先輩が自分の嫁さんを抱いてくれとお願いしてきた2

前回のお話

 俺が一目惚れして猛烈にアタックした末に、なんとか結婚までこぎ着けた嫁の恭子と、何一つ不満がないくらいの幸せな毎日を過ごしていた。

 それが、会社の仲の良い先輩から、”俺の嫁を抱いてくれないかな?”と言われたことで、大きな変化が生じてしまった。
とは言っても、まだ先輩の嫁のミクさんとは最後までは行ってないし、嫁の恭子にもバレていない。だが、俺は頻繁にミクさんに会いに行くようになっていた。

その結果、家に帰る時間が遅くなったりして、嫁には申し訳ないと思うのだが、嫁はいつも”遅くまでお疲れ様。無理しないでね”などと、ねぎらいの言葉をかけてくれる。胸が痛むが、ミクさんとの時間は、たまらなく甘美で、ハマってしまったと自覚している。

そして、先輩も夢にまで見た寝取られ生活が始まり、昔からいつも温和で機嫌も良い人だったのが、最近はさらに輪をかけて温和で機嫌も良く、まるで仏様のようになっていた。
ただ、病状wはさらに悪化していて、最近では俺からのメールの報告だけでは飽き足らず、なんとか動画で報告してくれなどと、要求はエスカレートするばかりだ。


「サトシ、今日は家寄るだろ? だったら、もう帰って良いぞ。俺がやっとく」
まだ3時なのに、いきなり先輩は言ってきた。最近では、会社でもサトシと下の名前で呼ばれるし、仕事もかなりフォローというか、代わりにやってもらっている。もともと、俺も先輩も仕事がかなりできる方なので、そんな事が出来るのだと思う。
「あ、了解っすw 先輩、顔がニヤけてますw」
「わかるかw ほら、これ買っといたからw」
先輩は上機嫌で、まだ出て日が浅い128GBのmicroSDカードを手渡してきた。
「え? これ、けっこう高いでしょ? て言うか、こんなにいっぱい、なに撮るんですか?」
「3万くらいしたけど、ほら、そこは経費でw 知ってるか? ビデオだと撮らせてくれない女でも、なぜかスマホだと撮らせてくれるって言う、あるある」


先輩が、真面目なのか、ふざけているのかよくわからない言い方で言った。
「マジですか!? ソースはあるんですか?」
「いや、マンガに書いてあった。喧嘩商売にw」
どうやら冗談だったらしいが、先輩は真面目な顔で冗談を言うので、たまに騙される。

「やっぱりw でも、これはマジで撮影しろってことですよね?」
「お前なら、出来る! いいか、あきらめたらそこで試合終了ですよ」
先輩は、また真面目な顔でふざけていた。でも、俺はそんな先輩が憎めないと思っていたし、撮影も承諾した。

そして俺は、客先に出向く感じで会社を出て、真っ直ぐに先輩宅に向かった。

インターフォンを鳴らすと、ミクさんが笑顔で出迎えてくれた。
初めの頃は、荷物を届けに来たとか、先輩の忘れ物を取りに来たとか、色々と言い訳をしながらお邪魔していたのだが、最近は俺も何も言わないし、ミクさんも何も聞いてこない。
リビングで紅茶を飲みながら、ミクさんが話し始める。
『この前教えてくれた乳首舐めるヤツ、正樹さんすごく喜んでくれたよ! でも、男の人も、乳首気持ちいんだね。ホント、不思議w』
ミクさんは、無邪気に報告をしてくる。まるで、子供が先生に褒められたという感じの、ほのぼのとした雰囲気で言う。

ミクさんとは、初めての時以来、すでに5回くらいはレッスンをしている。フェラの仕方、キスの仕方、乳首責めの仕方などを教えてきた。
ミクさんは、俺に言われたことはなにも疑わずに実行して、すぐに上達する。セックスのセンスが良いのだと思う。セブンセンシズなんだと思う。

そして俺に教わったことを、すぐに先輩に試して、その結果をこんな感じで無邪気に報告してくる。


俺は、そろそろ次のステップに進もうと思っていた。
だけど、まずは先輩のリクエストに応えようと思った。
「じゃあ、今日はフェラからやりましょうか! なるべく喉の奥まで入れてみましょう。奥までくわえてもらうと、男はメチャ嬉しいものですから」
俺はいつも通り、真面目な顔で、真面目に言った。
『そうなんだ! うん、やってみる! でも、サトシくんのだと、大っきすぎるから頑張らないとだね!』
ミクさんは、そんな事を言いながら、もうすでに俺のズボンを脱がせにかかっている。
そして、あっという間にソファの上で、下半身裸にされて座る俺。

『ふふw もうこんなだw 嬉しいなぁ〜 こんなおばちゃんで興奮してくれて』
ミクさんは、そう言いながら俺のチンポを指で弾く。ミクさんは、最近はいつもミニスカートに、胸元がざっくり開いた服で俺を出迎えてくれる。
清楚な感じのミクさんが、ちょっとエロい格好をしているだけで、メチャメチャ興奮する。嫁の恭子に比べると小ぶりな胸だけど、胸チラでブラと上乳が見えると、本当に得をした気持ちになる。

そして、すぐに舐めようとするミクさん。
「あ、ちょっと待って! 今日は、これでちゃんと出来てるか、後で確認しよう」
俺はドキドキしながら、それでもクールな感じでスマホを取り出した。
そして、返事も聞かずに、録画を始めた。
『え? なにそれ〜 もう! ちゃんと、後で消してよ〜w』
ミクさんは、一瞬怪訝な顔になったが、すぐに笑いながらそう言ってくれた。

ホントだった…… あのマンガに書いてあったことは、真実だった! 俺は、感動しながら、スマホで撮り続けた。


ミクさんは、すぐに俺のチンポをペロペロと舐め始めた。時折カメラが気になるのか、チラチラとこっちを見る。
不思議なもので、直接ミクさんを見るよりも、スマホ越しに液晶画面でミクさんのフェラを見る方が、数段エロいし、興奮する。何より、時折カメラ目線になるのが、たまらなくエロい。

ミクさんは、亀頭のカリの部分を丁寧に舐め、尿道口を舌でチロチロしたりしながら、竿の部分にも舌を這わせていく。
『ホント、こうやって舐めてると、大きいのがよくわかるねw』
ミクさんは、イタズラっぽく言いながら、僕のチンポを舐めていく。
「そんなに大きい? 先輩のと比べてどう?」
俺は、先輩にこの動画を見せることを意識して、先輩が喜ぶであろうセリフを織り交ぜていく。

『えぇ〜? 前も言ったでしょ』
「なんだっけ? 忘れちゃったよw」
『もうw こっちの方が全然おっきいよw 一回りくらい大きいかな?』
ミクさんが、そんな事を言う。きっと、ミクさんのこのセリフを聞いて、先輩は狂喜してくれるはずだ。

「舐めてて、どんな感じ?」
『ん〜 そうだなぁ…… なんか、ちょっとドキドキするかな? 雄って感じw』
「先輩のより、好き?」
『それはないかな〜w これも好きだけど、やっぱり正樹さんのが一番だよw』
「そっか…… 残念w」
『あっ! でも、正樹さんにこれがくっついてたら、一番かもw』
ミクさんが、イタズラっぽく言う。このセリフも、寝取られ好きの先輩にはたまらないと思う。 
「じゃあ、このおチンポ好きって、カメラ目線で言ってみて」
『えぇ〜? それって、ちゃんと出来てるかどうかのチェックと関係ないんじゃないの?』
ミクさんが、少し怪訝な顔で聞いてきた。
「なに言ってるんですか。先輩にそう言ったら、メチャメチャ喜びますよ。ちゃんと言えてるかどうか、チェックしないと! 不自然だとダメでしょ?」
と、俺は真面目に言った。
『そっか…… そうだよね…… でも、なんか、照れるなぁ……』
そう言って、頬を赤くするミクさん。本当に、年上とは思えないくらい、素直で可愛らしい人だw

「じゃあ、ミクさんのタイミングで」
『うん……』

そう言って、しばらくペロペロと、照れ隠しでもするように、俺のチンポを舐めるミクさん。ちょっと困ったような顔で、時折スマホを見るのがたまらなく可愛い。
そしてしばらく舐め続けた後、ミクさんは、
『こ、このおちんちん、大好き……』
と、カメラ目線で顔を真っ赤にしながら言った。

俺は、その仕草に興奮がMAXになり、イキそうになってきた。
「ミクさん、イキそうです」
俺がうめくように言うと、素早く俺のチンポを手コキしながら、
『イ、イって! 全部、お口に出してっ!!』
と言った後、目一杯舌を出して伸ばした。俺は、そのピンク色の舌の上に、思い切り射精した。
最近は、ほとんど毎日ミクさんか恭子に射精しているが、それでも驚くほどの量が飛んでいく。エビオス錠を飲んでいる成果が出ていると思った。ビール酵母で出来ているこのサプリメントは、整腸サプリメントなのに、なぜか精子の量が増える。AV男優御用達らしい。

すっかり、舌射にも慣れたミクさんは、すべてこぼさすに舌で受けきった。
そして俺が教えたように、手で絞り出すようにすると、先っぽに出てきた竿の中の精子を、すすり取るようにして口の中に入れた。

そして、俺が指示する前に、口の中を大きく開けて見せた。口を大きく開けて、ミクさんの美しい顔が少し間抜けな感じになっている。そして、その口の中には、白い精子がたっぷりと池を作っていた。

「そのまま舌出してみて」
俺が言うと、すぐに言われたとおり舌を出した。真っ白な精子が、ドロドロと絡みついた舌…… メチャメチャエロい。これを見て、先輩は満面の笑顔になると思う。本当に不思議だ。
俺がもし、恭子のこんな動画を見せられたら、絶望でショック死すると思う。

突き出された舌に絡みつく真っ白な精子が、タラーッと舌から垂れていく。
ミクさんは、慌てずにそれを手で受けると、また口でそれをすすり取った。

「飲んで良いよ」
俺が言うと、ミクさんはゴクッと喉を鳴らして飲み込んだ。なるべく大きな音を立てて飲み込んだ方が、先輩も喜ぶよと教えたので、わざと大きな音を立てたのだと思う。
そして飲み込むと、また大きく口を開けてきた。口の中は空っぽで、
『ごちそうさまw 美味しかったよ!』
と、ミクさんは笑顔で言ってきた。そして、そのままお掃除フェラを開始した。丁寧に、吸いながら舐めて清めるミクさん。

先輩は、本当に大丈夫なんだろうか? 今までは、ただテキストでの報告だけだった。それが、動画でこんなものを見せられて、平静でいられるのだろうか?
そして同時に、恭子のことを考えてしまった。恭子が、誰か知らない男のチンポをお掃除フェラする場面……

『アレ? サトシくんの、またカチカチになってきたw どうしたの? 興奮してるの?』
ミクさんにそう言われて、自分が早くも復活して勃起しているのに気がついた。
恭子のお掃除フェラを想像して、勃起した? 俺は、恭子のお掃除フェラのことを想像して、興奮している? 自分でも、戸惑ってしまった……


『奥までくわえるの、やってなかったねw せっかくだから、今からやってみるね!』
ミクさんは楽しそうに言いながら、またフェラを始めた。そして、戸惑う俺にかまわず、喉の奥までくわえていく。
いつもは半分程度しかくわえないが、今はそれよりも奥に入っている。喉の奥に当たる感触もある。
『おぉ゛っ!』
ミクさんが、えづいて吐きそうになりながらうめく。
「苦しい? 大丈夫?」

『へーきw もっと、頑張るね』
ミクさんは、涙目になりながら、そう言ってまたくわえた。そして、その一部始終を撮影したままだ。きっと先輩は喜ぶだろうなぁと思った。
そして、また喉奥までくわえていくミクさん。
ミクさんは33歳で、驚くほどの美人なのに、ビックリするくらい性的な経験が少ない。フェラさえも、この前俺が教えるまでは未経験だったし、キスも子供みたいなキスしか知らなかった。

それを、一つずつ俺が教えている。人妻に、旦那にもしたことがないことを、一から教えていくのは、背徳的で異常に興奮する。だけど不思議なもので、先輩は他人に嫁の初めてを奪われることに興奮するらしい……

『ンンーーっっ! お、うぅあっ!! ん゛ーっ!』
喉の奥までくわえ込み、苦しげにミクさんがうめく。顔は真っ赤になっていて、口の端からはよだれが流れ出ている。俺はその光景を、スマホで残さずに撮影していく。

しばらく、苦悶しながらもミクさんはイラマチオっぽいフェラを続けた。そして俺のチンポを吐き出すと、俺のものは唾液というか、ドロドロした粘液みたいなものに包まれていた。
『どうかな? ちゃんと出来てた?』
口の周りをドロドロにしながら、ミクさんが聞いてきた。
「いや、上手かった! アレなら、きっと喜びますよ」
『ホント? へへw 頑張ろっとw』
ミクさんは、嬉しそうに笑う。本当に、健気な奥様だ。でも、旦那を喜ばすためとはいえ、内緒でこんな事をしてしまうところが、不思議と言えば不思議だ。

「じゃあ、今日はもっと根本的なところを教えますね」
俺はそう言いながら、スマホを置いた。とは言っても、実は撮影を継続している。ドライブレコーダーのアプリを入れているので、画面を消しても撮影が継続できる。これは、盗撮する人も使っているそうで、かなりグレーなアプリだと思う。


俺は、真剣な顔で俺を見るミクさんに、
「男は、相手の女性が感じるのが一番嬉しいです」
と、短く言った。
『え? 正樹さんとする時、気持ち良くなってるわよ?』
ミクさんは不思議そうに言う。

「ちゃんと、イケてますか?」
『それは…… わかんないけど、イったことはないと思う……』
「自分でする時は、イケますか?」
『うん…… それは、ちゃんとイケるよ』
「あ、やっぱり、オナニーはするんですねw」
俺がそう言うと、ハッと気がついたような顔になり、
『そ、それは、 その、変なこと聞かないでよ〜!』
顔を真っ赤にしながら、しどろもどろになる。


「ごめんなさいw でも、自分ではイケて、セックスではイケないのは、何でだと思います?」
『それは…… わからないです……』
顔を赤くしながらも、真剣な感じのミクさん。
「そういうのって、クリトリスの未発達の場合が多いんですよ。オナニーの時って、どうやってますか?」
俺は、真剣な口調で言った。
『そうなんだ…… その、自分でする時は…… こ、こう言う感じだよ』
そう言って、スカートの上から股間のあたりを指で触る仕草をする。
「いや、それじゃわからないです。僕のは全部見てるんですから、ミクさんも見せて下さいよ」
俺は、あくまでも真剣に、教えるためという感じで言った。まぁ、普通はこんなのはダメだと言われると思うが、ダメ元で言ってみた。

『うぅ…… そうだよね…… じゃあ、少し暗くしても良い?』
ミクさんは、俺の予想に反して承諾した。そして、カーテンを閉めると、恥ずかしそうにモジモジしながらも、スカートを外した。
今日まで、ミクさんに散々キスしたり、フェラしてもらったりしたが、ミクさんが服を脱いだことは一度もなかった。一気に空気が変わったような感じになった。

カーテンを閉めたと言っても、まだまだ外は明るいので、室内は少し暗くなった程度だ。ミクさんの薄いピンク色のショーツが目に眩しい。ごくありふれた普通のショーツだが、ミクさんほどの美人が着ているので凄くドキドキする。
そして、今日はこのままミクさんとセックスできるのではないかと思うと、ズボンの中で痛いほど勃起してしまう。


『じゃあ、やってみるね……』
ソファに腰掛けて、小声で言うミクさん。
「え? まだ脱いでないでしょ? 恥ずかしがらなくて良いから、ちゃんとやりましょう! 先輩を喜ばせたいんでしょ?」
俺は、ミクさんの弱いところを突いた。
『……はい…… じゃあ、脱ぐね……』
さすがにショーツまで脱ぐのには、相当な葛藤があったようで、ちょっと時間がかかった。でも、結局素直に脱いでしまうところが、ミクさんのお人好しというか、人を疑うことを知らない性格なのかもしれない。


カーテンを閉め切ったリビング…… 会社の上司の家で、その奧さんと二人きり…… そして、下半身裸でソファに座る上司の奥様…… シチュエーションが、エロゲームそのもので、ドキドキしすぎて心不全を起こしそうな感じだった。

『じゃ、じゃあ、いつもみたいに、するね……』
ミクさんは、うつむいて蚊の鳴くような小さな声で言った。俺は、やっぱり緊張していたのか、同じように小さな声で”はい”と言った。

ミクさんは、右手の人差し指を、いったん口の中にくわえて、それからアソコに指を持っていった。多分、指をツバで湿らせたんだと思うけど、そういう細かい動きが、やたらとリアルというか生々しくてドキリとした。

そしてミクさんは、指でアソコを触り始めた。さするような、小さな動きでアソコをまさぐり始めたミクさん。美しい顔に似合わず、下の毛は手入れしていないようで、けっこうボリュームがある。
俺は、初めて見る女性の生オナニーに、正直かなり興奮していた。だけど、先輩のことを考えて、さりげなくさっき置いたスマホの位置を確認する。不自然に、横向きに立てた状態でサイドボードの上に置いてあるが、角度的にバッチリとミクさんのオナニーが撮れていると思う。


『ん、 あ、 んん、』
ミクさんが、小さな動きでアソコをさすりながら、可愛らしい吐息を漏らし始める。だけど、手の動きは小さいままだ。
『んっ、 ふぅー…… あ、 あっ、』
ミクさんは、少しだけ吐息が強くなり、息も荒くなってきた。そして、手の動きもわずかに早くなる。

ソファに座ったままオナニーをするミクさん。もう、押し倒してしまいたい気持ちだ。ミクさんは目を閉じたままさすり続け、足の指も内側にギュッと曲げている。感じているのは間違いなさそうだ。

すると、
『アァッ! ンッ!』
と、控えめに少しだけ声を上げて、手の動きを止めた。

「あれ? 終わったの?」
『うん…… 恥ずかしいよぉ……』
顔を真っ赤にして、うつむくミクさん。

「イヤ、イッてないでしょ? 今のじゃ?」
『えっ!? イッたと思うよ…… だって、いつもこんな感じだし……』
「そっか…… やっぱり、オナニーでもイケてないんだね」
『えぇっ!? そうなの?』
「うん、だって、イク時はあんなもんじゃないよ」
『本当に?』
「うん。だって、クリトリスの皮とかも、剥いてないでしょ?」
『剥くって?』
「やっぱりね。ミクさん、恥ずかしいと思うけど、ちょっと足広げてみて」
『え? 広げるの?』
さすがに抵抗感を示すミクさん。
「先輩のために、ミクさん自身が感度上げないとダメだと思います」
俺は、真面目にそう言った。

『う、うん…… あぁ、恥ずかしいよぉ……』
そう言いながら、ゆっくりと足を広げていくミクさん。下半身だけ裸の人妻が、旦那の留守にこんな事をする。ひどい話だと思う。でも、これは旦那である先輩の希望でやっていることだ。本当に、愛の形は色々だと思う。


そして、足を完全に広げたミクさん。手入れしていないヘアが、逆にエロい感じを出している。そして、あまり使い込まれていないからか、アソコはビラビラも含めて色が薄く、綺麗な感じがする。そして、さっきまでオナニーをしていたからか、中から染み出た蜜で濡れて光っていた。

「クリトリス、完全に皮かぶってますよね? それ、指で剥いてみて下さい」
『うん…… やってみるね』
少し不安そうな感じのミクさん。両手の指を使い、クリトリスの皮をむき始める。興奮からか、クリトリスも大きくなっていて、ミクさんがおっかなびっくり皮を剥くと、すぐにピンク色の肉の芽が姿を現した。
「そうです。出来ましたね。じゃあ、指で直接さすってみて下さい」
俺が、真面目に勉強でも教える感じで言うと、ミクさんも真面目な顔で、
『はい。やってみます』
と、真剣に答えた。

さっきと同じで、指に唾液を付けてから、剥き出しになったクリトリスにおずおずと指をはわせるミクさん。
『あっ! ん、ンンッ!! ひ、あぁ、、 これ、凄いぃ……』
ミクさんは、さっきのオナニーとはハッキリと違うリアクションで、少し怯えたようにも聞こえる声で、あえぎながら言った。
「そう、そうやって、直接刺激しないと、性感は育たないです。もっと感じやすい身体になれば、先輩も喜んでミクさんを抱くと思いますよ」
俺は、目の前で少し驚いたようにも見える顔で、あえぎながらオナニーをするミクさんに、すぐにでも襲いかかりたい切持ちを抑えてそう言った。

『ホ、ホントに? あ、アァッ! これ、ダメ、声が、出ちゃう…… あぁっ!』
滝川クリステルによく似た、日本人離れした美しい顔を歪めながら、ミクさんがあえぐ。ミクさんの指は、自然と動きが速くなっていて、さっきのおとなしいオナニーの3倍は速く動いているように見えた。

「声、いっぱい出さないとダメです。声出すと、性感も高まりますし、相手も喜びます。先輩、ミクさんがあまり感じてくれないから、俺って下手なのかな? って、気にしてましたよ』
俺は、適当に話を盛りながら話した。
『そ、そんなぁっ! 正樹さん、ゴメンなさいい……』
「ほら、そう思うなら、もっと感じないと」
俺は、あくまでアドバイザーというか、真面目な調子で続ける。

『あっ! あっ! アァッ! これ、すごぃぃっ! 気持ちいいぃ…… こんなの、初めてぇ…… あっ! あっ! ダメぇ…… 指が止まらないよぉ!』
ミクさんは、初めての快感に顔がとろけている。この美しいミクさんの、こんな顔が見られるのは、先輩だけのはずだ。本当に良いのかな? と思う。

いくら特殊な性癖を持ち、他人に嫁を抱いて欲しいと思っているにしても、こんなにも色々と他の男に嫁を調教されて、おそらくまだ自分ですら見たことがない、嫁の、生まれて初めて味わう快感に歪んだ顔を他の男に見られてしまって、本当に良いのだろうか? 

「じゃあ、乳首も刺激して下さい。オナニーは、下だけじゃなくて、乳首も刺激しないとダメです」
俺は、きっぱりと言い切った。それが、普遍の真実であるように、真顔で言い切った。

『え? あ、はいぃ……』
快感に少しボーッとしながらも、そう返事をしたミクさん。
「じゃあ、お手伝いしますね」
俺は、あくまで真面目にそう言って、ミクさんの上の服を脱がし始めた。ミクさんは、ほぼ無抵抗で、バンザイするような格好になり、あっという間にブラだけになった。可愛らしい、歳から考えると少し少女趣味すぎる感じのブラが姿を現した。

ミクさんは、俺に服を脱がされながらも、右手で剥き出しのクリトリスを触り続けている。一度知ってしまった快感に、猿になっている感じだ。


俺は焦らずに、興奮しているのを隠しながら、ブラを外した。ホックを外す時に、少し指が震えてしまったが、なんとか上手く外せた。ミクさんの胸は、胸チラで見えていたのでわかっていたが、それほど大きくはなかった。でも、真っ白で、乳輪はほとんどないくらい小さく、美しい胸だった。アソコのビラビラと同じで、乳輪も乳首も色素が薄く、綺麗なピンク色をしている。
恭子は、胸はけっこう大きいが、同時にやはり乳輪も大きめだ。そして、ミクさんに比べると、乳輪も乳首も少し色が濃い。黒いと言う事はないが、ミクさんの透き通るような薄い色とは決定的に違う。

別に、恭子の胸に不満があるわけではないし、100点だと思っているくらいだが、こうやってミクさんのと比べると、少し見劣りする部分があるのは事実だ。まあ、そのかわりと言ってはアレだが、ミクさんの胸は小さい。一長一短だと思う。


『どうすれば良い? あ、あっ! ヒィアァッ!』
全裸でうめくミクさん。もう、このまま押し倒した方がいい気もしたが、ミクさんに教え込むことが楽しくなっていた。

「左手で、乳首つまんでみて」
『う、うん…… あっ! こんな…… あ、あっ! あっ! あんっ! んふぅぅっ!』
淫らに乳首とクリトリスをまさぐりながら、どんどん高まっていくミクさん。さっきから、ミクさんのあえぎ以外に、クチュクチュという水音も混じってきている。

「声、我慢しないで」
俺は優しい声で言った。
『あ、あっ! 気持ち良いっ! こんなっ! あっ! あっ! 今までと違うっ! ンンッ! サトシくん! これ、凄いぃっ!』
「どこが気持ち良いの?」
『そ、それは、ここが気持ちいいぃ!』
「どこが? ちゃんと言えば、喜ぶと思うよ」
『うぅ…… ア、アソコです…… アソコが気持ち良いっ!』
「アソコって?」
『イ、イジワル…… お、おまんこですっ! おまんこ気持ち良いっ!! アアアッッ!! ダメェェ…… はぁ、はぁ、ンッヒィッ!!』
あまりの気持ちよさに、怖くなったのか、手を止めようとするミクさん。
「ダメっ! 手、止めちゃダメ!」
俺は、少し厳しい口調で言った。すると、ミクさんは手を止めずにまたオナニーを始めた。

『ンヒィあぁ、 あんっ! あんっ! あぁぁっ! あっ♡ あっ♡ これ、だめぇぇぇ…… イッちゃう…… イッちゃいそうだよぉ!』
「ほら、イって! おまんこイクって言いながらイってごらん!」
『イィックッ! イッちゃうッ! イクっ! おまんこイクっ! おまんこイクぅぅっっ!!!!』
ミクさんはそう叫びながら、ガクガクッと震えた……


しばらくグッタリしていたミクさんだが、すぐにハッとした顔になり、慌てて服とかで身体を隠して、浴室の方に逃げて言った……
 
そして、すぐに服を着て戻ってきたミクさんは、顔を赤くしたまま、
『ありがとう…… なんか、今までやり方間違ってたみたい…… すごかった……』
と、可愛らしい仕草で言った。
「よかったですw お役に立てて。でも、それ毎日やらないとダメですよ。そうやって、性感を高める訓練しないとダメです!」
『う、うん…… そういうものなんだね…… わかった』
ミクさんは、期待と不安が入り混じったような顔で言った。


俺は、さらにミクさんを俺色に染めようと思った。
「でも、それじゃ時間かかりすぎるよ。これ使った方が良いと思う」
俺は砕けた口調でそう言うと、さっき脱いだズボンのポケットから、ローターを取り出した。
『え? なに? それ使うの?』
「ローターって、見たことない?」
俺は、正直ちょっと緊張していた。さすがに大人のオモチャは引かれるかな?と思いながら、それでも平静なフリをしてそう言った。

『見たことない。これって、なに?』
不思議そうに聞くミクさん。俺は、黙ってローターのスイッチを入れた。ビーンと音を響かせながら、ローターが振動を始める。
『わっ! すごい! なに、これ?』
驚いた顔でミクさんが言う。本当に、見たことがないようだ。
俺は、ローターをミクさんの手のひらに当ててみた。
『くすぐったい! これ、すごい震えてるよ!』
ミクさんが可愛らしいリアクションをする。

「これでオナニーするんだよ。ピンクローターって言うんだよ」
『えっ! これで、するの? どうやるの?』
ミクさんは、不思議そうに言う。
俺は、黙ってミクさんのシャツの上から、乳首のあると思われる位置にローターを当てた。
『あっ! ダメっ!』
ミクさんは逃げようとしたが、俺はミクさんの腕を掴んで、黙って服を脱がせ始めた。
ミクさんは全く抵抗することなく、上半身裸になった。ブラはしていなかったので、美しい胸が丸見えだ。

「これ使って訓練すれば、すぐに敏感な身体になれるよ。先輩、メチャクチャ喜びますよ」
俺はそう言って、ローターをミクさんの乳首に当てた。

『ああっ! ンンッ! な、なにこれ? あっ!!』
ミクさんは、ちょっと驚いた感じで言った。俺は、ローターをしっかりと乳首に当て続ける。
『あぁぁ〜っ! くぅ、ヒィあっ! これ、ダメ、サトシくん、止めてぇっ!!』
ミクさんが、必死な感じで訴えてきた。
俺は、とりあえずスイッチをオフにして、
「ね? これなら、すぐに敏感ボディになれそうでしょ?」
『う、うん…… なんか、怖いくらいだったよ……』
「でも、気持ち良かったでしょ? これ、ホントはクリトリスに当てるものなんだよ。アタマ真っ白になるくらい気持ち良いらしいよw」
『そうなんだ…… なんか、凄すぎて死んじゃうかも』
「試してみる? せっかくだし、何事も経験だと思うよ」
『……うん…… お願いします……』
ミクさんは、不安と期待が入り混じった感じで言ってきた。そして、俺はなにも言っていないのに、下も脱ぎ始めて、あっという間にまた全裸になった。
「じゃあ、少し足広げて下さい」
『うん…… 恥ずかしいよ……』
ミクさんは、顔を赤くして恥ずかしがりながらも、すっと足を広げた。綺麗なアソコが見えて、また異様なほど興奮してしまったが、ミクさんのアソコがビックリするくらい濡れているのに驚いた。

「凄く濡れてますね。そんなにローターは気持ち良かったですか?」
俺は、からかうような感じにならないように、ものすごく真面目に言った。
『イヤァ…… 恥ずかしいよぉ! そんなこと、  言わないで……』
ミクさんは、耳まで真っ赤にしながらそう言ったが、足は少しも閉じない。ミクさんは、ローターにかなり期待しているようだ。

俺は、黙ってローターをミクさんのクリに当てた。そして、スイッチを入れると、ビーンという音が響き、ミクさんがビクンと大きく跳ねるように動いた。
『ンッあっっ!! あああぁっ!! ヒィィアァッッ!! だめぇぇぇ〜〜!! ヒィッグゥゥッ!!』
ミクさんは、気持ち良いと言うよりは、怖いという感じの顔で叫んだ。
「気持ち良いですか?」
『良いぃぃっ!! でも、アァッッ!! ダメ、ダメぇっ! んんんっっ!!!』
俺の腕を、ガシッと握りしめながら、叫ぶミクさん。

「ほら、もっと感じないと、先輩が喜ぶボディにならないよ」
俺は、煽るように言った。ミクさんは、歯を食いしばり、無言で頭を左右に振る。もう無理とでも言うような感じだ。

でも、俺はローターのリモコンをいじり、最強にした。
『ひぃぃぃぃっっぎぃぃっっ!! いぃいぃっ!! すごいぃっっ!! イ、イッちゃうッ!! イッちゃうよぉっ!! アァッ!! 怖いよぉっ!! イッちゃうっっ!!!』
ミクさんは、大きく目を見開き、俺のことを見つめながら派手にイッた。

でも、俺はミクさんがイッても、ローターをクリから外さなかった。

『ダメっ! 止めてっ!! 止めてぇぇっっ!! 死んじゃうよぉっ!! アァッ!! ンアァッ!!』
ミクさんは、もう気持ち良すぎてパニックという感じだ。ミクさんは、俺に思い切りしがみついてきた。両腕で俺の身体にしがみつきながら、ほとんど叫んでいるような感じになっていた。
俺は、そっとミクさんの顔に自分の顔を近づけた。そして、そのまま唇を重ねた。すると、ミクさんの舌がいきなり絡みついてきた。
ローターでイカされ続けて、ミクさんもおかしなテンションになっていたようで、俺が教えた以上に濃厚なキスをしてきた。

俺はもう興奮が高まりすぎて、なんの予告もなく、いきなり指二本をミクさんのアソコに入れてしまった。ミクさんのアソコは、グチョグチョに濡れていて、熱くてキツかった。
『オォアッ!! ダメぇっ! 指ダメぇっ! 抜いてぇっ! ああっ! ンンあっ!!』
俺の腕を掴んで、引き離そうとするミクさん。でも、俺はそのまま手マンを始めた。ローターも当てながら、指でミクさんの膣中を掻き出すように動かす。
『はぁっアッ! あぁあぁぁーーっっ!!! ダメぇぇっ!! こんなのダメ! 気持ち良いよぉっ!! こんなの、初めてぇっ!! ダメっ! アァッ! あんっ♡ あんっ♡ ひぃぃっっ!!』
ミクさんは、もう絶叫状態だ。俺は、近所の人に聞かれないか不安になった。夕方に、こんなに声をあげてあえいでいたら、変な噂にならないか本気で心配になった。
でも、俺の興奮もヤバいレベルで、手を止めずにキスで口をふさいだ。

そして、手マンを続けながら、ローターも当て続け、舌も思い切り絡めていった。ミクさんは、口をふさがれて声にならないうめき声を上げながら、俺にしがみついてくる。
自分の嫁がこんな風にされて、本当に興奮できるのだろうか? 俺は、なぜか恭子が先輩にローターで責められているところを想像してしまった。そして、不思議なのだが、嫌悪感が湧かなかった。それどころか、興奮している自分に戸惑った。

恭子が他人に抱かれる…… 考えたくもないことだけど、考えると興奮する…… 俺は、先輩の影響を受けてしまったのだろうか?


すると、ミクさんが俺のキスを振りほどき、
『だめぇぇぇぇ…… な、なんか、出ちゃいそうだよぉっ! ダメっ! 止めてっ! 止めてっ!! ダメぇっ!!』
内股気味になりながら、必死でお願いをしてくるミクさん。
「大丈夫、出してみて。それがゴールだから。喜ぶよ。先輩も」
『ヒィッぐぅ…… ダメぇ…… ダメっ!! で、出ちゃウゥッ!! うぅぅっ!! アアアァッ!!!!』
ミクさんはそう叫ぶと、ガクガクガクッと腰回りを痙攣させて、アソコから潮を吹いた。俺の指の動きに合わせて、断続的に、透明な液体がほとばしる。

これも、体質があるのだと思うが、恭子は潮は吹かない。別に、吹かないからって、気持ち良くないわけではないし、気にすることでもないのだけど、やっぱり潮を吹きながらイクのを見ると、テンションも上がり、メチャメチャ嬉しくなる。なんというか、完璧にイカせたという気持ちになる。

『うぅあぁぁ、ダメェェ、止まらないぃぃっ…… あぁぁ、ヒッぐぅ……』
ミクさんは、少し泣いているような感じで、潮を吹き続けた……


俺は、指を抜いて、ローターのスイッチを止めた。指はドロドロになっていて、ローターにも白っぽいものがついていて、本気でミクさんが感じていたのがよくわかった。
先輩も、この動画を見れば、大満足だろうなと思った。


『あぁ、ゴメンなさい…… 手、汚しちゃったね……』
ミクさんは、少しボーッとした感じでそう言うと、フラフラと立ち上がり、浴室の方に行き、タオルを持って戻ってきた。
俺にハンドタオルを渡した後、ビチャビチャに濡れた床を拭き始めた。
『ソファも濡れちゃってる…… この歳で、お漏らしなんて…… はずかしくて死んじゃいそう……』
ソファを拭きながら、恥ずかしそうにいうミクさん。
俺は、それはお漏らしじゃなくて、潮吹きだと説明した。ミクさんは、まったく知らなかったようで、とても驚いていた。
「恥ずかしいかも知れないけど、潮吹いたら男はスゲぇ嬉しいですよ。なんか、明確にイカせたって感じで、わかりやすいですし」
『うぅ…… でも、恥ずかしくて無理だと思う……』
「慣れですよ。じゃあ、僕と何回かこういう風にやってみれば、出来るようになりますよ!」
『そうかなぁ? じゃあ、またお願いできる?』
「もちろん! 俺、ミクさんに会うのメチャメチャ楽しみにしてますもん!」
『ホント? 私もね…… 楽しみにしてるんだよ』
ミクさんは、凄く照れながらも、そう言ってくれた。
「どうして?」
『え? それは…… 気持ち…… 良いから…… 知らなかったこと、教えてくれるからw』
ミクさんは、良い笑顔でそう言った。俺は、我慢できずにミクさんを抱きしめてキスをした。ミクさんは、一瞬驚いた顔になったが、すぐに俺を抱きしめて舌を絡めてきた。

人妻と背徳的なキスをしながら、もう我慢の限界だと思った。そのままソファに押し込むように彼女を押し倒して、俺のチンポをミクさんのグチャグチャになったアソコに押し当てた。
ミクさんは、俺を押しのけることもなく、熱っぽい目で俺を見つめている。色々とセックスのことを教えてきたが、最後の一線は越えることがなかった。先輩も、ミクさんのことを抱いて欲しいと言っているのに、そうしなかったのは、やはり恭子に悪いという気持ちもあったし、ミクさんが受け入れてくれる自信がなかったからだ。
失敗してしまったら、元も子もない…… そんな気持ちだった。

でも、もう限界だった。そしてミクさんは、そんな俺の迷いを見てなのか、
『ふふw 次は、なにを教えてくれるのかな?』
と、イタズラっぽく笑った。ミクさんの、こう言うところがたまらないと思う。普段はおっとりで天然な奥様という感じなのに、たまにこういう小悪魔的な部分が顔を出す。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2014/05/23 11:53 ] 先輩の嫁ミクさんと | TB(-) | CM(-)

環奈さんの旦那目線でのお話

最近、嫁が急に変わってしまいました。
僕は32歳の会社勤めで、嫁の環奈は26歳の専業主婦です。
結婚してまだ2年弱で、付き合い始めた時は、環奈はある企業の受付嬢でした。つい最近まで嫁はそこで働いていたのだけど、結婚を機に仕事も辞めてもらいました。

収環奈の職場の男性や、お客さんで来る男性のことがすごく気になっていた僕は、付き合っていた時から、早く止めて貰いたいと思っていました。収入的にも問題ないので、結婚はいい機会でした。

僕は、かなり心配性で嫉妬深いです。そして環奈は、バカ夫目線なのかもしれませんが、すごく可愛いと思う。本当に、AKBとかだったら、センターにいておかしくないくらいだと思う。
可愛らしくて痩せているというか、引き締まった体なのに、Gカップと言う反則ボディ。そして何よりも、僕としか付き合ったことがなくて、僕以外の男を知らないという奇跡。

そんな環奈と、毎日一緒にいられるだけで、僕は幸せでした。
ただ、エッチに関しては、ちょっと遠慮してしまっているのが残念なところです。
環奈は、あまりにも純情というか、中学から女子校だったこともあり、性的なことは驚くほど何も知りませんでした。
僕は、そんな彼女に嫌われたくない一心で、セックスもあまり誘わず、してもなるべく短時間で済まそうとしていました。
最近は子作りを始めたので、週に一回はするようになり、幸せでした。

ただ、子作りを始めようと環奈が言ってきたその日、夜にエッチをすると、驚くことばかりでした。

先にシャワーを浴びて、寝室で待っていると、環奈が入ってきました。
環奈は、いつもはあまり色気がない、可愛らしいタイプの下着しかしませんが、入ってきた環奈は、真っ赤な透けた感じのブラに、指3本分くらいしか布がないような小さなショーツをはき、ガーターベルトを着けていました。ガーターベルトは、太ももの途中までの黒のアミアミのストッキングに接続されていて、エロくてセクシーな姿でした。

ショーツは、小さすぎてヘアがはみ出しそうなくらいでしたが、僕が浮気防止という理由で環奈にヘアを剃ってもらっているので、はみ出してはいませんでした。
ヘアを剃ってくれと言うくらい、心配性で独占欲が強い僕ですが、せいぜい週1回くらいしか彼女を抱かないのは、もったいない気もします。でも、あまりエッチばかり迫ると、清純な環奈に嫌われると思うので、仕方ないです。


『へへw どうかな? 変?』
環奈が、照れくさそうに言ってきました。
いつも環奈は、シャワーを浴びた後は、身体にタオルを巻付けて、部屋を真っ暗にして入って来ます。そして、真っ暗な中でエッチを始めます。

続きを読む

[ 2014/05/16 11:20 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

スロットにはまった若妻を罠にはめた

俺が昔、スロットで生活してた頃の話だけど、けっこう良い思いをしてた。
今となっては信じられないかも知れないけど、昔のスロットは、技術介入とハイエナ狙いで、確実に食えた。
閉店間際に天井近い台をメモして、次の日の朝一狙いをするだけの簡単なお仕事なのに、なぜみんなやらないのかと不思議に思うくらいだった。

そして、負けてるヤツを見て、正直心の中で笑っていた。フラッと店に来て、適当に台を選んで、ジャブジャブお金を解かしていく姿は、勝っている人間から見ると、俺の養分wて言いたくなる感じだった。
そして、そんな負け方をする人間に、若い女性が多いのもあの頃の特徴だった気がする。
5号機になってからは、俺はスロットは打たなくなったけど、たまに1パチとかで遊んだりする時に、スロットの島を見ると、本当に女性というか、打つ人間そのものの数が減ったと思う。
確かに、今のスロットはストレスしかたまらないw


当時は、アホみたいに金を溶かし続ける女の子を見て、止めときゃ良いのにと思いながら、俺はマジで出しまくっていた。
あの頃は、負けてるヤツは額もハンパではなくて、死んだ魚のような目で打ってて怖かった。レギュラーボーナスが確定しているのに、必死な顔で、すがりつくようにビッグを目押しし続けるヤツとか、溶かしすぎて震えながら打つヤツ、台を壊れるまで殴り続けるヤツ、ホールのトイレで自殺するヤツまでいたような時代だった。


そして、俺が箱を積んで打っていると、たまに女性に声をかけられた。トイレに立った時や、飲み物買いに行った時に、後ろから声をかけられるパターンが多かったけど、ストレートに”買ってくれ”と言うヤツだった。
初めはけっこう驚いたけど、1万で口、2万で最後までとか、風俗より安上がりだったから、ちょくちょく買ってたw


とは言っても、向こうも早くスロットを打ちたいばっかりで、とにかく早くイカせようとするし、移動の時間がもったいないからか、駐車場の隅とか、車の中とか、トイレの中がほとんどだった。
なので、ムードも何もないんだけど、けっこう若い女の子も食えたし、驚くほど可愛い子もいたりで、それなりに良い思いはしていた。


そんなある日、環奈に出会った。
後でわかったことだけど、環奈は26歳の人妻で、結婚して2年も経っていない、ほぼ新婚さんだった。
俺がいつものように、朝イチで並んだ台で打っていて、宵越しのハイエナが上手く行き、1G連も引いて幸先良いなと思っていた時、隣の台に座ったのが環奈だった。
隣と言っても、俺と彼女の台は機種が違っていて、ちょうど台の変わり目のところだった。
彼女が座った台は、自殺者を大量に出したことで有名なミリオンゴッドで、スロで食っていた俺でも避けるくらいの過激な台だった。

まぁ、すぐにいなくなるだろうなと思いながら、スカートからわずかにのぞく太ももを視姦していた。

彼女は、多少ぎこちないけど、それなりに慣れた感じで打ち続けていた。
この台の特性で、驚くほどのハイペースで金が溶けていく。あっという間に3万位溶かした彼女だが、それでも追加で金を入れ続けていく。
チラチラと彼女の顔を見たりしていたが、かなり可愛い。そして、清楚というか、真面目というか、スロットを打つよりはオシャレなカフェで小説を読むのが似合いそうな感じだった。
へぇ、こんな子でもスロット打つんだ。しかも、結構突っ込んでるな…… そんな風に少し驚きながら俺は見ていた。

彼女は無表情で打っていたが、5万近く溶かしてしまうと、キョロキョロしたり、挙動が怪しくなってきた。それでも焦った顔で突っ込み続け、コインがなくなると、店員さんを呼んで休憩中の札を置いて出ていった。

彼女は20分くらいで戻ってくると、青白い顔で、さらに突っ込み続けた。
そして、さらに2万くらい突っ込んで、さらに突っ込んで行った。真っ白な顔で、手が震えるのか、たまに押し順ミスもするようになっていた。この台でミスは命取りだけど、手が震えて仕方ないようだ。
そして、結局5万近く突っ込んで、放心状態になった……


俺は、その日は絶好調で、すでに1万5千枚以上出していた。今日は2万枚かな?とか思いながら、トイレに行き、トイレから出ると環奈がいた。真っ白というか、青い顔で、涙目で話しかけてきた。
『す、すいません…… あの……』
おどおどしながら話しかけてきた環奈。俺は、まさかこんな子まで?と、驚いたが、ラッキーだと思った。こんなタイプの子とはやったことないので、やれるなら5万までは出そう…… そう思って、”何?”と聞き返すと、
『一箱、貸して下さい…… 絶対にお返しします。あと少しで来るんです……』
と、真剣な顔で言ってきた。天井でボーナス引いても、せいぜい3連なのにと思いながら、俺は余計なことを言わずに一箱貸すことにした。
『ありがとうございます! 本当に、必ず返します。ありがとうございます!』
環奈は、地獄で仏に会ったような笑顔になり、何度も頭を下げた。俺は、その時の環奈の笑顔に異常なほど欲情した。そして、悪い考えが頭にいっぱいになった。


その後は、天井間際だったこともあり、環奈はすぐに天井からの当りを引いたが、全ストック放出などは夢のまた夢で、たったの2連で終わった……
彼女は当りを引いて、多少は戻しがあったのに、終わると泣き崩れた。俺は、慌てて彼女の腕を引っ張って、いったん駐車場に連れて行くと、彼女に泣きながら色々と打ち明けられた。


初めて友達に連れてこられたときに、まさかの1000円で直撃、5万枚だったそうだ。
そこからはまってしまったようで、あっという間にその時の100万円も溶かし、なけなしの貯金も突っ込み、今月の生活費もさっきのでゼロになったそうだ。
「今月って、まだあと20日くらいあるでしょ? どうすんの?」
俺は、よくあるパターンだなと思いながらも、そう聞くと、
『もう、どうしたらいいのか…… こ、こんなこと、初めて会った人にお願いする事じゃないんですけど、10万円貸してくれませんか?』
と、泣きながら言った。

俺はその話を聞きながら、結婚してるんだと驚き、環奈の指を見ると本当に指輪が光っていた。
「へぇ、結婚してるんだ。歳いくつ?」
俺が好奇心で聞くと、26歳で結婚2年目、子無しと言うことまで教えてくれた。どう見ても、22歳の俺より年下に見えたが、4つも上で驚いた。

そして、俺は話している間に、黒い考えが頭を支配していたので、彼女のことを舐め回すように見ていた。
背は160cmないくらいの小柄。童顔で、髪も真っ黒で学生くらいに見える。凄く真面目そうだ。そして、ルックスはとにかく抜群だった。平成26年の今、たまたま彼女と同じ名前のアイドルがいるが、名前が一緒だと、顔も似るのかと思うくらい、そっくりだ。

そして何よりも、俺が環奈にやられた理由は、そのおっぱいだ。細身にしか見えないのに、胸の張り出し方がちょっとおかしなくらいのレベルだ。
可愛くて、巨乳。これなら、遊びまくっていてもおかしくないはずだが、そんな感じは一切ない。

俺は、ゴチャゴチャ言わずに、黒い心で10万円を貸した。
彼女は、俺の携帯番号を聞き、自分の携帯の番号を俺に教えて、何度も何度もお礼を言い、帰って行った。
彼女は、俺にお礼を言いながら、
『もう、スロットは止めます。お金も、なるべく早く返します』
と言った。

だけど、俺はもう展開が予想できていた。

俺の想像よりも早く、3日後に環奈から電話があった。
お願いがあるということで、あの時のパチンコ屋の駐車場で待ち合わせて、近くの喫茶店に入った。

環奈は、相変わらずの可愛らしさだったが、今日は服装がこの前と違っていた。この前の膝よりも少し長めのスカートではなく、ミニとまでは言わないが、短めのスカートに、白いブラウス姿だった。ブラウスは、胸のところが窮屈そうで、うっすらとブラも透けていた。

俺は、凄く興奮しながらも、あぁ、そう来たかwと、心の中でガッツポーズを取った。

席に着くと、妙な沈黙が続く。
何か言おうとして、言えずに黙るみたいなことを繰り返し、環奈がうつむくと、俺の方から切り出した。
「いくら貸して欲しいの?」
俺は、無駄なことを言わずに、それだけ言うと、
『……5万円…… お願いできませんか?』
と、上目遣いに、おずおずと言った。

「いいよ」
俺はそう言うと、すぐに財布から金を取り出して、彼女に渡した。環奈は、さっきまでのお通夜ムードから一転して、良い笑顔になった。
正直、この笑顔に15万払ったと思えば、もし環奈に逃げられてもあきらめがつくなと思うほどの笑顔だった。

「もしかして、またミリゴやったの?」
『ご、ごめんなさい…… 1300回転でやめてた台があったから……』
「店に来るからそうなるんじゃないの?」
『も、もう、来るのも止めます! 本当に、ゴメンなさい』
結局、誘惑に負けてまた打つのは想像していたので、俺の思い通りなのだが、俺はさらに彼女をはめ込もうと思って、他のスロットのことを教え始めた。
もちろん、宵越しハイエナのことは伏せて、天井のシステムのことや、立ち回り方などの一般的な事を教えただけだ。
でも、驚くほど環奈はミリオンゴッドのことしか知らず、俺から他の台のことを聞いて、ミリオンゴッドがヤバい台だと、今さら気がついたようだ。


そして、隣同士座って、教えながら打つ日々が続いた。
もちろん、宵越しハイエナをしていない環奈が、それほど勝率が良いわけではないが、勝ったり負けたりで、楽しんで打つようになった。
そして、時には万枚を出したり、調子よく勝つ事もあったが、やはりトータルで見ると負けで、俺からの借金も順調に増えて、すでに50万を超えていた。

『あの…… トオル君、また、5万円お願いできないかな?』
彼女は、俺とファミレスで昼を食べながら、そんな事を言ってきた。
いつの間にか、トオル君と環奈さんと呼び合う仲になり、昼も一緒に食べたりするようになっていた。
俺は、そろそろ計画を始めようと思い、
「良いけど、環奈さんの免許証見せてくれる?」
と、5万円をテーブルに置きながら、そう言った。
『えっ!? ……うん…… わかった……』
彼女は、迷いながらも結局スロットを打ちたい欲求に負けて、免許証を見せてきた。俺は、それを携帯電話のカメラで撮影すると、
「こんな事言うと、嫌われちゃうと思うけど、このままだとお金返せないよね?」
と、少し冷たく言った。
『そ、そんなこと……』
環奈は、そんな事ないとは言えなかった。

俺は、ストレートに、
「1回5万で良いよ。普通は1万とか1万5千だけど、環奈さんだったら、1回5万で良いよ」
と、事務的に言った。
環奈さんは、うつむいて、おしぼりを握りしめている。俺は、何も言わずにコーヒーを飲んでいると、たっぷり5分以上経ってから、
『お願い…… します……』
と、弱々しい声で言った。

俺は、本当は飛び上がりたいくらいに嬉しかったけど、仕方ないなぁみたいな感じで、環奈さんの手を引いてホテルに向かった。
このパチンコ屋の近くには、歩いても5分くらいのところにラブホテルがある。パチンコ屋で女性から声をかけられて、何度も買ったことがあったが、こんな近くにホテルがあっても使ったことがなかった。


環奈さんは、ずっとうつむいて、無言のままついてきた。
そしてホテルに入り、部屋を選んでエレベーターに乗る。
「なんか、緊張するね」
間が持たずに、そんな事を言うと、
『はい…… トオル君は、よく、こういうこと…… するの?』
と、緊張でガチガチになりながら環奈さんが聞いてきた。
「いや、こんなの初めてだよ。そもそも、お金貸したのは環奈さんだけだよ」
俺は、少しウソをついた。
『え? どうして、私には貸してくれたの?』
不思議そうに聞く環奈さん。
「そりゃ、メチャメチャ俺の好みだったから。もしかしたら、今日みたいな事になるかもって、下心があったかもしれないw」
少しおどけて言うと、環奈さんもちょっとだけ微笑んだ。


そして、部屋に入り、ソファに座ってコーヒーを飲む。
『トオル君若いし、格好いいし、学校でもモテるんじゃないの? 私みたいなおばちゃんと、その…… エ、エッチしても、嬉しくないでしょ?』
恥ずかしそうに言う環奈さん。俺は、本気で驚いていた。自分の価値をわかっていなさすぎw そう心の中で思った。大学の、とは言っても最近ほとんど行ってないけど、どの女よりも環奈さんの方がはるかに可愛い。

「嬉しいに決まってるじゃないですかw 本当はこんな形でするのはイヤだけど、こういう形じゃないと、きっと環奈さんとはしてくれないしねw マジで環奈さん可愛いよ」
『あ、ありがとう……』
顔を赤くして、照れる環奈さん。可愛くてたまらない。なんか、俺とこれからセックスするのは、それほどイヤじゃない感じがする。

「マジで、イヤじゃない?」
『えっ? う、うん…… だって、こうでもしないと、返せないし……』
「そっか、じゃあ、シャワー浴びる?」
『……はい……』
俺はその返事を聞いて、環奈さんの手を引いてバスルームに向かった。
『え? 一緒に入るの?』
「もちろん!」
『は、恥ずかしいよ……』
「早く終わらせて、スロットしたいでしょ?」
『うぅ……』

承諾もないまま、どんどん彼女を脱がせていく。
弾けそうなブラウスのボタンに手をかけて、一つずつ外していくと、ブラが弾けるように飛びだした。
うっすら透けていたのでわかっていたが、ピンク色の可愛らしいヤツだ。セクシーという感じではなく、AKBのプロモで着てるような可愛い感じだ。

そしてスカートも脱がせると、上下おそろいの可愛い下着姿になった。26歳だが、ストッキングははいておらず、生足だ。

もう、この下着姿だけで、5万の価値はあったと思うくらい、エロくて最高の体だった。
ブラで寄せられて、胸の谷間はえげつないことになっている。グラドルくらいの迫力なので、Fカップくらいありそうだ。そして、そのくびれたウエストが凄い。腹筋は、うっすらと縦の割れ線も見えるくらいに引き締まっている。そして、腰の位置も高く、足も長い。

マジで、最高の体だと思う。
『な、なんか、変かな? 私の体……』
俺の視線を感じて、環奈さんが腕で胸と股間を隠しながら言った。
「いや、ヤバいでしょ、最高すぎる。その体なら、旦那さんも夢中でしょw」
『全然そんな事ないよ…… あんまりね、相手してもらえないんだ……』
「なんで? あり得ないでしょ! 俺なら毎日どころか、1日に2回3回と迫るねw」
『あ、ありがとう。でも、ホントに、相手してくれないんだ……』
「上手く行ってないの?」
『そんな事ないよ。凄くラブラブだよw でも、エッチはないんだ……』
寂しそうに言う環奈さん。
これだけ可愛くて良い体の環奈さんが、なぜ?とは思ったが、あまり立ち入らない方が良いと思い、下着も脱がせにかかった。


ブラを外すと、デッドオアアライブのキャラみたいに、ブルンと胸が大きく揺れた。
これだけ大きいのに、ほとんど垂れずに形を保っているのは、素晴らしいと思った。綺麗なピンク色の乳首に、大きめの乳輪がアンバランスで、上品な環奈さんにちょっと下品な感じのする乳輪というギャップがたまらない。
「いや、スゲぇ美乳っすね。マジで、最高のおっぱいじゃんw」
『うぅ…… でも、乳輪大きいでしょ? 凄くイヤなの……』
「俺は、その方が好きだけど」
『え? 本当に?』
「うん。マジで」
『あ、ありがとう…… なんか、嬉しい……』
ちょっと褒めただけで、本当に嬉しそうになる環奈さん。人が良すぎるというか、素直な人なんだと思った。
そして、ショーツに手をかける。環奈さんは、ビクッと身体を固くした。でも、もうあきらめたのか、抵抗するそぶりはない。

俺は、一気にショーツを引き下ろした。環奈さんは、一瞬内股になってアソコを隠そうとしたが、ツルツルのアソコがバッチリ見えた。
「アレ? 剃ってるの?」
驚いて俺が聞くと、
『浮気しないようにって、剃られてるんだ……』
と、言いづらそうに環奈さんが言った。
「へえw エッチしないくせに、そんな事するんだ。でも、結局意味ないねw」
『そうだねw でも、こんなに独占欲が強いのに、なんでエッチはしてくれないと思う?』
真顔で聞いてくる環奈さん。

「自分から誘ったりしてる?」
『そ、そんな事、出来るわけないじゃん! 恥ずかしいよ……』
「それでしょ? 多分。 環奈さんが積極的じゃないと思ってるんだよ。旦那は、環奈さんがエッチが嫌いとか思ってるんじゃない?」
『そんな…… でも、自分から誘うような女って、はしたないと思われちゃわないかな?』
可愛い心配をする人だw

「まぁ、そんな格好じゃ風邪引くから、湯船につかりながら話そうよ」
俺はそう言って、素早く服を脱ぐと、一緒に風呂に入った。さっきコーヒーを入れるときに、ついでに湯を張っておいたので、湯船の湯はもう溢れる寸前くらいになっていた。


几帳面に、体を洗おうとする環奈さんに、
「二人だけだから、そのまま入ろうよw」
と言いながら、一緒に湯船につかった。
かなり大型の湯船なので、対面に向かい合ってつかった。湯につかると、胸の上だけしか見えないので、島が二つ並んでいるような感じだ。本当に、体型からは想像も出来ないくらいの大きな胸だ。
腹筋が、うっすらと割れているくらい体脂肪が少ないのに、胸だけ大きいなんて、人間の生理学というか、人体構造としてあり得るのだろうか? でも、考えてみれば、ロシアのチャットの女の子は、みんなこんな体型だ。

「ホントに、ヤバいくらい良い体だよね。引き締まってるけど、なんかしてるの?」
『ありがとう…… 褒められるの慣れてないから、恥ずかしいけど…… うれしいな……』
環奈さんは、顔を真っ赤にしながら、お湯に顔をつけてブクブクブクって子供みたいに口で泡立てた。
マジで、この可愛らしさはヤバいと思った。そして、スロットに狂ってることへの違和感も強くなった。どう考えても、彼女はギャンブルむきではないし、はまるような性格とも思えない。旦那さんとのセックスレスが、彼女の心に暗い影を落としているのだと思った。

「何もしてないの?」
『うぅん、腹筋したり、走ったりしてるよ』
「へぇ、体動かすの、好きなんだ」
『そんなに、好きじゃないよ。彼に、もっとかまってもらいたいから……』
健気な人だと思う。
「そんな努力するくらいなら、エッチ誘えば良いじゃんw エロい下着着て、”エッチしよ?”とか言えば、解決するよ」
『……うん…… やってみる……』

なんか、5万で買ってエッチをするだけだったはずなのに、真剣に相談を聞く俺がいた。
俺は、流れを変えようと、
「ねぇ、こっちに来てよ。俺にもたれて座って見て」
と言った。
環奈さんは、そう言われてやっと趣旨を思い出したのか、下唇を噛みながらうつむいた。
「やっぱり、やめる?」
俺がそう言うと、環奈さんは黙って首を横に振り、俺の方に移動した。そして、俺にもたれ掛かる。

柔らかい彼女の体に密着して、俺は一気に勃起した。

『なんか、当たってるんですけどw』
環奈さんが、イタズラっぽく言う。
「ゴメンw」
俺は謝ると、すぐに後ろから胸を揉み始めた。
『あっ! ダメぇ』
環奈さんは体をビクッと震わせて、そう言った。
俺はまったくかまわずに、胸を揉み続ける。柔らかくて、張りがあって、どれだけ揉んでも飽きない気がする。

『ん、んん、』
環奈さんの、息づかいが少しだけ荒くなる。

俺は、両乳首をいきなりつまんでみた。乳輪とは対照的に、小ぶりな乳首は、俺が今まで触ったどの女の乳首よりも、カチカチに硬くなっていた。
『アァッ! ン、あっ! ダメぇ…… つまんじゃ、ダメぇ!』
環奈さんは、少し甘い感じの声で、そう言った。
「こんなにカチカチなのに? 環奈さんはエッチなんだねw」
俺は、経験の少なそうな彼女に、言葉責めをしてみようと思った。
『ヤァァ…… エッチじゃないもん! あっ、ダメぇ…… ンンあっ!』
俺は、敏感な人だなと思いながら、持てるテクニックを駆使して、乳首を責めていく。

人妻とラブホテルに入り、一緒に風呂に入ってこんな事をする。なんか、クセになりそうなほどの背徳感がある。それと同時に、馬鹿な旦那だと思う。下の毛を剃るくらい浮気を心配してるくせに、エッチをあまりしないなんて、片手落ちってヤツだと思う。
全然関係ない話だけど、最近まで片手落ちって、片手がない人のことを揶揄する言葉だと思ってた。ホントは片・手落ちなんだねw

俺は、こんなに若くて美しい人妻と、こんな事が出来ることに異様に高ぶっていた。
俺は、夢中で乳首を責め続ける。
『あっ! ンあっ! あっ! アァッ! ンッ!! ンふぅっ!!』
環奈さんは、声を抑えようとして、抑えきれない感じになってきた。
「気持ち良いの?」
俺がそう聞くと、
『気持ち良いです…… こんなの、あぁ、んっ、ダメぇ…… あっ』
気持ち良くなることが、悪いことのように思ってる感じだ。旦那さんを裏切ってることに、強い葛藤を持っているのだと思う。

俺は、頃合いだと思い、環奈さんの毛がないアソコに手を伸ばした。
環奈さんのアソコに指が触れると、お湯の中でもわかるくらいに、ぬめっているのがわかる。
『ヒィあっ! ダメっ! ダメぇっ! 触っちゃダメぇっ!』
環奈さんは、そう言って俺の手を押さえにかかった。

無視して力づくでも良かったが、俺は黒い部分を出してみた。
「じゃあ、やめる? 5万は無しになるけど」
冷たく言う俺に、環奈さんは言葉も出なくなり、俺の腕を掴んでいた手も離した。

なんか、自分がとんでもなく悪いやつに思える。スロットにはまった人妻を、さらにはめるように導き、金を貸し、身体で払わせる…… 自分で自分を、悪徳金融業者みたいだと思った。

しかし、そんな反省は一瞬で終わり、左手で乳首を責めながら、右手でアソコをまさぐってみた。
『あっ! あっ! あぁんっ! ンッ! ンあっ! ダメェェ…… ヒィあっ!』
環奈さんは、かなり感じている様子だが、声を必死で抑えようとしている。旦那に対する、最後の気遣いなのかも知れないが、逆に俺は、ムキになってもっと感じさせたくなった。


左手でクリの皮を押さえて、右の指でクリを直に触り始めると、
『ンンあっ!! ああぅんっ! ぅあっ! はぁぐぅ、アアッッ!!』
と、反応が強くなった。
「気持ち良い?」
俺が優しい声で聞くと、
『ダメぇっ! 止めてぇ! ダメ、ダメぇ、アァッ! ンふぅっ!! ふぅーっ!! ダメっ!!』
と、切羽詰まった感じで言った。
俺は、耳まで真っ赤になりながら、それでも必死で声を抑えている彼女が、もうイキそうなのを感じた。

俺は、そこで指を止めた。
『ふあぁ、 ど、どうして? あぁ、ダメぇ、、』
環奈さんのリクエスト通り指を止めたのに、思わず”どうして?”なんて言った。俺は、あまりにも思い通りになりすぎて、ちょっと笑えてきた。
「どうしてって、止めてっていうからw 続けて欲しかった?」
『そ、そんなこと……』
ないと、言えない彼女。もう、堕とせるなと思った。

俺は、いきなり湯船の縁に腰掛けた。ちょうど彼女の目線の高さに、俺のペニスがある。もう、ヘソまでくっつくくらい反り返って勃起している。
彼女は、恥ずかしそうに目を伏せた。

「ほら、見てごらんよ。環奈さんが可愛い声出すから、もうこんなになってるw」
俺がそう言うと、素直に目を上げて俺のペニスを見た。
『すごい…… なんか、怖い……』
本当に、少し怯えた感じだ。
「触ってみてよ」
俺が言うと、少しためらいながら、ゆっくりと手を伸ばしてきた。
俺は、彼女の手を掴んで、強引に持たせてみた。

『固い…… こんなに固いなんて……』
驚いたような感じで言う彼女。
「そうかな? 固さはこんなもんだよ。旦那のも固いでしょ?」
『そんな事ないよ! こんなにカチカチじゃないよ! でも、これが普通なの?』
環奈さんは、驚いたというか、ショックを受けている感じだ。
「うん。普通だよ。興奮すればするほど固くなるけど、普通はこれくらい固いと思うよ」
『興奮すると、固くなるの? 柔らかいってことは、興奮してないってことなの?』
「あぁ〜 そうだねw もしかして、旦那の柔らかいの?」
『ち、違う! カ、カッチカチに決まってるじゃん!』
動揺しながら言う環奈さん。俺は、何となくわかってきた。旦那さんは、少しED気味なのかも知れない。なので、セックスも避けていると言うことなのかもしれない。
俺は、正直に言って、チャンスだと思ったw


「そりゃそうだよね。環奈さんみたいな人が奧さんなら、カッチカチのガッチガチになるよねw 愛してるなら、固くなって当たり前だもんw」
俺は、環奈さんが不安になるようなことをわざと言った。彼女は、曖昧にうなずきながら、寂しそうな顔になった。
ウソをついて胸が痛んだが、俺はこの時、結構本気で旦那から環奈さんを奪いたいと思っていた。


「口でしてよ」
俺は、わざと冷たい口調で言った。さっき、やめたら5万は無しだよと脅していたのも効いたのか、素直に顔を近づける彼女。
『どうしたらいい? 舐めればいいの?』
「え? 普通で良いよ。旦那さんにする感じでw」
俺がおどけながら言うと、
『……したことないから、教えて下さい……』
と、環奈さんは恥ずかしそうに言った。
「えっ? 旦那さんの前とかは? 元カレにはしたことあるでしょ?」
結構本気で驚いてそう聞くと、
『彼としか、付き合ったことないから……」
小声で言う環奈さん。

俺は、スロットに狂い、見ず知らずの男に50万の借金を作るような女が、男性経験一人だけとはとても信じられないと思った。でも、環奈さんならあり得るなと、すぐに思い直した。
そして、メチャメチャラッキーだと思った。
人妻の、初フェラを奪えるなんて、レアすぎる。純ハズレよりもはるかにレアだ。


「じゃあ、思ったみたいにやってみてよ。やりながら教えるから」
『うん…… お願いします』
環奈さんは、そんな事を言いながら、俺のアレに舌を伸ばし始めた。
可愛い顔から、小さな舌がつきだして、俺のペニスに近づいていく。もう、それだけでイキそうなくらい興奮する。

そして亀頭の上の方を、ペロペロとアメでもなめるように、一本調子で舐め始める環奈さん。
そんなやり方では、あまり気持ち良くないはずだが、舐められたところが、おかしくなってしまったと思うほどの強い快感が来た。

色々なところを、ペロペロと強弱もじらしも何もなく舐め続ける環奈さん。何も知らない人妻に、こんな事をさせる優越感を感じながら、
「口開けて、くわえてみて」
と、指示をした。
言われたままに、彼女は口を開けて俺のペニスを口に含んだ。でも、口を目一杯大きく開けて、唇が竿に触れないようにしている。本当に、どうして良いのかわからない感じだ。
もう、可愛すぎて、本気で旦那から奪うと心に誓うほどだった。


そして、やり方を教えると、ぎこちなくその通りにする環奈さん。
俺は、真っ黒な心で、くわえながら指で乳首を責めることや、アナルを舐めることまで教えた。彼女は、なんの疑いもなく、俺の指示通りに俺の乳首を責め、アナルを舐めてくれた。
もう、イキそうなくらい気持ち良かったが、
「そうそう、乳首責めも、アナル舐めも、普通にみんなやってることだから、旦那にもしないとダメだよ。そういうのしないから、旦那のも固くならないんだよ。これやれば、旦那のもカチカチになるよ」
と、環奈さんにウソを教えた。
何も知らなかった嫁が、いきなりこんな事をしてきたら、浮気を疑って離婚になるんじゃないか? そんな黒い心で教えた。

俺は、ダメ押しで、
「今度は、上の方からおちんちんに、唾液をだらってながしてみて。それで、唾液でヌルヌルにして手でしごいてみて。これは基本だし、やればカチカチになると思うよ」
と、ウソを重ねた。環奈さんは、真に受けて、そんな痴女モノAV女優のような事をしてくれた。
『これでいい? 変じゃない? カチカチになるかなぁ?』
真顔で言いながら、真剣にしごき続ける環奈さん。
「アレ? 旦那のカチカチなんでしょ? 違うの?w」
俺が矛盾を指摘すると、
『そ、そうだよ! カチカチだよ…… カッチカチだもん……』
と、自分に言い聞かせるように言いながら、さらにしごき続ける。


その言い方や仕草も可愛くて、さらに惚れてしまった。

「あぁ、ヤバい、出そう」
俺が余裕なくそう言うと、
『えっ! えっ!? どうしよう!? どうしたらいい?』
パニクる彼女。

「口にくわえて! あぁ、出るよ!」
俺が指示すると、慌てて口にくわえてくれた。

彼女の口に包み込まれた瞬間、一気に爆発した。
多分、今までの人生で、一番気持ち良い射精だったと思う。

『ンンーーーっっ!!』
環奈さんは、口内射精を受けながら、うめいた。

俺は、すごい満足感を感じながら、ペニスを抜いた。環奈さんは口を閉じたまま、可愛らしい顔で見つめてきた。
「いいよ、飲んで」
俺は、それが当たり前という感じで言ってみた。
環奈さんは、一瞬目を大きく開けて驚いた感じだったが、すぐに喉をコクンと動かして飲み込んだ。
環奈さんは眉間にしわを寄せながら、
『変な味〜 なんか、喉に引っかかるね』
と、言った。でも、嫌がっている感じはあまりなく、少し楽しそうにも見えた。

「飲むの初めてだった?」
『うん…… でも、これが普通なんでしょ?』
「そうだよ。旦那のも飲んであげたら、すごく喜ぶよ。男は、飲んでもらうと本当にメチャメチャ嬉しくなる」
『そうなんだ! うん、やってみるね!』
環奈さんは、唇の端から少し精子を垂れ流しながら、良い笑顔で笑った。
俺は、思い通りに進みすぎて、内心笑っていた。


「じゃあ、のぼせちゃうからあっち行こうか」
俺がそう持ちかけると、環奈さんはその言葉の意味を理解して、緊張した顔で、
『……はい……』
と、返事をした。

そして、タオルを身体に巻こうとする彼女を制し、裸のまま移動する。
恥ずかしそうにする彼女だが、裸を見られるのにもかなり慣れてきたようだ。

そしてベッドに寝転がると、布団をかぶって身体を隠す環奈さん。
こんな風に恥じらう女性は、最近なかなかいないと思う。パチンコ屋で身体を売ってくる女は、そもそも服も脱がずに、着衣のままでさっさと済ませようとする。恥じらいもクソもない感じだ。

『電気、消して下さい……』
環奈さんが、恥ずかしそうに言う。俺は、真っ暗にはしなかったが、部屋を暗くした。


そして、布団をはぎ取ると、美しい肢体が姿を現した。
仰向けで寝ているのに、ぺちゃんこにならない張りのある巨乳。そして、ツルツルのアソコ。おかしなぐらいくびれたウエスト。すべてが、俺の興奮を加速させていく。


俺は、黙って彼女にキスをしようとした。
すると、顔を背けて、
『それだけは…… ゴメンなさい……』
と、拒否をした。俺は、旦那にメチャメチャ嫉妬しながら、
「じゃあ、やめる?」
と、暗に5万は無しだと匂わせた。

『本当に、ゴメンなさい…… それは、許して……』
泣きそうな…… いや、実際泣きながら言う環奈さん。

俺は、脅しではなく、本気でやめようかと思ったが、そもそも俺が我慢できないくらいに興奮してしまっていた……


あきらめて、彼女の股間に顔を近づける。
慌てて俺の頭を押し返そうとする環奈さんよりも素早く、毛のないアソコに舌をはわせた。
さっき風呂に入り、タオルでも拭いたはずなのに、蜜が溢れ出ていて、太ももまで流れていた。

俺は、興奮状態で夢中でアソコを舐め始めた。
『ダメっ! そんなとこ舐めちゃダメぇ…… あっ! んんっ!! ンあっクゥぁ……』
環奈さんは、そう言いながらも無抵抗だ。俺の頭を押す手もまったく力が入っていない。
これまでの流れで考えると、おそらく環奈さんはクンニも初めただと思う。
俺は、持てるテクニックをすべて使い、丁寧に、愛情を込めて舐め続ける。
クリを舌先でつつきながら、唇で噛んだり、じらして周辺だけを舐め続けたり、色々とテクニックを使う。
『んんっ! ンンーーっ!! ひぃあぁ、 ンあっ! あっ! あっ♡ ヒィあっ! これ、ダメぇ…… 変になるぅ! 変になっちゃううぅっ! ふぅぅあっ! あーーっ!! ダメぇっ!! ダ、メッ!! なんか、なんか、来ちゃうっ! ダメぇぇっ!!!』
体をのけ反らせながら、叫ぶようにあえいでいる環奈さん。
俺は、今だと思い、歯で軽くクリを噛んでみた。
『ンンッひぃぁーーーっっっ!!!』
環奈さんは、一際大きく叫ぶと、身体をガクガクッと小刻みに震わせた。

グッタリしながら、荒い息をする環奈さん。
「イッちゃった?w」
俺がそう聞くと、
『ふ、あ、わかんない、 怖かった……』
少しボーッとした感じで言う彼女。
「え? イッたこと無かったの?」
驚いて聞くと、
『わかんないよぉ…… あんなの、初めてだもん…… 気持ち良くて、怖かったよぉ』
俺は、嬉しくなりながら、
「マジで? 初イキ? て言うか、オナニーとかしないの?」
『えっ? す、するけど…… あんなに気持ち良くならないし……』
「オナニーでイカないの?」
『だって、怖いし……』

環奈さんは、オナニーはしても、イキそうになると怖くてやめてしまうということらしい。
俺は、旦那はマジで馬鹿だと思った。EDでセックスできなくても、口や手でしてあげればいいのにと思った。こんな間男に、嫁の初イキや、初フェラを奪われて、マジで馬鹿だと思う。


俺は、その言葉を聞いてさらに浮かれて興奮して、我慢できなくなった。
彼女に覆いかぶさり、入れようとする。
すると、
『コンドーム、着けて……』
と、恥ずかしそうに言ってきた。
「え? でも、普通はしないよ。それに俺、それ着けるとかぶれちゃうし」
と、適当にウソを言い、無理矢理押し入れようとすると、必死で手でアソコを隠しながら、
『ダメっ! 出来ちゃうもん! ダメ、絶対にダメだよぉっ!』
と、かなり強く抵抗してきた。

まぁ、さすがにこれは無理かな?と思い、素直にゴムを着けた。
そして、
「これでいい?」
と、確認すると、環奈さんは泣きそうな顔でうなずいた。さすがに、心が痛むようだ。



俺は、ゆっくりとペニスを入れながら、
「ほら、入ってくよ。カチカチのが入ってくる。旦那のじゃないのが、入っちゃうよ」
と、言葉責めもした。
『イヤァァっ! そんな、アァッ! 言わないでぇ…… あ、あっ! 入っちゃう! ダメぇ……』
環奈さんは、俺の言葉に激しく反応する。だけど、抵抗はしてこないし、声もとろけている感じがする。

俺は、一気に根元まで入れると、
「ほら、浮気チンポ、入っちゃったよw」
と、ささやいた。
『アァッ! ごめんなさいぃ…… ごめんなさいぃ……』
環奈さんはその言葉に反応して、何度も謝るが、顔がヤバいくらいにとろけている。

それにしても、日頃走ったり、筋トレをしているだけあって、凄く締まる膣だ。
身体も顔も完璧で、アソコまでこの性能…… 天使はここにいたんだと思った。
本当に、天使すぎる人妻だw


俺は、俺自身が辛抱できずに腰を振りだした。ぞわぞわって、鳥肌が立つような感じを受けた。彼女の膣は締まるだけではなく、ザラザラしている感じで、亀頭がヤバいくらいに気持ち良い。
これが数の子天井か!?と、驚いた。

『ひぃあっ…… んっーーっ! ンッ! ンッあっ!! あーーっっ!!!』
俺の腰の振りにあわせて、環奈さんはあえぐというか、叫び始めた。
おそらく、初めての快感なのだと思う。旦那のED気味のペニスでは、こんなに気持ち良くないのだと思う。


俺は腰を振りながら、クリを触ったり、乳首を舐めて責め立てる。
『ダメっ! 触っちゃダメぇッ! お、おぉっ! ンふぅっ! おかしくなちゃうっ!! あっ! あんっ! アン♡ アン♡ ヒィぁっ…… ンッくぅぅっ!! すご、いぃぃ』
環奈さんは、声を抑えるのを放棄したように、大きな声であえぎ続ける。

俺は、ここまでトロトロに溶ければいけると思い、キスをしようとした。案の定、顔を近づけても抵抗してこない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2014/05/14 11:56 ] スロットに狂った若妻 | TB(-) | CM(-)

入院中にエロ本見てたら人妻ナースが

3年ほど前、19歳で肩を脱臼して一時入院したときの事。
2日ほど入院したのですが、3個のベットがある部屋で、
入れ替わりで人がいなくなり、たまたま2日目の夜が一人でした。
看護婦さんは2日では名前と顔が一致せず…。
AVみたいなことは起きね〜よな〜と一人、友達の差し入れたエロ本を
手にパラパラと読んでいたときのこと。
まだチンチンには手をつけずに読んでいただけでした。
そのときガラガラ、と30歳半ばの看護婦さんが入ってきました。
とりあえずバレてるとはわかっていつつ本を隠しました。
初日に紹介に来たのは覚えてるのですが名前が出てこず。
名札を見ようとしていると「覚えてないな!」といわれ、
正直に「すみません、わからないっす」と言うと、
「全く、Hなくせに女の名前を覚えないと口説けないぞ!」
と笑いながら近寄ってきました。(やっぱエロ本ばれてた、、、。)
「そうですね〜、でも口説いても無駄でしょ?」というと、
「そんなの言ってみないとわかんないよ〜!」といいながら
湿布薬の交換をしてくれました。そのときに胸がチラリと見えて
ドキドキしてました。で、名前を聞き、世間話をしながら、
「口説きには時間がかかるのでとりあえず携帯番号とアドレス教えて!」
とダメ元で言ってみました。

【続きを読む】
[ 2014/05/05 21:13 ] 男性の体験談 ナースとの体験談 | TB(0) | CM(-)

韓流スター(笑)似のディーラーの若い子に

結婚8年目38歳、妻桜子33歳、娘麻衣5歳の3人家族です。
私の悩みは、妻がセックスに消極的な事でした。
妻はセックスに関しては幼い感じで、毎晩手を繋いで眠りたがるのですが、セックスは好きではないようです。
特に子供が生まれてからは断わられることが多くなり、今では月に2回が良いところで、多くても3回ほどしか応えてくれません。
それも必ず正上位で、どんなに感じていても後ろからなどはさせてもらえず、以前妻がイク直前で我を忘れている時にバックに変化させましましたが、最後までいきたい気持ちよりも恥ずかしさが勝ってしまうのか、怒ってやめてしまいました。
ましてや女性上位などはもっての他で、そのような事をさせようとすれば、怒ってしまって口も利いてくれません。
フェラも自分からはした事が無く、感じてしまっている時に口に当てると、ただ口の中に入れさせてくれるという程度で、舌など使った事はありません。
ですから妻とのセックスはほとんどパターンが決まってしまっていて、しばらくキスをしてからオッパイを触り、次にオッパイを舐めながら妻が感じてきたところで下に手を持って行くのですが、まだ感じ方が浅いと手を押さえられて拒否されてしまう事もあります。
その後乳首を吸いながら妻の最も敏感な部分を刺激してやって、ようやく正上位で交わって、妻にタイミングを合わせて出します。
そのタイミングがまた難しく、妻が先にイクと私がまだでも逃げられてしまう事があるのです。
そのような妻でも私は惚れていて、浮気をする気などは全く無く、私の望みは妻と色々なセックスを楽しむ事なのです。


【続きを読む】
[ 2014/05/03 21:57 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

ロシアの天使が空から落ちてきた(ユリア、ドSバージョン)

ロシアの天使が空から落ちてきたの、核心部分が違うバージョンです)

僕は、23歳の大学生で、休学していたのでまだ2年生です。
昔から、英語が好きで、休学していたのもアメリカを放浪していたからです。

そのおかげもあって、英語はしゃべるのも含めて、問題ないレベルです。
とは言っても、英語が出来るくらいで就職が有利になる時代でもないので、すでに就職に関しては色々と調べて動いていました。

僕は、自分ではそこそこ整った顔だと思っていますが、いわゆる草食系なので、彼女もこの歳まで作ることが出来ませんでした。とは言っても、それほど強く欲しいと思っているわけではないので、毎日趣味などで楽しく過ごしていました。
趣味と言っても、アニメを見たり、フィギュアスケートを見たりするくらいですが、それで毎日充分楽しいです。


そんなある日、秋葉に買い物に行って、ちょっと外れの方にあるショップに向かう途中、いきなり英語で声をかけられました。
『あなたは、英語しゃべれるのかしら? 本当に、誰もしゃべれないって、信じられない!』
と、かなりイライラした感じで言われました。
振り返ると、ちょっと大きめのコロ付きのバッグを持った、小柄な金髪の白人さんがいました。
どう見てもまだ子供なんですが、恐ろしいほどの美しさで、射抜くような青い目で僕をじっと見つめていました。

僕は、気圧されるように、
「しゃべれます。なんでしょうか?」
と、気弱に言ってしまいました。

僕をじっと見ていた美少女は、
『ハニュー、、、』
と、ボソッと言いました。
「あ、違います。別人です。似てると言われますが、違います」
と、しどろもどろで答えました。


僕は、フィギュアスケートの羽生選手と似ていると言われることがあります。
彼が話題になるようになってからは、にわかに僕もモテ期が来たのかな?と、思うくらい、女子に話しかけられるようになりました。
でも、顔はちょっと似てるけど、羽生選手とはスペックが違いすぎます。僕は弱気ですし、スポーツもダメ、勉強も英語以外はごくごく普通、、 本当に、同じ人類とは思えないくらい、彼とは差があると思います。
『わかってる、、 ねぇ、ここにはどう行けばいいの?』
英語が通じるのがわかって、イライラも収まったのか、普通の口調でした。
でも、ニコリともせずに、淡々と言う彼女は、氷のように冷たい印象でした。
それにしても、驚くほどの美少女です、、、

そこで僕は気がつきました。
この子は、リプニ○カヤさんだと、、、
フィギュアスケートを見るのが好きな僕ですから、間違いないと思いました。
「ユ、ユリアさんですか?」
おっかなびっくり聞くと、右眉が少しだけ上がりました。
『で、ここにはどう行けばいいの? 答えてくれますか?』
聞かれたことにだけ答えろという感じで、クールに言われました。


そのプリントアウトした紙を見ると、よく知ってるショップでした。
大型の店で、フィギュアやマンガDVD等々、中古、新品、古い物からなんでも置いてあって、店員さんがコスプレしているので有名なあそこでした。


「はい、ここから歩いて5分くらいです。場所は〜」
場所の説明をしようとすると、さえぎるように
『後ろ付いてくから、案内して』
と、短く言いました。
それは、お願いする態度ではなく、決定事項を下僕に告げるような口調でした。
僕は、正直、怒りよりもゾクゾクしていました。

そして、あの映画のあの場面のように、”親方、空から女の子が!!”と、叫びたいような気持ちでした。
何か、ワクワクすることが始まった! そんな気持ちでした。

「わかりました。付いてきて下さい」
僕はそう言って、彼女の前を歩き始めました。
それと同時に、スケジュールを思い出していました。フィギュアスケートの試合のスケジュールは、ほぼ頭に入っています。
ユリアが何をしに日本に来たのか、推測が始まりました。

今は、シーズンオフなので、試合もないはずです。
エキシビションか、、、
ここで思い出しました。

うろ覚えですが、日本のテレビ番組に出る予定があったはずです。
収録がてら、観光かな?
そう思いながら、真っ直ぐショップを目指します。
すれ違う人達が、ガン見する感じです。
秋葉に集う人間に、ユリアはアニメキャラのように神々しく映るはずです。
二次でもスゲぇと、、
僕は、ユリアと気づかれないか、ドキドキでした。
多分、バレたらパニックになる、、、 そんな気がしました。


それは彼女も感じたようで、人が増えてくると、サングラスと帽子をしました。
これだけで、かなりわかりづらくなりました。
その上、彼女は黙ってると、プンプンオーラが出てるので、怖くて声をかけられないと思います。


僕は、不思議な気持ちでした。
あのユリアを先導している。そう思うと、テンションが上がりまくります。
でも、話しかけることも出来ず、それどころか、振り返ることすら出来ずに、足音だけを頼りに、彼女がついてきていることを確認します、、、


そうこうしているうちに、あっけなく、何もイベントが起きないまま、なんのフラグも立たずにショップに着きました、、


「ここです。お疲れ様でした」
案内して疲れたのは僕なのに、彼女のオーラに気圧されて、こんな事を言いました。

すると、ユリアはニコッと笑って、
『ありがとう』
と、一言だけ言いました。

その冷たい氷のような顔が、笑顔になっただけで、魂を奪い取られる感じでした。
もともと、2番目に好きなスケーターでしたが、この瞬間、一番好きになりました。
好きになったと言うよりも、恋に落ちた感じでした、、、

「ど、どういたしまして」
ドモリながら答えて、会釈をしてその場を去ろうとしました。
すると、後ろから、シャツの裾を引っ張られました。
『なんて書いてあるか、通訳して』
と、またお願いではなく、決定事項の通知という感じで言われました。

僕は断ることも出来ずに、それどころか、嬉しいと思いながら、
「喜んで!」
と、力強く言いました。

その僕の言い方に、ユリアはフッと軽い笑みをこぼしました。
もう、この笑顔のためなら、なんでも出来る!! そう思うほどの破壊力でした。


彼女は、テレビで見るよりも、背は小さく感じます。でも、体つきは、きゃしゃではありませんでした。
さすがにアスリートというか、筋肉を感じる体つきでした。
そして、意外に胸があることに驚きました。それほどデカくはないですが、イメージよりは大きいです。
テレビやネットで見る彼女は、ぺったんこなので、成長期で育ったのかな? 
それとも、試合中はさらしでも巻いているのかな?と思いました。


僕は、今度は逆に彼女についていきます。
彼女は、フィギュアコーナーを見て、ハガレンのところで足を止めました。
そして、サングラスを外して、熱心にショーケースの中を見始めます。
本当に、鋼の錬金術師は外国でも人気なんだなぁと感心しました。
エド推しかな?と思っていたら、まさかのブラッドレイ推しで、熱心にフィギュアを見て、僕に価格とか、ポップの文章を翻訳させました。

マスタングも好きなようで、嬉しそうに見ています。
と言っても、顔は笑顔ではなく、相変わらず冷たく感じるほどの美しさのままでしたが、目が笑っています。

やっぱり、まだまだ子供なんだなぁと、少し安心しました。

そして、5つほどフィギュアを買いました。
包んでもらっている間、僕をレジに残して、店内を見回りに行くユリア。
ちょっと心配でしたが、ここにいるお客さん達が、ユリアに声をかけられるとは思えないので、まぁ大丈夫かと思いました。



そして、包装が終わり、ユリアを探すと、奥の古い物が置いてあるコーナーにいました。
熱心に見ている彼女は、さっきハガレングッズを見ているときよりも、はっきりとした笑顔です。
無邪気に、年相応のこぼれんばかりの笑顔で見つめるその先には、コロ助の目覚まし時計がありました。

へぇ、、 コロ助好きなんだ、、 と、ちょっと驚きながら後ろに立ち、声をかけました。
「コロ助、好きなんだ?」
すると、彼女は驚いた顔で振り返り、美しい白い顔を少し赤らめながら
「な、何それ?知らない。終わったの? じゃあ、行くよ」
と、動揺しながら僕のシャツを掴んで、引っ張っていきます、、

頬を赤らめて、慌てている彼女。
人間らしいところを見た感じです。氷のように見えても、やっぱり女の子なんだなぁと思いました。


店を出ると、彼女が僕のシャツから手を離しました。
あぁ、終わってしまった、、、 でも、彼女の色んな一面が見られて良かった、、 本当にラッキーだった、、 そう思っていると、
『お腹すいた。ソバが食べたい』
と、ユリアが言いました。また、冷たい感じの、通知口調でしたが、僕は嬉しくなりました。

まだ一緒にいられる上に、食事まで出来る!!
小躍りしそうでした。
そして、秋葉では有名なソバ屋に連れて行きました。
ユリアは、珍しそうに店内を見回しています。

そこで僕は行動に出ました。おそらく、このまま何もしなかったら、ただのガイドで終わるはずです。さして記憶にも残らないはずです。

僕は、注文を終えると、ちょっと待っててとユリアに言い、ダッシュでさっきのショップに戻り、コロ助の目覚まし時計を買いました。


そして戻ると、彼女はもうソバを食べていました。
僕を待つことなく、食べている彼女。
僕が戻っても、チラッと見るだけです、、、

彼女は、音を立てないように、慎重ににすすっています。
僕は、
「ソバは音を立てて良いって言う日本のルールだよ」
と、教えました。
彼女は、ちょっと目を大きく開けて、驚いたという顔をしたあと、それでも僕を真似て、ソバをすすりました。

最初は少し気にしながら、恥ずかしそうにすすっていましたが、だんだん慣れてきたようで、普通の日本人みたいに食べ始めました。

そして食べ終えて、そば湯を注いであげると、珍しそうに、不思議そうに飲みました。
「美味しい! このスープ、何?」
と、聞いてきました。
説明すると、感心したようにうなずき、飲み干しました。
そして、僕が飲んでいるのを、僕の手から奪い取り、飲み干しました。
僕は、ドキドキしてたまりませんでした。 間接キス、、、 そんな言葉が頭を巡りました。


そして、それも飲み干すと、”美味しかった”と満足そうに言いました。

そして、僕はこのタイミングで、コロ助が包まれている袋を渡しました。
「なに? くれるの?」
あまり関心がなさそうに言うユリア。

無造作に、つつみを破っていきます。
すると、コロ助の外箱が見えてきて、ユリアは一瞬で全開の笑顔になりました。
そして、ニコニコしながら、箱から取り出します。
黙っていると、冷たい氷のような彼女が、太陽のように無邪気な笑顔でコロ助をいじくり回します。

”朝なりよ! まだ眠いなりか? 遅刻するなり!!”
コロ助が、そう叫びました。
すると、もっと笑顔になった彼女が、
『なんて言ったの?』
と、聞いてきました。

通訳して教えると、片言で
『チコクゥスルゥナリィ アサァ、ナリィィヨォゥ』
と、何度も繰り返します。

僕は、その姿を見て、心から幸せでした。ユリアのこんな姿が見られた、、 ラッキーという言葉では足りないくらいです。

「プレゼントだよ。世界選手権銀メダル、おめでとう」
僕はそう言いました。
『あ、ありがとう、、  もらっといてあげる』
そんな言い方をしながらも、照れた感じで、ずっとコロ助を触り続けています、、、

なまじ黙ってると、氷の女王様のような感じなので、今のこの可愛い仕草とか、照れた感じがたまらなく可愛いと思いました。

僕は、多分少しニヤけながら見ていたのだと思います。
『名前は?』
急にユリアが聞いてきました。僕は、今さら?とも思いましたが
「ユウだよ」
と言いました。
『ユヅルじゃないんだ、、 ホント、似てる、、』
ユリアは不思議そうな顔で、ボソッと言いました。
自分では、そんなに似ているかな?と思うのですが、ロシア人にはそっくりに見えるのかも知れません。

「ゴメンね、似てて、、 やっぱり、本当に好きなんだ?」
僕は、ネットでの噂をストレートで聞きました。
彼女は、ネットにあげられた彼とのツーショット写真に、わざわざ”いいね”しているそうなので、相当好きなんだろうなと思います。噂では、プーチンとの写真には”いいね”しなかったそうです、、、

『な、なに言ってんの? バカじゃないの!』
顔を真っ赤にして強がる彼女、、 透けるような白い顔が、本当に笑ってしまうほど赤い顔になっています。
僕がそれを見て笑っていると、急に真顔になって、黙って見つめられました。
彼女が黙って見つめてくると、その青い瞳に吸い込まれそうになり、ちょっと怖くなりました。

「ご、ごめんなさい、、 これから、どうするの? ホテルまで、帰れるの?」
僕は、そう聞きました。
『浅草寺に連れてってくれる?』
ユリアは、それには答えずに、短く言いました。
「え?あ、あぁ、いいよ、行こう!」
僕は、予想外の言葉に驚きましたが、嬉しくて仕方ありません。

会計を済ませて、店を出ました。
そして、つくばエクスプレスの駅に向かいました。
駅が近くなると、すごい人混みになってきて、ユリアは驚いているようでした。
もしかして、これだけの人混みはロシアにはないのかな?と思いながらも、少し足を緩めると、ユリアが手を繋いできました。

小さな可愛らしい手で、僕の手をギュッと握る彼女。不安そうな感じが伝わってきます。
僕は飛び上がりそうなほど嬉しかったです。
まさか、あのユリアと手を繋いで街を歩けるなんて、想像したことすらありませんでした。


僕は、そのまま手を引っ張り、電車に乗りました。
そして、浅草寺や浅草を色々と観光しました。
浅草寺で、香煙を”良くしたいところに塗り込むと、良くなる”とか教えてあげました。

ユリアは、ふ〜んとか言いながら、”変なの”と、興味なさそうに言いましたが、僕が頭に香煙塗りながら、”頭が良くなりますように”と言うと、笑っていました。

そして彼女が、僕が見ていない隙に、慌てて胸に塗り込んでいるのを見逃しませんでした。
やっぱり、胸は大きくしたいモノなんでしょうか? 
競技には邪魔になる気がしますし、彼女のキャラクターには、貧乳のほうが似合う気がします。


もう、何時間も一緒にいて、彼女のことがわかってきました。
彼女が冷たく感じるのは、笑顔と真顔のギャップが強すぎるからで、彼女自身は別に冷たい人間ではないということ。
黙っていると、大人びて見えるけど、中身は無邪気な子供ということ。
そんな事がわかってきました。

そして、彼女も僕に慣れてきてくれたみたいで、ニコッと笑いかけてくれるようになっていました。
もう、まるっきりデートのような感じです。
僕は、この短時間で、一生分の運を使い果たした気持ちになりました。


そして、日も落ちて、辺りも暗くなってきました。
「じゃあ、そろそろ帰った方がいいよね? 同行の人も、心配してるんじゃないの?」
僕は、まだ一緒に過ごしたい気持ちを押し殺して、大人としての意見を言いました。

『ユウの家は近いの?』
ユリアは、また僕の話を無視してこんな質問をしました。
「え? あぁ、近いよ。歩いても、20分くらいだよ」
『じゃあ、ちょっと見せて。日本人の部屋、見てみたいから』
ユリアは、とんでもないことを言い始めました。
僕の部屋に来る? ユリアが!? 今まで、女性は誰一人来たことのない僕の部屋に!?

ちょっとパニクりました。
でも、ユリアも微妙に緊張している感じです。
僕は、
「いいけど、狭いし、散らかってるよ」
と念を押しました。

『どっち? 行くよ』
ユリアは、また僕の言葉を無視して、勝手に歩き始めます。
「ち、違う、こっち、こっちだよ!」
慌てて声をかけて、方向を修正します。
すると、また僕の手を握ってきました。
『早く言いなさいよ。はい、出発』
冷たい目で言うユリア。また、僕は気圧されながら
「は、はい、ゴメンなさい」
と、謝ってしまいました。

すると、今までと違って、ユリアがニコッと笑いながら
『そんなしゃべり方しないでいいよ。友達と話すみたいにして』
と、言いました。
僕は、この年下の美少女に、翻弄され続けています。でも、それが楽しいとも思っていました。

そして、彼女と手を繋いで、歩き始めました。
恥ずかしい話ですが、僕はこの歳になるまで、女性と手を繋いで歩いたことはありませんでした。
当然、デートもしたことがなかったので、初デートの相手がユリアということになります。

道案内だけだと思っていたのに、本当にワクワクするようなことが始まった感じです。
いきなり始まった非日常。ユリアはもしかして飛行石のネックレスをしているのではないか?などと、下らない妄想が広がります。


どっぷりと妄想に浸っていたら、急に手を引っ張られました。
慌てて足を止めると、ユリアは、
『あそこに行きたい』
と言って、そちらに歩いて行きます。
すべての決定権は、彼女にあるという感じですが、こういうのは嫌いじゃないです。それどころか、弱気な僕は引っ張ってもらう方が好きかも知れません。


彼女が興味を持ったのは、コンビニでした。
中に入ると、色々なお菓子を手にとって、不思議そうな顔をしたり、ニコッと笑ったりしながら、どんどんと手に取ったかごに突っ込んでいきます。

そして、ちょっとした小物というか、オモチャ的なグッズにも興味を示し、アンパンマンのヤツや、プリキュアのものをかごに入れました。
やっぱり、こう言うのを見ると、見た目はクールでも、中身はただの女の子だなぁと思いました。


そして、彼女は500円クジにも目をつけました。たまたまサンリオ系のヤツだったので、猛烈に興味を示し、商品をかごに突っ込もうとしました。
慌てて止めて、それはクジだという説明をしたら、頬を少し膨らませて、不満そうな顔をしました。
そんな表情をしたのは、テレビでもネットでも見たことがないので、腰が砕けそうなほど萌えました。

そして、レジで会計をして、クジを引きました。
こう言ってはなんですが、世界レベルのアスリートは、やはり非凡な存在なんだと思いました。一発で、さっきかごに入れようとした商品を引き当てました。
彼女は、ロシア語で叫びながら、その場で飛び上がりました。
店員のおばさんも、良かったねぇ〜などと言いながら、商品をバーコードリーダーに通し、ユリアに渡してくれました。

ユリアは、袋はいらないと手で制し、その大きめのぬいぐるみを抱きかかえます。
ぬいぐるみを抱えて、ニコニコしている彼女は、本物の天使に見えました。

そして、上機嫌な彼女は、ぬいぐるみを抱えたまま、僕の手を握ってきました。
書き忘れていましたが、彼女の大きめのカバンは、最初の段階で、当然のように僕が持たされていました。あまりに自然に、当然のように僕に持たせたので、持つのが当たり前と思っていました、、、


そして、僕の家に着きました。
ごく普通の1Kのマンションです。
ユリアには狭いと言いましたが、駅から少し遠いのと、若干古いので、居住スペースは35㎡くらいあり、そこそこ大きめです。

でも、ユリアは部屋に上がると、
「部屋はこれだけ?」
と、驚いた感じでした。
ロシアの住宅事情は知りませんが、1Kという間取りが不思議なようです。

彼女は僕のフィギュアの棚や、マンガ、DVDの棚を興味深そうに見ています。
そして、ハガレンのDVDを見つけると、再生しろと言いました。

僕の部屋には、ソファなんてありません。自然に、二人並んでベッドに腰掛けて、DVDを見ることになりました。

僕は、コップなどを持ってきて、緊張しながら彼女の横に座ろうとすると、彼女が慌てた顔で、少し横にずれました。
僕も、そんなにくっついて座ろうとしたわけではないのですが、かなり距離を開けられました。
まぁ、初対面の男性の家に上がったのだから、無理もないなと思って、そのまま座りました。


そして、テーブルのリモコンを取ろうとして、少し体を動かしたら、彼女がアスリートの機敏さで、立ち上がりました。
『な、なに!?』
彼女は、驚くというか、ちょっと不安そうな顔で僕に言いました。
「え?あぁ、、その、リモコンを、、」
僕が説明すると、
『あ、あぁ、そう、、 ビックリさせないでよ!』
と言いながら、また座りました。


部屋に入ってから、彼女のキャラが変わりました。
勝ち気でクールな感じの女王様。そんな感じだった彼女が、か弱い小動物みたいな感じになっています。

ずっとスポーツ漬けだった彼女は、もしかしたら男性に慣れていないのかも知れない、、、
そう思いました。

とは言っても、二人きりでベッドの上に座っている状況でも、僕は何も出来ないと自覚しています。


そして、僕のそんな弱気を理解したのか、ユリアも緊張が解けてきたようです。
さっき買ったお菓子を食べながら、DVDを鑑賞しました。

彼女は、たこ焼きを作る駄菓子みたいなのを、興味深く作っていました。
水を混ぜて、型に入れてこねて、ソースをかけるだけなのですが、目をキラキラさせながらやっています。
そして、完成すると、無造作に僕の口に近づけました。

まさか、こんな風に食べさせてもらえるなんて思ってもいなかったので、メチャ嬉しかったです。
パクッと食べて、美味しいと大げさに言うと、ニコッと笑ってくれました。
そして、自分も食べて、
『美味しい』
と、僕に笑いかけました。


なんか、恋人になった気分です。
彼女は、僕が買ってあげたコロ助を取り出しました。
ニコニコとしながら、撫でています。
すると、自分のカバンからサインペンを取り出して、裏側の足の部分に
『ここに、ユウの名前書いて』
と、ぶっきらぼうに、照れた感じで言いました。

この子は、本当にギャップがたまりません。
乙女と、女王様が、コロコロ入れ替わります。


僕は、漢字で名前を書きました。すると今度は、シールとか色々と貼ってある可愛らしいノートみたいなものを取り出して、真っ白なページを開きながら
『メールアドレス』
と、僕の方を見ずに、一言だけボソッと言いました。
彼女の横顔を見ると、耳まで赤くなっています。
僕は、本気で惚れました。

有頂天でメールアドレスと、携帯番号も書いてみました。そして、facetimeもやってると説明しながらノートを返しました。


すると、彼女がカバンから小さなポシェット?みたいなものを取り出し、キッチンの方に行きました。
トイレかな?と思って、黙って待っていると、僕のiPhoneに着信がありました。
見ると、facetimeで、見たことのないアドレスからでした。
出ると、ユリアが映りました。
彼女は、画面の中でニコッと笑うと
『登録しといてね』
と、上機嫌で言ってくれました。


そして、すぐに部屋に戻ってくると、僕に太ももが触れるくらいの近さに座りました。
僕は、一気に緊張しました。

緊張しすぎて、ユリアの方を一切見られなくなりました。
こんな緊張しながらDVDを見たことはありません。

すると、今度は彼女の頭が、僕の腕に当たりました。
彼女が、僕に体をもたれさせてきました。
彼女の良い匂いがして、クラクラしてきました。


鈍い僕でも、これはOKのサインだとわかります。
でも、悲しいかな、経験がないのでどうして良いのかわかりません。


あの憧れの天使が、すぐ横にいて、OKのサインを出している。
心臓が体から飛び出しそうなくらい早く脈打っています。


そんな情けない僕ですが、彼女はさらに僕の手を握ってきました。
彼女の手は、汗ですごく湿っていて、微妙に震えている感じでした。
僕は、やっと気がつきました。彼女も、勇気を持って頑張ってくれていることに、、、


僕は、逮捕されて、国際問題になっても後悔しないと決意して、思い切って彼女にキスをすることにしました。

彼女の方を向き、顔を彼女の顔に近づけていきます。
悲鳴を上げられて、逮捕される自分を強く想像しながら、勇気を奮い起こして顔を近づけると、奇跡が起きました。
彼女の方も、すっと目を閉じて、顔を持ち上げてくれました。

こんなにも美しいキス待ちの顔は、映画でも見たことがないです。
でも、そこまでしながら、僕は何も出来ませんでした。経験もないですし、結局そこまでの勇気もありませんでした、、、

目を閉じて待っていてくれたユリアですが、しばらくして目を開けました。そして、眉間にしわを寄せながら、
『信じられない、、、』
と、苛立ちながら言いました。
「ゴ、ゴメンなさい!」
慌てて僕は謝りますが、彼女は苛立った感じで、
『ユウも、いじめて欲しいの? そういう趣味なの?』
と、言いました。
僕は、はっきり言って意味がわかりませんでしたが、ユリアの勢いに、
「はい、そうです、ゴメンなさい」
と、答えてしまいました。

『あのジジイと一緒だ、、、』
ユリアは、吐き捨てるように言うと、黙ってカバンを開けました。
そして、皮のバンドみたいなものを取り出すと、
『ほら、あっち向きなさい』
と、冷たく言いました。僕は、言われるままに後ろを向きました。
するとすぐにユリアが僕の腕を取り、後ろ手にすると、皮のバンドみたいなもので拘束しました。左右が連結されているので、腕の自由が完全に奪われてしまいました。
「え? これって、なに? どうして?」
パニックになってそう言う僕を、ユリアは後ろからドンと押して、床に倒しました。後ろ手に縛られているので、バランスを取ることも出来ずに、顔から床に倒れ込んで、結構痛かったです。


『いじめられて嬉しいでしょ? ホント、なんで私の周りは、こんなのばっかりかな?』
ユリアは、イライラした感じのまま、僕のズボンを脱がせ始めました。
足は自由に動くので、抵抗しようと思えば、いくらでも抵抗できた僕ですが、ラッキーと思う僕もいて、微妙に体を動かしながら、ユリアに協力して脱がせやすくしました。
『なに、脱がせやすくしてるの? 変態』
冷たく吐き捨てるように言うユリア。
やはり、美しすぎる彼女には、こういう氷の女王様のようなキャラのほうが似合うなと思いながら、
「ゴメンなさい」
と、謝りました。

自分では、どちらかというとMなのかな?と、多少は思っていましたが、はっきりと自分はMだと自覚しました。ユリアに、冷たくさげすむように言われると、ゾクゾクするほど興奮しました。
そして、下半身丸出しになった僕は、ユリアのさげすむような態度に、興奮して勃起していました。
ユリアは、僕の勃起したアレを思い切り平手打ちしながら、
『なに小汚いもの大きくしてるの? 大っきくなっても、小さいけどw』
と、氷のような冷たさで言いました。

アレを思い切り平手で叩かれて、息も出来ないほどの苦しさが僕を襲っていました。ただ、叩かれたのが睾丸ではなかったので、泣くほどではありませんでした。でも、こんな年下の女の子に、僕は完全にビビっていました。
「ゴメンなさい! すいませんでした!」
必死で謝る僕に、
『ホント、情けない、、、』
ユリアは吐き捨てるように言い、僕の顔にツバを吐きかけました。顔に暖かい液体を感じ、あろう事か僕は、興奮して嬉しいとさえ思っていました。憧れていた超絶美少女に、唾液をかけられて、、、 いや、かけてもらえて、心底幸せでした。

『こんな事されて、なにビクンビクンさせてるの? 変態!』
そう言って、ユリアはまた僕のアレをビンタしました、、、 さっきとは違って、心の準備も出来ていたので、ショックはありませんでした。


そして僕は、後ろ手に縛られて、情けなく勃起したアレをさらしたまま、床にくの字型に横たわっていました。
ユリアは、カバンの中から取り出した手袋をはめ出しました。それは、普通の手袋ではなく、医療現場とかで使うような、手にフィットした薄手のヤツでした。
そして、無言のまま僕の体をコントロールして、四つん這いにしました。はっきり言って、アスリートとは言え小娘の力ですから、僕が抵抗すれば何も出来なかったと思います。でも、僕は抵抗するどころか、ユリアの動きを手伝うように体を動かして、自ら望んで四つん這いになりました。


憧れの美少女の前で、下半身裸で四つん這いになっている、、、 アレも、睾丸も、アナルすらさらして、恥ずかしい姿を続ける僕。
ユリアは、何も言いません。動きもなく、ただ静寂が続きます。でも、確実に僕のことを後ろから見ているのはわかります。
そう思うと、勃起が150%になり、時折ビクンビクンと脈打つように動いてしまいます。
それもすべて見られている、、、 そう思うと、羞恥心で顔が真っ赤になります。


5分、10分と、この状態が続きます。僕は、羞恥と興奮で、気が変になりそうでした。


すると、本当にいきなり、ユリアの指が僕のアナルに突き刺さりました。いつの間に塗ったのか、ローションがたっぷり指に絡んでいたようで、美しく、白く細い人差し指が、一気にアナルに根元まで入りました。

過去に、アナルで何かしたことなど当然ないので、それは初体験でした。ネットなどでいう、アーッ!の場面でしたが、意外なことに痛みはありませんでした。ユリアの指が細かったこともあるのかも知れませんが、痛みは全くなく、違和感が強烈でした。

ユリアが、
『いきなり入っちゃうんだw やっぱり変態w ここでいつも遊んでるんでしょ?』
と、吐き捨てるように言います。でも、その言い方が、僕にはたまりませんでした。
ただ、そこで遊んだことなどないので、素直にそう言いました。
『ふ〜んw 初めてなんだw 忘れられない夜にしてあげるから』
冷たい口調でそう言うと、僕のアナルの中に入れた指を動かし始めました。僕は、違和感が大きくて、早く抜いて欲しいと思っていましたが、指が動いた途端、何とも言えない感覚になりました。

上手く言葉で言えない初めての感覚。幸福感というか、ジワジワと湧き上がってくるような、射精の快感とは違う感覚。いつものオナニーとはまったく違う感覚に、戸惑いました。
しいて言えば、僕はオナニーの時に乳首を触るクセがあるのですが、その感覚に似ていました。

『なにこれw こんなに前立腺がクッキリしてるなんて、凄くわかりやすいw』
そう言って、ユリアはさらに指をグリグリと動かします。
「アァッ! うぅ、、 あっ!!」
ユリアの指の動きに合わせて、どうしても声が漏れてしまいます。違和感とか、気持ち悪いとか言う感じで声が出るのではなく、はっきりと快感を感じて、声が漏れていきます。
『凄いねw ユウは、いきなり最初から感じちゃうんだw 素質ありすぎだねw』
ユリアはさっきまでの冷たい口調ではなく、楽しそうな感じで言いました。

「ぅぅ、 アァッ!! ンッ!!」
ユリアが、グリグリ指を動かして、的確に僕の前立腺を刺激していきます。あとで知ったことですが、アナルで感じるようになるには、かなり長い時間がかかるそうです。どれだけやっても、感じない人もいるそうです。
僕は、言ってみれば、処女が初めてのセックスで感じるような状況でした。
オナニーで、乳首を開発していたことが影響していたのかも知れません。

『可愛い声w じゃあ、これ外すから、裸になりなさい』
冷たく僕に命じながら、後ろ手にはまっていた皮の手錠を外してくれました。
僕は、自由になっても、彼女に抵抗することもなく、黙って服を脱ぎました。全裸の僕に、着衣のユリア。主従関係が鮮明になっています。

『ほら、仰向けで、自分で足首掴んでごらんw』
今度は、彼女の表情もよく見えます。馬鹿にしたような感じで言う彼女。半笑いのユリアの顔が、僕のM心をくすぐります。

そして、言われるままに僕はその格好をしました。M字開脚とでも言うのでしょうか?とにかく恥ずかしい格好でした。
『ホント、恥ずかしくないの? キモいんだけどw』
さげすむように言うと、いきなり僕のアナルに指を突っ込みました。今度は、さっきと違って2本だったので、少し痛かったです。でも、少しでした。初めてのアナルプレイなのに、それほど痛みを感じない僕は、素質があるんでしょうか?

「フゥあぁうぅ」
2本を根元まで入れられて、痛みもあってか、変な声が出ました。
『なにそれw 2本でも全然OKなんだw ほら、サービスw』
ユリアはそう言うと、いったん指を抜き、一気に3本を入れてきました。
さすがに痛くて、
「い、痛いっ!」
と、叫んでしまいました。でも、ユリアはニヤニヤしたまま、指を雑に動かし始めました。
すると、睾丸の下というか、奥の方に強い快感が生まれました。さっきの指1本の時は、ほのかな快感といった感じでしたが、今感じている快感は、声が我慢できないレベルでした。
「うぅあっ! あっ! あぁぁっ!」
『可愛い声w ユウは、女の子だねw ほら、もっと鳴いてごらん』
ユリアはそう言うと、指3本を掻き出すように動かします。
「ダ、ダメっ! ダメだよ! アァッ! こ、こんな! 気持ち良くて怖い!!」
僕は、軽いパニックでした。射精よりも気持ち良いのが連続して続く。どうかなってしまいそうで怖かったです。
そして何よりも、ユリアのプレイがあまりにも上手なのに驚きます。男をいじめて責めるのに、照れも躊躇もなく、やり慣れている感じです。

『ほらほら、これ、コリコリしてるw 何ダラダラ垂らしてるの? 気持ち悪い』
そう言って、僕のアレの先からとめどなくあふれているガマン汁を、指でぬぐうと、僕の口の中に突っ込んできました。
ラテックスの手袋の感触と、自分のガマン汁のしょっぱさが口に広がります。でも、僕はユリアの指を、しゃぶるように舐めました。そうしなければいけないと、なぜか思ったからです。もう僕は、ユリアの立派な奴隷なのかも知れません。
でも、彼女の奴隷なら、喜んでなりたいと思う僕もいます。


それにしても、本当に恐怖を感じるくらいの快感です。そして、ダラダラと驚くほどの量が流れ出るガマン汁。こんなのは初めての経験です。

「ダメっ! ダメーっ! 止めて! 止めて下さいっ!! あぁっ!!」
僕は、恐怖のあまり叫んでいました。
すると、ユリアは指を抜いてくれました。僕は、半泣きでユリアを見つめました。
『可愛い顔w 怖かったの? 大丈夫、ほら、ご褒美』
ユリアはそう言うと、僕の口に唾液を垂らしてきました。
僕は、慌てて口を目一杯開けました。口を閉じるのではなく、とっさに大きく開ける僕は、やはりMなんだと思います。

美しいユリアの口から、一筋透明の液体が僕の口の中に入って来ます。
口の中に暖かい感触が広がった途端、信じられないくらいの幸福感が僕を襲いました。
『美味しい?』
ユリアが、無表情で言います。ゾクッとするくらいの美貌ですが、彼女はまだ小娘です。本当に、末恐ろしいです。
僕は、即答しました。
「美味しいです! も、もっと下さい!」
すると、ユリアは眉間にしわを寄せて、僕の口の中にペッとツバを吐きました。
『変態』
彼女の吐きかけたツバは、僕の口の中にも入りましたが、顔にもかかりました。でも、ユリアの冷たい顔や、吐き捨てるような言い方に、痺れるほどの快感を感じてしまいました。


僕は、少し呆けたようになっていましたが、彼女はまたカバンから何か取り出しました。
それは、男性器の形をしていました。そして、何かベルトもついています。
ユリアは、いきなりズボンを脱ぐと、ショーツ姿になりました。可愛らしい、少女趣味なフリフリのピンク色のショーツ姿を見て、異様に興奮しました。
まさかこんな姿まで見られるなんて、ラッキーという言葉では足りないくらいです。

そして、彼女はそれを装着しました。いわゆるペニスバンドです。
妖精のように美しい少女に、黒い大きなものがそそり立っている、、、
それは、僕のものよりも大きいくらいで、存在感が凄かったです。そして何よりも、あのユリアがこんな姿をしていることに、息が止まりそうなほどの興奮が襲います。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2014/05/03 21:46 ] ロシアの天使が空から落ちてきた | TB(-) | CM(-)

妻と2人で寝取られ旅行に出かけました

初めて妻が私以外の男性に愛される一夜を経験しました。

ある日、複数プレイのサイトを妻と2人で見ていました。



「自分の奥さんが目の前で他の男に抱かれるのってすごいよね」



と私が話し掛けた時、妻は食い入るように画面を見つめコメントを読んでいました。私は妻にマウスを渡し妻がどんなページに興味を引くか見ていました。



”Aさんが妻の奥深くに入れたまま、「中で出していいの?」と聞くと妻は「中に出してAさん気持ちいい、奥にいっぱい出して」と言いながらAさんにしがみついてAさんの張り詰めたペニスから注ぎ込まれる精液を気持ち良さそうに受け止めていました。”



このコメントと画像を見ながら妻は眼を潤ませていました。

【続きを読む】
[ 2014/05/03 21:28 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

スタイルだけは良い俺の嫁と悪友と

俺31 妻27 俺の妻は顔は普通だかスタイルはよく、後ろからくる男は絶対に振り返るほどのプロポ−ションをしている。俺もそれにだまされた!?。俺の友達(親友)も妻の前でよく「スタイルがよくて羨ましいな〜」と誉めちぎっていた。



俺とその親友♂男(仮名)は独身時代よく遊び女関係も共通で!?3P、4Pはざらにあった。今は超美人の彼女と結婚し半年経つ先日、俺の嫁○美が所用で実家に帰る事になり、晩飯に呼ばれ、久しぶりに遊びに行った。飯も食べ終わり♂男の嫁にワイン凝っていて3人で呑んでいた時



♂男「おまえの奥さんほんとスタイルいいよな〜」

俺「♀子ちゃんみたいな美人の奥さんもらっといて贅沢言うなよ!」と話してると、

♀子「どうせ私はスタイルよくないわよ!わるかったわね!」と、怒りだし、

俺「そんなことないよ!美人だし、モデルもしてたんでしょ?たしかに胸は小振りだけど(笑)」

と、ジョウダンぽく言うと、

「もう知らない!勝手にしてっ!」と、隣の部屋に行ってしまいました。


【続きを読む】
[ 2014/05/03 21:22 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

合宿中に彼女を元カレに寝取られた

俺が大学の3年の時の話なんだ。

俺は3年生になるのと同じ時期くらいに彼女と付き合いだした。

彼女はユンソナを少し幼くした感じで可愛い方だと思っている。

彼女は結構はっきりした性格で俺は振り回されることが多かった。

そんな彼女と毎日毎日会って1日に4回以上はセクースしてたと思う。

セクースの相性は抜群でお互いにかなり激しく萌えた。

体だけでなく、心も充実してたと思う。

彼女と会ってるときは俺も楽しかったし大好きだった、彼女もそう言ってくれて

いたんだ。


でも俺と彼女が付き合いだしてから3ヶ月くらいたった頃だったかな?

突然彼女のケータイに元彼からのメールが届くようになったんだ。

その事を彼女から聞かされた俺は嫉妬と危機感から頭がくらくらしてた。

でも彼女は元彼のことは何とも思ってないって言うからひとまず安心はできた。

だが俺とデートしている時にも元彼からのメールが送られてくる。


【続きを読む】
[ 2014/05/02 13:45 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

奥さんに同窓会いかせますか?

男性の皆さんは、彼女や奥さんに同窓会いかせますか?

私45歳、主人44歳、2人の子供がいます。
ごく普通の家族です。
子供達は大学やらで家を出ていて、現在は主人と二人きり。

私と主人とは初めて同士で、お互いに他の人は知りません。
私は昔から周りの人に清楚というくらいにふしだらな事は苦手で真面目と言われてきました。

もうしばらく主人とはセックスレス。主人は求めてきますが私がその気にならないし断っています。
いまさら主人に男を感じることもなくなっていました。大げさにいうと主人に触れられるのも気持ち悪いとも思ってしまいます。
もう主人を愛してないのかというと別にそこまでじゃないんですけどね。年齢的なものでしょうか?
性欲がなくなったわけではないので、そんな気持ちの時もありますが主人としたいとは思わないのでオナニーで済ませます。
指でクリトリスを触って挿入しないでもすぐにエクスタシーに達し満足します。
頭の中では主人ではない他の男の人のペニスを舐めたり咥えたり。私の大切なところを舐められたり。主人とはしないような色々な体位でセックスしてることを想像します。

たまに数人の男の人を相手することも想像します。数人の男の人に脱がされ、アソコを広げられ何人もの男の視線で犯されて、体中を触られ舐められた後に代わる代わる私の穴に男達のペニスが挿入され犯される。
そんなことも想像してオナニーします。
そんなことなら主人とセックスしたらいい気もしますが、なぜか面倒と思ってしまいます。

【続きを読む】
[ 2014/05/02 13:40 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画