元カレとの昔話に興奮して、妻を元カレに会わせてみたら2【ブロマガ転載禁止】

前回の話

私は、自分が射精してしまったことに驚いてしまった。私は、元カレがさとみに挿入をしてからは、完全に固まってしまってしごいてすらいなかった。それなのに、パンツの中に思いっきり射精をしてしまった……。

「俺の形に戻ったらダメじゃん」
元カレはさとみにそんな事を言う。でも、腰の動きは止まっていない。リズミカルに、そして複雑な動きを続けている。
『う、うん。でも、覚えてた……。文也はどう?』
「覚えてるに決まってるって。ほら、さとみが一番好きなのはここでしょ?」
『うぅああっ! ダメぇ、そこダメっ、気持ち良いっ、イヤァ』

元カレが身体を起こして、さとみの脚を抱えるようにして腰を振っている。さとみの膣中の一点を集中的に責めているような動きだ。きっと、さとみの気持ち良いところなんだと思う。
「イヤなの? 気持ち良いの? どっち?」
元カレがなまめかしく腰を動かしながらさとみに質問する。
『うぅ……気持ち良いの。ねぇ、私の事、思い出したりしてた?』
さとみが声をうわずらせながら質問する。
「毎日思い出してるよ。あんな別れ方だったから、後悔と申し訳ない気持ちがずっと残っちゃったからね」
『私は思い出したりしなかったけどね!』
さとみが変なテンションで言う。
「仕方ないよね。俺が悪いんだし。じゃあ、お詫びもかねて、昔みたいに狂わせてあげるよ」
『出来るかな? 私も人妻になって成長してるんだよ〜』
「俺も成長してるって」
そう言って、腰の動きを強くする元カレ。男性が身体を起こした正常位で、さとみのお尻を軽く持ち上げるような感じにしている。たぶん、Gスポットの辺りを集中的に刺激するような感じになっていると思う。

『あっ、あっ、うぅ、気持ち良い。上手になってるね。なんか、悔しい……うぁうっ、あっ、あんっ』
可愛らしいあえぎ声を漏らすさとみ。
「メチャ締めてくるよ。そんなに気持ち良い? 搾り取る気満々じゃん」
『だ、だって、こんなの久しぶりだから……。あぁっ、んあっ、きもちいいっ』
私とは、結構な頻度でセックスはしている。なにが久しぶりなんだろう?

「えっ? 旦那さんとはしてないの?」
元カレも気になったようでそんな風に聞く。
『し、してるよ。だって、ラブラブな感じだし』
「じゃあ、なにが久しぶり?」
『い、いいじゃん! 言い間違えただけだよ』
「ふ〜ん。そうなんだ。言わないと抜いちゃおうかな?」
そう言って、元カレはペニスを引き抜く動作をする。
『ダ、ダメっ! 抜いちゃ……ダメだよ』
さとみは焦ったような感じで言う。

「じゃあ、なにが久しぶりなの?」
そう言って、さらにペニスを引き抜くような動きをする元カレ。さとみは、慌てて身体を下に移動させようとする。ペニスが逃げないように、身体ごと追いかけている感じだ。
『わかったよ……。こんな気持ち良いのが久しぶりって事……』
すごく言いづらそうなさとみ。私は、ひどくショックを受けた。私とのセックスは、気持ち良くないという意味なのだろうか?

「どうして? 旦那さん下手くそなの?」
『下手じゃないよ。普通だけど……』
「じゃあ、どういうことなの?」
『早いんだ……。入れてから、すぐにイッちゃうんだよ』
さとみは、おどけた口調で言う。でも、少し寂しそうだ。私は、申し訳ない気持ちになってしまった。

「そういうことか。でも、2回とかすればいいんじゃないの?」
『うん。してるけどね。2回目でも早いんだ。まぁ、私が名器だからなんだけどね』
さとみは冗談っぽく言う。でも、やっぱり寂しそうに感じる。私は、さとみがそんな風に思っているなんて、まったく知らなかった。

「じゃあ、今日は久しぶりに楽しませてあげるよ」
『はいはい。さっきまでビビってたくせに』
「そりゃビビるだろ。本当に旦那さん帰ってこないよね?」
『大丈夫。ほら、集中してよ』
そんな会話をする二人。もう、すっかりと昔の二人に戻ってしまっているように感じる。
「了解。じゃあ、一回イったら上になってよ」
『うん。わかった』
そして、腰を動かし始める元カレ。何年ぶりかに会ったはずなのに、息が合いすぎている感じがする。

元カレは、さっきのように複雑な腰の動きをする。
『あっ、あっ、やっぱり上手だね。気持ち良いぃ』
すぐに気持ちよさそうな声をあげるさとみ。元カレは、さとみの気持ち良いところを責め続ける。さとみは、のけ反ったり元カレにしがみついたりしながら、どんどん高まっていく。

私は、見たこともないようなあえぎ方をするさとみを見て、我慢出来ずにオナニーを始めてしまった。さっき、パンツの中でぶちまけてしまったザーメンでドロドロのペニスをしごきながら、クローゼットの隙間から覗き続けていると、急にさとみと目が合った。と言っても、さとみから私は見えないはずなので、さとみからすればこっちを見ただけなのだと思う。

さとみは、クローゼットの中の私にアピールするようにこっちを見続ける。そして、あえぎ続ける。私は、この挑発的なさとみの仕草に、一気に興奮が増してしまった。

「イキそうでしょ? いいよ、イッちゃいなよ」
腰を動かしながら元カレが言う。まだ、始めてからたいして時間は経っていない。
『う、うん。イッちゃう。文也、イクッ! 気持ち良いのぉっ! イクぅっ!!』
さとみは、元カレの言葉通りあっけなくイッてしまった。
「相変わらず、イクの早いね。じゃあ、変ってくれる?」
元カレはさっさとペニスを引き抜くと、仰向けになって寝そべった。勃起したままのペニスが揺れているのが見える。私のものと大差ない感じのペニス。それなのに、さとみの感じ方はまったく違う。私は、悔しい気持ちを持ちながらも、オナニーの手を止めることが出来ない。

『うん。じゃあ、入れるね』
そう言って、さとみは元カレのペニスを握り、騎乗位で挿入してしまった。今度はさっきとは違い、さとみの意思で生ペニスを入れてしまっている。私は、さとみが妊娠してしまわないか本当に心配だった。

『あぁ、入ってきたぁ』
さとみは気持ちよさそうに言う。もう、生ペニスが根元まで入ってしまっている。
「気持ち良いよ。相変わらず、メチャ締まるよね」
元カレも気持ちよさそうに言う。
『でしょ〜。じゃあ、もっと気持ち良くさせてあげるね』
そう言って、さとみは腰を振り始めた。腰を前後にこすりつけるように動かすと、
『あっ、あっ、気持ち良いっ、気持ち良いとこに当ってるっ』
と、とろけた声で感じ始めるさとみ。本当に気持ちよさそうだ。
「ほら、昔みたいに自分で乳首も触ってごらん」
元カレが優しい口調で言う。すると、さとみは言われるままに自分の乳首をつまみ始めた。
『ううあっ、気持ち良いっ、文也すごいのっ! あっ、あっ、あっんっ』
さとみは自分で乳首をつまんだまま、はしたなく腰を振り続ける。私とのセックスで、たまに騎乗位はしてくれる。でも、こんなイヤらしいやり方は見たことがない。きっと、これがさとみの一番気持ち良い騎乗位のやり方なんだろうなと思う。

「スゲぇな。さとみは淫乱なままなんだな」
『ち、違うっ、淫乱じゃないもん!』
さとみはそう叫びながらも、乳首をつまんだまま腰を激しく揺さぶっている。ベッドがきしみ、私のところの床まで揺れるのが感じられるほどだ。しばらくそのままの状態が続き、
『文也、クリ触ってっ! 昔みたいに強くっ!』
叫ぶさとみ。すると、元カレがスッと手を伸ばしてさとみのクリトリスをまさぐり始めた。
『うぅあっ! 気持ち良いっ! 文也すごいっ! こんなの久しぶりっ! 気持ち良いっ、イッちゃうっ! 文也イッちゃうっ!!』
何度も元カレの名前を叫びながら、さとみはのけ反るような格好でイってしまった。
私は、こんなに立て続けにイッてしまうさとみを見たことがない。

さとみは、身体を小刻みに震わせたまま元カレに倒れ込んでいく。そして、元カレの胸に頬を乗せ、グッタリとして動きを止めた。
「ホント、敏感すぎるでしょ」
元カレが優しく笑いながら言う。さとみは、元カレの胸に頬をうずめたまま、
「だって、文也の気持ち良いんだもん」
『旦那さんより?』
「そ、そんなわけないじゃん。二番だよ」
慌てるさとみ。でも、どう見ても私とする時よりも感じていたように見える。
「俺は、やっぱりさとみが一番だよ。さとみが一番気持ち良い」
『バ、バカなこと言わないの! ホントに男って、すぐそういうこと言うよね』
さとみはそんな風に言っているが、かなり動揺しているのがわかる。
「じゃあ、俺もイカしてもらおうかな?」
そう言って、元カレは腰を突き上げるように動かし始めた。
『あっっ! ダメぇ、イッたばっかりだもん。敏感になってるからぁ』
さとみは、一瞬でとろけた声に戻ってしまった。
「敏感になってるのは、いつものことだろ?」
『そ、そんな事ない! 文也だから! 文也とだから敏感になっちゃうのっ』
さとみはそんな事を言って、ギュッと元カレに抱きついてしまった。元カレは、そのままの格好で腰を突き上げ続ける。けして激しい動きではなく、ゆったりしたペースでリズミカルに腰を動かしているだけに見える。それでも、さとみは本当に気持ちよさそうにあえぎ、元カレにしがみついたりしている。

『ダメぇ、イッちゃう、またイッちゃうのぉ』
さとみは、一瞬泣き声かな? と勘違いしてしまうような声であえぎ続ける。私は、そんな切羽詰まったさとみの感じ方を見て、異常なほど性感が高まってしまった。もう、少しでも気を抜いたらイキそうな状態のままペニスをしごき続ける私。さとみは、身体をビクンと跳ねさせたりしながら、気持ちよさそうな声をあげ続ける。

「あぁ、イキそう。さとみ、出そう」
元カレが切羽詰まった声で言う。
『ダメぇっ! 外にっ! 中はダメっ!』
慌てて言うさとみ。でも、声はとろけきっている。すると、元カレが動きを止めてしまった。まだイッていないような感じなのに、突き上げるのを辞めた彼。すると、ほとんどタイムラグなくさとみが腰を振り始めてしまった。
元カレが、もうイクと言っているのに、かまわず腰を振るさとみ。私は、焦燥感で胸が焦がされそうだ。

元カレは、気持ちよさそうに小さくあえぐ。すると、さとみが元カレにキスを始めた。元カレの口の中に舌を突っ込みながら、激しく腰をグラインドするさとみ。元カレの舌も、さとみの舌に絡みついているのが見える。キスはしないはずだったのに、さとみの方からキスをしてしまった。
私は、キスする2人を見て、奈落に落ちていく感じだった。

「んんっ!」
キスをしたままうめく元カレ。すると、さとみがもっと大きな声でうめきながら身体を大きく震わせた。

私は、あっけなく中に出されてしまったさとみを見ながら、信じられないほどの快感の射精をしていた。クローゼットの扉にザーメンがぶつかり、軽く音を立てるほどの勢いでザーメンが射出されていく。

私は、思わず目を閉じて歯を食いしばっていた。こんな姿を見られてしまっては、致命的だ。

私は、大きすぎる快感が去るのを待っていた。そして、なんとか呼吸を整えると、クローゼットの隙間から寝室を覗いてみた。ベッドの上では、さとみが上になった状態でキスを続けている。

舌が絡み合い、湿った音を立てるのも聞こえてくる。私は、中出しされた上、こんなにも激しいキスをする2人を見て、敗北感を感じてしまった。

『もう〜。キスはダメって言ったじゃん!』
嫁が、少しすねたような口調で言う。
「えっ!? さとみがしてきたんじゃん」
慌ててそんな事を言う元カレ。確かに、キスを始めたのはさとみの方だ。

『ウソばっかり。私がキスなんてするはずないじゃん。結婚してるんだし、ラブラブだし……』
とぼけるさとみ。でも、おどけているだけのような感じだ。そして、元カレと繋がったまま、さとみはクローゼットの中の私に視線を向けてきた。

その顔は、妖艶というか、小悪魔のようだった。

「それよりさ、中に出しちゃったけど平気?」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


元カレとの昔話に興奮して、妻を元カレに会わせてみたら【ブロマガ転載禁止】

嫁とは、結婚以来ほとんど喧嘩もせずに仲良く過ごしてきた。もともと、取引先の病院の受付で彼女を見た私が一目惚れし、頑張ってなんとか口説き落とした経緯もあるので、常に私が一歩引くような感じで喧嘩になりようがないとも言える。

中肉中背で、とくに個性がない脇役タイプの私と違い、嫁のさとみは主役キャラだと思う。クッキリした二重まぶたに、肉厚の唇。セクシー系の美人と言われることが多い。同僚には、”石原さとみに似ているよな”と言われることが多いけど、私はあそこまであざとい感じではないと思っている。

一目惚れした位なので、もちろん顔もドストライクなのだけど、付き合い始めてその身体を知った後では、顔は二の次と言ってもいいかな? と思っている。それくらい、さとみは良い身体をしている。くびれたウェストに、うっすらと割れている腹筋。贅肉が少ない割には胸も大きく、Eカップというサイズよりも豊満に見える。でも、一番衝撃を受けたのは、真っ白な肌の色だ。
色白は七難隠すというけど、そう言われるのが納得な感じだった。私にとってはそんな風に完璧な彼女だったので、結婚出来たのは本当に奇跡的だなと思っている。そして、そんな彼女だからこそ、どうしても過去が気になってしまう私がいた。

私がアプローチしたときはたまたま彼氏がいなかったけど、そんなさとみに彼氏がいなかったはずもなく、けっこうな経験をしてきたみたいだ。私は、嫉妬混じりにどんな彼氏だったのか、どんな経験をしてきたのかを聞きたがったが、
『ナイショ〜。聞いても仕方ないでしょ。いまは誠ちゃんだけなんだから良いでしょ』
と言って、取り合ってくれない。でも、セックスをしているときだけは、私をいじめるように過去の話をしてくれるときがある。

『誠ちゃん、私ね、外でしたこともあるんだよ。イヤだったけど、元カレがどうしてもって言うから』
ベッドの中で、私のペニスをしごきながら言うさとみ。私は、嫉妬で泣きそうな気持ちになりながらも、
「ど、どこでしたの? 見られたりしなかったの?」
と聞いた。もう、気になって仕方ない気持だった。

『うん。公園で、ベンチに座りながらだよ。スカートの中はノーパンで、座ったまま入れられちゃったの』
さとみはそんな事を言いながら、私のペニスをしごき続ける。
「そんな事したの……。でも、動いたり出来なかったでしょ?」
私は、さとみがそんな大胆な事をしたことがあるのに驚きながら聞いた。
『うん。でも、我慢出来なくて動いちゃったんだ』
さとみは、うわずった声になってきた。最近では、昔の話をしながらさとみも興奮しているようだ。初めは、元カレのことを聞きたがる私に渋々話していたさとみだったのに、最近では積極的に話しながら私を責めてくるようになってきた。

「さとみの方が? 自分で動いたって事?」
『そうだよ。だって、我慢出来なくなっちゃったんだもん。でも、大きく動いたらバレちゃうから、ゆっくりとね』
さとみは私をいじめるように話しながら、私のペニスをしごき続ける。
「そんな事して、平気だったの? 誰かに見られたでしょ?」
私は、快感に声をうわずらせながら聞いた。
『ふふ。誠ちゃんの、出ちゃいそうだよ。まだ、イッちゃダメだからね』
さとみは肉厚の唇を舌で舐めながら言う。リップのせいか、濡れたように光っている唇がたまらなくセクシーに見える。

「わ、わかった。でも、しごくのやめてくれないと……出ちゃいそう」
私が情けない口調で言うと、さとみはしごく速度を緩めた。
『私、見られちゃったんだよ。高校生くらいの男の子に見られちゃったんだ』
さとみは、ゆっくりと私のペニスをしごきながら言う。
「だ、大丈夫だったの? 変な事されなかった?」
『されなかったよ。こっちがしたの。元カレが声かけて、近くで見てろって言って……。私、知らない男の子に見られながら、元カレにイカされちゃったんだ』
私は、あっけに取られる男の子の前で、着衣のまま突き上げられるさとみを想像してしまった。想像しただけで、息苦しいほど興奮してしまう。
「そんな……。気持ち良かったって事なの?」
『うん。だって、男の子が顔真っ赤にして見てるから。私が気持ち良くなってる顔、じっと見られちゃったから』
さとみは、息遣いまで荒くなっている。思い出して、興奮してしまっているようだ。
「声は? エッチな声も聞かれちゃったの?」
『うん。だって、気持ち良すぎて声我慢出来なかったの。それに、元カレがスカートまくり上げちゃうから、バッチリ見られちゃったし……』
さとみは、うわずった声で言う。もう、完全に興奮して発情してしまったような顔になっている。

「繋がってるところを!?」
『うん。元カレのおちんちんが、根元まで入っちゃってるところ見られちゃったよ』
私は、さとみの言葉を聞いて強いショックと嫉妬を感じていた。元カレとのセックスは、言ってみれば当たり前の行動だ。嫉妬はするが、仕方ないとも思える。でも、見ず知らずの高校生にアソコを見られてしまったというのは、嫉妬だけではなく、悔しいという感情も感じる。とても割り切れない感情だ。

「男の子にアソコを見られながら、イキまくったって事?」
私は、聞きたくないと思いながらも、質問を止めることが出来ない。
『そうだよ。知らない男の子に見られながら、エッチな声いっぱい出してイッちゃったの』
さとみは、もう顔が興奮しきったようなイヤらしい感じになっている。そして、ゆっくりと手でしごかれていた私も、もう限界間際だった。

『誠ちゃんの、爆発寸前だね。お口でしてあげる』
さとみは可愛らしい口調でそう言うと、私のペニスをくわえてくれた。そして、すぐに舌が絡みついてくる。もう、少しでも力を抜いたらイッてしまいそうだ。

「アァ、気持ち良いよ。さとみ、そんなにしたら出ちゃうって」
私は、あっけなく口で終わりたくないのでそう言った。明日は休日だし、出来ればさとみと普通にセックスを楽しみたいと思っていた。

すると、さとみは私のペニスをくわえたまま自分でアソコを触り始めた。
『んっ、んっ、ん〜っ』
さとみは、私のペニスをくわえたままうめく。オナニーをしながらフェラチオをしてくるさとみに、私はもう限界だった。野外で、高校生の男の子に見られながらあえぎまくるさとみを想像しながら、私は里美の口の中に射精した。

『いっぱい出たね。誠ちゃんは、私の昔の話が大好きだよね。どうして?』
さとみは、私のザーメンを飲み干してくれた後、そんな事を言った。私は、自分でもよくわからないということと、たぶん嫉妬で燃えるからだという説明をした。
『ふふ。燃えすぎて、入れる前に出しちゃってるね』
さとみは、イタズラっぽく笑う。本当に、セクシーな唇をしていると思う。私は、吸い寄せられるように彼女にキスをした。一瞬、生臭い感じがしたが、構わずに舌を使っていく。すると、さとみも私に抱きつきながら舌を使う。

さとみは、本当にキスが上手い。いつも、魂を少し吸い取られてしまうなと思うくらいだ。私は、夢中で彼女とキスをしながらも、元カレとの経験でキスが上手くなったのかな? と、余計なことを考えて嫉妬してしまう。

そして、さとみのキスですでに回復した私は、そのまま彼女に挿入し、いつものように5分も持たずに射精してしまった。さとみの膣中は、ただ締まるだけではなく、うねるように動きながら締めつけてくる。特に意識してやっているわけではないと言うが、本当ならばすごい名器だと思う。

そして、セックスが終わっていつものように抱き合っていると、
『誠ちゃん、そんなに元カレのこと気になる?』
と、さとみが聞いてくる。
「そ、そうだね。少しは気になるかな?」
『少しなんだ……』
「ごめん、かなり気になる……」
『そうなんだ……。誠ちゃんって、寝取られ性癖なの?』
さとみが、少し言いづらそうに言う。
「そっ、そんな事ない……と思うけど」
『ふ〜ん。もしかして、元カレと会って欲しいって思ってる?』
さとみは、探るような口調で言う。私は、ビックしていた。私は、正直に言って、さとみが元カレとセックスをするのを見たいと思っていたし、もう話だけでは満足出来ないと思ってしまっていた。

私が葛藤して黙っていると、
『元カレ、文也って言うの。どこにいるのか知ってるよ』
と、さとみが言ってきた。私は、びっくりしながらも、
「もしかして、まだ連絡取ってるの?」
と、慌てて聞いた。
『違うよ! レストランのオーナーシェフだから、お店の場所を知ってるって事だよ』
さとみはそんな説明をした。私は、初耳だったので結構な衝撃を受けていた。元カレがどこにいるのかわかっていて、いつでも会おうと思えば会える状態だった……。それは、私に激しい不安を与えてきた。

『そんなに気になるなら、今度見て来なよ。会社の人とかと行ってみたら?』
さとみはそんな提案をしてきた。私は、その時は曖昧に返事をして濁したが、結局3日後にそのレストランに行ってしまった。会社の後輩を2人連れてランチタイムに行ったが、すごく繁盛していて、ピザもパスタもカツレツもとても美味しかった。

そして、気になるさとみの元カレは、40歳前後の人のよさそうな感じの男性だった。コック服を着て忙しく働いているからか、格好良く見えた。10席程度のお店だけど、ランチでもそこそこ良い金額を取っているし、ウエイティングもかかるほどの状態なので、経営としては上手く行っているのだと思う。

ホールの担当をしている女性は、たぶん奥さんかな? と思う。ルックスはさとみの方が上だと思うが、ほがらかで愛想の良い女性だった。私は、パスタを食べながら、この男がさとみにエロいことを仕込んでいたんだなと思うと、嫉妬や怒りなんかがグチャグチャになる。

でも、やっぱり興奮してしまう私がいた。

「ありがとうございます! また来て下さいね!」
さとみの元カレにそんな事を言われ、私は”ごちそうさま、美味しかったです”と答えて店を出た。後輩達も美味しかったと言っていて、また連れてきて下さいねと言ってきた。私は、わかったと答えて会社に戻った。


自宅に帰ると、元カレに会ってきたことを話した。
『美味しかった?』
さとみは、そんな事を聞いてくる。元カレのことは気にならないのかな? と思いながら、美味しかったと答えると、
『そうでしょ。ホントに美味しいんだよね』
と、嬉しそうにいうさとみ。私は、元カレのことを褒められて嬉しそうにするさとみに、激しく嫉妬してしまった。私は、嫉妬に任せて彼女を押し倒し、キスをした。しばらくキスをしていると、さとみが私のペニスをさすってきた。
『やっぱりカチカチになるんだね。私が抱かれるの、想像してるでしょ?』
さとみは、ゾクッとするような目で言ってくる。私は、魅入られたように”うん”と答えてしまった。
『私も、抱かれるの想像してるんだよ。昔みたいにされたいなぁって思いながら、自分でしちゃったんだよ』
さとみは、私の耳元でセクシーな言い方をする。私は、さとみが元カレとのセックスを想像しながらオナニーをしたと聞き、走ったときのように心臓が激しく脈打っていた。

「本当に、抱かれたいって思ってるの?」
『誠ちゃんは? 見たいって思ってるの?』
質問に質問で返すさとみ。私は、ほとんど迷うこともなく”うん”と言った。
すると、さとみはニコッと笑い、
『わかったよ。じゃあ、楽しみにしておいてね〜』
と言って、スルリと私の下から抜け出してしまった。その後は、何をするつもりなの? と聞いても教えてくれず、ニコニコと笑うだけだった。

でも、そんな話をして数日待ったが特に何もなかった。そのまま1週間、2週間と経過したが、やっぱり何も起きない。私は、どうなったのかな? と思いながらも、なんとなく聞きづらいなと思って聞けないでいた。

そして、ほぼ1か月が経過したある日、
『誠ちゃん、お待たせ〜。今日、文也来るからね』
と、いじわるっぽい笑みを浮かべてさとみが言ってきた。私は、一瞬意味が理解出来なかった。文也って誰? と言う感じだった。でも、すぐに思い出した……。

「えっ!? 来るって? どこに!?」
『ウチにだよ。もう、すぐだから』
「な、なんでそんな、急すぎるし、自宅に来る? どういうこと?」
私は、完全にパニックだった。

『だって、見たいんでしょ? ほら、早く隠れないと! クローゼットに隠れて!』
さとみは楽しそうに笑いながら言う。私は、冗談なのかな? と思っていた。でも、本当にインターホンが鳴ってしまった。

『あっ、来たよ! 早く隠れないと!』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー