個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた5(転載禁止)

前回の話

里帆は、泣き叫びながら抜いてくれと言っている。どう見ても、演技ではなくガチで泣き叫んでいるとしか思えない。私は、そんな里帆を見ながら射精をしてしまった。

画面の中では、男優が腰をリズミカルに動かしている。さっきの話だと、里帆は初めてのアナルセックスのはずだ。それなのに、男優はお構いなしに里帆のアナルを犯すように責めている。
『うぅっ、イヤァ、お願い、うぅっ、抜いて、痛いの、あぁ、うぅ』
里帆は、本当に痛そうに言う。
「ほら、力抜かないと。本当に裂けちゃうぞ」
男優は、お構いなしに腰を動かしながら言う。里帆は、やっぱり痛そうな顔で泣くばかりだ。いつの間にか、里帆の表情がわかるほどにモザイクが薄くなっている。知り合いなんかに見られたら、気がつかれてしまうと思うレベルだ。

「どうだ? 初めてのアナルセックスは」
男優は、そんな質問をしながら腰を動かし続ける。里帆は、やっぱり泣きながら、
『痛いです。身体、真っ二つになるくらい痛いです』
と、本当にツラそうに言う。
「そのうち気持ち良くなるよ」
男優は、冷たく言いながら腰を動かし続ける。時折、里帆のお尻を手のひらで叩いたりもしている。まだ、プレイとしてのレイプが続いているような感じだ。
でも、里帆は泣きながらもカットという言葉を言わない。本当にイヤならば、カットと言えばやめる約束のはずだ。この状況でも、里帆はまだ楽しんでいると言うことなのだろうか?

男優は、荒々しく腰を振り続ける。そして、腰を振りながら里帆の胸を鷲づかみにし、形がいびつに変形するほど強く揉んでいる。
『うぅっ、あっ、イヤァ、あっ、アンッ、ダメぇ、うぅあぁっ!』
里帆は、徐々に声に甘いものが混じり始めている感じだ。
「もう感じてるのかよ。ホント、どうしようもないド淫乱だな」
男優は、笑いながら言う。
『違う、感じて、ない……うぅっ、抜いて、あぁ、アンッ、アンッ、ヒィうぅ』
里帆は、言っている言葉とは裏腹に、あえぎ声が漏れ続けている。男優は、さらに激しく腰を振り始め、里帆はよりあえぎ声が大きくなっていく。

『あっ、あっ、イヤッ、うぅあっ、アンッ、アンッ、ヒィゥッ! うぅあぁっ、んっ、んおぉおぉっ!』
里帆は、聞いたことのないようなあえぎ声をあげながら、髪を振り乱して頭をイヤイヤするように左右に振ったりしている。もう、痛そうな感じは全くない。

「オラっ、イケっ! ケツでイケっ!」
男優は、冷たく言いながら何度も里帆のお尻を叩く。その度に、里帆は短く悲鳴をあげながら、のけぞったり身体を震わせたりする。
『んおぉおおおぉっ! イ、イクっ、イッちゃうっ! イヤァっ、イクうぅっ!』
里帆は、叫びながら果てた。すると、動画はここで終わった。すぐに場面が転換し、次の女性に切り替わってしまった……。

私は、ペニスを出したままのだらしない格好で、呆然と画面を見つめていた。私は、そのDVDのタイトルをスマホのメモに取る。そして、個室ビデオ店をあとにした……。

その足で、大人のDVDショップに訪れた。さっきのDVDを探してみたが、置いていない。そもそも、このDVDを発売しているメーカーの作品自体が置いてない。あまりにもマイナーと言うことなのだろうか?

私は、店を出るとスマホで検索した。でも、なぜか見つからない。私は、釈然としないまま帰宅した。
「パパお帰り~」
「お疲れ様」
「ご飯食べようよ!」
子供達と里帆が、笑顔で出迎えてくれる。私は、笑顔でただいまと言いながら、里帆を見た。里帆は、優しい笑みを浮かべている。色白で童顔の彼女は、とても子持ちの35才には見えない。そして、とてもドMの淫乱な女性にも見えない。どこから見ても、清楚で上品な感じの女性だと思う。

私は、いろいろな感情が入り交じり、自分でも感情の整理がつかないまま食事を始めた。今日の出来事を話す子供達、そして、それを楽しそうに聞いている里帆。私は、幸せな家族の姿だなと思った。そして、どうしてこんなに幸せなのに、私はバカなことをしてしまったのだろう? と、後悔していた。

その夜、里帆が抱きついてきながら、
『パパ、お疲れ?』
と、聞いてきた。セックスのお誘いだ。最近、頻度が増えてきた気がする。私は、複雑な気持ちを抱えながらも動画の里帆を思い出して興奮してしまい、彼女を抱きしめてキスをした。

そして、濃厚なキスをしながらお互いの服を脱がせていく。薄暗い中でも、大きな胸が揺れているのがわかる。私は、むしゃぶりつくように乳首を吸いながら、他の男にも吸われてしまったんだなと嫉妬心を強くした。

里帆は、声を抑えながらも気持ちよさそうにしてくれる。でも、私の頭の中は、男優の巨根に狂う彼女の姿で塗りつぶされている。

私は、コンドームを装着すると、普段あまりしない後背位で挿入した。彼女のアナルの様子を見てみたいと思ったからだ。そして、少しだけ男優のプレイを意識して、荒々しい動きで腰を振ってみた。
『んっ、んっ、アァンッ、パパ、すごいっ』
里帆は、声を抑えながらもいつもとは違うリアクションをする。やっぱり、マゾなのは間違いないみたいだ。そして、私は腰を動かしながら彼女のアナルを見た。
でも、考えてみれば以前の状態を知らない。比較する対象がないので、普通の状態に見える。私は、こんな小さな穴に、あんなに大きなペニスが入ったんだなと思った途端、堪えきれずに射精してしまった……。

『パパ、今日は激しかったね。ドキドキしちゃったよ』
甘えてくる里帆。私は、彼女を抱きしめながら、あの動画のことばかりを考えていた。

次のに、私は会社帰りにあの個室ビデオ店に寄った。今日は、ノートPCを持って来た。あのDVDをコピーしようと思ったからだ。そして、棚を見ると貸し出し中になっている。私は、誰かが妻のあの姿を見てオナニーをしているんだなと思ってしまった。嫉妬と興奮……私は、勃起しながらなんとなく棚を見つめていた。すると、同じメーカーからの新作DVDがある。それもオムニバス形式の作品だが、パッケージの裏側を見ると、顔にモザイクがかかった里帆がいた。特徴的な胸の形と全体的なスタイルで、それが里帆だとわかった。

そのDVDは、夫が留守の間に自宅でセックスをしてしまうと言うAVでは定番のシチュエーションものだ。そして、里帆が映っている写真の背景は、見慣れた自宅のものだった……。

私は、震える手でそれをかごに入れる。そして、適当に他の5本もかごに入れると、受付をした。個室に入ると、すぐにDVDを再生し始める。
最初の女性は里帆ではなかった。すぐにチャプタースキップをする。そして、3人目に里帆が現れた。玄関のドアを開ける里帆。顔には薄いモザイクがかかっているが、里帆を知っている人間なら彼女とわかってしまうレベルだ。

『本当に来たんだ。早く入って下さい。見られちゃう』
里帆は、慌てた様子だ。そして、玄関のドアが閉まる。男優は、軽いノリで挨拶をしながら、里帆を抱き寄せてキスをした。里帆は、特に抵抗することもなくキスを受け入れている。そして、里帆はキスをしながら玄関のカギをかけた。

私は、濃厚なキスをする二人を見ながら、こういったAVは、ヤラセじゃなかったんだなと驚いていた。まさか、本当に素人の人妻の自宅まで行って撮影しているなんて、まるっきり信じていなかった。

「時間、どれくらいあるの?」
男優は、少し心配そうに質問する。
『1時間ちょっとくらい』
里帆は、落ち着いた口調で説明する。
「それだけしかないんだ。じゃあ、早速」
そう言って、男優は片手でズボンを脱ぎ始める。すると、里帆がそれを手伝い始める。私は、里帆のやる気がある姿にショックを受けてしまった。

里帆は、手際よく彼のペニスをむき出しにする。
『わっ、やっぱり大きい』
里帆は、少し驚いた口調で言う。確かに、彼のペニスはすでに半分程度は勃起しているようで、モザイクがかかっていても規格外に大きいのがわかる。
「でしょ~。旦那さんのじゃ、物足りなくなっちゃったんじゃない?」
男優は、軽いノリで言う。
『ホントだよ。責任取って下さいね』
里帆は、あっさりと認めてしまった……。私は、思わず凹んでしまった。昨日も、里帆は激しく感じてくれていたと思う。でも、内心物足りないと思っていたのだろうか? 

「了解。今日は、いっぱい責任取るからさ」
男優は、軽いノリで答える。私は、このAVがヤラセでないこと、そして、出演者が妻だと言うことにただただ驚くばかりだ。

里帆は、いきなり彼のペニスをくわえてしまった。大きく口を開け、無理矢理太いペニスを口に含んでいる感じだ。そして、すぐにハードに頭を振り、はしたない音を立てながらフェラチオを始めた。
それは、愛撫と言うよりは、無理矢理勃起させようという感じに見える。
「おぉ、今日は激しいね。口でイッちゃうじゃん」
男優は、おどけて言う。すると、里帆は、
『だって、時間ないから。ねぇ、固くなったでしょ? 入れて』
里帆は、うわずった声で言うと、立ち上がって下駄箱に両手をついた。そして、スカートをまくり上げると、お尻を突き出すようにした。

「パンツ穿いてないじゃん」
からかうように言う男優。
『だって、どうせ脱ぐから……。早く入れて。もう、我慢出来ないよ』
里帆は、媚びるような声で言う。私は、二人のやりとりを見て、二人がこの前のDVDの時以来の再会ではないことに気がついた。
あれから、何回くらい会ったのだろう? 何回セックスをしたのだろう? 私は、足が震え始めるのを感じていた。

「ホント、淫乱すぎるでしょ。まだ、家に入って5分も経ってないじゃん」
男優は、あきれた口調で言う。
『もう5分も経っちゃったよ。早くして。イジワルしないで』
里帆はそう言って、さらにお尻を突き出すようにする。着衣のまま、スカートをまくり上げた状態で挿入をねだる里帆……。
私は、この目で見ているのにそれが信じられないと思っていた。
「そんなおねだりの仕方じゃ、ダメだって」
男優は、イジワルな口調で言う。
『イジワル』
里帆はすねたように言うと、さらに大きく脚を広げる。そして、自分の両手でアソコを拡げながら、
『淫乱な浮気主婦のオマンコに、ぶっといおチンポ生でハメて下さい』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた4(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

私は、里帆の膣中からあふれてくる白いモノに目を奪われていた。私は、さっきのセックスで、なんとか中に出さずに外に出したはずだ。でも、どう見ても彼女の膣からあふれている白いモノは、精液にしか見えない。

『もういいよ、シャワー浴びてくるね』
里帆は、慌てるように脚を閉じ、そんなことを言い始めた。私は、汚してしまってゴメンねと謝りながら、彼女が出て行くのを見守った。全裸のまま、パジャマを抱えて寝室を出て行く彼女……。真っ白なお尻が妙になまめかしい。

私は、疑念を持ってしまっていた。男優は、あの後どうしたのだろう? 私とのビデオ電話を終えた後、もしかしてさらに里帆のことを抱いたのではないか? もしかしたら、中に出してしまったのではないか? そんな疑念だ。

少しすると、里帆が戻ってきた。パジャマを着て、上機嫌で笑っている。そして、ベッドに潜り込んでくると、私に抱きついて甘えてくる。私は、浮気した直後の人間の行動だなと感じながらも、彼女を抱きしめた。
『パパ、愛してる』
甘えた声で言う彼女。私は、自分で仕組んだことなのに、里帆がAV男優とセックスをしてきたと思うだけで異常なほど興奮してしまっていた……。

次の日、私は元男優に連絡をした。でも、電源が入っていなくて連絡が取れない。何回かけても連絡はつかず、その後、何日経っても連絡はつかなかった。私は、紹介してくれた得先の社長に彼の事を聞いた。
「そうそう、連絡つかなくて困ってるんだよ」
彼は、困ったように言った。どうやら、結構な額のお金を貸しているようだ。私は、夜逃げのような感じなんだなと理解した。
そして、私はしばらくはなんとか彼を探して話を聞きたいと思っていたが、無理だとわかり諦めた。事故に遭ったようなものだと諦め、もうバカなことはしないと誓った。
でも、あの時のビデオ電話の動画を録画しておかなかったことを後悔していた。
ひどい間違いを犯してしまったが、里帆とのセックスはとても良くなった。している最中にあの時の光景を思い出すと、嫉妬と興奮で快感が増す。
妻が、元男優と濃厚なセックスをしていた光景……。それは、一生忘れることはないと思う。そんなある日、久しぶりに個室ビデオ店に訪れた。里帆とのセックスが増えて以来、オナニーをすることもなくなっていたが、オナニーをしたいという気持ちが消えたわけではなく、今日はそんな気分だった。

適当に6本選び、禁煙の個室を選んで入室した。選んだ6本は、全部寝取られものだ。里帆が昔に出演した例の作品も探したが、さすがに古すぎるのか置いてなかった。

個室でDVDを見ながらオナニーを始める私。どうしても、AV女優に里帆を重ねてしまう。いろいろなシチュエーションで寝取られる妻を演じる女優さん達。全部、里帆だったらなと思ってしまう。

そして、3枚目のDVDを見ながら射精を終えると、まだ時間がかなり余っていたのでちょっとボーッとしていた。少しすると、残りの3枚の内容も気になり、見てみようと思い始めた。

オムニバスのような作品の中、里帆がいた……。顔にモザイクがかかっているが、すぐにわかってしまった。なぜなら、あの時のビデオ電話の続きだったからだ。ぐったりとベッドに寝転がる里帆……。顔にモザイクがかかっていても、見覚えがありすぎる光景だ。

スマホで撮っているのかわからないが、里帆にカメラが近づいていく。
「どうだった? 気持ちよかった?」
そんな風に質問する元男優。でも、こんな形でDVDになっているので、もう元男優ではない。
『……すごかった。あんなの初めてだよ』
里帆は、少しけだるそうに答える。男優は、カメラを里帆に向けたまま話を続ける。
「でしょ~。一応、プロだからね。じゃあ、続ける?」
男優は、楽しそうに言う。
『……うん。でも続けて出来るんですか?』
里帆は、迷っている感じながらも、そんな風に言った。
「相手によるよ。里帆ちゃんだったら、5回は続けて出来るかな?」
ふざけているのか本気なのか、わからないような口調で言う男優。
『本当に? どうせ、適当でしょ』
里帆は、口調が元気になってきた。
「バレた? でも、2回くらいなら全然連続でイケるよ」
男優は、そう言ってペニスを誇示する。まだコンドームがついたままのそれは、確かにほとんど勃起状態に見える。
『ホントだ。すごいですね』
恥ずかしそうに言う里帆。
「じゃあ、もう少し大きくしてくれる?」
男優は、そんなことを言う。
『わかりました。大きくしますね』
里帆は照れくさそうにそう言って、彼のコンドームに指をかけた。そして、外し始める。
『こんなにたくさん出たんだ……。気持ちよかったですか?』
里帆は、コンドームの中の精液を見ながら、嬉しそうに言う。
「めっちゃ気持ちよかったよ。里帆ちゃん、子供産んだとは思えないくらい名器だよね~」
男優は、里帆の膣の具合を褒める。私は、自分の妻が膣を褒められて嬉しそうにしているのを見て、恐ろしいほどに興奮してしまい、完全に勃起してしまっている。でも、画面の中の男優のペニスと比べると、悲しいほど小さい。
男優のペニスは、モザイク越しでも大きいのが一発でわかるサイズ感だ。
『じゃあ、しますね。準備出来たら入れて下さい』
里帆は、恥ずかしそうにそう言うと、彼のペニスに顔を近づけ始めた。すると、薄く顔全体に掛かっていたモザイクが、目のあたりだけになる。鼻の口元も丸見え状態だ。ここまで映っていると、里帆だと丸わかりだと思う。
知り合いが見たら、里帆だと気がつかれてしまうかもしれない。私は、激しく動揺しながらも、大きく口を開けて彼のペニスをくわえ始めた里帆を見て、興奮がさらに増していた。

里帆は、大きく口を開けて彼のペニスをくわている。バキュームしたりする音が響く中、頭を前後に動かしたりしながら熱心にフェラチオする里帆……。こうやって見ていると、完全にAV女優だ。

『気持ちいいですか?』
里帆は、男優のカリ首あたりをチロチロと舐めながら質問する。
「気持ちいいよ。もっと奥までくわえられる?」
男優は、そんな質問をした。すると、
『奥ですか? やったことないけど、やってみますね』
と、里帆は好奇心いっぱいの感じで言う。そして、男優のペニスをくわえて奥へ奥へと飲み込んでいく。

でも、全部飲み込むには長すぎるのか、根元までは飲み込めない。すると、里帆はむせたように咳き込みながら彼のペニスを吐き出した。
『無理だよ~。ホント、すごく大きいね』
里帆は、ちょっと苦しそうに言う。でも、うっとりしているような感じにも聞こえる。彼の巨根で今まで知らなかった快感を体験し、すっかりと虜になってしまったのかもしれない。
私は、ふと考えてしまった。最近、里帆とセックスをする回数は増えている。でも、里帆は比べているのではないか? 男優とのセックスと比べて、物足りないと感じているのではないか? そんなことを考えてしまった。

「でしょ~。じゃあ、ちょっと押し込むよ。苦しくても我慢しなよ」
男優はそう言うと、まだ返事もしていない里帆の口にペニスを突き立てた。そして、彼女の頭を両手でホールドし、腰を押し込んでいく。みるみる顔を赤くする里帆。うめくような声も漏れている。どう見ても、苦しそうだ。

「おぉ、良いじゃん。もっと頑張って」
男優は、そんなことを言いながらさらに腰を押し込んでいく。すると、あきらかにさっきよりも喉奥にペニスが入っている。
「よしよし、もう少し。頑張れ~」
軽いノリで言いながら、男優はさらにペニスを押し込む。もう、ほとんど根元まで入っているように見える。すると、里帆が彼の太ももあたりを手のひらで何回も叩き始める。ギブアップという感じだ。

すると、男優はゆっくりとペニスを抜き始めた。でも、半分ほど抜いたところでまた押し込み、そのまま腰を前後に動かし始めてしまった。
両手で頭を固定されたまま、口を犯されている里帆……。
『うぅっ! うぅ~~っ! んぅうっ!!』
苦しそうにうめく彼女。時折、えずくような音も響いている。そして、彼女の口の周りは唾液でドロドロになり、粘度の高そうな液体が床に伝って液だまりも作っている。
AVではおなじみのイラマチオだ。当然、私はやったことがないし、そもそも私のものではこんなに喉奥深くまで挿入することが出来ないと思う。
里帆は、うめき続ける。かなり苦しそうだ。耳まで真っ赤になっているのがわかる。そして、モザイクで見えないが、里帆は涙目になっているはずだ。

男優は、調子に乗って腰を動かし続ける。動きもどんどん速くなっていく。そして、里帆は本当に限界なのか、両手で彼の太ももを何度も何度も叩き始めた。
すると、男優は思いきり腰を押し込んだ。完全に根元まで入っているペニス……。里帆は、大きくうめき声をあげている。男優は、腰を押し込んだまま体をブルッと震わせた。

里帆は、全力で彼を押しのける。そして、激しく咳き込み始めた。
「大丈夫? ゴメンね、気持ちよすぎて出ちゃった」
男優は、申し訳なさそうに謝る。でも、謝りながらもカメラを手に取り、再び里帆の顔をアップにし始めた。

『もう! いきなり出さないでよ! 鼻から出ちゃったよ』
里帆は、さすがに怒った感じだ。そして、鼻水のようなものが出ているのがわかる。どうやら、それは逆流した精液のようだ。
私は、鼻から他人の精液を逆流させている里帆を見て、我慢出来ずにオナニーを開始してしまった。ついさっき射精したばかりとは思えないほど、私のペニスは固くなっている。そして、快感もすごい。

里帆は、ティッシュで鼻をかみながら、
『臭い取れないよ。もう……』
と、男優を非難する。
「ゴメン。でも、里帆ちゃんもイッてたでしょ。喉奥にザーメン出した途端、完全にイッてたでしょ」
からかうように言う男優。
『そっ、それは、その……うん』
里帆は、慌てて否定しようとした。でも、結局認めてしまった。
「里帆ちゃん、やっぱりドMだよね~。じゃあ、ちょっとSMっぽいのやってみる? それとも、レイプっぽいのがいい?」
男優は、そんな風に言う。すると、里帆はすぐに、
『うん。してみたい。レイプっぽいのがいい。すごくハードにして欲しい……』
と、うわずった声で言った。私は、里帆がそんな願望を持っていたことに驚いてしまった。童顔で、少し子供っぽいところのある里帆……。優しくておっとりとしている女性だと思っていた。

「了解。じゃあ、本当にやめて欲しいときは、カットって言ってよ。言わない限り、本気で犯し続けるから」
男優は、そんなことを言う。こんなシチュエーションも、慣れたものみたいだ。
『うん。お願いします』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた3(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

私は、声が漏れそうになるのを必死で堪えながら射精を続けていた。今は、元男優が撮影しているふりをして私とテレビ電話をしている状況だ。下手に声を出してしまったら、里帆に聞かれてしまう……。私は、歯を食いしばりながらうめき声を堪えた。

元男優の精液を飲み干してしまった里帆は、笑顔でごちそうさまですと言った。美味しかったとまで言っていた。私は、里帆に飲んでもらったことなどないし、飲んでもらいたいと思ったこともない。でも、こうやって他人の精液を飲んでいる里帆を見てしまうと、嫉妬というか悔しいという気持ちが大きくなる。

「凄いね。美味しそうに飲むんだねぇ」
元男優は、嬉しそうな口調で言う。里帆は、少し照れたような顔で、
『そんなことないですよ』
と、答える。
「でも、美味しかったって言ったじゃん」
『それは……言葉のあやです』
「でも、飲むのイヤじゃないんだよね」
『はい。だって、喜んでもらえるし……』
モジモジと答える里帆。
「どんな味なの?」
『どんなって、エッチな味です』
「へぇ。飲むと、ムラムラしちゃうってこと?」
『そ、そうですね。エッチ気持ちにはなっちゃうかも』
里帆は、少し困ったような口調で言う。
「じゃあ、今は? エッチな気持ちになってるの?」
『……はい』
里帆は、顔を赤くしながら答えた。
「どうする? もう、やめる?」
元男優は、少しイジワルな感じで聞いた。
『……もう一回、良いですか?』
里帆は、そんな事を言い始めた。顔を真っ赤にして恥ずかしそうに言ってはいるが、完全におねだりだ。私は、里帆のまさかの言葉に唖然としてしまった。

「いいよっ! じゃあ、一度全部脱ごうか、俺も脱ぐし」
元男優はそう言って、中途半端になっていた衣服を全て脱いだ。もう、結構な年齢だと思うが、引き締まった良い身体をしている。日に焼けているので、余計にそう感じるのかもしれない。そして、里帆も言われるままに衣服を全部脱いでしまった。

全裸になった里帆は、恥ずかしそうにアソコと胸を隠している。そして、元男優はスマホをどこかに置いたようで、固定アングルでの映像に切り替わった。

「さてと、どうする?」
元男優は、揉み手をしながら質問をした。
『どうするって?』
里帆は、まだ身体を腕で隠しながら質問する。
「どうやって欲しい? 好きな体位ってなんだっけ?」
『別に好きな体位なんて……。じゃあ、後ろからお願いします』
里帆は、結局リクエストをした。そして、ベッドの上で恥ずかしそうに四つん這いになると、不安そうな顔で彼のことを見た。
「荒々しくされたいって事?」
元男優は、ニヤけた顔で聞く。
『……うん』
里帆は、本当に恥ずかしそうだ。でも、素直にリクエストをするような感じになっている。
「へぇ、マゾなんだ。じゃあ、めっちゃ荒っぽくしようか?」
冷たい声で言う元男優。急に空気が変わったような気がする。
『うん。でも、痛いのはイヤだよ』
里帆は、そんな風に言った。しゃべり方がとても親しげになっているのが気になってしまったが、それ以上に里帆の秘めた欲望に驚いてしまった。荒っぽくされたい……。まさか、里帆がそんな願望を持っていたなんて知らなかった。

元男優は、返事もせずに里帆の後ろに移動して、コンドームを素早く装着すると、一気に後ろからねじ込んでしまった。
『うぅあっ、そんないきなり、うぅ』
驚いたような声を上げる里帆。すると、元男優は里帆の腕を後ろ手にねじり上げるように掴んだ。そして、里帆の上半身をベッドに押しつけるようにして後ろから腰を振る。
『うぅっ、ダメっ、あっ、こんなの、うぅあっ!』
里帆は、追い詰められたような声を上げ始めた。彼は、無言で腰を振る。腕をさらに高くねじり上げながら、ガンガン腰を振っている。まるで、犯しているようなシチュエーションだ。

里帆は、無理矢理犯されているような状況なのに、明らかにあえぎ声が大きくなっている。
「ほら、もっと良い声だせって。メチャクチャにしてやるよ」
元男優は、役に入り込んだように荒々しく言う。里帆は、ベッドに胸を突っ伏したまま、泣き顔みたいになりながらあえぎ続けている。里帆も、役に入り込んでいるような感じがする。

「ホントにマゾなんだな。キッツキツに締まってきてるぞ」
元男優は、そんなことを言いながら里帆のお尻を平手で叩いた。パチンと言う乾いた音が響き、
『うぅあああっ、ひぃぅ、ぁぁあぁ』
と、里帆の震えたような声が響く。元男優は、調子に乗ったように何度も里帆のお尻を叩き続ける。その度に、里帆は声を震わせ、のけぞるようになりながらあえぎ声を漏らし続けている。
里帆の真っ白なお尻が、花が咲いたように赤くなってしまっている。でも、同時にとろけきった顔になっているのもわかる。私は、里帆の秘めた性癖があらわになり、異常に興奮してしまった。私には見せたことのない顔……。それを、元AV男優の彼には見せている。そう思うと、悔しいと思ってしまう。

『ダ、ダメぇ、もう、うぅっ、イ、イッちゃうっ、ダメっ』
里帆は、泣きそうな声で言う。さっきのセックスでも、結局里帆はイカされた上にハメ潮まで吹かされてしまっていた。元AV男優のテクニックのせいだと思いたいが、里帆が淫乱だからなのかな? と、思ってしまう。
「ダメじゃん。ほら、旦那さんに謝らないと。ちゃんと許可もらわないと」
彼は、腰をイヤらしく動かしたままそんなことを言う。すると里帆は今度はほとんど抵抗もためらいもなく、
『パパっ、イッちゃうっ! イクっ! ごめんなさいっ! 気持ちいいのっ』
と、とろけた声で叫ぶ。すると、彼は腰の動きを焦らすように緩めながら、
「何が気持ちいいの? ちゃんと説明しないとわかんないって」
と、里帆に言う。
『お、おちんちんが気持ちいいのっ! このおちんちん、すごく大きくて固いからっ!』
里帆は、顔を真っ赤にしながら叫ぶ。私は、嫉妬や敗北感にまみれながら、我慢出来ずにペニスをしごき始めた。ファスナーを開け、さっき出た精液でドロドロのペニスをしごき始めると、今までしてきたどんなオナニー……と言うよりも、どんなセックスよりも気持ちいいと感じてしまう。

「旦那とどっちが大きい?」
彼は、わかりきった質問をする。
『そ、それは……』
口ごもる里帆。すると、彼は動きを止めながら、
「じゃあ、やめちゃおうかな?」
と、意地悪を言う。里帆は、すぐにすがりつくように、
『ダメっ、意地悪しないで、もう少しなの』
と、哀願する。
「じゃあ、どっちが大きいか教えてよ」
彼は、さらにいじめるような口調で聞く。
『こ、こっちっ! このおちんちんの方が、大きいっ』
里帆は、罪悪感にまみれたような顔で叫ぶ。
「じゃあ、どっちが気持ちいい?」
彼は、さらに言葉を続ける。私は、すでに感じている敗北感が、さらに大きくなっていくのを感じながらペニスをしごき続けた。

『い、言えない……』
泣きそうな声で口ごもる里帆。すると、彼はペニスを引き抜くような動きをしながら、
「じゃあ、抜いちゃおっと」
と、言う。
『ダメっ! こ、こっちですっ! このおちんちんが気持ちいいっ! パパのより気持ちいいっ!』
里帆は、泣きそうな顔ととろけきった顔が意地混じっている。私は、激しい焦燥感を感じながらも、狂ったようにペニスをしごき続けている。もう、射精寸前だ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた2(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

私のペニスは、完全に勃起してしまっていた。ズボンのうえからしごいているだけで、すぐに射精感が湧き上がってきてしまう。

「ダメじゃないでしょ? もっと触って欲しいんじゃないの?」
元男優の調子の良い声が響く。それにしても、どんなテクニックを使ったのだろう? こんなにあっけなく、里帆がナンパされてしまうなんて……。
『そんなことないです。は、早くイッて下さい。もう、怒られちゃう』
里帆は、困ったような声で言う。でも、その声はすでに甘いものが混じっていて、吐息と言うよりもあえぎ声に変わりつつある。

「俺さ、女の子が気持ちよくなってないとイケないんだよね。職業病ってやつかな?」
元男優は、調子の良い言葉を繰り返す。
『うぅ、気持ちいいです。感じちゃってますから……早くイッて下さい』
里帆は、うわずった声で言う。私は、これが里帆の本当の顔なのかな? と、ちょっと怖くなっていた。押しに弱くて流されやすい……それは知っている。でも、この状況はあまりにも流されすぎだと思う。

「ほらほら、ちゃんと舐めないと。気持ちよくなりすぎじゃない?」
元男優がからかうように言う。すると、里帆はハイと返事をする。そして、里帆の声が消えた。元男優の調子の良い声と、里帆の吐息のようなものだけが聞こえてくる。
私は、里帆が何をしているのか想像しながら、夢中でペニスをしごき続けた。妻が他の男にフェラチオをしている……。それは、非常事態だと思う。普通は、怒ったり焦ったりする場面だと思う。でも、私は突き抜けるような興奮を感じているし、快感も強烈だ。

こういうのを、寝取られ性癖というのだと思う。でも、自分がそうだとは思っていなかった。確かに、たまに行く個室ビデオ店では人妻系のビデオを見ることが多かった。でも、それは単に熟女系が好きなだけだと思っていた。

『んんっ~~っ!! だっ、だめっ! そこはダメです!』
里帆は、明らかに動揺して慌てた声で叫ぶ。こんなに焦った彼女の声を、今までに聞いた記憶がない。
「すっげぇ濡れてるじゃん。て言うか、漏らしちゃった?」
からかうように言う元男優。
『違います! そ、その……。お兄さんが上手だから……』
里帆は、渋々認めたような言い方をする。
「でしょ~。だって、俺プロだしね。もっと気持ちよくさせちゃおうか? せっかくだし、楽しまないと損だよ」
元男優は、本当に調子よく言う。話がなめらかで上手だと思う。

『そんなの無理です。だって、これ以上裏切れないです。パパにバレたら、離婚されちゃうよ』
里帆は、本当に心配そうに言う。その言い方が、まるでおびえた少女のようだ。とても二人の子供がいる人妻とは思えない可愛らしさだ。

「バレる? バレるわけないじゃん。だって、撮影してるわけでもないんだから。里帆ちゃんが黙ってれば、絶対にバレないよ」
『お兄さんは? バラさない?』
里帆は、そんな質問をする。
「まさか。バラしたって、何にも良いことないじゃん。それどころか、慰謝料請求されちゃうって」
元男優は、そんなことを言った。確かに、考えてみれば当たり前の話だ。

『そっか……そうですよね。でも……』
里帆は、迷い始めた。私は、妻があっけないほど簡単に堕ちそうなことに、ただショックを受けていた。
「じゃあ、決まりだ。脱がせるよ~」
元男優は、間髪入れずにそんなことを言う。
『きゃっ、じ、自分で脱ぎます。あっ、ダメ、恥ずかしいです、うぅ』
「うわ、やっぱりぐっちょぐちょじゃん。何これ。池にでも落ちた?」
元男優は楽しそうに言う。里帆は、恥ずかしくて何も言えないようだ。
「よし、装着完了。じゃあ、入れるよ」
元男優は、軽いノリで言う。
『本当にするんですか?』
「え? この状態で言う? もう、先っぽ入ってるけど」
元男優が、妙に楽しそうな声で言う。私は、もう先っぽが入ってしまっているという言葉に強いショックを受けた。確かに、元男優には、里帆と最後までしてもらってもかまわないと言った。でも、そうは言っても本当にそうなる可能性は低いと思っていた。

『……そうですよね。でも、早く終わって下さいね。あっ、キスもダメです』
里帆は、そんなことを言った。私は、里帆の態度にただただ戸惑っていた。受け入れているのか拒否しているのか、どちらか判断がつかない。

「キス、嫌いなの?」
『嫌いじゃないですけど……。パパ以外とは出来ないです』
里帆は、そんなことを言う。私は、彼女の貞操観念がわからなくなってしまう。
「え? チンポ入れても良いけど、キスはダメってこと?」
元男優も、里帆の独特すぎる考え方に戸惑っているようだ。
『だって、キスは本当に好きな人としかしないモノでしょ?』
里帆は、真剣な口調で言う。本心でそう思っているようだ。
「いやいや、セックスもそうでしょ」
思わず突っ込む元男優。
『そんなことないですよ。キスは特別です。それ以外はOKなんで、早く終わって下さいね』
里帆は、そんなことを言い始めてしまった。さっきまでは、セックスに同意していたわけではなかったはずだ。なし崩しにここまで来てしまったはずが、キス以外はOKになってしまっている。
私は、里帆の貞操観念が普通ではないことを、今さらながら知った気持ちだ。
「了解っ。じゃあ、奥までいくよっ、オラっ!」
とてもセックスをしているような感じではない軽いノリで話をする元男優。女性に対して、慣れすぎているんだと思う。
『あっぐっ、うぅあぁ、そんないきなり、うぅあぁ』
里帆は、とろけたような声で言う。
「気持ちいいでしょ? 俺の、大きさもそうだけど、反り方が評判良いんだよね~。反方良夫(ソリカタヨシオ)って呼んでよ」
元男優は、ノリノリで言う。
『ふざけすぎですよ。でも、本当にすごいかも……。こすれてる感じが……』
里帆は、あまり余裕のない感じで言う。私は、映像が見えないだけに、本当に奥まで入れられてしまったのだろうか? と、疑念を感じていた。そんなにあっさりと、他の男に体を許すだろうか? 私の知っている里帆は、そんなことをする女性とは思えない。でも、昔のあのAVを見て、里帆には私の知らない顔があることもなんとなくわかってきた。

「そうそう。Gスポ、メッチャこするからねっ」
元男優は、心の底から楽しんでいるような声で言う。すると、
『あぁっ、あっ、あんっ、こ、こんな、うぅっ、こすれて、ひぅっ』
里帆は、あっけなくあえぎ始めた。でも、あえぎながらも驚いているような感じが伝わってくる。そんなに、元男優のペニスはすごいのだろうか? モザイク越しでも大きいのはわかったが、反り方まではわからなかった。

「でしょ~。いつでもイッていいから」
元男優は、そんなことを言う。自分のセックステクニックに、絶対の自信を持っているような口調だ。そして、実際に里帆の声もどんどん大きくなっていく。

『あっ、あんっ、あぁんっ、あぁ~っ! す、すごい、こんなの、うぅあっ、ダメ、ひぃっ、うぅっ、き、気持ちいいっ、気持ちよくなっちゃうっ』
里帆は、罪悪感が入り交じったような声で言う。あっさりと感じてしまったことに、彼女自身戸惑っているのが伝わってくる。

「おぉ、締まってきた。二人産んでるんでしょ? それにしては強烈だね。めっちゃ名器じゃん」
元男優は、里帆を褒めている。こういうところも、テクニックなのかな? と、感心させられてしまう。私は、里帆のあえぎ声を聞きながら、驚くほど固くなったペニスをズボン越しにしごき続けている。
そして、それだけではなく、結局ズボンとパンツを膝まで下ろして直接しごき始めてしまった。いつもより固くなったペニス……。そのせいか、刺激もいつもよりも強く感じる。私は、普段から早漏気味だが、今日はいつも以上に早くイキそうになってしまっている。
自分の妻が、他の男のペニスであえぐのを聞きながら、ガチでオナニーをする……。そんな話は聞いたことがない。私は、自分の性癖がこんなにも狂っているとは自覚していなかった。

『うぅっ、あっ、あぁ~っ! ホ、ホントにダメぇ、早くイッてっ! もう、イッちゃうっ、ダメなのにイッちゃうぅっ、お願い、もうイッてっ!』
里帆は、罪悪感にまみれたような声で叫ぶ。私は、里帆が罪悪感を感じているのを意識すると、さらに興奮が増すことに気がついた。

「ほらほら、旦那に悪いって思わないの?」
言葉責めのような感じで里帆を責める彼。
『い、言わないでっ、ダメ、もうとめてっ、無理、うぅっ、イ、イッちゃうからっ! ダメなのっ、うぅ~っ』
里帆は、完全に何かを我慢しているような感じに変わっている。感じてはダメなのに、感じてしまう……。そんな雰囲気だ。
「旦那に謝らないと。他のチンポでイッちゃいますって」
元男優は、板についた言い方をする。AVの撮影で、こんな台詞は何度も言っていたのだと思う。
『うぅっ、イ、イヤ、イカさないで、もうとめて、ダメなの、お願いします、イキたくない、うぅあぁっ!』
切なげな声を上げる里帆。私は、里帆の中の線引きがよくわからなくなってしまった。あっけなくセックスを受け入れたかと思うと、イクのはダメだと言い始める。ペニスは入れても良いが、キスはダメだと言う。私は、里帆の中のラインがよくわからないなと思っていた。

「もう無理だって。ここでやめられないでしょ? 里帆ちゃんもイキたいんでしょ? ほら、旦那に謝れって。謝ればイッても許してもらえるから」
元男優は、言い慣れた感じで台詞を言う。
『ごっ、ごめんなさいっ! イ、イッちゃう! パパ、イッちゃうっ! パパじゃないのにイッちゃうっ! ごめんなさいっ!!』
里帆は、結局私に謝りながら絶叫した。私は、里帆の謝罪しながらオルガズムに、堪えきれずに射精をしてしまった……。

「あ~あ、イッちゃった。潮まで吹いてんじゃん。キスはダメでも、ハメ潮はOKなんだっけ?」
元男優は、楽しそうに言う。
『うぅ……ダメだよ……こんなの……。もう、終わりで良いですか?』
弱々しく言う里帆。でも、声がまだとろけているように感じる。私は、射精したことで少し気持ちは落ち着いていた。

「はぁ? 自分ばっかりズルくない? 俺もイカせてよ」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた(ブロマガ 転載禁止)

自分の妻が昔アダルトビデオに出ていたことが発覚したという話は、テレビの中だけの話だと思っていた。まさか、自分の妻がそんな過去を持っていたなんて、発覚した今でも信じられない。

妻とは、結婚して10年経つ。子供も二人授かり、幸せそのものの人生だと思っていた。妻の里帆は今年で35歳になる。まだギリギリ30代だが、見た目は若々しい。子供が二人いると言うと、いつも驚かれる感じだ。多分、童顔で肌がきれいなのが彼女を若く見せているのだと思う。

普段から化粧水くらいしかつけないのに、どうしてそんなに肌に張りがあるか不思議に思うが、彼女の母親も未だにきれいな肌をしているので遺伝的な要素なのかもしれない。
里帆は、URのCMに出ている女優さんによく似ている雰囲気で、下の子供はCMを見るたびに、ママだと言うくらい似ている。
控えめでおとなしい性格で、押しに弱いところがある。なので、私なんかと結婚したのかもしれない。私は、38歳の自営業で、輸入雑貨の仕入れなんかをしている。それなりに上手く行っていて、収入は同世代のサラリーマンの倍は稼げていると思う。

そんなある日、たまの息抜きで立ち寄る個室ビデオ店で、妻が出ているビデオを見つけてしまった。素人ナンパものの中の一人が、妻だった。最初に見た時は、よく似てる子だなとしか思わなかった。でも、見れば見るほど妻そのもので、ヘソのほくろで彼女だと確信した。

動画は、男優が町を歩いている妻に声をかけるところから始まった。最初は無視していた女性が、強引に前に回り込まれて話しかけられ、押されるままにインタビューを受けるという流れだった。
そのやりとりが本当にリアルで、私はドキドキした。このときは、まだ妻によく似た女優さんだなとしか思っていなかったからだ。

そして、室内でのインタビューが始まる。といっても、すぐに下ネタ交じりになっていく、アダルトビデオ特有のノリだ。でも、女性の反応が生々しく、本当に素人をナンパしているのかな? と、思えるほどだった。

『え~。今はいないですよ。先月別れたばっかりです』
女性はそんな風に答える。まだ学生だと答えていたので、20歳前後なのだと思う。
「じゃあ、欲求不満がたまってるんじゃない?」
男優は、軽いノリで話を続ける。さすがに慣れているというか、会話が途切れることがない。どちらかというと口下手な私は、うらやましいと思った。
『そんなことないですよ~。だって、まだ1ヶ月も経ってないですから』
女性は、楽しそうな感じだ。私は、このあたりで似すぎてるなと思い始めていた。笑う時の感じや、髪をかき上げる仕草が、妻そのものだと思ってしまった。

男優は、いきなり女性の胸を触った。
『きゃっ、ダ、ダメですよ』
女性は、あまり強くは拒否をしない。
「でっかいね! そんなに大きいと、感度悪いの?」
男優は、女性の胸を揉むようにしながら、そんな質問をする。女性は少し戸惑った感じで、
『そんなことないですよ。ちゃんと、感じますよ』
と、答える。すると、男優はブラジャーを見せてくれと頼み始めた。
『そんなの無理です、話を聞くだけじゃないんですか?』
女性は、困ったような顔で言う。嫌がっていると言うよりは、戸惑っているような感じだ。曖昧な笑みを見せているところが、押しに弱い人間特有だなと感じる。

そして、男優は行けると確信しているのか、何度もお願いをする。その度に、困ったような笑みを浮かべて無理ですと言い続ける女性。すると、男優は強引に女性の上着をまくり上げてしまった。
『きゃっ、ダメですよ、恥ずかしいです。ブラ、古いやつだし』
女性は、そんな風に言う。ブラが新しければ、見せてもいいのかな? と、思ってしまった。そして、このときに私は気がついてしまった。女性のヘソの横に、特徴的な二つ並んだほくろがあることに……。

私は、思わず一時停止をした。そして、目をこらしてそのほくろを見た。どう見ても、妻と同じだ。私は、脚が震え始めていた。これは、里帆だ……。似ているとかじゃなく、彼女そのものだ……。そう思った私は、震える指で再生を再開した。

ブラジャー丸出しにされても、困ったような笑みを浮かべている女性……というより里帆。里帆は、何度か上着を戻そうとしたが、その度に男優に阻止され、諦めたようになる。

「谷間、すごいね。彼氏とか、絶対にパイズリさせるでしょ」
男優は、テンションが上がった感じだ。
『そ、そうですね。いつも言われるかな?』
里帆は、困ったように答える。私は、ドキッとしてしまった。私は、一度もパイズリなんてしてもらったことがないし、してくれと頼んだこともない。

「やっぱりね~。すげぇ柔らかそうだもん」
男優は、そう言って人差し指を胸の谷間に差し込んだ。里帆は、あまり抵抗せず、やっぱり曖昧な笑みを浮かべている。困ったような感じなのに、逃げようともしない。押しに弱い彼女の性格は、こんな状況でも同じなんだなと思った。
男優は、指を動かしてパイズリしているような感じにする。
「おぉ、メチャ柔らかいじゃん! すげぇ気持ちいい」
男優は、楽しそうに指を動かし続ける。里帆は困ったような感じながら、無抵抗になってしまった。男優は、軽快に話を続けながら指を動かし続ける。同時に、里帆のことは褒めっぱなしだ。

すると、男優はいきなりブラジャーのカップを下に引きずり下ろした。胸が露出し、乳首も乳輪も丸見えになる。ピンク色の綺麗な乳首が完全に露出している。
『ダッ、ダメっ!』
慌てて胸を隠そうとする里帆。でも、男優は器用に里帆の手をつかみ、隠すのを阻止する。
「綺麗な乳首じゃん! 何で隠そうとするの?」
男優は、本当に楽しそうにしている。
『は、恥ずかしいです。もう、帰ります』
里帆は、本当に困ったようになっている。男優は、最後にパイズリをしてくれと言い出した。里帆は、ビックリして無理だと即答する。でも、男優は必死で頼み込む。
「お願いっ! ホント最後だから! マジお願いっ!」
里帆は無理だと言い続ける。でも、男優は引き下がらない。最終的には、土下座までしてしまっている。
『わ、わかりましたから、頭上げて下さい!』
里帆は、土下座をする男優に根負けしたようで、そんな風に言ってしまった。

すると、すぐに男優はペニスを出してしまった。里帆は、キャッと言いながら顔を伏せる。耳まで真っ赤になっているのがわかる。私は、ここまで見て理解した。これは、本当にナンパものなのだと。里帆は、持って生まれた押しの弱さで、男優に強引に乗せられているのだと……。

「じゃあ、挟んで!」
男優は、ノリノリで言う。彼のペニスは、モザイク越しでも大きくいきり立っているのがわかるし、そのサイズも普通ではないくらいに大きいのもわかる。

『ハ、ハイ。じゃあ、ブラ外しますね』
里帆は、慌ててそんな風に言う。そして、ブラジャーを外してしまった。いくら何でも、押しに弱すぎると思う。ここまでするのは、押しに弱いとか言う次元の話ではない気がする。

男優は、さっとペニスを里帆の乳房に挟み込む。里帆も、慣れた動きで自分の胸を挟むように持ち、ペニスを包み込む。そのまま胸を上下に動かしてパイズリを始める里帆。私は、その慣れた動きを見て嫉妬のような感情を持ってしまった。
里帆はこれまで何人の男に、パイズリをしてきたのだろう? 私は、自分がしてもらったことがないので、余計に悔しいと思ってしまう。

「おぉっ! めちゃ上手じゃん。慣れてるねぇ』
男優は、嬉しそうに言う。
『そんなことないです。もう、これでいいですか? 服着ますね』
里帆は、パイズリを中断しようとする。すると男優は、
「え? まだイッてないし。イカないとやったことにならないでしょ。イカせないと意味ないよ」
と、ティッシュよりも軽いノリで言う。里帆は、結局押し切られてパイズリを継続した。過去の映像とはいえ、自分の妻が他の男のペニスをパイズリしているというのは、恐ろしいほどにショックだ。

里帆は、耳まで真っ赤にしたままパイズリを続ける。でも、恥ずかしがっているわりに、パイズリはなめらかで上手だ。
「ヤバ、うますぎるでしょ。出そうだわ」
男優は、少し悔しそうに言う。プロとして、早くイカされるのは不本意なんだろうか? 里帆は、男優の言葉に反応したように、胸の上下動を早くした。すると、男優はイクのを堪えているような仕草を見せたが、結局すぐに射精してしまった。

『わっ、出たっ』
里帆は、驚いたような声を上げる。勢いよく射出された精液は、里帆の頬や鼻筋にもかかってしまっている。里帆は、顔を精液まみれにしながらも、なぜか笑顔だ。
『いっぱい出ましたね』
里帆が笑顔でそういったところで、動画は次の女性に切り替わった。私は、強いショックを受けていた。まさか、自分の妻が……。こんなあり得ないような状況に、どうしていいのかわからない。
でも、結局里帆はセックスはしなかったし、キスもしていない。強引な男優にだまし討ちされたような感じだと思う。それならば、里帆も被害者と言えるかもしれない。

でも、それ以上に、里帆の昔の男性遍歴が垣間見えてしまったことにも動揺している。確かに、里帆は私が初めての男ではなかった。それなりに経験をしているんだろうなとは思っていた。でも、動画で見る限り、想像以上にいろいろな経験をしているように感じられた。
昔の男に嫉妬しても仕方ないのはわかっている。でも、私は悔しい気持ちでいっぱいだった。私は、息抜きのオナニーをする気持ちも消えて店を出ようかな? と、考えた。でも、私は自分の股間を見て驚いていた。勃起しすぎた股間は、ズボンまでシミが出来て濡れている。自分では、興奮している自覚も勃起している自覚もなかった。
私は、いろいろと感情が渋滞してしまい、どうしたらいいのかわからないまま店を出た。

帰宅すると、
『あっ、パパお帰りなさいっ! ご飯すぐ出来るよ~』
と、エプロン姿の里帆が出迎えてくれる。エプロンをしていても、大きな胸が揺れるのがわかる。私は、この胸でパイズリをしてきたんだなと思うと、切ないような気持ちになる。

子供達も出迎えてくれ、賑やかないつもの感じになる。私は、引っかかるモノは感じながらも、楽しく夕ご飯を食べた。幸せな時間だなと感じながらも、どうしてもあの動画が気になってしまう。
そして食事が終わり、子供達を風呂に入れて寝かしつけに入る。絵本を読んでいる途中で、あっという間に寝てしまう子供達。少しすると、里帆が入ってきた。
『寝ちゃった? パパ、いつもありがとう』
里帆は、本当に感謝しているという顔で言う。子供達を風呂に入れたり寝かしつけたりすることなんて、そのほかの家事や育児に比べたら全然大変ではないと思う。私は、里帆こそいつもありがとうと言った。嬉しそうに微笑む彼女。すると、私に抱きついてキスをしてきた。
『パパ、お疲れ?』
もじもじと、恥ずかしそうに言ってくる里帆。こんな仕草の時は、セックスをおねだりしてくるときだ。里帆は、恥ずかしがりで奥手なくせに、意外に性欲は強い。こんな風に、彼女からお誘いがかかることも多い。
私は、全然疲れていないと言った。すると、里帆は私にキスをしながら股間をまさぐってくる。私は、あの動画のイメージが残っているのか、すぐに興奮して完全に勃起してしまった。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


検索フォーム
カテゴリ