婦人科の元カノに無理矢理中出し

お久しぶりです、刈太志です。
だいぶ前に中学校の同窓会があった時の体験談を話したいと思います。
久しぶりに中学の同窓会と言う事で、私もワクワクしながら会場に向かいました。

【続きを読む】
[ 2014/03/31 13:01 ] 男性の体験談 ナースとの体験談 | TB(0) | CM(-)

少年患者の大輝くん

私の名前は斎藤美緒26歳です。
話しは長いですがお付き合い下さい。
私は田舎の小さい病院に勤めてる看護士です。
仕事がら出会いが無くて彼氏居ない歴4年になると火遊びもしたくなります。

【続きを読む】
[ 2014/03/31 13:00 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)

バイクで事故って、妹が勤める病院へ運ばれた

俺30歳、妹27歳。
ともに独身。カレシ、カノジョなし。
俺が先々月入院したときの話だ。
よりによって通勤途中にバイク事故で妹がいる病院にかつぎこまれた。
両手骨折。で、整形外科病棟に入院した。

【続きを読む】
[ 2014/03/31 12:57 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

知人夫婦の旦那に体位を教える嫁

「お願いします優良さん!この通りです!」
「や、やめてください、渡辺さん。とにかく頭を上げて」
土下座せんばかりの勢いで優良に頼み込む渡辺と、彼を前にして困惑気味の優良がいる。
「こんなこと頼めるのは優良さんしかいないんです!」
「わ、私もできれば協力してあげたいんですが・・・」
事は数日前、渡辺に体位の手ほどきを優良がしてあげたことに発する。

【続きを読む】
[ 2014/03/31 00:27 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

義父が洗濯機から私の下着を

私は結婚して長男が誕生したのを期に仕事を辞め主婦業に専念していたのですが働きたくて二年程前から市内の歯科医の受け付けを週に三回程度始め、それと同じく週に三回くらいフィットネスクラブで運動して身体を鍛えている毎日です
いくら子供がいて年齢を重ねてきても女性としての美は失いたくない

【続きを読む】
[ 2014/03/31 00:19 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

専業主婦の恵理子と犬のケンタ

黒いロングヘアー、ファッションモデルのようなすらりとしたプロポーション、眼鏡をかけたその顔は理知的で、どこか、大学の講師を思わせる。赤塚恵理子は35歳になっていた。
赤塚恵理子は郊外の一軒家に夫と15歳になる娘の沙樹、とともに専業主婦として暮らしていた。傍から見れば、普通の幸せな家族、確かにそうだった。恵理子は夫にとっての理想の妻になろうと、娘にとっての理想の母親になろうとずっと努力してきていた。

【続きを読む】
[ 2014/03/31 00:16 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

妹のメール依存を止めるために、一芝居打ったら

当時16歳、高校2年だった妹は暇があれば友達と携帯でメールをやっていた。
メールの相手は学校の友達だと思うのだがいつも携帯をいじくり回してた。
家で食事をしてる時にでも携帯を手元に置き食事中にも関わらず相手からメールが
届いたらすぐに返事を送り返していた。

【続きを読む】
[ 2014/03/29 22:33 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁は近所のご主人と半年も前から関係を持っていた

私35歳 妻33歳 子供なし
私の妻は、結婚前に2~3人の男と付き合いが有り処女ではありませんでした。
セックスも、それなりのテクニックもあり夫婦生活も上手く行っています。
(2番目の彼氏にはプチSMやアナルも開発されたと妻から告白されました)

【続きを読む】
[ 2014/03/29 22:27 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

妹の彼氏に強制的に

「ドンドン」
優良は山田の家のドア前で,強くノックをしていた。
(絶対許さないんだから!)
普段温厚な優良にしては珍しいくらい強面で,今か今かと山田が現れるのを待っていた。「がちゃ」

【続きを読む】
[ 2014/03/28 22:58 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

結婚25年目で夫にスワッピングを持ちかけられた

私は、熊本県に住む48才の主婦。結婚25年目。
子供2人いますが結婚しています。いまは主人と二人暮しです。結婚後は浮気等の経験なし。
結婚前の男性経験は、2人。

【続きを読む】
[ 2014/03/28 22:43 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

五十路の純子を他人に抱かせて

妻純子、五十代前半、結婚当初より性に対いしてとても淡白な女でした。
ベッドの中では私がリードし、全裸にしないと行為をしようとしない妻です。
いつもの様に、ダブルベッドに横たわる妻の、ネグリジェの前ボタンを胸元から全て外し、露になった乳房を唇で愛撫しながらショーツを脱がせ、陰毛に覆われた秘部を右手でこねるようにして愛撫を加えていた。

【続きを読む】
[ 2014/03/28 22:37 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

叔母のあきさんとの初体験

めちゃくちゃベタな初体験の話。
高校1年の秋、近所に住んでる叔母のあきさんと、生まれて初めてセックスをした。
あきさんは33歳、俺の父親の弟の奥さんで、結婚6年目、子供はいない。俺の家から
車で10分ほどの所に住んでいたのだが、叔父さんは地元で一番大きいメーカーの社員で、
海外出張が多かった。

【続きを読む】
[ 2014/03/27 10:11 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた2

前回のお話し

子供が中学生になったことがきっかけで、嫁の加奈子とはもう何年もセックスレスだった。
でも、俺にはキャバ嬢のセフレもいたし、特に不満もなかった。

浮気していながら言うのもなんだが、家庭は幸せそのもので、独立した仕事も順調で、本当になにも文句のない人生だと思っていた。

それがある日、俺が急に家に着替えに帰ったことから、崩れつつあった。

何気なくレコーダーに挿入されたままだったディスクを見ると、無修正のかなりハードなエロ動画だった。

アナルを犯され、男達に口もアソコも同時に貫かれている女には、乳首とクリトリスにピアスがあった。そして、ツルツルに剃り上げられた恥丘にも”恥女”という入墨があった。
それだけなら、嫁が過激なエロ動画でオナってるなぁという感想を持つ程度だったと思うのだが、動画に出ている女の声が、嫁の加奈子の声にそっくりだと気がつき、疑惑を持ってしまった。

色々あって、もう一度動画を確認したとき、加奈子の口元にあるほくろが、動画の女にはなかった。

心底ホッとして、今までの自分の不誠実な行いも、そろそろあらためる時だと思った瞬間、動画の中の女が口元の精子をぬぐい取った。

すると、さっきまではなかった、黒い点のようなものが映っていた、、、
慌てて画面に顔を近づけた瞬間、唐突に動画は終わった。
しばらく待っても再開せず、ディスクが停止した、、、


俺は、また再生して、問題のシーンで一時停止をした。
HD画質の動画だが、さすがに室内撮りの静止画像は、そこまでシャープではない。
ほくろ? 汚れ? 判断が付かなかった、、


天国から、また地獄に落ちた気持ちになったが、もっとシンプルな確認方法があると気がついた。
今日こそは、夜、加奈子を抱こう。そう思った。
裸を見れば、ピアスや入墨で、すぐにわかるはずだ。


そう思って、いったん家を出て、会社に戻り、仕事を終えてから帰宅した。

『あ、おかえり〜 今日は、トシ君コンパだってw 今度こそ、上手くゲットするといいねw もう出来てるから、ご飯食べよw』
加奈子が、笑顔で出迎えてくれた。
あらためて見ると、嫁は年のわりにはスタイルも良いと思った。
でも、何年も裸を見ていないというのは、考えてみればちょっと異常かもしれない。しかし、結婚して子供も育ってくると、結構ある話なのかも知れない。

服の上から見る加奈子のボディラインは、ガリガリという感じではないが、太っている感じもない。

そして、どうしても胸を見てしまう。もしかして、ブラの中では、乳首をピアスが貫いているのではないか、、、 そんな疑いを持ってしまう、、、


そして、二人での食事が始まった。
この前は、抱こうと思いながら寝てしまったので、先に宣言した。

「なぁ、加奈子、今日さ、、  久しぶりに、、その、、どうかな?」
妙に照れて、その上緊張しながら切り出した。
『ふふw 嬉しいw どうしたの? 本当に、久しぶりよね?』
「いや、その、、 もうアイツも大きくなったし、また昔みたいにさ、、 ラブラブでいたいなぁってw」
『じゃあ、早くしないと帰ってきちゃうかもねw お風呂先に入りますね。ちょっと飲んで待ってて下さいねw』
加奈子が、ビールを持ってきてくれた。

俺は、本当は一緒に風呂に入ろうと言いたかったが、あまりに久しぶりなのと、疑惑を持っていて緊張していたので、言えなかった。

でも、あっさりとセックスすることを受け入れた嫁。やっぱり、あの動画は別人だったんだな、、、 そう思った。


だけど、そこで記憶が途切れていた、、、

目が覚めると、寝室のベッドの上で、しかも朝だった、、、
『あ、おはようw 昨日は、久しぶりに抱いてもらえて、幸せでした、、』
加奈子が、そう言いながら、頬を赤らめてキスをしてきた、、、


えっ? まったく覚えていない、、、 一ミリも記憶がない、、、
曖昧に返事をすると、加奈子は
『でも、続けて二回なんて、あなたも若いんですねw』
と、嬉しそうに言った。


正直、パニックだった。
加奈子は、そのまま朝食の準備にキッチンに移動した。

俺は慌ててゴミ箱を確認した。
すると、ティッシュでグルグル巻きになったコンドームが2個出てきた。
精液の臭いもするし、セックスしたのは間違いないようだ。

ここの所、続けて、ビールを飲むと記憶が飛ぶ、、、
一度、精密検査を受けた方が良いのかも知れない。
不誠実な浮気をしている天罰が、俺の体の中で病巣になっているのかも知れない、、
そう思うと、ちょっと怖くなった。


でも、セックスをしたということは、加奈子の体は正常だったということだ。
どんなにベロベロに酔っていても、ピアスや入墨があったら、気がつくはずだ。

記憶が飛んだことへのショックと不安はあったが、加奈子が動画の女ではなかったことがわかって、嬉しかった。

パニックになりながらも、とりあえず冷静なフリをして食事をして、会社に出かけた。

自分の中では、嫁への疑いが晴れたが、体への不安が大きくなっていた。


仕事が落ち着いたら、とりあえず人間ドックに入ろうと思いながら、今まで通りに日々を過ごしていた。
嫁への疑いはなくなったけど、自分の体のことで不安になっていたので、結局セックスレスはそのままだった。
あの意識をなくした日、加奈子のことを2度抱いたらしいが、まったく思い出せない、、、


そんな日々を過ごしていたら、会社にレターパックが届いた。
私個人宛で、差出人が書いていない。
また胡散臭い通販か何かの案内かと思いながらも開けてみると、SDカードが一枚だけ入っていた。

なにも説明がなく、何となく不気味な感じだったが、とりあえずパソコンに挿してみた。
アンチウィルスソフトでチェックしてから開いてみると、mp4の動画ファイルだった。


何となく、嫌な予感がしながらも再生してみると、黒い画面にテロップが出た。
”この動画を見たことを、本人を含めて誰かに話したら、ネットにアップする”
それだけが書いてあった。


動画が始まると、あの女がフェラをしていた。
目隠ししていて、鼻から下しか見えないが、もう間違いなく加奈子だとわかった。
加奈子の特徴的なほくろが、この動画では、隠されることなくどアップで映っていた、、、


顔が目一杯アップになっているので、この前の動画とは違って色々とよく見えてしまう。
今回の動画はモザイクもないので、この前みたいにファンデーションでほくろが隠してあったとしても、充分に加奈子と認識出来たと思う、、、


自分の顔より長いくらいの大きすぎる肉棒を、口を目一杯に広げて奉仕する加奈子。
とてもじゃないが全部入らないくらいの長さなのに、根元までくわえている。
まさか、自分の嫁がディープスロートが出来るとは、想像したこともない。

『ぐぅぉっ! えぐぅっ! おぉぅぐぅ!』
喉奥までくわえ込み、吐きそうな声を出しながら、顔を真っ赤にしている加奈子。

あまりのことに、思考も動きも停止した。

加奈子は、目隠しの他に、どうやら後ろ手に何か拘束されているようで、手が使えない感じだ。


さっきの警告文の事からも、加奈子は無理矢理こう言うことをされている、、
何かで脅されながら、調教されている、、、
俺はそう理解した。
すぐに警察、、 いや、弁護士か、、 考えがグルグル回るが、ネットにアップされたらおしまいだ。ケツ毛バーガーの人などの、流出事件の顛末を見れば、一度流出したらもう取り返しが付かない、、、


俺の焦りや狼狽を無視するように、動画では派手にクチョクチュ音を立てながら、加奈子が口での奉仕を続ける。


「ほら、もっと気合いれてやれよw」
そう言って、カメラが大きくブレる。
どうやら、もう一人にカメラを渡したようだ。
横からの絵になると、加奈子が全裸なのがわかる。
無残に開けられた乳首のピアス。今日は、ベルというか、鈴みたいなものがぶら下がっている。
アングルが変わってすぐにわかったが、このレイプが行われているのは、我が家のリビングだ、、、
見慣れた部屋、見慣れた家具、見慣れた床の上で、このレイプが行われている、、

すると、くわえさせていた男が、加奈子の頭を両手で抱えるようにして、腰を振り始めた。
その長いチンポを限界まで引き抜き、また一気に押し込む。
それを、高速で繰り返す男。
オロロロロォ とか、ズビィとか、およそフェラをしているときの音とは思えない、派手な音が響く。

『ぐぅえぇウゥッ!! ぅえぇっぐぅえっ!!』
加奈子は、顔を真っ赤にして吐きそうな声でうめき続ける。
男は、まったく手加減なく、そのままガンガン腰を振る。

そして、一番奥まで押し込んだ状態で、男が腰を回すようにさらに押し込み始めた。
『ぐぅっんっ!!!! ぅぎぃっ!!』
加奈子が、真っ赤を通り越して、黒っぽくなったような気がするほど顔を紅潮させる。

男は、何も言わずに腰を押しこみ続ける。


すると、口とチンポの隙間から、凄い勢いで吐しゃ物が飛び散る。

男は、すぐにそのままチンポを抜くと、
オロロロォッ!! オエぇぇっっぐぅっ!!
と、加奈子は吐き続けた。


こんな風に、嫁がゲロを吐かされるところを見るなんて、一生ないはずだった、、、


鼻水と吐しゃ物でドロドロになった顔。目隠しで見えないが、おそらく涙も流していると思う。

だけど、男は容赦なく、
「汚ね〜w ほら、休むなってw」
と言って、またそのドロドロの口の中にチンポを突っ込んだ。
同じように、ガンガン腰を振る男だが、さっきとは違ってそれほど奥まで突っ込まない。
唇に、カリがひっかかるくらいのストロークで、腰を振っている。


カメラは、その様子をアップにして映し続ける。
時折、嫁の体にもカメラがむくが、胸から下半身にかけて、吐しゃ物でドロドロになっている。
そんな中でも、乳首のピアスがイヤでも目に付く。
加奈子が頭を振るたびに、チリンチリンと間抜けな音がする、、、


加奈子は、それが何かわからないが、なにかしらの弱みを握られて、無理矢理調教をされている。
乳首にあんなものまでぶら下げられて、今は映っていないが、クリにも同じようにピアスを開けられて、恥丘に入墨まで、、

どうやって脅されているのだろう? 何がネタなんだろう?

だが、一番情けないのは俺だ。こんなになるまで酷い目にあっている加奈子の事を、まったく気づけなかった、、、


それなのに、俺はキャバ嬢とやりたい放題だった、、、
罪悪感で死にそうだ。


「よし、イクぞ〜 口開けろw」
軽〜い感じで、楽しそうに言う男。


すると、加奈子は目一杯口を開けて、舌を限界まで伸ばす。
その舌の上に、思い切り白い精液をぶちまける男、、

何度も同じ事をしているからか、男の射精は寸分違わず、すべて加奈子の口の中に収まった。


舌の上に乗っている精液、、、

「よし、飲み込めw」
男が言うと、加奈子は口を閉じて、ゴクンと喉を動かして飲み込んだ。
そして、口を開けて口内を見せる加奈子。
口の中には、なにもなかった、、、


嫁が、こんなにも酷い目にあっているのに、若いキャバ嬢と浮気を続けていた俺。
自己嫌悪と後悔がとめどなく湧いてくる。


すると、画面の中で加奈子が動いた。目隠しされている状態だが、手探りで男のチンポを探す。
そして、探り当てると、そのまままた口に含んだ。
だけど、見間違いだとは思うが、くわえる瞬間に加奈子の口が笑ったように見えた。
そして、イッたばかりの男のチンポを、丁寧に舐めて清めていく加奈子。
俺がバカだったばかりに、加奈子はこんな事までするほどに調教されてしまっている、、


もう、取り返しが付かない、、、 どうすればいいのかわからない、、、


「そんな気合い入れて舐めたら、また立っちまうw」
『だって、立たせてるんだしw』
「マジで好き者w どっちに欲しい?」
『わかってるくせにw ダブルでw』

「ウイスキーじゃないんだからw」
カメラを撮影している男が言う、、

なんだこれは、、 無理矢理脅されて、レイプされている、、 そのはずだ、、、
嫁はもしかして、、、

ここでハッと気がついた。
俺は、また罪を重ねるところだった。
男達に、酷いことをされないように、加奈子なりに必死で演技をしている。
ちょっと考えれば、すぐにわかることだ。
それなのに、加奈子を疑ってしまった、、、

自己嫌悪で死にそうだ。


男が、加奈子の目隠しを外した。
やっぱり、加奈子だった、、、
いつも見慣れた加奈子の顔。それが、精子や唾液や吐しゃ物でドロドロになっている。


もう、心が折れそうだ。
しかし、すべて見なければ、、、


加奈子は、笑顔で
『じゃあ、とりあえずこっちにw』
といって、立ちバックの姿勢になり、お尻を高く上げる。

そして、ビラビラのピアスから伸びているチェーンを握り、左右に広げた。
『早く、入れてw』
演技とはいえ、見ているのが辛すぎる。
酷い目にあわないために、加奈子がここまでしている、、、


お尻を高く上げて突き出し、チェーンを広げるているところを、カメラがアップにする。
ビラビラにいくつもピアスがぶら下がっていて、そこにチェーンが連結されている。
そして、ツルツルに剃り上げられたアソコは、クリトリスが剥き出しだ。
完全に包皮を切除されている感じで、クリトリスはやたらと大きく見える。
そして、クリトリスにまでピアスが貫通している、、、

そして、加奈子のアソコからは、驚くほどの量の秘蜜が溢れ出ていた。
一瞬、また加奈子を疑いそうになってしまった。
感じてるから、濡れる。
そんな事をまた考えてしまいそうになった。


そんなことを考えていたら、すでに男がチンポを挿入していた。
『ヒィやぁっんっ♡ 来た来たぁ♡ ケンジの極太チンポ来たぁ♡』
加奈子が言う、、、


もう、見ているのが辛い、、、 耐えられない、、、

「ホント、スゲぇなw じゃあ、移動するかw」
男はそう言うと、バックでつながったまま歩き始める。
つながったまま、ヨタヨタとリビングを歩き始める加奈子。

『キャンw ちょっとぉw もっとゆっくりw』
でも、楽しそうですらある加奈子。

そして、ダイニングテーブルに移動してきた3人、、、


俺が映っていた、、、

テーブルに突っ伏して、寝ている俺、、、

「ちょっと、量多すぎたんじゃね?」
『だってぇ、起きたら困るでしょ?』
「酷ぇ女w」

3人が、楽しそうに話をする。

これは、どうやらついこの間のことらしい。
酔って意識をなくしてしまった俺、、、
おかしいと思っていた。
俺が、そんなに弱いはずがない。


まさか、何か飲まされて眠らされていたとは、、、

『もう、いいから早くガンガン突いてぇw』
「マジかよw 旦那の横で発情するとかw」
「オラ、イクぞw」

チンポを挿入していた男が、あきれたように笑いながら、腰を振り始めた。
杭を打ちつけるように、極太のチンポを加奈子の膣中に叩き込む。

『おぉあっ! ヒィッ! ヒィん♡ ハン♡ はぁぁんっ! あふ♡ もっとぉ♡』
甘い声であえぐ加奈子。
男は、後ろから羽交い締めみたいな感じにしてガンガン突き上げる。
そして、そのまま少し加奈子の体の向きを変えて、俺の本当にすぐ横に手を付かせる。

『ダメェェっんっ! お、起きちゃう! 起きちゃうからぁッ!!』
「そっかw じゃあ、ソフトにw」
男はそう言うと、あれだけ激しかった腰の振りを、本当にゆっくりにした。
そして、チンポも全部は入れずにストロークしている感じだ。

『うぅっ、、 うっ♡ ぅ、あぁっ! ヒィンッ! あフゥ♡』
さっきよりも、かなり抑えめのあえぎ声になる加奈子。

画面の中の俺は、まったく身動き一つしない。すぐ横で、嫁が他の男に犯されているのに、何一つ気がつけずにいた俺。

男は、ゆっくりと腰を振り続ける。

『、、うぅ、、 ダメぇ、、 こんなんじゃ全然ダメだよ、、 もっと奥までぇ! ぶっといの奥までガンガンしてぇっ!』
「やっぱりこうなるw いいの? 起きてもw」
『だ、大丈夫! 大丈夫だからぁッ! 倍の量飲ませてるから、、 絶対に起きないからっ!!』
「倍とかw 殺す気かよw まぁいいや、ほら、お前も来いよw」

すると、カメラがサイドボードに置かれて、固定アングルになる。俺を挟むようにして、男二人が加奈子の上下の口を犯す。

『ンぐっーーっっ!! ぐうっーーっ!!』
口をふさがれても、大きくうめく加奈子。


男達の動きに合わせて、加奈子の乳首のピアスにぶら下がったベルがチリチリンと鳴り続ける。


「あぁ、ヤベw もうイクわw」
そう言って、無造作に加奈子の中に注ぎ込む男。

「お、じゃぁ、こうた〜いw でも、俺はこっちw」
口を犯していた男が、イッた男と交代する。


そして、口を犯していた男が、その長いチンポにローションを塗って加奈子のアナルに押し込んでいく。


加奈子のアナルは、特にほぐしたりもしていないのに、ブラックカイマン(web参照)よりも大きなチンポをあっさりと、、、 本当にあっさりと飲み込んだ。

『ンぎぃんっ!! 来たァッ!! おチンポ凄いぃっ!! ンぎぃっ!! おふぅん♡ はぁ♡ はぁぁ♡ クあぁっ!!』
ダイニングテーブルの、俺が突っ伏しているすぐ横に両手をついて、立ちバックでアナルを犯されている加奈子。
「マジかw 起きるぞw」
『起きてもいいからぁッ!! もっとぉッ! もっとぉ♡ おチンポもっとぉっっ!!』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2014/03/26 00:58 ] 嫁がエロビデオ隠してた | TB(-) | CM(-)

優良さんと渡辺くん

「た…ただいまぁ~」

渡辺が鍵を開けて自宅に入っていくと、可憐で品のある女性の声が奥から聞こえた。
「お帰りなさい渡辺さ…じゃなくて、あなた」
玄関に出てきて迎えてくれたのは小野田優良である。
渡辺は信じられない顔で彼女を頭のてっぺんから足の爪先まで見やった。
かなり不躾な渡辺に優良はクスクス笑う。
「そんなに信じられませんか?」
「は…はい!だって…その…憧れの貴女が今日1日僕の…。…僕の奥さんになってくれる…なんて」
「ずっと前からの約束ですから。しかも渡辺さんとの約束を破ったりしませんよ?」
「あ…優良さん」
優良は渡辺の後ろに回ると優しく背広を脱がせてくれた。
(うわ~、ずっと憧れてたよ…このシチュエーション…!)
「あ…ありがとう、優良さん」
「夕飯出来てますから…一緒に食べましょ?」
「は…はい!」


優良の夫である真は昨日から出張で北海道に行っている。
以前から渡辺の一途な想いに気付いていた優良はある日偶然街で彼と出会い、彼に誘われ一緒に映画を観た。
優良にも渡辺にもほとんど無かったといっていい甘酸っぱい青春、それからも度々二人はデートをしたが、今日まで手すら握った事のないプラトニックな関係だった。

