エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化
月別アーカイブ  [ 2015年06月 ] 

≪ 前月 |  2015年06月  | 翌月 ≫

セールスの男と、妻の会話は衝撃的すぎた……でも、それ以上に……

私は32才妻ちぃ28才の話です。
結婚して4年ほどたち子供は二人います。
転勤が多く妻との出会いも転勤先で派遣で働いていた妻をくどき結婚しました。
妻は160センチ50?ぐらい?で芸能人でいうと菅野美穂をポチャした感じでしょうか。
[ 2015/06/30 16:52 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

親友の可愛らしい嫁に襲いかかったら、相性バッチリだったw

妻と結婚して6年になりますが、共働きのため、まだ子供はいません。
それどころか、仕事が出来る妻は、海外出張に出たのです。私はというと、ひとり淋しく過ごすことになってしまいました。
1~2ヶ月くらい経ったある日、親友のYから電話があり、夕食をご馳走になったのです。
[ 2015/06/30 16:51 ] 男性の体験談 人妻との体験談 | TB(0) | CM(-)

人気子役と枕営業をするグラドル達

私の友人の話になります。
もうかなり前(十数年前)くらいにその友人は、ある芸能事務所のマネージャーをしていました。
友人はその当時、ドラマやCMなどで活躍しているある売れっ子の子役を担当していました。

その友人が言うには、その子役の男の子。。テレビで見る無邪気で可愛い風貌とは裏腹に相当我侭だったようで、その友人と一緒にも飲みに行くと大抵その子役に対する愚痴を聞かされました。

パートのおばちゃん達とイク会社の慰安旅行は酒池肉林だった

俺、先月やっと地元で就職できたんだけど、ここ、男は俺(19)と社長(65)の2人だけ。
あとは奥さんとパートのおばちゃん達8人なんだけど、もーすぐ会社の慰安旅行ってのがあるわけ。
昨日、俺が入社するのと入れ替わりに辞めた人が店に遊びに来て、後で一緒に飲みに行ったんだけど、
その人が言うには、この会社の慰安旅行ってのは、パートのおばちゃん達の「性のはけ口」として企画されているらしい。
[ 2015/06/29 13:25 ] 男性の体験談 人妻との体験談 | TB(0) | CM(-)

アラサーのOLが年下君に調教される訳

 28才最後の一日が、もうすぐ終わろうとしている。
 ベットサイドで瞬く時計のデジタル表示に目をやったのもつかのま、ぬちっと腰を浮かせた若い彼がお尻の肉を鷲づかみにし、背後から深々とカラダを抉ってきた。
 私のカラダを満たしていく、深く熱い実感。
[ 2015/06/28 14:31 ] 女性の体験談 SM調教体験 女性 | TB(0) | CM(-)

プチトマトの少女との運命的な出会い

第一章「運命の出会い」
※まだ全然仕上がってはいませんが、とりあえず書き上げたものから順にアップしたいと思います。
なお、この作品は全くのフィクションです。特に、設定等に大幅な独自解釈を加えてありますので、違和感を感じる方も多いと思いますが、あくまでも「小説」ということでご理解くださいますようお願いいたします。
1.ねがい

 1979年(昭和54年)5月16日。
 この日の千葉は、穏やかな初夏の気候を見せていた。
[ 2015/06/28 14:28 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

女子大生の姉にAVを見つかって、お姉ちゃんとエッチしたい?と聞かれた

俺が高校生のとき、同級生からAVを借りて休みの日に自分のお小遣いで買ったポータルDVDでAVを見ようとした時でした。

2個上の大学生の姉がたまたま、実家に帰省してる時でした。
俺は夏休みだったし、部屋で寝たり居間に行きジュース飲んだりとグダグダな生活をしていました。
[ 2015/06/28 14:21 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

妻が居酒屋で、大勢の前でお漏らしをして全裸になった件

妻の尻は本当に魅力的で、ミニスカートを穿いたときなどは、どんなパンティを穿いているのだろう。あの下着のままの尻を見てみたいと、後ろから見ていると、自分の妻でもそう思ってしまうほどだ。小柄で、顔も童顔で男好きのする妻である。
この妻の、裸体を、何らかの形で、他の男に見せてみたい。ごく自然なシチュエーションで。と考えるようになっていた。
妻は、普段は、貞淑な妻を演じているが、ご無沙汰したあとの夜などは、激しく燃える。
[ 2015/06/28 14:15 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

友達と旅行に行った間に、彼女は他の男を家に招いて誕生日を祝っていた

彼女(由希:仮名)とはバイト先で知り合いました。
僕より1つ上の大学2年生で、僕から告白して付き合い始めました。
あまり派手なタイプではなく、おっとりした感じ。
[ 2015/06/28 14:14 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

先輩の家のテレビ入れ替えを手伝いにお邪魔したら、奥さんがノーブラでお出迎えした

数年前の話ですが、先輩の奥さんに誘惑されてエッチしてしまい、数回の関係を持ってしまった時の事を思い出していまだにズリねたにしています。

今までの人生で一番エロい体験なので事の流れとその時の興奮は結構明確に覚えていますが、細かな言葉等々は興奮しすぎて定かじゃないところもありますので、臨場感に欠ける部分もあるかと思いますがご了承ください。
[ 2015/06/28 14:10 ] 男性の体験談 人妻との体験談 | TB(0) | CM(-)

ウブな人妻が知った肉の喜び6

前回の話

『もうダメ、入れて……。早見君のおちんちん、麻由香の中に入れて……』
麻由香は、ほとんど無意識にそんな言葉を言っていた。そして、その言葉を聞いて、早見は夢が叶った気持ちになり、舞い上がりそうな気持ちのまま麻由香に覆いかぶさった。
客先の、しかも人妻……。手を出してはいけない相手だと、よくわかった上で、それでも気持ちを抑えることの出来ない早見は、麻由香に覆いかぶさったまま、じっと彼女の目を見つめた。そして、麻由香もその真っ直ぐな早見のまなざしを受け止めながら、自分がもう後戻り出来ないところまで来ていると感じていた。

夫の顔が脳裏をよぎる。しかし、燃え上がったその熟れた身体は、目の前の若い身体を狂おしいまでに求めていた。
『来て……』
麻由香は、とろけきった顔でそう言った……。

続きを読む
[ 2015/06/27 00:58 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

10日ぶりに彼と会って、お風呂でエッチしちゃった♡

いつもはベッドでするエッチですが、
お風呂場でした時はちょっと・・・というか、かなりよかったです。

昼間、彼の家に行った時、彼は夜勤明けでまだ寝る前でした。
それは午前11時ころだったと思います。
[ 2015/06/25 15:38 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

妻と行った温泉旅行で、OLと混浴して良い感じになったw

では、去年の話なんだけど。北関東の温泉宿での話。

そこは、露天風呂が10個位あって、2つが女性専用であとは混浴なのよ。んで、とりあえず風呂行っとくかと妻と露天へいったんよ。あ、ちなみに妻と二人で旅行です。
[ 2015/06/25 15:25 ] 男性の体験談 温泉での体験 男性 | TB(0) | CM(-)

彼女が合コンで、みんながいる前で生ハメ浮気したことを聞かされた

俺の彼女は合コンでHなことをしたことがあるらしい。

彼女と仲の良い友達(Y子)から聞いたんだけど、一緒に合コン行って、悪ノリしてしまったみたいだ。

男2対女2で個室の飲み屋で飲み会だったらしいが、男はY子の知り合いらしくて彼女は初対面だったそうだ。
[ 2015/06/25 14:40 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

妻と元カレが運命的な再会をして……2

前回の話

妻とは結婚して14年経ちます。子供にも恵まれ、何一つ不満のない日々を送っていました。

彼女は、私なんかにはもったいないほどのよく出来た妻です。彫りが深く、ハーフによく間違えられるルックスは、40歳になった今も変わらずに美しいと思います。

そんな妻と、私が付き合えるようになったのは、元カレとの失恋に傷ついていた彼女に、私が優しくしたことでした。はなから、私などでは付き合うことなど不可能だと思っていた私は、下心なくただ慰めたいと思って接していたと思います。でも、いまだに本当にそうだったのだろうか? 私は、彼女の弱みにつけ込んだだけではなかったのだろうか? と、考えてしまうことがあります。


そんなある日、妻の様子が変わったことに気がついた私は、彼女のパソコンを調べるという陰湿な行為をしてしまいました。でも、結果として妻が元カレと奇跡的な再開をして、再来週の土曜日に実際に会うという事を知りました……。


土曜日が近づくにつれ、目に見えてご機嫌になる妻。そして、美しさにも磨きがかかっていく気がしました。それに引き換え、私は夜もなかなか眠れないようになっていきました。

そして、その日を明日に控えた金曜の夜、私は妻を抱こうとしました。ベッドで妻に抱きつき、キスをすると、妻は一瞬驚いた感じでしたが、すぐに抱きついて舌を絡めてくれました。そのまま妻の胸を揉み、脱がせようとすると、
『パパ、ゴメンね、生理始まっちゃったんだ……。お口でいい?』
と、妻が言いました。そして、私の返事も待たずに布団に潜り込むと、私のパジャマをパンツごと降ろして、ペニスを剥き出しにしました。

そして、そのまま私のモノをくわえると、慣れた動きで私のモノを口でしてくれました。妻は、昔から口でするのは上手でした。あまり考えないようにしていましたが、それは元カレが仕込んだと言うことなんだと思います。
その元カレに、妻は明日会う……。それは、私にとっては耐えがたいほどの辛いことでした。何もなければ良い……いや、仮に何かあったとしても、私の元にさえ戻ってきてくれればそれで良い……。そんな気持ちでした。

そして、私はいつも以上にあっけなく射精してしまいました。
『いっぱい出たねw』
妻は、嬉しそうに言いました。私は、妻が全部飲んでくれたことが嬉しかったです。
今まで、口に出したこと自体がなかったので、飲んでもらったことはありませんでした。なので、本当に嬉しかったのですが、同時に私は嫌な想像をしていました。本当に、生理なんだろうか? 明日、元カレと会うから、今日は私としたくなかったのではないか? そんな邪推をしてしまいます。

『ゴメンね、帰ったら、いっぱいしてね♡』
妻は、可愛らしい口調でそんな事を言います。私は、わかったと約束しながらも、不安で胸がいっぱいでした。

そして次の日、妻は小さなバッグに荷物を詰め込んで、大阪へ出発しました。ウソをつかれていることがわかっていながら、元カレと会うとわかっていながら、妻を止めずに送り出す私は、間違ったことをしているのかもしれません。

でも、私の中にある負い目みたいな感情は、こうでもしないと消えないのかも知れません。これで、何があったとしても、結果、妻が戻ってきてくれれば、その時初めて自信を持って、私は真希の夫だと言えるのだと思いました。

妻がいない子供達との3人での時間は、久しぶりと言うこともあり楽しいものでした。娘のリクエストで回転寿司に行ったり、家でテレビゲームをしたり、心の底から楽しい時間でした。

でも、ふとした時間に、今頃妻は……と、考えてしまいました。認めたくはないですが、二人は今頃一緒にすごしているはずですし、何もないわけがない……と、思いました。

そして、一人でベッドに入ると、悪い想像だけが際限なく広がっていきます。電話をしよう……。そんなことを考えながらも、出来ない私がいます。
本当は、止めるべきだとわかっていても、妻にとっての本当のパートナーは、その元カレなのでは? 妻にとっての本当の幸せは、その彼とでなければ得られないのではないか? そんな思いが頭をグルグル回ってしまいます。
私が、”俺が彼女を一番幸せに出来る!”と、自信を持てば良いだけなのですが、どうしてもそう思えませんでした。

私はまったく眠れず、酒に逃げました。そして、潰れるように眠りにつきました。
次の朝、子供達に起こされたときは、朝ではなくもう昼でした。
「パパ、酒臭い〜」
「お腹すいたよぉ!」
子供達が、妙にじゃれついてきます。久しぶりの3人での日曜日という事もあって浮かれているのか、それとも、何となく私の様子が変なことに気がついて、気を回してくれているのかはわかりませんが、家族は良いものだなと思いました。少し泣きそうになりましたが、なんとか持ちこたえ、お昼を食べに出かけることにしました。

近くのショッピングモールで昼食を食べ、そのまま書店で買い物をしたり、対戦型の車のゲームをしたりして楽しい時間を過ごしました。子供達とこんな風に遊ぶのも久しぶりだなと思いながらも、頭の中は妻のこと……元カレのことでいっぱいでした。はたして妻は、戻ってきてくれるのだろうか?

そんな気持ちのまま、夕方家に帰ると、すでに妻は帰ってきていました。私は、駆けよって抱きしめたい気持ちになりましたが、
「ママお帰り〜!」
「お土産は!?」
と、子供達の方が先に駆け寄りました。

『ただいま! ゴメンね、夕ご飯すぐ作っちゃうからね! はい、お土産w』
子供達に、満面の笑みでお土産を渡す妻。何一つ変わりがないように見えます。私は、心底ホッとしながら、
「お帰り。楽しかった?」
と、聞きました。
『うん! パパ、ありがとう!』
妻は、本当に良い笑顔でそう言うと、私に抱きついてキスをしてくれました。子供達の前で、妻がこんな事をするのはほとんど記憶が無いですが、私は腰が抜けそうなほどの安堵を得ました。

そして、楽しい4人での食事を終えて、風呂をすませてベッドに入ると、妻がまた抱きついてきてくれました。そして、驚くほど情熱的なキスをしてきます。
『パパ、この前はゴメンね。声我慢するから、いっぱいして♡』
妻は、今まで見たことがないくらいに可愛らしく、そして発情したような感じで言ってきました。私は、元カレの影を感じて一瞬胸が痛くなりましたが、元カレと、おそらくそういう関係を持った上で、それでもこうやって戻ってきてくれたことに心から感謝しながら妻を抱きました。

子供達がいるので、激しい動きも出来ませんし、声を抑えるためにほとんどキスをしたままだったこともあって、私は5分も持ちませんでした。それでも妻は、何度も何度も小さな声で、
『パパ、愛してる♡ ずっと一緒にいて』
と言う言葉を繰り返しました。
使用済みのコンドームを片付けながら、私は初めて真希と夫婦になれた気がしました。

そして、この日を境に妻は変わりました。今までも、何一つ不満のない完璧な妻だったのですが、より私に甘えるというか、べったりになりました。

そして数ヶ月が経ち、私の中で、やっとトラウマが消えたように思い始めていたある日、ほんの偶然から妻の秘密を見てしまいました。妻が入浴中に、無造作にダイニングテーブルに置かれていた彼女のiPhoneが、短く通知音を発しました。
何の気なしに画面を見ると、短い通知音だけがして、画面にはなにも通知されていませんでした。

私は、どうしても我慢出来ず、彼女のiPhoneを操作しました。でも、メールにもメッセージにもなにもありません。私は、画面上のアプリを見たり、フォルダの中のアプリを調べたりしました。すると、あのSNSの専用アプリがありました……。

私は、震える手でアプリを開くと、元カレからのメッセージでした。開いてしまうと、既読になると思ったので開けませんでしたが、メッセージの冒頭は表示されていました。”上げたよ〜これアドレスね!”というメッセージと、URLの一部が表示されていました。
そこで、風呂から出てくる気配を感じ、私はiPhoneを元に戻しました。

ここ数ヶ月が、圧倒的に幸福な時間だったので、私のダメージは凄いモノがありました。でも、必死でそれを表に出さないようにしました。


何があったのか? どうしてまだメッセージのやりとりをしているのか? 私は調べることにしました。と言っても、パスコードもなにもかかっていない妻のiPhoneですので、ただ見れば良いと言う状況です。

そして深夜、私は彼女のiPhoneを盗み見ました。あらかじめ調べて、既読うんぬんは心配しなくて良いとわかっていたので、大胆にメッセージを読み始めました。

それは、なんと言っていいのかわからないものでした。まずわかったのは、妻は私の元からはいなくならないと言うことでした。
でも、妻が本当に愛しているのは元カレでした……。もちろん、私のことも、子供達のことも愛しているということは間違いないようですが、一番愛しているのは元カレだと言うことでした。

それなのに、私の元からいなくならないのは、やはり今まで私と子供達と過ごしてきた年月が、彼女を思いとどまらせたからのようです。そして元カレも、私の妻である真希のこと一番愛しているとのことですが、同じように自分の家族を捨てることは出来ないという事のようでした。

それなので、お互いに家庭を守ったまま、たまに会うという選択をしたようです。そして、もうエッチもキスもするのは止めようということが約束されたようです。お互いに、相手を本当に大切に想っているのなら、そんな事はするべきではないと言うことのようですが、それならば会うことも、連絡を取ることも止めて欲しいと思いました。

そして、お互いに、将来もしも独りになることがあったら、結婚しよう……。そんな約束をしたようです。


私は、どうリアクションを取って良いのかわかりませんでした。感情の整理もつきません。裏切られたことは間違いないですが、結局二人は結ばれず、妻は私の元に残ります。でも、心は……。

そして、元カレがネットに上げたというデータは、クラウドストレージに上げられた動画でした。二人は再会後、数度身体を交わしたようです。でも、もうそれはしないと決めた……。なので、最後に、記念にその様子を動画に撮った……ということのようでした。

私は、そのアドレスを書き写すと、自分のノートパソコンで確認しました。そのデータは、ギガバイトクラスのデカいモノでしたので、一旦ダウンロードして、イヤフォンをして再生しました。


動画が再生されると、いきなりファミレスか何かの衣装みたいなモノを着た妻が映りました。
『ちょっとぉ〜、なんでこんな格好で撮るの?』
妻の口調は、もの凄く打ち解けたものでした。私としゃべるときよりもリラックスしたような、そんな感じさえします。

「いやいや、よく入ったね! スタイル変わらないんだw」
元カレが、同じく打ち解けた感じで言います。二人の会話は、本当に自然で力みがなく、夫婦のように感じてしまいました。
『そんな事ないよ。こことかキツキツだもんw』
そう言って、自分の胸を指さす妻。確かに、ボタンがなんとか留まっているような感じでした。
「そう言えば、デカくなったよね。母乳で育てたから?」
『そうかもw 悠一さんの奥さんは?』
妻が、からかうような口調で言います。
「ウチも母乳だよ。でも、そんなにオッパイ大きくならなかった気がする」
微妙に言いづらそうな元カレ。

『悠一さん、母乳飲んでみた?』
いきなり妻が変なことを聞きました。
「え? 飲んでないよ! て言うか、普通飲まないでしょw」
『そっか……そうだよねw 奥さんに、飲ませたりした?』
妻は、何となく聞きづらそうな感じで聞きました。

「え? なにを?」
『わかってるくせに……アレだよ、アレ!』
可愛らしい仕草で言う妻。ファミレスっぽいコスチュームが、より彼女を幼く見せていますが、妻はもう40歳です。きっと、20年前付き合っていた元カレと、その時のバイトのコスチュームを着て会っているので、気持ちがその頃に戻っているのだと思います。言葉づかいも、普段とは違う感じです。

「何回かは……ゴメン。真希は?」
『ないよ! 悠一さんだけだよ! でも、約束忘れてるみたいだから、さっそく旦那の飲んじゃうねw』
「うあぁ……やっぱり覚えてた? ゴメンナなさい!」
『忘れるわけないじゃんw 忘れられないよ……悠一さんとのことは全部……』
妻の目は、懐かしさと愛しさと、色々な暖かい感情にあふれているようでした。

「だって、結構忘れてるって書いてたじゃん!」
元カレがそんな事を言いました。確かに、妻は彼とのSNSのメッセージボードを使ったやりとりでは、元カレが覚えていることでも、彼女は忘れたりしているような風に書いていました。

『ウソだよ。全部覚えてたよ。私も覚えてるって書いたら、悠一さん暴走してたでしょ?』
「……そっか……。ありがとう。確かに、真希が俺と同じように覚えてるって書いてたら、俺、家族捨てて突っ走ってたと思う」
元カレは、絞り出すような声で言いました。
『そうでしょ〜w 悠一さんの事は、私が一番わかってるんだから!』
妻は、嬉しそうに言います。

「だったら、俺達——」
『ダメっ! それは言っちゃダメなヤツw 決めたでしょ? でも、心は一緒だから。20年待ったんだから、あと20年や30年待てるでしょ?』
妻は、イタズラっぽく言いますが、顔は真剣でした。
「真希……」
急にカメラが揺らぎました。そして、ポンと放り投げられたのか、カメラは天井を映し出します。天井が映り続け、二人の声だけが聞こえてきます。

『悠一さん、もっと……いっぱいキス……20年出来なくても忘れないように、いっぱいして……んっ、んっ! あぁ、そう……愛してるっ! ずっとこうして欲しかったんだよ! んっ! んンッ!』
「真希! 愛してるっ! ずっとこうしたかった!」
二人の声は、震えているようでした。

音声だけというのが、かえって堪える感じでした。そのまま二人はキスを繰り返し、愛の言葉を言い続けます。
『ずっと忘れられなかった……。毎日思い出してた。どうして迎えに来てくれなかったの……』
泣き声で言う妻。私は、何も考えられませんでした……。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

[ 2015/06/24 13:18 ] 妻と元カレの運命の再会に | TB(-) | CM(-)

母乳の出る実の姉に裸エプロンをしてもらったり、やり放題した

京子お姉さんの胸は大きく綺麗なお椀形で乳首は薄ピンク色で小さめだった。
俺は夢中で揉み、弾力がある胸に顔を埋めたり、乳首を吸うと母乳が少しでてくるわですごい興奮しあそこはぎんぎんだった。
[ 2015/06/24 13:18 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

義母の裸を見てしまったことで、一線を越える関係になってしまった

1ヵ月程前、私は遂に超えてはいけない一線を越えてしまいました。

その一線を越えるキッカケになったのが、義母の裸体を見た事に始まります。
私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。
その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗を掻いていました。
[ 2015/06/24 13:12 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

妻が犯されるのを見てしまった 後日談

「妻が犯されるのを見てしまった」を書き込んだ者です。

あれから、仕事中などにも頭から離れず、考えを巡らせた結果、やはり大矢さんに話をつけた方がいいと考えました。
しかし問い詰めるにも証拠が無いことが気掛かりで、やはり映像なり音なりで現場が残っていないとこちらからも強く出られないのではないかというのが結論でした。
[ 2015/06/24 13:11 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

妻を、6年も女を抱いていない友人に貸し出した

妻の恵子は32歳、誰もが知っている大手の元銀行員。
160-49  85Dカップ、W60、H88
お尻の形のいい、従順な人妻です。
ひょんな事から6年も女を抱いていない私の友人に半日、貸し出す事になった。

友人は、わたしたちが結婚した時から、恵子を抱きたかったようだ。(他人のものが欲しくなるタイプ)
[ 2015/06/24 13:10 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

会社の上司と泥酔状態でエッチしちゃったw

25歳女ですけど、先週ちょっと恥ずかしいことがありました。

先週、会社の飲み会がありました。
もともと私はお酒がそんなに強い方じゃなかったんですが、会社の飲み会だし、勧められると断れなくって…結構たくさん飲んでしまってたんです。
[ 2015/06/23 23:01 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

結婚20年の夫婦の初めての寝取られ体験

私45歳、妻(涼子)43歳、初めての寝取られ物語です。

私達夫婦は結婚20年の夫婦です。

妻は今でも細身のスレンダー美人で、まだまだ30代で通用するぐらいです。
[ 2015/06/23 22:57 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

妻をキモいけど巨根の先輩に抱かせてみた

妻を寝取られた(寝取らせた?)時の事です。

妻は29歳で2歳の子供が1人います。
胸はCカップで、身長は小柄、どちらかと言うと可愛いタイプです。

私にNTR願望があり、色々試してみた中の話です。
[ 2015/06/23 22:50 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

職員室で短い制服の生徒と真面目な教師と

コンコン…
失礼しま~す。先生いますか~?
(放課後の誰もいない学校、ある企みを抱えて職員室を訪ねる)
(ゆるいパーマのかかった茶色のショートカット、ブラウスのボタンを外しEカップの谷間を見せ、チェック柄のスカートを普段よりもかなり短くして白い太ももの付け根辺りまで露わにしている)はい いますよ。
[ 2015/06/22 11:41 ] 女性の体験談 女学生の告白 | TB(0) | CM(-)

少しあそこが緩めの妻は貞操観念もユルユルだった

これも60%は事実です自分の妻の話です…大人の文章で名作にしてくれれば幸せです何時でも良いですので…

結婚して12年経ちます子供は一人で9歳でやっと手が離れた感じですそれに妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です。
私が言うのも変ですが妻は少し大柄な体系ですが「ボン・キュッ・ボン」という体系でメリハリが有ります。
[ 2015/06/22 11:38 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

妻は下宿の精力があり余った大学生の世話をする

これは今から10年くらい前の話ですから、そのとき妻は32でした。
 当時、妻の両親は、妻を含めて子供たちがみんな成長して家を出てから、二階の二部屋を学生に賄いつき下宿として貸していました。義母は以前から賄いつきの下宿をして地方から来た学生さんたちを世話してみたいと思っていたそうで、一つの生きがいみたいになっていました。
[ 2015/06/22 11:37 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

リゾートでマッサージのバイトで人妻に中出し出来た!

これは僕が20歳のときに体験したことです。

当時僕は大学生でした。
大学生ではありますが、僕の住む地域は大規模な観光地であり、週末や夏休みはマッサージのバイトをやらされていました。