薄いピンク色で、今まで見たどんなAV女優さんの裸よりも綺麗だと思った。

すずは椅子に座ると、
『じゃあ、お願い』
と、照れ臭そうに言った。僕は、さっきのすずと同じで、まずは手の平ですずの背中を洗い始めた。人の身体を洗うなんて初めてのことで、勝手がわからないが、痛くないように優しく洗った。

そして、しばらく背中を洗ったあと、両手をすずの胸の方に持っていった。両手に感じるすずの胸の感触。背中で感じたよりも柔らかい。僕は、すずの胸を洗うと言うよりは、さすったり揉んだりする。
『ん……ふぅ……』
すずは、軽い吐息を漏らし始める。
「き、気持ちいいの?」
僕はドキドキしながら質問した。
『うん。もっと、洗って……』
すずは甘えた声で言う。僕は、ボディーソープでヌルヌルの手で、すずのおっぱいを触り続けた。

手の平に、乳首が当る。触り初めよりも、明らかに固くなってきている。僕は、思い切って乳首をつまむようにしてみた。
『ンンッ、ふぅ♡ そ、それ気持ちいいぃ』
すずは、気持ちよさそうに声をあげる。僕は、夢中乳首を触り続けた。

『ンッ、ンッ、ふぅ……あっ、アッ♡ 気持ちいい、シュン君、もっと強くしてぇ』
すずは、耳まで赤くしながらも、エッチなおねだりをしてくる。僕は、もっと強くすずの乳首を触り続けた。
『気持ちいい、あっ、あっ♡ シュン君、気持ちいいのぉ、乳首気持ち良いよぉ♡』
すずは、僕の方を振り返り、僕のことを熱っぽい目で見つめながらあえぎ続けた。

僕は、そのままキスをした。乳首をつまむように触りながら、唇を押し当てる僕。時折、重ねた唇の間から、すずのあえぎ声が漏れてくる。僕は、激しく興奮したまま、舌を差し込んだ。キスはすでに何度もしていたが、こんな風に舌を絡めるキスは、まだしたことがなかった。

舌を差し込み、勝手もわからないままにすずの口の中をかき混ぜると、すずの身体がビクンと跳ねた。そして、すずの舌が僕の舌に絡みついてきた。僕以上にぎこちなく舌を使うすず。でも、舌に舌が絡みついてきて、僕は信じられないくらいに気持ち良くなっていった。

『キスって、凄いんだね……。電気が流れたみたいだった……』
すずは、恥ずかしそうに言った。
「じゃあ、流して出ようか?」
『うん……』
すずは、緊張した顔で返事をした。

そして僕らは、シャワーでボディソープを流すと、一緒に風呂を出た。タオルで身体を洗うと、そのまま全裸で部屋に戻り、ベッドに潜り込んだ。電気を消すと、まだ日が高いのに暗くなる部屋。もともと、隣のビルとの間隔が狭く、日当たりが悪い。

そんな中で、すずが恥ずかしそうに僕を見つめている。
『シュン君、優しくしてね……』
そんな風に言ってくれたすずに、僕は激しく迷いながらも、自分の妄想を話し始めた。

『えっ!? な、なに言ってるの? 冗談……でしょ?』
すずは、不安と戸惑いが入り混じったような顔で言う。それは当然だと思う。恋人と初体験をする直前に、他の男とセックスをして処女を奪われてくれ……そんな事を言われたら、戸惑うどころか、正気を疑うようなシチュエーションだと思う。

でも、僕はすずを失うリスクを感じながらも、熱心に説明をした。

・処女をもらってしまうと、全てをもらった気持ちになり、大切にしないといけないという気持ちが、いつか薄くなってしまう。

・処女をもらえなかったことにより、それがずっと心残りになり、大切にしようという気持ちがずっと続く。

・すずをずっと大切にするために、挫折を味わった方が良い。

そんな屁理屈のような言葉を吐き続ける僕。すずは、取り乱すこともなく、僕の話を聞いている。怒りを見せることも、悲しみを見せることもなく、淡々と聞いている。

『……嫌いにならないって約束できる? 絶対に、私と結婚してくれるって、約束できる?』
すずは、聞き取れるかどうかという小さな声で言う。僕は、すずが言った言葉を、一瞬理解できなかった。まさか、今日同意してくれるなんて、少しも思っていなかった。この日から、長い時間をかけて説得をする日々が始まると思っていた。

僕は、力強く約束すると答えた。

『シュン君がヘンタイさんだなんて、本当に意外だよ……。でも、本当の気持ちを隠さないで話してくれて、嬉しい……かな?』
と、すずは健気に言ってくれた。僕は、とんでもないことを言ってしまったなと思いながらも、その場面を想像して、人生で一番の興奮を覚えていた。

『でも、誰に頼むの? アテはあるの?』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画