妹が同人描く参考にアレを見せろと言って来た上に、定規で測り始めた完(ブロマガ転載禁止)

前回の話

生まれて初めて触る女性器は、想像以上に柔らかくて、壊れてしまいそうに感じた。
『んっ、そこじゃないって。クリトリスはもっと上だよ』
玲奈は、そんな指摘をしてきた。まさか、初めて女性器を触る相手が妹になるなんて、想像もしたことがなかった。前から、兄妹仲は良い方だと思う。僕がこき使われることも多いが、それでも可愛い妹だと想っている。

僕は、恐る恐るクリトリスを触り始めた。包皮からすでに頭がのぞいていて、粘膜みたいな感じの皮膚は、触ると痛いんじゃないかな? と、思ってしまうような見た目だ。指が触れると、
『うぅんっ』
と、玲奈の口から息が抜けるような不思議な声が漏れる。

「だ、大丈夫? 痛い?」
びっくりして質問すると、
『平気。もう気持ち良くなっちゃったの……』
玲奈は、心配そうに言う。僕は、
「そりゃ、僕だっておちんちん触られたら、すぐに気持ち良くなるし」
『本当に?』
「うん。だから、玲奈ちゃんも大丈夫だって」
『でも……。もう気持ち良くなっちゃってるよ。もう、途中でやめられない感じだよ』
玲奈は、荒い息遣いで言う。いつも一緒にいる玲奈が、興奮した顔になっている。当然、今までに一度も見たことのない顔だ。僕は、玲奈の知らない顔を見て、ものすごくドキドキしていた。今まで、一度も女性として意識したことがなかったのに、女性として見てしまっている。オンナの顔とでも言うのだろうか?

「ど、どうしたらいい? もう、やめた方がいいよね」
そう言って、僕は指を引っ込めた。指先がひどく濡れているのがわかるが、これ以上はヤバいという気持ちしかない。
『ねぇ、もう少し続けてみて。本当に大丈夫か、おにいちゃんが見て判断して』
玲奈は、うわずった声で言う。僕は、一瞬迷ったが、正直興奮しすぎてしまっていて理性が働かない。僕は、玲奈のクリトリスを触り始めた。柔らかくて固い不思議な感触で、勃起したおちんちんの亀頭みたいだなと思った。
僕は、指の腹でこすり上げるように触った。
『うぅあっ、気持ちいい。お兄ちゃん、やっぱり気持ち良すぎちゃうよぉ』
玲奈は、泣きそうな顔で言う。僕は、
「これくらいは普通だよ。動画とかだと、もっと感じてる人もいるし」
と、言った。でも、僕が見ている動画は、AVとかばっかりだ。当然、大げさにあえぎ声をあげていると思う。

『う、うん。おにいちゃん、続けて』
玲奈は、少し不安そうな声で言う。でも、玲奈の顔は上気したようになっていて、頬も赤い。牝の顔……というのだろうか? 表情を見ているだけで、興奮してしまう。

僕は、玲奈のクリトリスを触り続ける。グチョグチョに濡れているので、指を動かす度にクチョクチョと湿った音が響く。玲奈のアソコは、濡れすぎてお尻まで光っている状態だ。これは、やっぱり濡れすぎなのだろうか? 僕自身、初めての経験なので比較の対象がない。

「大丈夫? 痛くない?」
僕は、心配で質問した。
『平気。気持ち良すぎて怖い』
玲奈は、泣きそうな顔で言う。僕は、
「やめた方がいい?」
と、質問した。でも、
『やめちゃダメ。もっと続けて、うぅっ、んっ、うぅっ、あっ、あっ、気持ちいい、気持ち良すぎちゃうっ』
と、泣きそうな顔で言う玲奈。触っているクリトリスが、どんどん固くなっていくのがわかる。包皮からは完全にクリトリスが露出してしまった状態だ。

僕は、痛そうな感じがないのでさらに触り続けた。正直、メチャクチャ興奮してしまっている。
『あっ、あっ、あっ、おにいちゃん、すごく気持ちいいっ、うぅあっ』
玲奈は、可愛らしい声であえぎ始めてしまった。僕は、自分の指で玲奈が感じていることが不思議で仕方ない気持だ。
「いいよ、もっと感じなよ!」
僕は、そんな事を言いながら指を動かし続ける。すでに、趣旨が変わってしまったなと思いながらも、指を止められない。
『あっ! あぁ~っ! おにいちゃん、怖いっ! もう、うぅあっ! あっ! あぁっんっ!』
玲奈は、ほとんど叫ぶような音量だ。僕は、さらに指をこすりつけるように動かした。
すると、玲奈が僕の腕を掴んできた。僕の動きを止めようというわけではなく、動かしているのとは逆の腕を掴んでいる。ギュッと強く掴んでくる玲奈。息遣いもすごく荒く、顔も眉間に深いシワが寄っている。

そのまま触り続けると、
『うぅっ!!』
と、玲奈はうめき声をあげて身体をビクンと跳ねさせた。僕は、玲奈のただならぬリアクションにビビって、指を離してしまった。
「大丈夫!?」
慌てて質問すると、
『平気……。やっぱり、気持ち良すぎちゃうよ……』
と、玲奈は不安そうに言った。でも、僕が見る限り、AV女優なんかのあえぎ方と比べると普通に見えた。それを説明すると、
『本当に? おかしくないの?』
と、聞いてくる。僕は、彼氏はなんて言ってるのか聞いた。
『えっ? そ、それは、そんなの聞けるわけないじゃん』
動揺する玲奈。僕は、そんなに動揺しなくてもいいのにと思いながら、じゃあ、AV見てみる? と、聞いた。

『持ってるの?』
と、質問してくる玲奈に、男なら誰でも持ってると言った。
『へぇ~。そうなんだ。じゃあ、見せてよ』
そう言って、玲奈は足を降ろした。でも、全裸なのでおっぱいも乳首も丸見えだ。
「その前に、服くらい着たら?」
僕は、そんな風に言った。
『そんなに大っきくさせて、説得力ないよ~。見たいんでしょ? いいよ、サービス』
玲奈は、僕の股間を指差して笑いながら言う。確かに、僕の股間はメチャクチャもっこりしてしまっている。
『早く見ようよ!』
玲奈は、僕をせかす。僕は、ノートパソコンを開いてブラウザを立ち上げると、DMMのマイページにログインした。そして、動画を再生し始めた。無難な元アイドルのAVだ。すると、玲奈は、
『ちょっと待って! どんなの持ってるの?』
と、動画を停止して購入作品一覧を表示した。慌てて閉じようとする僕。でも、玲奈にガードされる。
『へぇ、こんな趣味があったんだ。おにいちゃんも男なんだねえ~』
そんな事を言いながら、僕の購入した動画一覧を見る玲奈。僕は、恥ずかしくて顔が真っ赤になっていた。

僕が好きなのは、ナースものやOLものなどの、職業女性シリーズだ。でも、痴女ものやM男ものも見る。女性が男性をまんぐり騎乗位で責めたり、亀頭をガーゼ責めしたり、ペニスバンドで犯したりするものもある。
「い、いや、その女優さんが好きなだけだよ」
言い訳をする僕に、
『そうなんだ。してあげようか? いじめてあげるよ」
と、にやけながら言う玲奈。僕は、そんな趣味はないと言い訳をした。すると、玲奈は、
『これ、見てみたい!』
と言って、動画を再生し始めてしまった。それは、SMの女王様がM男をいじめ倒すヤツで、僕が持っている動画の中では一番アブノーマルなヤツだ。僕は、この動画のヤツだと女優さんがあえがないから参考にならないと言ったが、
『別にいいよ。そんなの後で見ればいいでしょ』
と、取り合ってくれない。玲奈がわがままなのはいつものことだけど、結局僕は押し切られてしまう。

そのまま、全裸のままの玲奈と動画を見始めた。
『こんな事するんだ。ねぇ、おにいちゃんは童貞なのに、こんな事したいの?』
玲奈は、ストレートに聞いてくる。僕は、興味本位だと答えた。
『ガーゼでこすって、こんなになるの? こんなに感じちゃうんだ』
亀頭をガーゼで地獄責めされているシーンを見て、玲奈は本当に驚いている。男優さんの感じ方が、かなり激しいからだと思う。僕は、この時点ですでにイヤな予感がしていた。
『ねぇ、あれやってみようよ!』
玲奈が、想像通りというか、そんな事を言い始めた。僕は、どうせ抵抗しても無駄だと思ったし、正直やってみたいという気持ちもあった。玲奈は裸のまま部屋を出ていき、ガーゼを持ってきた。
『そっか、ローションがいるんだ。持ってないの?』
玲奈は、そんな風に聞いてきた。僕は、一瞬ためらったが、持っていることを話した。もちろん、オナホ用だ。
『なんで持ってるの? 何に使うの?』
玲奈は、僕がローションを持っていることに食い付いてきた。僕は、なぜか正直にオナホ用だと言ってしまった。とっさに、上手い言い訳が思いつかなかっただけだけど、言わなきゃよかったなと後悔していた。

『見せてっ! そんなの持ってるんだ。おにいちゃん、ヘンタイじゃん』
玲奈は、心底楽しそうに言う。別に、軽蔑しているような感じもなく、好奇心で目が輝いているように見える。
僕は、机の引き出しの奥に隠してあるオナホを見せた。ごく普通の、装飾も何もないタイプの筒みたいなオナホだ。
『へぇ、こんな感じなんだ。なんか、のっぺりしてるんだね』
玲奈は、少し恥ずかしそうな感じで言う。僕は、一番地味なヤツだと説明した。
『ふ~ん。バレたら大変だもんね。ねぇ、どうやって使うの? 見せて!』
玲奈は、目をキラキラと輝かせながら言う。こんなにエッチなことなのに、どうしてそんなに無邪気な顔で言えるのか不思議でしょうがない。僕は、正直もう抵抗感もなくなっていた。どうせ、イヤだと言っても無駄だし、興奮してしまっているのも事実だ。

僕は、ズボンとパンツを脱ぎ、オナホにローションを充填した。そして、いつもと同じように、ゆっくりとおちんちんを入れていく。急に入れると、ローションが行き渡っていない部分が引き攣れて痛いからだ。
包み込まれる感触に、ぞわぞわっと快感が走る。妹が見ている前で、こんな事をしている……。なんというか、背徳感が強い。

『ねぇ、やってみても良い?』
玲奈が聞いてくる。僕は、一瞬言葉の意味がわからなかった。でも、玲奈がオナホを掴んできて、言っている意味が理解出来た。玲奈は、僕の返答も待たずにオナホを動かし始めた。
『わっ、なんか、変な感触だね。中が固いのがわかるよ』
玲奈は、楽しそうに言う。僕は、メチャクチャ気持ちいいと思いながらも、ヤバいなと思っていた。妹に、オナホでしごかれる……。そんな話は、聞いたこともない。

「も、もう、良いでしょ? やめようよ」
僕は、そう言うのがやっとだ。正直、やめて欲しくないという気持ちもある。
『まだダメ~。ねぇ、こんな風にされたかったんでしょ? もっといじめてあげようか?』
玲奈はそんな事を言いながらオナホを動かし続ける。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


妹が同人描く参考にアレを見せろと言って来た上に、定規で測り始めた(ブロマガ 転載禁止)

自分の部屋でバトルロワイヤル系のオンラインゲームをしてたら、ノックもなしに妹が入ってきた。今はゲーム中だったから良かったけど、オナニーの最中だったら一大事だ。俺は高3で、妹は高1だ。ノックもなしに入ってくるような年頃の兄妹でもないと思う。
『ねぇ、聡一郎! ちょっと良い? 手伝って欲しいんだけど!』
妹の玲奈は、そう言うと強引に僕の手を握って引っ張り始める。
「ちょっ! 待った! あとラスト五人なんだよ! ちょっと待って!」
今日は、ゲーム開始直後にアサルトライフルやスナイパーライフルを拾えたこともあって、すでに5キルした上にまだ生き残ってる。最後まで行けるかと思って手に汗かいていたのに、玲奈はディスプレイの電源を切ってしまった。
「あぁっ! ダメだって! なにやってんの!」
『良いから、早くしてよ。パパ達帰って来ちゃうからさ』
そう言って、僕の手をグイグイ引っ張っていく玲奈。僕は、後ろ髪引かれながらも玲奈に引っ張られていく。

玲奈は、昔からこんな感じだ。わがままというか、強引だ。でも、シスコン気味の僕は、結局いつも言いなりになっている。玲奈は、性格はアレだし、口も悪いけど、顔はとにかく可愛いと思う。僕がどの48人組アイドルにもハマらないでいるのは、身近に玲奈がいるせいだと思っている。
正直、玲奈ならどのグループでもセンターでイケるんじゃないかと思っているくらいだ。

玲奈は、自分の部屋まで僕を引っ張っていく。レナの部屋は、ピンクが多い女の子っぽい部屋だ。でも、僕と一緒でアニメのポスターやフィギュアが悪目立ちしている。

僕も妹も、いわゆるオタクだと思う。僕はゲームとアニメ、妹はアニメと漫画だ。そして、妹は同人誌も描いている。せっかくの恵まれたルックスを、無駄遣いしているような気がしないでもない。

「どうしたの? 何を手伝えば良い?」
僕がそんな風に聞くと、
『えっとね、その……』
玲奈は、珍しく言いよどんでいる。いつもはこっちの都合なんてお構いなく、あらゆる面倒な頼み事をしてくるのに、今日は妙にモジモジしている。
「どうしたの? 早くしないと帰って来ちゃうんでしょ?」
僕は、イヤな予感しかしないながらも、モジモジしている玲奈が可愛いなと思っていた。

『あのね、アレ見せてくれないかな?』
「へ? アレって?」
『アレはアレだよ。わかんないかなぁ』
少しイラッとしている玲奈。勝手なものだと思う。僕は、ピンと来ないので聞き返す。
『おちんちんだよ。どうなってるのかわかんないから、上手く描けないんだよ』
顔を赤くしながら言う玲奈。僕は、ビックリしながらも、そんな事かと思っていた。
「そんなの、ネットで見ればいいんじゃない? わざわざ僕のなんか見なくても、いくらでも見られるでしょ」
『本物が見たいの。それに、ネットだと大きくなってるのばっかりじゃん。普通の時のが見たいんだけど、ダメ?』
玲奈は、妙に可愛らしく聞いてくる。僕は、そんなのダメに決まってるでしょと言った。

『なんで? ちょっと前まで一緒にお風呂入ってたじゃん』
玲奈は、引き下がらない。と言うか、これまでの人生で、玲奈が引き下がったのを見た記憶が無い。
「でも……恥ずかしいし。彼氏とか友達とかはダメなの?」
『ダメに決まってるじゃん。そんな事お願いしたら、ヘンタイ扱いされちゃうって!』
玲奈は言う。でも、そんなヘンタイ扱いされるようなことを、実の兄貴に頼むのもどうかと思う。
『ほら、どうせ逃げられないんだから、早くしなよ。減るもんじゃないでしょ?』
玲奈は、おっさんみたいな事を言う。僕は、観念してわかったと言った。

『ありがと~。おにいちゃん、大好き!』
玲奈は、本当に良い笑顔で言う。この笑顔で言われると、まぁいいかという気持ちになる。

『じゃあ、脱いで!』
目を輝かせながら言う玲奈。僕は、渋々ズボンを脱ぎ始めた。
「でも、なんで見たいの?」
『同人描くのに参考にするためだよ』
「でも、どうせ修正するんでしょ? 意味なくない?」
『あるよ! どうせ見えないから描かないなんて、そんなのダメだよ』
変なところで真面目な玲奈。でも、一理あると思ってしまう。

「じゃあ、脱ぐよ……」
パンツに手をかける僕。
『うん! ありがとう!』
玲奈は笑顔で言う。僕は、ゆっくりとパンツを脱いでいった。

完全にパンツを脱ぐと、
「よく見えないよ。脚拡げてよ」
と、リクエストされた。僕は、言われるまま脚を拡げる。
『……ねぇ、ちょっと摘まんで上に上げてみて』
玲奈はそんな風に言う。僕は、こうなったらもう恥ずかしがっても仕方ないので言われたとおりにする。すると、玲奈はデジタルタブレットを取り出して、デバイスペンでデッサンをし始めた。僕は、かなり間抜けな状態のまま、ヌードモデルを続ける。

『ねぇ、聡一郎のって大きいの? 普通なの? なんか、やたらと大きい気がするけど』
玲奈は、そんな事を言う。僕は、そんなことないよと言った。実際、他の人と比べたことはない。でも、銭湯なんかに行くと、僕のはけっこう大きめなのかな? とは思う。
『ふ~ん。あとさ、大きくさせてくれる?』
玲奈は、ごく普通に言う。
「えっ!? 大っきくって?」
『大きくなるんでしょ? 勃起ってヤツだよ。出来るでしょ?』
玲奈の口からそんな言葉が出て、僕はドキドキしてしまった。
「いや、無理だって。そんな簡単に大きくならないよ」
僕は、しどろもどろで言う。
『ウソ。そうなんだ。じゃあ、どうやったら大きくなるの?』
玲奈は無邪気に聞いてくる。僕は、正直に性的興奮で大きくなると教える。
『こんな感じで良い?』
玲奈は、スカートをめくりあげてしまう。ピンクの可愛いショーツが丸見えになり、僕はかなり動揺してしまった。慌てて目をそらしながら、
「いや、妹で興奮するわけないだろ」
と、言った。でも、
『ウソだぁ。だって、兄と妹なんて、同人じゃ超定番じゃん』
と、玲奈は言う。確かに、近親ものは多いと思う。でも、実際に妹とエッチなことをするなんて、リアルではほぼ無いはずだ。僕自身、玲奈ほど可愛い妹が相手でも、エッチな気持ちになったりはしない。
僕は、リアルと2次元は違うという。
『そうなんだ。私は違うけどな……』
ボソッと言う玲奈。僕は、ビックリして玲奈を見た。僕相手に興奮しているという意味だろうか? 僕を、性的な目で見ていると言うこと? パニックになってしまいそうだ。

『でも、本当に? 裸になったら興奮するんじゃない?』
玲奈はそんな事を言う。僕は、それでも興奮なんてするわけがないと答えた。すると、玲奈は躊躇なく服を脱ぎ始めた。慌てる僕の前で、ブラとショーツだけの姿になる玲奈。
僕はドキンとしていた。おっぱいの谷間が、想像以上にどぎつい。こんなにおっぱい大きかったっけ? と、思った瞬間、ムクムクとおちんちんが大きくなってきた。
『あっ、勃ってきた! やっぱり興奮するんじゃん!』
ドヤ顔の玲奈。それにしても、顔だけじゃなく、スタイルも良いんだなとあらためて思った。胸の谷間はかなりあるし、ウェストもくびれている。でも、太ももとお尻は少し大きめで、ムチッとした感じもある。
見ればみるほど、勃起が強くなってしまう。妹相手にヤバいと思っていると、
『どう? けっこう大きいでしょ』
と、胸の谷間を腕で挟んで強調してきた。こぼれそうになる胸。真っ白で柔らかそうだ。
僕は、もう半勃ちを超えて7割程度は勃起していた。必死で抑え込もうとする。すると、玲奈がいきなりおちんちんを掴んできた。
「ちょっ! ダメだって! 玲奈ちゃん何してんの!」
慌てる僕。でも、玲奈は僕の竿を掴んだまま、
『すごいね。こんなになるんだ。これで100%なの?』
と、聞いてきた。僕は、まだ違うと答えながら、手を離してくれとお願いした。でも、玲奈は離さない。
『100%にしてみてよ!』
玲奈は、好奇心いっぱいの顔で言う。僕は、無理だと答える。すると、玲奈はブラジャーを外してしまった。真白な乳房とピンク色の乳首……。アニメかよと思うくらいに綺麗なおっぱいだ。僕は、ヤバいと思いながらも目が離せず、一気にフル勃起になってしまった。

『すご~い! こんなに大きくなるんだね。痛くないの?』
玲奈は、好奇心いっぱいの顔で聞いてくる。僕は、痛くないと答えるくらいしか出来ない。
『じゃあ、そのまま大きくさせておいてね』
そう言って、玲奈はまたデッサンをし始めた。僕は、おちんちんを勃起させたまま玲奈の胸を見ていた。ペンで描く度に、微妙に揺れる胸。おっぱいは、見ているだけで幸せな気持ちになるなと思いながらも、妹相手に勃起するなんてマズいなと思い続けていた。

『ねぇ、それ使ったことあるの?』
ペンを走らせながら、玲奈が聞いてくる。僕は、彼女もいないのでまだ未使用だ。正直にそれを話すと、
『へぇ。どうして? 気持ちいいのに』
と、玲奈が言う。
「えっ!? したことあるの!?」
僕は、ビックリして叫んだ。中学の頃からモテていた玲奈は、いつも彼氏がいるような感じではあった。でも、まさかもう経験済みとは思っていなかった。
『うん。今時普通だよ』
玲奈はそんな風に言う。僕は、ショックを受けながらも、
「だったら、彼氏の見たことあるでしょ? 僕の見る必要ある?」
と、聞いた。
『あるよ。だって、普通こんな明るいところでマジマジ見られないでしょ?』玲奈はそんな事を言いながらも描き続ける。
『ねぇ、やっぱりどう考えても大きいよね。ちょっと測ってみて良い?』
玲奈は、ペンを置いてそんな事を言う。
「えっ? 測るって?」
意味が飲み込めない僕に、
『うん。メジャーで』
と、玲奈は言う。そして、引き出しから小さな定規を取り出す。そのまま僕のおちんちんにあてがってくる。
「ちょ、ちょっと! ダメだって、汚れちゃうよ」
『洗えば良いよ。えっと、4……5cmか、やっぱり太すぎるでしょ』
玲奈は、驚いたように言う。
『メチャクチャ大きいんじゃない? 長さはどうかな?』
玲奈は、定規で長さを測り始めた。僕は、大きいと言われてもいまいちピンと来ないが、ちょっと誇らしいような気持ちも感じた。
玲奈は、僕のおちんちんを掴んで床の平行にすると、定規を下腹部に強く押し当ててくる。。玲奈の細い指が僕のを掴んでいる……。そう思うと、ヤバいと思う気持ちが膨らむ。でも、正直メチャクチャ気持ちいい。
『19cmかな? もうちょっとで20cmなんだね。押し込んだらイケそう』
そう言って、定規を強く押し当ててくる。僕が、痛いというと、
『もうちょいなのに~』
と、言いながらあきらめた。
『でも、平均が13cmくらいって書いてあったから、メチャクチャ長いじゃん!』
玲奈は、驚いた顔で言う。でも、僕はこれ以上触られたらヤバいと思い、
「もういい? しまうよ』
と、言った。
『ちょっと待って! まだ描いてるから。ちゃんと大きくしといてよ!』
玲奈はそう言って、また描き始めた。僕は、そんなに勃起させたままの状態を保てないと思っていた。でも、描く度に揺れるおっぱいを見ていると、全然柔らかくなる気配はない。それどころか、ショーツ姿もたまらないなと思い始めていた。そして、しばらく集中して描いていた玲奈。考えてみれば、彼女がどんな作品を書いているのか知らない。でも、おちんちんのデッサンをしているくらいなので、18禁の作品というのは間違いないと思う。可愛い顔でオタクなのももったいないと思っているのに、エロいマンガまで描いていると思うと、どこで道を間違えたのかな? と、思ってしまう。でも、それは僕も同じかもしれない。

『ねぇ、射精って出来る?』
玲奈は、真顔で聞いてくる。僕は、いくらなんでもそれは無理だと言う。
『どうして? いつも出してるんでしょ? 見せてよ~。減るもんじゃないでしょ?』
玲奈は、再びおっさんみたいな事を言う。恥ずかしいという気持ちも消えたのか、もう顔は赤くなっていない。今は、まるで小悪魔のような表情をしている。
『じゃあ、手伝ってあげようか?』
玲奈は、ニヤリとしながら言う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


検索フォーム
カテゴリ