月別アーカイブ  [ 2013年09月 ] 

≪ 前月 |  2013年09月  | 翌月 ≫

混浴温泉に酒持ってったら乱交に

422 名前: ホント度30% 投稿日: 02/07/27 20:44 ID:derjXm1F
この間、彼と西伊豆にある混浴の無料温泉に行きました。
誘ったのは彼でした。混浴というのは不安もあったけど、夜中に
出かければ誰も入ってこないとそこに何回も行っている彼が言うし、
無料だから気軽ということで行くことにしました。
夜中の3時頃温泉につきました。
そこそこ広くて、脱衣場もあって、
よさそうなところでした。薄暗かったですが、かえって安心しました。
そして、やはり誰もいませんでした。
割と長旅(東京から行ったので)で少し疲れていたこともあって、
彼と私はすぐ服を脱いで、温泉につかりました。
どこからでも見えそうな露天風呂に裸で入っているのが、
ちょっと 恥ずかしかったけど、
温泉がぬるめでとっても気持ちよかったので、
そんな気持ちはすぐに無くなっていきました。
温泉につかってしばらくすると、
彼が私の体を触ってきましたが、 適当に払いのけながら、
すこしじゃれあったりして楽しんでいました。

【続きを読む】
[ 2013/09/28 12:44 ] 男性の体験談 温泉での体験 男性 | TB(0) | CM(-)

隣の部屋から奧さんのあえぎ声が聞こえてきた

俺は高校3年で、今日は振り替えで学校が休みという事もあって、ずっと部屋にこもってモンハンをやり続けていた。
両親とも仕事でいないので、ひたすらゲームをし続けていた。


没頭するために、イヤホンをつけてやり続けていたが、ちょっと疲れて休憩しようとイヤホンを外した。
すると、俺がもたれかかっている壁の後ろから、なんか声みたいなモノが聞こえてきた、、、


俺の部屋は、マンションの隣の部屋と隣り合っているので、お隣さんの声だと思った。
お隣は、小学生くらいの子供がいる30過ぎくらいの夫婦が住んでいて、とても感じが良い。
子供も愛嬌があって、顔が合うと挨拶をしてくるし、旦那さんも優しそうなイケメンだ。

そして奧さんは、子供の歳から考えると、たぶん30歳は過ぎているはずだけど、かなり若く見える。
ちょっとおっとりしたような感じの童顔で、年上の人妻さんにこう言うのも変かも知れないが、可愛らしい人だ。
そのくせメチャメチャ胸が大きくて、外で挨拶されると、思わず目のやり場に困るくらいだ。


ただ、奧さんは自分の胸の大きさを忘れているというか、無頓着で、俺がたまに犬の散歩をしていると、無造作に前屈みになって犬をなで回したりする。

そうすると、ブラと胸が丸見えで、メチャメチャ興奮する。
ロリ顔の巨乳人妻の胸チラは、童貞には刺激が強すぎて、何度かおかずにさせたもらった、、、




【続きを読む】

高校の時のセフレと、再び激しく

彼が高校生の時にセフレになり、卒業と同時に終わりになりました。

大学生になった彼は、隣県で一人暮らしを始め大学に通っていました。
別れた数ヶ月は何度、彼の所に行こうと思った事か・・・
でも寸前で思い留まっていました。


月日は流れ、その年の暮れの事でした。
お馴染みの商店街で買い物をしていると、八百屋のご主人から耳寄りな話を聞きました。
彼が帰省すると言う話です・・・その八百屋の次男さんが彼と同級生で仲良しで、先日帰省するような事を電話で言っていたそうです。

【続きを読む】
[ 2013/09/27 13:20 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)

妻と不倫相手の奴隷になった私

妻は38歳、とてもスレンダーで若く見える。
生保の営業をやってる妻はいつも8時ごろ帰宅の準備をする。
たまたま自分の仕事の関係で近くを通ったんで、ついでに迎えて
一緒に帰ろうかと思い、妻の会社まで行ったら、
ちょうど事務所の明かりが消えたところだった。
もういないのかな? と思って、出口の方に目をやると、
妻が40歳ぐらいの渋い男性と出て来たところだった。
すぐに声を掛けて見ようとすると、なにやら二人の様子がおかしい。
手をつないでいたのだ。


【続きを読む】
[ 2013/09/27 13:14 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

吹奏楽部の先輩の美奈さんと

360 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2009/02/16(月) 15:11:37 ID:CArZQKo10
ちょっと昔の話なんだけど。
俺的には物悲しいというか人生で最大限のエロ体験な話。

高校の時に吹奏楽部だったんだけど、同じパートの先輩にかなり可愛い先輩がいた。
学校によるだろうけど吹奏楽部っつーと女子が多いじゃない。
で、比率的に可愛い子もそこそこいる訳だが俺の一つ上の代は特に可愛い先輩が結構いた。
で、その先輩は仮に美奈さんとしておくけど
その美奈さんは部活には厳しいけれどもその中でもかなり可愛い先輩だった。
背は小さいんだが背筋が伸びてて肩より少し短めの髪型で真面目そうで、はきはきしたあっけらかんとしたタイプというか。
そのくせ私服だとアメリカの女子高生みたいな赤のチェックのスカート履いたりと可愛い格好してたり。

で。
まあ俺はやられた訳ですよ。先輩に惚れた訳です。その頃は純情な高校生だったし。無理ない訳ですよ。
結構その俺は大人しいタイプだったから先輩に可愛がられたって言うのもあるけど
バリバリの童貞の高校生がそんな可愛い先輩に
「んもー下手だなあ○○君は」とか言われてたらそら惚れるっていう感じでがっつりと惚れた訳です。

【続きを読む】
[ 2013/09/27 12:57 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

昔のテレクラは良かった

301 名前: 名無しさん@ピンキー 投稿日: 2009/02/12(木) 16:44:40 ID:sF87CTyc
15年以上前、池袋の蔵にて。

当時は女性経験も少なく、蔵に入るのさえもオドオドしていたように思う。
肌寒くなった時期の土曜日に、日中にもかかわらず池袋まで出動し蔵で電話を取っていた。
田舎の大学を卒業し、東京に出てきて一年目。池袋も凄く都会に見え、電話の応対もキョドっていた。
電話での会話だけでも一杯一杯の私の相手をしてくれたのは20歳の女の子だった。
田舎から高校を中退して出てきた女の子。現在はヘルス嬢をしてるという。

夕方からヘルスの仕事だけど昼は暇だということで、なんとかアポはとれた。


【続きを読む】

旅館の娘のアキちゃん(C2年)と

約10年前の大学在学中、8月初旬に気ままな1人旅で瀬戸内海のある島へ行き、島に1件だけある民宿へ電話をして「部屋は空いていますか?1人なんですが…」と言うと「大丈夫です。1人でもいいですよ」と言い、俺は「今から行くので宿泊させてください」と言ってその民宿へ向かうことになった。
 民宿へ到着して少しすると宿泊客が俺だけというのが分かり、民宿の主人に「私1人のためにすみません」と言うと主人は「大丈夫ですよ。1人でも大事なお客ですから」と言って近くにある観光地の情報を教えてくれたりした。(このごろの俺は費用を安くするために土・日・祝日を避けて平日に旅行をしていた)
 民宿はこぢんまりとした感じで主人夫婦と中学生の娘が切り盛りしていて、高校生の息子もいるとのことだったが島内に高校と大学が無いということで進学のために知り合いの家へ下宿させているとのことだった。

 主人夫婦と娘は俺を親戚のようにもてなしてくれて宿泊客が俺1人ということもあって夕食は広間で一緒に話をしながら食べ、娘は「アキ」という名前で中学2年生というのが分かり、見た目もまだ子供っぽい感じで明るく俺になついてきた。

【続きを読む】
[ 2013/09/27 12:52 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

セフレとその友達の主婦と3P中出し旅行

週末に敬子(36歳)と敬子の知り合いの主婦、友美(34歳)と3人で某温泉宿にsex旅行に行ってきた。
敬子の車で知美を迎えに行ってもらい友美の旦那には女2人旅行という事になっている。

友美とは初対面だったが、165cmほどのの背が高めで「本上まなみ」のような清楚な感じだった。
かなりストライクゾーンに入ったのでこの時点でチンポは半起ち。
車の中ではすぐに打ち解けて初めからエロい下ネタの連続。
途中「暑くなってきた」と友美が上着を脱ぐと体のラインが判るタイトなシャツ。
シートベルトが胸の谷間に挟まりこれがまたエロい。

【続きを読む】

妊娠した嫁に内緒で、嫁の妹と中出しセックス

結婚して3ヶ月、俺たち夫婦は妻の実家で暮らしてる。
俺は次男だし嫁は長女なので相手の家に入ることになった。
はじめ新婚のうちは2人でマンション生活をしようと思っていたが、予想外に妻が妊娠してしまい、俺の収入だけでは暮らしが厳しいので妻の両親と同居することになった。
妻の両親は話の分かるいい人で、この同居生活にも大分馴染んできたが問題もあった。

それは夜の夫婦生活のことだ。
はじめ安定期に入ったらセックスを再開することになっていたんだが安定期に入っても拒まれ続けている。
無理やりするのもなんなので、仕方なく嫁がいるのに1人寂しくオナニー続きだ。
そんな俺はずっと欲求不満続きだった。

【続きを読む】
[ 2013/09/26 13:33 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

痴漢されたい願望をこじらせて

600 名前: ポチ ◆WARsTxlfPE 投稿日: 03/03/05 15:49 ID:sLdq2UWz
私は中学2年生の女の子です。
自分で言うのもなんですが体はもう大人の女になっています。
よく、学校の男子からもスタイル良いから興奮するって言われて、その時にはなによお。って
ごまかしています。でも、本当は襲ってほしい。体を見せたいし、触ってもらいたいんです。
 
いつも痴漢に襲われることを夢見てオナニーしてます。
この前、私が悪いことをして自宅謹慎になっていたとき担任の先生が家に様子を見に来ました。
本当はどっさりある、罰の宿題をやらなくてはいけなかったのに手を付けていませんでした。
はっきり言って、その先生はちょっと気持ち悪い系のおっさんってかんじです。でも、痴漢願望
がある私にとってはすっごく興奮するタイプなんです。
だから先生が来るって分かってて、その時間にミニスカートと、ノーブラで乳首の形が分かるよ
うなシャツをきていました。そして少し、ボタンをあけて、かがむと胸が見えるようにしておきまし
た。
担任が私の部屋へ来て、「おい、何やってんねん宿題ひとつも減ってへんやんけ。こんなこと
やったら自宅謹慎といてあげられへんなーー」っていいました。

【続きを読む】
[ 2013/09/26 13:30 ] 女性の体験談 痴漢体験 女性 | TB(0) | CM(-)

嫁とラブラブ中出しデート

814 名前: 中田氏1 ◆gHK4iyftFU 投稿日: 03/03/08 20:26 ID:D8F6gj3s
うおぉ
仕事忙しくて書き込めなかった。。。。
2/5デート逝って来たよ。行き先はなんとなく毎回ラブホなんだけどね(藁
 
最初は普通のデートの計画とか練るんだけど当日の朝になると排卵日付近のせいなのか
奥さんのほうが濡れ濡れなのよ。
デートの日は俺が次男の幼稚園見送りに逝くんだけど、帰ってきたら勝負スカートはいてるんだよ
持ってるので一番短いタイトミニ。ひざ上10~15センチ位だったかな?
しゃがんだりしたらパンツ見えるんだよね。
奥さん30代半ばだけど童顔で20代後半ていってもおかしくない&太ももがエチーなので
四つんばいにでもなったらモーたまらん状態(藁
そんな奥さん見てティムポびんびんになるんだけどそこは我慢我慢。
ラブホに行く道中は当然奥さんの太ももを触りまくり。すべすべして触るだけでたまらなくなる。
目的のラブホについて部屋に入ったらまずは着衣のまま一発目開始。

【続きを読む】
[ 2013/09/26 13:29 ] 男性の体験談 嫁との体験談 | TB(0) | CM(-)

姉にオナニーを見られて始まった恋

828 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2006/11/23(木) 05:26:17 ID:tEi2POoH0
俺も以前、姉に見られた。

俺が高1で姉が高3のときだった。
俺はコタツでテレビを見ていたら、姉が学校から帰ってきて、「寒い寒い」言いながら、制服のままコタツに入ってきた。
しばらくすると、姉は疲れていたらしく、コタツに入ったまま寝始めた。
 
 
テレビがCMに入ったので、俺はとくに意味もなく、コタツに顔を突っ込んだ。
すると、対面に寝ている姉のスカートがめくれて、パンツがモロに見えた。
罪悪感を感じてすぐコタツから顔を出した。しかし、やっぱりまたコタツに顔を入れた。
コタツの中で姉のパンツをマジマジ凝視してしまった。
姉はけっこう美脚で、パンツは白と青の縞々だった。
姉のパンモロだとわかっていても、チンポが固くなってしまった。
俺はコタツから出て、自分の部屋に帰った。
自分の部屋で、以前録画した格闘技のビデオを見始めた。
しかし、どうもさっきの姉のパンモロがちらついてしょうがない。
俺はついに姉の脚とパンツを思い出しながら、布団の上でオナニーし始めた。

【続きを読む】
[ 2013/09/26 13:27 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

セールスレディーの新妻詩織

6月9日(土) に、現愛車の契約に家にやって来たセールスレディーの新妻詩織に
強制中出しを決めてから5ヶ月がたった。
俺は人妻を犯る時は必ず危険日で、そいつを妊娠させる事を常としてきた。
が、諸々の事情で詩織はそうではなかったのだ。
そのときの事をこれから書こう。

レイパーの俺にとって、自分の下で快楽に溺れて啼く女は嫌いではないが物足りない。
やはり抵抗し、拒絶の言葉を吐き、挙句の果てに意志とは裏腹に
無理矢理絶頂を迎えさせられ、羞恥と被虐と絶望に涙を流す様子を
鑑賞しながらでないと今一盛り上がらない。
まっ、レイパーの本能というやつかね(笑)
で、狙いを付けたのは車のセールスレディーの詩織。28歳で細身の美人だ。

【続きを読む】

チョコレートの伯父ちゃんの法事

私の母には歳の離れた信夫と言う兄がいて、その伯父の13回忌の法要が有るという事で、私が出席する事になりました。伯父は着物の行商をしていて、私の家の近くまで来ると必ずチョコレートをおみやげに持って来てくれ、いつしか私は伯父の事を『チョコレートの伯父ちゃん』と呼ぶ様になっていて、それは大人になっても変わらず、法事の話を聞いた時も『チョコレートの伯父ちゃんの法事』と言っていました。

 私が幼い頃、当時チョコレートは、そうそう口に出来る食べ物では無かったので、私は伯父が来るのを心待ちにしていた覚えが有ります。私が大学生になって下宿をしていた頃は、伯父は下宿の近くまで仕事に来ると必ず立ち寄ってくれ、その時もおみやげはチョコレートだったのですが、違うのは板チョコの包み紙の中に、1万円札をそっと入れてくれていた事でした。ほとんど仕送りを受けずにやっていた私には何よりも有り難く、伯父に感謝したものですが、薄情な事にこの法事を聞くまでは、ここ数年伯父がいた事すら忘れていました。


【続きを読む】
[ 2013/09/25 11:44 ] 女性の体験談 近親男性との体験談 | TB(0) | CM(-)

仕事で疲れ切った妹にエロマッサージした

去年の4月から新社会人として某会社のOLを始めた妹…沙智子は毎日の様に夜遅く…とは言っても9時~10時頃の帰宅で、帰ってくるなり自分のベッドへ倒れ込む様に就寝していた。
そして翌朝、慌ててシャワーを浴びて身支度をし、出掛けると言った感じで毎日慌ただしい生活をしていた。
そんな妹も週末だけは唯一の安息出来る時で、7月の終わる頃の金曜日、何時もの様に遅く帰ってきても金曜だけは必ず俺の部屋に来て、「ただいまぁ~」と言っては人のベッドにうつ伏せになって「はぁ~やっと週末だぁ♪」と幸せそうに呟くのが唯一の安息できる時らしく…そんな妹に「新人社員は大変だな」と、それはそれは他人事の様に言うと「そうなのぉ~新人は色々やることがあって、覚える事もあって大変なのらぁ」と人の枕に顔を埋めて、そのまま寝てしまいそうな勢いだった。

【続きを読む】
[ 2013/09/25 11:40 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

初めましてぇ、私は理香です

初めましてぇ、私は理香です。

これは理香が遊びまくってた頃のお話しです。
(今からちょっと昔です)

理香は南の方の田舎街で育ちました。
家はスナック経営のお母さんと、2コ上のお兄ちゃんと3人暮らしでした。

理香は小4で生理が始まり、生理が始まってからは理香の身体の体型はどんどん変わっていきました。
おっぱいなんて小5でEカップまで膨れあがり、幼い顔とはあきらかにアンバランスでした。
でもデブではないですよ、ちょいポチャです。
それとオマンコの毛はほとんど生えず、スベスベのままでした。

ここからが理香の体験談です。
理香がまだ小さい頃から家はセックスで溢れていました。
お母さんがいろんな男を連れて来てはお母さんはセックスしてばかり。

【続きを読む】
[ 2013/09/25 11:39 ] 女性の体験談 ロストバージン | TB(0) | CM(-)

黒人のマイクにメロメロにされた

去年の夏休みの話
地元の高校の友達と飲み会。

紹介された男は大学生で、全然かっこよく無いし、話してることもかなりつまんなかったから、一人で(おごりだったから)がんがん飲んでた。


8時半ぐらいになって、もうかなり白けてきたから、どうにかしてこの場を抜けようと考えた。女友達の顔たてなきゃまずいかな~と思ったけど他の子達もなんかダルそうだったから、その日に知り合いのクラブでイベントがあるの思い出して一人で「六本木行く」と言い出した。なにげにその場の雰囲気も「終了」って感じになってきたのでお勘定はお兄さん達に任せてさっさと一人で店を出た。

【続きを読む】
[ 2013/09/24 12:22 ] 女性の体験談 外国人男性との体験 | TB(0) | CM(-)

出産後腰が痛い嫁が鍼灸院でエロマッサージを

去年の6月の事です。出産後どうも腰が痛いのが引かないと妻がこぼしており、
一度産婦人科の先生に相談したのです。
産科の先生曰く、特に珍しい話では無いそうで育児の疲れが弱った体調に拍車を掛けているのではとの事。
心配ならば、一度専門医を紹介すると申し出て下さったのですが、妻も医者に相談して少し
安心したのでしょう。とりあえず東洋医学で痛みだけ取ろうかと思ったらしいです。
妻に相談された私は、知人からマッサージのうまい人を紹介してもらったのです。

妻は今年26歳になる二人の子持ちの専業主婦です。
私が言うのもなんですがけっこう可愛いと思います。

【続きを読む】
[ 2013/09/24 12:19 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

友達と、外人白黒ダブルで経験

一昨日六本木ヒルズで友達の美香と二人でショッピング中観光で来た黒人と白人(共にアメリカ)の二人連れに声をかけられ、浅草、東京タワー、台場等を案内 し、夜は居酒屋へ行きたいと言うので居酒屋で盛り上がりました。

赤坂の某ホテルに泊っているので「makeloveok?」とのことで、外人は2人共経験 がありませんでしたので相談の結果、経験してみようと友達と二人で一緒に行き、私は白人、友達は黒人とそれぞれ別の部屋でしました。


彼のあれは、私の掌で 回りきれない太さと両手のこぶしをかさねても1/3位出る長さでした。

スキンもLサイズが2/3程度しか被されません。

いくまでの時間も長く、超気持ち良 さに翻弄され続け、途中からは生で中出ししてもらっていました。

【続きを読む】
[ 2013/09/24 12:16 ] 女性の体験談 外国人男性との体験 | TB(0) | CM(-)

妻の由紀恵が、巨根の松田に壊された

前作:嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2

嫁の由紀恵と、私の会社の社員の松田が、私公認で温泉1泊旅行に行った。
もともと、ペニスの小さい私が、コンプレックスから始めた寝取られプレイだったが、それは想像以上に興奮をもたらしてくれて、夫婦仲も今まで以上に良くなった。


だが、巨根の松田に、心まで寝取られ始め、焦りと後悔が生まれていた。
その上、由紀恵の過去の奔放すぎる性遍歴まで知ってしまった私は、途方に暮れていた。



温泉旅行の様子は、松田が録音してくれた音声で聞くことが出来た。
だが、1日目の途中で聞くのをギブアップしてしまった。


そして、頭を冷やすために、昼食に行くことにした。
すると、松田がニヤけながら近寄ってきた。
一瞬、殺意すら覚えたのだが、
「おっ! 昼行くか?」
と、余裕があるフリをした。
「ごちそうさまです!」
おごるとも言っていないのに、馴れ馴れしく言う松田。
苦笑いしながら、一緒に会社を出た。





そして、高級なうなぎ屋で食事をした。
正直、私は食事どころではないのだが、虚勢を張った。

「先輩、どうでした?報告書は?」
どこまでも明るく言う松田。
会社では私を社長と呼ぶが、外ではいまだに先輩と言われる、、、
本当に、憎めないヤツだ。

「あぁ、まだ途中。意外と普通で、退屈だなw」
虚勢を張るが、松田のことを真っ直ぐに見られない、、、

「マジですか? さすが先輩っすね。 じゃあ、もっと、凄いことしてもいいですか?」
「ん?嫁が嫌がらなければ、何してもいいって言わなかったっけ?」
「、、はい、、、 じゃあ、俺も覚悟決めていきますね。」
真剣な口調で言う松田。
由紀恵が言っていた、とんでもない願望を叶えるつもりなのだろうか?
「期待してるよw」
虚勢を張ったが、声が震えた、、、


そして、二人でうなぎを食べて、会社に戻った。

私は、気合いを入れ直して、録音を聞き始めた、、、


「じゃあ、今度はコレを後ろに入れて、俺が前からなw」
『えぇ?こんな大きいの、後ろに入れちゃうの、、、?』
「ダメ?」
『ダメじゃないw でも、ガバガバにならないかなぁ?』
「ん?ガバガバにしたいんだろ?」

『それは、、、そうだけど、、、』
「ガバガバにして、社長のでもう感じなくなったら、俺専用になってくれるんじゃない?」
『あぁ、、それ、、、凄い、、、』
「じゃあ、入れるよ。」


『うん、、、 ゆっくり、、お願い、、』
「行くよ、、、  アッ、入った!」
『うぐぁぁっ、、 コレぇ、、凄いぃ、、、』
「痛くないの?」
『痛くない、、 コレ、凄い、、、当たってるぅ、、、  お尻越しに、子宮にゴリッと当たってるぅぅ、、、 』
「なに、全然平気じゃんw もっと太いの買おうなw」
『うん、、、買ってぇっ! 一緒に買いに行こッ!  ねぇ、、それより、、早く入れて、、』

「ホント、セックス大好きなんだなw じゃあ、上向いて足広げろよ。」
『セックス好きじゃない人なんて、いないでしょ? ねぇ、早くぅ!』
「ハイハイw 今入れますよw」

『う、あぁ、、  オ、ふぅアァッ! あぁ、これ、ダメ、 チンポも、オモチャも当るぅぅアァッ! ぐ、ヒィッ!あぁ、、くっ!』
由紀恵はオモチャと松田の巨根との、ダブルで責められるのが気に入ったようだ、、、

「スゲぇ締まってるw なぁ、由紀恵は、ヤリ部屋では二本刺しはしなかったの?」
『あ、あぁ、、 くぅあぁ、、 して、、たよ。 毎回してた、、、 あ、ヒィアァッ!  でもぉ、、  こんなに大きな二本を入れたことなんてないよぉ、、  ダメ、、これ、、ホントに、、、アァッ! もうイクっ! イクっ!!』
「ほら、イケw 社長に謝りながらイケよw」
『孝一郎さん! またイキますっ! 極太チンポオマンコとケツマンコに入れられてぇっ! イグぅっんっ!!!!』
「ほら、イケ! もっとイケっ!」
パンパンと肉を打つ音が強烈に強くなる。



『ギィィッんっ!! んアァッ! オマンゴごわれるぅぅぅっっ!!! イギぃぃぃっっんっ!!!!』
「うわ、スゲぇ!吹いたw」
『おぉお、、、あ、、、、 あぁ、、  ン、、、』
由紀恵は、リアクションがなくなっていき、まったく声が聞こえなくなった。

「ホント、スゲぇなw あぁ、そうか、、失神アクメかw」
そう言って松田は、リアクションのない由紀恵に対して、腰を振り続けたようだ。

肉を打つ音だけが続くが、いきなり、
『ンオほっあっっ!!! ギィッひっっぃっ!!!  イグぅぅっーーーーっ!!!』
「うおッ、来たッw」
『すごひぃよぉ、、、 これ、、、あぁ、、、 幸せだよぉ、、、 あなたぁ、、、愛してます、、、』
「由紀恵、、、愛してるよ、、 なぁ、由紀恵のしたいこと、俺としようよ、、 責任取るからさ、、」


『本気なの? でも、、、 責任取る気もない感じで、、、無責任に壊されたい、、、』
「ふっw、、、 由紀恵、、、凄いな、、、 わかったw 覚悟しろよ。」
『う、あぁ、、、  ゾクゾクする、、、 いっぱい、酷いことしてね、、』

こんな約束をする二人、、、
録音は、その後すぐに終わった。


1日目の、寝る前までしか録音していない?容量の関係だろうか?
だが、この後どうなったのかは、由紀恵からも聞いているし、想像も付く、、、


とにかく疲れた、、 聞いていただけだが、俺の知らない由紀恵が、松田と奔放にセックスをする様子は、興奮も大きいが、ショックも大きい、、


と、こんな感じで報告書がわりの録音は終わった。


私は、松田にメモリを返しながら
「じゃあ、ヨロシクな。トコトンやってくれて良いからw」
と、虚勢を張った。だが、期待している私もいる、、  どこまで由紀恵が行ってしまうのか、、、  私の元に、とどまってくれるのか、、、



そして、家に帰ると、由紀恵が出迎えてくれる。
『あなた、お帰りなさい!』
満面の笑みで出迎えてくれる。いつもと変わらない由紀恵、清楚で、よく気がつく、控えめな由紀恵、、、
『今日も、お仕事お疲れ様!』
そう言って、私のカバンを持ってくれる。


とても、昨日松田との不倫温泉旅行から帰ってきたばかりには思えない。
と言うか、そんな事など無かったような感じすらする。


だが、すぐに由紀恵は変わったと思う瞬間が来た。
左手の指輪が、私との結婚指輪ではなくなっている、、、


それだけで、嫉妬と興奮でおかしくなった私は、由紀恵を後ろから抱きしめた。
こんなところじゃダメと言われるかと思ったが、
『先に私ですか?w 嬉しいです、、』
そう言って、振り返ると私のズボンを脱がしにかかる。

そして、あっという間に下半身裸という間抜けな格好になると、由紀恵がパクッとくわえてくれた。
そして、エアーフェラみたいなイジワルはせず、一生懸命に口で奉仕をしてくれる。


亀頭を丁寧に舐め、バキュームフェラをしてくる。
私とのセックスでは、それほど熱心にフェラをしてくれなかった。
照れているような、ウブな感じだった。

だが、過去の由紀恵の奔放すぎる性遍歴が、明白になった今では、開き直ったかのようにテクを駆使してくる、、、

「あぁ、由紀恵、ダメだ、、ストップ、、イッちゃうよ、、」
情けない声で止めようとすると、逆にスピードアップする由紀恵。
グボッグポッ!と、バキューム音もさらに大きくなる。

「ダメだって、イク、、イッちゃうよ、、あぁ、、、イク、、、」
由紀恵の口の中に出そうとしたら、由紀恵が口から私のペニスを吐きだして、手コキでイカせた、、、


廊下を精子で汚しながら、
「ど、どうして、、、?」
と、思わず聞いてしまった。


『だってぇ、、 私の中に出して良いのは、ご主人様だけですから、、』
屈託のない、良い笑顔のまま、こんな絶望的なことを言う由紀恵、、、

「そ、それって、、」
松田のこと?と聞きたくて聞けなかった、、、

『じゃあ、食事準備するから、それ、拭いておいて下さいねw』
と言って、嫁はキッチンに向かって行った。


私は、イッた快感など完全に消え失せて、泣きそうな気持ちでポケットから取り出したハンカチで、廊下に飛び散った自分の精子を拭いた、、、
そう言えば、昔ハンカチ王子と呼ばれて一世を風靡した男も、今は落ちぶれてしまった。私の今の姿と重なって思える、、、


言われるままに、結局自分で拭いてしまったことで、この先の夫婦の関係が決定したと思う。

そして、実際にこの日から徐々に日常が壊れて行ってしまった、、、




由紀恵と松田が温泉に旅行に行って6か月経つ。
今日も仕事を終えて、家路につく。
車を走らせ、家に着くと22:00過ぎだった。


玄関を開けて、
「ただいまーー」
と言いながら靴を脱ぐ。

いつものことだが、松田の靴がある。


そのままダイニングに行き、ラップのかかった夕食を、レンジにかけて食べ始める。
相変わらず、美味しいと思いながら、全て食べて、食器を全て自分で洗う。
そして、風呂に入り、スッキリした後に寝室に向かう。


ドアを開けると、目隠しをされて、口もふさがれ、後ろ手に手錠で繋がれた由紀恵が横たわっている。
そして、由紀恵の足下にいる松田が
「あ、お疲れ様ですw」
と、にこやかに言ってくる。


だが、松田の右手が、嫁のアソコにねじ込まれている、、、
「あw 急に締まったw 見られて、また興奮してる?」
フィストファックをしながら、松田が由紀恵に声をかける、、、


あの旅行以来、松田の大きなペニスや、それよりも大きなオモチャを使っていたが、今では拳を受け入れるようになっていた。

由紀恵は、口をふさがれたまま、うめき、のけ反り、足の指を限界まで曲げたりしている。

「そっか、それじゃ、しゃべられないねw」
松田がそう言って、口枷を外す。

口枷を外されると、由紀恵の絶叫が響く。
『オぐぁぁっ! ダメ、、抜いてぇ、、 裂けちゃうよぉ、、 アがぁぁッ!』
「先輩が見てるからって、なにウソ言ってんのw」
『だ、だってぇ、、ダメぇ、、、 そこ触っちゃダメぇ、、 グひぃんっ、、』
「ここが良いんだろ?子宮口、だいぶ開いてきてるぞw ほら、これ、、、コリコリしているw」
『ギッ! ヒィぐぅぅ、、、 壊れるぅ、、 オマンコ壊れちゃうっ!!!』
「一つで壊れるかよw ほら、力抜けよw」


そう言うと、松田はとりあえず拳を抜いた。
『ウぎっ! イグッ!! イグぅっんっ!!』
由紀恵は、拳を引きずり出された衝撃で、白目をむく勢いでうめいてイッた。

拳が抜かれると、ポッカリとアソコが開いたままで、チョロチョロとおしっこが漏れ始める、、、


だが、ベッドの上には防水シートが引いてあり、漏れたおしっこも上手くベッド下のバケツに入るようにセッティングまでされている、、、

バケツを見ると、もう半分以上液体で満たされている、、、

『イ、イっちゃった、、 もう、、ダメ、、、 許してぇ、、』
由紀恵が、うつろな目で言う。
この部屋に私が入ってから、由紀恵は一度も私を見ないし、言葉もかけてこない。


「なんで?こんな中途半端で終わるの? だったら、もう帰るわ、、」
松田が、冷たい口調で言う。

『ダメぇっ! ごめんなさい、、  もっと、、酷いことして欲しいです、、、』
「最初から素直になれよ。先輩がいるからって、今さらカマトトぶるなよw」
『だってぇ、、ごめんなさい、、』
松田は私の存在を口にするが、由紀恵は私などいないかのごとく振る舞う。


そして、最近見慣れた行為とは言え、松田が両手の平をあわせて、伸ばした左右の指を、由紀恵のアソコに当てると、息が止まりそうなほどドキドキする。

「イクぞw」
松田がそう言いながら、手をこじ入れていく、、、
『ぐ、、うぅぅ、、、、 ひぃっ、、 あ、あぁ、、、』
由紀恵がうめくが、すでに指が8本入っている、、、
そして、親指のところの部分が入り始め、さすがに動きがほとんど止まる。
とてもじゃないが、入るようには見えない。


「ほら、もう指10本入るぞw 力抜かないと、裂けるぞw 裂けたら、もっとガバガバになって、前でセックスできなくなるぞw」
『う、あぁ、、、それ、、、凄い、、、  ガバガバになったらぁ、、、  あなたのでも感じなくなるのかなぁ? く、うぅアッはっ!』

由紀恵は、後戻りの出来ない調教を受けることに、のめり込んでしまっている、、、
今も、後ろ手に手錠をされて、身動きの出来ない状態でダブルフィストファックを受けようとしている。
一番幅がある親指のところが、ズブズブっと音が出るくらいの感じで入っていった、、、
『ギぃっっ!!! おおおお、オおぉぉぉおぉんぅっっ!!』
身をよじりながら、由紀恵がうめく。


ダブルフィストが出来るようになってから、由紀恵は1度だけ私とセックスをしてくれた。
だが、驚くほど緩くて、まったく引っかかり感がなく、気持ち良くも何ともなかった、、、
それは、当然由紀恵も同じようで、嫉妬と焦燥感とで狂ったように腰を振る私に対して、あくびでもしそうな感じで、吐息すら吐かなかった、、、

そのセックスをするまでは、由紀恵は手や口ではしてくれていたが、その日を境に、手コキすら拒否するようになった。
『私が手でするよりも、私が壊されてるの見ながらオナニーした方が気持ち良いんでしょ? 良いんですよw 私にかまわずに、オナニーして下さいねw』
それどころか、こんな事を言われる始末だ、、、


そして、ベッドの上で白目をむいて死にそうになっている嫁の乳首には、ピアスがついている。左右の乳首には、それぞれリング状のピアスがくっついていて、そのリングとリングをシルバーのチェーンが繋いでいる、、、

しかも、そのピアスは私の目の前で、松田の手で開けられた、、
由紀恵は、松田にピアスの穴を開けられるたびに、タオルを思い切り噛みながら歯を食いしばって耐えたが、同時に体がガクガク震えるほど感じていた。
片方が終わり、もう片方を開けたときに、潮を吹いてイッたほどだ、、、


ここまで嫁をいいようにされて、私がなにもしないことを、普通の人はおかしいと思うだろうし、腹を立てるかも知れないと思う。
だけど、私はその壊されていく由紀恵を見て、より由紀恵への愛が深まるし、愛おしいと思う。そして、突き抜けるほどの快感を感じる。
その結果、手でペニスを触れもせずに、下着の中で射精する、、、


幸せに形はそれぞれだし、人にとやかく言われるものでもないと思う。
私をおかしいという人達を、自分の固定観念、常識にとらわれすぎている、可哀想な人だとすら思う。



現実逃避的に、そんなことを考えてしまったが、ベッドの上を見ると、由紀恵のアソコには松田の腕が二本突っ込まれている、、、
やはり、これは現実だ、、、

「さすがに、ギチギチだな、、、 子宮も完全に降りてきてるなw」
『あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁあっ!!!! ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛っっ゛!!!』
由紀恵は、藤原竜也も驚くくらいの叫び声を上げている、、、


しかし、何度見ても現実感がない。
フィストファックならば、努力でなんとでもなる気がする。
だけど、ダブルフィストは骨盤のことを考えても無理だと思うし、努力でなんとかなるレベルを超えていると思う。
しかも、たった半年で可能になるなんて、あり得ないと思う。

だけど、現実的には目の前で実行されている。

しかし、考えてみれば由紀恵は二人も産んだ経産婦だ。赤ちゃんの頭の大きさを考えれば、ダブルフィストくらい小さいのかも知れない、、、


「ほら、子宮直接触るぞw」
『ギィィィーーーッ! お、オゴォ、、、 それ、、クハぁ、、ダメぇ、、、 おがじぐなるぅぅっ!! あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーっっ!!!!!』
白目をむきながら、絶叫する由紀恵。


私は、ひたすら空気のように無言で見続けるだけだ、、、
もちろん、限界まで勃起して、イキそうになったままで、、、

松田が、ラフに腕を動かし始める。
といっても、キツすぎるのか、動きは少しだけで緩やかだ。
それでも、インパクトが凄すぎる、、、
グチョッ、ズチョッ、何とも言えない、嫌な水気の多い音をさせながら、由紀恵のアソコが限界まで広がっている。


由紀恵のアソコは、ツルツルに剃り上げられて、パイパン状態だ。
そして、特徴的なのが、クリトリスだ。
包皮を切除手術したので、常に剥き出し状態になっている。
その刺激のせいか、日に日に肥大していったクリトリスは、今では親指大になっている。
そして、その親指大になったデカクリには、やはりピアスがつけられている。
左右のビラビラにも1つずつ、合計3つのリング状のピアスが光っている。
しかも、そのうち1つは私との結婚リングだ。
だが、そんなものはなんでもない。あれに比べれば、気にすることでもない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2013/09/24 01:47 ] 嫁の由紀恵と巨根の松田 | TB(-) | CM(-)

悪友のKと妻の初3P

・俺:38歳
・妻:33歳
・俺の友人(K):38歳

それは10年前の出来事です。
僕たちは結婚を目前に控え、既に同棲しておりました。
 
 
そんな2人が住むマンションに僕の中学時代からの悪友Kが遊びにやってきました。
彼は遠方からわざわざ来てくれたので当然最初からお泊りの予定でした。


その夜、普通に3人で晩ご飯を食べに行き、普通に3人ともお風呂を済ませ、
寝る前に3人でお酒を飲みながら普通に普通の会話を楽しんでいました。
唯一普通じゃなかったのは『ケーブルテレビのアダルトチャンネルを見ながら』飲んでいた、、
という事でしょうか。

【続きを読む】
[ 2013/09/24 01:20 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

息子の友達と一線を越えて

息子の友達と言っても、息子とは少し歳が離れていますが、お世話になっている方に私もお世話になっています。

私は10代で子供が出来て、それから結婚・離婚を繰り返しているうちに歳を重ねてしまい、

今ではもう40代半ばになります。

子供たちは私に付いてきた子達はそれぞれ独立し、他の子はそれぞれの父方に行ってしまっているので、

家には私一人です。

結構寂しさを感じてしまっていました。

そんな時、息子がその友達と飲んでいるからと連絡をくれて、私は会社帰りにそのまま息子と友達が飲んでいるお店に行きました。


【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:26 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)

36歳の私が、息子の夢精パンツを見て

私は現在36才の主婦で小学6年の息子の母です。
私が息子を性的対象に思うようになったのは、息子が精通を迎えた5年生の終わりの頃です。
息子と私は彼が4年生位まで一緒にお風呂に入っていたのですが、その頃はまだほんとにかわいい子供でした。
しかし、洗濯機の中に放りこまれた夢精でべっとりの息子の下着を見つけた時、私は下半身が異様に熱くなるのを覚え、思わずパンティーを降ろすと、べっとりと精液の着いた下着を股間にこすり付けていました。
その時の快感といったら、今まで味わったことのないものでした。
息子の夢精は一週間に4~5回あり、その度、私は彼の下着でオナッていました。

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:23 ] 女性の体験談 近親男性との体験談 | TB(0) | CM(-)

妻に先立たれた隣人と、嫁が旅行に行った

隣のご夫婦と私たち夫婦は、
子供が同級生ということもあり、たいへん仲がよかった。
休日のときは、よくお互いの家へ行き食事をしたり、
近くの公園に遊びに行ったりしていた。

しかし、奥さんが癌のため、35歳の若さで亡くなられた。
私たちは、子供とご主人[40]に元気を取り戻してもらうため、
よく食事に招きました。
子供はしばらくして元気を出したが、
ご主人のほうは、半年を過ぎても元気がありませんでした。

そこで私たちは、

「子供は、私たちが見ててあげますから、少し旅行でも行ってきたら。」
と提案をしたのです。

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:21 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

ヤリマンの嫁の浮気を公認にした

妻27歳は私と結婚するまでに25人の男性経験がある。
14歳で初体験してから、一度も男を切らしたことが無い。
と言うよりも、常に複数の男と関係を持っていた。
かくいう私も浮気相手の1人だった。
私の友人の彼女だったのだ。
初めて彼女を抱いたのは、友人の家で飲み会があり、
帰りに私が彼女を送ることになったその日、

「N君、最近いつエッチした?」

「しばらくして無いよ、彼女と別れて1年一人だし、
セフレは前いたけど彼氏が出来て、させてくらなくなったから」

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:18 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

嫁が浮気したので、罰に他の男に抱かせた

25歳の妻の浮気を知り、私が指定した男に目の前で抱かれたら許してやると約束させました。

相手は52歳で小太りの不細工な男性です。
サウナで知り合ったのですが、ペニスは私の倍有ります。
妻の安全日に合わせて禁欲してもらい先日我が家へ招きました。
人柄の良い男性で妻を気遣ってくれました。
妻も少し安心した様子だったので一緒に風呂に入れました。
私は外で声だけを聞いていました。
「奥さんは色が白いし肌がきれいですね。オッパイが大きいのに乳首が上を向いて
いるからそそられますよ」
「いやっ」
「私に洗わせてください。」
「いやっ・・・だめ・・・あっあっ」

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:17 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

銀行員の妻と、仮想寝取られ体験

私の妻・貴子は27歳。銀行に勤めています。
 厳格な両親の躾の甲斐あって性格はいたって真面目で浮ついたところもなく、
おとなしそうな瞳が優しげな雰囲気を醸し出しています。

 私にとっては少々自慢の愛妻で、友人や知人からお世辞を言われるのも心地
よく感じています。
 昨年結婚してもうすぐ一年ですから新婚ですが、学生時代からの交際なので
あまり新婚らしい新鮮さはないのかもしれません。その分、気心が知れていて
気楽でいいのですが。
 私は一つ上の28歳。ごく普通のサラリーマンです。
 結婚して三ヶ月ほど経ったある朝、妻が今夜は同じ支店の同僚と飲みに行く
と言うので「じゃあオレも行っていい?」と冗談で聞いてみました。妻はそう
いう公私混同に近いことが嫌いな性格でしたから、当然断られると思っていた
のですが、案に相違して

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:16 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

サークルの後輩のビキニの写真を見て萌えた

726 えっちな18禁さん[sage] 2013/06/01(土) 00:57:46.01 ID:JPbhh6Ht0
サークルの一年下の女子が、夏休み中に行ってきた沖縄旅行の写真の話してた。
茶化すつもりで「黒のビキニとか着てったんだろ~エロ~」とか言ってたら「そうだよ」と平然と答えやがった。
「マジで?今度持って来い!見せろ!」と言ったら無言でスルー。まあそんなもんだよなと。想定内。

翌日、廊下ですれ違った時に「写真持ってきたよ」と平然とした表情で一言。最初なんの事か分からないでいると、「だから写真。沖縄の!見たいって言ってたでしょ?」。
マジかと動揺、惜しげも無くiPhoneで写真見せられた。本当に黒のビキニだった。しかも思ってた以上に美乳でエロい腹回りに勃起しそうになった。

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:10 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

姉に「ねーちゃんのこと嫌い…?」と聞かれた

774 名前: 1 [sage] 投稿日: 2009/09/05(土) 00:30:46 ID:JQypdkdK0
882 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします []:2009/09/03(木) 09:46:16.76 ID:Wj7HL6pKO
結論から言うと…してしまいました

昨日あの後弟の部屋に行ってきました
一緒にお酒飲みながらぐだぐだゲームしました
 
 
ゲームも飽きたのでそろそろ寝よっかなーという感じに
ドキドキしながら今だ!と思い、『一緒に寝よー』と言ってみた
「えっえっ」と動揺してる弟をシカトしてベッドにねっころがりました

弟は顔真っ赤にしながら隅っこに寝ているので
『昔よく一緒に寝たよねー』と何気なく話しかけてみた
「そうだねー」と普通に返事してきたので
『ベッド狭いからもう少しそっちいってもいい?』と聞いたら
「う、うん…いいよ…」と許可もらったので近くにいってくっつきました

【続きを読む】
[ 2013/09/22 22:15 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

薬でハイテンションになる女

お塩先生の事件みたら昔を思い出したのでちょいと書きます。
繁華街の飲み屋で酔った女に出会ったのはだいぶ前の話。
飲み屋のカウンターでちびちびと飲んでいると突然隣に座った女の子。
小声でかわいく「ねぇ?やっちゃわない?」と誘われた。
なんの話かわからずにいたんだけど、飲み代払えば
私とエッチできるよ!という意味だった。

容姿は可愛いし胸なんかはち切れんばかりの大きさで
たわわに実った二つの果実の谷間はかなり美味しそうに見える。
太もも丸出しのミニスカートはいて胸の谷間を見せつけながら
髪のいい匂いを振りまいてる。

【続きを読む】
[ 2013/09/22 22:11 ] 男性の体験談 アブノーマル 男性 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー