エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化
カテゴリー  [ 出会い系・ナンパ 男性 ]
次ページ ≫

40歳、素人童貞の私に舞い降りた天使

恥ずかしながら40歳まで一人身、おまけに素人童貞の私。
結婚しないのもこのせいなのである。
下の処理はもっぱらソープで済ませているのに、いつも満たされた感じはない。
いっそ死んでしまいたいと思う今日この頃でした。

出会い系で知り合った可愛い子は、いつもゴックンしてくれたけどとんでもない秘密を持っていた

超恥ずかしい話なんだけど、ここで発散しちゃってヨロシイ?
先々月の事、友達と呑んでて2shotカードってのを貰った。
残りは10分ぐらいあるから使っていいよって。
今時テレクラみたいなの需要あるのか?って聞いたら、無いからあげるんだって言われた。
エロDVD買いに行ったらカードが売ってて、思わず買っちゃったらしい。

パチンコ屋でアイスコーヒーをごちそうして熟女を頂きました

先日、夕方から駅近のパチ屋で『慶次』打ってたら、俺の隣の角台が空いてすぐに40歳オーバーと思われる派手な女が座った。
ちょっとキツめの香水を漂わせていたので水商売系かな?と思いつつも、俺は確変中だったので台に集中。
しばらく大人しく打ってたみたいだけど、気が付いたらお隣さんはかなりイライラしてたみたい。

ちょうどコーヒーレディが通ったんで、俺は出玉でアイスコーヒー2つ注文。

出会い系サイトで確実に出会いが叶うのは、セックスレスの人妻w

経験上、出会い系サイトで確実に出会いが叶うのは、セックスレスの人妻でしょう。
僕は彼女達を狙い今までに10人以上の人妻とセックスしてきました。

おばちゃんといえるくらいの歳の女性が多いのですが、確実に抱けるのです。
僕が出会い系に嵌まったきっかけもそんなセックスレスのおばちゃんとの激しい体験でした。

それから僕は熟女好きとなりました。

ネットカフェで、エロ動画でオナってる女の子がいたからメモを投げ込んでみた

先日、夜勤明けにネットカフェに行った時のこと。
私はいつも禁煙のシングルシートを頼み、後部からの視線が気になるため、後ろが本棚になっている出来るだけお客の視線が気にならないシートを選ぶのだが、今回は先客がおり、その席の対面をお願いした。

席に着き、PCの電源を入れ、飲み物を取りに行こうと思い、何気なく自分が入ろうとした席を見ると、ハンガーに女物のコートが掛かっているのが見えた。

出会い系で知り合った彼女は、イクと何回もイキ続けるド淫乱だった

彼女とは出会い系サイトで知り合った。
彼女の彼氏はフェラチオされるのが大好きで、週一回のデートでは彼女からフェラするだけのセックスレスが続いているため、いささか欲求不満気味とのことだった。

彼女自身はクリ派でなくヴァギナ派らしく、一度イクと何回もイク淫乱タイプということも聞き出した。
最初の逢瀬は七月半ば。
生中出しエッチの約束をとりつけ、いよいよ出張の日、仕事終了後の夜の七時、私の宿泊場所であるシティホテルのロビーで待ち合わせた。

出会い系で知り合ったデザイナー熟女は、生が基本でした

Yは年末に出会い系であった4X才。

さすがに肌年齢は若くないが、デザイナーをやっているとかでスリムでスタイリッシュだ。

独身のせいか見た目、しぐさはかわいらしいので、まあこういうセフレもいいかと。

エッチは情熱的だが、今まで3回くらい会っているが基本的に生入れ外だし。

知り合った女の子と泊まりでツーリングに行ったら、同室で泊まると言い出した

隣の県まで隼に乗ってブラッとツーリングに出た。別に目的があったわけではない。
唯何となく。公園が目に付いたので、タバコ休憩をしようと思ってバイクを停めた。
ベンチに座りタバコを吸ってたら奥からライダーの格好をした女の子が歩いてきた。
そういえばSUZUKIのVoltyが停まってたな。

清楚で可愛い見た目なのに、生きたタコでオナニーするくらいの性豪とw

彼女が産婦人科の受け付けやってるんだ。

それで聞いた話しなんだが、生きた蛸がマムコに入って蛸壺状態で取れなくなった急患が運ばれて来たってのを聞いた時に、女でも性欲がすごいのも居るんだなっておもった。

結構可愛い子だったらしいからどんな子か見てみたかったがそんな事は言えず。

でもひょんな拍子で彼女を迎えに行った時に検診(?)で来てたその子を教えてもらった。

100kgを軽く越える出会い系の女は、肉厚で名器だった

その女は『テル』といった。
出会い系で知り合った。
プロフィールでは『激ポチャ』とあった。
俺は、まあ、普通に太っているのを大袈裟に書いているのだろうと思っていた。
好みとしては、どちらかというとぽっちゃりした女なのだ。
駅前のコンビニで待ち合わせた。

俺は、約束の時間より少し早めに駐車場に車をつけた。

ネットで家出して泊る所が無いという娘を発見w

即アポ小悪魔で、家出して泊る所が無いという娘を発見。

相手が年齢認証してないから、連絡先の交換にちょっと手間取ったが、無事アポをとることができた。

待ち合わせ場所に行くと、ロリ系の一見高校生風の少女が居た。スタイルは悪くないし、顔も結構可愛い。
暗そうな雰囲気がなければ、クラスで人気の女子になりそうな感じなんだがな。

元カレがAV男優の女の子は、意外に普通のテクだった

29歳♂ 都内 ワニ顔
相手 23歳♀ 写メ無し

休日出勤で仕事帰りのときのこと。そのまま帰るのもアレなので、帰りの電車で「これから○○で飲める人いる?」という、最近珍しい即会い系の募集を発見。

○○は、ちょうど通り道。迷わずメールを送る。しばし、待っているとケータイにメールを着信。面接が決まった。久しぶりの即会い系GET!

19歳の出会い系ギャルを中出しした挙げ句、騙してタダマンした

先日、新規オープンした電気屋で買ったデジカメを早く使いたかったので在宅テレクラにプリケーを使って申し込み。
無料分だけ使って遊ぼうと伝言コーナーに自分の電話番号と援助の旨を録音して、待ってました。

しばらくすると、電話がかかって来ました。
「19才、2万」と言ってきたので、OKし待ち合わせ場所に行きました。

約束通り「身長160センチ、普通体系、髪はロング、水色系の服」の女を発見しました。
近付き顔を確認するとキレイ系の整った顔立ちでした。

出会い系の彼女は見た目は凄いロリロリなのにえっちはドSらしい

池袋のカフェで暇していたので出会い系サイトをみた。

僕はけっこうよく出会い系サイトを利用します。
掲示板に投稿するだけなら1日1回無料なので外に出た時にだれかからアポが来ればラッキーというスタンスで投稿します。

基本的にダメであたりまえ、会えなくてあたりまえという感覚で書き込みます。
今までのアベレージですが、10回書き込んで1回アポが取れるかなくらいです。
ナンパが数撃てば当たるぞという感覚に近いかもしれません。

SNSの女の子は、彼氏には言えない変態妄想をかかえていた

友香との出会いはmixiでした。
ナンパ用のIDを持ってるんですが、それにある日メールが来て、それから内密なメル友に。
キッカケはたいした事でも無く、同じ趣味だったというだけ。
実は恥ずかしくて彼氏にも打ち明けていない趣味らしかった。
だから下心があったわけでもなく、ホントに普通にメールだけの関係だった。
普通だったら口説こうと頑張るんだけど、少し写ってる写メを見て断念。

出会い系で彼氏ありのボーイッシュな年上女性と恋人つなぎしながらクンニした

俺:20代後半、180cm、70kg、既婚(子有)、松田龍平っぽい普通メン。
相手:23歳、150cm台、彼氏有、色白でボーイッシュ、結構可愛い。

メッセージ→メール→番号ゲット→いつの間にか飲もうという事に。
都内某所で待ち合わせ。
電話しながら相手を探すと、一人こっちに歩いて来る。

恥ずかしがりで着衣セックスを望むのに、風呂には平気で一緒に入れる智子さん

チャットで知り合って、メールでもやり取りを行うようになった子との事です。智子さんは、服を脱がされるのが恥ずかしくて、彼氏が居た時もそうだけど今までに一度も脱がしてもらった事が無く、でも、いっしょにお風呂に入るのは気にならない子です。

 シャワーを浴びた後、いつもの僕のパターンで始まりました。やさしくキス。次に耳、唇、首筋、肩。おわんのような乳房のふもとから、回るように乳首に・・

 時々、頬とか鼻先が乳首にかすかに触れると、もう乳首も硬く突起しているのがよくわかる。

携帯代の為に、彼氏を裏切って失神するまでエッチをする乳首が綺麗すぎる女の子

数年前の事を思い出したので書き込んでみようと思う。
出会い系でで女の子をさがしていたら、いきなり電話番号を交換できた女の子が居た。
そして恐る恐る電話を掛けてみると、結構明るい声の子が出た(T子と言ってた)。

「どんな人を探してるの」って、紳士的に話すと
「携帯代を払ってくれる人・・・」だと。

出会い系の18歳は、やたらと経験豊富でフェラが驚くほど上手かった

これは少し前のことになりますが、

今でもこの時のことを思い出しては自慰に耽ったりしています。

俺の彼女「かなこ」は18歳。

今年大学に入学したばかりです。

俺は社会人で28歳、彼女とは携帯の出逢い系サイトで知り合いました。

ゲーセンのバイトで、メンヘラ女(メチャ美人)にロックオンされて監禁された

スペックは簡単に、俺 大学生 男 将来は警察官志望相手 自称フリーター 女 メンヘラ幸薄そうな、柴咲コウ似 二十四歳出会いはバイト先だったんです。当時は春休み真っ最中だったので、バイトを二つ掛け持ちしてました。一つは、ゲームセンターのスタッフ。もう一つは、警備員でした。
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー