月別アーカイブ  [ 2016年05月 ] 

≪ 前月 |  2016年05月  | 翌月 ≫

W不倫のセフレと韓国旅行して露出プレイもしたw

3日前に本命セフレと韓国に買い付け旅行。
従業員兼セフレの都合の良い関係。
出張前から成田空港の近くのホテルで前泊。
その晩に2回、正常位から顔射と口内発射。
結構寝過ごし気味で、成田空港に大急ぎで行き飛行機に乗り韓国に。

なんだかんだで仕事を終わらせ、ウォーカーヒルってホテルでカジノ三昧。
ちょっとした新婚旅行気分と、周りに気兼ねしない開放感でちょっとテンション高めのセフレちゃん(W不倫のためw)
普段はギャンブルには一切興味も無いのだが、この時はバカラで楽しんでたw

【続きを読む】
[ 2016/05/28 22:00 ] 男性の体験談 露出プレイ 男性 | TB(0) | CM(-)

兄貴が出張でいない夜、兄嫁の秘密を知ってしまった俺は【ブロマガ】

俺は、大学に通うために兄貴の家に下宿している。俺と違って優秀だった兄は、東京の大学に行くと、そのまま上場企業に就職して一気に出世し、ビックリするくらいに綺麗な人と結婚までした。
そして、30歳になる前に、恵比寿にマンションを買った。絵に描いたようなサクセスストーリーという感じで、弟としては誇らしいと思う反面、プレッシャーも感じていた。

一回りも年が違うので、兄は昔から俺を可愛がってくれたし、両親も兄と俺を比べるようなことはしなかった。でも、俺は勝手に劣等感のようなものを感じていた。大学はかろうじて同じ大学に合格したが、学部的には俺の方が劣る。世間的には、優秀な兄弟という風に思われているみたいだけど、兄貴には勝てる気がしないなと思っているこの頃だ。

『あっくん、朝だよ〜。遅刻しちゃうわよ〜』
兄嫁のみことさんは、毎朝ノックも無しに部屋に入ってきて、布団をめくり上げて起こしてくる。俺は、慌てて朝立ちした股間を隠すのが日課だ。たぶん、俺の勃起したチンポに気がついているとは思うが、見てみない振りをしてくれる。

「お、起きました! もう大丈夫です!」
慌てる俺に、
『朝ご飯、出来てるわよ』
と、笑顔で言うみことさん。エプロン姿が抜群に可愛い。

みことさんは、26歳で、身長は160cm弱くらい、スリムな体型だ。でも、胸はそこそこ大きくて、エプロンをしててもけっこう目立つ。
それよりも美しい顔の方が目を引くと思う。ぱっちりした二重まぶたに、整った目鼻立ち。メイクをすると、怖いくらいに美人になるのに、ノーメイクだと可愛らしい印象だ。俺は、ノーメイクでポニーテールにまとめているみことさんが一番好きだ。

そして、部屋を出ていくみことさん。昨日の夜もみことさんをおかずにオナニーをしたので、凄くドキドキしてしまった。

そして、必死で朝立ちを収めてダイニングに行くと、朝食が準備されていた。仕事を辞めて専業主婦になったみことさんは、朝から美味しそうな和朝食を作ってくれる。けっこう手の込んだ感じだ。
「あれ? 兄貴は?」
兄がいないことに気がついてみことさんに質問すると、
『あれ? 言ってなかったっけ? 今日から出張で台湾よ。朝早くに出ていったわよ』
と、少し寂しそうに言う。みことさんは、兄貴にベタ惚れという感じだ。俺がいてもイチャイチャするし、しょっちゅうキスをしたりする。

「そうなんだ。また1週間ぐらい?」
『うん。そうだ、今日は夕ご飯、外に食べに行く?』
みことさんはそんな風に言ってくる。
「いや、大丈夫だよ。俺、友達と食べてくるから、みことさんも好きにしたらいいよ」
俺は、気を使って言った。
『えぇ〜? 私とじゃイヤってこと?』
さらに悲しそうな顔になるみことさん。
「い、いや、そういう意味じゃなくて、ほら、みことさんもたまには友達とかと食べたらってことだよ」
しどろもどろで言う俺。みことさんにあんな悲しそうな顔をされると、焦ってしまう。

『みんな働いてるしねぇ。今日はデートしようよ』 
と、可愛い笑顔で言ってくるみことさん。俺は、せっかく収めた勃起が復活していた……。

そして、夕方のデートの約束をした後、俺は大学に向かった。友達と過ごしたりしながらも、夕方が楽しみで仕方ない。俺は、みことさんが身近にいるせいで、大学の女子に興味が持てない。みことさんレベルの女子なんて、そうはいないと思う。

そして、講義が終わり家に帰ると、みことさんがおめかしして待っていた。メイクをして髪もセットしたみことさん。可愛らしい兄嫁から、美しい兄嫁に変身していた。俺は、この状態のみことさんがちょっと苦手だ。美しすぎて腰が引けてしまう感じだ。

『お帰り〜。じゃあ、行こうか!』
みことさんは笑顔で出迎えてくれる。そして、俺はカバンを置くと、みことさんと一緒に家を出た。

『今日は、あっくんに洋服買ってあげる!』
みことさんは、なんか上機嫌だ。
「え? そんなのいいよ。悪いもん」
『いいのいいいの。その代わり、あっくんにも私の買い物手伝ってもらいたいから』
そう言って、ニコニコと笑うみことさん。なんか、いつもとノリが違う感じがした。

そして、渋谷で買い物が始まった。みことさんは、俺に色々と服を選んでくれる。みことさんはセンスも良く、選んでくれる服はどれもおしゃれなものばかりだ。そんな服達をいくつか買ってくれたみことさん。お礼を言うと、
『これで彼女出来るかもね。あっくんも、早く良い子見つけないとダメよ』
と、楽しそうに言うみことさん。俺は、あなたのせいで出来ないんだよと心の中で思っていた。

そして、みことさんはショップを出ると、
『今度は私の番だね。男の人が喜ぶヤツ選んでね』
と言いながら、他の店を目指す。俺は、センスに自信がないので、荷が重いなと重いながらあとを追った。

すると、みことさんは路地の小さなショップに入っていった。小さな店で、一見何の店なのかわからない。でも、中に入ったらすぐにわかった。そのショップは、ランジェリーショップだった。
「ちょっ、お、俺、外で待ってます!」
慌てる俺に、
『恥ずかしがらないの。ほら、健ちゃんが喜びそうなの、選んでよ』
と、みことさんは言った。兄貴が喜びそうな下着なんて、わかるはずがない。
「いや、わかんないです」
『じゃあ、あっくんが好きなのってどれ?』
みことさんはそんなことを言ってくる。俺は、他にお客さんがいないことと、店員さんがけっこう年配の女性と言うこともあり、恥ずかしさを感じなくなっていた。

そして、ディスプレイされている下着を見始めた。セクシーなものから、可愛らしいもの、スケスケになっていたり穴が空いていたりで、下着としての役目を果たせるの? と思うものまである。

そして俺は、スケスケのセクシーなものを選んでみた。
『えっ? これ? ちょっと透けすぎじゃないかなぁ?』
みことさんは少し頬を赤くして言う。
「ゴメン。でも、絶対に兄貴も喜ぶと思うよ」
『そっかぁ……。あっくんが言うなら間違いないよね。じゃあ、これにする!』
そう言って俺が選んだ下着を買ったみことさん。そして、そのあとは少し歩いてモンスーンカフェで食事をした。薄暗い店内で、みことさんと2人で食事をする……。凄くドキドキしてしまう。
少しアルコールも入ったみことさんは、いつもよりもフレンドリーで、ちょっとエッチだった。

『さっきの下着着たら、健ちゃんも襲ってくれるかなぁ?』
みことさんは、そんなことを言い始めた。
「え? 兄貴、その……襲わないの?」
『うん。全然だよ。前は毎日だったのに、ホントに全然』
少し寂しそうに言うみことさん。
「マジで? どうしてだろう?」
俺は、心底不思議でそう聞いた。みことさんが奥さんだったら、毎日でもしたくなる気がする。

『私が聞きたいよ』
おどけた顔で言うみことさん。でも、少し目が赤くなっている気がした。何となく湿っぽい感じになってしまったが、みことさんは気持ちを切り替えたのか、他の話題を話し始めた。主に、俺のことだ。
『なんで彼女作らないの? 結構モテそうだけど。あっ、もしかして、男の方が良いって感じ? ゲイなの?』
みことさんはふざけながらそんなことを言う。アルコールのせいもあるのか、凄く楽しそうだ。
俺は、なかなか良い子がいないんですよとか言ってごまかしながら、楽しい時間を過ごした。

そして家に帰り、先に風呂に入って自分の部屋に入った。みことさんがお風呂に入る気配にドキドキしながら、さっきの下着のことを考えていた。あれを着たら、全部丸見えだよな……とか、なんで兄貴はみことさんとしないんだろう? とか、色々と考えてしまった。

しばらくすると、ドアの外から、
『今日はありがとうね〜。おやすみ〜』
と、みことさんに声をかけられた。俺もおやすみなさいと言って、ベッドに潜り込んだ。もう、けっこう遅い時間だったけど、エロいことばかり考えてなかなか眠れなかった。仕方なしに、みことさんのことを考えながらオナニーを始めた。
今日買ったランジェリーを着ているみことさんを想像すると、あっという間にイッてしまった……。一緒に暮らしている人でオナニーをするのは、いつも終わった後に凄く罪悪感を感じる。俺は、使ったティッシュをティッシュでさらに丸めてゴミ箱に入れる。その上で、その上に適当に使っていないティッシュを軽く丸めてまぶし偽装する。

そして、イッた後の強烈な眠気に襲われて、俺は気がついたら寝ていた。

何となく人の気配がして目が覚めた。すると、暗闇の中に人がいるのがわかる。荒い呼吸で、
『ん、んぅん、うぅ……声……出ちゃう……』
と、小さな声で言っている。みことさんの声だった。俺は、慌てて目を閉じて、寝てるフリをした。みことさんは、俺が寝てるベッドの横で、立ったまま股間の辺りをまさぐっていた。

オナニーをしている?

俺は、状況的にそうとしか思えなかった。でも、なんで俺の部屋で? 俺は、目を閉じたまま神経を集中した。すると、みことさんの荒い息遣いの他に、ピチョクチョと言うような、湿った音も聞こえてくる。完全にオナニーをしていると思った。

『ンッ、ん……。も、もう少し……んっ、ぅ……うぅ……』
みことさんは、必死で声を抑えようとしている感じだけど、起きている俺にははっきりと聞こえてくる。

『あぁ、この臭い……。ダメぇ、もう、あっ、んっ、うぅ……』
みことさんは、声が抑え切れていない。でも、臭いって? なんだろう? 俺は、興奮しながらも、頭の中がクエスチョンマークだらけだった。

『くぅ……も、もう、うぅっ、イクっ! イクっ! あっくんイクっ!』
小さな悲鳴でもあげるようにうめくと、みことさんのハァハァという息遣いだけになった。緊張しながら様子をうかがう俺。すると、ガサガサと音がした後、ドアが閉る音がした。俺は、そっと目を開ける。もう、そこには誰もいないが、何となくいやらしい匂いがする気がした。

そして、ガサガサと音がしていたあたりを見ると、ゴミ箱があった。俺は、本当にそっとベッドから抜け出し、音を立てないように部屋の照明をつけた。すると、ゴミ箱の様子が違っていた。偽装で上に乗せたティッシュの上に、丸めたティッシュが乗っている。一番下に押し込んだはずの俺の精液まみれのティッシュが、一番上に来ていた。俺は、やっと意味がわかった。みことさんは、俺の精液の臭いをかぎながらオナニーをしていた……。そういう事みたいだ。

俺は、すぐにオナニーをした。そして、オナニーをしながら、いま行けばやれるんじゃないか? みことさんの寝室に行けば、簡単にセックスをやらせてくれるんじゃないか? そんなことを想像してしまった。でも、そんな勇気もないし、あまりにも興奮していたので、少ししごいただけであっけなくイッてしまった……。

そして、また強烈な眠気に襲われて眠りについた。

『おはよ〜。朝だよっ!』
みことさんの声がして、いつもの通り布団を剥がされた。
『きゃっ! ゴ、ゴメンなさい!』
でも、いつもと違って、慌てて布団を戻してきたみことさん。俺は、どうして? と思った瞬間、昨日オナニーをしてそのまま寝てしまったことを思い出した。

俺は、下半身丸出しで、思いきり朝立ちした状態だった。今は布団をかぶせられているが、みことさんとバッチリ目が合っている。

『あ、朝ご飯出来てるからね。さ、先に行くね』
と、動揺してキョドりながら言うみことさん。俺は、とんでもないことをしてしまったなと焦り始めていた。

そして、動揺しながらも勃起を収めてリビングに行く。すると、いつものように朝食が並んでいる。
『おはよ。いっぱい食べてね』
みことさんは、もう落ち着きを取り戻していた。さすがに、人妻だけはあると思う。ウブな少女とは違うという事みたいだ。

「あ、頂きます」
俺も、何事もなかったように食事を始める。相変わらず美味しい。でも、目の前でエプロン姿のまま座って朝食を食べるみことさんを見て、もの凄く妄想を逞しくしてしまった。

こんなに美しくて可愛らしいみことさんが、オナニーをした。しかも、俺の目の前で、俺の精液の臭いを嗅ぎながら……。もう、ドキドキが半端じゃなかった。

『昨日はありがとうね。恥ずかしかったでしょ?』
みことさんはそんな話をしてくる。
「恥ずかしかったよ。まさか、あんなお店に連れて行かれるとはね。でも、きっと兄貴喜ぶよ」
『へへ。ありがとう。今日は夕ご飯作るね。なにが食べたい?』
みことさんは、さっきの事なんてなかったように接してくれた。俺は、安心して食事を終えた。でも、ふと思った。我慢できずにあんなに危険なオナニーをしてしまうみことさん……。それが俺の勃起したチンポを見たんだから、火がついたんじゃないのか? そう思った俺は、自分の部屋に戻り、趣味のデジカメの電源を入れ、動画モードで撮影を開始した。そしてそれを棚に戻す。一見、撮影していることはわからない。でも、バッテリーが切れるまでの2時間程度は撮影を続けてくれるはずだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


中坊の頃、入院中にオナニーしてるのをナースに見つけられ

中学1年の10月頃だったかな・・・。

僕は風邪をこじらせて、肺炎になりかけて入院しました。
1週間もするとだいぶ回復して、そろそろ退院って時です。
今まで毎日やっていたオナニーも、さすがにやってなかったけど、回復して来ると、だんだん我慢できなくなりました。
僕は消灯した後、小児科の病室を抜け出して一般病棟や外来の待合室をまわりネタになるような雑誌を探してました。

そこで『週間宝石』という雑誌を見つけて、その雑誌を腹に入れ、パジャマズボンのゴムで押さえながら、小児科病棟のトイレに入りました。

【続きを読む】
[ 2016/05/22 22:00 ] 男性の体験談 ナースとの体験談 | TB(0) | CM(-)

素人童貞の俺が、ヤンキーの同級生のおかげで経験できた

当時の俺は24歳、大学を出て普通に就職して、平凡で毎日代わり映えのない日々を過ごしていた。

小学校の頃から『キモい!』と面と向かって女子から罵られ虐められていた俺は、24歳になっても年齢=彼女いない歴で、人生生まれてから一度も彼女が出来た事がない。

人生に三度モテ期が来ると言われているが、俺のところには一回も来たことがない。

もちろんエッチは風俗嬢としか経験が無い。

特にアニメが好きってわけでもないのに、高校時代からアニ豚、キモヲタって呼ばれてた。

【続きを読む】
[ 2016/05/22 17:00 ] 男性の体験談 身近な女性との体験 | TB(0) | CM(-)

旦那しか男を知らない人妻とするのは非常に興奮します

旦那しか男を知らない人妻とするのは非常に興奮する。
しかもだんなや子供に罪悪感を感じながら、徐々に快感に染まっていく女の気持ちをかんじとるのが非常に好きだ。たぶん、私と私の妻の両方が童貞、処女カップルだったから妻と他の人妻を重ね合わせているのかもしれない。
俺はかなりの寝とられ好きだが、他の人妻を寝とり、その気持の変化をみるのがたまらなく好きなんだ。
もちろん、旦那しかしらなくてしかも初めて他の男としようっていう人妻を見つけるのは難しい。
俺もこれまでに3人しか会ったことがないが、その中でも最も興奮した最初の人妻の話をしようと思う。

【続きを読む】

憧れの会社の女先輩の家に誘われて行ったら、いきなりM男調教が始まりました

私は27歳サラリーマンです。
会社の2つ歳上の先輩の美香さんに憧れていました。
少し勝ち気でセクシーでした。
巨乳を想像させる胸の膨らみとタイトミニから伸びるストッキング越しの脚線美は私のズリネタでした。

ある日、美香さんと同期の男性の先輩と飲みに行き、美香の話になりました。

【続きを読む】
[ 2016/05/21 19:00 ] 男性の体験談 M男体験 | TB(0) | CM(-)

俺も彼女も浮気して、彼女の友達がセフレになった話

昨晩の事だったんだけど、彼女の友達の彼氏が浮気してて、その相談みたいな感じで、彼女とその友達の3人で会ったんだ。

彼女の友達を仮に『紗香』ってするね。
今26歳で、3つ年上の彼氏とかれこれ2年ぐらい付き合ってるらしい。
顔は・・・可愛いとは言えないが、愛嬌のある感じの顔。
でも、体のスタイルはものすごい。
以前一度だけ彼女交えての3人で海に行った事があるんだけど、まさにルパンの不二子ちゃんスタイル。
彼女の話では、Fカップの巨乳で、張りもあってスベスベの超美乳。

【続きを読む】
[ 2016/05/20 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

SNSの女の子は、彼氏には言えない変態妄想をかかえていた

友香との出会いはmixiでした。
ナンパ用のIDを持ってるんですが、それにある日メールが来て、それから内密なメル友に。
キッカケはたいした事でも無く、同じ趣味だったというだけ。
実は恥ずかしくて彼氏にも打ち明けていない趣味らしかった。
だから下心があったわけでもなく、ホントに普通にメールだけの関係だった。
普通だったら口説こうと頑張るんだけど、少し写ってる写メを見て断念。

【続きを読む】

会社の同僚と飲んだ後、出会い系のギャルと3Pした

会社の同僚と飲んだ帰りに、初めて出会い系というのを利用してみた。
エッチ目的なので即会える人だけを募集したら、意外にも複数の積極的な女の子からメールが届く。
早速メールを送り返すとすぐに返事は返ってきた。
とりあえず場所と時間だけを指定してログアウトした。

指定場所で待っていたら、肌寒い5月なのに、薄着でミニスカートの女の子がのこのことやってきて携帯を弄っている。
思わず、この子かな?ってサイトにログインしたらメールが届いていた。

【続きを読む】
[ 2016/05/19 12:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)

25歳の人妻ですが、バイブオナニーで抜けなくなってビビりました

25歳の彩香です。
今日は久しぶりに昼間オナニーをしました。
南窓から日が入るので、ポカポカです。
それでも風邪を引かないように部屋を暖めて、鏡を出して、ローションとバイブとローターも用意しました。

ホットカーペットにバスタオルをしいて下着姿に。
背中には大きなクッションを置いて背もたれ用にします。
数年前にダンナを驚かそうと思って買っておいたTバックも穿きました。

【続きを読む】
[ 2016/05/18 22:00 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

性欲とオナニーが好きすぎて、どこでもしちゃうダメな私

デパートのトイレでオナニーしちゃいました。
生理前のせいかウズウズしてしまって、自分でもオマンコが濡れているのがすっごくわかるくらいで・・・。
仕事なんて集中できるわけなくって・・・。
早くお昼休みにならないかなぁーってそればっかり考えていました。

12時になった瞬間、「お昼休みいただきまぁーす」って近くのデパートのトイレに走って行きました。
おしっこをした後ティッシュで拭くと、ねばぁーっとしたものがいっぱい付いていました。

【続きを読む】
[ 2016/05/18 20:00 ] 女性の体験談 露出プレイ 女性 | TB(0) | CM(-)

親父のエロビデオのせいで、妹とSMをするようになってしまった

妹と性関係を持ってからのことです・・・。
一度、そういう関係になってしまった私たちは、それからは週に2~3回、親が帰ってくるのが遅い日を狙って、お互いの体を求め合いました。
初めは異物感を訴えていた妹も、1ヶ月もしないうちに、自分で腰を動かすようになりました。

その頃から制服に興味を持っていた私は、時には妹に中学の制服を着させたままでとか、体育着でとかスクール水着でなど、より快感に貪欲になっていきました。

【続きを読む】
[ 2016/05/18 19:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

実の息子と実の父親に中出しされ、妊娠・中絶した母

これは私が幼い時に体験した出来事で、本当の話です。
私が小学校3年生の時だったと思いますが、父の転勤が決まり単身赴任で遠くに出掛けて行きました。
私的には、母も居たし祖父も一緒に暮らしていたので、淋しいといった感情はありませんでした。

父が家を出て行って1年位が過ぎた時でしょうか?
私が学校から帰ると、母と祖父の姿がありません。
家を探し回ると脱衣場に脱がれた服がありました。
風呂にでも入っているのかぁとドア開けた時、湯船に浸かる祖父と母。

【続きを読む】
[ 2016/05/18 16:02 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

夫とケンカをして家を飛び出し、バーでナンパされた男性のカクテルを飲みました

私は29歳の主婦です。去年の出来事を書かせて貰います。
ある日、些細なことで主人と喧嘩をして、家を飛び出した。

私は一件のショットバーでお酒を飲んで頭を冷やしていました。
すると、ちょっと離れた席に座っていた男性と目が合ったので、
軽く会釈すると、その男性は自分のグラスを持って私の方へ来ました。

「お隣良いですか?」
「ええ、どうぞ」

【続きを読む】
[ 2016/05/18 13:00 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

俺の友達と結婚した同級生とバッタリ会って、家にお邪魔してみた

俺の友達に、中学の時の同級生と結婚したやつがいます。
この間、買い物に出かけた時にその奥さん(27才)にたまたま会い、話が弾み彼女の家に行く事になりました。

旦那…俺の友達が帰ってくるまでに5時間ほどあり、帰ってくるまで待っている事にしました。
友達夫婦には、子供がいたので俺は子供と遊びながら奥さんと中学の頃の思い出話に花を咲かせていました。

が、子供が遊びつかれて寝てしまい、話が夫婦生活の悩み相談に変わってきました。
友達からも聞いてましたが、子供ができてから夜の営みがなくなってきたみたいです。

【続きを読む】

友達の彼女と、なりゆきで高級なラブホに入ることになった

友達の彼女とやった。

友達と3人で飲もうって話になってたんだけど、友達の仕事が終わらなくて先に飲んでた。
17時の開店と同時に入り、友達が2時間以上かかるとのことで友達の彼女と2人で安い居酒屋の飲み放題で飲みまくり。

結局、2時間経っても友達の仕事は終わらず、友達「今日はお流れという事で、ホントゴメン」と。

「どーするよ?」と、俺も友達の彼女も朝まで飲む気マンマンだったので「2人でもうちょっと飲もうか?」って話になって、次の店へ。

2軒目はちょっとおしゃれな感じのバーへ。

【続きを読む】
[ 2016/05/17 20:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

出会い系で釣った人妻を釣りに連れて行って釣った話w

携帯の出会い系サイトで知り合った人妻さん。付き合っていた彼女と別れて落ち込んでた俺はメールだけでもいいから慰めてくれる人を探していた。

その人妻さんと知り合って二カ月程は、毎日のように俺は励まされていた。が、やがて人妻さんも自分の状況を語り始めてきた。

専業主婦で育児と家事のみの生活。旦那さんは家の事は一切手伝わず、買い物さえも一緒に出かけてくれないらしい。
俺がボートでバス釣りしてると話したら、いいなぁと言うので思いきって誘ってみた。会うのはNGの約束で始めたメールだったが、彼女はすんなりとOKしてくれた。

【続きを読む】

サークルをヤリサーにして、ド変態の後輩におしっこ飲ませてみた

大学時代に仲間内で超小規模のインカレサークル作ってヤリサーにつくりあげたww。

ヤリ目的で男友達三人でインカレ作って、そこに5人の女子大生が入ってきたw

同じ大学の同級生が一人に、他大の後輩が二人、そして他大の先輩のJDが二人。

後に男のインカレメンバーは少し増えたが、女は結構入れ替わりが激しく、他大の男友達に女子大生を紹介してもらったりとw

んでやってる事と言えば呑み会

月に2・3度安い行き付けの居酒屋へ行き、日付けが変わる位まで。

【続きを読む】
[ 2016/05/17 15:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

多分妻は、私に抱かれながら、彼に貫かれているのだろう

私は28、妻28、子供なし。
私は、写真マニアである。学生時代からハマッてる。

自分で言うのもなんだが、なかなかの写真マニアで、結婚後もナントか妻のヌード写真を撮りたいといつも思っていた。
と言うのも彼女は私の口から言うのもなんだが、妻は素晴らしいプロポーションの持ち主で学生時代から、我が写真部の”アイドル”的存在であったからだ。

でも、残念ながら学生時代も、結婚後も、いつもヌード撮影を断られていた。

私達の学生時代、同じ写真部の親友が、先月、私達のうちに泊まりに来た。

【続きを読む】
[ 2016/05/17 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

合コンで付き合い始めた彼女は浮気して妊娠、そして出産を選んだ

ミホと出会ったのは合コンだった。
お互いに合コンとか好きなタイプでは無かったと思う。
お互いに、たまたま参加した合コンで出会った。
ちょっと話しただけで趣味がすごく合うことに気付き、盛り上がった。
何よりもミホは文化系で、色白で優しくて育ちが良さそうな感じ。
俺のど真ん中のタイプの女の子だった。
パッチリした目と笑顔も素敵だった。

【続きを読む】
[ 2016/05/16 20:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

逆ナンしてきた若妻は、旦那の裏切りへの復讐で、他人種で妊娠するつもりだった

新宿についた俺はアルタの前を避け、◯◯前の青信号を待っていた。
その時、なんとなしに対岸の一人の女性と目が合った。
彼女はハッとして目を逸らした。
格好は地味だが、目鼻立ちがすっきりした美人だった。
あんな女とやりてーなーぁ─と思いつつ、青信号になったので渡り始めた。
彼女は誰か待っているのか渡ってこない。

【続きを読む】

真面目な家庭教師に、胸を触ってもいいかな?といわれたJKのころ

高校3年の時、近所の大学生のTさんという方に家庭教師に来てもらっていました。
有名国立大生で、昔から柔道を続けていて体格のいい人で、少し無骨な感じの真面目さからうちの母もとても信頼していました。

私は当時、彼氏と初体験したばかりの頃でした。
それで週に一度、そのTさんに家に来てもらう度に、実際にセックスしようとまでは思わなくても、“Tさんとだったらどんな感じだろう・・・”と想像して意識することは時々ありました。

そんなある日、親戚に不幸があり両親が地方の親戚に家に泊まることになりました。
最初は、私も一緒にと言われたのですが、大事な試験を控えていることもあり家に残ることになりました。

【続きを読む】
[ 2016/05/16 15:00 ] 女性の体験談 女学生の告白 | TB(0) | CM(-)

バツイチの私は、おとなしくてまじめなタイプの男の子をとっかえひっかえしてます

私はある大型ショッピングモール内に入っているスーパーに勤務する36歳です。

28歳の時に結婚して、わずか2年で離婚、それ以来、一人で生活をしています。

フルタイムですが、時給は安いので、けっして楽ではありませんが、もう結婚はこりごりなので、それなりに自由に暮らしています。

いざとなれば、実家に戻ればいいという気持ちもありますし、二人姉妹の長女の私がいつか、実家に帰って両親の面倒を見なければならない日もくるかもしれませんが、それはまだ当分先のことだと思います。

【続きを読む】
[ 2016/05/15 20:00 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)

私と処女の女の子と男性の3人で挿入無しでプレイする予定が……

こないだ3Pしたので体験談書きます。

メンバーは、あたし、処女の女の子、男性。サイトで知り合いました。挿入無しで、手や舌と道具などを使ってプレイする予定で集まりました。

処女の女の子はまだ学生で19歳。あたしは22歳です。男性は28歳で紳士的な雰囲気の人だった。処女の女の子Y子、男性Sとします。

最初はとりあえず、ホテルに入って軽く話したり、シャワー浴びてAV見たり。Y子はAV見て凄く恥ずかしそうにしてた。処女の反応だなって感じ。

【続きを読む】
[ 2016/05/15 17:07 ] 女性の体験談 複数体験 女性 | TB(0) | CM(-)

下着泥がきっかけで、彼とのエッチが少し変わりましたw

私は1年前から実家を出て自分でワンルームを借りて住んでいます。

実家と同じ区内ですし、面倒なので、区役所にも住変せず、会社にも住所変更届けは出さず、実家住まいのままということにしています。

某私鉄沿線で、急行も止まりますし、渋谷や新宿まで出るのにも便利な地の利です。

このワンルームは、鉄筋コンクリートの建物ではなく、大家さんの家の広い敷地の庭に2階建ての木造アパート風に建てられたもので、入居する時は新築でした。

入居時、既に1階部分の一部屋しか空きがなくなっていたので、私はその1階に住んでいます。

【続きを読む】
[ 2016/05/15 15:00 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

パート先の男性の、太くて長いものが私を狂わせます

8歳年上の旦那とは、いろいろありながらも結婚してみたものの、今では年齢が離れているせいか、旦那がたまに体を求めて来ても、おざなりの前戯をして私の上に乗って腰を動かし、自分だけ射精して満足すると高鼾をかいて寝てしまうことがほとんどです。

こんな夫婦生活は正直、まるで、私は射精するための道具でしかないような感じがして惨めで、自分たちの夫婦生活におけるセックスというものが、なんとなく無味乾燥であることを感じるとともに、いつも間にか不感症になっていました。

そのような私が不倫をするようになった相手は、パート先の金融機関の行員。
私より2歳年上の34歳。もう彼との不倫関係は4年続いています。

【続きを読む】
[ 2016/05/15 12:03 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

人妻インストラクターと、小力っぽいオヤジのプライベートレッスン

私がスポーツクラブで、インストラクターをやっていた時の体験談です。

私は32歳で既婚でしたが、学生時代からずっとエアロビをやっていたこともあり、結婚後でも、空いた時間を利用して教えていました。

ある大雨の日でした。

生徒は3人だけで、レッスン終了後はおばさん2人はすぐ帰りました。

ところが、脂ぎった太った40くらいの中年のおじさん(体型は長州小力さんのような…以下小力)がこっちへ来て、「どうしても体が固く、柔らかくなりたいので教えて欲しい」と言うのです。

【続きを読む】
[ 2016/05/14 23:56 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

会社の超イケメンがドMなことと、彼女が女王様と言うことをカミングアウトしてきた

俺は普通の30手前のサラリーマンなんだが、同期の同僚に男として完璧なヤツがいる。
まずイケメン、龍馬伝に出てくる福山みたいな感じかな!?
仕事に対してチト熱すぎるところがあるが、仕事は抜群にデキルし性格も良く部下や同僚の世話もよく焼く感じ。
当然女性から告られることなんかは日常茶飯事なんだが、“彼女一筋”で押し通している。
相当な人数を振っているはずなんだが、傷つけないように気を遣っているせいか問題を起こした事はない。
女性に対してだらしないところが無いというのが、上司や同僚の男どもからも好かれている要因だと思う。

【続きを読む】
[ 2016/05/14 19:30 ] 男性の体験談 SM調教した体験談 | TB(0) | CM(-)

ここだけの話、一回だけ、妹とヤッたことある

ここだけの話、一回だけ、妹とヤッたことあるわw
もう十年くらい前の話だけど、ちらっと書いていい?

一番最初に妹の身体を生で触ったのは俺が高1で妹が中2の時。
その頃は男子校生だったし、とにかく飢えてて女体なら何でもいいみたいな感じで、妹が風呂に入ってる時にこっそり外から覗いたり、夜中に妹の部屋に忍び込んで起きないようにそっとパジャマ越しに胸を触って興奮したりしてた。
はっきり言って妹を女として可愛いと思ったことは一度もなかったし、あくまで興味があるのは妹の女としての身体だけだった。

【続きを読む】
[ 2016/05/14 17:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

サークルの打ち上げ後、先輩の部屋で泊まったら、メチャ可愛い彼女も一緒だった

持ち帰りじゃないんだけど、サークルで打ち上げがあり、2次会3次会と盛り上がって終電に乗れなくなっていた時間だったので、俺は先輩の部屋に泊りにいくことになった。

先輩の彼女(美樹先輩)も一緒だ。
この彼女がめっちゃ清楚な雰囲気で綺麗だった。
大学時代はファンクラブみたいなものまであり、俺もすげえ羨ましかった。
上戸彩を清楚に整えたような感じです。

【続きを読む】
[ 2016/05/14 15:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