【続きを読む】
[ 2014/03/19 15:50 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

優良さんがエッチの先生になって浮気しちゃった

「教えてください!!」
「…何を!?」
「そ…その…、エ…エッチのテクニックですっ!!」
 るい発した言葉の内容を一瞬理解できず、辺りをキョロキョロ見回し、
「あ…あたしに??」と、驚きを隠せない表情で、優良は尋ねた。
「他に誰が…」
二人以外には誰も居ないリビングで、るいが苦笑しながら答える。
 学友達の間でも、エッチの事に関してはおカタイというイメージの渡辺るい。
そんな彼女が唯一、エッチに関する相談の出来る相手。小野田優良。
それは、『エッチは愛が有れば大丈夫!』という優良の持論が、
るい自身が理想とするものに近いと感じたからでもある。
「あ…あたしは、ほら…。 まだまだ勉強中で……」
「いいえ!! もうベテランさんです!!
結婚されて3年ですよね!? あたしはまだ、数ヵ月だから…」
「そ…、そうだけど……」
 夫の真と結婚してから3年以上も経つ優良だが、
心の中では、未だに新婚当初と変わらない気持ちだっただけに、
ベテランなどと言われたのは初めてで、思わずテンションが上がってしまう。そこへ、
「教えてください!! 先生!!!」
 『先生』ーーーるいからのトドメの一言。それが優良の心に響き渡る。
いつも、妹の梨香や義兄の明という『先生』から
『エッチの経験不足』を指摘されていた優良。

【続きを読む】
[ 2014/03/18 12:11 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

不妊に悩んだ末の、究極の選択3

前回のお話し
私のせいで、子供をなかなか授かれず、色々なプレッシャーが掛かる中、思いあまって私の親友の章雄に子作りを託してしまいました。

普通の精神様態なら、けして選択するはずもない選択肢でしたが、追い込まれた人間は、こんなにも脆(もろ)いものなんだと、今なら思えます、、


目の前での、章雄と嫁の恋人同士のような代理子作りが終わり、私が入れ替わるようにみな実を抱きました。
私の種では、妊娠出来る可能性は5%以下だそうです。でも、こうやって章雄の後にすぐ抱けば、私が妊娠させたという可能性もわずかにあり、私もみな実も、赤ちゃんは私の種だったと思うことが出来ます。

不思議なもので、見ているのがあれほど辛いだけだった章雄とみな実のセックスも、私の中に興奮を産むようになっていました。
嫁を寝取られて興奮する私は、劣等感から壊れてしまったのかも知れません、、

そんな興奮の中みな実を抱くと、笑ってしまうくらいすぐにいきました、、、

『へへw あなた、愛してる、、 もう大丈夫だよね?』
みな実は、本当に安心したように言います。さっきの章雄の中出しで、受精した感覚があったようです。もっとも、1回目の時も感覚はあったと言っていて、結果ダメだったので、あまり当てにはなりません。
「あ、あぁ、、たぶんね、、」
『えぇ〜? 自信ないの?』
「い、いや、過度の期待はよくないかなって、、、」
『そっか、、、そうだよね、、、  じゃあ、、、あと2回くらいしてもらう?』
「う、、、 そう、、だね、、、」
『わかった、、、 じゃあ、章雄さん回復したら、お願いするね、、』
「、、うん、、」
こんな会話をして、さらに章雄にダメ押しをしてもらうことになりました。


シャワーを浴びて、リビングでコーヒーを飲んでいた章雄にそう告げると、
「そうだね。せっかくの機会だから、もう何度かしておいた方が、確実かもね」
と、誠実な言い方で言いました。
やっぱり、コイツは良いヤツだと思いました。
でも、さっき嫁を抱いているとき、一瞬見えた章雄の黒い部分が頭から離れません、、、

「でも、すぐにしても同じことだし、俺も回復したいから、ちょっとデートしようか?」
と、意味がわからないことを言う章雄。

意味を聞くと、この部屋は外出自由なので、章雄とみな実の二人で街に出て、少しデートをして帰ってくる、、、
そして、さっきよりもより恋人同士、、 いや、夫婦のような精神状態になって結ばれた方が、妊娠出来る可能性が高まる、、、
章雄の私見ですが、そう言うことらしいです、、、

一見、荒唐無稽な意見のようですが、みな実は物凄くそれが良いアイデアだと思ったようで、
『うん! それ、絶対に良いと思うよ! ねぇ、あなたもそう思うでしょ? 絶対に、今日授かれる気がする!』
と、ハイテンションで言いました。

そして、私は意見を聞かれることもなく、留守番になることが決定しました。

楽しそうに着替える二人。もう、すでに世界に入っているように見えます、、、


『じゃあ、あなた、、行ってきます、、』
と、嫁は少しだけ緊張した声で言い、章雄は、
「じゃあ、行ってくるよw」
と、楽しそうに言いました。そんなつもりはないと思いますが、章雄が少し私を侮蔑しているように思ってしまいました。

そして、フロントに連絡をして、ドアを開けて出て行く二人、、
出て行く間際、自然と手を繋ぐのが見えました、、、


広くて豪華なブティックホテルに、たった一人残った私、、、
泣きそうでした、、、

二人で手を繋いでホテルから出る二人、、
みな実の顔には、笑顔が浮かんでいる、、、 そんな情景がありありと目に浮かびます。

自ら始めたことですが、辛くて仕方ありません。

何をしていいかわからず、この苦痛を今日で終わらせたい一心で、乱れたベッドを整えたり、タオルを取替えたり、二人が快適に愛し合えるように準備をする私、、、
ベッドサイドにある備え付けのコンドームを見て、自虐的に笑った後、それをゴミ箱に捨てました、、、

自分の嫁が快適に他人に抱かれるために、甲斐甲斐しく準備をする、、
屈辱と苦痛しかないはずなのに、どうして勃起が収まらないのだろうか?
心が壊れないために、私の脳が寝取られることに喜びを感じるように進化したのだろうか?

1時間経っても戻らない二人、、、 2時間、、、 興奮と絶望の中、二人は今頃楽しそうにしているのだろうな、、、 と、悪い想像も10周以上した感じでした。


そして、2時間半程度過ぎたとき、やっと二人は戻ってきました。

立ち上がり、声をかけようとした私に、目で合図を送り黙らせる章雄。
不満が強かったですが、気圧されたように座ってしまいました。

「みな実、凄く上手くなったよね! 才能あるんじゃない?」
章雄が楽しそうに、嫁を呼び捨てにして言う。
『すっごく面白かった!! ダーツって、真ん中だけを狙うんじゃないんだねw でも、章雄って、プロみたいだよね! めっちゃ格好良かったw』
「一応、全国大会で8位になったことがあるよw 微妙な順位だけどw」
『えぇっ! 凄いじゃん! 全国で8番ってことでしょ? 格好いいなぁ〜』
みな実は、本当に章雄のことを格好いいと思っている感じだ。

そして何よりも、みな実が他の男と、こんな風に楽しそうに会話をしているところは初めて見ました。
みな実はお嬢様育ちで、おとなしい性格もあって、ちょっと人見知りです。それが、こんなにも打ち解けている、、、

心がざわつきます、、、 でも、さっきから治まらない勃起が、より強くなってしまいました、、、

「みな実が応援に来てくれてたら、多分4位くらいになったと思うよw」
『優勝じゃないんだw』
「ごめんごめんw でも、今度応援に来てよw」
『うん! 絶対に行く〜!!』
「また近々一緒にやろうねw」
『え? あ、、 うん!』
みな実は、一瞬私を気にしたのか、少し口ごもった後、それでも楽しそうにうなずきました。

この二人の親しげなやりとりも辛いですが、戻ってから一度も私のことを見ようとしないみな実の態度が辛かったです、、

今ならば、みな実は心の準備のために、あえて私がいないものとしたのだとわかりますが、その時は絶望的な気持ちになりました。


そして、ソファに座りながら
「じゃあ、さっそく食べようよ!」
と、章雄が言います。
『うん! じゃあ、コーヒー淹れてくるね!』
みな実が、嬉しそうに言いながら、ポットに向かいます。
そして、コップを用意し、コーヒーを二つ淹れました。
一瞬、私の分も淹れてくれるのかな?と思いましたが、当然のように私の分はなしでした、、

章雄は、袋の中から箱を取り出し、ケーキを用意しました。
用意と言っても、皿もないので、箱を解体して皿代わりにしています。
そして、コーヒーが横に並び、
『美味しそう! ここのケーキ、食べてみたかったの!』
「アレ?食べたことないんだっけ?」
『うん! 初体験w』
「やったねw 初めてもらっちゃったw」
『へへw』
こんな、聞いていてい心が痛い会話を続けながら、二人はケーキをつつき始めました。

『美味しい〜w クリームがホントやばいよぉw』
みな実が、ハイテンションではしゃぎながら言いました。
考えてみれば、こういう小洒落たスイーツとか、買って帰ったことがないなと、、、
そんな反省をしました、、

「コレも美味いよ!」
『ホントに? ちょっと頂戴!』
「いいよw はい、あ〜んw」
『あ〜んw』
こんなバカっぽいやりとりをしながら、ケーキを食べさせてもらうみな実。

『ンン〜ッ!! 美味しい〜〜! ねぇ、章雄、こっちも食べてみなよぉ』
そう言って、フォークで章雄に食べさせようとするみな実。
章雄は、少し照れた顔をして、食べさせてもらいました、、、


この数時間で、親密になりすぎだと思いましたが、考えてみれば、すでにキスどころか、セックスも、中出しすらした仲です、、、

『あ、口の横にクリーム付いてるよw』
みな実が、楽しそうに言いました。
でも、ずっと見ていた私は、章雄がみな実が見ていない隙に、自分でそこにクリームをつけたのを見逃しませんでした、、、

案の定、章雄は
「ん」
と、一言だけ言って、目を閉じ口を突き出しました。
いわゆる、キス待ちの顔です、、

『もう、しょうがないなぁ〜』
みな実は心の底から楽しそうに言うと、章雄の口の横のクリームを、舌で舐め取りました。
「ありがとうw みな実には、、、ついてないかw 残念w」
章雄がそう言うと、みな実がケーキを指で触り、自分の唇にクリームをつけました、、、

「あ、あったw」
そう言って、キス待ちの顔になっているみな実に、唇をくっつけました。
クリームは唇に付いているので、キスそのものの格好になります、、


唇をつけて、しばらくそのままでした。
ただ唇を押しつけ合うだけのおとなしいキスですが、この楽しそうな流れでした本当の恋人同士のようなキスなので、見たショックは大きかったです、、

『へへw ありがとw』
照れた顔で言うみな実、、、

すると、章雄が舌を突き出して、その舌の上にクリームを載せました。
『ホント、バカw』
みな実は、見ているのが辛いほどの楽しそうな笑顔で言うと、章雄の舌を口の中に吸い込みました。

みな実が、章雄の舌を吸ったり舐めたりしています。
もう、生クリームを舐め取ると言うよりは、ただのディープキスです。

結構な時間、舌を舐め続けたみな実。
「ありがとうw ちょっと待っててw」
章雄はお礼を言うと、すぐに立ち上がり、ズボンを脱ぎ始めました。


そして、躊躇なく下半身丸裸になると、勃起したペニスにクリームをつけました。
『もう、やだぁ〜w ホント、バッカじゃないのw 仕方ないなぁ〜』
みな実が、この状況でも楽しそうに言いながら、章雄のペニスを舐めました。

ペロッと、可愛らしく舐めるみな実。しかし、舐め取るそばから新しいクリームをペニスにつける章雄。
章雄のペニスは、クリームでテラテラ光っていて、ただでさえ大きいペニスが、余計に立体感が増して大きく見えました、、

それにしても、どう見てもサイズ感がおかしい感じで、合成のように思えるくらい大きいペニスです、、
ペロペロと舐め続けるみな実の顔と比較しても、同じくらいあるんじゃないのか?と思ってしまうほどでした、、、


最初は、しょうがないなぁ〜という感じで舐めていたみな実でしたが、舐め続けているうちに、上気したような、トロンとしたような、メスの顔になっていきました、、、

自分の嫁の、こんな顔見るのは耐えがたいモノがあります、、、
でも、どうしても勃起してしまう私がいます、、、


『もう! キリがないよぉ〜w こうしちゃう!』
そう言って、大きく口を開けて、パクッとペニスをくわえてしまいました、、、
確かに、こうすればもうクリームは塗れません、、


そう思ってたのですが、大きすぎるペニスなので、竿が半分ほど口から出ていました。
その部分に、さらにクリームを塗る章雄。
みな実は、頑張って喉の奥にくわえ込んでいきます。

そして、またはみ出た部分に塗り、奥までくわえる、、、
こんな事を繰り返し、みな実は大きな長いペニスを、全部に近いくらい喉奥に収めました、、、


相当無理をしているようで、みな実は顔が真っ赤になっています。
その状態のまま、章雄が服を脱いでいきます、、、
全裸になった章雄が、今度は自分の乳首にクリームを塗りました。

それを見て、みな実がペニスを口から吐き出しました。
『もうw バッカじゃないの、ホントにw』
吹き出しながら言うみな実。口の周りは、よだれでベタベタです。
こんな状況でも、本当に楽しそうで、胸が痛みます、、


みな実は、口ではそう言いながらも、まんざらでもない感じで、章雄の乳首のクリームを舐め取ります。
そして、舐め取るだけではなく、そのまま乳首をペロペロと舐め始めました。
ラブラブな恋人同士のティータイムだったのが、自然とセックスに移行していきました。

こんなナチュラルな感じは、みな実を本当に身も心も奪われた気持ちになり、絶望感が凄かったです、、
そして、そのまま完全にセックスに移行するかと思いきや、章雄が
「待って、せっかく買ったんだから、着替えないとw」
『えぇ〜? 本気なんだ、、 恥ずかしいよぉ、、』
「でも、約束じゃん?」
『うぅ、、 わかった、、、じゃあ、待ってて、、』
そう言って、紙袋を持って浴室に向かうみな実。


リビングには、私と章雄の二人になりました。
何か言わないと、、 そんな重苦しい感じになりましたが、章雄の方が
「悪いな、、 でも、絶対こう言うのが必要だから、、 ここまでしないと、授かれないよ、、 もう少し、我慢してくれ、、」
章雄が、真顔で申し訳なさそうに言います、、、

「、、あぁ、、 よろしく、、 頼む、、」
私も、それ以外の言葉は言えませんでした、、、

そして、すぐにみな実が戻ってきました。
恥ずかしがった理由はすぐにわかりました、、  戻ってきたみな実は、女子高生でした。

今時の女子高生みたいな、短すぎるスカートに、可愛らしいブレザーの制服を着たみな実は、大きめのバレッタというのか、カチューシャというのかわかりませんが、髪飾りをしています。


まだ30前で、見た目も若いみな実とはいえ、さすがに現役には見えず、AV女優のような感じになってしまっています。
『変、、 だよね? 恥ずかしいよぉ〜』
顔を手でパタパタ扇ぐようにしながら、少し頬を赤らめて恥ずかしがるみな実。
その仕草が、可愛すぎて泣けました、、、

「いや、凄く似合ってるよ。その頃のみな実と出会いたかったよ」
凄く真顔で言う章雄。
その言葉に、顔を真っ赤にするみな実。


しかし、どこでそんなモノを買ったのだろう?
と言うより、買った意図はなんだろう? こんなのは、みな実が受精するための心の準備をするためではなく、章雄の趣味にしか思えない。
章雄が、自らの欲望を満たすために、みな実をオモチャにしようとしている、、 そう思えてしまう、、


章雄には、黒い部分がある。それは、2回目くらいの時から見え隠れしていました。でも、気のせいだと思い込もうとした。
しかし、この状況に至っては、もう確定と言ってもいいと思いました。

もう、止めさせよう、、、 私がそう思ったのとほぼ同時に、
『わ、私も、、 出会いたかった、、』
と、みな実が言いました。


みな実は、もう完全に演技が本気に変わっている、、、  そうとしか思えません、、


何とも言えない妙な沈黙が有り、それを破るように、
『じゃあ、私がするね』
と、みな実が言いました。

そして、全裸の章雄をソファに押し倒すと、みな実はそのまま章雄のペニスを口に含み、愛おしそうに舐めていきます。
みな実は私に背を向けているので、後ろ姿だと、完全に女子高生に見えます。


女子高生のみな実が、章雄に奉仕をする。
もう、何が何だかわからない。
完全に、趣旨を外れたことだけはわかります。


2時間以上一人にされて、やっと戻ってきたと思ったらこの仕打ち、、
それなのに、勃起しながらそれを見るだけの私。


みな実は、大きく口を開けてくわえたり、可愛らしい舌で章雄のペニスのカリ首を舐めたりしています。その表情は、愛おしいと言った感じで、どうしても嫉妬してしまいます、、、

「どう? 俺のは好き?」
みな実の髪を撫でながら、章雄が聞くと、
『え? 変なこと聞かないでよぉ、、』
みな実が、まともに照れながら言いました。

「もっと気持ちを高めないと、赤ちゃん出来ないよ」
章雄は真面目な顔で言う。今までの私なら、章雄は本心でそう思って、本気でそう言っていると思ったと思います。
しかし今は、章雄が自らの楽しみのために、みな実に色々と言わせているだけに思えてしまう、、


『す、好き、、 だよ、、』
みな実が、その言葉に背中を押されるように、そう言いました、、
「どういうところが?」
優しい口調で聞く章雄。でも、私の耳には違って聞こえてしまう。

『それは、、 その、、 サイズとか、、』
「サイズが何?」
『はずかしいよぉ、、、 その、、、 お、大っきいのとか、、、』
「大きいと、どう好きなの?」

『、、、直接、、、  子宮にかけてもらえそうで、、、』
本当に言いづらそうに言うみな実。
「それだけ? 気持ち良くないの? 気持ち良くならないと、子宮も受精しようと思わないと思うよ」
『うぅ、、 気持ち良いよ、、 だって、、 直接子宮をノックされてるみたいで、、、 なんか、、 真っ白になる、、、 もう! 恥ずかしい事言わせないでよぉ!!』
章雄は親切顔で色々と言いますが、実はみな実を調教しているのでは?と思ってしまいました。
実際にみな実は、もじもじしながら、顔を真っ赤にしていますが、章雄のペニスを愛おしそうに舐め続けています。


「みな実、ベッドに行こう」
章雄はそう言いきると、みな実の手を握ってベッドルームに移動しました。
そして、私が綺麗に整えたベッドの上にみな実を寝かせます、、、

女子高生のみな実が、ベッドの上に寝転がり、熱っぽい目で章雄を見つめる。
ここまで一度も私のことを見ない嫁、、
まるで、私など見えないようです、、、


そして全裸の章雄が、みな実の横に寄り添う。
みな実は、章雄のことをじっと見ていましたが、その目が凄くいやだった。その目は、恋する乙女のようで、演技で章雄とラブラブになるという範疇を超えているように見えました。

そして、章雄がみな実の顔に顔を近づけていくと、すっと目を閉じて、あごを少し持ち上げるみな実。
キス待ちの顔をするみな実、、、


私以外の男に、見せていい顔ではないはずです、、
そして、そっと唇が触れ合う、、
唇が触れあうと同時に、章雄の体に腕を絡みつかせるみな実。
そして章雄もみな実の体を抱きしめながら、キスをする。

みな実は、いつもキスをするときは目を閉じています。と言うか、女性はたいていそうだと思う。
しかし今は、目を開けたままキスをしています。とろけて、上気したような、それでいて、愛おしくてたまらない、、、  そんな目で章雄を見つめたままキスをするみな実。
一瞬でも目をそらしたくない、、、 ずっと章雄のことを見ていたい、、、
そんな心情が透けて見えるようです、、、


そして、徐々にキスが濃厚になって行く。
一番初めの代理セックスの時は、キスどころか、章雄が自分でしごいて、いく寸前に私と変わってみな実に挿入し、中に出すとすぐにまた私と変わるという形でした。
なるべくみな実との接触を少なくする方法でしていたのに、今は濃厚に、恋人や夫婦同士のようなキスをしている。


それを見て勃起が止まらない私も異常ですが、章雄もわざわざ私の目の前でこんな事をするなんて、やはり異常だと思う、、、 やはり、類友なんだろうか?


そして、長い時間が過ぎていく、、、
みな実は、時折、
『んっ、 んんっ、、』
と、くぐもったあえぎ声のようなものも漏らしています。


そして、章雄が離れようとすると、唇が離れていくとき、みな実が追いかけるように顔を前に出して、舌まで出しました、、、
キスを止めるのが、本当に名残惜しいと言った感じです、、


「キス、好きなの?」
章雄が静かに言う。
『好き、、、 も、、もっとして、、  欲しいです、、、』
顔を真っ赤にして照れながら言うみな実。
女子高生の格好で、照れて顔を赤くするみな実は、可愛らしいと思った。
とても、アラサーには見えません、、、


「いいよw 口、開けてごらん」
章雄が優しい口調で言う。
みな実は、一瞬ポカンとした顔をして、口を開けた。
なぜ口を開けるんだろう? そんな表情でした。


章雄は、少し離れたところから、みな実の口の中に唾液を垂らし始めました。
みな実は、一瞬目が少し大きく開きましたが、すぐにとろけきった顔になり、さらに大きく口を広げました。


その口の中に、章雄の唾液が流れ込んでいく、、、
みな実は、とくに何も言われていないのに、口を閉じてそれを飲み込みました。

そして、飲み込み終わると、すぐにまた大きく口を開けました。
ヒナが、親鳥からエサをもらうときのように、催促するように口を開けるみな実。


章雄は親鳥のように期待に応えて、ふたたび唾液を流していきます。
それを、2度、3度と繰り返す二人。一切会話をせずに、見つめ合ったままそれをし続ける。
飲み込むたびに、みな実はヤバいくらいにメスの顔になっていきました。


そして、何度目かの餌づけが終わると、放送禁止レベルにエロい顔になったみな実が、
『もうダメ、、 入れて欲しい、、です、、、』
と、泣きそうな顔で言いました。

確かに、こんなにも求められて行うセックスならば、受精の可能性は高まる気がします。
私は、ここまでみな実を本気にさせられなかった、、
確かに、私の精子は数が少ないかも知れません、、、  でも、それ以前の準備が、まったく出来ていなかったように思えます、、、


単純に、雄としての能力が劣る、、  それだけのことだったのかも知れません、、、


章雄は、少しニヤっとしたと思うと、
「じゃあ、スカート持ち上げて、見せてごらんw」
と、少し冷たい笑いの感じが混じった言い方をしました。


みな実は、ベッドの上で膝立ちになると、言われた通り制服にミニスカートの裾を持ち上げ始めました。
そして、完全に持ち上げると、ヒモのような、、、 と言うか、ヒモだけで構成されたようなショーツを身につけていました。
ピンク色のヒモのショーツは、エロいというか、変態というか、売春婦でもしないような格好でした。


女子高生のコスプレの下に、エロすぎる下着を身にまとうみな実。
これはもう、受精の準備とか関係なくなっているのは間違いないと思いました。章雄の趣味、、性癖という話しだと思います。


「エッチな下着だねw 全然下着の役目果たしてないw 丸見えだよw」
『恥ずかしいよぉっ!! ねぇ、、 もういいでしょ? して、、下さい、、、』
「何を? ちゃんと言わないとw 子供じゃないんだからw」
章雄が、冷たい口調で言いました。さっきから、章雄の本性がチラチラと見えています、、、


『章雄の、、 お、、おちんちん、、、  入れて下さい、、』
「なんのために?」
『うぅ、、、 中に、、 出してもらって、、 妊娠するためです、、、』

「よく言えましたw」
章雄は、真っ赤になってうつむき恥ずかしがるみな実にそう言うと、いきなり手をヒモパンに走らせました。
そして、みな実の毛の薄いアソコを触り始めます。

『あぁっ! ンッ! ダメぇ、、』
慌てて手を押しのけようとするみな実。
「なんだこれw 濡れてるというか、なんか塗ったの? 凄い状態だよw」
章雄が、からかうように言います。
確かに、章雄の手がみな実のアソコに触れたときに、大きめのクチョッと言う音が響きました。

「だ、だってぇ、、 もう、、 我慢出来ないから、、、 あっ! あぁっんっ!!」
みな実が気持ちよさそうにあえぎます。

章雄は、ニヤけたままみな実のアソコに指を入れました。
ショーツは、まったく役に立っておらず、ずらす必要もなく、そのまま指がアソコに入れられました、、、


『ンんッ!! あ、あっ! 指ダメぇ、、 あ、あっ! ひぃあぁ、、 ハァハァ♡ はぁぁンッ! だ、め、、』
みな実は、ダメと言いながら声が抑えきれない感じです、、、


章雄は、みな実のアソコに入れた二本の指を、腕ごと震わせるようにして動かします。
『ハッあっ♡ アァァンッ♡ あんっ♡ ハァッ、ハァンッ! ンッ!! それ、ダメぇ、、 こすったらぁ、、 あぁっ! ヤァァ、、 ストップしてぇぇ、、 あっ! な、なんか、、出ちゃいそうだよぉ、、 ヤァァ、、』
切羽詰まった声で言うみな実。だけど、声質はとろけきっています、、、


章雄は、みな実のその声に、逆に動きを大きくしました。

『ダメぇぇっ〜〜〜ッ!!! ヒィッ! あぁっ!! うぅぅあぁっ!!! 出、るぅ、、』
みな実がそう叫ぶと、章雄の指の動きに合わせて、思い切り透明の液体がほとばしりました。

驚くほどの飛距離と量が、床を濡らしていきます。

『だめぇ、、 ダメぇ、、 恥ずかしいよぉ、、、 あぁ、、 イヤァァ、、、』
みな実は、力なく叫びながら、まだ吹き続けていました、、、

潮吹き、、、  私は吹かせたことなどありません。
そんな事が出来るとも思っていませんでした。 AVとかのアレは、モザイクの中で何か小道具を使っていると思っていました。
目の前で実際に見せられて、ショックがデカかったです。
初めてを奪われたこと、私が与えるよりも大きな快感を与えられたこと、、、
もう、”止めてくれ”と喉まで出ましたが、興奮している私は、黙って見続けることを選びました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2014/03/13 10:01 ] 不妊に悩んで究極の選択 | TB(-) | CM(-)

セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた

結婚してもう18年経った。俺はもう42歳になったし、嫁の加奈子も40歳になった。
子供も大学に通うようになり、月日の経つのが早いと思うこの頃だ。

俺と加奈子は、いわゆる出来ちゃった婚で、嫁は妊娠した当時はまだ大学生だった。
色々と風当たりもあったけど、いざ子供が生まれると、両方の両親共にとても喜んでくれた。

5年前に独立した仕事も順調で、なにも不満のない人生だと思っている。

嫁の加奈子は、40歳にしてはまだまだ若い見た目だと思う。
もともと童顔と言う事もあると思うが、肌に異常に張りがあり、しわ一つない。スキンケアに気を使っているのかと思うと、そんな事は全くなく、洗顔も薬局で売っている普通の固形の安い石けんでやっているくらいだ。
日焼けとかもそれほど気を使っていないし、もともと頑丈な皮膚なのだと思う。
それが結果的に、若々しさの源になっている感じだ。

しかし、見た目は若いが、美人というわけではない。
愛嬌がある顔というか、井上真央みたいな感じだと思う。
それでも、俺には過ぎた嫁だと思っている。
とにかく加奈子はほがらかで、太陽のような明るい感じだ。

料理も上手いし、家事もそつなくこなす。

ただ、一つ気になるのが、長年にわたるセックスレスだ。
子供が中学くらいになると、なかなかする機会がなくなった。

それとは別に、俺に、キャバクラのミナちゃんと言うお気に入りが出来たことも影響していると思う。
俺はモテるタイプではないと思っていたが、ミナちゃんは仕事抜きで俺と会ってくれるようになり、今ではセックスフレンドというか、恋人に近い感じになってしまっている。

嫁には、物凄く申し訳ないと思っているが、若い体を抱く欲望は捨てることが難しい、、

そんな事がありながらも、とりあえず夫婦仲もよく、幸せな毎日だった。


『ねぇねぇ、あなたw 日曜日映画行かない? 前から言ってたの、もう始まってるからさ!』
食事中にニコニコとしながら、加奈子が言ってきた。
「あ、そうなんだ! 良いね、行こうよ!」
俺が即答すると嫁は嬉しそうに笑った。

「相変わらず、ラブラブなんだなw いい歳して、そんなに浮かれるなよw」
息子が笑いながら言う。

『いいでしょ〜w まだまだラブラブなんだよ〜 トシちゃんも早く一緒に行ってくれる人見つけないとねw』
からかうように加奈子が言う。
「うっさいわw いくらでもいるっちゅーのw」
息子も、そんな事を言いながらも楽しそうだ。

本当に、息子もいい子に育ってくれているし、良い家庭だと思う。

こう言うとき、少しだけ胸が痛む、、、


そんなある日、会社で思い切りコーヒーをワイシャツにこぼしてしまった。
その日は、お客さんの所に行かないといけない予定もあったので、家に着替えに戻った。


こんな風に、昼間に家に帰るのはかなり久しぶりだった。
”こう言うとき、家に帰ると嫁が浮気してたりするんだよなw”とか思いながら家に向かった。

そして家に帰ると、浮気どころか嫁自体がいなかった。
今日はなんだったっけ?とか思いながら着替えを始めた。
嫁は、テニスとゴルフをやっていて、確かスクールも通っていたはずだ。
なので、まぁそれだろうと思いながら、会えなかったことが少し寂しかった。


何となく寝室に入ると、テレビがつきっぱなしだった。
つきっぱなしといっても、画面にはなにも映っていない状態で、入力がレコーダーになっていた。

録画したのでも見てたのかな?と思いながら、テレビを消そうとしてリモコンを探した。
間違えて、レコーダーのリモコンで電源を押したので、レコーダーが起動してしまった。

ただ、立ち上がったレコーダーは、DVDの方になっていて、映画でも見てたのかな?と思い、好奇心から再生した。


すると、いきなりエロ動画が始まった。
動画は、いわゆるハメ撮り動画のようで、バックで突く男がカメラを持っている感じだ。
ベッドの上でバックでガンガン突かれる女が、他の男のチンポをくわえている構図だ。
いきなり始まった、無修正の3P動画。

一瞬驚いたが、すぐに笑ってしまった。
嫁も、長年のセックスレスを、こんなもので解消していたんだ、、  そう思うと、ちょっと笑えたが、申し訳ない気持ちも起きた。


それにしても、なかなか強烈な動画だ。
女はよく見ると、後ろ手に皮の拘束具で両腕を繋がれて固定されている。
そして、もっとよく見ると、チンポはアナルに入っている。

アナルをガンガン突かれながら、目の前の男のチンポをくわえている女。
顔が見えないが、体の感じで若くはないと思った。


『んんっ〜〜!! ンッ〜〜ッ!!』
男のチンポをくわえながら、大きな声でうめく女。

すると、アナルを犯している男が、女の尻を平手で思いきり叩いた。
パチンと強い音がするのと同時に、
『んんんん〜〜〜〜〜っっっ!!!!』
と、女が一際大きくうめく。

「ほら、もっと締めろよw ガバガバにしすぎたか?w こっちもガバガバになったら、どこでするんだよw」
男が馬鹿にしたような感じで言う。

その言葉にあわせるように、女にフェラされていた男が、女の頭を両手で固定して、ガンガン腰を振り始めた。

『おおっぉぇっ! ぐぅあぁぅぁ、、』
女は吐きそうな声を出しながら、喉を犯され続ける。


しかし、加奈子がこんな過激な動画を見ているんだと思ったら、ちょっと引いた、、
こういう願望があるのかな?と、ちょっと不安にもなった。

あのほがらかで明るい嫁が、こんな願望を内に秘めていたのかと思うと、人は見かけにはよらないなぁと、変に感心した。


俺は、至ってノーマルな性癖なので、女性をこんな風に物扱いするエロビデオとかは嫌いだ。正直、少し気分も悪くなった。
だけど、嫁が見ていた動画だと思うと、ちょっと別の意味の興味が湧いて見続けた。


メーカー物のAVと違って、一つのカメラで、なおかつ撮影者=男優なので、正直単調だ。
よほど女優さんに魅力がないと間が持たないが、そもそも顔が見えないので魅力もクソもない。

ただ、ひたすら吐きそうになりながら、それでも大きな声であえぎうめく女。
その、ドMなところがウリの動画なのかも知れない。


するとバックではめていた男が
「全然緩いしw こっち入れるぞw」
と言い、アナルからチンポを抜くと、そのままアソコに入れてしまった。
一瞬、ウエッときた。アナルに入れていた物を、そのままアソコに入れるなんて、汚い、、、


ただ、アナルから抜いたチンポの全体が一瞬映ったが、驚くほどの大きさだった。
アレ?もしかして、男優さんは外人さん?と思うくらいのサイズだったが、肌の色は日本人っぽい。そもそも、言葉は流ちょうな日本語だ。


あんなに大きなチンポでもガバガバと言われるアナルって、どんなだろう? ちょっと好奇心が刺激された。

今、女のアソコにチンポが入っていて、アナルにはなにもなくなった。
アナルは、大きなチンポが入っていたので仕方ないと思うが、完全に閉じきっていない。少し真ん中辺が開いている感じで、ピンクの内壁まで見える感じだ。

この動画、アングルとかブレとかは酷いが、よくよく見るとかなりの髙解像度だ。
裏ビデオも、HDの波が来ていると思うと、ちょっと感動した。


そして、アソコに極太をぶち込まれて、なおかつ口というか、喉奥を犯され続ける女。
しかし、過激というか、酷い動画だ。
嫁は、こんなもので興奮するのだろうか?
意外すぎて、驚きを通り越える。


「あぁ、、イクぞ、、 イクっ!」
口を犯していた方の男がうめく。
思い切り、女の喉奥に押し込んだ状態でイッたようだ、、、

『ウんんっっーーー!!』
女は、喉奥にぶちまけられて、大きくうめいた。 

そして、男が女の口からチンポを抜いた。
それを見て驚いたが、その男のチンポもデカかった。さっきの男ほどではないのだが、とても立派なモノだと思った。
画面を通してだと、デカく見えるのかな?と思ったが、それにしても大きいと思った。
俺のものは、本当に日本人の標準ど真ん中くらいなので、ちょっと羨ましいと思ってしまった。


男がチンポを口から抜くと、バックではめていた男も動きを止めた。
「まだ飲むなよ! ほら、こっち見ろって!」
言葉遣いや体の感じから、男達が結構若いような気がした。


そして、女がカメラの方に体を向けていく。
いよいよ女の顔が見えるかな?と、ちょっと身を乗り出したが、顔が画面に映ると、いきなりモザイクがかかった。
顔だけ綺麗にモザイクをかけるという技術がないのか、かなり雑に広範囲にモザイクが掛かってしまい、顔はわからなかった。


そしてカメラが女の顔をアップにする。
すると、鼻から下だけモザイクが消えた。
大きく口を開けた女の口の周りが見える。
その口の中には精液がたっぷりとたまっていた。
そして、ガンガン喉奥を犯された影響か、口の周りなどは唾液でドロドロになっていた。
そんなに大きく口を開けていては、美人かどうかもわからないが、肌の感じから意外と若い女だと思った。

バックでガンガン突かれていたときは、主に背中と尻が見えていたが、結構弛んでいる感じがあった。
だらしない体の若い女という感じだが、なかなかエロい感じで悪くないと思った。


そこで、ハッと気がついたが、もう時間がなかった。そろそろ出かけないと、客先に間に合わない。
しかし、この続きはとても気になる。
でも、おそらく加奈子が帰ってきたら、このDVDは隠されてしまうと思う。

画面では、男が
「よし、口の中でクチュクチュしろ」
と、指示をした。
すると、女が口を閉じて、口の中でうがいみたいにクチュクチュと精液をかき混ぜる。
俺はこう言うのは苦手だ。最近のAVとかだと、わざわざコップに溜めて飲ませたりするが、アレを見ると吐きそうになる。

ただ、口を閉じたので、少し女の顔の感じがわかった。
鼻から上はモザイクで相変わらず見えないが、口を閉じた女の口周りは、意外に美人っぽかった。

「よし、口開けろ」
男が言うと、女が素直に口を開ける。
すると、泡だった精液が見えた。

気持ち悪いと思いながら、加奈子はこんなのを見ているのかと、ちょっとムカついた。
どうせ見るなら、もっとノーマルなヤツにして欲しかった、、、



すると、バックではめていた方の男が、女の口の中にチンポをぶち込んだ。
そして、カメラをもう一人の男に渡す。
その時に、渡された方の男の顔が一瞬映ったが、やはり若い男だった。
学生くらいに見える男だが、全裸だったのでそれ以上はなにもわからなかった。

カメラを渡すと、男は女の頭を両手でホールドして、ガンガンと腰を動かし始めた。

『ンッ〜〜ッ! んぐぅっ〜〜っ!!』
女は口をふさがれ、喉奥を責められ、またくぐもったうめき声を上げる。


カメラアングルが変わったので、女のカラダがよく見えた。
よく見ると、両腕を繋ぐ拘束具で隠れて見えていなかったが、ブラをしている。
ブラと言っても、ボンデージというか、SMっぽい黒い革製の物で、胸のところがフレームだけで、大きく開いているタイプのヤツだ。
ブラなのに、おっぱいが丸見えのヤツ。しかも、強烈に寄せられているようで、不自然なくらい上向きになっていて、胸の谷間も凄い。


だらしない体の感じなので、胸は垂れていそうだが、このブラをしているので良い感じになっている。
そして、一番驚いたのが、乳首に刺さるピアスだ。
小さな手錠みたいなデザインのピアスで、乳首を貫く部分は、かなり太い。
子供の指くらいはある太さのピアスで、そんなものが貫通しているので、乳首が驚くほど肥大している。
おそらく、長い時間をかけて、少しずつピアスを太くしていったのだと思う。
その過程で、乳首もこんなに肥大したのだと思う。そして、手錠同士は鎖でつながっている。


こんな女がいるのに驚いた。こんな風に人体改造したら、取り返しがつかない気がする。
ここまで肥大した乳首と、大きく開いているであろう穴は、ふさがるのだろうか?
この女、年はいくつか知らないが、結婚するときとかどうするつもりなんだろう?

それとも、男のどちらかが旦那なのだろうか?
しかし、それだと旦那が他の男に嫁を抱かせているか、フェラさせていることになる。
まぁ、どちらにしても理解出来ない世界だ。


そろそろ時間も限界だ。今出て、ギリだと思うが、まだ目が離せない。


男はそんな酷い体の女の喉を犯し抜き、
「イクぞ〜」
と、軽い感じで言いながら、射精したようだ。

『んーーっ!!』
女がうめく、、、


そして、男がチンポを抜くと、もう一人がカメラをアップにして女の顔を映す。
「口開けろ」
カメラの男が指示をすると、女が口を大きく開ける。


さっきの泡だった精液と、いま出されたばかりの精液が混じり合い、物凄いことになっている、、、

「よし、飲めw」
男がそう言うと、すぐに飲み込む女。
ゴクンと音がしそうな程喉が大きく動いた。


そして、言われてもいないのに口を大きく開ける女。
空っぽになっている。

もう時間だ、、
慌てて電源を落とす。
だが、落とす間際に、
『ごちそうさまでした。美味しかったです。ありがとうございました』
と言う、女の声が響いた。
こんな扱いを受けて、こんな風にお礼を言う女。
調教された女って、凄いなと思いながら、慌てて家を出た。


そして、ギリギリ何とか間に合って、無事に仕事を終えた。
家に帰る途中は、ずっとあのビデオのことを考えていた。

あんなどぎついエロビデオを見る加奈子。
やっぱり、長年のセックスレスで欲求不満がたまってるんだなと、申し訳なくなった。
俺はミナちゃんとセックスもやりまくっていたので、本当に申し訳ないという気持ちが強かった。

たまには抱いてやるか、、、 そんな上から目線でのんきににやけていた、、、


そして家に帰り、今日は息子は遅くていないので、二人で飯を食べた。
『ねぇ、映画終わったら、たまには外で食べましょうか? 昔みたいにw』
楽しげに話してくる加奈子。
俺は、一瞬ドギマギしてしまった。
この笑顔の裏に、あんなに強烈な性癖が隠されている、、、
わからない物だ、、、

「良いね、たまにはちょっと良いとこで食べようか?」
『え? ホント? でも、良いとこ知ってるの?』
一瞬ドキッとした。ミナちゃんとは結構色々なところで飯を食べている。
キャバ嬢だけあって、色々と流行の店を知っているので、俺も必然的に流行の店に詳しかった。

「え? 飲み屋くらいしか知らないなぁ〜 今度、会社のヤツに聞いておくよ。楽しみだねw」
慌てて言い訳がましく言った。


まぁ、俺の浮気や、嫁のエロビデオなど、多少の秘密はあるけど、幸せな夫婦生活だと思った。
そして、今夜は何年ぶりかに誘おうかと思っていた。

タイミングを見ながら食事をしていて、嫁が先に食べ終わり、
『ごちそうさまでした』
と言った。

この瞬間、ミッションインポッシブルとかで、謎が解けた瞬間みたいに、一気に時間が巻き戻っていった、、、
そして、あの動画の女が、精液を大量に飲み込んだあと、
『ごちそうさまでした。美味しかったです。ありがとうございました』
と言ったところまで巻き戻った、、、


一緒だ、、、 声が一緒だ、、、

嫁とあの女の、”ごちそうさまでした”の声が、イントネーションから声の質まで、まったく一緒だったと思う、、、


俺は、多分固まっていたのだと思う。

『聞いてる?どうする?』
加奈子がこう言っている。
なにを聞かれたかわからない、、
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2014/03/05 00:30 ] 嫁がエロビデオ隠してた | TB(-) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー