エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化
月別アーカイブ  [ 2014年03月 ] 

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

婦人科の元カノに無理矢理中出し

お久しぶりです、刈太志です。
だいぶ前に中学校の同窓会があった時の体験談を話したいと思います。
久しぶりに中学の同窓会と言う事で、私もワクワクしながら会場に向かいました。
[ 2014/03/31 13:01 ] 男性の体験談 ナースとの体験談 | TB(0) | CM(-)

少年患者の大輝くん

私の名前は斎藤美緒26歳です。
話しは長いですがお付き合い下さい。
私は田舎の小さい病院に勤めてる看護士です。
仕事がら出会いが無くて彼氏居ない歴4年になると火遊びもしたくなります。
[ 2014/03/31 13:00 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)

バイクで事故って、妹が勤める病院へ運ばれた

俺30歳、妹27歳。
ともに独身。カレシ、カノジョなし。
俺が先々月入院したときの話だ。
よりによって通勤途中にバイク事故で妹がいる病院にかつぎこまれた。
両手骨折。で、整形外科病棟に入院した。
[ 2014/03/31 12:57 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

知人夫婦の旦那に体位を教える嫁

「お願いします優良さん!この通りです!」
「や、やめてください、渡辺さん。とにかく頭を上げて」
土下座せんばかりの勢いで優良に頼み込む渡辺と、彼を前にして困惑気味の優良がいる。
「こんなこと頼めるのは優良さんしかいないんです!」
「わ、私もできれば協力してあげたいんですが・・・」
事は数日前、渡辺に体位の手ほどきを優良がしてあげたことに発する。
[ 2014/03/31 00:27 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

義父が洗濯機から私の下着を

私は結婚して長男が誕生したのを期に仕事を辞め主婦業に専念していたのですが働きたくて二年程前から市内の歯科医の受け付けを週に三回程度始め、それと同じく週に三回くらいフィットネスクラブで運動して身体を鍛えている毎日です
いくら子供がいて年齢を重ねてきても女性としての美は失いたくない
[ 2014/03/31 00:19 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

専業主婦の恵理子と犬のケンタ

黒いロングヘアー、ファッションモデルのようなすらりとしたプロポーション、眼鏡をかけたその顔は理知的で、どこか、大学の講師を思わせる。赤塚恵理子は35歳になっていた。
赤塚恵理子は郊外の一軒家に夫と15歳になる娘の沙樹、とともに専業主婦として暮らしていた。傍から見れば、普通の幸せな家族、確かにそうだった。恵理子は夫にとっての理想の妻になろうと、娘にとっての理想の母親になろうとずっと努力してきていた。
[ 2014/03/31 00:16 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

妹のメール依存を止めるために、一芝居打ったら

当時16歳、高校2年だった妹は暇があれば友達と携帯でメールをやっていた。
メールの相手は学校の友達だと思うのだがいつも携帯をいじくり回してた。
家で食事をしてる時にでも携帯を手元に置き食事中にも関わらず相手からメールが
届いたらすぐに返事を送り返していた。
[ 2014/03/29 22:33 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁は近所のご主人と半年も前から関係を持っていた

私35歳 妻33歳 子供なし
私の妻は、結婚前に2~3人の男と付き合いが有り処女ではありませんでした。
セックスも、それなりのテクニックもあり夫婦生活も上手く行っています。
(2番目の彼氏にはプチSMやアナルも開発されたと妻から告白されました)
[ 2014/03/29 22:27 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

妹の彼氏に強制的に

「ドンドン」
優良は山田の家のドア前で,強くノックをしていた。
(絶対許さないんだから!)
普段温厚な優良にしては珍しいくらい強面で,今か今かと山田が現れるのを待っていた。「がちゃ」
[ 2014/03/28 22:58 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

結婚25年目で夫にスワッピングを持ちかけられた

私は、熊本県に住む48才の主婦。結婚25年目。
子供2人いますが結婚しています。いまは主人と二人暮しです。結婚後は浮気等の経験なし。
結婚前の男性経験は、2人。
[ 2014/03/28 22:43 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

五十路の純子を他人に抱かせて

妻純子、五十代前半、結婚当初より性に対いしてとても淡白な女でした。
ベッドの中では私がリードし、全裸にしないと行為をしようとしない妻です。
いつもの様に、ダブルベッドに横たわる妻の、ネグリジェの前ボタンを胸元から全て外し、露になった乳房を唇で愛撫しながらショーツを脱がせ、陰毛に覆われた秘部を右手でこねるようにして愛撫を加えていた。
[ 2014/03/28 22:37 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

叔母のあきさんとの初体験

めちゃくちゃベタな初体験の話。
高校1年の秋、近所に住んでる叔母のあきさんと、生まれて初めてセックスをした。
あきさんは33歳、俺の父親の弟の奥さんで、結婚6年目、子供はいない。俺の家から
車で10分ほどの所に住んでいたのだが、叔父さんは地元で一番大きいメーカーの社員で、
海外出張が多かった。
[ 2014/03/27 10:11 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

嫌がる嫁を説得して同室スワップに

バックスタイルでY夫を受入れた妻は、ベッドの上でシーツを握り締めて絶頂に達しようとしていました。

隣のベッドで私はY夫の奥さん、S美を上に乗せて下から突き上げていました。


妻との営みの最中に何度となく妻にスワッピングの話をしてきたのですが、事後承諾のような形で先に相手を探して日程を決め妻を口説き落としました。

遂にその日がやって来ました。Y夫婦とのスワップです。嫌がる妻を何とか説得してここまで漕ぎ着けたのです。

妻は、私以外の男性経験の無い(妻の供述)、平凡な女でした。
Y夫婦は数回のスワップ経験が有り、私達をリードしてくれました。

ちょっと洒落たレストランで食事をしてホテルに向かいました。ホテルに入るまで妻は落ち着かない様子で緊張していました。エレベーターの中でも妻はうつむいたままで、身体を小さくして両手でバッグを握り締めていました。

部屋のある階について廊下をY夫・私、S美と妻が並んで歩きます。
S美は緊張した妻に何か話しかけて緊張を解そうとしてくれました。

Y夫は部屋に入ると、冷蔵庫からビールを取り出して私達にも勧めて、一気に飲み乾しました。

 「じゃぁ、私達が先にシャワーを浴びます。」そう言って二人でバスルームに消えました。

シャワーの音が聞こえてきます。

私達夫婦に沈黙の時間が流れました。気まずそうに妻はうつむいて黙っていました。

[ 2014/03/27 09:50 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

妻の友達に誘われてスワッピングを

妻の友達に誘われてSWをしました。

私も妻も41歳です。
妻の友人は近くでスナックを経営している女性で34歳のとてもいい女です。
私もよく飲みに行くので顔見知りでしたが、その女性から
私に日曜日にSWをしないかと誘われました。

私は内心、ママを抱けると思うと嬉しくなり
妻を口説きました。妻は私の知る限りでは、結婚してから
私以外の男性を知りません。
妻は私から見ても、いい身体をしていて顔も40歳を過ぎて特に色っぽくなったように思います。

日曜日に彼女と彼女の彼氏?旦那?と思われる50歳くらいの男性と4人で
ホテムルに行きました。
女性同士の話し合いで別室プレイとなりました。

お互い相手を交代して部屋に入り、私が先にシャワーを浴び
次に彼女がシャワーを浴びました。
彼女がシャワーから出てきて

「ごめーん、生理になっちゃった。ごめんなさい」

ということで、私と彼女のプレイは無しになり、二人で
ビールを飲みながら話しをしていました。
[ 2014/03/27 09:39 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた2

前回のお話し

子供が中学生になったことがきっかけで、嫁の加奈子とはもう何年もセックスレスだった。
でも、俺にはキャバ嬢のセフレもいたし、特に不満もなかった。

浮気していながら言うのもなんだが、家庭は幸せそのもので、独立した仕事も順調で、本当になにも文句のない人生だと思っていた。

それがある日、俺が急に家に着替えに帰ったことから、崩れつつあった。

何気なくレコーダーに挿入されたままだったディスクを見ると、無修正のかなりハードなエロ動画だった。

アナルを犯され、男達に口もアソコも同時に貫かれている女には、乳首とクリトリスにピアスがあった。そして、ツルツルに剃り上げられた恥丘にも”恥女”という入墨があった。
それだけなら、嫁が過激なエロ動画でオナってるなぁという感想を持つ程度だったと思うのだが、動画に出ている女の声が、嫁の加奈子の声にそっくりだと気がつき、疑惑を持ってしまった。

色々あって、もう一度動画を確認したとき、加奈子の口元にあるほくろが、動画の女にはなかった。

心底ホッとして、今までの自分の不誠実な行いも、そろそろあらためる時だと思った瞬間、動画の中の女が口元の精子をぬぐい取った。

すると、さっきまではなかった、黒い点のようなものが映っていた、、、
慌てて画面に顔を近づけた瞬間、唐突に動画は終わった。
しばらく待っても再開せず、ディスクが停止した、、、


俺は、また再生して、問題のシーンで一時停止をした。
HD画質の動画だが、さすがに室内撮りの静止画像は、そこまでシャープではない。
ほくろ? 汚れ? 判断が付かなかった、、


天国から、また地獄に落ちた気持ちになったが、もっとシンプルな確認方法があると気がついた。
今日こそは、夜、加奈子を抱こう。そう思った。
裸を見れば、ピアスや入墨で、すぐにわかるはずだ。


そう思って、いったん家を出て、会社に戻り、仕事を終えてから帰宅した。

『あ、おかえり〜 今日は、トシ君コンパだってw 今度こそ、上手くゲットするといいねw もう出来てるから、ご飯食べよw』
加奈子が、笑顔で出迎えてくれた。
あらためて見ると、嫁は年のわりにはスタイルも良いと思った。
でも、何年も裸を見ていないというのは、考えてみればちょっと異常かもしれない。しかし、結婚して子供も育ってくると、結構ある話なのかも知れない。

服の上から見る加奈子のボディラインは、ガリガリという感じではないが、太っている感じもない。

そして、どうしても胸を見てしまう。もしかして、ブラの中では、乳首をピアスが貫いているのではないか、、、 そんな疑いを持ってしまう、、、


そして、二人での食事が始まった。
この前は、抱こうと思いながら寝てしまったので、先に宣言した。

「なぁ、加奈子、今日さ、、  久しぶりに、、その、、どうかな?」
妙に照れて、その上緊張しながら切り出した。
『ふふw 嬉しいw どうしたの? 本当に、久しぶりよね?』
「いや、その、、 もうアイツも大きくなったし、また昔みたいにさ、、 ラブラブでいたいなぁってw」
『じゃあ、早くしないと帰ってきちゃうかもねw お風呂先に入りますね。ちょっと飲んで待ってて下さいねw』
加奈子が、ビールを持ってきてくれた。

俺は、本当は一緒に風呂に入ろうと言いたかったが、あまりに久しぶりなのと、疑惑を持っていて緊張していたので、言えなかった。

でも、あっさりとセックスすることを受け入れた嫁。やっぱり、あの動画は別人だったんだな、、、 そう思った。


だけど、そこで記憶が途切れていた、、、

目が覚めると、寝室のベッドの上で、しかも朝だった、、、
『あ、おはようw 昨日は、久しぶりに抱いてもらえて、幸せでした、、』
加奈子が、そう言いながら、頬を赤らめてキスをしてきた、、、


えっ? まったく覚えていない、、、 一ミリも記憶がない、、、
曖昧に返事をすると、加奈子は
『でも、続けて二回なんて、あなたも若いんですねw』
と、嬉しそうに言った。


正直、パニックだった。
加奈子は、そのまま朝食の準備にキッチンに移動した。

俺は慌ててゴミ箱を確認した。
すると、ティッシュでグルグル巻きになったコンドームが2個出てきた。
精液の臭いもするし、セックスしたのは間違いないようだ。

ここの所、続けて、ビールを飲むと記憶が飛ぶ、、、
一度、精密検査を受けた方が良いのかも知れない。
不誠実な浮気をしている天罰が、俺の体の中で病巣になっているのかも知れない、、
そう思うと、ちょっと怖くなった。


でも、セックスをしたということは、加奈子の体は正常だったということだ。
どんなにベロベロに酔っていても、ピアスや入墨があったら、気がつくはずだ。

記憶が飛んだことへのショックと不安はあったが、加奈子が動画の女ではなかったことがわかって、嬉しかった。

パニックになりながらも、とりあえず冷静なフリをして食事をして、会社に出かけた。

自分の中では、嫁への疑いが晴れたが、体への不安が大きくなっていた。


仕事が落ち着いたら、とりあえず人間ドックに入ろうと思いながら、今まで通りに日々を過ごしていた。
嫁への疑いはなくなったけど、自分の体のことで不安になっていたので、結局セックスレスはそのままだった。
あの意識をなくした日、加奈子のことを2度抱いたらしいが、まったく思い出せない、、、


そんな日々を過ごしていたら、会社にレターパックが届いた。
私個人宛で、差出人が書いていない。
また胡散臭い通販か何かの案内かと思いながらも開けてみると、SDカードが一枚だけ入っていた。

なにも説明がなく、何となく不気味な感じだったが、とりあえずパソコンに挿してみた。
アンチウィルスソフトでチェックしてから開いてみると、mp4の動画ファイルだった。


何となく、嫌な予感がしながらも再生してみると、黒い画面にテロップが出た。
”この動画を見たことを、本人を含めて誰かに話したら、ネットにアップする”
それだけが書いてあった。


動画が始まると、あの女がフェラをしていた。
目隠ししていて、鼻から下しか見えないが、もう間違いなく加奈子だとわかった。
加奈子の特徴的なほくろが、この動画では、隠されることなくどアップで映っていた、、、


顔が目一杯アップになっているので、この前の動画とは違って色々とよく見えてしまう。
今回の動画はモザイクもないので、この前みたいにファンデーションでほくろが隠してあったとしても、充分に加奈子と認識出来たと思う、、、


自分の顔より長いくらいの大きすぎる肉棒を、口を目一杯に広げて奉仕する加奈子。
とてもじゃないが全部入らないくらいの長さなのに、根元までくわえている。
まさか、自分の嫁がディープスロートが出来るとは、想像したこともない。

『ぐぅぉっ! えぐぅっ! おぉぅぐぅ!』
喉奥までくわえ込み、吐きそうな声を出しながら、顔を真っ赤にしている加奈子。

あまりのことに、思考も動きも停止した。

加奈子は、目隠しの他に、どうやら後ろ手に何か拘束されているようで、手が使えない感じだ。


さっきの警告文の事からも、加奈子は無理矢理こう言うことをされている、、
何かで脅されながら、調教されている、、、
俺はそう理解した。
すぐに警察、、 いや、弁護士か、、 考えがグルグル回るが、ネットにアップされたらおしまいだ。ケツ毛バーガーの人などの、流出事件の顛末を見れば、一度流出したらもう取り返しが付かない、、、


俺の焦りや狼狽を無視するように、動画では派手にクチョクチュ音を立てながら、加奈子が口での奉仕を続ける。


「ほら、もっと気合いれてやれよw」
そう言って、カメラが大きくブレる。
どうやら、もう一人にカメラを渡したようだ。
横からの絵になると、加奈子が全裸なのがわかる。
無残に開けられた乳首のピアス。今日は、ベルというか、鈴みたいなものがぶら下がっている。
アングルが変わってすぐにわかったが、このレイプが行われているのは、我が家のリビングだ、、、
見慣れた部屋、見慣れた家具、見慣れた床の上で、このレイプが行われている、、

すると、くわえさせていた男が、加奈子の頭を両手で抱えるようにして、腰を振り始めた。
その長いチンポを限界まで引き抜き、また一気に押し込む。
それを、高速で繰り返す男。
オロロロロォ とか、ズビィとか、およそフェラをしているときの音とは思えない、派手な音が響く。

『ぐぅえぇウゥッ!! ぅえぇっぐぅえっ!!』
加奈子は、顔を真っ赤にして吐きそうな声でうめき続ける。
男は、まったく手加減なく、そのままガンガン腰を振る。

そして、一番奥まで押し込んだ状態で、男が腰を回すようにさらに押し込み始めた。
『ぐぅっんっ!!!! ぅぎぃっ!!』
加奈子が、真っ赤を通り越して、黒っぽくなったような気がするほど顔を紅潮させる。

男は、何も言わずに腰を押しこみ続ける。


すると、口とチンポの隙間から、凄い勢いで吐しゃ物が飛び散る。

男は、すぐにそのままチンポを抜くと、
オロロロォッ!! オエぇぇっっぐぅっ!!
と、加奈子は吐き続けた。


こんな風に、嫁がゲロを吐かされるところを見るなんて、一生ないはずだった、、、


鼻水と吐しゃ物でドロドロになった顔。目隠しで見えないが、おそらく涙も流していると思う。

だけど、男は容赦なく、
「汚ね〜w ほら、休むなってw」
と言って、またそのドロドロの口の中にチンポを突っ込んだ。
同じように、ガンガン腰を振る男だが、さっきとは違ってそれほど奥まで突っ込まない。
唇に、カリがひっかかるくらいのストロークで、腰を振っている。


カメラは、その様子をアップにして映し続ける。
時折、嫁の体にもカメラがむくが、胸から下半身にかけて、吐しゃ物でドロドロになっている。
そんな中でも、乳首のピアスがイヤでも目に付く。
加奈子が頭を振るたびに、チリンチリンと間抜けな音がする、、、


加奈子は、それが何かわからないが、なにかしらの弱みを握られて、無理矢理調教をされている。
乳首にあんなものまでぶら下げられて、今は映っていないが、クリにも同じようにピアスを開けられて、恥丘に入墨まで、、

どうやって脅されているのだろう? 何がネタなんだろう?

だが、一番情けないのは俺だ。こんなになるまで酷い目にあっている加奈子の事を、まったく気づけなかった、、、


それなのに、俺はキャバ嬢とやりたい放題だった、、、
罪悪感で死にそうだ。


「よし、イクぞ〜 口開けろw」
軽〜い感じで、楽しそうに言う男。


すると、加奈子は目一杯口を開けて、舌を限界まで伸ばす。
その舌の上に、思い切り白い精液をぶちまける男、、

何度も同じ事をしているからか、男の射精は寸分違わず、すべて加奈子の口の中に収まった。


舌の上に乗っている精液、、、

「よし、飲み込めw」
男が言うと、加奈子は口を閉じて、ゴクンと喉を動かして飲み込んだ。
そして、口を開けて口内を見せる加奈子。
口の中には、なにもなかった、、、


嫁が、こんなにも酷い目にあっているのに、若いキャバ嬢と浮気を続けていた俺。
自己嫌悪と後悔がとめどなく湧いてくる。


すると、画面の中で加奈子が動いた。目隠しされている状態だが、手探りで男のチンポを探す。
そして、探り当てると、そのまままた口に含んだ。
だけど、見間違いだとは思うが、くわえる瞬間に加奈子の口が笑ったように見えた。
そして、イッたばかりの男のチンポを、丁寧に舐めて清めていく加奈子。
俺がバカだったばかりに、加奈子はこんな事までするほどに調教されてしまっている、、


もう、取り返しが付かない、、、 どうすればいいのかわからない、、、


「そんな気合い入れて舐めたら、また立っちまうw」
『だって、立たせてるんだしw』
「マジで好き者w どっちに欲しい?」
『わかってるくせにw ダブルでw』

「ウイスキーじゃないんだからw」
カメラを撮影している男が言う、、

なんだこれは、、 無理矢理脅されて、レイプされている、、 そのはずだ、、、
嫁はもしかして、、、

ここでハッと気がついた。
俺は、また罪を重ねるところだった。
男達に、酷いことをされないように、加奈子なりに必死で演技をしている。
ちょっと考えれば、すぐにわかることだ。
それなのに、加奈子を疑ってしまった、、、

自己嫌悪で死にそうだ。


男が、加奈子の目隠しを外した。
やっぱり、加奈子だった、、、
いつも見慣れた加奈子の顔。それが、精子や唾液や吐しゃ物でドロドロになっている。


もう、心が折れそうだ。
しかし、すべて見なければ、、、


加奈子は、笑顔で
『じゃあ、とりあえずこっちにw』
といって、立ちバックの姿勢になり、お尻を高く上げる。

そして、ビラビラのピアスから伸びているチェーンを握り、左右に広げた。
『早く、入れてw』
演技とはいえ、見ているのが辛すぎる。
酷い目にあわないために、加奈子がここまでしている、、、


お尻を高く上げて突き出し、チェーンを広げるているところを、カメラがアップにする。
ビラビラにいくつもピアスがぶら下がっていて、そこにチェーンが連結されている。
そして、ツルツルに剃り上げられたアソコは、クリトリスが剥き出しだ。
完全に包皮を切除されている感じで、クリトリスはやたらと大きく見える。
そして、クリトリスにまでピアスが貫通している、、、

そして、加奈子のアソコからは、驚くほどの量の秘蜜が溢れ出ていた。
一瞬、また加奈子を疑いそうになってしまった。
感じてるから、濡れる。
そんな事をまた考えてしまいそうになった。


そんなことを考えていたら、すでに男がチンポを挿入していた。
『ヒィやぁっんっ♡ 来た来たぁ♡ ケンジの極太チンポ来たぁ♡』
加奈子が言う、、、


もう、見ているのが辛い、、、 耐えられない、、、

「ホント、スゲぇなw じゃあ、移動するかw」
男はそう言うと、バックでつながったまま歩き始める。
つながったまま、ヨタヨタとリビングを歩き始める加奈子。

『キャンw ちょっとぉw もっとゆっくりw』
でも、楽しそうですらある加奈子。

そして、ダイニングテーブルに移動してきた3人、、、


俺が映っていた、、、

テーブルに突っ伏して、寝ている俺、、、

「ちょっと、量多すぎたんじゃね?」
『だってぇ、起きたら困るでしょ?』
「酷ぇ女w」

3人が、楽しそうに話をする。

これは、どうやらついこの間のことらしい。
酔って意識をなくしてしまった俺、、、
おかしいと思っていた。
俺が、そんなに弱いはずがない。


まさか、何か飲まされて眠らされていたとは、、、

『もう、いいから早くガンガン突いてぇw』
「マジかよw 旦那の横で発情するとかw」
「オラ、イクぞw」

チンポを挿入していた男が、あきれたように笑いながら、腰を振り始めた。
杭を打ちつけるように、極太のチンポを加奈子の膣中に叩き込む。

『おぉあっ! ヒィッ! ヒィん♡ ハン♡ はぁぁんっ! あふ♡ もっとぉ♡』
甘い声であえぐ加奈子。
男は、後ろから羽交い締めみたいな感じにしてガンガン突き上げる。
そして、そのまま少し加奈子の体の向きを変えて、俺の本当にすぐ横に手を付かせる。

『ダメェェっんっ! お、起きちゃう! 起きちゃうからぁッ!!』
「そっかw じゃあ、ソフトにw」
男はそう言うと、あれだけ激しかった腰の振りを、本当にゆっくりにした。
そして、チンポも全部は入れずにストロークしている感じだ。

『うぅっ、、 うっ♡ ぅ、あぁっ! ヒィンッ! あフゥ♡』
さっきよりも、かなり抑えめのあえぎ声になる加奈子。

画面の中の俺は、まったく身動き一つしない。すぐ横で、嫁が他の男に犯されているのに、何一つ気がつけずにいた俺。

男は、ゆっくりと腰を振り続ける。

『、、うぅ、、 ダメぇ、、 こんなんじゃ全然ダメだよ、、 もっと奥までぇ! ぶっといの奥までガンガンしてぇっ!』
「やっぱりこうなるw いいの? 起きてもw」
『だ、大丈夫! 大丈夫だからぁッ! 倍の量飲ませてるから、、 絶対に起きないからっ!!』
「倍とかw 殺す気かよw まぁいいや、ほら、お前も来いよw」

すると、カメラがサイドボードに置かれて、固定アングルになる。俺を挟むようにして、男二人が加奈子の上下の口を犯す。

『ンぐっーーっっ!! ぐうっーーっ!!』
口をふさがれても、大きくうめく加奈子。


男達の動きに合わせて、加奈子の乳首のピアスにぶら下がったベルがチリチリンと鳴り続ける。


「あぁ、ヤベw もうイクわw」
そう言って、無造作に加奈子の中に注ぎ込む男。

「お、じゃぁ、こうた〜いw でも、俺はこっちw」
口を犯していた男が、イッた男と交代する。


そして、口を犯していた男が、その長いチンポにローションを塗って加奈子のアナルに押し込んでいく。


加奈子のアナルは、特にほぐしたりもしていないのに、ブラックカイマン(web参照)よりも大きなチンポをあっさりと、、、 本当にあっさりと飲み込んだ。

『ンぎぃんっ!! 来たァッ!! おチンポ凄いぃっ!! ンぎぃっ!! おふぅん♡ はぁ♡ はぁぁ♡ クあぁっ!!』
ダイニングテーブルの、俺が突っ伏しているすぐ横に両手をついて、立ちバックでアナルを犯されている加奈子。
「マジかw 起きるぞw」
『起きてもいいからぁッ!! もっとぉッ! もっとぉ♡ おチンポもっとぉっっ!!』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

[ 2014/03/26 00:58 ] 嫁がエロビデオ隠してた | TB(-) | CM(-)

妹の彼氏と満員電車で

優良は満員電車で揺られていた。
真から残業用の書類を会社まで届けてほしい、との電話がありそれを届けた帰りである。
だが、普段は電車を使うことがない優良は、ラッシュの凄さを知らなかった。
バーゲンとは違った人の波にのまれそうになった時、
横からグイと手を引っ張られ、列車のスミに押し込まれた。
思わず声をあげそうになった優良だが、引き込んだ人物の顔を見て安心する
「・・・山田くん?」
「や、大変そーでしたね。おねーさん」
「どうしてこの列車に?」
「それは俺の聞きたいことなんすけど。いいや、俺はこれからバイトっす」
「ああ、ゴメンね。私は・・・」と事情を説明する優良。
「真さんも大変っすね。おねーさん最近寂しいんじゃないっすか?」
「ええ・・・でも、真さんもお仕事頑張ってるだから我慢しないと」
「優良さんらしい答えで。というか、さっきはおねーさんの方が大変そうだったけど」
「電車ってこんなに人が多くなるのね。私知らなかったわ」
「この時間帯は時間を気にしないならバスの方がいいっすよ。俺は急ぎだから仕方ないけど」
「へ~」
一見他愛のない会話だが、結構内心焦っていた。いや、山田の方だけなのだが。
というのも、山田は直前まで梨香とSEXをしていて、
バイトの時間に遅れそうなことに気づきシャワーも浴びずにこの電車に駆け込んだのだ
SEX後の匂いが出てないかも気になるが、もう一つ焦る要因が優良のカラダ。
[ 2014/03/25 12:51 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

半同棲の彼女が他の男としてるのを見た

大学時代の話です。付き合ってた彼女(M)は
当時2年ほど付き合ってた彼女です。

彼女は身長150センチかなりちっちゃめ、体型普通。
おっぱいはBとCの中間C寄り。

彼女は大学1年生の夏休みに付き合い始め、
お互い大学の近くに住んでたのでほぼ半同棲状態でした。
もちろんそれぞれのアパートはありましたが。

俺は彼女と付き合うまでにも何人かHしたことはありましたが、
彼女はマジメな性格でしたので、付き合ったのは俺で二人目、
Hは俺とが初めてでした。

すごくつくしてくれるような彼女で、めっちゃ料理がうまい子でした。
あー、もう一回Mの作った飯が食いたい・・・。

3年生の夏休みのことです。
俺は当時、ダイニングバーのキッチンのバイトを始めたばかりでした。

彼女にはある程度料理がうまくなってからやってることを言おうと
思っていたので、彼女にはバイトを始めたことを隠してました。
[ 2014/03/25 12:42 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

2ヶ月続いた義姉(兄嫁)との関係

去年くらいの出来事、2ヶ月くらいにわたって
義姉(兄嫁)と関係がありました。

一番最初に関係を持ったときのことを書きます。

以前より、巨乳でエロイ体をしている義姉を抱きたいと思っていたので
夢のような2ヶ月でしたw

俺28歳 既婚 当時嫁は妊娠中
義姉29歳 子供いる 152cm48kg FかGの巨乳 モデルのりんかに似てる

きっかけは義姉がお金を下ろしてくるのを忘れ、
お金を後日渡すので少し貸しておいて、
と俺にお願いしてきたことがきっかけでした。

以前にも似たようなことがありそのときからメールの返信で
「利息は高いよぉ~」などと送ると

「体で返すわぁ」
と返信があったので、今回も同じように送信!

するとやはり「体で返すわぁ~」
と返信がきたので、兄に告げ口されると兄弟の縁も無くなると思いながらも
[ 2014/03/25 12:36 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

夫のいとこの高校生と海辺でふたりエッチ

海を見て、優良は、やっと物思いから開放されたような気がした。
 優良は、東京から2時間ほどの、ある小島に来ていた。ここには、真の父の実家がある。真の祖父母は、真と優良が結婚する前に亡くなり、今はその家には、真の父親の弟、つまり叔父の家族が住んでいる。家のすぐ近くには、小野田家代々の墓があり、少年時代の真は、夏休みになると遊びに来て、海で泳いだり、かぶと虫を捕って過ごしたという。今年の夏は、真の仕事が忙しく、まとまった休みがとれそうになかった。そこで、墓参りがてら、真の叔父の家で、短いバカンスを過ごそうということになったのだ。真は、今日の夕方、東京から着くことになっている。一足先に出発したら、という真の提案に、優良は、甘えることにした。一日でも早く東京を離れたかった。山田をできるだけ避けたいというのは、もちろんだが、ずるずると、あのまま流されていきそうな自分が恐ろしかった。
「ほんと、きれいな所ね、連れてきてくれてありがとう」
 優良は、かたわらの少年にほほえみかけた。少年は、まぶしそうな顔をして、はにかむ。真の従兄弟、高校生の真一だ。右腕に包帯を巻いて、首から提げている。自転車の無理なこぎ方をして、転んで骨折したのだという。遊びにもいけず、ひまそうにしていた真一に、優良は、砂浜への案内を頼んだのだ。案内といっても、叔父の家からこの小さな砂浜までは、歩いても5分ほどしかかからなかった。
 優良が、いきなりTシャツを脱いだので、少年は、あわてて目を背けた。もちろん、シャツの下は水着だ。
(ちょっと、大胆だったかしら……)
優良も、少し顔を赤らめた。光沢のある生地の水色のビキニは、今年の六月に東京のデパートで、真と一緒に選んだものだ。優良のこの水着姿は、真も、まだ見ていない。真一の真っ赤な顔を見て、悪いとは思いながら、優良は、くすくすと笑ってしまった。
(かわいいな。真さんも、こんな感じの男の子だったのかしら)
 真一とは、東京で行われた優良たちの結婚式で会って以来だった。そのときの真一は、まだ半ズボン姿の小学生だったのだが、今や身長は真と同じくらいで、高校の剣道部だという少年は、細身ではあるが、すっかりたくましい体つきになっていた。
[ 2014/03/24 10:24 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

見た目草食系男子に、お尻の処女奪われた

27歳のOLです。木村多江さんに似てるって言われます。
細くてAカップの貧乳ですけど・・

3ヶ月位前、女子3人で飲んでて、隣のテーブルの男3人の学生と
意気投合して一緒に飲みました。

帰りは、タクシーにB子と爬虫類系の顔した大人しい草食系男子の21歳の剛君・・
綾野剛君にちょっと似てた・・と3人で相乗りした。

B子が最初に降りて、次は剛君。剛君に二人っきりになると突然キスされ、
「家においでよ・・」と言われ、

思いがけず上手だったキスにうっとりしちゃって一緒に降りて彼の部屋へ。
ちょっと前に彼氏と別れて寂しかったのかも・・。

二人になると超肉食系の剛君。部屋に入るとキスされ・・
うっとりしてる間にアッという間に全裸にされてた。

女慣れしてる剛君。貧乳をねちっこく吸われて・・
クリちゃんを舐められただけで軽く逝っちゃった。

剛君の細マッチョのカラダとは不釣り合いな太くて長いオチンチン。
咥えきれない程だった・・。
[ 2014/03/24 09:57 ] 女性の体験談 ロストバージン | TB(0) | CM(-)

パチンコ屋で知り合った人妻と

この話は、10年ほど前の事ですが、
僕が長距離トラックの運転手をしていた時です。

僕は妻と子供の3人家族でした。

しかし疲れて車庫に帰ると毎回、妻以外の女を抱いてみたいな
と考えてしまいます。

すると同じ会社の者が、休みの日にパチンコ屋で女性と知り合いになって
今日の昼から待ち合わせをしていて

女性が一人では嫌なので女友達を連れてくと言っているので
僕に一緒に行ってくれないかと言ってきた。 

僕は期待はしていないが一緒に行く事にした。
そして行く途中、彼に女性の事をたずねた。

そして彼が言うには、パチンコ屋で知り合った女性は
28歳の主婦で旦那と子供は2人いるらしい。

そして顔やスタイルは見れたものではないらしい。
僕はそれを聞いても何も言わなかった。

そして期待度は0%だと思い完全にあきらめた。
[ 2014/03/24 09:53 ] 男性の体験談 人妻との体験談 | TB(0) | CM(-)

駅前で酔っ払った女子大生3人組をゲット&中出し

俺(S)が独り暮らしの男友達(T)宅へ泊まりに行っているときに、
駅の近くで女子大生3人が居た。

1人は酔いつぶれていて動けず、2人が困っているという感じであった。

俺らは声を掛け,周りに休める場所もないことから
T宅に来ないかと誘った。

困惑していたが,回復する様子もなかったので、
結果T宅に来ることになった。

酔いつぶれた子は俺とTで介抱しながら歩いたが、
その子は結構胸があるのが、抱えながらの感触でわかった。

T宅に着くと1人が明日もあるからと帰っていき、
酔い潰れている子ともう1人の子だけT宅に入った。

酔い潰れた子をベッドに寝かし、座って雑談。
彼女らは女子大の2年生で、
酔い潰れた子は「優実子」、もう一人の子は「美里」というらしい。
[ 2014/03/23 13:19 ] 男性の体験談 中出し孕ませ体験談 | TB(0) | CM(-)

超美人の会社の後輩にしてもらった話

女友達というか、会社の後輩にしてもらった話。
16歳年下で俺既婚......

俺三十代既婚、彼女二十代独身。
彼女、目パッチリ鼻筋通って唇ぽってりの、まあいわゆる超美人。

髪の色が結構明るいので、夜見ると
銀座の高級クラブのお姉さんに見えなくもない。

こんないい女なのに彼氏なし......何故かと言うと、
父が同じ旧財閥系企業の元役員という事もあり、
なかなか皆手を出しづらいようだったから。

見た目は凄いんだけど、育ちが良いのか
中身は結構素朴で感じの良い女の子だった。

ある飲み会の二次会、既に大半は帰宅して
残り五名の中に彼女はいた。

この二次会も終わりかけの頃、彼女が皆に提案、
三次会行こうって......

翌日普通に仕事なんで、俺含め皆敬遠気味。
後で聞いたんだけど、彼女、晴れて社会人になって
一人暮らしを解禁され、羽を伸ばしまくりたかったらしい。

奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした13

嫁のユキとは、結婚してまだ1年程度の新婚です。
付き合いだしてから数えても、まだ3年も経っていないので、まだまだラブラブで毎日が楽しかったです。

それが、ちょっとの好奇心で、とんでもないことになりました。
ユキがパートしていたパン屋さんのお客さんで、料理教室みたいな事をしているマコさんと、嫁はプライベートでも仲良くなりました。
そして、マコさんの旦那さんのケイスケさんも交えて、4人で遊ぶようになりました。

色々とあって、結局、夫婦交換というとんでもないことをするようになってしまいました。
ただ、お互いに公認で、秘密なしで行われるそれによって、嫉妬心を刺激されたり、相手に対する思いやりや執着心がよみがえったりで、夫婦仲はより良くなりました。

異常な行為であることに間違いないと思いますが、4人にとっては楽しく刺激的な、ひとときの非日常でした。


ところが、マコさんによって、嫁のユキとケイスケさんが密会しているところを見せられました、、

リアルタイムの動画で、ユキとケイスケさんのセックスを確認していると、心が壊れそうでした。
しかも、僕と電話をしながら、ユキがケイスケさんの上で騎乗位で腰を振り、僕と話しながらケイスケさんの中出しを受けました、、

その一部始終を動画で見ていた僕は、狂ったようにマコさんを抱き、中出しを何度もしてしまいました。


そして、どうして良いのかわからないまま、重い足取りで家に帰ると、
『遅いよぉ〜〜! もう、我慢出来ないよぉ〜!!』
と、ユキが玄関で僕に抱きつき、押し倒してきました。
そして、そのままキスをしてきたユキ、、 歯磨きの良い匂いがします、、
そして、体からはボディソープの良い匂いがしました、、、


ついさっきまで、ケイスケさんとセックスをしていたユキ、、、
その臭いを消すために、歯磨きをしてシャワーを浴びたユキ、、

僕は嫉妬で狂ったようにユキを抱きしめ、キスをして舌を絡めました。
『ぷあぁ、 どうしたの? 凄く興奮してるみたい。浩くんも、我慢出来なかったの?w』
そう言って、少しからかうような感じのユキ。
僕は、黙ったままユキをお姫様抱っこにして、寝室のベッドまで運びました。


続きを読む
[ 2014/03/22 23:12 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

レイプされそうだったけど、レズの人に助けられた

1: 投稿者:玲奈 投稿日:2011/07/16 04:18:27

10年前、小学5年生だった私は下校途中の公園で、知らないおじさんに
「ペットのハムスターがこの中に逃げたので、一緒に捕まえるのを手伝ってくれないか?」
と身障者用のトイレに誘われて、バカな私はまんまと引っ掛かり、中で猿轡をされ服を脱がされ、手足を縛られ
「きれいな身体をしているね、今からおじさんの玩具になるんだよ」
と言われ、胸をまさぐられアソコを舐められました。

舐められ続けて、恐怖心ながらも少し気持ち良くなりはじめた頃、ドアが叩かれ
「中に入ってる人!出てきなさい、警察呼びましたよ。」
と女性の声がしました。
すると男は慌てて、にげていきました。
「危なかったね、男と入っていったのを見て危険と思ったの。怖かった?」
と言いながら、私のアソコを撫でてきます。
「クチュクチュいっているね、気持ち良かったの?」
私が首を縦に振ると、足の紐をほどき服を持って
「隣に行くよ。」
と誰もいないのを確認して、女子便所に入りました。


「たっぷり可愛がってあげるね、あなた可愛いからいろいろしたくなっちゃう。」
と指でアソコを撫で始めます。
眠くなったので、続きはまた書きます。
[ 2014/03/22 22:58 ] 女性の体験談 女同士での体験談 | TB(0) | CM(-)

車ぶつけたら、人妻3人とやれた

もう、10年以上前の話です。

その頃僕は19歳でした。

ある日、車を車庫からバックで出していると、

お向かいのご主人の車と接触してしまいました。

とりあえず車から降りて謝ったのですが、

すごい剣幕で許してもらえず

夜、家に来いと言われました。
夜になって菓子折りを下げて行くと、

ご主人は酔っており、上機嫌でした。

僕の隣家の奥さん(後家でした)の本田さんと5軒くらい先の真崎さんの奥さん

も来ており、

ご主人(山口さん)の奥さんと4人で飲んでいました。


(うちは市営の住宅に住んでいました。)

ご主人は今度はあっさりと許してくれて、

修理代もいらないとのことでした。

仲直りの意味で一緒に飲もうと言われて、

楽しく飲ませていただきました
[ 2014/03/22 22:55 ] 男性の体験談 人妻との体験談 | TB(0) | CM(-)

買い物に街に出たら、中学の時の同級生と出会って2

あれから何日過ぎただろうか。壊れた映写機が同じ場面ばかりを繰り返し写し続けるように、あの日の出来事は絶えず私の脳裏をかすめていた。それを私は飽きる事無く見続けていた。その反面で、早くそのシーンがセピア色に越せてしまう事を願っていた。

 私はもう、望みみちるでは無い。紺野くんに想いを寄せていてはいけないのだ・・。私はその場面を消し去ろうと、毎日の家事仕事に没頭していた。そんな折、何かの悪戯だろうか。主人の一泊の出張が決まった。私は主人が出掛けるのを待つようにして、彼の携帯電話を鳴らした。

 色あせる事を願っていたはずなのに、このコールが今彼の耳に届いているかと思うと、あの場面は色付き息を吹き返すのだった。「もしもし・・」彼の声。

「もしもし、望月です。会いたいの、今すぐ会いたいの」電話の向こうから聞こえていたノイズが消えた。彼は静かな場所に移動してくれたのだろうか。「望月か。もう電話なんてくれないと思っていた、嬉しいよ・・」

 彼の声が耳を通って心臓を直撃する。私はなんてつまらない意地を張っていたのだろう。「ねぇ・・会いたい」私はもう一度彼に想いを伝えた。「いいのか~」彼は押し殺した声でいった。

「ええ」午後八時にホテル。約束を取り交わして、私はそっと受話磯を戻した。
[ 2014/03/21 12:16 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

買い物に街に出たら、中学の時の同級生と出会って

今思えば、私があさはかだったかもしれない。私の軽はずみな行動が、まさか、こんな因果になって我が身にふりかかるとは思ってもいなかった。私は今、後悔の念に打ち振るえ過去を呪い、自分を戒めている。もしも、1度だけ奇跡が起こるというのなら、私は時を戻したい。過ちを犯す前の、あの平凡な時間に。そう・・・あの男に再会する前の日に。

 あれは、新宿に買い物に出た日の事だった。知人の結婚祝いを見立てて来るよう主人に言われ、デパートでブランドもののバスタオルセットを購入した私は、その包みを抱えて駅へ向かって歩いていた。平日の午前中だというのに、通りは往き交う人達で真直歩く事さえ難しい。

 私は包みをなるべく傷付けないよう、ぬいながら人波をくぐつていた。「望月~ 望月だよなぁ」私は不意に後ろから名前を呼ばれ、振り返った。「やっぱり望月みちるだ。すぐ判ったよ」私を見つけて嬉しそうに笑っているその人は、中学時代の同級生だった。

「こ、紺野くん・・!?わぁ、久し振りね。元気い?」私は、この懐しい顔に思わず駆け寄った。「何やってんだよ、買い物か~」紺野くんは、私の抱えている包みを見て言った。

「うん、主人に頼まれちゃって・・」私は懐かしさの反面、少し照れくさくもあり下を向いた。
「主人・・て、結婚したのか。そうだよな、俺達もう二十八だもんな。もうガキの一人や二人居てもおかしくないか」

 紺野くんはそう言って、昔とちっとも変わらない顔で笑った。「紺野くんは~」「俺か~ 俺はまだまだ。仕事が忙がしくってね」「そう。お仕事なにしてるの~」「うーん、そうだな。映像関係・・ってとこかな」
[ 2014/03/21 12:12 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

バイト先に女子大生4人組が入ってきた!

俺の大学時代の話。バイト先の友人鈴木と俺は同じ年でもあり特に仲がよく、良くつるんで遊んでた。大学一年の正月明け、新しいバイトが入ってきて、それが女子○生4人組。美幸と純子、美奈、真紀だった(皆仮名) 全員1年生で俺たちとは3歳違いだがこの頃の3歳違い、それも大学生と高校生ではかなり大人と子供、という感じだった。



 そんな中、その中の一人美幸におれは徐々に惹かれていった。美幸は4人の中では飛び切りの美人、ふっくらした輪郭に大きくて可愛い眼、化粧をしなくても色っぽい唇に腰まで伸びた黒髪。スタイルも俺好みのちょいぽちゃで、身長も150あるかないか、そのくせ胸は大きく90以上のDはあっただろう。

 話をしていても活舌良くはきはきしていて、ちょっとした下ネタにも明るく返せる性格。俺の理想にかなり近かった。そんな中バレンタイン近くのある日、鈴木と美幸がどうも怪しい感じがしたので純子にふと聞いてみたら「鈴木さんが告ったらしい」との話。やられた~と思いつつ、こればっかりはしょうがない。鈴木が強引に迫ったならまだしも、普通に告って美幸もそれを受け入れたんだから。


 その後は俺は鈴木に気取られないよう、また美幸との間にも変にギクシャクしないよう、必死に平静を装いながら接していた。春休みに入ったある日、鈴木から「4人で遊びに行かないか」との誘いがあった。メンバーは俺と鈴木と美幸と純子。美幸と純子はバイト先で知り合ったらしいが俺と鈴木同様、意気投合して今や親友なんだとか。

 その日は俺の運転する車でドライブしながら景色を見に行ったり、ショッピングに行ったりと、仲の良いグループ交際の様相。純子も見た目は少々大人し目で積極的に話をする方ではないが、こちらの振った話にはきちんと乗ってくる性格で、印象は悪くなかったんだが。

 夜になり居酒屋→カラオケの定番コースに入ると、鈴木と美幸はべたべたくっついてどうみてもバカップル。鼻の下を伸ばした鈴木は初めてみたが幸せそうだった。俺と純子は何となく着かず離れず、俺は特に意識せずいつも店で接する感じで接していた。カラオケの途中鈴木と美幸が二人で部屋を出て行った。残された俺は「なんだかな~」と思いつつ純子とデュエットしたり盛り上がっていた。
[ 2014/03/20 10:12 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

バイト先の31歳のお姉さんに筆おろししてもらった

俺は18歳の時にバイト先の一回り以上年上の31歳のお姉さんに筆おろししてもらった。見た目は中の中で程々だけど清楚系、どう見ても20代中頃にしか見えなかった。俺好みな人だったんで一回告白したが、歳が離れてるって理由であえなく撃沈。せめて思い出だけでもと12月の飲み会の帰りに、彼女の車で送ってもらってる車中で筆おろしをお願いしまくったらokでたw


「今は心の準備が出来てないから明日で良ければ・・・」と言われ、俺には当然異論はなく約束した。彼女の裸を見て感じたのが、普段体型が目立たない服装ばかりで気付かなかったけど、かなり着痩せするタイプでスタイルも抜群。身長153、体重41、Dカップバストだったことが後日判明。

 そして約束を一日ずらした理由が下着が普段物で恥ずかしいから。だと。当日は俺なんかの為に総レース物の白の上下を身に着けてた。手取り足取りレクチャー、フェラまで初体験、しかも「おちんちん大き過ぎない?」なんてお世辞までいただいて既に天にも昇る気分w

 でも、いざ挿入して腰振っても逝けない。オナニーの変な癖が原因なのか、遅漏という事が判明orz 彼女が気持ち良いと言って教えてくれた腰振りを続けてたら、彼女の方が先に逝ってしまったw 一緒にお風呂入って仕切りなおして2R目突入。今回も彼女が先に逝ってしまうが、今度は俺も逝きたかったので続けた。


 休み休み1時間ほど続けたが俺は逝けずじまい。その間逝きまくった彼女からヘロヘロになりながらギブアップ宣言が出る。次の勤務の日、彼女の様子が変だと思ったら帰り際に呼び出された。今も俺が前に告白した時と同じ気持ちなら付き合って欲しいと、逆に告白され恋人に昇格\(^o^)/
[ 2014/03/20 09:57 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー