巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由2(ブロマガ転載禁止)

嫁は、目隠しされたままディルドを受け入れていく。
『う、うぅ……あなた、凄く拡がってます……』
嫁は、不安そうに言う。でも、声はうわずっているように感じる。
「痛くない?」
私は、あまりにも太いディルドが意外にあっさりと入っていくのに戸惑いながら、そんな質問をした。
『大丈夫……。痛くないよ。ねぇ、もっと……入れてみて』
嫁は、うわずった声で言う。期待に声が震えてしまっているように感じる。

私は、まだ亀頭部分が入ったばかりのディルドを、さらに押し込んでいった。ググッと、かなりの手応えを感じるが、やっぱりするすると入っていく。
『うぅああぁ、あなた、入ってきてる……うぅ、こんな、あぁぁ、こすれて……うぅあっ』
嫁は、少しのけ反ったような格好になってきた。そのまま、私はディルドをさらに押し込んでいく。すると、3分の2ほど入ったところで突き当たりに当たった感じになった。

『うぅ、くぅ……あなた……。すごいの……』
嫁は、余裕のない声で言う。脚はピンと伸びていて、つま先はギュッと内側に曲げられている。嫁が本当に感じているときの仕草だ。私は、ゾクゾクしてしまった。そして、さらにディルドを押し込んでいく。すると、ググッと抵抗を感じながらも、ディルドはさらに奥に入ってく。

『ヒィうぅ……あなた、もう、うぅっ、奥まで来てる……うぅあっ』
嫁は、とろけきった声になっている。私は、思わず、
「気持ち良いのか! 他のチンポ、そんなに気持ち良いのか!」
と、強めの口調で言ってしまった。
『気持ち良いっ! あなた、すごいの、奥に当たってるのっ』
嫁は、弾けたように叫ぶ。私は、嫉妬と劣等感に突き動かされ、さらにディルドを激しく動かし始めた。
『うぅあっ、あっ、あなた気持ち良いっ! もっと、もっと奥にっ! ウゥあっ! 気持ち良いのっ!』
嫁は、のけ反りながら叫ぶ。私とのセックスでは、見せないような感じ方だ。盗み見たディルドでのオナニーの時のような感じ方をしている。私は、私のペニスでは嫁をこんな風に出来ない事を悲しく思いながら、激しく興奮していた。

「こんな風にされたいのか! こんな風に、違うチンポで犯されたいのか!」
私は、嫉妬に狂ったように叫ぶ。
『ごめんなさいっ、犯されたいのっ! こんな大っきなおちんちんで、メチャクチャにされたいのっ!』
嫁は、そんな風に叫んだ。私は、巨根の男性に犯される嫁を想像して、震えるほど興奮していた。

私は、狂ったようにディルドを動かし続ける。奥に突き当たっても、さらに押し込んでガンガン奥を責めていく。
『あなた、イクッ! イッちゃうっ! 大っきなおちんちんでイっちゃうのぉっ! イクッ! イクぅ〜ッ! うぅああぁぁっ!』
嫁は、叫びながらのけ反り、ブリッヂをするくらいの勢いで身体を反らして果てた。

私は、グッタリと脱力する嫁を見て、慌ててディルドから手を離した。ディルドは、しばらく突き刺さったままだったが、次第に押し出されるように抜けてきて、スポンと抜けてしまった。ポッカリと穴が空いたように広がっている膣口。中のピンクの秘肉がうごめいているのがわかる。

私は、嫁の目隠しを外して声をかけた。
「大丈夫?」
すると、嫁は恥ずかしそうな顔になり、モジモジしながら、
『ご、ごめんなさい。はしたない姿見せちゃった……』
と、耳まで真っ赤にして小声で言う。そして、脚を閉じて内股にするようにしてアソコを隠す。

「すごく気持ち良かったみたいだね。こんなの入ってたんだよ」
私は抜け落ちたディルドを手に取り、嫁に見せる。
『こ、こんなに大きかったんだ……。こんなの、日本人じゃいないよね?』
嫁は、ビックリした顔になっている。
嫁が私に内緒で持っているディルドは、これよりは小さい。でも、私のペニスよりは大きい。嫁は、私のものより大きなディルドでオナニーをしながら、私のペニスの事をどう思っているのだろう? 小さいなと馬鹿にしているのだろうか?

「たまにはいるんじゃないかな? 銭湯なんかで、たまに見るよ」
私は、そんな事を言った。でも、実際に銭湯では、勃起しているペニスを見ることなどない。嫁に、暗示をかけるために言ったようなものだ。

『そうなんだ……。凄いね……』
妻は、モジモジしながら言う。まるで、興奮してしまっているような感じだ。
「してみたい?」
私は、質問しながら喉がカラカラに渇くのを感じていた。
『えっ? なにを?』
嫁は、そんな風に言う。でも、何のことかわかっているような感じだ。
「してみたい?」
私は、言葉を続ける。
『……うん。でも、想像するだけだよ』
嫁は、素直にそう言った。私は、背中に汗が流れるのを感じながらも、
「俺も、見てみたい……」
と、素直な気持ちを話した。
『えっ!? イヤじゃないの?』
嫁は、怪訝な顔をする。驚いているというか、私がなにか企んでいるのではないかと疑っているような感じだ。
「うん。こんなオモチャじゃなくて、本物の巨根相手に、和美がどうなっちゃうのか見てみたい」
私は、興奮で声がうわずるのを感じながらそう言った。
『……嫌いにならない?』
嫁は、心配そうに聞いてくる。
「ならない。和美こそ、俺とじゃ感じなくなるんじゃないの?」
私がそんな心配を口にすると、
『……そうかも。だって、このオモチャでも凄かったから』
嫁は、少しニヤっとしている。私は、嫁が冗談を言っているのかどうなのかわからなくなってしまった。
「そんなにすごかったの? 俺とするよりも?」
私は、見てわかっていることをあえて聞いた。
『うん。あなたも、わかったでしょ?』
私は、その言葉に激しい嫉妬心がわき、嫁に覆いかぶさってキスをした。荒々しく舌を差し込み、嫁の舌に絡みつかせていく。
『あなた、興奮してるね。このオモチャに、嫉妬してるの?』
嫁は、ディルドを手に取って私に言う。私は、言葉が上手く出てこなくなり、うなずくことしか出来ない。

『ふふ。可愛い。じゃあ、見てて。あなたのおちんちんより、いっぱい感じちゃうから』
嫁はイタズラっぽい笑みを浮かべながら、ディルドを自ら膣口に押し当てていく。そして、私の事を真っ直ぐに見つめたまま、ディルドを押し込んでいった。
『うぅっ、あなた、見える? あなたのよりぶっといおちんちんが、ズボズボ入ってるの』
嫁は、普段こっそり観ているAVビデオの影響か、卑猥な言葉を口にする。私は、黙って何度もうなずいた。

『この大っきなおちんちん、ゴリゴリこすれてるの。私の気持ち良いところ、いっぱいこすってるの。あなたのじゃ、こんなに強くこすってくれないよ』
嫁は、ディルドを半分ほど押し込みながら言う。その顔は、トロンととろけた風になっていて、口はだらしなく半開きのままだ。

そして嫁は、慣れた仕草でディルドを抜き差しし始めた。
『うぅっ、あっ、あっ、あなた、凄いのっ、当たってるっ、奥に当たってるっ』
嫁は私の事を見つめたままディルドを抜き差しし続け、甘い声を漏らし続ける。ヌチョン、グチョンと湿った音を立てながら、嫁の膣をディルドが出入りする。太すぎて、陰唇が巻き込まれそうになったりしながら、極太がほとんど根元まで入っていく。

『気持ち良いのっ、太くて長いのっ! あなたのじゃ、届かないところまで犯されてるのっ! ごめんなさいっ! あなたのより気持ち良いっ! あぁっっ、すごいぃ、うぅあっ! あっ、あっ、気持ち良いっ! あなたのより全然良いのっ!』
嫁は、挑発的な目で私を見つめながら、本当に気持ちよさそうな声をあげる。さっきから、つま先はピンと伸ばされて足の指が大きく開いたり、ギュッと曲げられたりしている。こんなリアクションは、見たことがない。

「ほ、本物が欲しい? そんなぶっといおチンポ、入れられたい?」
私は、震える声で聞いた。もう、興奮や嫉妬で自分でも感情がわからなくなってしまった。

『入れて欲しいっ! 本物のぶっといおチンポ、奥までズボズボして欲しいっ!』
嫁はそんな言葉を叫ぶと、ガクガクッと体を震わせた。完全にイッてしまったみたいだ。ディルドから手が離れると、そのままスポンと抜け落ちてしまう。そして、ディルドが抜け落ちる瞬間、ピュッと透明の液体が飛び散るのが見えた。

嫁が潮まで吹いた? 私は、自分の目が信じられなかった。真面目で清楚な嫁が、潮吹きまでする……。私は、嫁の隠された淫乱性に驚くだけだった。

そして、しばらくグッタリしていた嫁は、私に抱きついてきた。そのまま、激しくキスをする。
『あなた、ごめんなさい。はしたないこと言っちゃった……』
本当に恥ずかしそうに言う嫁。40過ぎなのに、少女のように恥じらっている。私は、本当に可愛いなと思っていた。

「でも、本気なの? してみたいの?」
私は、嫁の頭を撫でながら質問した。
『……あなたは?』
嫁は、質問に質問で返すという、女性特有の行動を取る。私は、
「和美さえイヤじゃなければ……。見せて欲しい」
と、素直に気持ちを話した。

『……うん。イヤじゃないよ……。私も……オモチャじゃないのでしてみたい……』
嫁は、顔も耳も胸元まで真っ赤にしながら言う。
「じゃあ、心当たり探してみるよ」
私は、そんな風に答えた。
『……うん。ちょっと怖いけど……楽しみかな?』
嫁は、ぎこちなく笑いながら言った。

そして、私の”嫁の初めての他人棒”探しは始まった。と言っても、まるで心当たりがない。ネットで探すのも怖いし、知り合いに相談なんて出来るはずもない。そんな風に、どう探せば良いのかわからないまま日々は流れていく。

そんな間も、嫁の盗撮は続けてしまった。嫁は、相変わらずAVを見ながらのオナニーをしていたが、使うのは私が買った電マと、あの極太ディルドに変わった。

嫁のオナニーは過激化の一途をたどり、いまでは床に吸盤でディルドを固定して、激しく腰を上下に振りながら電マまで使うようになっていた。
『うぅああぁぁっ、あぐぅ、あっ、あぁ〜っ! イクッ! うぅあああぁぅっ! イグッ! イグゥゥッ!!』
嫁は、のけ反るような格好になりながら身体を震わせる。そして、電マを当てたまま潮吹きまで始めてしまった。ビチャビチャッと、少しの量ながら潮がまき散らされ、床が濡れるのがわかる。

妻は、電マのスイッチを切り、ディルドを抜くと床に横倒しに寝転がった。嫁の顔のすぐ前には、あの極太ディルドがそそり立っている。嫁の膣中をかき回し、本気汁で白く汚れたそれは、本当に大きくて立派だ。

嫁は、少しグッタリした後、おもむろにそのディルドを舐め始めた。まるで、お掃除フェラでもするみたいに、丁寧に舐めていく嫁。そして、大きく口を開けてくわえ込んでいく。
『あぁ、すごい……太い……。欲しい……本物が欲しい……。こんなぶっといおチンポ、おまんこの奥まで押し込んで欲しい……』
嫁は、うわごとのように言いながら、疑似お掃除フェラを続けていった。私は、これの本物を見てみたいと思ってしまった……。

そんなある日、
「先輩、どうでした? 浮気なんてしてなかったでしょ?」
と、後輩の達也が声をかけてきた。部署が違うので久しぶりに会った感じだ。私は、やっぱり浮気ではなかったことを報告した。そして、迷ったが、ディルドでオナニーをしていたことを報告した。

「マジですか? あの奥さんが、そんなエロいことしてるんだ……」
達也は、本当に驚いているような感じだ。確かに、嫁の見た目からは想像もつかない行為なのかもしれない。私は、達也の反応が面白くて、つい巨根の男性としてみたいと言ったことまで話してしまった。

「マジですか!? 良いんですか? 奥さん、ラブラブなのに……抱かせちゃうんですか?」
達也は、心配そうだ。でも、私も嫁も望んでいることだと説明した。我ながら、しゃべりすぎたなと思っていると、
「……俺じゃダメっすかね?」
と、達也がボソッと言った。私は、思わずダメだよと答えた。達也が身近すぎる存在なので、反射的にそういった感じだ。

「どうしてですか?」
達也は、少しすねたような感じだ。私は、慌てて説明をする。
「そうですか。でも、そうそう巨根の男性なんていないんじゃないんですか?」
達也は、そんな事を言う。
「まあそうだけど……。ていうか、お前って大きいの?」
私は、達也の言い方だと、自分が巨根だと言っているのと同じだなと思った。

「はい。それだけは取り柄です。デカいっすよ」
達也は、得意げに言う。相当自信を持っているように感じる。
「そうなのか? そんな話、聞いたことないぞ」
私は、噂でも聞いたことがないなと思った。
「そりゃそうですよ。勃起したチンポなんて、見せる機会もないですし」
達也は当たり前のことを言う。

「じゃあ、見せてみろよ」
私は、達也が本気なのかどうなのか判定するためにも、そんな提案をした。
「別にいいですよ。どこで見せますか?」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由(ブロマガ転載禁止)

最近、嫁が私とのセックスの後に、オナニーをしていることに気がついてしまった。セックスの回数自体は、月に2〜3回で変わらない。でも、嫁は私とのセックスが不満なのか、私が寝たタイミングでこっそりオナニーをしているようだ。

今日も、ルーティーンのようなセックスを終えると、私はすぐに寝たフリを始めた。そのまま30分くらい経過すると、聞こえるかどうかくらいの小さな声で、嫁が私の名前を呼んだ。
私が返事をしないのを確認すると、ゴソゴソと嫁が動くのが伝わってくる。
『……ん……フゥ……ん、あっ……』
嫁の悩ましい声が響く。私は、さっきのセックスのことを思い出していた。嫁は、いつも通り感じてくれていたと思うし、本当にオルガズムに至っていたと思う。演技ではない……と思う。

それなのに、オナニーをするのはどうしてだ? 私は、色々なことを想像してしまった。浮気していて、浮気相手のことを考えている……単に、私に満足していない……想像は悪いものも含めて色々と浮かんでくる。

『あ、あなた、ごめんなさい……ンックぅッ』
嫁は、私に謝りながら身体をビクッと震わせた……。謝ると言うことは、やっぱり不倫をしている? 悪い想像ばかりが膨らむ。

嫁とは、結婚してもう20年近い。20年経っても、仲の良い夫婦だと思う。子供も2人大学に行き、ウチを出たので今は2人暮らしだ。次男がウチを出たのをきっかけに、昔のようにセックスをするようになった。
月に2〜3回というのが多いのか少ないのかわかりかねるが、同期の中では多い方だ……と言うよりも、同期はセックスレスの夫婦が多いと聞く。

私は今年45歳になり、嫁も42歳になる。肉体的には衰えを感じているが、共通の趣味のテニスやスキーのおかげか、2人とも同年代よりは若々しいと思う。
実際、嫁の和美は、今でもたまにナンパされるそうだ。まぁ、もっともそれは、若く見えるということよりも、Gカップもあるバストのせいなのかもしれないが……。

私が嫁のオナニーに気がついた後も、嫁に怪しい部分は少しもなかった。浮気の痕跡……そんなものも一切ないし、急に下着が派手になるとか、急に私に優しくなると言った変化もない。

私は、疑問に思いながらも、会社の後輩に相談をした。大学の後輩でもある達也は、口が固くて真面目なタイプだ。仕事も出来るので、私もとても信頼している。

「普通で考えたら、浮気でしょうね。でも、奥さんに限って、それはないと思います」
達也は、妙に自信たっぷりに言う。達也は、ウチに遊びに来たりもするし、夕ご飯を食べていくこともある。なので、嫁とはかなり面識がある。
「どうしてそう思う?」
私は、達也に質問した。
「そりゃ、先輩ぞっこんだからですよ。自覚ないですか? メチャクチャ愛されてますよ」
達也にそんな風に言われ、私は照れ臭くて少し頬を赤くしてしまった。
「なに照れてるんですか。いい歳してウブっすね」
達也は、独身と言うこともあってノリが軽い。仕事も性格も真面目なのに、口調だけはチャラいので、不思議なキャラクターだなと思う。

「そんなに心配なら、カメラでもセットしたらどうですか? 家でなにしてるのか見れば、安心するんじゃないです?」
達也は、そんな提案をしてきた。私は、そんな事出来るわけないだろと答えた。でも、頭の中はその事でいっぱいになってしまった。

そして、1週間後にはカメラを購入していた。それは、コンセントプレート交換タイプで、電源を供給し続けるのでSDカードがいっぱいになるまで撮影し続けることが出来るタイプだ。256GBのSDカードと組み合わせて、軽く1日以上撮影出来るようだ。

私は、嫁が入浴している隙に、リビングのコンセントプレートを交換した。寝室と迷ったが、まずはリビングにしてみた。

そして、次の日、夜中にSDカードを回収し、翌日会社に持っていった。客先に出向くフリをして車をショッピングモールの駐車場に停めると、ノートパソコンを立ち上げて確認を始めた。

掃除をしたり、洗濯をする嫁。鼻歌を歌ったり、たまに独り言を言ったりしながら、楽しそうにすら見える。独り言はなにを言っているのか聞き取れないくらいの音量だけど、私の名前を呼んでいたりするのが聞こえる。私は、達也の言葉通り、愛されているんだなとホッとした。でも、ますます嫁のオナニーのことや、ごめんなさいの意味がわからなくなる。

すると、家事を終えた嫁が、ソファに座ってプリンを食べ始めた。テレビのワイドショーを見ながら、リラックスタイムのようだ。こんな風に嫁の日常を盗み見て、罪悪感を感じてしまう。でも、普段見ることの出来ない彼女の姿を見て、愛おしいという気持ちも増した気がする。

すると、嫁が自分の胸を揉み始めた。それは、あまりにもいきなりだった。服の中に手を突っ込み、まさぐるように胸を触る嫁。
『んっ、んっ、ふぅ』
すぐに吐息が漏れ出す。テレビには、まだワイドショーが映っていて、日常と非日常が入り混じったような感じだ。

嫁は、そのままスカートをまくり上げ、ショーツの上からまさぐるように触り始めた。
『んっ、くぅ、あっ、あっ、ふぅ、あなた、あぁっ、あなた』
私の事を呼びながら、ますます動きが速くなる嫁。一気に、本気のオナニーが始まってしまった感じだ。しばらくそのまま、オナニーが続く。嫁の息遣いは荒くなり、あえぎ声のようなモノも漏れ始めている。嫁は、性欲がおかしくなってしまったみたいな感じだ。

すると、嫁は動きを止めた。終わった? と、思っていると、嫁はいったんリビングからいなくなった。そして、戻ってきた時は手に巾着袋を持っていた。

その中からDVDを取り出すと、レコーダーにセットして再生を始めた。嫁は、慣れた手つきで早送りをし、画面にはイヤらしいランジェリー姿の女優さんが映し出された。嫁は、しばらくそれを見ている。DVDは、完全にAVビデオだった。
内容は、夫の目の前で他の男に抱かれている人妻の話だ。夫は、自分の妻が他の男とセックスをしているのを、ビデオを回して撮影していると言うシチュエーションのようだ。

嫁は、それを見ながら服を脱いでいく。そして、思い切り良く全裸になった。私は、ドキッとしてしまった。こんなに明るい中で嫁の裸体を見たことがない。
Gカップの胸は、それなりに重力に負けて垂れているが、大きさからすれば許容範囲だと思う。乳輪も乳首も多少色素沈着しているが、それも逆にエロい感じがして良いと思う。
ウェストのくびれこそなくなってしまったが、ぽっちゃりと言うほどでもなく、肉付きの良い抱き心地のよさそうな身体だ。

嫁は、全裸のまま巾着に手を突っ込み、ディルドを取り出してくわ始めた。私は、まさか大人のおもちゃまで持っているとは思ってもいなかったので、本当に驚いてしまった。そして、同時に激しい興奮に襲われていた。
嫁は、どちらかというと奥手で真面目な女性だ。胸が飛び抜けて大きいので、パッと見エロい雰囲気はあるかも知れないが、服装の好みなんかも清楚系だ。

そんな嫁が、ディルドをフェラチオしている……。私は、我が目を疑いながらも、とても強い興奮を感じていた。嫁は、ディルドを口いっぱい頬張り、喉の奥まで入れていく。一気に顔が紅潮するが、かまわずに奥へとくわえ込んでいく。隠しカメラの鮮明な動画は、涙目になっていることまで写しだしている。
嫁は、ディルドで自らの喉奥を犯しながら、オナニーをしている。イヤらしく舌を使ったりしながら、アソコをこすり続ける嫁。徐々に、とろけた声が大きくなっていく。

そして、嫁は全裸のままソファに座った。画面の寝取られモノAVを凝視しながら、指でクリトリスあたりをまさぐり続けている。女性が、エッチな動画をおかずにオナニーをするなんて、全然知らなかった。

しばらくそんな状況が続いた後、嫁はディルドを自らの膣口にあてがっていった。そして、
『あなた、ごめんなさい……』
と、言いながら、膣中に押し込んでいく。
『う、うぅ……太い……あぁ、くぅ』
嫁は、私に詫びながらどんどんディルドを押し込んでいく。そして、そのディルドは、私のペニスよりも確実に一回り以上大きなサイズのようだ。

嫁は、そんなディルドを膣奥まで入れてしまった。ほとんど根元まで入ったディルドを、いきなりかなりの速度で抜き差しし始める嫁。
『ひぃ、あっ、ンッ、フゥ、あ、あっぁっ、ダメぇ、気持ち良い、あなた、気持ち良いのっ! 見てっ! 違うおチンポで気持ち良くなってるのっ! あっぁっ! あなた、ごめんなさいっ! 気持ち良いのっ! あなたのじゃないのに、うぅあっ! イ、イッちゃいそう、ごめんなさいっ』
嫁は、とろけた声で叫びながらディルドを高速で抜き差しする。私は、ドキッとしてしまった。カメラに気づいている? そうとしか思えないような言葉だ。
でも、嫁は夢中で淫語を口走りながら、ディルドを動かし続けている。カメラの方を見たりする事もなく、テレビ画面を見たままオナニーを続けている。

私は、多分バレたわけではないだろうなと判断した。そして、我慢しきれなくなった私は、ズボンの中に手を突っ込み、ペニスをまさぐり始めた。こんなショッピングモールの駐車場でオナニーをする事になるなんて思ってもいなかったが、嫁の本気のオナニーを見て、我慢出来なくなってしまった。

嫁は、私に謝りながら、夢中でディルドを動かし続ける。
『気持ち良いっ、あなた、気持ち良いのっ! み、見ないでっ、ダメなのっ、うぅあっ! イッちゃうっ! 違うおチンポでイッちゃうのっ! 良いっ!? イッても良い!? うぅああっ、ダメぇ、イクッ! イクッ! おチンポイクぅっ! あなた、ゴメンなさいぃっ!』
嫁は、そんな言葉を叫びながら、身体をガクガクッと痙攣でもさせるように震わせた……。

私は、窮屈な状況でのオナニーだったのに、あっけなく射精してしまった。パンツの中に飛び散るザーメンを感じながら、今までの人生で一番と言っても良いくらいの快感を味わっていた……。

私は、隠し撮りの動画を見て、正直ホッとした。とても不倫しているような気配はなかったからだ。それどころか、私の事を思いながらオナニーをしていたのがわかり、嬉しいくらいだ。

でも、嫁の性癖もなんとなく理解出来てしまった。多分、嫁は寝取られたいのだと思う。私が見ている前で、他の男に寝取られたいのだと思う。
男性が寝取られ性癖を持つのは、最近では珍しくもないようだが、女性が寝取られ願望を持つのは珍しいのではないだろうか? 私は、そんな事を思いながらも、どうしたら良いんだろうと迷っていた。

こんな風に、嫁の秘密を知ってしまった私の苦悩の日々は続いた。セックスの後、オナニーをする嫁……きっと、寝取られる自分をイメージしているのだと思う。私は、2週間ほど迷ったが、結局セックスの時に言葉に出してみることにした。と言っても、ストレートに他人棒の話をするのではなく、
「和美って、どうされたらもっと気持ち良いの?」
と、私は嫁の乳首を舐めながら質問した。
『え? このままで良いよ。今ので十分気持ち良いよ』
嫁は、気持ちよさそうな顔のまま答える。
「そうなの? せっかくの人生だから、もっと楽しんだ方がいいんじゃない? 言ってくれれば、和美のして欲しいようにするから」
私は、嫁の乳首を責めながら言う。
『うぅ、あっ、わ、わかった……あなた、な、舐めて欲しいです……』
嫁は、恥ずかしそうに言う。
「え? どこを?」
私は、思わず質問してしまった。
『そ、その……。クリちゃんとか……』
嫁は、顔を真っ赤にしながら言った。私は、そう言えばクンニなんて何年もしていないなと思い出した。

そして、私はスッと嫁のアソコ近くに顔を持って行き、嫁のクリトリスを舐め始めた。
『んっ、んぅっ、ん〜っ! あ、あなた、気持ち良い……気持ちいいですっ』
嫁は、クリトリスを舐められて気持ちよさそうにうめく。声を抑えているようだ。でも、時折脚がピンと伸びたりして、強い快感を感じているのが伝わってくる。

私は、クリトリスの包皮を指で剥いてみた。すると、すぐに完全に皮が剥け、はち切れそうに固くなったクリトリスが姿を現わす。私は、そこに直に舌を這わせていった。
『あぁっ、くぅ、ふぅ、あなた、凄い、うぅっ! 気持ち良いっ、クリ気持ちいいのぉ』
嫁は、太ももまでギュッと力を入れながら、気持ちよさそうな声をあげる。でも、隠し撮りした動画のような激しい感じ方ではない。声もリアクションも、抑えているような感じだ。確かに、夫にあんな乱れ方は見せられないのかもしれない。

そして、クリトリスを舐めていて、こんなに大きかったっけな? と、疑問を持った。昔から、それほどクンニをして来たわけではないけど、今の嫁のクリトリスは、ぷっくりとしていて小指の先ほどの大きさがあるように感じる。それは、たぶん標準よりも大きいのだと思う。
あの動画を見ていなければ、嫁の不倫を疑うような状況だと思う。でも、あの動画を見ているので、オナニーで肥大してしまったのだなと理解した。

『あ、あなた、ダメっ、もう、うぅっ! うぅ〜っ!!』
嫁は、両脚をピンと伸ばして、つま先もギュッと内側に曲げながら果てたようだ。イクと言葉に出すことはない嫁だが、たぶんイッたのだと思う。動画の時は、イクと言いまくっていたのに、私の前でイクと口にしたことは、今までに一度もないはずだ。たぶん、それをはしたないと思っているのだと思う。

「気持ち良かったみたいだね。ごめんね、最近手抜きだったね」
私は、嫁をイカせた満足感に包まれながら言う。
『ご、ごめんなさい。はしたないお願いしちゃって……』
嫁は、恥ずかしそうに言う。
「他にはないの? これからも和美とは仲良くやっていきたいから、どんな願望も話してね」
私は、そんな事を言ってみた。すると、
『……入れて欲しい……。あなた、もう我慢出来ないの……。はしたなくてごめんなさい……』
と、モジモジとしながら言う嫁。そんな少女みたいな仕草に、私は燃え上がってすぐにコンドームを装着して挿入した。すると、気のせいかもしれないが、いつも以上に熱くうねっているような感触があり、いつも以上に気持ち良い。
そして嫁も、いつも以上に感じてくれているようだ。
『あなた、気持ち良いっ、あ、愛してるっ、キスしてぇ』
嫁は、うわずった声でおねだりをしてくる。私は、キスをしながら正常位で腰を振った。Gカップの胸が身体に密着し、グニャッと形を変えている。本当に、抱き心地のいい身体だ。
でも、私はあの動画の影響なのか、嫁が他の男に抱かれている姿をイメージしてしまった。

私の目の前で、他の男の巨根で責められ、泣きそうな顔になりながらあえぎ続ける嫁……。それを想像すると、嫉妬で胸が苦しくなる。でも、自分でもどうしてだかわからないが、一気に射精感が高まっていく。それは、コントロール出来る範囲を超えていて、
「和美、も、もう、うぅっ!」
と、ほとんど予備動作もないままに射精してしまった。

『あなた、愛してます。凄く気持ち良かったです……』
嫁は、私に抱きついて甘えてくる。私は、満足感を感じながら急速に眠気が襲ってきた。

ふと目が覚めると、背後に嫁の荒い息遣いがする。私は、嫁がまたオナニーをしているんだなと感じた。さっきのセックスでも、満足出来なかった……と言うことだと思う。私は、申し訳ない気持ちになりながら、明日はもっと違うことをしてみようと決めていた。

翌朝、嫁はいつも以上にニコニコしていた。
『あなた、昨日はありがとう。本当に気持ち良かったです……。はしたないけど、嫌いにならないでね』
嫁は、少し心配そうに言った。私は、やっと嫁の行動の理由がわかった気がした。嫁は、私がエッチな女性を嫌いだと思っている……エッチなことをお願いしたら、嫌われる……そんな風に思っているのだと思った。

確かに、私は真面目な方だとは思う。セックスも、アブノーマルな要求をしたことはないし、特殊な性癖も持ち合わせていない。でも、私も男なので性欲はあるし、色々な事をしてみたいと思う気持ちもある。

私は、嫁のことを抱きしめてキスをした。いつもの行ってきますの軽いキスではなく、濃厚に舌を絡めるキスだ。嫁は、一瞬驚いた表情をしたが、すぐに私に抱きついて舌を絡めてきた。

「エッチな和美は、大好きだよ。今日もしようね」
私がそう言うと、嫁は本当に良い笑顔になった。そして、少しはにかみながら、
『楽しみにしてるね』
と、言ってくれた。一度は嫁の浮気を疑ったことから考えると、本当に幸せな状況だ。地獄から天国という気持ちになる。

そして私は、会社帰りに大人の書店に立ち寄った。書店とは言いながら、アダルトDVDがほとんどで、大人のおもちゃが沢山置いてあるようなタイプの書店だ。

私は、嫁が使っていたディルドを探した。それは、同じシリーズのディルドで、SからXXLまでサイズのバリエーションがあるタイプだった。嫁が使っていたのは、たぶんMサイズだ。2番目に小さくて、ここで見るとかなり小さく見えるが、握った感じ私のものよりは大きい。私は、この時何かに目覚めたのかもしれない。

Lタイプを手に取って握ると、私のものよりも遥かに大きい。見た感じ、AV男優さん……それも、巨根の男優さんのものくらいある気がする。私は、こんな太いモノで狂う嫁が見たくなってしまった。そして、本物の巨根で狂う嫁もイメージしてしまった。

すると、こんな店中なのに、私は激しく興奮して勃起してしまった……。しばらく経過して勃起がおさまると、私はそのディルドとローション、そして、電マのハンディタイプの物を購入した。

私は、生まれて初めて大人のおもちゃを買ったなと思いながら、ウキウキとした気持ちで帰宅した。
『お帰りなさい! 今日もお疲れ様でした』
嫁は、玄関で出迎えてくれる。本当に良い笑顔だ。私は、今日一日の疲れが消えていくなと思いながら、こんなに清楚な雰囲気の嫁に、大人のおもちゃを使うことを想像して興奮してしまった。
そして、興奮してしまった私は、嫁を抱き寄せて激しいキスをした。すると、嫁はすぐに舌を絡めてくる。そのまま玄関で長くてイヤらしいキスを続けた後、
『あなた、ご飯にしますか? それとも、私?』
と、嫁が照れながら言ってきた。顔は真っ赤で、本当に恥ずかしそうだ。私は、もちろん和美と答えて嫁を抱きしめた。すると、嬉しそうに嫁は私の手を握り、寝室に向かおうとする。私は、シャワーを浴びてくると言った。嫁は、別にいいのにと言うが、一日汗をかいたので浴びる事にした。

『じゃあ、待ってますね。早く来てくださいね』
嫁は、うわずった声で言う。興奮しているのが伝わってくるようだ。本当に、エッチがしたくてたまらないという感じがする。自分の嫁が、こんなに淫乱だったことに気がつかなかった私は、夫失格なのかもしれない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画