月別アーカイブ  [ 2013年09月 ] 

≪ 前月 |  2013年09月  | 翌月 ≫

嫁とラブラブ中出しデート

814 名前: 中田氏1 ◆gHK4iyftFU 投稿日: 03/03/08 20:26 ID:D8F6gj3s
うおぉ
仕事忙しくて書き込めなかった。。。。
2/5デート逝って来たよ。行き先はなんとなく毎回ラブホなんだけどね(藁
 
最初は普通のデートの計画とか練るんだけど当日の朝になると排卵日付近のせいなのか
奥さんのほうが濡れ濡れなのよ。
デートの日は俺が次男の幼稚園見送りに逝くんだけど、帰ってきたら勝負スカートはいてるんだよ
持ってるので一番短いタイトミニ。ひざ上10~15センチ位だったかな?
しゃがんだりしたらパンツ見えるんだよね。
奥さん30代半ばだけど童顔で20代後半ていってもおかしくない&太ももがエチーなので
四つんばいにでもなったらモーたまらん状態(藁
そんな奥さん見てティムポびんびんになるんだけどそこは我慢我慢。
ラブホに行く道中は当然奥さんの太ももを触りまくり。すべすべして触るだけでたまらなくなる。
目的のラブホについて部屋に入ったらまずは着衣のまま一発目開始。

【続きを読む】
[ 2013/09/26 13:29 ] 男性の体験談 嫁との体験談 | TB(0) | CM(-)

姉にオナニーを見られて始まった恋

828 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2006/11/23(木) 05:26:17 ID:tEi2POoH0
俺も以前、姉に見られた。

俺が高1で姉が高3のときだった。
俺はコタツでテレビを見ていたら、姉が学校から帰ってきて、「寒い寒い」言いながら、制服のままコタツに入ってきた。
しばらくすると、姉は疲れていたらしく、コタツに入ったまま寝始めた。
 
 
テレビがCMに入ったので、俺はとくに意味もなく、コタツに顔を突っ込んだ。
すると、対面に寝ている姉のスカートがめくれて、パンツがモロに見えた。
罪悪感を感じてすぐコタツから顔を出した。しかし、やっぱりまたコタツに顔を入れた。
コタツの中で姉のパンツをマジマジ凝視してしまった。
姉はけっこう美脚で、パンツは白と青の縞々だった。
姉のパンモロだとわかっていても、チンポが固くなってしまった。
俺はコタツから出て、自分の部屋に帰った。
自分の部屋で、以前録画した格闘技のビデオを見始めた。
しかし、どうもさっきの姉のパンモロがちらついてしょうがない。
俺はついに姉の脚とパンツを思い出しながら、布団の上でオナニーし始めた。

【続きを読む】
[ 2013/09/26 13:27 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

初めましてぇ、私は理香です

初めましてぇ、私は理香です。

これは理香が遊びまくってた頃のお話しです。
(今からちょっと昔です)

理香は南の方の田舎街で育ちました。
家はスナック経営のお母さんと、2コ上のお兄ちゃんと3人暮らしでした。

理香は小4で生理が始まり、生理が始まってからは理香の身体の体型はどんどん変わっていきました。
おっぱいなんて小5でEカップまで膨れあがり、幼い顔とはあきらかにアンバランスでした。
でもデブではないですよ、ちょいポチャです。
それとオマンコの毛はほとんど生えず、スベスベのままでした。

ここからが理香の体験談です。
理香がまだ小さい頃から家はセックスで溢れていました。
お母さんがいろんな男を連れて来てはお母さんはセックスしてばかり。

【続きを読む】
[ 2013/09/25 11:39 ] 女性の体験談 ロストバージン | TB(0) | CM(-)

妻の由紀恵が、巨根の松田に壊された

前作:嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2

嫁の由紀恵と、私の会社の社員の松田が、私公認で温泉1泊旅行に行った。
もともと、ペニスの小さい私が、コンプレックスから始めた寝取られプレイだったが、それは想像以上に興奮をもたらしてくれて、夫婦仲も今まで以上に良くなった。


だが、巨根の松田に、心まで寝取られ始め、焦りと後悔が生まれていた。
その上、由紀恵の過去の奔放すぎる性遍歴まで知ってしまった私は、途方に暮れていた。



温泉旅行の様子は、松田が録音してくれた音声で聞くことが出来た。
だが、1日目の途中で聞くのをギブアップしてしまった。


そして、頭を冷やすために、昼食に行くことにした。
すると、松田がニヤけながら近寄ってきた。
一瞬、殺意すら覚えたのだが、
「おっ! 昼行くか?」
と、余裕があるフリをした。
「ごちそうさまです!」
おごるとも言っていないのに、馴れ馴れしく言う松田。
苦笑いしながら、一緒に会社を出た。





そして、高級なうなぎ屋で食事をした。
正直、私は食事どころではないのだが、虚勢を張った。

「先輩、どうでした?報告書は?」
どこまでも明るく言う松田。
会社では私を社長と呼ぶが、外ではいまだに先輩と言われる、、、
本当に、憎めないヤツだ。

「あぁ、まだ途中。意外と普通で、退屈だなw」
虚勢を張るが、松田のことを真っ直ぐに見られない、、、

「マジですか? さすが先輩っすね。 じゃあ、もっと、凄いことしてもいいですか?」
「ん?嫁が嫌がらなければ、何してもいいって言わなかったっけ?」
「、、はい、、、 じゃあ、俺も覚悟決めていきますね。」
真剣な口調で言う松田。
由紀恵が言っていた、とんでもない願望を叶えるつもりなのだろうか?
「期待してるよw」
虚勢を張ったが、声が震えた、、、


そして、二人でうなぎを食べて、会社に戻った。

私は、気合いを入れ直して、録音を聞き始めた、、、


「じゃあ、今度はコレを後ろに入れて、俺が前からなw」
『えぇ?こんな大きいの、後ろに入れちゃうの、、、?』
「ダメ?」
『ダメじゃないw でも、ガバガバにならないかなぁ?』
「ん?ガバガバにしたいんだろ?」

『それは、、、そうだけど、、、』
「ガバガバにして、社長のでもう感じなくなったら、俺専用になってくれるんじゃない?」
『あぁ、、それ、、、凄い、、、』
「じゃあ、入れるよ。」


『うん、、、 ゆっくり、、お願い、、』
「行くよ、、、  アッ、入った!」
『うぐぁぁっ、、 コレぇ、、凄いぃ、、、』
「痛くないの?」
『痛くない、、 コレ、凄い、、、当たってるぅ、、、  お尻越しに、子宮にゴリッと当たってるぅぅ、、、 』
「なに、全然平気じゃんw もっと太いの買おうなw」
『うん、、、買ってぇっ! 一緒に買いに行こッ!  ねぇ、、それより、、早く入れて、、』

「ホント、セックス大好きなんだなw じゃあ、上向いて足広げろよ。」
『セックス好きじゃない人なんて、いないでしょ? ねぇ、早くぅ!』
「ハイハイw 今入れますよw」

『う、あぁ、、  オ、ふぅアァッ! あぁ、これ、ダメ、 チンポも、オモチャも当るぅぅアァッ! ぐ、ヒィッ!あぁ、、くっ!』
由紀恵はオモチャと松田の巨根との、ダブルで責められるのが気に入ったようだ、、、

「スゲぇ締まってるw なぁ、由紀恵は、ヤリ部屋では二本刺しはしなかったの?」
『あ、あぁ、、 くぅあぁ、、 して、、たよ。 毎回してた、、、 あ、ヒィアァッ!  でもぉ、、  こんなに大きな二本を入れたことなんてないよぉ、、  ダメ、、これ、、ホントに、、、アァッ! もうイクっ! イクっ!!』
「ほら、イケw 社長に謝りながらイケよw」
『孝一郎さん! またイキますっ! 極太チンポオマンコとケツマンコに入れられてぇっ! イグぅっんっ!!!!』
「ほら、イケ! もっとイケっ!」
パンパンと肉を打つ音が強烈に強くなる。



『ギィィッんっ!! んアァッ! オマンゴごわれるぅぅぅっっ!!! イギぃぃぃっっんっ!!!!』
「うわ、スゲぇ!吹いたw」
『おぉお、、、あ、、、、 あぁ、、  ン、、、』
由紀恵は、リアクションがなくなっていき、まったく声が聞こえなくなった。

「ホント、スゲぇなw あぁ、そうか、、失神アクメかw」
そう言って松田は、リアクションのない由紀恵に対して、腰を振り続けたようだ。

肉を打つ音だけが続くが、いきなり、
『ンオほっあっっ!!! ギィッひっっぃっ!!!  イグぅぅっーーーーっ!!!』
「うおッ、来たッw」
『すごひぃよぉ、、、 これ、、、あぁ、、、 幸せだよぉ、、、 あなたぁ、、、愛してます、、、』
「由紀恵、、、愛してるよ、、 なぁ、由紀恵のしたいこと、俺としようよ、、 責任取るからさ、、」


『本気なの? でも、、、 責任取る気もない感じで、、、無責任に壊されたい、、、』
「ふっw、、、 由紀恵、、、凄いな、、、 わかったw 覚悟しろよ。」
『う、あぁ、、、  ゾクゾクする、、、 いっぱい、酷いことしてね、、』

こんな約束をする二人、、、
録音は、その後すぐに終わった。


1日目の、寝る前までしか録音していない?容量の関係だろうか?
だが、この後どうなったのかは、由紀恵からも聞いているし、想像も付く、、、


とにかく疲れた、、 聞いていただけだが、俺の知らない由紀恵が、松田と奔放にセックスをする様子は、興奮も大きいが、ショックも大きい、、


と、こんな感じで報告書がわりの録音は終わった。


私は、松田にメモリを返しながら
「じゃあ、ヨロシクな。トコトンやってくれて良いからw」
と、虚勢を張った。だが、期待している私もいる、、  どこまで由紀恵が行ってしまうのか、、、  私の元に、とどまってくれるのか、、、



そして、家に帰ると、由紀恵が出迎えてくれる。
『あなた、お帰りなさい!』
満面の笑みで出迎えてくれる。いつもと変わらない由紀恵、清楚で、よく気がつく、控えめな由紀恵、、、
『今日も、お仕事お疲れ様!』
そう言って、私のカバンを持ってくれる。


とても、昨日松田との不倫温泉旅行から帰ってきたばかりには思えない。
と言うか、そんな事など無かったような感じすらする。


だが、すぐに由紀恵は変わったと思う瞬間が来た。
左手の指輪が、私との結婚指輪ではなくなっている、、、


それだけで、嫉妬と興奮でおかしくなった私は、由紀恵を後ろから抱きしめた。
こんなところじゃダメと言われるかと思ったが、
『先に私ですか?w 嬉しいです、、』
そう言って、振り返ると私のズボンを脱がしにかかる。

そして、あっという間に下半身裸という間抜けな格好になると、由紀恵がパクッとくわえてくれた。
そして、エアーフェラみたいなイジワルはせず、一生懸命に口で奉仕をしてくれる。


亀頭を丁寧に舐め、バキュームフェラをしてくる。
私とのセックスでは、それほど熱心にフェラをしてくれなかった。
照れているような、ウブな感じだった。

だが、過去の由紀恵の奔放すぎる性遍歴が、明白になった今では、開き直ったかのようにテクを駆使してくる、、、

「あぁ、由紀恵、ダメだ、、ストップ、、イッちゃうよ、、」
情けない声で止めようとすると、逆にスピードアップする由紀恵。
グボッグポッ!と、バキューム音もさらに大きくなる。

「ダメだって、イク、、イッちゃうよ、、あぁ、、、イク、、、」
由紀恵の口の中に出そうとしたら、由紀恵が口から私のペニスを吐きだして、手コキでイカせた、、、


廊下を精子で汚しながら、
「ど、どうして、、、?」
と、思わず聞いてしまった。


『だってぇ、、 私の中に出して良いのは、ご主人様だけですから、、』
屈託のない、良い笑顔のまま、こんな絶望的なことを言う由紀恵、、、

「そ、それって、、」
松田のこと?と聞きたくて聞けなかった、、、

『じゃあ、食事準備するから、それ、拭いておいて下さいねw』
と言って、嫁はキッチンに向かって行った。


私は、イッた快感など完全に消え失せて、泣きそうな気持ちでポケットから取り出したハンカチで、廊下に飛び散った自分の精子を拭いた、、、
そう言えば、昔ハンカチ王子と呼ばれて一世を風靡した男も、今は落ちぶれてしまった。私の今の姿と重なって思える、、、


言われるままに、結局自分で拭いてしまったことで、この先の夫婦の関係が決定したと思う。

そして、実際にこの日から徐々に日常が壊れて行ってしまった、、、




由紀恵と松田が温泉に旅行に行って6か月経つ。
今日も仕事を終えて、家路につく。
車を走らせ、家に着くと22:00過ぎだった。


玄関を開けて、
「ただいまーー」
と言いながら靴を脱ぐ。

いつものことだが、松田の靴がある。


そのままダイニングに行き、ラップのかかった夕食を、レンジにかけて食べ始める。
相変わらず、美味しいと思いながら、全て食べて、食器を全て自分で洗う。
そして、風呂に入り、スッキリした後に寝室に向かう。


ドアを開けると、目隠しをされて、口もふさがれ、後ろ手に手錠で繋がれた由紀恵が横たわっている。
そして、由紀恵の足下にいる松田が
「あ、お疲れ様ですw」
と、にこやかに言ってくる。


だが、松田の右手が、嫁のアソコにねじ込まれている、、、
「あw 急に締まったw 見られて、また興奮してる?」
フィストファックをしながら、松田が由紀恵に声をかける、、、


あの旅行以来、松田の大きなペニスや、それよりも大きなオモチャを使っていたが、今では拳を受け入れるようになっていた。

由紀恵は、口をふさがれたまま、うめき、のけ反り、足の指を限界まで曲げたりしている。

「そっか、それじゃ、しゃべられないねw」
松田がそう言って、口枷を外す。

口枷を外されると、由紀恵の絶叫が響く。
『オぐぁぁっ! ダメ、、抜いてぇ、、 裂けちゃうよぉ、、 アがぁぁッ!』
「先輩が見てるからって、なにウソ言ってんのw」
『だ、だってぇ、、ダメぇ、、、 そこ触っちゃダメぇ、、 グひぃんっ、、』
「ここが良いんだろ?子宮口、だいぶ開いてきてるぞw ほら、これ、、、コリコリしているw」
『ギッ! ヒィぐぅぅ、、、 壊れるぅ、、 オマンコ壊れちゃうっ!!!』
「一つで壊れるかよw ほら、力抜けよw」


そう言うと、松田はとりあえず拳を抜いた。
『ウぎっ! イグッ!! イグぅっんっ!!』
由紀恵は、拳を引きずり出された衝撃で、白目をむく勢いでうめいてイッた。

拳が抜かれると、ポッカリとアソコが開いたままで、チョロチョロとおしっこが漏れ始める、、、


だが、ベッドの上には防水シートが引いてあり、漏れたおしっこも上手くベッド下のバケツに入るようにセッティングまでされている、、、

バケツを見ると、もう半分以上液体で満たされている、、、

『イ、イっちゃった、、 もう、、ダメ、、、 許してぇ、、』
由紀恵が、うつろな目で言う。
この部屋に私が入ってから、由紀恵は一度も私を見ないし、言葉もかけてこない。


「なんで?こんな中途半端で終わるの? だったら、もう帰るわ、、」
松田が、冷たい口調で言う。

『ダメぇっ! ごめんなさい、、  もっと、、酷いことして欲しいです、、、』
「最初から素直になれよ。先輩がいるからって、今さらカマトトぶるなよw」
『だってぇ、、ごめんなさい、、』
松田は私の存在を口にするが、由紀恵は私などいないかのごとく振る舞う。


そして、最近見慣れた行為とは言え、松田が両手の平をあわせて、伸ばした左右の指を、由紀恵のアソコに当てると、息が止まりそうなほどドキドキする。

「イクぞw」
松田がそう言いながら、手をこじ入れていく、、、
『ぐ、、うぅぅ、、、、 ひぃっ、、 あ、あぁ、、、』
由紀恵がうめくが、すでに指が8本入っている、、、
そして、親指のところの部分が入り始め、さすがに動きがほとんど止まる。
とてもじゃないが、入るようには見えない。


「ほら、もう指10本入るぞw 力抜かないと、裂けるぞw 裂けたら、もっとガバガバになって、前でセックスできなくなるぞw」
『う、あぁ、、、それ、、、凄い、、、  ガバガバになったらぁ、、、  あなたのでも感じなくなるのかなぁ? く、うぅアッはっ!』

由紀恵は、後戻りの出来ない調教を受けることに、のめり込んでしまっている、、、
今も、後ろ手に手錠をされて、身動きの出来ない状態でダブルフィストファックを受けようとしている。
一番幅がある親指のところが、ズブズブっと音が出るくらいの感じで入っていった、、、
『ギぃっっ!!! おおおお、オおぉぉぉおぉんぅっっ!!』
身をよじりながら、由紀恵がうめく。


ダブルフィストが出来るようになってから、由紀恵は1度だけ私とセックスをしてくれた。
だが、驚くほど緩くて、まったく引っかかり感がなく、気持ち良くも何ともなかった、、、
それは、当然由紀恵も同じようで、嫉妬と焦燥感とで狂ったように腰を振る私に対して、あくびでもしそうな感じで、吐息すら吐かなかった、、、

そのセックスをするまでは、由紀恵は手や口ではしてくれていたが、その日を境に、手コキすら拒否するようになった。
『私が手でするよりも、私が壊されてるの見ながらオナニーした方が気持ち良いんでしょ? 良いんですよw 私にかまわずに、オナニーして下さいねw』
それどころか、こんな事を言われる始末だ、、、


そして、ベッドの上で白目をむいて死にそうになっている嫁の乳首には、ピアスがついている。左右の乳首には、それぞれリング状のピアスがくっついていて、そのリングとリングをシルバーのチェーンが繋いでいる、、、

しかも、そのピアスは私の目の前で、松田の手で開けられた、、
由紀恵は、松田にピアスの穴を開けられるたびに、タオルを思い切り噛みながら歯を食いしばって耐えたが、同時に体がガクガク震えるほど感じていた。
片方が終わり、もう片方を開けたときに、潮を吹いてイッたほどだ、、、


ここまで嫁をいいようにされて、私がなにもしないことを、普通の人はおかしいと思うだろうし、腹を立てるかも知れないと思う。
だけど、私はその壊されていく由紀恵を見て、より由紀恵への愛が深まるし、愛おしいと思う。そして、突き抜けるほどの快感を感じる。
その結果、手でペニスを触れもせずに、下着の中で射精する、、、


幸せに形はそれぞれだし、人にとやかく言われるものでもないと思う。
私をおかしいという人達を、自分の固定観念、常識にとらわれすぎている、可哀想な人だとすら思う。



現実逃避的に、そんなことを考えてしまったが、ベッドの上を見ると、由紀恵のアソコには松田の腕が二本突っ込まれている、、、
やはり、これは現実だ、、、

「さすがに、ギチギチだな、、、 子宮も完全に降りてきてるなw」
『あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁあっ!!!! ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛っっ゛!!!』
由紀恵は、藤原竜也も驚くくらいの叫び声を上げている、、、


しかし、何度見ても現実感がない。
フィストファックならば、努力でなんとでもなる気がする。
だけど、ダブルフィストは骨盤のことを考えても無理だと思うし、努力でなんとかなるレベルを超えていると思う。
しかも、たった半年で可能になるなんて、あり得ないと思う。

だけど、現実的には目の前で実行されている。

しかし、考えてみれば由紀恵は二人も産んだ経産婦だ。赤ちゃんの頭の大きさを考えれば、ダブルフィストくらい小さいのかも知れない、、、


「ほら、子宮直接触るぞw」
『ギィィィーーーッ! お、オゴォ、、、 それ、、クハぁ、、ダメぇ、、、 おがじぐなるぅぅっ!! あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーっっ!!!!!』
白目をむきながら、絶叫する由紀恵。


私は、ひたすら空気のように無言で見続けるだけだ、、、
もちろん、限界まで勃起して、イキそうになったままで、、、

松田が、ラフに腕を動かし始める。
といっても、キツすぎるのか、動きは少しだけで緩やかだ。
それでも、インパクトが凄すぎる、、、
グチョッ、ズチョッ、何とも言えない、嫌な水気の多い音をさせながら、由紀恵のアソコが限界まで広がっている。


由紀恵のアソコは、ツルツルに剃り上げられて、パイパン状態だ。
そして、特徴的なのが、クリトリスだ。
包皮を切除手術したので、常に剥き出し状態になっている。
その刺激のせいか、日に日に肥大していったクリトリスは、今では親指大になっている。
そして、その親指大になったデカクリには、やはりピアスがつけられている。
左右のビラビラにも1つずつ、合計3つのリング状のピアスが光っている。
しかも、そのうち1つは私との結婚リングだ。
だが、そんなものはなんでもない。あれに比べれば、気にすることでもない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2013/09/24 01:47 ] 嫁の由紀恵と巨根の松田 | TB(-) | CM(-)

36歳の私が、息子の夢精パンツを見て

私は現在36才の主婦で小学6年の息子の母です。
私が息子を性的対象に思うようになったのは、息子が精通を迎えた5年生の終わりの頃です。
息子と私は彼が4年生位まで一緒にお風呂に入っていたのですが、その頃はまだほんとにかわいい子供でした。
しかし、洗濯機の中に放りこまれた夢精でべっとりの息子の下着を見つけた時、私は下半身が異様に熱くなるのを覚え、思わずパンティーを降ろすと、べっとりと精液の着いた下着を股間にこすり付けていました。
その時の快感といったら、今まで味わったことのないものでした。
息子の夢精は一週間に4~5回あり、その度、私は彼の下着でオナッていました。

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:23 ] 女性の体験談 近親男性との体験談 | TB(0) | CM(-)

妻に先立たれた隣人と、嫁が旅行に行った

隣のご夫婦と私たち夫婦は、
子供が同級生ということもあり、たいへん仲がよかった。
休日のときは、よくお互いの家へ行き食事をしたり、
近くの公園に遊びに行ったりしていた。

しかし、奥さんが癌のため、35歳の若さで亡くなられた。
私たちは、子供とご主人[40]に元気を取り戻してもらうため、
よく食事に招きました。
子供はしばらくして元気を出したが、
ご主人のほうは、半年を過ぎても元気がありませんでした。

そこで私たちは、

「子供は、私たちが見ててあげますから、少し旅行でも行ってきたら。」
と提案をしたのです。

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:21 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

嫁が浮気したので、罰に他の男に抱かせた

25歳の妻の浮気を知り、私が指定した男に目の前で抱かれたら許してやると約束させました。

相手は52歳で小太りの不細工な男性です。
サウナで知り合ったのですが、ペニスは私の倍有ります。
妻の安全日に合わせて禁欲してもらい先日我が家へ招きました。
人柄の良い男性で妻を気遣ってくれました。
妻も少し安心した様子だったので一緒に風呂に入れました。
私は外で声だけを聞いていました。
「奥さんは色が白いし肌がきれいですね。オッパイが大きいのに乳首が上を向いて
いるからそそられますよ」
「いやっ」
「私に洗わせてください。」
「いやっ・・・だめ・・・あっあっ」

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:17 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

銀行員の妻と、仮想寝取られ体験

私の妻・貴子は27歳。銀行に勤めています。
 厳格な両親の躾の甲斐あって性格はいたって真面目で浮ついたところもなく、
おとなしそうな瞳が優しげな雰囲気を醸し出しています。

 私にとっては少々自慢の愛妻で、友人や知人からお世辞を言われるのも心地
よく感じています。
 昨年結婚してもうすぐ一年ですから新婚ですが、学生時代からの交際なので
あまり新婚らしい新鮮さはないのかもしれません。その分、気心が知れていて
気楽でいいのですが。
 私は一つ上の28歳。ごく普通のサラリーマンです。
 結婚して三ヶ月ほど経ったある朝、妻が今夜は同じ支店の同僚と飲みに行く
と言うので「じゃあオレも行っていい?」と冗談で聞いてみました。妻はそう
いう公私混同に近いことが嫌いな性格でしたから、当然断られると思っていた
のですが、案に相違して

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:16 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

サークルの後輩のビキニの写真を見て萌えた

726 えっちな18禁さん[sage] 2013/06/01(土) 00:57:46.01 ID:JPbhh6Ht0
サークルの一年下の女子が、夏休み中に行ってきた沖縄旅行の写真の話してた。
茶化すつもりで「黒のビキニとか着てったんだろ~エロ~」とか言ってたら「そうだよ」と平然と答えやがった。
「マジで?今度持って来い!見せろ!」と言ったら無言でスルー。まあそんなもんだよなと。想定内。

翌日、廊下ですれ違った時に「写真持ってきたよ」と平然とした表情で一言。最初なんの事か分からないでいると、「だから写真。沖縄の!見たいって言ってたでしょ?」。
マジかと動揺、惜しげも無くiPhoneで写真見せられた。本当に黒のビキニだった。しかも思ってた以上に美乳でエロい腹回りに勃起しそうになった。

【続きを読む】
[ 2013/09/23 17:10 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

姉に「ねーちゃんのこと嫌い…?」と聞かれた

774 名前: 1 [sage] 投稿日: 2009/09/05(土) 00:30:46 ID:JQypdkdK0
882 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします []:2009/09/03(木) 09:46:16.76 ID:Wj7HL6pKO
結論から言うと…してしまいました

昨日あの後弟の部屋に行ってきました
一緒にお酒飲みながらぐだぐだゲームしました
 
 
ゲームも飽きたのでそろそろ寝よっかなーという感じに
ドキドキしながら今だ!と思い、『一緒に寝よー』と言ってみた
「えっえっ」と動揺してる弟をシカトしてベッドにねっころがりました

弟は顔真っ赤にしながら隅っこに寝ているので
『昔よく一緒に寝たよねー』と何気なく話しかけてみた
「そうだねー」と普通に返事してきたので
『ベッド狭いからもう少しそっちいってもいい?』と聞いたら
「う、うん…いいよ…」と許可もらったので近くにいってくっつきました

【続きを読む】
[ 2013/09/22 22:15 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

薬でハイテンションになる女

お塩先生の事件みたら昔を思い出したのでちょいと書きます。
繁華街の飲み屋で酔った女に出会ったのはだいぶ前の話。
飲み屋のカウンターでちびちびと飲んでいると突然隣に座った女の子。
小声でかわいく「ねぇ?やっちゃわない?」と誘われた。
なんの話かわからずにいたんだけど、飲み代払えば
私とエッチできるよ!という意味だった。

容姿は可愛いし胸なんかはち切れんばかりの大きさで
たわわに実った二つの果実の谷間はかなり美味しそうに見える。
太もも丸出しのミニスカートはいて胸の谷間を見せつけながら
髪のいい匂いを振りまいてる。

【続きを読む】
[ 2013/09/22 22:11 ] 男性の体験談 アブノーマル 男性 | TB(0) | CM(-)

隣に越してきた人妻と僕で新婚旅行に行く

香織は32歳の人妻である。出会い系で知り合ったわけでもなく3ヶ月前に
隣に引っ越して来た。同じマンションの隣同士と言う事で、香織は俺の
母親とすぐに友達になった。香織はいつもミニスカートを穿いていた。
旦那さんの趣味かと思っていたが、そうではなかった。普段相手にしてくれ
ない旦那さんを挑発するためだったらしいが、旦那さんではなく俺を
挑発していた。そんな香織とエッチな関係になったのは自然の成り行きに
近いものであった。

【続きを読む】

向かいのマンションの奥さんのテレセックスを目撃

通りを隔てて斜め向かいにあるマンションには多くの家族が一家団欒過ごし
ている。
ウチのベランダから見える部屋は6階までの12世帯。
その内2階の一軒は比較的カーテンを開けていることが多かった。
ウチが5階なのでその家は見下ろす形で部屋の中まで見えた。
僕は平日に休みができると双眼鏡でその家を覗くのが習慣になっていた。
最初はベランダで洗濯物を干している奥さんが気になり、もう少しアップで
顔が見たいというのがきっかけでした。
ある日いつものようにベランダで洗濯物を干す姿が見えたので、双眼鏡を取
り出し窓の縁から覗いていると、干し終わった奥さんは部屋へ戻ると電話の
子機と小さな紙袋を持ちソファに座った。

【続きを読む】

メル友の人妻(26歳)と初体験をした

僕はこの間、初体験しました。
相手はメールしていた26才のお姉さん。メールを初めてしばらく経ってから分かったけど、一応人妻さんでした。
最初は些細な出来事や学校での事をメールしていたけど、ちゃんと話を聞いて返事をくれるので時々悩み事とか相談しても真剣に答えてくれるので、色々と話をしてまだ童貞だと言う事まで話していました。
振り替え休日になった月曜日の事。
朝からお姉さんとメールしていると。
「予定ないの?私もヒマだし遊びに行く?」
誘われて喜んで出掛けて行って、昼食をごちそうになりカラオケに行きました。「実際に見てどう?おばさんでしょ?」

【続きを読む】

こたつの中で、旦那がいるのに部長にイカされた

私は2年前に勤めていた会社の取引先の営業マンと知り合い大恋愛の末、去年の秋に結婚した新婚ホヤホヤの25歳の新妻です。
ちなみに身長164、B88、W60、H92とプロポーションには自信がありましたが、プライドが高いせいか男性経験もほとんどなく、初体験も20歳の時で、相手は大学の先輩で私から好きになり結ばれました。
夫が2人目でしたが、夫はセックスがとても上手で女としての悦びも教わりました。

【続きを読む】
[ 2013/09/21 23:05 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

JKの頃、痴漢の変態オヤジに目覚めさせられた

高校生の頃学校が服飾デザイン系だったので、
ある日お○場にある某ホテルで開催されたカ○ラユミのファッションショーに
自由参加な校外学習に行く事になりました、
自由参加だったので私は友達と電車でお○場まで行きました。
ホテルでのファッションショーが終わりに近づき友人は皆カ○ラユミ会いたい
らしく、「サイン貰いに行こう!」など言っていましたが、
私はあまり興味が無かったので友人に「じゃぁ~私は最上階に行ってお○場の
景色見てくるねぇ~」
と言って一人でエレベーターに乗りました、
そこには1人の50代位のビジネスマン風の人が乗っていて、
私は最上階のボタンを押しました、
その親父はバーコード頭でハゲ&デブ&テカテカでチョット気持ち悪くて・・
私の後ろの方に立ってました、

【続きを読む】
[ 2013/09/21 23:03 ] 女性の体験談 痴漢体験 女性 | TB(0) | CM(-)

台風で殺人的に混んだ電車でJKに

台風の影響で電車が殺人的な混み方だった でもJKやJCは休校のためかなかなかターゲットを絞れず。
K駅のホームも間引き運転とのことで結構な混みよう。 S学園高校の制服を着たちょっと背の高いJK(エリちゃんと言うらしい)を何とか見つけ列に並んだものの、電車はもう20分もやってこない。
そのうち構内放送で、再び運転見合わせとの事。
振替でK線乗車のためホームにいた人たちがぞろぞろと移動を始めた。
僕もエリちゃんを見失わないよう気をつけながら移動。
エリちゃんはケータイメール打ちながらだからこっちには全然気づいてない。
よく観察するとベリーショートのまさに部活少女なのだが、なかなかのロリっぽい美少女で日焼けした肌も美味しそうだ。

【続きを読む】
[ 2013/09/21 23:01 ] 男性の体験談 痴漢した体験談 | TB(0) | CM(-)

店長の俺が、お気に入りの常連人妻と

俺はレストランの店長をしている。
夜7時までの勤務だった俺は、着替えを済ませ外に出た。
すると、よく家族で店に食事に来る近所に住む人妻のひとみが一人で店に来た。
芸能人の『さくら』に似ているひとみは俺のお気に入りの客の一人だ
俺は、店の前でひとみに声をかけた…『あ!こんばんわ』
レジで話した事もあるので、俺に気付いたひとみは…『あ…店長さん、こんばんわ』
俺『あれ?今日は、お一人ですか?』
ひ『子供と主人は、泊まりがけで実家に行っちゃって…』

【続きを読む】

着物の熟妻で初体験をした

今から約30年程前の話で恐縮です。
当時、高校生で夏休みは決まって父の取引先の国際観光ホテルでプール監視員
のアルバイトをしていました。
土日などの宴会などが入ったときに、プールが終わってから調理場と仲居さん
の配膳室までを、カートで料理を運ぶ人手が足りない時は、その手伝いもして
いました。
何度目かのカート運びのアルバイトで大きな宴会が終わり、着物を着替えた仲
居さんが数名、食器を片付けている手伝いで、配膳室に山積みの食器を下げる
作業中、宴会場を見ると2人の仲居さんが宴会用のテーブルの食器を別の箱に
重ね、テーブルを折りたたんで積んでいく作業中、仲居さんのスカートの中が
チラチラ見えるんです。
最初は遠め見ていたので解らなかったがテーブルの片づけを手伝いに、宴会場
に入って近くから見ると、ノーパンで陰毛が見えていました。

【続きを読む】

バイトのコンビニで、子持ちの人妻に告白した

僕はコンビニで働く21才のフリーターです。
このコンビニに僕好みの目のぱっちりしていて
胸の大きな新垣結衣にの可愛い女の子に、
告白したのですが何とその子は僕よりも
5才年上で結婚もしていて5才になる子供もいる事を知ってしまった。
僕が告白したせいで、彼女も僕を前より意識しだし
ぎこちない日々が続いていた。
そんな時、月に一度コンビニで働く皆での飲み会に、
いつもこない彼女も参加したのです。
このチャンスを逃すまいと僕は彼女の隣の席を誰よりも早く取り、
酒の力をかり、明るく彼女と会話していた。

【続きを読む】

出会い系で知り合った人妻美沙さん

3年ほど前ですが、出会い系で美沙さん(33歳)と知り合いました。
旦那さんとは親の知り合いの紹介で知り合い、結婚したそうです。
旦那さんは実家が会社を経営しており、旦那さんも次期社長なのは
間違いなく、毎日仕事が忙しいとのことでした。
その分、すれ違いが多く、寂しくて出会い系に手を出したそうです。
最初の3ヶ月ほどはメールのみで会うことはなく、これはもう実際
会うことはないのかな~と半ば諦めていたところ、たまたま僕の仕事が
美沙さんの家の方であり、夕方時間が作れたのでメールしてみました。
僕「今近くに仕事できてますよ!何してますか?」
美沙「家でテレビ見てます。仕事は順調?」
僕「そろそろ終わるので今日は直帰ですよ。」
美沙「まだ15時なのに早いね~。会社戻らないの?」

【続きを読む】

脱サラして整体始めたら、やりまくり

私は55歳、整体師。マンションの1室を借り、完全予約制で営業している。
脱サラで始めた整体業だが、口コミでの患者たちに、すこぶる評判がいい。
完全密室での施術なので、女性患者は警戒するんじゃないかと聞かれるが、
決してそんなことは無い。むしろ施術途中の世間話や、きめ細かい対応が好
評を得ている。
もっとも施術のミスや、悪しき風評は致命傷の商売なので、女性の身体に触
れても、妙な感情は抱かないのがプロだ。

ところが時として抑えることのできない、激情にかられることもある。

先日の患者、明美さん(41歳)もそんな一人だ。


【続きを読む】

後輩に、餞別で彼女を抱かせた

276 :えっちな18禁さん:2008/08/26(火) 20:17:39 ID:JAegsaov0

ちょっと昔の話なんだけど、大学の後輩が、父親が倒れたとかで急に実家に帰ることになったんだ。一人っ子なので、
大学中退して介護しながら家業を継ぐんだと。実家はとんでもない田舎で、当時で帰省に片道6時間かかるようなところ。

そいつとはアパートもすぐ近くで、すごく懐いてくれてたんでなにかしてやりたいと思ったんだよな。
本人に聞いても「いや、気にしないでください。それより今までありがとうございました」みたいな感じで埒あかない。

あんまり酒に強い方でもなかったから、じゃあ酔わせて本音を出させようとか考えて、引越しの2週間くらい前かな、 俺の部屋で送別会っつって飲んだ。会つっても、俺と後輩と、俺の彼女の3人で。
彼女はよく俺の部屋にいたから、これまでも3人でよく飯食ったりしてたんだ。

【続きを読む】
[ 2013/09/20 13:02 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

隣の部屋の弟が始めそうな雰囲気

571 名前: 名無しさん@ピンキー 投稿日: 2006/03/12(日) 01:13:30 ID:+uTmKDrQO
隣の家ってか隣の部屋の弟が始めそうな雰囲気…
実況いる?
573 名前: 名無しさん@ピンキー 投稿日: 2006/03/12(日) 01:45:36 ID:+uTmKDrQO
支援者いたからage、実況やります。眠くなるかもだけど。

一応スペックを。
弟:小柄なスマップ香取って感じ。悔しいが結構モテる。
彼女:昔の深田恭子(今の沢尻エリカみたいな)すごく純粋でいい子。
お互い先日高校卒業したばっか。
今日は母が職場の旅行でいない(父は単身赴任)ので彼女が泊りにきたみたい。
弟の話によると「卒業するまで待たされた」と言ってたから彼女は処女っぽい。
なかなか珍しいタイプで中2までキスで子供が…と思ってたほど純粋ちゃんらしい。
今日はついにみたいな。
とりあえず頑張って実況するよ。

【続きを読む】
[ 2013/09/20 12:55 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

社長が思いつきで受付嬢を雇ったら

421 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2008/08/28(木) 18:20:33 ID:IsfjUMb90
受付嬢(21才)と社内でヤッたときの話…。

5年前の3月末。
何を考えたか、突然、社長が「受付を雇おう」と言い出した。
電話など誰かが取ればOKなのに、
従業員約50名のワンマン経営で、誰も文句は言えない。

また、いつもの気まぐれかよ。
どうせロクな女は来ないだろう。

と、思っていたら、
1人はモニカルインスキー(クリントンと浮気してたブス)、
もう1人は石田えり(古くてスマソ)を若くしたような娘だった。
面接官がスケベ親父だったので、エロオーラに釣られたらしい。

【続きを読む】

クリスマスに私が受けたおしおき

去年のクリスマスに私が受けたおしおき(笑)を書きたいと思います。
まずひとつは、私がタバコを吸わないし健康なのをいいことにピルを習慣づけて普段から中出しし放題
もうひとつは早くから部屋を予約しておくから、そこでハメ撮りの撮影会をする ということ・・・
私「例によってコスプレですか?」
彼「当然^∇^♪」
私「・・・・・・なんでも(どんな服装でも)いいの?」
彼「まなちゃんは何着ても似合うけど俺的にはやっぱロリだな^^」
私「・・・普段から私が好きで着てるのをつかまえてはいたずらしてるのに・・・」
彼「でも本格的(←?)なシチュエーションで撮ったことないじゃん!やってみたいんだよ」
私「・・・・・・そうだけど・・・・」
彼「大丈夫!(←何が?!)(予約が)早かったおかげですっげぇいいとこ取れたから♪」
私「そうなの?」
彼「楽しみにしてて^^」
私「・・・・・・・・うん」

【続きを読む】
[ 2013/09/19 13:28 ] 女性の体験談 SM調教体験 女性 | TB(0) | CM(-)

結婚2年目の私が堕ちた地獄

今、どうしたら良いのか悩んでます。
数日前の事なのですが・・・・

私は、結婚して2年と数ヶ月になりますが子供はいません。
主人は転勤族で貸しマンション暮らし、探すのが面倒で業者にお願いし、今の所を見つけてもらいました。
海に近い街であまり都会という所ではありませんが、主人の勤務先に通うのに近い場所はあまり無かったので。
ドタバタと荷造っては、引越した先で今度は並べ直しやっと落ち着ちついたのですが。
その日は朝食を済ませ主人を会社に送り出して、食器の洗い物と引越しで溜まっていた洗濯も一通り終わり一休みしていました。

【続きを読む】
[ 2013/09/19 13:25 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

旦那と子供を裏切って上司と不倫する私

みなさんのお話を読んでいて私の話も聞いてもらいたいと
思うようになりました。
現在私は37歳、彼は44歳になります。
彼と付き合うようになってから5年くらいになります。
ある時両親のことで悩んでいた私は上司である彼の家へ
相談に行きました。
平日の夜だったこともあり相談に行ってもいいか電話で
聞いたところ明るい声で「いいよ。待ってる。」とのこと
でした。私は以前から彼のさわやかな明るい感じが大好きで
中年と呼ばれる年齢を感じさせない素敵で子供のように
無邪気なところもありでも仕事にも自分にも厳しい彼に
憧れのようなものを持っていました。

【続きを読む】
[ 2013/09/19 13:24 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

夜の看護学校の教室でセフレに中出し

某病院の職員です。
病院に併設されている看護学校で、その昔に井川遥似のセフレと中出し三昧してた頃のことを書きます。
勤めている病院に、渡り廊下で繋がってる看護学校があるんですが、毎日その渡り廊下が病院の夜警氏によって施錠されていました。
ある日、その地下にある病院用の倉庫で調べ物をしていた俺と彼女は、夜の7時頃に病院側へ戻ろうとすると、なんと鍵が早々とをかけられてしまっているではありませんか。
いつもなら、まだ看護学校の教職員がいる時間だったのですが、その日は誰も残っておらず、看護学校に俺たち二人だけ・・・・。
病院側からは鍵がないと入れないけど看護学校側からは内鍵で簡単に出れる構造だったから心配はいらなくて、むしろ周りに誰もいないとなるとすぐにエッチな事を考えてしまう二人。
ちょうど、ありきたりのセックスには飽きて来はじめててちょっと刺激的な場所でもしてみたかったし、2週間位エッチしたなかったので即、校内をエッチの場所を求めて探検開始!
校長室や教務室・図書室・物品倉庫には鍵がかかっていたけど、他はみんな開きっぱなし。

【続きを読む】

不細工な友達に出来た可愛い彼女を輪姦した

数年前の話です。
俺の友達にガンちゃんってスゴい不細工な男がいたんだけど、そいつに産まれて始めてできた彼女のノンちゃんがビックリするほどのカワイ子ちゃん!
俺は素直に「ガンちゃん、よかったなぁ~」って思ってたんだけど、俺らの先輩で極悪人と評判のトモさんが嫉妬して、「あいつの彼女マワしたろうぜ」とか言い出しやがった。
「そんなムチャな」と思ったけど、極悪トモさんの命令は絶対。
そんで合コンを装って「女の子の数が足りないから参加してよ」ってノンちゃんを誘って、ベロンベロンに酔わせてやった。
他の女二人、ジュンとケイコは俺らの公衆便所になってるヤリマン女。
そのままトモさんのマンションに連れ込んで、男五人女三人で乱交開始。

【続きを読む】
[ 2013/09/19 13:14 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ
Twitterフォロー
おすすめ動画