エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

嫁が出産のために入院中、お義母さんが性欲の処理をしてくれました完

前回の話

みゆきの出産は無事に終わり、エコーでわかっていたとおり、男の子が生まれた。長男よりも短時間で生まれ、嫁の身体の負担も少なかった。そして、4人+1人の生活が始まった。+1は、お義母さんだ。しばらく落ち着くまでは、同居してくれるということになった。長男のときも、3か月近く同居してくれて、本当に助かった。

ただ、長男の時と違うのが、俺がお義母さんと肉体関係を持っていることだ。さすがに、みゆきが戻ってきてからは、一度もそういうことはしていない。次男が生まれた喜びと、まだ2歳の長男と次男の世話で、バタバタの毎日だったからだ。

でも、2週間も経つとかなり落ち着いてくるし、お義母さんがそれとなくアイコンタクトのようなことをしてくるようになっていた。嫁に感づかれないだろうかとヒヤヒヤしながらも、そのスリルを楽しんでいる俺もいた。

家族が増えて賑やかになった食卓。夕ご飯はお義母さんが作ることが多い。嫁は、脇のベビーベッドで寝ている次男の顔を微笑みながら見ている。さっきおっぱいをあげて、今寝たところだ。嫁は、お義母さんが作ってくれた夕飯に箸をのばす。
『美味しい! いつもありがとうね』
お義母さんにお礼を言いながら、パクパクと食べる嫁。貧血も出なくなったし、もうすっかりと体調もよくなったみたいだ。

『いっぱい食べるのよ。純ちゃんに良いおっぱいをあげなくちゃね』
お義母さんは、次男の寝顔を見ながらいう。とても、あんな淫らな一面を持っているとは思えない、優しい顔だ。良いおばあちゃん……。と呼ぶにはまだ若すぎる気はする。

『パパもいっぱい食べないと! お母さんいなくなったら、こんな美味しい夕ご飯じゃなくなるからね』
嫁は、おどけたようにいう。家族も増えて、お義母さんもいることで、嫁は上機嫌だ。でも、そんな嫁を見ていると、罪悪感も感じてしまう。
『みゆきも頑張らないとね』
お義母さんが優しい顔で言う。娘に対する、優しい母親の顔だ。こういう感じのお義母さんを見ていると、あの淫らな姿は幻だったのかな? と、思ってしまう。

そして、食事が終わり、子供たちを風呂に入れる。大騒ぎでそれが終わると、寝室で嫁と次男が、私の部屋で長男と私が寝る。お義母さんには和室で寝てもらっている。

まだそれほど遅くない時間だが、長男を寝かしつけているうちに、俺も眠くなってしまい、そのまま寝てしまうことも多い。今日も、いつの間にか爆睡してしまった。

モゾモゾと、股間のあたりをまさぐられている感覚で目が覚めた。すると、俺のパジャマの下は脱がされていて、パンツまで剥ぎ取られていた。そして、むき出しになったアレをくわえられていた。

一瞬で覚醒し、確認すると、お義母さんがくわえ込んでいた。まだ、俺が起きたことに気がつかないお義母さんは、夢中で俺のモノを口で責めていた。ヌチョヌチョという水っぽい音を響かせながら、激しく頭を振るお義母さん。俺は、一気に快感がこみ上げてくる。寝ていても、こんな風に責められると、射精感は高まるようだ。

そしてよく見ると、お義母さんは自分の股間をまさぐっていた。
『ん、はぁ……ンッ、ふぅ……』
甘い吐息を漏らしながら、お義母さんはオナニーとフェラを続ける。
俺は、あまりの気持ちよさと、お義母さんのエロさにイキそうになってしまった。でも、そのままなんとか我慢して、寝たふりを継続した。

お義母さんは、
『んっ、んっ、くぅ……はぁ、ンッ』
と、吐息を漏らしながらさらに激しく続ける。お義母さんは、あそこをまさぐるだけではなく、もう片方の手で乳首を触り始める。お義母さんは、ネグリジェみたいなものを着ていて、浮き出た乳首がはっきりとわかる。それを、摘まむというよりは、握りつぶす勢いで握っている。

『ぅ、ふぅ、あっ、あっ、もうダメ……我慢できない……』
お義母さんは、小さな声でささやくと俺の上にまたがってきた。そして、ネグリジェをまくってツルツルのパイパンを見せながら、俺のアレをそのまま生で入れてしまった。グチョグチョに濡れた感触と、絡みついてくる膣肉の感触。声が漏れてしまいそうになる。
『あっ、ふぅぅ……。凄い……うぅああぁ♡』
お義母さんは、必死で声を殺しながら腰を振り始めた。ベッドがきしまないように、息子が起きないように気をつけている感じはあるが、徐々に動きが速くなってくる。

俺は、もう我慢できずに、お義母さんのたわわな胸を下から揉み始めた。柔らかいけど張りのある不思議な感触が、ずしっと手の平に乗ってくる。
『あら? 起こしちゃったわね。借りてるわよ』
と、お義母さんがとろけた顔のまま言ってくる。俺は無言で身体を起こすと、対面座位の体位になった。すると、すぐにキスをして来るお義母さん。半ば強引に俺の唇を舌でこじ開け、彼女の舌が滑り込んできた。
一気に呼吸を荒くしながら、お義母さんが俺に抱きつき、舌をメチャクチャに動かしてくる。俺も、お義母さんの舌を吸い取るように吸引し、舌を絡めていく。痛いくらいに締め付けてくるお義母さんの膣。俺は、ゆっくりと腰を動かし始めた。
『うぅ、当ってる。マサルさんのおチンポ、子宮に当ってるの♡』
お義母さんがとろけきった顔でささやく。
「みゆきがいるのに、いいんですか? 声、聞こえちゃいますよ」
俺は、お義母さんをいじめるような感じで言う。

『だめぇ、そんなこと言っちゃ、あぁ、我慢できなかったのぉ』
お義母さんは、少し苦しげな声を出す。罪悪感を感じているような感じでも、膣はキュンキュン締まってくるし、子宮口は相変わらず開き気味のような感じだ。

2週間ぶりくらいのお義母さんの膣は、やっぱり気持ち良くて最高だった。
「子宮、メチャクチャ降りてきてますよ。いいんですか? 今度はお義母さんが妊娠しちゃいますよ」
『だめぇ、今日は危ない日なの、うぅ、あぁっ、で、出来ちゃう、妊娠しちゃう』
お義母さんは苦しげにうめきながら、腰を動かしてきた。俺の腰の動きにあわせるように、腰をぶつけてくるお義母さん。ベッドが微妙に揺れ始める。長男が起きないか心配になってしまうが、熟睡した子供はそう簡単には起きない。それよりも、寝室の嫁の方が気になる。次男の夜泣きのこともあるので、夜中にも目が覚めている事もあるはずだ。

俺は、そんな危機感を持ちながらも、もう限界間際だった。
「お義母さん、もうイキそうです。どこに出して欲しいですか?」
俺は、危険日だと聞いて正直ビビりながらも、お義母さんの膣中に注ぎ込みたい気持ちでいっぱいだった。

『中に! 奥に出してぇ! まさるさんのザーメンで、子宮いっぱいにしてぇ』
お義母さんが我を忘れた顔で言う。
「出来ちゃいますよ。お義父さんになんて言うんですか?」
俺は、腰を振りながらさらに言葉で責める。
『イヤァ……。言えない……。あの人に言えないぃ』
お義母さんは、泣きそうな声で言う。
「じゃあ、止めますか?」
『ダメぇっ! 欲しいのぉ、中に欲しいっ! ザーメンいっぱい出してぇっ! 赤ちゃん出来てもいいからぁっ!』
お義母さんは、そんな風に言うと、さらに腰の動きを強くした。俺は、もう限界だった。

「イ、イクっ、中に出します!」
俺は、絞り出すようにそう言うと、お義母さんの膣中に思いきり射精した。
『うぅう゛う゛っ! イグぅっ! イグッ!』
お義母さんは、声を抑えるのを忘れたようにあえいでイッた。俺は、慌ててお義母さんにキスをして口を塞ぐ。すぐに舌を絡ませてくるお義母さん。そのまま2人は、しばらく舌を絡ませていた。

俺は、お義母さんの情熱的なキスを受けながら、急速に冷静さを取り戻していた。本当に危険日だったのだろうか? 出来てしまったらどうすればいいのだろうか? そんな心配で、頭がいっぱいになっていった。

しばらくすると、お義母さんが俺の上からどき、俺のアレをくわえてくれた。
『本当に、素敵だわ。まさるさんのおチンポ、大好きよ♡』
お義母さんは丁寧にお掃除フェラをしながら、熱に浮かされたように言う。
「平気ですか? 危険日なんですよね……」
心配になった俺は、そんなことを聞いた。
『そうよ。すっごく危ない日。だから、身体がうずいちゃって我慢できなかったのよ』
お義母さんは、イタズラっぽく言う。
「そんな……」
本気でビビる俺に、お義母さんはニッコリと笑いながら、
『たぶん平気よ。私、妊娠しにくいから。みゆきの時も苦労したもの』
と、フォローになっていない事を言うお義母さん。でも、少しは安心した。


そして、この夜がきっかけで、お義母さんの性欲はまた復活してしまったようだった。でも、さすがに家でのセックスはまずいと思ったようで、家でしたのはその1回だけだった。
その代わり、何かにつけて外に連れ出されるようになった。
『じゃあ、ちょっと行ってくるわね。コストコまで行ってくるから、ちょっと遅くなるかも』
お義母さんは、嫁にそんなことを言う。確かに、コストコに行くのは間違いないが、お義母さんの気持ちは買い物よりも、俺とのセックスに向いているはずだ。

『じゃあ、コーヒーとグレープフルーツのアレもお願いね』
と、嫁がコストコオリジナルの商品をリクエストする。
『本当に好きねぇ。わかったわ』
『ありがと〜』
と、仲良しな母娘の会話をする2人。でも、お義母さんは思いきり娘を裏切っている……。俺は、罪悪感を感じつつ、車を走らせた。

そして、首都高に乗ると、助手席のお義母さんが俺のアレをまさぐってくる。すでに、お義母さんとのセックスのことを想像して半勃起してたアレをさすりながら、
『もう、固くなってきてる♡』
と、嬉しそうに言うお義母さん。完全にオンナという感じだ。
「だって、お義母さんがエッチな格好してるからですよ」
俺は、そんなことを言う。お義母さんは、車に乗るとすぐにカーディガンを脱ぎ、ブラウス姿になっていた。そして、ノーブラなので、ブラウスに乳首がはっきりと浮いている。もう、セックスしたくてたまらないという感じだ。

『あら? こんなおばちゃんのおっぱいでも、興奮するのね』
お義母さんは、大げさに驚いた感じで言う。俺は、我慢できずにお義母さんの胸を揉んだ。運転しながらなので、それほど大胆には出来ないが、それでもその大きな胸を堪能した。乳首をつまむと、
『アン♡ 運転、危ないわよ』
と、甘い声を漏らすお義母さん。そのまま、俺のズボンのファスナーに手をかける。そして、あっという間に俺のアレを剥き出しにすると、滑らかな動きで手コキを始めてくれた。すぐにフル勃起した俺のものを、嬉しそうにしごくお義母さん。俺も負けずに、お義母さんの乳首を責め続ける。すると、お義母さんが俺のものをくわえてきた。

運転中にフェラチオさせる……。男なら、一度は夢見るシチュエーションだと思う。でも、実際にしてもらうと、ちょっと怖い気持ちになる。事故りそうなのと、見られそうなので、ドキドキしてしまう。

お義母さんは、俺をイカせる勢いでフェラを続ける。渋滞気味でのろのろ運転になったので、俺は負けずにお義母さんのブラウスをまくりあげ、おっぱいを剥き出しにして揉み始めた。
「お義母さん、隣の車から見えちゃいますよ」
実際、トラックなんかからは丸見えかもしれないと思いながら言うと、お義母さんは、
『見られちゃう。おばちゃんの弛んだ胸、見られちゃう』
と、うわずった声で言う。でも、胸を隠そうともせず、また俺のものをくわえ始めた。そして、それだけではなく、自分のあそこをまさぐり始めた。お義母さんはフェラチオしていると、どうしてもオナニーを我慢できなくなるようだ。

のろのろ運転で、周りの目が気になりながらも、この状態が続く。お義母さんは、まさぐるだけでは我慢できないみたいで、自分の指を膣に入れてかき混ぜ始めた。

俺は、お義母さんのエロすぎる姿に興奮が高まりすぎて、運転中にもかかわらず射精を始めた。
「お義母さん、イクっ!」
お義母さんの口の中にぶちまけると、お義母さんはそのまま喉を鳴らして飲み干してくれる。同時に、身体をビクンと震わせて、
『んんっーっ! んふぅ♡』
と、大きくうめいた。

お義母さんは身体を起こして助手席に座ると、おっぱいを剥き出しのままで、
『まさるさんのザーメン、本当に美味しいわ。私もイッちゃった♡』
可愛らしく言うお義母さん。お義母さんは、どんどん若返っているような感じがする。それこそ、俺のエキスを吸い取って若返りでもしているような感じだ。

「お義母さん、おっぱい丸見えですよ」
『あら? 私ったら、はしたないわね』
と言いながらも、胸を隠そうとしないお義母さん。こんな場所で、露出したままのお義母さんは、どこか楽しそうだ。開放感を楽しんでいるのかもしれない。

そして、車は首都高を降りて信号で止った。それでも、お義母さんは胸を出したままだ。隣に停まったバイクが、お義母さんを見ている感じだ。
「お、お義母さん、見られてますって!」
慌てる俺に対して、お義母さんは、逆に胸を張るような感じでおっぱいをアピールしている。そして、お義母さんはバイクの男性の視線を感じながら、どんどん呼吸を荒くしていく。

そして、我慢できなくなったように、あそこをまさぐり始めた。バイクの男性に見られながらオナニーを始めたお義母さん。あまりにも淫乱すぎる。すると、信号が変わり、俺は慌てて車を走らせた。お義母さんは、
『ンッ、ンッ! ん、ふぅ……はぁぁンッ♡ ダメぇ、またイッちゃぅ、イッちゃうのぉ♡』
と、お義母さんは街中でイッてしまう。
『ふふ。またイッちゃったわ。あら、もう着くわね』
お義母さんはそう言うと、やっとおっぱいをしまい始めた。

そして、駐車場に車を停めて、降りようとすると、お義母さんが抱きついてキスをしてきた。舌を差し込まれ、かき混ぜられながら、俺は周りの目を気にしてしまった。

『まさるさん、ちょっと待っててね。パンツ穿くわ』
と、お義母さんが言う。俺は、二度もイッてさすがに冷静になったのかな? と思いながらお義母さんを見ていると、お義母さんはカバンから変な物を取りだした。一見下着なのだが、あそこの部分の内側にバイブが着いているような感じのものだ。俺のアレよりは小さなバイブだが、かなりの大きさだと思う。

お義母さんは、手に持った小さなリモコンをいじり、スイッチを入れる。すると、そのバイブがうねるように動き始めた。思ったよりも動きが大きく、音もそれなりにしている。
『ふふ。リモコンは渡しておくわね』
イタズラっぽく笑いながら、お義母さんがリモコンバイブのリモコンを手渡してきた。俺は、動揺しながらそれを受け取る。

するとお義母さんは、そのバイブをあそこに挿入し始めた。
『ンッ、ふぅ……。けっこう大きいわね……。でも、まさるさんのおチンポほどじゃないわ』
と、とろけた顔で言うお義母さん。そして、パンツ部分のヒモをしっかりと結び、リモコンバイブパンツを装着した。

お義母さんは、
『よし。じゃあ、行きましょうか?』
と言って、車を降りた。俺も慌てて車を降りる。

お義母さんは、カーディガンを再び着たので、一見上品な感じの奥様という姿になった。スカートも、ミニスカートという程の短さではないので、エロい要素はあまりない。

でも、あのスカートの中で、バイブが挿入されていると思うと、クラクラするほど興奮する。それにしても、ショートカットなので余計にそう見えるのかもしれないが、とても若く見える。40歳を過ぎているようにはとても見えない。

そして、買い物が始まった。お義母さんは、色々とカートの中に突っ込んでいく。お義母さんは、楽しそうに俺に話しかけてくる。まったく性的な雰囲気はない。
すると、
『アレ? いつものヤツがないわね……。ちょっと聞いてみるね』
と、店員さんに声をかけたお義母さん。どうも、いつものコーヒーがないみたいだ。店員さんに話しかけるお義母さん。俺は、今だと思ってリモコンのスイッチを入れた。

すると、お義母さんがビクッと身体を震わせる。そして、濡れたような目で俺を見る。俺は、ゾクゾクしていた。お義母さんをコントロールしている……。そんな気持ちになった。

「あ、それはパッケージが変更になりました。こちらです」
と、店員さんがお義母さんに説明をする。
『あ、そうなのね……。ありがとうございます』
と、内股にしてモジモジしながらお義母さんが言う。俺は、ゾクゾクしながら、
「かおる、他におすすめの豆ないか聞いてみたら?」
と、指示をした。
『そ、そうね。何かおすすめあるかしら?』
お義母さんは、うわずった声で店員さんに聞く。店員さんは、
「苦いのと酸っぱいの、好みとかありますか?」
と、真面目に質問する。
『そ、そうねぇ、あなた、どっちが好みかしら?』
と、俺に聞いてくるお義母さん。呼び捨てで呼んだ俺に対して、夫婦のふりをするお義母さん。顔がヤバいくらいにとろけ始めている。
「かおるに任せるよ」
俺はそう言いながら、リモコンを強にした。
『うぅ、そうね、苦い方が好きだわ』
お義母さんは、思わずうめきながらも、店員さんとの会話を続ける。俺は、お義母さんのスカートの中で、バイブがうねりをあげながらうねっているのを想像していた。
「では、こちらとか、こちらがおすすめです」
店員さんが色々とピックアップしていく中、お義母さんはビクビクッと体を震わせた。お義母さんは、膝が笑って崩れ落ちそうになっている。俺は、慌ててリモコンをオフにした。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

嫁が出産のために入院中、お義母さんが性欲の処理をしてくれました3

前回の話

仕事が一区切りついたので、リビングに行った。すると、お義母さんがせんべいを食べながらお茶を飲み、テレビで韓ドラを見ていた。俺は、絵に描いたようなおばあちゃん姿に、思わず吹き出してしまった。
『あら、休憩? お疲れ様。お茶飲む?』
と、優しい顔で言ってくれるお義母さん。
「まー君は寝てますか?」
俺は、先に息子のことを聞いた。

『和室でぐっすりよ』
お義母さんは、俺にお茶を用意しながら答える。
「お義母さん、こんなになっちゃったんで、また手伝ってもらえますか?」
俺は、勃起してテントを張ったズボンを指さして言う。
『あらあら。昨日の夜もあんなに出したのに、本当に元気ねぇ』
そう言って、お義母さんは俺の横に座った。そして、何とも言えない妖艶な顔で微笑むと、俺のアレをズボンの上からさすってきた。
「すみません。でも、お義母さんのおっぱい見たらこうなっちゃいますよ」
俺は、そんな言い訳をした。お義母さんは、いつもみたいにエプロンをしている。相変わらず、胸のところの時空が歪んでいるように、エプロンのヒヨコ柄が歪んでしまっている。胸が大きすぎるからだ。

『じゃあ、責任取らなきゃね』
お義母さんはニコッと笑うと、俺のズボンのファスナーに指をかけた。そして、慣れた動きでファスナーを降ろすと、俺のアレを取り出した。
『本当に、何回見ても立派ねぇ。どうしてあの子は、こんな凄いのほっておくのかしら?』
お義母さんは、すでに頬が赤くなっていて、上気した興奮気味の顔になっている。
『どうする? なにでお手伝いしましょうか?』
お義母さんは、普通の口調で質問する。性的な感じは少しもしない。掃除や洗濯を手伝うと言っているような、柔らかい口調だ。

「その……。お口で良いですか?」
『良いわよ。じゃあ、絞りたてのミルクもらうわね』
お義母さんはそう言うと、大きく口を開けて俺のアレを口にくわえた。すでに感覚が麻痺してしまっているが、お義母さんに自宅でこんな事をしてもらうのは、背徳感と嫁への罪悪感が凄い。でも、お義母さんの舌がカリ首に巻き付いてくると、そんな気持ちは一瞬で消える。

お義父さんしか知らないようなウブな顔をしていながら、意外と経験が豊富そうなお義母さん。お義母さんは、あっという間に俺をフル勃起させた。強烈なバキュームをしてみたり、信じられない程、喉の奥まで飲み込んでみたりするお義母さん。それだけではなく、俺の乳首まで指で刺激してくる。俺は、最高のセックスパートナーを手に入れたなと思いながらも、これで最後にしなくてはと思っていた。でも、毎回そう思うのだけど、結局欲望に勝てない俺がいる……。

「お義母さん、おっぱい見せて下さい」
俺がお願いすると、
『おばちゃんの弛んだ胸なんて、見ても興奮しないでしょ? エッチなビデオとか見ても良いのよ』
と、手コキに切り替えてお義母さんが言う。
「お義母さんのおっぱいが見たいんです。本当に、綺麗ですから」
ストレートに褒めると、お義母さんは頬を赤くして照れながら、
『嬉しいわ。あの人、全然褒めてくれないから、本当に嬉しいわ』
と、お義父さんへの不満を言いながら、服を脱ぎ始めてくれた。
「あ、エプロンはそのままで……」
『ふふ。裸エプロンって、そんなに興奮するの?』
「はい。男のロマンです!」
俺の言葉に、吹き出してしまうお義母さん。こうやって笑っていると、本当に嫁にそっくりだ。でも、顔は似ているのに、胸の大きさも膣の締まりも全然違う。不思議なものだと思う。嫁に不満があるわけではないが、もう少し胸が大きいと嬉しいなとは思う。

そして、裸エプロンのお義母さんが、俺のアレをくわえてくれた。さっきみたいに、濃厚なフェラチオが始まる。不思議なもので、されていることは同じでも、格好が違うだけで快感が倍増した気がする。

お義母さんは、たまに俺を見つめながらフェラチオをする。ゾクゾクするほど、エロい顔になっている。エプロンの隙間から、胸の谷間がクッキリ見えてとてもセクシーだ。横からは、横乳も見えているし、本当に最高に裸エプロンが似合う女性だなと思う。
そして、エプロンの胸の辺りを見ると、はっきりと乳首が浮いていた。お義母さんも、凄く興奮しているのが伝わってくる。俺は、お義母さんに口でしてもらったまま、エプロンに浮き出た乳首を指で摘まんだ。
『んんっ♡』
可愛らしいうめき声を漏らすお義母さん。40代半ばなのに、本当に可愛いと思ってしまう。美魔女とか、コテコテに造り込まれた気持ち悪い若作りのおばさん達とは違い、ナチュラルな美しさと可愛さがある感じだ。

お義母さんの乳首は、カチカチになっている。でも、触っているうちに、さらにカチカチになっていく。
『アゴが疲れちゃったわ。申し訳ないけど、こっちでお相手させてね』
お義母さんはフェラチオを止めると、そんなことを言う。でも、疲れた様子はなく、見てはっきりとわかるほど、発情している様子だった。そして、俺が何か言う前に、さっさとまたがってきた。

お義母さんは慣れた様子で俺のアレを掴むと、ブラジリアンワックスでツルツルのパイパンに導いていく。そして、少しの躊躇もなく、俺のものを下のお口でくわえ込んでいった。

『んっふぅ♡ やっぱり、凄く大きいわね。本当に素敵よ』
お義母さんは、とろけた顔で言う。お義母さんは、入れると本当にエロくて可愛い顔をする。俺は、我慢しきれずにキスをした。お義母さんは、最初の頃はあんなに抵抗していたキスも、今はなんの抵抗もなく受け入れてくれる。それどころか、お義母さんの舌がすぐに俺の口の中に飛び込んできて暴れ回る。

『ふふ。まさるさんは、本当にキスが好きね。もっと固くなったわ♡』
嬉しそうに言うお義母さん。少しも罪悪感を感じていないように見える。娘の夫とこんな関係になって、お義母さんはどう思っているのだろう?

「お義母さんも、すっごく締まってますよ」
『あら、わかる? キスなんて普段全然しないから、興奮しちゃうわ』
お義母さんは、うわずった声で言う。お義父さんは糖尿なので、ほぼEDだと言っていた。女盛りのお義母さんは、欲求不満が溜まっているのだと思う。

「お義父さんとはしないんですか?」
『しないわよ。だって、インポなんだもん』
イタズラっぽく笑いながら言うお義母さん。
「浮気とかしないんですか?」
『さぁ? まさるさんは? 浮気してないの?』
「し、してないです! みゆき一途です!」
『私に生ハメしてるくせに?』
笑いながら言うお義母さん。でも、みゆきの名前を出した途端、痛いくらいに膣が締まってきた。

「どうします? 俺がお手伝いしましょうか?」
『え? なにの?』
「お義母さんの欲求不満の解消です」
『ふふ。じゃあ、お願いしちゃおうかしら』
お義母さんは、色っぽい顔で言う。俺は、下からお義母さんを突き上げ始めた。

『うぅ♡ 凄い当ってる♡ 気持いいわ。まさるさんの、本当に素敵よ』
お義母さんは、気持ちよさそうに可愛らしい声であえぐ。俺は、自分がお義母さんにハマっているのを感じていた。本当に、魅力的な女性だと思う。もともと顔はみゆきによく似ているので、モロに俺好みだ。その上、嫁と違い巨乳で全体的にムッチリしている。抱き心地の良い身体だ。

「お義母さん、みゆきより気持いいです」
俺は、うめきながらそう言った。すると、お義母さんの膣が、俺のアレをへし折りそうなほど強烈に締まってくる。
『ダメよ……。みゆきのことは言わないで……』
さすがに、申し訳なさそうなお義母さん。でも、顔はとろけきっている。

「娘の旦那とセックスして、どうしてこんなに感じてるんですか?」
『イヤァ……。ダメ、そんなの、うぅっ! あっ! あっ♡ 言わない……でぇ……。ひぃあぁっ』
お義母さんは、言葉とは裏腹にどんどん高まっていく。
「お義父さんも、お義母さんが俺の性欲のお世話までしてるなんて、夢にも思ってないでしょうね」
俺は、腰を突き上げながらそんなことを言った。
『うぅあぁあっ! ダメッ! イクっ! イクぅーっ!』
お義母さんは、俺にガシッとしがみつき、身体を震わせながらイッてしまった。罪悪感が、快感に変わる。そんな状態みたいだ。

「お義母さん、勝手にイッちゃダメですよ。今度は、お義母さんが動いて下さい」
俺はそう言って、腰の動きを止めた。すると、とろけた顔で弛緩しているお義母さんが、ノロノロと腰を振り始めた。
『うぅ、あぁ、あっ、奥が凄いのぉ、ウゥアァッ! 気持ち良いぃっ! こんなの初めてよぉ♡』
お義母さんは、どんどん腰の動きが速くなっていく。子宮口にくっついた俺のアレに、さらにこすりつけるように腰を動かすお義母さん。強く押し当った子宮口が、何となく開いているような気がした。
「いいんですか? 生でこんな事して。子宮口開いてきてるから、俺ので妊娠しちゃいますよ」
煽るように言うと、お義母さんは身体をビクンとさせる。
『ダメ、妊娠しちゃダメ……。でも、中に欲しいの……。まさるさんのザーメンで子宮の中あふれさせて欲しいのぉ♡』
お義母さんは、とろけきった顔で言う。本当に、快感に狂ってしまっている感じだ。そして俺も、もうイキそうだった。お義母さんを妊娠なんてさせられないが、中に出したい気持ちが勝ってしまう。

「イキますよ。中に出します!」
俺は、腰の動きをさらに早くしてスパートをかけながら言った。
『イッてっっ! 中にぃっ! んおおおぉおおっ! イグイグイグウッっ!』
「イクっ!」
『イィ゛ッグゥッ!』
お義母さんは、激しく身体を震わせながら果てた。
『まさるさん、本当に素敵♡』
お義母さんは、牝の顔で俺にキスをしてきた。いつもは嫁と一緒に食事をする食卓で、お義母さんとこんな事をしている。俺は、罪悪感を感じながらも、もっとお義母さんを狂わせたいと思ってしまった。


お義母さんとの同居生活は、こんな風にセックス漬けの毎日になってしまった。
今日は、息子も連れて、3人でみゆきのお見舞いに行くことにした。もう、出産直前なのだけど、貧血の症状も治まり、とくに問題のない状態だ。息子は、ママに会えるとはしゃいでいる。でも、俺は少し複雑な気持ちだった。お義母さんと関係を持ってしまい、なおかつそのお義母さんと一緒にお見舞いに行く……。バレるとは思っていないが、罪悪感を感じる。でも、お義母さんはそんな事実などないかのように、いつも通りの穏やかで清楚な雰囲気だ。息子を連れている手前もあるかもしれないが、俺にベタベタもしてこなければ、目配せをしてくるようなこともない。

そして、病室に到着した。お義父さんが費用を出してくれているで、みゆきは個室に入院している。少しふっくらしたみゆき。ますますお義母さんに似てきたと思う。
『まー君、元気だった? 寂しくなかった?』
みゆきは、真っ先に息子に話しかける。本当に会いたかったようだ。
息子は、みゆきに抱きつき、元気だったよとか、ママ大丈夫? と声をかけている。みゆきは、そんな息子の優しさに少し涙目になっている。
『あらあら。生き別れてたみたいじゃない』
お義母さんが、にこやかに言う。でも、お義母さんの目も少し赤くなっている。

『パパ、ゴメンね。お母さんがいると、気を使うでしょ?』
みゆきは、やっと俺に話しかけてくれた。まぁ、夫婦なんてこんなものだと思う。

「全然。お義母さんには良くしてもらってるよ! まー君も凄く喜んでるし」
『そう。良かった。もう少し、我慢してね』
みゆきは申し訳なさそうだ。でも、そんな顔をされと、俺の胸が痛む。

「ママ、トイレ〜」
息子が、甘えた声で言う。
『あらあら。じゃあ、私が連れてくわ』
お義母さんがそう言って、息子の手を取ろうとするが、
「ママがいい〜」
と、珍しく息子がだだをこねた。
『いいわよ。ちょっと行ってくるわね』
そう言って、ベッドから起き出したみゆき。
「大丈夫なの?」
『病人じゃないから、へーきよ』
みゆきは笑いながら言う。そして、息子と一緒にトイレに行ってしまった。個室にお義母さんと二人きりになり、俺はちょっとドキドキしていた。すると、いきなりお義母さんの手が、俺のアレに伸びてきた。ズボンの上からまさぐられ、ビックリしていると、
『あら? どうして大きくなってるのかしら』
と、お義母さんが笑いながら言う。
「い、いや、マズいですって」
慌てて言う俺に、お義母さんは妖しく微笑みかける。俺は、お義母さんのその顔を見て、一気に欲情してしまった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

嫁が出産のために入院中、お義母さんが性欲の処理をしてくれました2

前回の話

お義母さんは、俺とセックスをすることを了承したのに、とくに動揺することもなく、いつも通りに朝食を準備していく。細身の嫁とは違い、ムッチリとした肉付きのお義母さん。エプロンをしていても、その爆乳は隠せない。
そして、あまり色気のない短パンをはいていても、肉感的でセクシーなお尻と、ムチムチの太ももが色気を醸し出している。

『いっぱい食べてね。まさるさんには頑張ってもらわないと!』
にこやかに言うお義母さん。俺は、さっきの同意は俺の勘違いだったのかな? と思うほど、セクシャルな匂いがしないお義母さん。俺は、モリモリと朝食を食べていく。するとお義母さんは、俺の横に来た。そして、エプロンを外し始める。

『まさるさんはそのまま食べててね。食べ終わったらすぐに出来るように、準備するわね』
と言って、お義母さんは短パンを脱ぎ始めた。俺は、お義母さんが作ってくれた和朝食を食べながら、ショーツ姿になったお義母さんを見て、異様に興奮していた。朝食を食べるという日常の光景に、急に混ざったセクシャルな要素。ギャップでクラクラする。

お義母さんは、とくに恥ずかしがる様子もなく、ショーツまで脱いでしまった。すると、お義母さんにはヘアがなかった。大人の成熟した女性という感じなのに、そこだけ妙にロリっぽく、驚きながらも興奮してしまった。
「お、お義母さん、剃ってるんですか?」
俺が質問すると、
『え? あぁ、これね。ブラジリアンワックスよ。プール行くのに、楽なのよね〜』
と、なんの恥じらいもなく言う。俺は、かろうじて知識があったので、ブラジリアンワックスが何かは聞かなかった。でも、やっている人を初めて見た。

俺は、食べるペースを上げる。でも、お義母さんは旅館かよと思うくらいに品数も多く、そして美味しい朝食を作ってくれている。
『いいのよ、慌てなくても。私が準備するから』
お義母さんは、笑顔でそう言うと、俺のズボンを降ろし始めた。パンツ姿になると、
『やっぱり大きいわねぇ〜。朝立ちってヤツかしら?』
お義母さんはそう言いながら、俺のパンツも脱がせていく。起きてからずっとギンギンのアレが剥き出しになる。
『あらあら。お汁も出てるわね』
そう言って、我慢汁を亀頭に塗り広げるお義母さん。剥き出しの亀頭を手の平でこすられて、いきなりイキそうな感覚が来てしまった。

「お義母さん、もう我慢できないです。もう、したいです……」
俺は、食べるのを中断してそう言った。
『ダメよ。せっかく作ったんだから。ちゃんと食べてね』
お義母さんは、俺のものを手コキしながら言う。必死でかき込むように朝食を食べる俺。するとお義母さんは、
『もっと濡らさないとダメよね。失礼するわね』
と言って、食事を続ける俺のアレをくわえてしまった。

熱い感じに包まれ、俺は思わず声が漏れた。お義母さんは、俺のカリ首に舌を絡めてくる。上手い……。一瞬でわかるほど、お義母さんのフェラチオは上手だった。一見、そんなことはしそうにないお義母さんだけど、意外に経験豊富なのかもしれない。俺は、イキそうな感覚をなんとか逃がしながら、朝食を続けた。

茶碗を持ってご飯を食べているのに、その足元に下半身裸のお義母さんがいて、俺のモノをくわえているのは、背徳感がもの凄い。いつもは嫁と朝食を食べるダイニングで、嫁の母親とこんな事になってしまっているのは、出産のために入院している嫁に対して、本当に申し訳ない気持ちになる。でも、今さらやめることも無理なほど、俺は興奮して射精することだけで頭がいっぱいだった。

お義母さんは、俺のアレを丹念にねぶっていく。それは、俺のアレを濡らすためという大義名分を越えて、俺をイカせようとしているように感じた。
『本当に大きいのね。みゆきは良い旦那さんもらったわねぇ。羨ましいわ』
お義母さんは、とくに高ぶる様子もなく、普通の会話のようなテンションで言う。まるで、性格が良いとか、顔が良いとかそんなことを褒めているような普通のノリだ。

「お、お義父様は大きくないんですか?」
俺は、ついそんなことを聞いてしまった。
『そうなのよ。それに、糖尿でしょ? もう、全然役に立たないのよねぇ』
お義母さんは、俺のモノを手でしごきながら言う。そう言えば、お義母さんは何歳なんだろう? 嫁の母親の年齢など気にしたこともないが、計算上、たぶん40代前半だと思う。でも、ぱっと見、40過ぎには見えないほど若々しい感じはする。でも、よく見ると、目尻のシワや、首なんかに年齢が垣間見える。

お義父さんは、少し年上の感じはする。でも、50はいっていないように思える。それでも糖尿で勃起不全なんて、人生損してるなと思う。

「じゃあ、お義父さんとは全然なんですか?」
『そうよ。たま〜に、私がお口でしてあげて終わりって感じよ』
「えっ? 入れないんですか?」
『そうよ。入れてもすぐにフニャフニャになっちゃうから、お口と手で一気にイカせてあげるのよ』
「じゃあ、お義母さんは欲求不満ですよね」
『そうなのよ。ホント、男って勝手よね』
「じゃあ、どうしてるんですか? 自分でしたりするんですか?」
『そんなこと、聞くもんじゃないわよ。恥ずかしくて言えないわ』
そう言って、お義母さんは、照れ隠しのように俺のものをくわえた。でも、その言い方では、オナニーしていますと言っているようなものだ。

「じゃあ、お義母さんのも濡らさないといけませんから、オナニーしていいですよ。俺のくわえながら、いつもみたいにオナって下さいよ」
『えっ? ホント、まさるさんは見た目と違って、サディストなのね』
お義母さんは、少しあきれたように言う。
「でも、早くしないと起きちゃいますし」
と、俺はまだ寝ている息子のことを暗示する。
『ふふ。ホント、見た目と違うのね。全然草食系じゃないじゃない』
笑いながら言うお義母さん。そして、また俺のものをくわえて舌の攻撃を始める。それだけではなく、俺が指示したように、自分の股間もまさぐり始めた。俺は、興奮しすぎてもう朝食どころではなくなっていた。でも、お義母さんは、すぐに自分の股間をまさぐる手を止めた。

『濡らす必要なんてなかったわ。ほら』
そう言って、股間をまさぐっていた手を見せるお義母さん。その指先は、ぐっちょり濡れていた。

「た、食べ終わりました!」
俺は、まだ口の中にご飯がある状態でもごもごと言った。
『ふふ。まだお口の中にいっぱいじゃない。私、まだ朝ご飯食べてないから、手伝うわ』
お義母さんはそう言うと、ためらいもなく俺にキスをしてきた。そして、俺の口の中の食べかけのご飯を舌で自分の口の中に持っていく。そして、俺から唇を離すと、もぐもぐと咀嚼して飲み込んだ。こんな事は、嫁ともしたことがない。

『ごちそうさま。じゃあ、起きちゃう前にすませちゃいましょ』
お義母さんは、そう言ってテーブルに置いたコンドームを手に取る。そして、パッケージを破くと、俺のアレにはめてきた。人にコンドームをつけてもらうなんて初めての経験だが、ちょっともどかしい気持ちもする。でも、お義母さんにこんな事をしてもらっているという、現実離れした状況に、異様なほどドキドキしてしまう。

『よし、じゃあ、入れるわね』
お義母さんは、気軽な感じで言う。まるで、料理に調味料でも入れるような感じの気軽さだ。

お義母さんは、テーブルを少しずらして、椅子に座った俺の上にまたがってくる。そして、無造作に俺のアレを握ると、自分のあそこに導き体重をかけてきた。
ぐぐぐっと、肉に包み込まれる感覚がして、俺は思わずうめき声をあげた。俺は、あまりの締まりの良さに、正直驚いていた。比べてはいけないが、嫁よりも締まりが良いと思う。

『入ったわね。じゃあ、イキたくなったら我慢しないでイッちゃってね』
お義母さんはそう言うと、腰を上下に動かし始めた。俺の極太を根元までくわえ込んでいるのに、まったく乱れることもなく、涼しい顔で腰を動かし始めた。
『ホント凄いのね。奥に当ってるわよ。こんなの、初めてだわ』
お義母さんは、普通の会話のテンションで言う。とても、セックス中の女性の会話とは思えない。でも俺は、お義母さんの声が微妙にうわずっていることと、太もも周りが時折ビクッと震えるのを感じていた。

「お義母さん、凄く締まります。こんなの、初めてです。みゆきより締まってます」
『あら? そう? ヨガが効いてるのかしら。嬉しいわ』
お義母さんは、少し頬を赤くして言う。
「おっぱいも見せてくれませんか?」
『良いわよ。はい』
お義母さんは、まったくためらわず、シャツをまくり上げておっぱいをさらす。ノーブラなので、小ぶりでピンクの乳首と、大きめの乳輪が丸見えになる。俺は、対面座位で繋がりながら、お義母さんの胸を鷲づかみにした。そして、乳首も含めて揉み始める。お義母さんの乳首は、すでにカチカチになっていて、触れた途端に、
『ん、ふぅ、まさるさん、私は良いから、早くイッて頂戴ね』
と、少しうわずった声で言う。お義母さんは、あえぐこともなく、腰を上下に動かし続ける。

俺は、乳首を重点的に触り続け、お義母さんの巨乳を堪能する。普段、嫁のBカップしか揉んでいない俺は、夢中で揉み続ける。
『ん、いいから……まさるさん、集中して。早くイッて頂戴……んっ』
お義母さんは、やっと声に甘いものが混じり始めた。そして、膣がキュンキュンとうねるように動き始めていた。リアクションの薄いお義母さんに、もう少しで俺は自信喪失するところだったが、やっと本領発揮出来そうだ。

俺は、断りもなく腰を突き上げ始めた。
『あぁっ! ダ、ダメよ、私がするから、うぅっ、止めて、あぁっ!』
お義母さんは、一気にとろけた顔になり、あえぎ声に近い吐息も漏らし始めた。
俺は、たまらない気持ちになっていた。今まで、性の対象としては一切見ていなかった女性と繋がっている……。嫁やお義父さんへの申し訳ない気持ちや、背徳感、ヤバいなと思う気持ちがごちゃ混ぜになり、うめきそうなほどの快感が生まれていた。

「この方が、早くイケますから」
俺は、腰を突き上げながら言う。
『うぅっ! ダメ、あぁぁ、深い……こんな、あぁっ、まさるさん、ダメ、これじゃ、セックスみたいじゃない!』
お義母さんは、そんなことを言い始めた。
「え? セックスじゃないんですか?」
『そ、そうよ。ただの、うぅ……性欲処理じゃない……。あぁ、あっ! ダメ、こんなの、みゆきに悪い……あぁっ! あの人にも、うぅあっ! ダメ、ダメよ、うぅっ!』
お義母さんは、あえぎながらそんな説明をする。お義母さんは、ここまでしてもセックスとは思っていなかったのだろうか? 俺さえ動かなければ、性欲処理の手伝いということになるのだろうか? 少し天然なところはあると思っていたが、ここまで独特の思考回路を持っているとは思ってもいなかった。

俺は、なぜかそんなお義母さんがたまらなく可愛いと思ってしまい、キスをしてしまった。唇を強く押し当てて、舌を差し込む俺。すると、俺を押しのけようとしながら、
『んっーっ! んんっーーっ!』
と、うめく。俺は構わずに、腰を突き上げながらキスを続ける。それだけではなく、胸も揉みしだき、乳首も強めに摘まんでいく。

必死で押しのけようとしていたお義母さん。でも、徐々に力が抜けていく。俺はお義母さんの舌をグチャグチャにかき混ぜながら、腰をガンガン突き上げる。すると、お義母さんの腕が俺の身体に巻き付いてくる。そして、ギュッと俺に抱きつく形になっていく。俺は、お義母さんの変化に喜び、さらに腰を突き上げ続ける。

すると、今度は舌も絡みついてきた。お義母さんが、荒い息遣いをしながら舌を絡めてくる。お義母さんは、強烈にキスをしながら、腰も動かし始めた。俺の動きにあわせて、ぶつけるように腰をお義母さん。一気に快感が増していく。

「お義母さん、凄く気持ちいいです。こんなの初めてです!」
俺は、興奮で頭がバカになったような感じだ。
『イ、イッて! もうイッて頂戴! こんなの、ダメぇっ、うぅっ! 手伝いじゃなくなっちゃう、うぅあっ! 早くイッてぇっ!』
お義母さんは、腰を猛烈な勢いで振りながら叫ぶ。その顔は、すっかりと快感にとろけている。でも、性欲処理の手伝いなので、感じてはいけないという気持ちがあるみたいだ。

「お義母さん、感じて下さい! お義母さんがイッてくれないと、俺、イケませんから!」
腰を突き上げながらそんなことを言うが、実際は俺はもうイク寸前だった。
『も、もうイッてるの、私、さっきからイキっ放しなの! もうイッてぇっ! こんなのダメぇ、戻れなくなっちゃうわ……。うぅっ!』
お義母さんは、とろけた顔で叫ぶ。顔を真っ赤にして、恥ずかしそうに叫ぶお義母さんを見て、俺はもう限界だった。

「お義母さん、イクっ! イキますっ! イクっ!」
『うぅあああっ! イクっ! イクぅっ! イッグゥゥッ!!』
お義母さんは、俺にしがみついて身体をガクガクッと震わせた。そして、すぐにキスをして来る。俺は、驚くほどの快感に包まれながら、必死で舌を絡めていた。

そして、そのままたっぷりと2〜3分は舌を絡めていたと思う。
「あ、ありがとうございます。凄くスッキリしました」
『そ、そう、よかったわ。こんなおばちゃん相手で、ごめんなさいね』
そう言って、立ち上がるお義母さん。アレが抜ける時に、うぅん♡ と、可愛らしい声を出したお義母さん。
『イヤだわ。私ったら、いい歳して盛っちゃって……。もう、まー君起きたかしら?』
お義母さんは、照れたようにそう言うと、脱ぎ捨てたショーツと短パンをはき、息子が寝ている和室に向かった。俺は、コンドームを処分して、衣服を整えてから、朝食の茶碗や皿をキッチンに運んでいった。
それにしても、あまりにも強烈な体験だった。背徳感のせいもあるのか、信じられないほどの快感だった。
嫁に対して不満はないが、どうしても比べてしまう。BカップとFカップ? 細身の太ももとムッチリ太もも……。なによりも、膣の締まりの良さが圧倒的にお義母さんの方が凄かった。こんな身近に、こんな最高のセックス相手がいると知ってしまった俺は、今後自分を抑えきれるか自身がなかった……。

しばらくすると、息子を連れてお義母さんがやって来た。
『はいはい、座ってくだちゃいねぇ〜。今、まんま用意しまちゅからねぇ〜』
と、でれでれで言うお義母さん。とてもさっきまで、セックスでイキまくっていたとは思えない、優しげなおばあちゃんの顔になっている。息子も、大喜びだ。そして俺のムスコも、喜んでいた……。


そして、息子の食事の相手をしたり、片付けたりしていたお義母さん。やっと落ち着いて、息子もテレビを見始めると、
「まさるさん、コーヒーでもいかが?」
と、コーヒーを淹れてくれた。良い匂いに包まれ、気持ちがリラックスしていく。椅子に座ってコーヒーを飲みながら、テレビを見る息子を眺めていると、幸せだなぁと感じる。
そして、少しだけ胸が痛む。お義母さんは、どう思っているのだろう? 表面上、まったく何もなかったような感じだ。俺の向かい側に座り、コーヒーを飲みながら息子を眺めている。優しそうな笑みを浮かべているお義母さんは、どこから見ても、清楚で上品な女性という感じだ。とても、パイパンでフェラ上手のエッチな女性には見えない。すると、お義母さんが席を立ち、廊下に出て行った。俺は、トイレかな? と思いながら、コーヒーを飲み続けた。

しばらくして戻ってきたお義母さんは、なぜか衣装が替わっていた。上は同じTシャツなのに、下は短パンからミニスカートに替わっていた。太ももが半分ほども出てしまうくらいのミニスカート……。アレは、嫁のモノだ。
『ふふ。借りちゃった』
お義母さんは、そう言うと俺の横に腰掛けた。そして、チラッと息子の方を見て、テレビに夢中なのを確認すると、俺のズボンをいじり始めた。
驚いて、何か言おうとする俺に、人差し指を口の前に立てて、
『しぃーっ』
と言ったお義母さん。俺は、ドキドキし始めていた。何をするつもりだろう? と、思う間もなく、俺はズボンを膝まで降ろされ、パンツもずらされてしまった。
そして、お義母さんは半立ちの俺のアレを取りだし、指で亀頭をもてあそぶように触り始めた。お義母さんは、何とも言えない妖艶な顔をしている。さっきまでの優しおばあちゃんの顔ではなく、発情した痴女のような顔になっている。よく見ると、Tシャツに浮いた乳首も、凄くクッキリとしている。乳首をビンビンに勃起させながら、お義母さんは何をするつもりなんだろう?

『もう、カチカチ♡ ホント、若いのね』
お義母さんは、嬉しそうに言う。そして、椅子から立ち上がり、俺の方に来ると、さっきとは逆向きにまたがってきた。対面ではなく、背面の座位。嫁とはまだ試したことのない体位だ。そして俺は、根元まで入った後で、コンドームをつけていないことに気がついた。
「ダ、ダメです。ゴムしてないです」
慌てて言う俺に、
『あら? ちゃんと外に出してね。まさるさんの、奥まで届いちゃってるから、妊娠しちゃうわ』
と、おどけた顔で言うお義母さん。一見、余裕があっておどけているように見えるが、その言葉を言った途端、お義母さんの膣は痛いくらいに締め付けてきた。自分で言っていて、興奮してしまったように思える。

そして、ゆっくりと腰を動かし始めるお義母さん。すぐむこうに、息子がいるのにこんな事になってしまい、俺は動揺していた。息子はソファに座っているので、急に振り返ったところで、何をしているのか見えないとは思うが、それでも気が気じゃない。

『ん、凄いわ……。本当に、信じられない……。あっ、んっ、んんっ』
お義母さんは、腰を妖しくうごめかしながら、甘い吐息を漏らす。必死で声を抑えようとはしている感じだが、どうしても声が漏れてしまうようだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

嫁が出産のために入院中、お義母さんが性欲の処理をしてくれました

嫁のみゆきが二人目を出産するために、少し早めに入院することになり、義母のかおるさんがウチに来てくれることになった。俺は、webの代筆屋みたいなことと、官能小説的なものを自宅で書いているので、別に義母さんにウチに来て頂かなくても、2歳の長男の世話ぐらいは問題ないのだが、
”みゆきが入院したのは、私の貧血が遺伝したからだから、気にしないで”
と言って来てくれた。

もっとも、2歳の長男と一緒にいたいという気持ちが大きいのだと思うが、正直俺は少し緊張してしまうなと思っていた。かおるさんは、凄くいい人なので、別に緊張する必要もないのだけど、やっぱり嫁の母親と一緒に生活するのは、何かと気疲れする。

『まさるさん、朝ご飯出来たわよ〜』
いつもは、10時近くまで寝てしまう俺だけど、義母さんが来てからはきっちり8時半に朝食で起こされる。
俺が寝癖頭のままダイニングに行くと、旅館みたいな和朝食が並んでいる。
「お義母さん、もっと簡単でいいですよ。朝からこんなに、大変じゃないですか?」
『良いのよ。まさるさんには頑張ってもらわないとね! 背負う荷物が増えるんだから!』
そう言って、味噌汁を俺の前においてくれるお義母さん。長男はまだ寝ているので、お義母さんと二人きりだ。さすがに5日目となると、もう慣れてぎこちなさもない。

お義母さんは、ヒヨコ柄のエプロン姿で妙に可愛らしい感じだ。嫁がいつも使っているエプロンだが、嫁がつけているときと違って、ヒヨコの絵柄が大きく歪んでしまっている。お義母さんは、細身でBカップの嫁とは違い、ムッチリとした肉付きで、FとかGカップくらいはありそうな爆乳をしている。
そして、短パンをはいているので、ムッチリした太ももが肉感的だ。俺は、書いている小説で義母ものも扱ったりするが、リアルでこんな状況になると、小説とは違い、実際に手を出そうとは考えないものだなと思った。血のつながりはないが、やっぱり家族なので、そんな目で見ることはないのが普通なのだと思う。
でも、目の前にその爆乳が近づくと、ついつい見てしまうのはしかたないのかな? とも思う。

そして俺は、軽くシャワーを浴びて頭をスッキリさせると、仕事を始めた。昔から、文章を書くことだけは得意だった俺は、個人法人問わず、色々なサイト運営者と提携して、代筆というか、ライター業をしている。比較的大手サイトとも提携出来ているので、それだけでけっこうな収入だったが、アダルト系のサイトの記事も書くようになって収入が劇的に増え、これは美味しいなと思った俺は、自分でも官能小説を書くようになった。
今は、電子書籍で誰でもノーリスクで出版出来るようになったので、俺でも簡単にデビュー出来た。

そんな風に、一日中部屋にこもってキーボードを打ち続ける俺を、お義母さんは格好いいと思ってくれているようだ。不思議なものだが、ある程度以上の歳の人は、web系の仕事は格好いいと思うのかもしれない。

そして、ちょくちょく長男とも遊びながら仕事をし、夕方になり、お義母さんが作ってくれた夕食を食べた。手の込んだ料理を食べながら、嫁が戻ってきたら、嫁の料理では物足りなく感じてしまうかもな……と思っていた。それくらい、お義母さんの手料理は美味しいものだった。

そして長男を風呂に入れ、寝かしつけた後は、お義母さんとビールを飲むのが日課になっていた。風呂に入ってパジャマに着替えたお義母さんは、家族だと思っていてもドキドキしてしまうくらいに色っぽい。長袖長ズボンなので露出は減ったのだけど、パジャマというのが色っぽく見せているのだと思う。

『まさるさん、一日中ワープロ打ってて、肩こらない?』
お義母さんは、ワープロという言い方をしてくる。昭和を感じて懐かしいなと思いながらも、
「もう、肩こってるのが普通な感じです。慣れちゃいました」
『あらら。ちょっとほぐしてあげるわよ』
お義母さんはそう言って、椅子に座る俺の後ろに回り込んだ。遠慮をする俺に、遠慮しないのとか言いながら肩を揉み始めるお義母さん。

意外と指力が強く、マッサージ屋さんでしてもらうとき並に気持ちいい。
「すごく気持ち良いです」
『でしょ〜。主人も肩こりだから、よく揉んでるのよ。まさるさんも、本当にこってるわね』
そう言いながら、肩を揉み続けるお義母さん。

『あれ? まさるさん、ちょっと立ってみてくれる?』
不思議そうに言うお義母さん。俺は、言われるままに立ち上がる。
『ちょっと、傾いてるわね。床に正座して、バンザイしてみて』
お義母さんは俺に指示をする。俺は、言われるままにその体勢になる。すると、後ろからお義母さんが俺の身体に腕を回してきて、俺の身体の前で、右手で自分の左手首を握った。
『いいわよ。そのまま腕降ろしてみて』
俺は、死ぬほどドキドキしていた。お義母さんは、たぶん整体的なことをするつもりなのだと思うが、俺の背中におっぱいが密着してしまっている。
俺は、動揺を悟られないように、はいと返事をして腕を降ろす。すると、お義母さんは俺の脇を持ち上げるようにして立ち上がる。グッと背筋が伸ばされる感覚が心地良いが、おっぱいが背中から首筋に移動し、そのまま頭に移動した。デカくて柔らかい……。俺は、久しぶりのその感触に、一気に性的に興奮してしまった。嫁とは、嫁が入院するはるか前からセックスはしていない。もう、半年以上も禁欲生活だったので、一気に頭の中がセックス一色になってしまう。

そして、ムクムクと立ち上がってきてしまう俺のアレ。俺は、お義母さんに見つからないように必死で勃起を収めようとした。でも、お義母さんは何度も俺を持ち上げる動きを繰り返す。その度に、大きなおっぱいが俺の背中から頭まで移動していく。そこで今さら気がついたが、お義母さんはノーブラのようだ。寝るときはしないのが普通なのかもしれないが、それを意識してしまうと、もっと力強く勃起してしまった。

『たまにはストレッチしないとダメよ。ずっと座ってキーボード打ってると、腰にも悪いわよ』
お義母さんは、少し息を切らせながら言う。そんなに熱心に整体をしてくれているのに、俺はよこしまな気持ちで勃起している……。

「お義母さん、ありがとうございます。もう、スッキリしました!」
『なに遠慮してるのよ。水くさいわねぇ。ほら、今度は仰向けで寝てみて』
お義母さんは、そんなことを言ってくる。でも、そんなのは無理だ。勃起しているのに、仰向けで寝転がるなんて不可能だ……。
「い、いや、もう遅いんで、寝ますから」
『すぐ終わるわよ。歪みは早く取っておかないと、どんどん悪化しちゃうわよ』
そう言って、お義母さんは俺を寝転がらせようとする。俺は、それでも抵抗していたが、意外に強いお義母さんの腕力で、半ば強引に仰向けで寝かされてしまった……。

『あら? ふふ。まさるさんも若いのね。気にしなくて良いわよ。じゃあ、そのまま脚を交差してみて』
お義母さんは、サラッと俺の勃起の件を流すと、そのまま整体を続けた。今度は、交差した脚を押したりする施術になったので、おっぱいの感触がなくなり、俺の勃起もなんとか収まっていった……。

「すみません。なんか、変なことになっちゃって……」
『いいのよ。まさるさんも、かおるがあんなだからご無沙汰なんでしょ? だから、こんなおばちゃんのおっぱいでも、反応しちゃったのね』
お義母さんは、本当に普通の感じで言う。恥ずかしがっている様子も、ムッとしている様子もない。本当に、”しかたないわねぇ”という感じが伝わってくる。

「まさるさんは、どうやって処理してるの? 私がいて邪魔なら、少し散歩してきましょうか?」
と、気を使って言ってくれる。俺は、平然と話すお義母さんとは違い、耳まで赤くしていたと思う。嫁の母親とこんな会話をするなんて、夢にも思っていなかった。
「い、いえ、大丈夫です。ちゃんと自己処理してますから」
俺は、実際はほとんどオナニーもしていないのに、そんな風に答えた。日頃、官能小説のようなものを書いていると、どうしても性的なものに対しての興味が薄れるというか、反応が薄くなってしまう。なので、俺もオナニーをほとんどしなくなっていた。商業病みたいなものかもしれない。

でも、理由はどうあれ溜め込んでいるので、こんな風にちょっとしたきっかけで、もの凄く欲情してしまうのも事実だ。今の俺は、照れて恥ずかしいと思いながらも、内心お義母さんのおっぱいの感触をずっと考えていた。

『私でよければ、手伝うわよ?』
お義母さんは、本当に普通の感じでそう言った。まるで、肩を揉むわよという程度の気軽さで……。

「て、手伝うって? 何をですか?」
俺は、言葉の意味はわかっていながらも、耳を疑ってそう聞いた。
『何をって、性欲の処理よ。って言っても、こんなおばちゃんじゃ、役に立たないわね』
と、お義母さんは、ほがらかに笑いながら言った。とても、性的な話をしているとは思えない、ほんわかした空気で話を続けるお義母さん。
「そんなことないです……。けど、そんなのは……」
『そうよね。でも、いつでも言って下さいね。まさるさんには頑張ってもらいたいし、男の人って、たまってると仕事も手につかないんでしょ? 遠慮なくね』
お義母さんはそう言うと、ビールの空き缶やつまみの皿を片付けだした。そして、先に失礼しますねと言って、お義母さんは使ってもらっている和室に入っていった。和室には、長男が先に寝かしつけられている。お義母さんは、息子と一緒に寝たいそうだ。

俺は一人になると、すぐにオナニーを始めようとした。でも、さっきのお義母さんの提案は、本気だったのだろうか? と考え始めて、手を止めた。
お義母さんは、俺的には全然イケる女性だ。むしろ、お願いしたいくらいだ。若い女性にはない独特の色気があるし、よく見ると、色白で美人だと思う。そして何よりも、嫁にはない大きなおっぱいと、ムッチリした太ももがある。どちらも、俺の大好物だ。

しかし、お義父さんの顔がちらつく。お義母さんとお義父さんは、凄く仲が良い。ラブラブな感じに見える。二人で旅行に行ったり、映画に行ったり、デートもしょっちゅうしているそうだ。俺なんかが手を出していい相手ではない……。

背中に触れたおっぱいの感触は、柔らかくてつきたてのお餅のようだった。ノーブラの割には、胸の位置も高かった気がする。巨乳特有の、垂れたおっぱいもエロくて悪くないと思うが、お義母さんのおっぱいは、重力に逆らって張りがありそうだ。

俺は、オナニーしたくてたまらなかったが、やっぱりお義母さんをおかずになんかしてはいけないと思い、グッと我慢した。そして次の日も、同じような一日だった。昨日のあの話なんてなかったように、いつも通りのお義母さん……。俺だけが、少しぎこちなくなってしまった。

そして夜、
『今日もお疲れ様。肩揉みましょうか?』
と、お義母さんは優しい顔で言ってくる。俺は、パジャマ姿のお義母さんを見て、猛烈に発情していた。大きく盛り上がった胸に、濡れた髪と、ビールでほんのり赤くなった頬……。色白のせいで、実年齢よりかなり若く見える。

「その……。昨日のお話、お願いしてもいいですか?」
俺は、顔を真っ赤にしながら言った。すると、
『え? あぁ、昨日の話ね。いいわよ。コンドームはあるのかしら?』
と、あっけらかんと言うお義母さん。俺の方が慌ててしまって、
「い、いや、手で、手でいいんです!」
と言った。
『あらそうなの? じゃあ、始めましょうか? ソファの方に行く?』
と、淡々と話を進めていくお義母さん。俺は、生唾を飲み込み、うなずいた。

すると、お義母さんは立ち上がり、先にソファに移動する。俺はあっけなく事が運び、戸惑いながらソファに向かった。
さっき、お義母さんはコンドームのことを言った。お義母さんの手伝うというのは、そのものずばりセックスのことだったのだろうか? 思わず、手でいいと言ってしまったが、あのままコンドームを出せば、最後までやらせてもらえたのだろうか? そんな想像をすると、俺は興奮が高まりすぎて、近年経験がないほどの固さで勃起してしまった。

『じゃあ、ここに座って』
お義母さんは、緊張した感じもなく、いつも通りのしゃべり方で俺に指示をする。
俺は、言われるままにソファに座ると、お義母さんが俺のアレをズボンの上から弾いてきた。人差し指で軽く弾かれ、思わずうめいた俺に、
『本当に溜まってるのね。私がいるせいで、オナニーもできなくてごめんなさい』
お義母さんは、本当に申し訳なさそうに言う。俺は、もごもご口ごもるだけだった。

『じゃあ、脱いじゃって!』
お義母さんは、明るい口調のまま指示をしてくる。俺は、動揺しながらもすぐにパジャマのズボンとパンツをいっぺんに脱いだ。
むき出しになる俺の勃起したアレ。マジで出してしまった……。そんな気持ちになる。
『あら? 立派ねぇ』
お義母さんは、少し目を見開いて言う。
「ありがとうございます」
『こんなの初めて見たわ。みゆきは幸せねぇ』
お義母さんはそんな事を言うと、俺のアレを握った。
『固さも凄いのね。まさるさんは草食系かと思ってたら、ここは肉食系なのね』
お義母さんは感心したように言う。

「そ、そんなことないです」
照れてそう言う俺。そしてお義母さんに握られて、俺はドギマギしていた。

『じゃあ、動かすわね。痛かったら言って頂戴』
お義母さんは、そう言うと俺のアレをしごき始めた。お義母さんは、ウブというか、性的な匂いがしない女性なのに、手コキはやたらと上手かった。意外と経験が豊富なのかな? と思うと、より興奮してしまった。

『みゆきはこういう事もしてくれないのかしら?』
「あ、はい……」
『ダメねぇ。旦那の性欲の処理は、妻の務めなのに。男の人は、定期的にちゃんと出してあげないと浮気しちゃうのにね』
俺のものを手コキしながら、そんなことを言うお義母さん。
「いえ、俺は浮気なんて絶対しないですよ」
『ホントに? それなら良いけど、絶対にダメよ。みゆきを泣かすような事しちゃ。私でよければ、いつでも性欲の処理は手伝いますからね』
そんな会話をしながら手コキを続けるお義母さん。俺は、不思議な気持ちになってしまった。お義母さんと普通に会話をしているのに、俺は勃起したアレをしごいてもらっている。凄くシュールな光景だと思う。

俺は、お義母さんの言葉に乗っかるように、
「だ、だったら、その……。胸を見せてもらえませんか?」
と言ってみた。
『え? 私ので良いのかしら? エッチなビデオとか見ても良いのよ』
と、お義母さんは、真顔で言う。
「できれば、お義母さんのが見たいです」
『こんな弛んだおっぱいでよければ、いくらでもどうぞ』
お義母さんは、そう言うと俺のものをしごきながら、片手でパジャマのボタンを外し始めた。そしてすぐにパジャマの前がはだけて、おっぱいが丸見えになった。

お義母さんのおっぱいは、服の上からでもわかっていたが、実際凄い量感だった。そして、色が真っ白で柔らかそうな割には、垂れ下がることもなく、張りも感じられる若々しいおっぱいだった。
しかし、乳輪は色は薄いが大きめで、そこだけ美しいというよりはエロい感じだった。そのくせ、乳首は本当に小さくてほぼピンク色で、乳輪とのギャップが俺を興奮させた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー