エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

嫁に温泉旅館で性感マッサージを受けさせてみた3【ブロマガ転載禁止】

前回の話

嫁は失神から目覚めると、
『あなた……ごめんなさい』
と、罪悪感にまみれた顔で言ってきた。私は、布団から顔だけ出している嫁に、
「どうしたの? 寝てたからよくわからないよ」
と、あくまで寝たフリをしていたことを貫いた。

『……マッサージで、気持ち良くなっちゃったの……』
嫁は、モジモジした様子で言う。
「そう、良かったね。リラックス出来たの?」
私は、なるべく優しい口調で言った。
『……違うの。その……エッチな気持ちになって、先生にイカせてもらっちゃったの……。ごめんなさい』
嫁は、正直にそんな事を言う。隠すつもりがないのが、正直な彼女らしいと思う。

「どんな風にされたの?」
私は、少し動揺したフリをしながら聞く。
『……アソコを触られたり、指を入れられたり……』
「そんなに気持ち良かったの?」
『うん。あんなの初めてだった……』
「そんなに良かったんだ……。だったら、また呼ぼうよ。千里も、またして欲しいでしょ?」
『えっ? いいの? 他の人に気持ち良くさせられても……』
「うん。今度は見せて欲しいな」
『もう……ヘンタイなんだから』
はにかんだように言う嫁。でも、さすがにセックスまでしてしまったことは言いづらいようだ。

『あなた、来て……』
嫁は、発情したような顔で私を誘う。私は、すぐに布団の中に滑り込んだ。私に抱きついてきて、熱烈に舌を絡めてくる嫁。それだけではなく、私の上にまたがってきた。全裸の嫁は恥ずかしがる様子もなく、私の浴衣を脱がせ始める。

そして脱がせるとするに、私の乳首を舐めてきた。息遣いも荒く、興奮しているのが伝わってくる。
「そんなに興奮して、どうしたの? そんなにマッサージ気持ち良かったの?」
私が声をかけると、
『うん。お腹を軽く叩かれただけで、イッちゃったの……。あんなの、初めて』
と、うわずった声で言いながら私の乳首を甘噛みしてくる。
「何回もイッたの?」
『うん。もう、イキすぎて死んじゃうかと思った』
どんどん息遣いが荒くなる嫁。本当に興奮しきっているのがわかる。
「僕とするよりも気持ち良かった?」
『……ごめんなさい』
嫁は、答えずに謝ってきた。嘘のつけない彼女らしいリアクションだ。
私は、見ていてそれは充分すぎるほどわかっていたが、それでも嫁の言葉に嫉妬が燃え上がる。そして、体勢を入れ替えて嫁に覆いかぶさっていった。私は、犯すように彼女の中に挿入した。こんなに荒々しくするのは初めてかも知れない。

私は、入れた途端にびっくりした。嫁の膣中は、いつもとまったく違う感じだった。緩いとかそういうことではなく、別の女性としているようなまったく違う感覚だった。

私は、これが寝取られると言うことなのかとショックを受けた。他の男に、嫁の中を変えられてしまった……。そう思うと、嫉妬が嵐のようになる。そして私は、狂ったように腰を振り始めた。
『あっ、あなた、激しいっ。気持ち良いです、もっとしてくださいぃ』
嫁は、少し背中をのけ反らせるようにしてあえぐ。私は、感触の違う嫁の膣に焦燥感を感じながら腰を振り続けた。

『あなた、いつもより固くなってる。興奮してる? あなたも興奮してるの? 私が他の人にイカされたのに、興奮してるの?』
嫁は、うわずった声でそんな事を言う。でも、どことなく私を挑発するような感じに聞こえる。
「してる。興奮してる! そんなに良かったの? そんなに気持ち良かったの? 僕とするより良かったの!?」
ついつい声が大きくなってしまう私。
『良かったの! あなたとするより気持ち良かったのっ! あぁっ! イッちゃうっ! あなた、イクッ!』
嫁は、そんな事を言いながら身体を震わせる。私は、激しい嫉妬と焦燥感を感じながら、あっけなく射精してしまった。

私は、こんなに気持ち良い射精は初めてだった。そして、どちらからともなくキスをしてしばらく抱き合っていた。

『あなた、怒ってる?』
心配そうな口調で聞く嫁。
「怒ってないよ。ごめんね。本当は、寝たフリしてたんだ」
私も正直に話した。
『……知ってたよ。だって、途中で目隠しズレたから……』
嫁は、そんな告白をしてきた。私は、ウソがばれてバツが悪いなと思いながらも、告白してきた嫁は覚悟を決めたんだなと思った。

「先生の、大きかったみたいだね」
『うん。奥の突き当たりまで届いたの。奥を突かれると、頭が真っ白になっちゃうんだね。女に生まれて良かったって思うくらい気持ち良かった……』
嫁は、申し訳なさそうな感じはもうない。私の事を挑発しているような感じで言う。
「僕のじゃ、届かないの?」
自分のことなので、聞くまでもないのに聞いてしまう私。
『知ってるでしょ? あなたが一番わかってるでしょ?』
嫁は、妖艶な笑みを浮かべながら言った……。

この時の経験がきっかけで、私と嫁のセックスライフは、倦怠気味だったのがウソのように燃え上がるようになった。ほとんど毎日のようにセックスをするようになり、嫁はわざと先生のマッサージのことを言って私を嫉妬で燃え上がらせるようになった。

そして、それまでもやっていたバイブを使っての疑似寝取られプレイもさらに過激になっていった。今日は、2人で少し郊外の書店型のアダルトグッズ店に行った。
「どう? これくらいだったんじゃない?」
私は、リアルタイプのディルドを手に取り、嫁に渡した。嫁は、
恥ずかしそうに頬を赤くしながら、そのディルドを握った。
『う〜ん。もっと太かったかな?』
嫁はそんな事を言う。でも、いま握っているディルドも、かなりのサイズだ。パッケージを見ると、Lサイズと書いてある。

嫁はLサイズのディルドを棚に戻すと、隣のLLサイズを手に取った。それは、日本人ではあり得ないんじゃないかな? と思うくらいのサイズだ。外人さんだと、これくらいあるのかな? と思うサイズで、私のものと比べると、一回りも二回りも大きな感じだった。

『これだ! 太さはこれくらいだよ。でも、こんなに長くはないね』
慣れてきたのか、楽しそうに笑いながら言う嫁。まさか、こんな風に2人でアダルトグッズを選ぶ日が来るなんて思ってもいなかった。

「こんなに? ホントに? だって、こんなの、外人さんみたいだよ」
『うん。でも、たぶんこんな感じだったよ』
嫁は、少し上気したような顔になっている。先生とのプレイを思い出して興奮しているのだろうか? そう思うと、胸がドキドキしてくる。

「じゃあ、これ買おうか」
『うん。早く帰ろう』
嫁は、うわずった声で言う。もう、入れて欲しくなってしまったのだと思う。

そしてそれを購入すると、私達はすぐに帰宅した。すると、まだ玄関なのに、嫁が抱きついてキスをしてきた。荒々しく舌が突っ込まれてきて、私の舌をむさぼる。
『あなた、もう我慢出来ない。入れて欲しい』
荒い息遣いで嫁が言う。こんな嫁は初めて見た。
「どっちを? 僕の? それとも、先生のサイズのこれ?」
私が興奮しながら聞くと、嫁はあっけなく、
『これ! この大きいのが欲しい!』
と、うわずった声で言った。私は、わかっていた事ながらショックを受けてしまった。そして、嫉妬しながらも激しく興奮してしまった。

そして、嫁と一緒に寝室に移動し、キスをしながらもつれるようにベッドに倒れ込んだ。
しばらくキスをした後、私は袋からさっき購入したディルドを取り出す。シュリンクを破りディルドを取り出すと、少し臭いがした。私は、いったん洗ってくると言って寝室を出た。

私は、洗面所でハンドソープを使ってディルドを洗い始めた。それは、不思議な気持ちだった。その硬さに驚き、太さと造形にもっと驚いてしまった。人体ではあり得ない硬さ。でも、ただカチカチなだけではなく、弾力もちゃんとある。
そして、その太さは私の手でやっと指が回るほどの太さがあった。

握り慣れた自分のペニスと比べて、笑ってしまうほどの差がある。そして、その造形はカリ首が威圧するように張り出していて、まがまがしさを感じてしまうほどだ。

私は、本当にこんなに太かったのかな? と、疑問を持ってしまった。あの時、乱れに乱れた嫁に注視しすぎて先生のペニスはさほど見る余裕がなかった。確かに、大きいとは思った記憶はあるが、ここまでだったかな? とも思う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果完【ブロマガ転載禁止】

前回の話

嫁は、黒人サイズのディルドを股間に挿入したまま、
『あなたにイカせてもらえて幸せです』
と、言ってきた。その顔は快感にトロンとしていて、多分私が初めて見る表情だった。

白のニットには、さっきよりもくっきりと乳首が浮いているし、黒のミニスカートは完全にまくれ上がっていて役目を果たしていない。

「あなた、どうしますか? これ抜いて、抱いてくれますか? それとも、動画の続き見ますか?』
嫁は、挑発的な顔で言う。いつものお嬢様のようなおしとやかさは感じられない。

私は迷ってしまった。このまま嫁とセックスをするべきだと思っているのに、どうしてもなにも言えない。
『じゃあ、再生しますね』
嫁が軽くからかうような口ぶりで言ってくるが、私はそれを止めることもせずに黙ってしまった。嫁は宣言通りに動画の続きを再生し始める。

映し出された動画は、すでにラブホテルの中の動画だった。カメラは固定されているようで、すぐに画面の中に二人の姿が映し出される。
「凄く似合ってるよ。本当に女子大生みたいだよ」
池田さんはそんな事を言う。画面の中の嫁は、すでに髪の毛も短くなっているし、服装も変っている。すっかりと、池田さん色に染められてしまっている。
『本当ですか? なんか、短すぎて見えちゃいそう……』
恥ずかしそうに言う嫁。しきりにスカートの裾を下に引っ張り伸ばしている。
「めくってごらん」
池田さんが指示をすると、嫁はスカートの裾を持ち上げ始めた。すぐに嫁のアソコが丸見えになる。この時はまだヘアがあった。
『恥ずかしいです……』
嫁は本当に恥ずかしそうだ。
「太ももまで垂れてるよ。博子は本当に淫乱になったね」
『池田さんが変えたんですよ。池田さんの色に染められちゃいました』
スカートの裾を持ち上げたまま、照れ臭そうに言う嫁。恋をしている少女みたいな仕草だ。

「もっと染めてあげるよ。おいで」
池田さんがそう言うと、犬みたいに喜んで彼の元に行く嫁。そのまま抱きついてキスをした。キスがしたくてたまらないという感じでキスを続ける嫁。私は、どうしてこうなってしまったのだろう? と、今さら思い始めていた。セックスが下手だった嫁に、軽い皮肉のつもりで風俗で働いたら? と言った結果、他の男とデートまでするようになってしまった。そして、それに興奮してしまう私……。

画面の中で、濃厚なキスを続ける嫁。池田さんは、受け身という感じだ。そして私の隣では、太すぎるディルドを挿入したままの嫁がいる。嫁は、画面の中でキスをする2人を見ながら、ディルドをゆっくりと動かしてオナニーをしている。あんな太いディルドが、軽々と動くのが信じられない。

私の視線に気がついた嫁が、
『あなた、どうして抱かないんですか? あなたの希望通り、少しは上手になりましたよ?』
と言って、私のペニスをくわえて来る嫁。同じように、画面の中でも嫁は池田さんのペニスをくわえ始めた。

確かに、圧倒的に上手になった。もともと器用な嫁のことなので、コツを掴めば上達も早いのだと思う。
『あなた、すごく固くなってますよ。どうしてこんなに興奮してるんですか?』
嫁はそんな事を言いながらフェラチオを続けてくる。カリ首廻りを舐められ、私は一気に射精感が強くなっていく。お店では、簡単な講習しかしなかったと言っていた。こんな風に上手くなったのは、池田さんを含む常連達の指導のせいなのだと思う。

自分の嫁が、他の男に変えられていく……。そんな状況に、興奮がどんどん強くなる私は、すでに壊れてしまっているのかも知れない……。

『こんなに固くなっても、抱いてくれないんですね。だったら、手伝ってくれますか?』
そう言って、私の手を取ってディルドを握らせる嫁。私は、画面に目が釘付けの状態のままディルドを動かし始めた。
『んっ、んっ、んっくぅ、んんっ〜っ』
嫁は、私のペニスをくわえたままうめく。こんなに気持ちよさそうな嫁は、私とのセックスでは見たことがない。

画面の中では、着衣のままの嫁が熱心にフェラチオをしている。比較したくはないが、どうしても池田さんのペニスの大きさが目に入ってしまう。私のペニスは易々と根元までくわえている嫁だが、池田さんのは根元まではくわえられていない。そして、口の開け方もまったく違う。池田さんには目一杯口を開けている感じだけど、私には半分程度口を開けているだけに見える。
ペニスの大きさなど今まで気にしたこともなかったのに、こうやって動画で見ると、本能的に怯んでしまう。

『同じ男の人でも、本当に全然違うんですね』
そんな事を言いながらフェラチオを続ける嫁。
「どう違うの?」
私は、聞かなくてもいいことなのに聞いてしまった。
『大きさも形もです。あなたのは、常連さんの中に入れたら、4番目かな?』
嫁はそんな事を言いながら、私のペニスをフェラチオし続ける。
「1番は、池田さんなの?」
『はい。ぶっちぎりで一番ですよ』
嫁はそんな事を言う。私は、はっきりと言われてショックを受けてしまった。

すると、画面の中からは、嫁の気持ちよさそうな声が響いてきた。
『うぅあぁ、すごい、奥に届いてるぅ』
着衣のまま対面座位で繋がる嫁。スカートはまくれ上がり、なまめかしい太ももが丸見えになっている。そして、すぐに腰を振り始める嫁。
『あっ、あっ、当るっ! ぶっといおチンポ当ってるぅッ!』
画面の中の嫁は、はしたない言葉を吐きながらあえぎ続ける。

私は、
「奥に当るとそんなに気持ち良いの?」
と、震える声で嫁に聞いた。
『はい。当るたびに、気持ち良くて頭が真っ白になっちゃいます』
そんな事を言う嫁。
「僕のじゃ、届かない?」
わかっていながらもそんな事を聞く私。
『ふふ。仕方ないですよ。気にしないでくださいね』
嫁はそう言ってフェラチオを続ける。はっきりと届かないと言ってもらった方がまだマシだ。

画面の中では、
『池田さん、好きっ! 愛してます! あぁぁ、イッちゃうっ! もうイッちゃうっ!』
と、嫁は夢中で腰を振り続ける。そして、嫁の方からむさぼるようにキスをする。池田さんは、ほとんど動かない。完全に受け身という感じだ。
嫁は、はしたなく腰を振り続け、むさぼるようにキスを続ける。
私のものをフェラチオしている嫁が、
『あんなに激しく腰振ってる……。あなた、同じようにしてあげましょうか?』
と、優しい顔で聞いてくる。私は、完全に立場が逆転してしまっているなと思いながらも、我慢出来ずにお願いした。

嫁は、太いディルドを引き抜く。こんなに太いモノが、よく入っていたなと思うようなディルドだ。それをテーブルに置くと、私にまたがって対面座位になる。あっという間に熱い肉に包み込まれ、私は思わずうめいてしまった。

『ふふ。入っちゃいましたね。気持ち良いですか? 太いの入ってたから、緩くなっちゃいました?』
嫁はそんな事を聞いてくる。でも、私は逆に締まりがよくなったように感じていた。嫁は教えてくれないが、他の常連達にも本番をさせていると思う。そして、毎日のようにセックスをすることで、膣の周りの筋肉が強化されたのだと思う。

私が、緩くなっていないことと、逆に締まりが良くなったと思うと話すと、
『本当ですか? 池田さんに教えてもらったトレーニングしてる成果かしら?』
と、嬉しそうに言う嫁。
「トレーニングって?」
『はい。膣を締めたり緩めたりとか、スクワットなんかです』
嫁はそんな説明をした。私は、池田さんの為に嫁がそんな努力をしていた事を知り、胸が締めつけられるような気持ちになった。

画面の中の嫁は、キスをやめて大きな声であえぎ始めた。
『イクッ! イクッ! 気持ち良い! おチンポイッちゃうっ! うぁうああっ!!』
嫁は、身体をのけ反らせながら果てた。
「もうイッちゃったの? 博子は、はしたないね」
池田さんにそんな事を言われる嫁。でも、嫁は嬉しそうな顔になっている。
『だってぇ、ずっと我慢してたから。ねぇ、今日はいっぱい愛して下さい』
可愛らしい顔で言う嫁。
「じゃあ、一緒にお風呂入ろうか」
『うん!』
そして、2人はベッドから移動して行く。その途中、カメラは停止された。すぐに新しい動画が再生される。すると、それは脱衣場の中だった。
嫁は壁に両手をつき、お尻を突き出すようにしている。カメラはまた固定アングルになっていて、多分どこかに置いているのだと思う。
池田さんは、小さなプラスチックで出来たような容器を手にしている。
「じゃあ、行くよ。リラックスしてね」
そう言って、嫁のお尻にその容器を近づける池田さん。
『は、はい。でも、本当にするんですか?』
嫁は、どこか不安げだ。さっきまでの、ラブラブで楽しそうな雰囲気はなくなっている。
「だって、綺麗にしないと出来ないでしょ?」
『……はい。綺麗に……して下さい』
嫁は、覚悟を決めたように言う。
「行くよ」
そう言って、池田さんは容器の注入口を嫁のアナルに突き立てていく。私は、それが浣腸液だと理解した。

「そ、そんな! こんなことまでしたの!?」
私は、ショックが大きすぎて声が裏返ってしまった。
『ふふ。大丈夫ですよ。見られてないですから』
嫁は、少しピントの外れた回答をする。

画面の中では、浣腸液を注入される嫁が映っている。
『う、うぅ……冷たいです……』
嫁は、少し不安そうに言う。
「大丈夫、もう少しだよ」
そう言って、池田さんは全部を注入した。
『あぁ、お腹……グルグル言っています』
嫁は、早くも苦しそうだ。
「もう一つ入れるよ。奥まで綺麗にしないとダメだからね」
そう言って、池田さんはもう一つを嫁のアナルに突き刺した。そして、そのままギュッと摘まむようにして浣腸液を注入していく。

『うぅ……ダメぇ、ダメっ! も、もう出ちゃいそう、出ちゃいそうです!』
嫁は、切羽詰まった顔で叫ぶ。すると、池田さんは容器を引き抜き、
「良いよ、全部出してくるんだよ」
と言って、嫁を解放した。すると、嫁はヨタヨタと内股のまま歩き始める。多分、トイレに行ったのだと思う。そして画面は消えた。私は、少しホッとした。いくら愛する嫁のこととはいえ、排泄姿など見たくはない。

すぐに始まった次の動画は、全裸の嫁がベッドの上で四つん這いになっていた。私は、嫁のアソコを見て驚いてしまった。さっきの動画ではまだあったヘアが、剃り上げられてしまっていた。ツルツルになった嫁のアソコ。もう、30代半ば近いのに、妙にロリっぽく見えてしまう。

「丸見えだね。アナルもヒクヒクしてるよ」
池田さんが、そんな言葉をかける。固定されたカメラなので、嫁のアナルがどうなっているかまでは見えない。でも、池田さんに向かって、アソコもアナルもさらけ出しているのはよくわかる。

『恥ずかしいよぉ。そんな事言わないで』
本当に恥ずかしそうな嫁。でも、隠そうとはしない。
「じゃあ、ゆっくりほぐしていくよ」
池田さんはそう言うと、ローションボトルを手に取った。そして、フタを開けると中身を手の平に垂らしていく。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

嫁に温泉旅館で性感マッサージを受けさせてみた2【ブロマガ転載禁止】

前回の話

「わかりました。それでは、準備しますね」
マッサージ師の彼は、そんな風に言うとカバンから何かを取り出して準備を始めた。寝ているフリをしている私には、何を取り出しているかまではよく見えない。
『それって、なんですか?』
嫁がそんな質問をする。でも、うっとりとしたような、何とも言えない牝を感じさせる口調だ。こんな風に、自分の嫁が他の男に媚びた口調で話をするのは、かなりの衝撃がある。

「低周波治療器ですよ。手では出来ないほぐし方をします」
そう言って、彼はなぜか嫁にアイマスクをつけ始めた。嫁は、とくに抵抗することもなくアイマスクで目隠しをされている。
「リラックスして下さいね。アイマスクしましたから、寝てしまっても構いません」
彼はそんな風に言いながら、私の方を見てアイコンタクトをする。私は、ゆっくりと音を立てないように身体を起こした。彼が、私の為にアイマスクをしてくれたことを理解した。

身体を起こして見る嫁は、浴衣が乱れに乱れてとても卑猥な格好になっていた。胸元は完全にはだけてしまい、タオルもズレているので片方の胸が丸見えになっている。嫁の乳首は、見ただけでもビンビンに勃起しているのがわかるほどになっているし、裾ははだけてショーツが丸見えだ。そしてそれは、吹いてしまった潮で大きくシミが出来ている。

「奥様、濡れてしまいましたから脱がせますね」
そう言って、サッと嫁のショーツを脱がせ始める彼。
『えっ? あ、はい……ごめんなさい』
と、少し慌てた感じで言う嫁。多分、潮を吹いて濡らしてしまったことを謝ったのだと思う。嫁は、ショーツを脱がされながら、腰をグッと持ち上げて脱がせやすくする。自分の嫁が、他の男に下着を脱がされるだけでも衝撃的なのに、脱がせやすいようにアシストまでしている姿は、血圧が上がりそうなほどの衝撃を受ける。

丸見えのヘア、そして、アソコも濡れすぎなほど濡れてヌラヌラとイヤらしく光っている。こんな姿を他人に見られてしまうなんて、私は自分で企画したことにもかかわらず、怒りのような感情を感じてしまった。

すると、彼はバスタオルを嫁の身体にかぶせた。その上で、浴衣も全部脱がせてしまった。全裸の上にタオルがのっているだけの状態になり、嫁が少し身体を固くしたのがわかる。

「それでは、治療器をつけていきますね。少しひんやりするかも知れません」
そう言って、低周波治療器の器具を貼り付けていく彼。でも、装着している場所が、普通のマッサージとはまったく違うようだ。さっきのそけい部と、体外ポルチオ責めでポンポンと叩くようにしていたヘソの下あたりに貼り付けていく。

そして、スイッチを入れる彼。低くうなるような音が響くと、
『あっ、うぅ……け、けっこう、強いんですね、うぅ』
嫁が、少し驚いたような声で言う。
「徐々に強くしますからね。痛いようでしたら言って下さい」
そう言って、ダイヤルで強さを調整する彼。うなり音も強くなっていく。

『うぅ、うぅ、うっ、あ、あぁ、あっ、ふぅ』
嫁は、すぐに気持ちよさそうなうめき声に変っていった。でも、必死で声を抑えようとしているのがわかる。

目隠しをされたままの嫁は、不思議なほど卑猥に見えた。時折口がだらしなく開き、甘い声が漏れるのを見ると、ゾクゾクするほどイヤらしい。目隠ししただけでこんなにも卑猥な感じになるなんて、不思議な感じがする。

『うぅっ、あっ、あっ、せ、先生、ダメ! これ、うぅあっ! 強い、うぅあっ!』
嫁は、低周波治療器で感じ始めてしまった。多分、本当に普通の治療器だと思うが、つける場所やシチュエーションで、まるで大人のおもちゃみたいになってしまうのだなと思った。

すると、彼は嫁の胸をタオルの上から触り始めた。両手で両胸を鷲づかみにし、もみほぐすように揉む。それだけではなく、乳首をつまんだりする。
『うぅっあっ、ダ、ダメっ! ひぃあぁっ! イヤぁっ!』
嫁は、のけ反るような感じになりながら、悲鳴っぽいあえぎ声を漏らす。でも、彼は淡々と嫁の乳首を責め続け、低周波治療器の強さをさらに強くする。

嫁は、腰を浮かせて太もものあたりをガクガクッと震わせる。そして、
『イッちゃうっ! イッちゃいますっ! 止めてっ! 止めて下さいぃっ! イクぅ〜っ!』
と、大きな声で叫びながら果ててしまった。

そこで、彼は低周波治療器のスイッチを切った。嫁は、目隠しされたまま荒い呼吸を続ける。
「いかがですか? 治療器は気持ち良かったですか?」
彼は、淡々と聞く。これだけの状況なのに、彼は興奮していないのだろうか? 私は、少し悔しいと思ってしまった。でも、彼の股間を見て少しホッとした。彼の股間はもっこりと盛り上がっていて、かなり強く勃起しているのがわかったからだ。

『は、はい。私、こんなに……。はしたない姿見せて、ごめんなさい』
嫁は、もしかしてまだ普通のマッサージだと思っているのだろうか? イッてしまったことを謝っている。

「大丈夫ですよ。リラックス出来てる証拠です。他の方も、イッてしまう人は多いですよ」
彼がそんな説明をすると、
『そうなんですか……。でも、あんなの初めてです』
嫁は、まだうっとりしている感じだ。
「では、内部からほぐしていきます」
彼は嫁に質問するのではなく通告するように言うと、手を嫁の股間に持っていった。タオルをぺらっとめくると、剥き出しになったアソコに指を差し込む。
『あぁっ! は、入ってます! 入っちゃってる!』
驚く嫁。確かに、彼の指は人差し指と中指が膣中に差し込まれてしまっている。
「大丈夫ですよ。指ですから。中からほぐしていきますね。女性ホルモンの分泌を促すツボがありますから」
冷静な声で言う彼。さすがに、嫁ももう普通のマッサージではない事に気がついたと思う。
『そ、そうなんですね。よろしく……おねがいしま、すぅ』
嫁は、モジモジと腰のあたりを動かしながら言う。まるで、まだマッサージだと思っているような受け答えに、私は驚いてしまった。

「はい、じゃあリラックスして下さいね。声も出していいですから」
そう言って、彼は指を動かし始める。ただ、腕の位置はほとんど変らず、膣中の指だけを動かしているような感じだ。

『うぅっ、う、あっ、あっ、あっ、あぁっんっ! こ、こんなの、ひぃああぁっ! ダメぇっ! ダメぇっ!!』
嫁は、のけ反ってあえぎ続ける。激しく動くので、タオルも完全に外れてしまった。まるっきり全裸になった嫁。上気しているせいか、全身が紅潮したように赤くなっている。

すると、彼は膣中の指を動かしながら、さっきみたいに嫁のヘソの下あたりを揺さぶり始めた。
『あぁっ!! ダメぇっ! それダメっ! すごいのっ! こんなのダメっ! 凄いの来るっ! うぁうあっ! イクッイクッ! イッグゥゥッ!!』
嫁は、すぐにイッてしまった。でも、彼は動作を止めない。嫁は、のけ反って身をよじって逃れようとする。でも、彼はしっかりと嫁をホールドして離さない。

『出ちゃうっ! 出るっ! うぅあぁっ! ごめんなさいぃっ!!』
嫁は謝りながら潮吹きを始めた。彼は少しタオルの位置を変えたが、上手く嫁のしぶきを受け止めた。布団は汚さず、タオルに受け止める彼を見て、本当に手慣れているのだなと思った。

「気持ち良かったですか?」
彼が聞く。すると、嫁は恥ずかしそうに、
『はい……。また……出ちゃいました……』
嫁は、本当に恥ずかしくて仕方ないという感じだ。
「いいですよ。ちゃんとタオルで受け止めましたから」
彼は優しい顔で言う。
『ありがとうございます……。も、もう終わりですか?』
嫁は、まだ続けて欲しいという感じではなく、もう終わって欲しいというニュアンスで言う。
「次で最後です。今度は、これを握っていて下さいね。力が入らないように、ソフトに握っていて下さい」
そう言って、彼は嫁の手を自分の股間に持っていった。ズボンの上から、彼のペニスを握る嫁。一瞬、ビクッと驚いた感じはあったが、とくに抵抗はしない。

『……主人は、ちゃんと寝てますか?』
不安そうに聞く嫁。さすがに、いけないことをしている自覚を持ったようだ。
「はい。ぐっすりと寝てらっしゃいますよ」
私とバッチリ目が合っているのに、そんな説明をする彼。私は、この後の展開にドキドキしてしまった。

嫁に股間を握らせながら彼が何をするのか見守っていると、彼は嫁のクリトリスをまさぐり始めた。右手でクリトリスの皮をめくり、左手の指でクリトリスをこすり始める彼。動きはゆっくりしたもので、イカせようという感じの動きではない感じがした。

嫁は、さっきのような激しいあえぎ方ではなく、吐息に近いような声を出す。そして、ついつい彼の股間を握る力が強くなってしまうようだ。すると、嫁が手を伸ばしていき、彼のズボンのファスナーに指をかけた。目隠しされているのでもたつきながら、それでも上手に彼のペニスを剥き出しにしてしまった。

彼は脱がされているのにまったく動じず、冷静に嫁のクリトリスを触り続けている。彼のペニスは、逞しい感じだった。長いという感じではなく、太くてゴツいというフォルムで、雄のオーラが漂っているような感じだ。

そして嫁は、直接彼のペニスを握ってしまった。
『……固い……。こんなに太いんですね……』
嫁は、恥ずかしそうに言う。でも、恥ずかしそうな素振りを見せながらも、彼のペニスをしごき始めてしまった。嫁が、どんな気持ちでそんなことを始めたのかわからない。でも、嫁は力強く手コキを続ける。

「ありがとうございます。では、くわえていただけますか? その方が、女性ホルモンが一気に分泌されるそうです」
そう言って、目隠しされた嫁の顔の近くにペニスを近づける彼。嫁は、何も言わない。ただただ戸惑っているような雰囲気だ。でも、彼が強引に嫁の頬にペニスを押し当てると、つられるように口を開けてしまった。すかさず、ペニスを嫁の口の中に滑り込ませる彼。嫁は、舌を突き出してペニスを確認するような動きをした後、それをくわえてしまった。

私は、雷に打たれたようなショックを受けた。バイブを使って擬似的な寝取られプレイは、すでに嫁と何度も経験していた。でも、実際に嫁が他人棒をくわえている姿は、悪夢のようだった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

嫁に温泉旅館で性感マッサージを受けさせてみた【ブロマガ】

嫁の千里と結婚して16年、ほとんど喧嘩もする事なく今日まで来た。子供は息子が一人いて、今年から寮のある高校に入ったので、久しぶりに妻と二人の生活に戻った。

息子が中学に入ってからは、ほとんどセックスをしていなかった反動か、週に二回三回とセックスをするようになっていて、嫁もこの歳になってセックスに目覚めてしまったのか、前とは比較にならないくらいに淫乱な女に変った。
とは言っても長年連れ添った相手なので、どうしても刺激が足りないなと思ってしまう事もある。そんな事もあり、最近の二人のセックスは、オモチャを使ったりコスプレをしたりというスパイスをきかせるようになっていた。

嫁に目隠しをして、軽く腕を縛る。これだけの事で、嫁がよりいっそう淫靡な感じに見える。目隠しをした女性は、どうしてこんなにイヤらしく見えるのだろう? と思いながら、嫁の少し垂れ気味の巨乳に舌を這わせる。
『ンッ、なんか、見えないとドキドキしちゃうね』
嫁も、まんざらではないようだ。私は、嫁の乳首を舐め始めた。いつも以上に固くなっている感じがして、私も興奮してしまった。
『あっ、ンッ、うぅ……気持ち良い。見えないと、余計に気持ち良くなるんだね』
嫁は、気持ちよさそうに言う。私は、嫁の口元を見てより興奮していた。目隠しした状態であえいでいる女性の口元は、本当にイヤらしいと思う。

「他の人にされてるみたい?」
私がそんな事を言うと、
『そ、そんなわけないでしょ? バカな事言わないの』
と、嫁は口ごもる。私は、無言で嫁の乳首を責め続けた。ビクッ、ビクンッと、身体を震わせながらあえぎ声を漏らす嫁。いつもよりも感じている様子だ。私は、嫁のそんなリアクションに、絶対に他の男に舐められてるのを想像しているなと思った。

そして私は、嫁のアソコに指を伸ばした。それは、触った瞬間にクチュッと音を立てるほど濡れていた。私は、興奮して夢中でクリトリスを責め続けた。
『あっ、あぁっっ、気持ち良いっ、あなた、凄いっ、うぁうっ!』
嫁は、やっぱりいつも以上に感じている。私は、バイブを取り出して彼女にくわえさせた。嫁は、興奮しているからか、バイブをフェラチオするように舐め始めた。
「違う人のくわえてるみたいでしょ」
私がそんな事を言うと、嫁はバイブをくわえたままビクッと身体を震わせた。私は、嫁が他人のペニスをくわえるところを想像してしまい、自分でも驚くほど興奮してしまった。最近、バイブを使うようになって以来だが、嫁を他人に抱かせてみたいという気持ちが芽生えてしまった。

私は、目隠しされたままの嫁のアソコにバイブを挿入していった。
『うぅ、あぁっ、イヤァ……。あなたのが欲しい……』
バイブを入れられて、ビクッと身体を震わせ軽くのけ反るような姿勢になりながら、そんな事を言う嫁。私は、かまわずにバイブを根元まで入れた。
『うぅっ、くふぅ……』
嫁は、声を我慢するような仕草を見せる。
「こんな風に、違う人の入れてみたい?」
私はバイブを回すように動かしながら、そんな質問をする。
『イヤァ、変なこと言わないで……』
嫁は上ずった声で言う。でも、息づかいは荒くなり、体も紅潮してきている。
私は、バイブを動かしながら言葉を続けた。
「僕のより大きなペニス、入れてみたいんでしょ?」
『そんなこと、うぅあぁっ、な、ない……』
嫁は、うわずりすぎて震える声で言う。私は、嫁が他の男とセックスしている想像をしたと思った。そして、嫉妬みたいな感情を持ってしまった。完全に自作自演的な嫉妬なのに、それでも激しく嫉妬してしまう。

「こんな風にされたいんだろ! こんな太いのでやられたいんだろ!」
私は、自分でも興奮しすぎているなと思うくらいに興奮しながらそう言った。
『ち、違うっ! そんなこと、うぅあっ! ダメぇ、止めてっ! あなたダメっ!』
嫁は、泣きそうな声で叫ぶ。でも、私はその言葉にすら興奮してバイブをでたらめに動かし続けた。
『あなたっ! ダメぇ、もうイッちゃうっ! イッちゃいますっ!』
嫁は、普通のセックスでは見せた事のない顔で叫び、身体を震わせた。
私は、そこでようやくバイブを抜いて自分のペニスを挿入した。子供を作る事もなくなったので、ピルを飲み始めるかパイプカットをするか迷ったが、結局ピルの副作用が怖くて私の方がパイプカットする事にした。そのおかげで、嫁とはいつもコンドーム無しでセックスが出来るし、中に出す事も出来る。

『あなた、やっぱりあなたのがいい……』
嫁は、私が挿入すると泣きそうな顔でそう言った。私は、幸せな気持ちで胸を熱くしながら、彼女にキスをした。


そしてセックスが終わると、嫁はやたらと甘えてきた。40歳近い嫁だけど、私の中では出会った頃のままのイメージだ。本当に可愛いと思う。イチャイチャしすぎて息子にもキモいと言われるほどだ。

『あなた、ごめんなさい。あんなに乱れちゃって、はしたないよね……』
嫁は、恥ずかしそうに言う。
「変な事想像しちゃった?」
『え? ……はい。ごめんなさい』
モジモジと言う嫁。
「したいって思った?」
『えっ? 何をですか?』
「その……。他の男性と、セックスを……」
『そんなわけないですよ! あなたで満足です』
嫁はそんな風に言ってくれる。

「もし、私がして欲しいって言ったらどうする?」
『そんなの絶対に無理です。そんな事言われたら、離婚しちゃいますよ』
嫁はおどけた口調で言う。でも、嫌がっている様子も、怒っている様子もない。
「本当に? 少しも思わなかった?」
『もう……バカ……。シャワー浴びてきますね』
そう言って、寝室を出ていった嫁。私は、さっき抜いたバイブを見た。すると、バイブにはいわゆる本気汁がいっぱいついていて、嫁の興奮が伝わってくるようだった。

そして、この日以後もそんな疑似寝取られプレイを繰り返したが、やっぱり嫁の貞操観念は強いようで、リアルに他の男性とセックスをするのは無理みたいだった。そこで私は考えていた計画を、ものは試しにと実行に移してみた。

1泊で温泉旅行に行き、そこでマッサージを受けさせるという計画だ。もちろん、マッサージはいわゆる性感マッサージで、あらかじめネットで探した。性感マッサージのサイトがビックリするほど多いのに驚きながらも、誠実そうなまだ若い男性の施術師のところにした。

嫁は、久しぶりの温泉旅行に嬉しそうだ。
『本当に久しぶりですね。二人きりで温泉なんて、15年ぶり? もっとかな?』
と、ニコニコとしながら言う嫁。私は、すでに出発のこの時点で興奮してしまっていた。そして、やたらと嫁の事がセクシーに見えていた。他の男性に身体をマッサージされる……。上手く行けば、感じさせられてしまう……。そう思うと、身を焦がすような嫉妬を覚える。

そして、車を走らせると、嫁はご機嫌のまま鼻歌を歌ったり、やたらと話しかけてきたりする。本当に、可愛いなと思う。途中で道の駅に寄り、そばを食べた。
『10割そばって、そういう意味だったんだね。美味しい』
そんな事を言う嫁。なにが10割だと思っていたのかな? と思いながら、私も相づちを打つ。
普通に食事をしながらも、性感マッサージの事ばかり考えてしまう。性感マッサージのサイトには、色々と施術の事が書いてあった。クリトリスや乳首を触らなくても、オルガズムに達する事が可能だと書いてあった。私は、本当だろうか? と思いながらも、目の前で嫁が他人にイカされてしまったら、私はどうなるのだろう? と思っていた。興奮出来るのだろうか? それとも、嫉妬のあまり止めてくれと言ってしまうのだろうか? 自分でもわからなかった。

そして、食事を終え、観光名所の滝を見た後、宿にチェックインした。こういう温泉宿で、外部からマッサージの人間が来るのはなかなか難しいそうだが、ここは提携しているらしい。と言う事は、その筋では有名な温泉宿なんだろうか? そう思うと、他のお客の女性も、性感マッサージを受けるのかな? と、ついついイヤらしい目で見てしまう。

チェックインすると、そのまま部屋に案内された。窓からの眺めがなかなか良い部屋だった。遠くに浅間山が見えて、川のせせらぎも聞こえる。こんな雄大な眺めの部屋で、バカな事をしようとしている自分が少し恥ずかしくなってしまった。

「じゃあ、温泉入ろうか?」
『はい。一緒に入れれば良いのにね』
「じゃあ、男湯に入っちゃう?」
『バカ……』
そんな会話をした後、それぞれに風呂に向かった。そして、私が先に出て、部屋で待っている間に、マッサージの彼に電話をした。すでに駐車場でスタンバイしているようで、いつでも呼んでくださいと言われた。私は、興奮してしまっていても立ってもいられなくなってきた。

すると、嫁が戻ってきた。
『気持ち良かったね。外から丸見えみたいだったけど』
少し恥ずかしそうに笑う嫁。確かに雄大な眺めだったけど、遠くから覗こうと思えば覗けそうだなと思ってしまった。

嫁は、濡れた髪に浴衣姿でとても色っぽく、見ているだけでドキドキしてしまった。少し垂れてきたとはいえ大きな胸は形も良く、浴衣をこんもりと盛り上げている。
「まだ食事まで時間あるね。どうする?」
『ゆっくりしてればいいんじゃないですか? 夕焼けがキレイだと思いますよ』
そう言って、お茶を入れてくれる嫁。私は、
「マッサージしてもらえば? 肩こってるでしょ?」
『えっ? そんなのいいですよ。二人でゆっくりしましょうよ』
そんな事を言う嫁。私は怯んでしまったが、今さら止める事も出来ない。私は、強引に話を進めた。嫁は、何となく私の意図を察したのかも知れないが、結局折れてくれた。

『マッサージなんて、初めてだわ。あなたはしてもらわないの?』
「そうだね。千里が終わったらしてもらおうかな?」
『そうですね。じゃあ、髪乾かしてきますね』
そう言って、部屋のお風呂の脱衣場に行く。そして、ドライヤーで頭を乾かし始めると、私はマッサージ師に電話をした。

嫁が頭を乾かし終わる頃、ドアがノックされた。私がドアのところに行き、ドアを開けて招き入れる。マッサージの彼は、健康的に日焼けした若い男性だった。白衣の腕のところがはち切れそうになっていて、逞しい腕だなと思う。顔はイケメンというよりは真面目そうな印象で、私は少し安心した。
「お邪魔します。今日はよろしくお願いします」
丁寧に挨拶をして部屋に入ってきた彼。嫁もこんにちはと挨拶をした。でも、はっきりとわかるくらいに緊張しているのがわかる。

考えてみれば、嫁は日頃男性と接する機会がほとんどないと思う。
『まだお若いんですね。なんか、もっとお年の方が来るかと思ってました』
嫁は、やっぱり緊張気味に言う。
「いえ、無理して若作りしてるだけですよ。奥様こそ、若々しくてビックリです。いつも、もっとお年を召した方が多いですから」
彼はそう言いながら布団にタオルを敷いたりして準備を始める。

「奥様は、どこがこってますか?」
『そうねぇ、やっぱり肩かしら?』
「そうですか。腰はどうですか? 太ももなんかはいかがですか?」
彼が質問する。
『あっ、腰はたまに痛いときあります。太ももは、この裏っ側が疲れやすいです』
嫁は、少し緊張が解けた様子だ。
「では、まずはうつぶせでお願いします」
『はい……。お願いします』
緊張気味の嫁。でも、言われるままにうつぶせに寝転がった。少し浴衣の裾がはだけ、太ももの結構上の方まで見えてしまう。私は、ドキッとしながらも何も言えない。

すると、彼がタオルを嫁の身体にかぶせていく。際どいところまで見えていた浴衣の裾も見えなくなり、私は少しホッとした。そして、施術が始まった。まずは、肩甲骨のあたりからさするような、押すような動きをする。嫁は押されると、
『んっ、んっ』
と、軽い吐息を漏らす。私は、それだけの事なのにドキドキしてしまった。

そして、そのままマッサージが続く。それは、本当にごく普通のマッサージで、嫁も気持ちよさそうだ。まだ、性的な気配はない。

肩を揉んだり、腕を揉んだりさすったりする彼。嫁は気持ちよさそうにしている。すると、彼が私の事をチラッと見た。私は、思わずうなずいてしまった。それがきっかけのように、彼は嫁のお尻の際どいところまでマッサージし始めた。

タオルの上からとはいえ、お尻のすぐ付け根の部分を揉まれている嫁。私は、急に部屋の空気がセクシャルなものに変ってしまった気がした。
『ん……んっ……ふぅ……』
嫁は、吐息を漏らす。まだ気持ちよさそうと言う感じではない。

「痛くないですか?」
『は、はい。平気です』
すると、彼は嫁の身体に掛かっているタオルを、ふくらはぎの部分だけめくった。そして、オイルような物を手に取り、ふくらはぎに塗り広げていく。
「くすぐったくないですか」
『は、はい。平気です。なんか、ポカポカしますね』
嫁は、少し戸惑った声で言う。そのオイルには、媚薬的な効果がある成分が入っているそうだ。媚薬なんて、本当にあるのかな? と思うけど、血行を良くして快感が増すという事なのかもしれないなと思った。

彼は、念入りにふくらはぎあたりを揉んでいく。嫁は吐息を漏らし続ける。気のせいか、少し吐息が色っぽくなってきた気がする。彼はもう少しタオルをめくり、膝のあたりまでオイルを塗って揉んでいく。私は、ドキドキしすぎて、いても立ってもいられないような気持ちになっていった。

嫁は、うつぶせになっているので表情は見えない。でも、漏れてくる吐息はさっきよりも色っぽくなっている。嫌がっているのなら、そんな風にはならないと思う。私は、彼のマッサージの巧みさに感心しながらも、いよいよ核心部分だなと思って見ていた。

彼の手は、タオルの中に入っていく。タオルをめくりあげる事なく、スッと中に入れてしまった。そして、嫁の内ももを揉み始める。嫁は、一瞬身を固くしたが、すぐに脱力したような感じに戻った。

私は、ここで打ち合わせを思い出し、慌てて寝たフリを始めた。
「ご主人様、お疲れのようですね。寝てしまいましたね」
彼の声が響く。私は、座椅子を枕に寝たフリを続ける。
『そ、そうですね。じゃあ、マッサージも終わりでいいです……』
「いえ、まだお時間きてませんので」
『あっ、ンッ、ん……』
そして、しばらく嫁の吐息だけが響き続ける。私は、そっと薄目を開けて様子をうかがう。すると、彼の手は、完全のタオルの中に差し込まれていて、ほとんどお尻のあたりをマッサージしているのがわかる。嫁は、内股になったり、モゾモゾしてりしてそれを受け続けている。私は、強い興奮を感じた。

『あっ、うぅ……ンッ、ンッ、くふぅ……』
嫁の吐息は、軽いあえぎ声のようになっている。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果4【寝取られブロマガ】

前回の話

嫁は、朝からご機嫌だった。いつもならば、息子が実家に遊びに行っている今日は、二人でお出かけをするのが定番だ。でも、今日は嫁はお客さんとデートに出かける。

私が軽い気持ちで言ってしまったことが、こんなことになるなんて想像もしていなかった。でも、こんな状況になっているのに、私は朝から激しい興奮に襲われていた。

嫁は、カールドライヤーで滅多にしない巻き髪にしている。それだけのことで、とても綺麗になったように感じてしまう。そして、久しぶりに穿いた短めのスカートからは、自慢の綺麗な脚が伸びている。とても33歳には見えないくらいに、今日の嫁は若々しくて美しい。でも、それが私の為ではないと思うと、嫉妬で胸が苦しくなる。

「綺麗だね。そんなスカート、久しぶりじゃない?」
私は、本当は泣いてすがって行かないでくれと言いたい気持ちを抑え、余裕があるフリをしてそう言った。
『だって、久しぶりのデートですから。でも、止めないんですか?』
嫁は、薄い笑みを浮かべながらそんな事を聞いてきた。私は、少し馬鹿にされたような気持ちになって気持ちが落ち込んでしまった。

『あなた、止めるどころか大きくなってますね』
そう言って、嫁は私のペニスをさするように触ってきた。ズボンの上からでも、気持ち良くて声が漏れてしまう。これから嫁が他の男とデートして寝取られるというシチュエーションが、私を異常なほど敏感にしているようだ。

「……気をつけて……」
私は、絞り出すようにそう言った。すると、嫁は私にキスをしてきた。舌が滑り込んできて、私の口内をかき混ぜていく。嫁は、本当にキスが上手になってしまったなと感じながら、私も夢中で舌を絡めていく。でも、嫁はすぐに私から離れてしまった。
『じゃあ、しっかりと撮影してきますね。楽しみにしてて下さい』
そう言って、嫁は出ていった。私は、落ち着かない気持ちでテレビを見たり本を読んだりした。でも、まったくと言っていいくらい頭に入ってこない。

イメージの中では、嫁が激しくセックスをしている姿ばかりが浮かんでしまう。そして、そんな状況なのに興奮してしまった私は、昨日も見た嫁が隠し撮りした動画を見始めてしまった。

池田さんというお客さんとの激しいプレイ……。でも、もしかしたら今日はもっと激しいセックスをするのかも知れない……。そう思うと、私は息苦しいほど嫉妬してしまい、そして興奮も大きくなってしまった。

私は少し迷ったが、嫁が池田さんに奉仕をする姿を見ながらオナニーを始めた。こんなものを見ながらオナニーをするなんて、我ながら狂っているなと思う。
画面の中では、ショーツを穿いたままバイブを入れている嫁が、可愛らしい声でオルガズムを迎えようとしている。スケスケのキャミソールからは、乳首もアンダーヘアもはっきりと見えてしまっている。

そして、昨日見たときよりも、二人はたくさんキスをしている感じがした。本当に、隙があればすぐに唇を重ねているような感じだ。二人とも、キスがしたくて仕方ないという気持ちが透けて見えるようだ。

私は、しごき始めたばかりなのに、もうイキそうになっていた。今頃、嫁は池田さんとデートをしている……。それなのに、私は一人寂しくオナニーをしている……。屈辱的とも言える状況なのに、私はただただ興奮の渦の中にいる。

そして、画面の中で嫁が池田さんに騎乗位で繋がってしまった瞬間、私はうめき声をあげながら射精していた。普通にセックスをするよりもはるかに気持ち良い射精に、私は不安を感じてしまった……。もう、戻れないのではないか? そんな気持ちだった。

そして、放心状態の私にメールが届いた。慌てて携帯を確認すると、嫁からだった。これからホテルに入りますというメッセージとともに、写真が添付されていた。
駐車場のような場所で、スカートをまくり上げている嫁。ショーツが不自然に盛り上がっていて、さっき見た動画のようにバイブが突き刺さっているのがわかる。
でも、さっきの動画とは違い、屋外でそんな事をしているのに驚いてしまった。いくら駐車場とはいえ、他の人の目があるはずだ。もっと言ってしまえば、監視カメラなどもあるはずだ。

私は、嫁のあられもない姿を見て、射精して柔らかくなったペニスが一気に固くなるのを感じていた。
私は、もっと写真が送られてこないかな? と、期待しながら、ただ待った。

そして2時間ほど経過した後、またメールが来た。私は、すぐに確認した。すると、それは秘部のアップの写真だった。その写真には、あるべきものが写っていない。完全にヘアを剃られてしまっている状態だ。もともと、ヘアは濃いめだった嫁だが、ファッションヘルスで働き始めてすぐに整えるようになった。でも、この写真の嫁の秘部は、子供のようにツルツル状態だった。

メッセージには、”剃られちゃいました”というメッセージが、ハートの絵文字とともに書かれていた。

私は、嫁が他の男の手によって変えられてしまったような気持ちになった。そして、嫉妬と興奮で息も苦しくなるほどだった。

その後、夕方まで待ったが、次のメールは送られてこなかった。私は、どんなことをしているのだろう? と、悪い想像ばかりが広がっていった。でも、嫁が昼前に出発して以来、私はほとんどずっと勃起したままだった……。

そして、23:00を過ぎた頃、やっと嫁は帰ってきた。帰ってきた嫁を見て、私は言葉を失ってしまった。嫁は、ショートカットになっていた。それだけではなく、出かけたときとはまるで違う服を着ていた。黒のミニスカートに、白のニット姿の嫁。一見、女子大生のように見える姿だ。

朝穿いていたスカートよりもはるかに短いそれは、多分前にかがめばすぐにパンツが見えてしまいそうな丈だ。そして白のニットは、胸元がかなりざっくりとしていて、胸の谷間がはっきりと見えるようなデザインだった。その上、ブラジャーをしていないのか、乳首がうっすらと浮き出ているような有様だ。

とても卑猥な姿をしている嫁……。私は、見ただけで痛いほど勃起してしまった。清楚というか、清純なイメージの格好が多い嫁が、まるでビッチのような格好をしている……。私は、セーターに乳首が浮いている姿が、こんなにも卑猥なものだとは知らなかった。

「ど、どうしたの? 服も髪も変ったよね?」
私が戸惑いながら聞くと、
『うん。池田さんが買ってくれたの。全部、池田さんの好みなんですよ』
と、嫁は嬉しそうに言う。
「そ、そうなんだ……。デートは、楽しかったの?」
私は、他の男の好みに変えられてしまった嫁を見て、嫉妬と敗北感で息が詰まりそうになりながらも、余裕があるフリをしてそう聞いた。
『はい。すごく楽しかったです。ビデオ観ますか?』
楽しそうに言ってくる嫁。まるで、違う人間になってしまったような感じがする。

私はそれでもうなずいて、見ると言った。すると、嫁は私の腕を掴んで引っ張っていく。そして寝室に入ると、デジタルビデオカメラをカバンから取り出して、テレビに接続した。私は、てっきりスマホで撮影する程度だと思っていた。まさか、ビデオカメラを持って行っているとは想像もしていなかった。

『じゃあ、再生しますね』
嫁はそう言ってビデオカメラを操作した。そして、私のすぐ横に座る。私は、どうしても胸の谷間と浮いた乳首を見てしまう。すると、テレビから音声が響き始めた。

「もっとめくってごらん。それじゃ、全然見えないよ」
池田さんの声がする。昨日の動画とは違い、命令口調で少しきびしい感じだ。画面には、どこかの路上でスカートをまくり上げている嫁が映っている。さっき送られてきた画像は、どこかの駐車場のような場所だった。でも、今は完全に屋外の画像だ。しかも、かなり離れた位置だけど、奥の方に人が何人か映り込んでいる。

嫁は、スカートを少ししかまくり上げていない。顔は真っ赤になっていて、恥ずかしくて仕方ないという仕草になっている。でも、池田さんの指示を受けて、スカートをもっとまくり上げ始めた。すると、なまめかしい太ももが姿を見せ、さらにスカートはまくれ上がっていく。

すると、不自然なショーツの膨らみが見えてくる。こんな歩道上で、バイブを入れたまま歩いている? 私は、驚いて隣の嫁を見てしまった。

『ふふ。外だと、あんなに気持ち良いんですね。歩いてるだけで、何回もイッちゃいました』
嫁は、そんなカミングアウトをする。

画面の中では、ショーツの中のバイブがうねっているのまで確認出来る。
「またイッたでしょ? 博子は淫乱だね」
池田さんがそんな事を言う。
『は、はい。博子は淫乱な牝奴隷です』
と、震える声で言う嫁。嫁の、こんなにもうわずった声は聞いたことがない。
「またイクのか? もう、5回もイッただろ? ド淫乱だな」
池田さんの冷たい声が響く。嫁は、顔を真っ赤にしてスカートをまくり上げたまま、体をビクッと震わせた。そして、徐々に前屈みというか、体を曲げるような姿勢になっていく。
『うぁ、も、もうダメェ』
嫁が、声を震わせながら言う。そして、声だけではなく体も小刻みに震えているような感じになっていく。

「ほら、ちゃんとこっち見て」
池田さんに言われて、顔を上げる嫁。口はだらしなく半開きになり、泣きそうにも見えるような顔になっている。本当に気持ち良くて仕方ないみたいだ。
『ダ、ダメッ、うぅっ、イクッ、クゥッ!』
嫁はそんな風にイキながら、腰をガクガク震わせた。そして、それだけではなく、蛇口でも開けたように秘部から潮を吹き始めてしまった。ショーツを透過して足元のアスファルトを濡らしていく大量の潮。私は、そもそも嫁が潮吹きする事すら知らなかった。

『あんなにいっぱい出ちゃったんだ……』
嫁は、独り言のように小さな声で言う。私は、潮吹きなんてするんだ? と聞いた。
『初めてです。お漏らししちゃったみたいで、恥ずかしかったです……』
嫁は、恥ずかしそうに言う。確かに、あんな歩道上で潮吹きさせられてしまったら、恥ずかしさは計り知れないと思う。
動画は、そこでいったん終わった。そしてすぐに次の映像が映し出される。それには、大人のおもちゃ屋さんでディルドを手に持った嫁が映っていた。動画は、さっきとは違い傾いたような感じで、位置も凄く低い気がする。

『これも撮ってたんだ……』
ボソッと言う嫁。撮られていることの自覚がなかったということは、隠し撮りのような撮影方法だったのだろうか?

それよりも、ディルドを持っている嫁の姿が強烈だった。スカートを完全にまくり上げてしまっていて、スカートのウェストの部分に差し込んでいる。お尻が丸見えの状態で、露出プレイにしてもやり過ぎな感じがする。

嫁の向こうには、他のカップルが映り込んでいて、お尻丸出しの嫁を見てひそひそと何か話しているような雰囲気がある。
「もっと太い方が良いんじゃないの?」
池田さんがそんな事を言う。
『は、はい。でも、これが一番太いみたいです』
嫁は、恥ずかしそうに言う。確かに、手に持っているディルドは、かなりの大きさに見える。日本人ではあり得ないサイズのようだ。

「お店の人に聞いてごらん」
『えっ? 聞くんですか?』
「ほら、はやく!」
せかされて、嫁はお尻丸出しのままレジの方に歩いて行く。後ろから隠し撮りする感じになり、お尻が完全に丸見えになっているのがわかる。そして、ショーツを穿いていないことも……。

『す、すみません。これよりも太いのはありませんか?』
嫁は、店員さんに向かって恥ずかしそうに聞く。すると、年配の店員さんは、
「お姉さん、もっと太いのが好きなの? ほら、そこの棚見てごらん。もっとえげつないのが並んでるから」
と、慣れた感じで接客をする。こんな風にお尻丸出しでも、まったく気になっていないようだ。こういうプレイをする人が、想像以上に多いということなのだろうか?

『あ、ありがとうございます』
嫁は慌てた感じでお礼を言い、店員さんが教えてくれた棚に移動する。そして、棚からディルドを握って池田さんに見せる。
『こんなに太いのがありました』
嫁が手に持ったディルドは、嫁の小さな手では指が回りきらないほどの太さだ。
「お、良いね。じゃあ、試してみようか」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果3【寝取られブロマガ】

前回の話

結局、私が寝取られ性癖に目覚めたこともあり、嫁の風俗店勤務はそのまま続けられることになった。嫁は、週に2〜3回、短い時間だけ勤務するようになっていった。

すぐに人気嬢になった嫁は、短い時間しか入らないのに月40〜50万稼ぐようになり、大きく家計の助けにもなった。でも、嫁は不思議なほど何も変わらなかった。私に対しての丁寧さもそのままだし、息子に対しても良き母親のままだった。掃除洗濯も手を抜かないし、稼いだお金も全部通帳に入れるような感じで、贅沢をする事もなかった。

ただ一つ、圧倒的に変ったのは、性戯の上手さだ。もともと、フェラチオが下手すぎることの当てつけで、ヘルスで練習したら? と言ったのがきっかけだったが、その目的は充分に果たし、いまではフェラチオだけでイカされてしまうまでになっていた。

そして、夜の生活の主従も完全に逆転してしまっていた。

『あなた、すっかりここが好きになっちゃいましたね』
私のアナルを舐めながら、嫁が楽しそうに言う。嫁は、私のアナルを舐めながら、ペニスを手でしごいてくれている。最初は、少し気持ち良いなという程度だったのに、いまでは気持ち良すぎてハマってしまっている状況だ。やっぱり、性感は訓練でどんどん増すのだなと思った。

「きょ、今日はどうだったの?」
私は、嫁の今日のヘルスでの事が聞きたくてしかたなく、つい聞いてしまった。
『今日は、池田さんが借り切ってくれました』
こともなげに言う嫁。4時間借り切ったと言うことは、いくら払ったのだろう? 6万とか7万は使ったはずだ。嫁は、ほぼ常連さんでシフトが回るようになったみたいだ。常連は、みんな長い時間で入ってくれるようだ。

嫁いわく、ヘルスに来る客の中には、かなり強烈なのが混じっているらしい。ヤバいというか、事件でも起こしそうなタイプだ。常連でシフトを廻すことが出来れば、そういう強烈な客とは顔を合わせなくてすむので、嫁としては凄く嬉しいらしい。

その池田さんというのは、常連の中でも一番の太客だそうだ。会社を経営していて、結婚はしていないらしい。歳は40代半ばくらいだそうだ。

私は、嫉妬を感じながら、
「今日も、素股したの?」
と聞いた。
『はい。2回もしちゃいました。それに、今日はオプションも注文してくれました』
嫁は、サラッと言う。入店直後は、オプションは全てバツだった嫁だが、今はアナルセックス以外は丸をつけているようだ。ローター、電マ、バイブ、飲精まで含まれている。それだけではなく、顔は隠してだけど、写真撮影もOKしているようだ。

「ど、どんな? どんなオプションつけられたの?」
私は、激しく興奮しながら聞いた。
『電マとバイブです』
少し恥ずかしそうに言う嫁。
「ごっくんは? してないの?」
私は、ついそんな事を聞いてしまった。初めは、嫁が他の男のザーメンを飲むなんて、正気の沙汰ではないと思っていた。貞操とかそう言うことの前に、病気が心配だった。でも、次第に飲精する嫁に、激しい興奮を感じるようになってしまった。そんな事もあって、ついそんなことを聞いてしまった。

『ふふ。すっかりヘンタイさんになっちゃいましたね。ごめんなさい。今日はごっくんしてないです』
嫁も、こんな風に飲精したことを詫びるのではなく、しなかったことを謝るようになっていた。

「あぁ、そう……よかった」
私は、気持ちと裏腹のことを言った。嫁は、私のアナルを舐めるのをやめ、SDカードを寝室のテレビに挿入した。今日は、息子は実家に泊まりに行っている。この生活が始まって以来、それとなく促して泊まりに行かせる事が増えていた。もちろん、嫁とのセックスを楽しむためだ。

「撮ってくれたの?」
私は、興奮に震える声で聞いた。
『もちろんですよ。だって、あなたの望みですから』
嫁はそう言って、リモコンで再生を開始した。すぐに映像が映し出される。少し上の方から撮り下ろす角度だ。いかにも隠し撮り映像という感じがする。

嫁は、透けたキャミソールみたいなものを身につけている。ショーツもブラも丸見えだ。ベッドにタオルを敷いたり、準備をする嫁。プラスチックの籠の中には、電マとバイブが入っているのが見える。

準備が終わり、ベッドに座る嫁。すると、自分で胸をまさぐり始めた。それだけではなく、ショーツの中に手を突っ込みまさぐり始める嫁。
『ンッ、ふぅ……ンッ、ンッ、あぁ……』
オナニーを始める嫁。私は、ビックリしてしまった。これからお客さんと性的な事を色々するのに、待ち時間にこんな風にオナニーをするなんて、理解出来なかった。すると、私の横で画面を見ている嫁が、
『待ちきれなくなっちゃったの。池田さんの予約が入ってるってわかったら、うずいちゃったの』
嫁はそんな説明をしてくる。画面の中では、どんどん動きを大きくしていく嫁が映っている。顔も、気持ちよさそうにとろけている。私は、初めて見る嫁のオナニー姿に激しく興奮してしまった。

画面の中の嫁は、籠の中からバイブを取り出す。そして、ショーツをズラして一気に挿入してしまった。
『んっふぅっ、うぅあぁ』
画面の中で、嫁が強くあえぐ。そのままオナニーを続けるかな? と思っていると、嫁はズラしたショーツを戻し、バイブをショーツで押さえるような状態にした。いわゆる固定バイブ状態だ。そして、そのままバイブのスイッチを入れた。

ショーツの部分に、不自然に飛び出た突起。それが、ウィンウィンと動いているのがわかる。それほど激しい動きではないが、嫁の膣中をバイブがかき混ぜているのがわかる。
『うぅあぁ、ひぃうぅ』
嫁は、気持ちよさそうな声をあげる。すると、備え付けのインターホンが鳴った。嫁は受話器を取り、一言二言話す。声がうわずるのを必死で抑えている感じだ。

そして、受話器を置くと嫁は立ち上がった。立ち上がると、不自然な股間の盛り上がりは見えなくなる。一見、普通の姿だ。しばらくすると、ドアがノックされ、そして扉が開いた。すぐに入ってくる男性客。私もすでに見慣れてしまった池田さんだ。

池田さんは、パッと見、優しい学校の先生みたいな見た目だ。中肉中背を絵に描いたような感じで、とくにイケメンと言うことはない。でも、嫁の一番のお気に入りの常連さんだ。

『いらっしゃいませ。池田さん、待ってましたよ〜』
嫁が、媚びた声で挨拶をする。私は、これだけでもう泣きそうな気持ちになる。他の男に対して、媚びを売る嫁……。嫉妬や焦りが息が詰まりそうになる。
「あれ? 博子ちゃん、なんか動いてるよ」
池田さんがからかうような口調で言う。こんな短時間のやりとりでも、2人の親密さがよくわかる。嫁は、キャミソールの裾を持ち上げ、不自然に盛り上がったショーツを誇示する。
『池田さんが来るってわかって、我慢出来なくなっちゃったの』
可愛らしい声で言う嫁。まるで、少女のような仕草で、私に見せる顔とはまったく違う顔だ。

「博子はワルい子だね」
『はい。ワルい子に、お仕置きしてください』
嫁はうわずった声で言う。すると、池田さんはキスをした。嫁も、待っていたとばかりに彼に抱きつき舌を絡めていく。
普通は、歯磨きやうがいをした後でしかキスはしないようだ。でも、池田さんとは動画を見る限り、毎回こんな風にいきなりキスをしている。

池田さんは、嫁と濃厚なキスをしながら、ショーツごとバイブを掴んだ。そして、そのまま出し入れするように動かしていく。
『うぁうっ、あっ、ダメぇ、もうイッちゃう、イッちゃいますぅ』
嫁は、すぐにとろけきった声で言う。すると、池田さんはバイブを動かすのをやめた。
「まだダメだよ。ほら、四つん這いになってごらん」
と、クールに指示をする彼。優しい見た目とはギャップのあるSっぷりだ。嫁は、すぐに四つん這いになりキャミソールをまくり上げるようにする。すると、不自然に突き出たショーツの膨らみが、うねるように動いているのがよくわかる。

池田さんは、ショーツの上からバイブのダイヤルを動かし、動きを強くしたようだ。まるで、ドリルのように嫁のショーツの中でうねるバイブ。
『うぁうっ! あっ、あぁっ! えぐれるぅ、おまんこえぐれてますぅ』
嫁は、はしたない言葉を言いながらあえぎ続ける。それは、ビジュアル的にとんでもなく卑猥なものだった。ショーツの中のバイブが、うねり暴れるのがはっきりとわかる。嫁は、四つん這いで腰を高く上げたまま、ベッドに顔を押し当てるようにしてあえぎ続けている。

ビクンっ、ビクッ! と、時折身体を震わせながら、くぐもったあえぎ声を漏らし続ける嫁。池田さんは、その姿を見ながら服を脱ぎ始めていた。あっという間にパンツ一枚になった彼。パンツからは亀頭部分がはみ出てしまっている。立派なペニス……これで、何人の女性を狂わせてきたのだろう? 私は、嫉妬と劣等感で胸がギリギリとする。

『ダメぇ、イッちゃうっ、もうダメッ、イクッ、バイブでイッちゃう、ヒィアあぁぁっっ!! イクッ! イグぅっ!』
嫁は、身体を痙攣させるように震わせながら果てた。そして、ベッドに突っ伏すように体を預ける。でも、お尻だけは突き出すように高く上げたままだ。そこに刺さったバイブは、まだドリルのように嫁の膣中をかき混ぜていた。

嫁は、言葉にならないうめき声のようなものをあげながら、身体を震わせ続ける。嫁の足の指が、ギュッと曲げられたり、思いきり拡げられたりするのまで映っている。強すぎる快感を味わっているような感じだ。すると、池田さんはバイブを止めて、ショーツを脱がせながらバイブを抜いた。

ちょうどカメラの角度が合い、嫁の膣口がはっきりと映った。ぐしょぐしょに濡れて光っていて、少し膣も開いたような感じになっている。そこから覗く嫁の胎内は、ピンク色でうねっているような感じだった。

「イキなりイッちゃったねぇ」
池田さんは満足げに言う。彼は自分がイクよりも、嫁を徹底的にイカせるのが好みのようだ。
『はい、イッちゃいました。今度は、私の番ですね』
そう言って、嫁が池田さんをベッドに寝かせる。そして、覆いかぶさるようにしてキスをした。それは、仕事でしかたなくしているキスにはとても見えない。キスしたくてしかたない……という感じだ。

『好き……。会いたかった』
そんな事を言いながらキスを続ける嫁。営業の一環で言っている感じではなく、本気で惚れた相手に言っているような口調だ。
「僕もだよ。博子、好きだ」
そんな風に、好きと何度も言いながらキスをする2人。すると、嫁が池田さんとキスをしたまま身体をブルッと震わせた。
『イッちゃった。池田さんとキスすると、子宮がキュンってするの』
甘く媚びた声で言う嫁。私は、泣きそうだった。でも、嫁にいきなりペニスを掴まれ、
『イッちゃいそう。あなた、興奮しすぎですよ』
と言われた。私は、羞恥に顔を赤くしながらも、握られた刺激で射精寸前だった。


「ねぇ、今度貸しきるから、外で会わない? 博子と普通に食事とかしたいな」
池田さんは店外デートに誘う。風俗店では、店外デートに誘うのは御法度だそうだ。

『そんなのダメです。貸し切りで外で会うなんて、出来ないです』
嫁は、きっぱりと断ってくれた。私は、ホッとした。
「そっか、ごめんね。変なこと言って」
池田さんは、断られてもムッとした様子もなく謝る。
『貸し切りでデートなんて、寂しいよ。お金なんていいから、普通にデートして欲しいなぁ……』
と、モジモジとしたように言う嫁。私は、ホッとしたのもつかの間、地獄に叩き落とされてしまった。

「ホントに? 嬉しいな! じゃあ、いつにする?」
『明日はどうですか? 息子も実家に行ってるから、午後からずっといいですよ』
「じゃあ、お昼食べようよ!」
『お昼だけですか? 夕ご飯も一緒に食べましょうよ〜』
嫁はそう言って、彼にキスをした。画面の中で、むさぼるようにキスを続ける2人。


『そういうことですから、明日デートしてきますね。食事はレンジするだけにしときますから』
嫁は、そんなとんでもないことを言う。でも、私はその言葉を聞いて少し精液を漏らしてしまった。しごかれているわけでもないのに、軽く射精した自分に驚いていると、
『ふふ。白いの出てますよ。本当にヘンタイさんですね』
と、嫁が優しく微笑みながら言う。私は、射精したくて仕方ない気持になっていた。そして、しごいてくれとお願いしたが、
『まだダメですよ。動画、まだ始まったばかりですもの』
と言って、私のペニスから手を離してしまった。そして、その離した手で私の乳首を優しく撫でる嫁。短期間で、すっかりと性戯を身につけてしまったようだ。私は、乳首ですら声が出るほど気持ち良かった。


画面の中で、嫁が池田さんのパンツを脱がせ始めた。パンツを降ろすと、勢いよく立ち上がるペニス。同じ男なのに、どうしてこんなに違うのだろう? そう思わずにはいられないほどの、サイズと形状の違いある。軽く反って、カリ首も大きく張り出したペニス……。それは、オーラすら感じるフォルムだった。

『本当に素敵ですね。最近、いつもこのおチンポのこと考えてるんですよ』
そう言って、カリ首を舐め始める嫁。愛おしそうに舐めるその顔は、恋する乙女のそれだ。
「旦那さんといるときも?」
『もちろんです。主人とエッチしてるときも、池田さんのおチンポをイメージしてるんですよ。その方が、気持ち良くなるし』
池田さんのペニスを舐めながら、嫁がそんな事を言う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた完【ブロマガ】

前回の話

『……また柔らかくなったな』
美里が、悲しそうな声で言う。私は、美里の膣から抜け出てしまったペニスを見ながら、
「ゴメン……。本当にゴメン」
と謝ることしか出来なかった。最近、子作りをしようと決め、避妊具無しでセックスをするようになったのに、いつも途中で私が中折れしてしまって最後までする事が出来ないでいた。

『ハァ……。ちょっと待ってろよ』

美里はイラッとした口調で言いながら、私のペニスを口に含んでくれた。そして、舌が絡みついてきて強烈なバキュームも始まる。すごく気持ち良いが、ペニスはさらに柔らかくなってしまう。
『ハァ……。アイツのチンポは、すぐにガチガチになったのに……。アンタのは小さくクセに全然大きくならないんだな』
美里は、小馬鹿にするように言う。
『アイツのは、ぶっとくて固くて、アンタのじゃ届かないところまで届いてたよ』
美里は、イヤらしく手コキしながらそんな事を言う。すると、私のペニスが一気に固さを増していく。
『おっ、カチカチになってきた。ホント、ド変態だな』
美里はそう言って、私にまたがってきた。すぐに私のペニスを根元まで挿入すると、いきなり強く腰を振り始めた。
『あっ、あっ、康太、気持ち良いっ。赤ちゃん欲しいっ! イッてっ! 康太、イッてっ!』
美里は、すぐに気持ちよさそうな声であえぎだし、そんな事を言ってくれた。私は、一気に快感が高まり、美里のことを愛しているという気持ちでいっぱいになった。

『あっ、あぁっ! 康太、あいしてるっ!』
美里はそんな風に言いながら腰を振り続けるが、私はどうしても悠斗としてるときの美里を思い出してしまう。いま、私としているときとはまったく違うリアクション……。そんな劣等感を感じた途端、私のペニスは一気に固さを失っていく。
『ハァ……』
美里は落ち込んだ顔でため息をつくと、柔らかくなった私のペニスを膣から抜き、寝室から出て行ってしまった。私は、どうして勃起が持続出来ないんだろう? そんな申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら、パジャマを着た。

美里はしばらくして戻ってくると、とくに何かを言うわけでもなく、いつも通りの美里に戻っていた。
『そんな顔するなって。そのうち直るって。さあ、寝るぞ!』
美里はそう言って部屋の電気を消した。そして、私に抱きついた状態で寝始めた美里。ビックリするほど早く寝息がひびき始める。私は、申し訳ないなと思いながら、美里を抱きしめて寝始めた。

真夜中にふと目が覚めると、美里がベッドの端っこでモゾモゾ動きながら、
『ンッ、フゥ……ン、ンッ、あ、フゥ……』
と、かすかな吐息を漏らしているのを聞いてしまった。妻を満足させられず、夜中にオナニーをさせる私……。情けなくて涙が出そうだった。


「先輩! 美里ちゃん元気っすか? 俺に会いたがってません?」
会社で、いつもの脳天気な声で悠斗が話しかけてくる。憎めないキャラクターだ。でも、私の中折れの原因はほとんど彼の巨根のせいだ。圧倒的な違いを見せられ、そして、美里の心まで奪われるんじゃないかという危機感にさらされ、私のペニスは言うことを聞かなくなったのだと思う。
「……遊びに来るか?」
私は、思い詰めた口調で言った。あのラブホテルでのコスプレプレイ以来、1か月以上悠斗と美里は会っていない。私がビビってしまったのが原因だ。これ以上二人を近づけたら、私は捨てられる……。そんな危機感で、何も出来なくなってしまった。

「えっ!? いいんすか!」
悠斗は、全力で喜んでくれる。色々と思うところはあるが、それでも美里と会うのをこんなにも喜んでくれるのは、嬉しい気持ちもある。
「あぁ、今日来るか?」
私は、明日が休みということもあり、そんな提案をした。悠斗は、もちろんOKですと言って約束が決まった。

私は、一人になると美里に電話をした。
『もしもし? どうしたの?』
少し心配そうな声で美里が電話に出た。あまり仕事中に電話をする事がないので、何事だろう? と思ったのだと思う。私が、悠斗が遊びに来ることを説明すると、
『えっ? 今日?』
と、驚いたような声で言う美里。私が、急でゴメンねと言うと、
『わかったよ。適当に夕ご飯作っとく』
と、美里は感情のわかりづらい声で言った。喜ぶでもなく、迷惑するでもなく、どちらかというと戸惑ったような声。私は、今晩どんな展開になってしまうのだろう? と、不安と興奮でいっぱいだった。

そして、金曜日の割には比較的仕事も早く片付き、浮かれる悠斗と我が家を目指した。金曜のごった返した街中を歩きながら、
「美里ちゃん、寂しがってませんでした?」
と、悠斗は浮かれた様子で言う。本当に嬉しそうだ。
「そんなに美里のこと気に入ってるのか?」
私がそんな質問をすると、
「はい! マジで惚れてるっす!」
と、臆面もなく言う悠斗。私は、ある意味で羨ましいなと思った。裏表のない正直な男……しかも巨根。

「先輩は、なんで寝取られ性癖なんすか? なんか、トラウマでもあるんすか?」
悠斗は、およそ社会人とは思えないような言葉づかいで話し続ける。私は、適当に話をごまかしながら歩き続けた。私は、自分が寝取られ性癖とは思っていない。でも、悠斗の巨根に狂う美里を見て、手も触れずに射精してしまった。どう考えても、寝取られ性癖なのだと思うが、認めたくない自分がいる。
居酒屋なんかの前で楽しそうに集うサラリーマンの集団を見ながら、私は、いったい何をしているのだろう? と、切ない気持ちになってしまった。

家に着くと、
「美里ちゃ〜ん! 会いにきたっす!」
と、元気よく言う悠斗。
『久しぶり。元気だった?』
美里は、苦笑いでそんな事を言う。前よりも、悠斗への態度が柔らかくなったような気がする。
「美里ちゃんが会ってくれないから、落ち込んでたっす」
『はいはい。ほら、飯出来てるぞ。早く上がれよ』
美里は、相変わらずの荒い口調で悠斗に言う。悠斗は、犬のように嬉しそうに家に上がった。見えない尻尾が、ブンブンと揺れているような感じだ。

「美味そうっすね! いただきま〜す!」
悠斗はそう言うと、すぐに食事を始めた。見ていて気持ち良いくらいの食べっぷりだ。
『アンタは、美味そうに食べるねぇ』
美里は、目を細めて嬉しそうに言う。まるで、弟なんかを見る姉のような感じだ。
「マジで美味いっすから!」
悠斗も姉や母親を見るような目だ。そして、楽しい食事が始まる。美里は、今日はホットパンツにノースリーブのシャツを着ている。こんな露出の高い格好をするのは久しぶりだ。前は、無警戒にノーブラだったりした美里だったけど、最近は割とおとなしい格好ばかりだった。

今日は、シャツに乳首が浮いているのもはっきりわかるし、太ももがとにかくエロい感じだ。悠斗は、チラチラというレベルを超えて、見ているのをアピールしているかのように美里の胸を太ももを見ている。

『ちょっとは見てないフリくらいしろよ。堂々と見すぎだろ?』
美里は、笑いながら言う。
「いまさらっすか?」
『それもそうか』
2人は、親しげに話し続ける。私は、何となく取り残された感じになって寂しいなと思ってしまうが、驚くほど勃起していた。2人にバレないように気をつけながら、やっぱり私は寝取られ性癖なんだなとあらためて自覚した。

私は悠斗に、
「いま、子作りしてるんだよ」
と、唐突に言った。
「えっ? マジですか? やっと本気になったんすか?」
と、少し戸惑った顔で答える彼。
『まぁ、失敗ばっかりなんだけどな』
美里が、ニヤニヤしながら言う。

「失敗?」
不思議そうな顔で言う悠斗。
『途中でふにゃチンになるんだよ』
美里が笑いながら言う。私は、申し訳ない気持ちになりながらも、
「だから、手伝ってもらえないかな?」
と言った。

「そういう事っすか。了解っす!」
悠斗は、彼なりに察してそう答えた。
『ホント、康太はド変態だから苦労するよ。じゃあ、さっそく始めるか』
美里はそんな事を言うと、悠斗の前に移動した。そして、椅子に座る悠斗に対して、いきなりキスをした。舌を突っ込み、かき混ぜるようなキスをすると、悠斗も美里のことを抱きしめて舌を絡め始めた。

濃厚なキスを始める2人。私は、生唾を飲み込んで2人のキスを凝視していた。美里は、悠斗にキスをしながら手を彼の股間に伸ばしていく。そして、ズボンの上から彼のモノをまさぐり始める。
『なんでもうギンギンなんだよ』
あきれたように言う美里。
「好きな人とキスしたらこうなりますって」
悠斗はそんな風に答える。
『はいはい。ほら、ズボン脱げよ』
美里に指示されて、素直にズボンを脱ぐ悠斗。すると、トランクスの上の方から、悠斗のペニスがはみ出てしまっている。

『相変わらず、無駄にデケーな』
美里は、汚い言葉づかいで言う。でも、美里がこんなしゃべり方をするときは、照れているときや恥ずかしいときがほとんどだ。
「またまた〜。デッカいの好きなくせに」
悠斗も、負けずに言う。美里は鼻で笑うと、悠斗のパンツも脱がせてしまった。ブルンと揺れながら姿を現わす悠斗のペニス。相変わらずのタワーマンションだ。

『なんでこんなになってるんだよ。溜まってるのか?』
美里は、あきれたように言う。確かに、悠斗のペニスの先っぽは、溢れ出た我慢汁で濡れてしまっている。
「だって、一ヶ月以上放置されたっすから」
『えっ? 一ヶ月、出してないの?』
美里は、目を丸くして驚いている。
「もちろんっす。だって、呼ばれたとき立ちが悪かったら、申し訳ないっすもん」
『AV男優かよ。でも、なんか嬉しいよ』
美里は珍しくそんな事を言うと、悠斗のペニスを口に頬張った。一気に喉の奥の方までくわえ込む美里。どう見ても、喉の奥に当っているような状態だ。
美里は、そのまま頭を激しく前後に振る。グチョグチョという音が響く中、私は最近なかったくらいに固く勃起していた。
「すっげ、なんか、がっついてるっすね」
悠斗は、そんな事を言う。でも、確かに美里の行動は、発情した牝のようだ。

『ヤバいな……。こんなに太かったっけ?』
美里は、そんな言葉を漏らしながらフェラチオを続けていく。丁寧に竿の部分や睾丸まで舐めたり、口に含んで頬の内側で亀頭をこすったりしている。美里の頬が内側から膨らむのを見るのは、正直凄く興奮する。あんな風に大きく膨らむ頬。私の粗末なサイズでは、少し膨らむ程度のはずだ。

「美味しそうに舐めるっすね」
悠斗は、時折美里の頭を優しく撫でながらそんな言葉をかける。
『まぁ、美味くはないけど、変な気持ちにはなるかな? うずくよ』
美里は、珍しく照れた顔で言う。私は、そんな乙女っぽい顔を見せる美里に、ドキドキしてしまった。悠斗へ心を許すようになってしまったのは、もう結構前からだと思う。でも、こんな何気ない仕草を見て、私は気持ちが大きく揺さぶられた。

「欲しかったんじゃないっすか? 一ヶ月以上も、よく我慢出来たっすね」
悠斗は、余裕の顔で言う。自分のペニスに、絶対的な自信を持っているようだ。
『浩介がしてくれたからな。でも、毎回途中でダメになるけど』
美里は、私に向かって言う。私は口の中でもごもごと謝ると、少しうつむいてしまった。


「やっぱり上手いっすね。あぁ、気持ち良い」
悠斗は、本当に気持ちよさそうな声をあげる。私は、そっと顔を上げると、美里が一生懸命にフェラチオしているのが見えた。本当に、心を込めて一生懸命という感じでフェラチオをする美里。私は、半分EDになっているのがウソのように、破裂しそうに勃起していた。

『んぅふぅ♡ コラ、ホント手癖悪いんだから』
美里が、妙に甘えた声で言う。悠斗は、美里にフェラされたまま、シャツに浮き出た彼女の乳首を弄んでいた。
「美里ちゃん、カッチカチじゃん。触って欲しかったんでしょ〜」
悠斗はからかうように言う。以前の美里なら、そんな事を言われたらキレていたと思うが、
『わかってるなら、ちゃんと触れよ』
と言った。悠斗は、
「了解っす!」
と言うと、美里のシャツを脱がせた。美里も、腕を上げて悠斗が脱がせやすいようにする。

あっという間に上半身裸になった美里。Cカップ程度だが、形の良い胸があらわになる。悠斗といるときは、美里が陥没乳首なのを忘れてしまう。
悠斗は、すぐに美里の乳首を舐め始める。
『エロい舐め方……。ンッ、ン、フゥ……気持ちいいよ』
美里は、本当に気持ちよさそうな顔だ。悠斗は舌と指を駆使して、美里の乳首を責め続ける。私は、自分の妻が他の男の手で甘い声を漏らしているのに、射精しそうなくらいの強い興奮と快感を感じていた。

『ホント、アンタはド変態だな。なにギンギンにさせてるんだよ』
美里が、悠斗に乳首を責められながら言う。私はドキッとしてしまったが、もう隠すのを諦めた。
『ほら、おいで……』
美里に呼ばれ、すぐに2人のそばに近づく私。まるで、子犬にでもなった気分だ。

悠斗は、私が近づいても美里の胸を舐め続けていて、美里も気持ちよさそうな声で吐息を漏らし続ける。
『ほら、脱いで見せてみろって』
美里は、気持ちよさそうな顔のまま私に指示をする。私は、言われるままに下半身裸になる。
『こうやって比べると、圧倒的だな。悠斗のって、ホントデカいんだな。圧倒的じゃないか、我が軍は』
美里はふざけたような口調で言う。でも、私は充分にショックを受けていた。ストレートに比較され、小さいと言われているようなものだからだ。

美里は、無造作に私のペニスを掴む。ギュッと握るような強さだ。
『太さが全然違うんだな……。なんか、世の中不公平だな』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果2【寝取られブロマガ】

前回の話

私は、自分でも最近にないほどにペニスを固くさせたまま、嫁の話を聞いていた。
『次のお客さんは、店長さんの知り合いの人でした。しっかりとお口での仕方を教わりました』
嫁は、妖艶な顔で私に微笑みながら言う。
「どんな風に?」
私は、ゴクッと生唾を飲み込んでから聞いた。すると、嫁はニコッと笑った後、私のペニスをおもむろにくわえ始めた。それは、けして上手とは言えないが、いままでの下手くそすぎるフェラチオとはまったく違うものだった。

歯が当たらないこともそうだし、カリ首の舐め方がまったく違う。これならば、気持ち良いと思える。すると、嫁はいったんペニスを口から出し、私の竿を根元から舐め上げるような動きをする。それだけではなく、睾丸まで舐めたり、口に含んだりもする。
私は気持ち良いと思いながらも、嫁がこんなことを他の男にしてきたかと思うと、貧血になったようにクラッとしてしまう。

『どうですか? ちょっとは上手くなってますか?』
嫁は、さんざん私の睾丸を舐めた後、そんな質問をしてきた。私は、どぎまぎしながら上手になったと答えた。
「こんなことまでしたの?」
『こんなことまでって?』
「その……。玉まで舐めたり……」
『はい。基本プレイに入ってますから』
嫁は、にこやかな顔で言う。私は、正直よくわからなくなってきた。嫁は、変なことを言い出した私への当てつけでしているのか、それとも、本当に風俗業に興味を持ってしまったのか……。

言葉を失った私に、
『まだこれからですよ。お店のウリはこれですから』
と言って、私の足を掴んで拡げるようにした。私は、慌てて足を閉じようとしたが、先に彼女の舌が私のアナルを舐め始めた。
「ダ、ダメだって! そんなの汚いし、恥ずかしいって!」
慌てる私に、嫁は冷静に舐め続けた。
『気持ち良いですか? 男の人って、こんなところも感じるんですね』
嫁は楽しそうに言いながら、私のアナルを舐め続ける。私は、初めての感覚に驚いていた。カリ首を舐められたりするような、強い快感は感じない。でも、ペニスで感じるのとは違う種類の快感を感じるのは確かだ。

嫁は、私のアナルを舐めながら、ペニスを手でしごき続けてくれる。それは、ぎこちなさが目立ち上手とは言えないのだろうが、本当に気持ち良いものだった。私は、我慢出来ずに嫁に覆いかぶさろうとした。でも、さっきと同じように、
『本番はダメですよ。ちゃんとお口でしますから』
と、イタズラっぽい笑みを浮かべて言う嫁。
「そ、そんな……」
『それに、続きは聞かないんですか? 最後の一人は、まだ若い子でしたよ』
嫁は、楽しそうなままそんな事を言う。私は、結局弱々しくうなずきながら、続きを聞かせてくれとお願いした。

『最後の一人は、まだ学生さんだったんですよ。ヘルスは初めてだって言ってました』
私は、ペニスを勃起させたままそれを聞いていた。
『でも、凄くイケメンくんで、女性経験は豊富そうでした』
嫁はそんな事を言いながら、私のペニスを手でなぶり続ける。私は、射精まではいかないもどかしいような快感を味わいながら、嫁の体験談を聞き続けていた。

学生ということは、大学生とかだろうか? それなら、息子とたいして年が変らないのではないか? そんな事を考えてしまう。

「どんな風にしたの?」
私が質問をすると、嫁は少し頬を赤くして話し始めた。
『私からキスしちゃいました。本当に綺麗な顔してたから、ちょっとはしゃいじゃいました』
嫁は、まるで少女がはにかんでいるような仕草で言う。私は、一回り以上も年下の男の子相手にはにかんでいる嫁を見て、心がざわついてしまった。さっきまでの話は、まだ相手はただの客だと思うことが出来た。でも、いまの嫁は、まるでお気に入りのアイドルの話でもしているような感じだ。
『そしたら、すぐに舌が絡みついてきて、とっても上手なキスされちゃいました』
嫁は、頬を赤くしている。他の男とのキスを思い出し、頬を染める嫁。私は、嫉妬のような感情を感じていた。

『キスだけで、頭が真っ白になるくらい感じちゃいました。あなた、ごめんなさい』
「……それから?」
『私が責めようとしたら、ボクが責めるって言って、立ったままアソコを舐められちゃいました』
嫁の告白は続く。
『私、オプションのセーラー服着せられてたから、自分でスカートの裾持ち上げて、パンツを膝まで降ろされて舐められました……。いい歳してあんな格好させられて、顔から火が出そうでした……』
私は、恥ずかしそうにしている嫁を見て、心拍数が急上昇した。

もう、30半ば近い嫁が、セーラー服を着せられて自らスカートを持ち上げている……。その光景を想像しただけで、私は射精しそうな感覚になってしまった。
『あら? 出ちゃいそうですか? カチカチ』
嫁は妖艶な笑みのまま、私の目を真っ直ぐに見つめてくる。射すくめられたようになった私は、
「それからどうなったの?」
と、聞いてしまった。
『あなた、そんなに興奮しちゃって、まるでヘンタイさんみたいですね』
嫁はそんな事を言いながらも、絶え間なく私のペニスを手で刺激し続ける。私は、つい謝ってしまった。
『セーラー服のまま、四つん這いにされちゃいました。それで、素股をしました』
私は、若い男の子にオモチャにされている嫁を想像して、イヤな汗が出てくるのを感じた。
「素股って? どんなことするの?」
私は、イメージが湧かないので質問してみた。
『お股でおちんちんはさんだり、アソコでこすったりすることです。店長さんは、疑似本番って言ってました』
嫁は、そんな説明をしてくれた。でも、説明を聞いて私は驚いてしまった。性器に性器をこすりつける? 風俗店には行ったことがなかったので、まさかそんな事までしているとは想像もしていなかった。
間違えて入ってしまうことはないのか? 性病なんかのリスクはないのか? そんな心配をしてしまう。

言葉が出ずに固まっている私に、
『試してみますか?』
と、嫁が聞いてきた。私は、すぐにうなずいてうんと返事をした。

すると、嫁は服も下着も全部脱ぎ、私の方にお尻を向けて四つん這いになった。こんなに明るい中で、全裸で四つん這いになっている嫁。いつもの貞淑な彼女からは想像も出来ない行動だ。たった一日の出勤が、嫁の羞恥心を奪い取ってしまったようだ。
『どうぞ……。そのままここに』
嫁はそう言って股から手を伸ばして手の平を拡げる。私は、導かれるままにそこにペニスを乗せた。すると、嫁は私のペニスを導いてアソコに挟むように擦る。それは、確かに挿入にはなっていないが、陰唇にペニスが挟まれるような状態になった。ほとんど入れているのと変らないような状況に思える。

嫁は、私のペニスを手の平で包み込むようにしながら、
『どうぞ。動かして良いですよ』
と言った。私は、勝手がわからなかったが、普通のセックスのように腰を動かしてみた。
『あっ、フゥ、あなた、こすれてます……うっ、あっ、あっくぅ』
嫁は、私が想像するよりもかなり気持ちよさそうな感じで声を漏らす。嫁は、私のペニスを包み込んだままあえぎ続ける。

私は、腰を振りながら何度も嫁のアソコを確認してしまった。まるで、入っているような感覚だったからだ。でも、それは陰唇に挟まれ、なおかつ嫁の手の平がオナニーホールのような役割を果たしているからだと気がついた。

『あ、あなた、気持ち良いですか? 私、感じちゃってます』
嫁は、少し苦しげな顔で言う。申し訳なさそうな感じに見える。
「お、お客さんとしたときも、感じたの?」
私は、腰を振りながら質問した。
『ご、ごめんなさい、感じちゃいました。だってぇ、入ってるみたいだったからぁ』
嫁は、申し訳なさそうな顔で言う。私は、そんな嫁の顔を見て、なぜか強烈な嫉妬心を感じてしまった。見ず知らずの初対面の男と、性器と性器を触れ合わせてしまった嫁……。
私は、激しく腰を振ってしまった。ヌチョヌチョという音が響き、嫁のアソコが驚くほど濡れていることに気がつく。
『あっ、あっ、あなたっ、気持ち良いっ! 気持ちいいですぅっ!』
嫁は気持ちよさそうにあえぎ続ける。

私は、ほとんどセックス状態だなと思いながらも、やはり入れていない事へのもどかしさも感じてしまった。私は、もどかしさを感じながら腰を振る。嫁もあえぎ続けるし、私もどんどん快感が高まっていく。すると、ヌルッと亀頭部分が軟らかい肉に包み込まれた。私は、あれだけ入れたいと思っていたクセに、いざ入ってしまうと慌てて抜いて、
「ご、ごめん」
と、謝ってしまった。自分の嫁に挿入して謝るなんて、おかしな話だなと思いながらも、自然とそうなった。
『私こそごめんなさい。やっぱり慣れてないから、すぐこうなっちゃうのよね……』
嫁は、反省した様子で言う。私は、一気に脇に汗が噴き出してしまった。
「お、お客さんともこうなったの!?」
『はい。3回くらい失敗しちゃいました』
嫁は、申し訳なさそうな顔で言うが、罪悪感を感じているようではなかった。

「入っちゃったの?」
『事故って言うんですって』
楽しそうに言う嫁。事故だろうがなんだろうが、他の男のペニスが入ってしまったことには変わりない。私は、激しい嫉妬と怒りを感じた。
「そんなのダメでしょ! なんで入れちゃうの? コンドームは?」
私は、少し強い口調でまくし立てる。
『ごめんなさい。素股だから、コンドームなんてしてないですよ。だって、普通は入れることはないですから』
「でも……入ったんでしょ?」
『わざとじゃないですし』
「……気持ち良かったの? したくならなかったの?」
私は、嫁の冷静な態度に、妙に弱々しい態度になってしまった。

『……奥まで欲しいなって……思いました』
嫁は、そんな事を言った。
「まさか、してないよね? 奥までなんて、入れてないよね?」
私は、泣きそうな気持ちで聞いた。
『もちろんですよ。本番なんてしちゃったら、怒られちゃいますから』
それを聞いた私は、ホッとして腰が抜けてしまったような感じになった。

『素股、まだ続けますか?』
「普通に入れちゃダメ?」
『しかたないですね。お客さん、特別ですよ』
嫁は茶目っ気たっぷりにそう言ってソファに寝転がった。私は、すぐに彼女に覆いかぶさって生のペニスを挿入した。
『あっ、あなた、奥まで入ってる』
嫁は、気持ちよさそうに言う。コンドーム無しでセックスは、やっぱり圧倒的に気持ち良い。

私は、身体を起こし気味にして腰を振った。密着していないので、嫁の身体がよく見える。Dカップの胸がユサユサ揺れ、整えられたヘアがよく見える。見ず知らずの男に整えられてしまったヘア……。私は、嫉妬で息が詰まりそうだ。そして、やっぱり脚がキレイだなと思った。この官能的な身体は、私だけのものだったはずだ。それが、今日だけで3人の男達にさらし、弄ばれてしまった。

バカなことを言わなければ良かった……。そんな後悔で胸がいっぱいになるが、同時に興奮している自分もいた。言ってみれば、寝取られているような状況だ。それなのに興奮してしまう私は、どこかおかしくなってしまったのかもしれない。

『気持ち良いっ、すごく気持ち良い! あなた、もっと! もっと強くっ!』
いつもはほとんど声を出さない嫁が、凄く積極的な事を言っている。私は、たった一日の出勤でそんなことまで変ってしまったのかと思うと、怖くなってしまった。

私は、コンドームがないということと、この身体を3人の男が弄んだという嫉妬で、もう限界が来てしまった。
「ダ、ダメだ、出そう」
うめくように言う私に、
『あなた、まだダメッ、もう少し、もっと!』
嫁は、そんな事を言う。いままで一度も言ったことのないセリフだ。他の男に嫁を変えられてしまったような気持ちになり、私は切ない気持ちになってしまった。でも、同時に爆発的に射精してしまった。慌てて抜いたが、少し中に出してしまった……。
『あぁっ、ダメぇ、うぅあぁ』
嫁は、少し不満そうに、それでも気持ちよさそうにうめいた。私が中に少し漏らしたことを謝ると、
『大丈夫ですよ。ピル飲み始めてますから』
と言った。
「なっ、なんでそんなの……」
『万が一があるでしょ? 今日も、少し事故っちゃいましたし』
嫁は、そんな事を言った。私は、嫁の言葉をどう判断して良いのかわからないまま、黙ってしまった……。

そろそろ息子が帰ってくるタイミングなので、慌てて衣服を整える私達。嫁は、あっという間にいつもの母親の顔を取り戻した。
「次はいつなの?」
『え? 明日ですよ。頑張って、あなたに喜んでもらえるようになりますね』
嫁は、良い笑顔でそんな事を言う。嫌味や皮肉を言っているような感じはない。それが逆に怖いなと思ってしまった。私は、
「……録音してくれる? どんなことしてるか聞かせて欲しい」
と言ってみた。嫁は、一瞬目を大きく開いたが、すぐに妖艶な笑みを浮かべ、
『あなた、ハマっちゃいましたね』
と言った。私は、なにも言い返せず、うつむいてしまった。そのタイミングで息子が帰ってきたので、この話は終わった。息子が戻ってくると、本当に何一つ変らない母親の姿だ。とても、今日の昼間にヘルスで働いてきたとは思えない……。私は、そんなギャップに密かに興奮していた……。

次の日、私は仕事が終わるとすぐに自宅に戻った。気になってしかたなかったからだ。
『あら? 早かったですね。お疲れ様』
嫁は、いつも通りだった。もしかして、今日は行かなかったのかな? と思うくらい、いつも通りの嫁だった。
「……今日はどうだった?」
『ふふ。もう、夢中ですね。はい、これ……』
嫁は、妖艶な笑みを浮かべたままボイスレコーダーを手渡してきた。
「行ったの?」
『はい。今日は、2人だけでした』
私は、接客したことには変わりないのに、2人だけだったことにホッとしてしまった。
「そっか、ヒマだったの?」
『いいえ。一人の人が、長いコースで入ってくれたから』
「長いコース?」
『はい。120分で入ってくれました』
「に、二時間も?」
『はい。もう、クタクタです』
嫁は、妙に艶っぽい言い方をする。興奮しているのかわからないが、目もトロンとしている感じだ。

『じゃあ、聞いてて下さいね。私、夕ご飯の用意しますから』
そう言って、キッチンに移動した嫁。私は、ボイスレコーダーにイヤホンを差して聞き始めた。

ドアが開く音がして、
『どうぞ、狭いですけど』
と言う、嫁の声がした。緊張しているのが伝わってくる固い声だ。
「靴ここでいい?」
『はい、ありがとうございます』
「ホント、可愛いねぇ」
『そんなことないです。今日は、120分もありがとうございます。不慣れなんで、色々教えて下さいね』
「了解! じゃあ、さっそくシャワー浴びようか?」
『はい。じゃあ、お湯出してきますね』
「あっ、待って、脱がせるよ」
『あ、はい。お願いします』
そんな会話が続く。私は、狭い個室で嫁がこんなことをしていると思うと、ドキドキして喉がカラカラになってくる。でも、興奮してしまっているのも間違いない。

「綺麗な胸だね。全然垂れてないじゃん。子供はいるの?」
『はい。中学の息子が』
「マジで? ていうか、何歳なの?」
『あ、本当は33歳です』
「だよねぇ。計算あわないなって思ったよ。でも、ホント若く見えるね」
『ありがとうございます』
「乳首も綺麗だし」
『あっ、ダメぇ』
「ダメなの? カチカチじゃん」
『あっ、そ、そんな、うぅあぁ、舐めちゃダメぇ』
嫁は、可愛らしい声であえぐ。私は、私以外の男の舌によって感じさせられてしまっている嫁に、衝撃を受けた。いつも聞いている甘い声なのに、まるで違うもののように聞こえる。

『あっ、あっ、うぅぁ、ひぃぅ、噛んじゃダメぇ、あぁっ!』
嫁は、どんどん気持ちよさそうな声になっていく。
「凄いね。こんなに固くなるんだ」
『だ、だってぇ、上手だから……あぁっ、あっ、それダメぇ、気持ち良いっ!』
嫁は、完全にあえぎ声だ。お客さんを喜ばせるための演技……には聞こえない、ガチのあえぎ声という感じがする。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果【寝取られブロマガ】

嫁と結婚して15年、息子も素直に育ち、仕事も順調で幸せだなと思うことの多い日々を送っている。ただ、唯一不満なのは、嫁のセックスが下手なことだ。男性経験がないまま私と交際を始め、できちゃった婚をしたのでしかたないのかも知れないが、いつもほとんどマグロ状態だ。

息子が合宿や嫁の実家に泊まりに行った夜などは、嫁の方から夜のお誘いがある。でも、嫁はほぼなにもしてくれない。いつも私がキスをして、胸を愛撫し、クリトリスを責めた後に挿入してフィニッシュという感じだ。それとなく促すと、フェラチオもしてくれるのだけど、わざとだろ? と思うほど下手くそで、面倒臭くなって私が責めるというパターンだ。

カチカチになった嫁の乳首を、舌や指で責めていると、
『あなた、もう入れて下さい』
と、甘えた声で嫁がおねだりをする。33歳なのに、甘えた声がよく似合う可愛らしい女性だと思う。でも、私は、
「博子もしてよ」
と言って、嫁に責めるように促した。
『はい。下手くそだけど、しますね』
嫁はそんな事を言って、私のペニスを舐め始めてくれた。でも、微妙に気持ち良いポイントを外す。私は、それとなく舐めて欲しいところに嫁の舌を誘導する。でも、センスが悪いのか、気持ち良いとは思えない舐め方になってしまう。それは、くわえても同じだ。たいして大きくもない私のペニスに、さんざん歯を当ててしまう有様だ。

「も、もういいよ。じゃあ、入れるね」
私は、痛みで腰が引け気味のままそんな事を言った。
『ごめんなさい……。下手くそでごめんなさい』
嫁は、私の表情でわかったのか、上手く出来なかったことを謝ってくる。でも、ものは見方で、下手くそということは男性経験が少ないと言うことだと、ポジティブに取ろうと思った。

私が気にしなくていいよと言っても、嫁は落ち込んだ様子だった。私は、そんな空気を吹き飛ばそうと、サッとコンドームを装着して彼女に挿入した。
『あっ、うぅ……あなた、愛してる』
嫁は、気持ちよさそうにうめきながらそんな風に言ってくれた。私は、強弱をつけたり、キスをしたりしながら嫁を責める。
『あっ、うぅ、あなた、気持ち良いです。あっ、あっ、あぁっ』
嫁は、気持ちよさそうにあえいでくれる。でも、私は物足りなさを感じていた。もっと無我夢中になるほど感じさせてみたい。そんな気持ちで腰を振り続ける。でも、私が腰を振っている間中、嫁は自分から動くようなことはしない。本当に、文字通りのマグロだ。

それでも、普段清楚な嫁が多少なりとも乱れる姿を見て、私は興奮が高まり、比較的あっけなくイッてしまった。いつものことだけど、私がイッたあとは、嫁は甘えてくる。セックス中のマグロっぷりがウソのように、積極的にキスをしてきたり、抱きついてきたりする。
でも、私は不満というわけではないが、もっと積極的になって欲しいなと思っていた。
『あなた、どうしたの? なんか、考え事してる?』
嫁が心配そうに聞いてくる。私は、正直に思っていることを言ってみた。「もう少し、積極的にセックス出来ないかな?」
『エッ? ……ごめんなさい』
嫁は、申し訳なさそうな顔で言う。
「セックスするの、イヤかな?」
『そんなことない! でも、どうしたらいいですか? 私、経験ないから……』
嫁は、落ち込んだ顔で言う。経験がないということは、私しか知らないということでもあるので、夫としては本来嬉しいことのはずだ。でも、どうしても嫁のマグロっぷりや下手くそなフェラチオにストレスを感じてしまう。自分の性欲が恨めしい。
「じゃあ、風俗でバイトでもしたら?」
私は、怒った口調でそう言って寝室を出てしまった。もちろん、本心ではない。でも、ストレスと欲求不満でイライラしてしまった。夫婦仲はいい方だと思うが、たまにこんな風に喧嘩というか、私が一方的にストレスをぶつけてしまうことがある。後で反省して、申し訳ないと思うのだけど、性欲は私を狂わせるようだ。エゴだとわかっているが、止められない……。

私は、一人でビールを飲み、ノートパソコンで少し仕事をしたあと寝室に戻った。嫁はすでに夢の中で、私は謝る機会をなくしたままベッドに潜り込んで寝た。

朝になると、いつも通りの嫁だった。
『おはようございます。コーヒーでいいかしら?』
優しい笑顔で話しかけてくる彼女に、私はなんとなく謝ることが出来なかった。そして、いつも通りに食事をし、会社に向かった。

忙しく働きながらも、考えてみれば、私が妻にセックスの仕方なりを教えたこともないなと思った。やり方を教えもせずに、もっとちゃんとやれと怒るのは、理不尽以外の何物でもない。
そう言えば、会社でもよく見る光景だ。やり方を教えてもいないのに、どうして出来ないんだと怒るのは、怒られた方にしてみれば、たまったもんじゃないなと思う。

そして、しばらくは何もなく日々が過ぎていった。でも、ある日の夕方、まだ息子が塾で帰ってきていないタイミングで、
『あなた、今日面接受けてきました』
と、嫁に言われた。私は、まったく意味がわからず、
「へ? なにの?」
と、言った。
『ファッションヘルスのお店のです』
嫁は、妙に淡々と言う。
「エッ!? 面接受けたの!?」
私は、ビックリして叫んでしまった。
『はい。明日から出勤になりました』
嫁は、穏やかな顔で言う。私は、冗談だと思った。でも、冗談でしょ? と聞く私に、嫁は真剣な顔で本当だと言った。

「な、なんでそんな!」
私は、声を荒げながらも、自分で言ったことだと思い出した。
『あなたがそうしろって言うから……。あなたが喜んでくれるように、頑張ります』
嫁は、真剣な顔で言う。決意を込めたような顔だ。

「そ、そうか……」
私は、変な意地を張ってしまい、そうかなんて言ってしまった。本当は、そんなのダメだと叫びたい気持ちだった。でも、変なプライドが邪魔をして、素直に止めることも謝ることも出来ない。

『面接で、褒めてもらいました』
嫁は、どういうつもりなのかわからないが、そんな事を言い始めた。
「褒める? どういう風に?」
私は、嫁の冷静な態度に飲まれてしまった感じだ。
『おっぱいがキレイだとか、脚がキレイだとか』
「なっ、おっぱいって? 脱いだって事!?」
『だって、風俗ですから。全部脱いで見せました』
嫁は、当たり前とでも言わんばかりの言い方だ。

「パ、パンツも? 本当に全部脱いだの?」
私は、足が震えだしていた。理不尽な私を諭すために、ウソを言って責めている……。そうであって欲しい。でも、嫁の性格から考えると、ウソを言うとは思えない。

『はい。だって、裸で接客するのに、裸を見ないと面接にならないでしょ?』
嫁は、淡々と言葉を重ねる。私は、本当にやったんだと思った。

「……どんな風に見られたの? どんな面接だったの?」
私は、頭の中がAVの面接もののイメージでいっぱいになってしまった。AVだと、店長にエロ面接をされ、実技講習で中出しされるまでがセットだ。まさか、嫁に限ってそこまでのことは……。私は、真面目で頑固のところもある嫁のことなので、行くところまで行ってしまったのではないか? そんな心配で胸がいっぱいだった。

『事務所みたいなところに通されて、そこで裸を見せました。そしたら、すぐに採用って言って頂いて、講習もしてもらいました』
嫁は、少し恥ずかしそうな顔になった。私は、ドキッとして言葉も出なかった。講習……まさに、AVの展開だ。

「どんな講習したの!」
私は、ほとんど叫んでいた。
『え? 講習のビデオ見せられて、その通りにして下さいって。風俗って、あんなことするんですね。ビックリしちゃった』
嫁は、本当にビックリした顔をしている。無邪気な顔で驚きながら、とんでもない内容の話を続ける嫁に、私は少し恐怖のような感情を覚えてしまった。

「あ、あんなことって?」
『えっと、おっぱいに挟んだり、お尻舐めたり……。大人のオモチャ使ったり……』
嫁は、照れた顔で言う。私は立ちくらみがしていた。
「そんな事までするの!?」
『ううん。私は、とりあえずは全部バツにしました』
「バツ?」
『はい。なんか、基本プレイ以外にオプションがあって、やるかやらないかは女性の自由なんですって』
「オプション?」
私も風俗店は行ったことがないので、いまいちピンと来ない。シャワーを浴びて、口や手でして終わり……だと思っていた。

『はい。ローターとかバイブとか、精液飲んだりとかお尻でエッチしたりもあるそうです。お尻なんかでして、痛くないのかな?』
あまりにも衝撃的な報告だ。そんなオプションがある店なんて、おかしなところじゃないんだろうか?
「そ、そんなところで働くの? 本気なの?」
『え? だって、あなたが言ったことですよ。私も、あれから反省しました。もっとあなたに喜んでもらえるように、頑張って覚えますね』
嫁は、煽りや皮肉ではなく、本心で言っているような顔だ。私は、急に彼女の心の中がわからなくなり、戸惑ってしまった。

冗談や当てつけなら、笑って終わらせることも出来るかも知れない。でも、こんなにも真剣な顔で言われてしまうと、正直どうしていいのかわからない。

「ゴ、ゴメン。別に覚えなくていいから、やっぱりやめよう」
『ダメですよ。だって、もう支度金もらっちゃいましたから』
そう言って、彼女は封筒をテーブルに置いた。それは、20〜30万はありそうな感じだった。
「エッ? 前払いなの?」
『なんか、特別だそうです。私なら人気出るからって言ってもらって……。額も、普通の倍以上だそうです』
嫁はそんな事を言う。私は、毎日一緒にいるのでつい忘れてしまいがちだが、嫁は33歳にしてはかなりキレイな女性だと思う。顔も、清楚系な美人顔だと思う。確かに、人気は出るかも知れない。それでも、前渡しでこんなに払うなんて、ある意味では恐ろしい業界だなと思った。

「講習って、ビデオ観るだけだったの?」
私は、戸惑いと焦りを感じながらも、もっと詳しく知りたいと思い始めていた。私の中の、悪い虫が騒いでいる感じだ。

『ううん。なんか、大人のおもちゃみたいなの使って、お口でするのを見せました。すっごく下手くそだって言われました……。あなた、ごめんなさい。いつも、下手くそで……』
私は、謝られながらも興奮してしまっていた。嫁が、店長の前で全裸のまま大人のおもちゃにフェラチオする姿……。自分でも意味がわからないが、信じられない程の興奮を感じていた。

「い、いいよ。謝らなくても……。講習は、それだけだったの?」
『はい。あとは、お客さんでぶっつけ本番ですって。最初は新人割があるから、下手でも大丈夫なんですって』
嫁は、気のせいか少し楽しそうだ。
「……楽しみなの?」
『ふふ。わかりますか? 少しだけ楽しみです。だって、あなた以外の男の人、知らないですから』
私は、その言葉がきっかけになったのかわからないが、興奮しすぎて嫁を押し倒してしまった。そのまま激しくキスをする。そして、舌を絡めてグチャグチャにかき混ぜていく。

明日、博子が他の男とキスをする……。そう思うと、胸がドキドキしすぎて破れそうだ。
『あなた、ダメです。帰って来ちゃうから……。ここじゃダメ……』
嫁は、今まで見たことがないような感じで興奮している。こんなに熱っぽくて艶っぽい顔を見たことがない。

私と嫁は寝室に行き、キスをしながらもつれるようにベッドに倒れ込んでいった。脱がせるのももどかしく、シャツをまくり上げて嫁の乳首を吸う。いつもと違って、ビックリするほど固くなっている。
『あっ、あぁっ、あなた、気持ち良い……。もっと舐めて下さい』
嫁はいつもよりも積極的な感じがする。そして、彼女の部屋着のズボンとショーツもはぎ取るように脱がすと、いつもはボサボサで剛毛気味の彼女のヘアが、キレイに整えられていた。薄くて小さい……。そんな、しっかりと手入れをしたアンダーヘアに見える。

「ど、どうしたの、これ?」
私は、脇から冷たい汗が流れるのを感じながら質問した。
『店長さんに言われて、整えました。ちょっと濃いって言われました』
「……自分で剃ったの?」
『そうしようとしたけど、怖くて出来なかったの。だから、従業員のボーイさんに剃ってもらいました』
私は、自分でもどの感情かわからない感情が爆発し、嫁に荒々しく覆いかぶさった。そして、ズボンを脱ぐのももどかしく、膝まで降ろした状態で嫁に挿入した。コンドーム無しで入れてしまったのは、15年前のあの時以来だ。

『あぁっ、あなた、凄いぃっ』
嫁は、いままでのどのセックスよりも感じているような声をあげる。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた9【ブロマガ】

前回の話

ツインテールにスクール水着の美里が、必死で腰を振っている。悠斗は、バックの体勢で繋がったまま微動だにしない。そんな悠斗の下腹部に、お尻を音がするほど強くぶつける美里。

『当るっ! 奥まで来てるっ! 気持ち良いぃ、全然違うっ! このチンポ、ホントにすごいぃっ!』
美里は卑猥な言葉を叫びながら、腰を振り続ける。私は、目の前で狂ったように腰を振る美里を見ながら、ひたすらペニスをしごき続けていた。

後輩の悠斗が、妻の膣中に生で入れているのに、夫の私がそれを見てオナニーしているのは、あまりにもみじめな状況だ。でも、私は今までしてきたオナニーの中で、一番の快感を味わっていた。

美里は、スクール水着姿であえぎ続ける。普通のスクール水着にはない股間のファスナーを開けて、着たままバックで腰を振り続けているのは、本当にイヤらしい。若く見えるとはいえ、35歳の美里が、ツインテールにスクール水着を着ていると、昔の裏本のモデルさんみたいな雰囲気が漂う。でも、その無理をさせられているという感じが、余計にエロさを増しているようだ。

『な、なんでオナニーしてるんだよ、ド変態。うぅっ、くぅあぁ』
美里は急に私の方を見て、そんな言葉を言ってきた。私は、バックで他人と繋がったままの美里と目が合い、思わずオナニーをする手が止ってしまった。
『く、くわえてやるから……。ほら、うぅあっ』
私は、美里に言われるままに近づいていった。すると、腰を振るのを止めた美里。そして、私のペニスをくわえる直前、
『悠斗、動いてぇ』
と、甘えた声でおねだりをした。いつもの強気な彼女は消えてしまい、妙に可愛らしい仕草になってしまっている。

私は、恐る恐る彼女の口の近くにペニスを差し出した。すると、美里はすぐに私のペニスをくわえて舌を使ってきた。それと同時に、悠斗も腰を振り始めた。美里越しに、彼のピストンの衝撃が伝わってくる。

『んっ、ん〜っ! んっ、んっ、んっくぅ、んんっ〜っ!』
美里は、私のペニスを舌で責め立てながら、悠斗のバック責めにうめき声を漏らし続ける。

ツインテールの美里が、私のものをくわえている。そして、スクール水着を着たまま、悠斗にバックでハメられている。まるで、女子校生を廻しているような背徳感を感じてしまった。こんな風に、悠斗と3Pをするハメになるとは、夢にも思っていなかった。

しばらく、そんな感じの3Pが続く。悠斗は、フェラチオが出来なくならないように気を使っているのか、あまりハードに腰を振らない。でも、複雑な動きで美里を責め立てていく。
浅く突いていて、急に奥にガンとぶつけるとか、奥に押し込んでこすりつけるようにしてみたりする。美里は、その度に背中をのけ反らせたり、シーツをギュッと握ったりしている。こんな風に他人に感じさせられている美里を見るのは、胸に屈辱と嫉妬が渦を巻く。でも、それ以上に息も出来ないほど興奮してしまう。

私は、もうイク寸前だった。悠斗は涼しい顔で腰を振り続けているが、私は気を抜いたらそこで射精が始まってしまいそうなほど追い詰められていた。

「美里……。もうダメだ、出ちゃう』
私は、自分でも悲しくなるほど弱々しい声でうめいた。すると、美里は私のペニスを口から吐き出し、
『早いって、いくら何でも、早すぎだろ。ホント、情けない。ほら、そこでイキそうなの我慢しながら見てろよ。勝手にしごくなよ』
と言って、美里は椅子を指さす。私は、情けない気持ちのまま腰掛けた。

「じゃあ、美里ちゃん、イカせちゃうよ〜」
悠斗が場違いなほど明るい声で言うと、腰の動きを切り替えた。さっきの技巧派という動きから、直球勝負という感じのピストンが始まる。
『うぅあっ、あっ、あーっ! 気持ち良いっ! 奥、潰れてるっ、すごいっ! めくれちゃうっ、おまんこめくれちゃうっ! うぅあああっ!!』
美里は、はしたなすぎる言葉を吐きながら、身体を震わせたりのけ反らせたりし続ける。

「ほら、先輩が見てるっす。美里ちゃんが俺のチンポで狂ってるの、じっと見てるっす!」
悠斗は、美里にそんな言葉をかけながら腰を振っていく。パンっパンっパンっパンっと、良い音を響かせながら、リズミカルに腰を振る彼。私は、とろけた顔であえぎ続ける美里を見て、ペニスを何度もビクンビクンと脈打たせていた。なまじ、フェラチオでイキそうなところまでされたので、今は生殺しみたいな感じで辛い。

すると、悠斗は後ろから美里の両腕を握り、パロスペシャルっぽい感じで後ろに引っ張り、さらに腰の動きを早くした。
『うぅあああっ! ダメぇっ! これ、ヤバいっ! ゴリゴリ来るっ! ひぃっ! ヒィあっ! あぁっっ!』
美里は、上半身を少し起き上がらせたような格好であえぐ。身体を引き起こされていることで、さっきとは違う場所にペニスが当っているようだ。そして、悠斗が後ろに引っ張っているので、さらに奥までペニスが到達しているみたいだ。
「ほら、イキそうでしょ? 子宮降りまくってるっす。先輩の目の前で、イッちゃって下さい!」
悠斗は美里の腕を持つのを止め、脇を抱えるようにして美里の体を保持する。羽交い締めにしているような状態で、腰をガンガン振り続ける悠斗。美里は、顔をトロトロにとろけさせてあえぎ続ける。
『ダメぇッ、もう、うぅあぁっ! イッちゃう……イッちゃうっ! 見ないで! 康太、ダメぇ、見ないでっ! イッちゃうっ! イクっ! イクぅっ!! ンオオオぉおぉお゛お゛お゛ぉっ!!』
美里は泣きそうな顔で私を見つめながら、身体をガクガクッと震わせるようにして果てた。そして、身体から力が抜けたようになった美里。悠斗は、優しく美里の体を抱えながら、ベッドに仰向けで寝かせる。

「先輩の前で、ガチイキしたっすね」
悠斗は、妙に興奮した顔になっている。本当に、美里のツインテールとスクール水着がたまらないと思っているようだ。
『……してない……。演技だから……。康太が喜ぶから……』
美里はそんな事を言いながらも、息も絶え絶えだ。
「そうっすか。じゃあ、まだ平気っすね」
悠斗はそう言うと、グッタリしている美里の覆いかぶさり、ファスナーのところから挿入してしまった。
『うぅあぁっ、バ、バカ、もう……うぅあぁ、敏感になってるからぁ、ダメぇ……』
美里は、とろけた顔のままうめくように言う。
「なんで敏感になってるっすか? イッたばかりだからっすか?」
悠斗は、ニヤけた顔で言う。美里は、
『うぅ、そ、それは……。うっさいわ! 早くイケって! とっとと終われっ!』
美里は、強がって言う。さっきの弱々しい顔を振り払うように、強い言葉を吐くが、美里の顔は完全に出来上がったメスの顔だ。

「了解っす。じゃあ、俺がイクまで止めないっすね。美里ちゃんが泣いて止めてって言っても、やり通すっす」
悠斗はそう言うと、腰を振り始めた。なまめかしく滑らかな動きで腰を振ると、
『うぅあぁ、ヒィあぁ、そこダメぇ、うぅあっ! 気持ち良くなっちゃう、気持ち良くなっちゃうぅっ!』
美里は、泣きそうな顔で叫ぶ。
「気持ち良くさせてるんす。もっと気持ち良くなってもらうっす」
悠斗はそんな事を言うと、美里の膝の裏に手を潜り込ませ、抱えるようにして腰を振り始めた。美里の脚は抱えられているような体勢になり、お尻が少し持ち上がったような格好になる。そして、アソコはより天井を向くような角度になった。
そこに、杭を打つような感じで腰を振り始めた悠斗。まるっきり、種付けプレスのようだ
『ンオォおんっ、深いぃっ! これ、ヤバいっ! こ、壊れるっ! おまんこ壊れちゃうぅっ!』
美里は、目を見開いて泣きそうな声で言う。でも、気持ちよさそうなのは変わらない。

「ほら、すごいっしょ。これだと、一番奥まで入るっす」
悠斗は、杭打ちファックを続けていく。
『康太、ダメぇ、こんなの、あぁっ! 孕んじゃうっ! こんな格好で注がれたら、絶対に妊娠しちゃうぅっ!』
美里は、泣きそうな顔で私を見ながら叫ぶ。
「美里ちゃん、先輩の目の前で妊娠しちゃいましょうよ」
悠斗は、からかうような言い方で言う。そして、さらにストロークを長くしてピストンをする。
『ダメっ! そんなの、うぅあぁダメぇ……康太、ダメなのに気持ち良いのっ! イッちゃうっ! またイッちゃうっ! うぅあぁーっ!!』
美里は、叫ぶようにあえいでいる。足の指が広がったりギュッと曲がったり、強烈な快感を感じているのが伝わってくる。

私は、さっきから荒い呼吸をしながら、ペニスをビクンビクンと脈打たせていた。
「すっげ、痛いくらい締まってるっす。ほら、もっとイッちゃっていいっすよ」
悠斗はそんな事を言いながら、杭打ちファックを続けていく。パンっパンっという音から、パチュン、パチュンというような、聞いたことのない音に変わっていく。
『イグゥッ! イッてる! もうダメぇっ! 止めて、もう止めろっ、うあぁっ!』
美里は、必死で言う。でも、悠斗は動きを止めない。それどころか、私がすぐ近くで見ていることなどお構いなしで美里にキスをした。悠斗は、荒々しく舌を突っ込み、美里の口の中を犯していく。
そんな事をしながらも、腰の杭打ちを続ける悠斗。うめいて、逃れようとする美里。でも、悠斗はガンガン打ちつけ続ける。

すると、美里が急に身体を起こすような動きをして、そのまま悠斗に抱きつき始めた。それだけではなく、舌も絡め始めた美里。濃厚すぎるセックスが始まってしまった。

二人の愛情のこもったようなセックスを見ながら、私は我慢の限界を超えてしまい、オナニーを再開してしまった。
美里は、うめきながら悠斗にしがみつき、舌を必死で絡めている。でも、目は開いたままだ。悠斗のことを、今までに見たこともないような熱っぽい目で見つめている。
私は、美里の強気の性格と、悠斗への姐さん的な態度から、美里の心を奪われるような事はないだろうと安心していた。でも、今の美里を見ると、とてつもなく不安になってくる。もしかして、心まで奪われてしまうのではないか? そんな事を想像してしまう。でも、その想像が私により大きな興奮を与えてくるような気がする。私は、我ながら自分が壊れてしまったのかな? と、怖くなってしまった。

「美里ちゃん、イクよ。子宮の中に直接注ぐから!」
悠斗が、キスを振りほどいてうめくように言う。私は、悠斗のその言葉よりも、キスを振りほどかれた瞬間、慌てて顔を悠斗の方に近づけた美里がショックだった。キスをやめたくない……。もっとキスをしていたい……。そんな動きだった。

『うぅ……出来ちゃう……。こんな風に注がれたら、全部子宮に入っちゃう……卵巣までいっぱいになっちゃう』
美里は、不安そうな声で言う。
「一滴もこぼさないっす。子宮も卵巣も、俺ので溢れさせるっす!」
『うぅあぁ、ダメぇ、もっと固くなってきたぁ♡ イッちゃう、私もイッちゃうぅっ!』
「ほら、先輩に妊娠しますって報告しないと」
少し苦しげな顔で言う悠斗。もう、余裕がないようだ。すると、美里は私の方を見てきた。私は、オナニーしているのを見られてしまい、ドキンとした。でも、美里は無許可でオナニーをしていることにはなにも触れず、
『に、妊娠する……。アンタのじゃないので妊娠するからぁ! あぁぁっっ! イクっ! フゥおおぉオォおんっ♡』
美里は、腹の底から出したような太い声で雄叫びみたいにあえいでいる。こんなになるまで追い込まれるなんて、どんな気持ちなんだろう? そして、人妻をこんなになるまで追い込んだ悠斗は、どんな気持ちなんだろう? 私はそんな事を考え、敗北感を感じながらも、悠斗より先に射精を始めてしまった。

うめきながら射精する私。すると、悠斗も短く吠えて身体を震わせた。美里は、悠斗に中出しされた途端、彼にキスをした。そして、腕でしがみつき、両脚までも絡みつかせていった。全力で、孕みに行くスタイルに見える。

そして、しがみついたままキスを続ける美里。しばらくして、グッタリと放心状態のようになった。悠斗は、繋がったまま優しく美里の頭を撫で、髪を触っている。ツインテールになっているので妙に幼く見えるが、悠斗にしてみればかなり年上の女性ということになる。それでも、悠斗は本当に美里のことが好きという顔をしている。

『出しただろ? 早くどけよ、重いんだから』
美里は、そんな甘い雰囲気をぶち壊すようなことを言い出した。
「え? マ、マジですか? 余韻とか、甘い空気はないんすか?」
悠斗は、落としたと思った美里がそんな事を言い出して、少し焦っている様子だ。
『ねーよ。こんなキモいコスプレさせといて、よく言えるよな』
そう言って、美里は悠斗の下から抜け出し、ツインテールのゴムを外し始めた。
「そんなぁ……。似合ってるのに」
『オマエは、コスプレした私が好きなんだろ? 康太はありのままの私を好きでいてくれるからな』
美里はそんな事を言うと、いつものミディアムボブの髪型に戻して私の方に近づいてきた。
『勝手にしごくなっていっただろ? でも、まだイケそうだな。ほら、アイツの掻き出せよ。他人種で孕んじゃうぞ』
そう言って、私の目の前で仰向けに寝転がり、脚をM字に広げてくれた。スクール水着は脱ぐのが面倒なのか着たままだ。股間のファスナー部分が大きく開き、アソコが剥き出しになっている。悠斗のモノはもう抜いたのに、微妙に膣口が開いたままに見える。そして、アソコからはザーメンが流れ出ていて、太ももに伝って膝の近くまで流れてしまっている。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

仲良しカップル同士で宅飲みしてたらレズプレイが始まって3【ブロマガ】

前回の話

優香は、おもちゃでもいじるように隆文のペニスを触っている。
『男の人でも、こんなに違うんだね。なんか、不思議な感じがする』
優香は、隆文のペニスをまじまじと見つめて言う。俺は、比べられているようで居心地が悪くなる。

『設楽君のは、大きいけど真っ直ぐだね。でも、こんなに太いと凄そう♡』
真奈実ちゃんは、手についた俺のザーメンを指でもてあそぶようにしながらそんな事を言う。俺のザーメンは飛び散りすぎて、床やテーブル、真奈実ちゃんの手まで汚してしまったみたいだ。

『それに、凄く濃いんだね。隆文のはもっと水っぽいかな?』
真奈実ちゃんは、上気した顔でそんな事を言う。隆文は、優香にペニスを握られたまま、悲しそうな顔で、
「真奈美……。比べちゃダメだよ……」
と言う。ボディビルダーみたいなゴツい身体なのに、妙に弱々しい。

真奈実ちゃんは弱々しく言う隆文に、イタズラっぽく笑いながら、
『だって、全然違うんだもん。設楽君の、なんかプルプルで美味しそうだし』
と言った。その言葉にショックを受けたような顔になる隆文。すると、真奈実ちゃんはさらに悪ノリして、手の甲に付着している俺のザーメンをペロッと舐めてしまった。
「ダッ、ダメだってっ! なにしてんの!!」
ビックリして大きな声をあげる隆文。でも、真奈実ちゃんはやめるどころか、手の甲に口をくっつけて、ズズッと音を立てながらザーメンを吸い込んでしまった。
「あっ! 真奈美っ!」
絶句する隆文。チラッと見ると、優香は怒ったような顔になっていた。

真奈実ちゃんは、隆文の視線を受け止めながらゴクンと飲み込む。
『やっぱりプルプルだよ♡ お肌綺麗になるかも』
真奈実ちゃんは、おどけたような顔で言う。
「ダ、ダメだって……飲んじゃダメだよ」
隆文は、泣きそうな顔になっている。

『隆くん、私にも飲ませてね』
優香はそんな事を言うと、隆文のペニスをくわえてしまった。今度は、俺が慌てて、
「優香ダメだよ! やりすぎだって!」
と叫んだ。いくらノリでエッチなことを始めてしまったとしても、フェラチオはやりすぎだ。
でも、優香は俺の言葉なんて聞こえないような顔で、隆文のいきり立ったペニスをくわえて責めている。
「あぁ、優香ちゃんヤバいよ、気持ち良すぎ……」
思わず声を漏らす隆文。確かに、優香のフェラチオはかなり気持ち良いと思う。でも、フェラが上手い=経験が豊富、と言うことなので、彼氏としてはいつも複雑な気持ちになる。過去に嫉妬してもしかたないと思うけど、もっと早く優香と出会い、処女の彼女と付き合いたかった……。

『優香ちゃん、ヤバいね。あんなことまでしちゃってる……』
真奈実ちゃんはうわずった声で言いながら、2人を見つめている。そして、唐突にキャミソールとスカートを脱ぎ始めた。それだけではなくショーツまで脱ぐと、全裸になってしまった。色は薄いけど、大きめな乳輪。お餅のように柔らかそうな乳房は、EとかFカップくらいありそうに見える。でも、驚いたのはアソコだった。優香もかなり薄目のヘアだけど、真奈実ちゃんは全くの無毛だった。

剃り跡も見えないような感じで、もしかしたら生えないのかな? と思うくらいに綺麗なアソコをしている。
『ほら、設楽君も脱ぎなよ。優香ちゃんだって脱いでるんだから、不公平だよ!』
真奈実ちゃんはそんな事を言う。俺は、言われるままに慌てて全裸になった。

けして広いとは言えない部屋に、二組のカップルが裸でいる……。異常事態だと思う。俺は、真奈実ちゃんの向こうに見えている優香の濃厚なフェラチオを見て、嫉妬が激しく燃え上がり、真奈実ちゃんを押し倒すようにした。そして、そのツルツルの綺麗なアソコに顔を近づけ、舐め始めた。

『アンッ♡ ダメぇ、シャワー浴びてないよぉ』
甘えた声で言う真奈実ちゃん。でも、俺を押しのけようという感じはない。俺は、熱くて少ししょっぱい真奈実ちゃんのアソコを夢中で舐め続けた。ビラビラが小さく、色も薄い真奈実ちゃんのアソコ。見た目のロリっぽさに似合った感じだ。でも、濡れ方が尋常ではなく、舐めても舐めてもあふれてくる。

隆文は、なにも言わずに真奈実ちゃんを見ている。泣きそうな、それでいて凄く興奮したような顔だ。

『隆君のカチカチになったよ。真奈実ちゃんがクンニされてるの見て、興奮したの? 隆くんも寝取られ好きなの?』
優香が、隆文のペニスを口と指で責めながら質問する。でも、隆文はうめくだけで答えることが出来ない。

俺はそれをチラチラ見ながら、真奈実ちゃんのアソコを舐め続けた。
『あっ、あっ、くぅ……気持ちいいっ♡ 設楽君、舐めるの上手だね』
真奈実ちゃんは、気持ちよさそうな声をあげながら言う。俺は、優香と比べると大ぶりなクリトリスに舌を這わせた。
『うぅあっ、クリダメぇ、ひぃあぁ、隆文、気持ち良いよぉ♡ 設楽君、すっごく上手なのぉ』
真奈実ちゃんは、気持ちよさそうな声で言う。隆文は、うめき声を漏らした。

『あれれ? イキそうなの? 隆くんイッちゃう?』
優香が、やたらと色っぽい声で言った。隆文はうめくだけでなにも言わない。さっきからずっと真奈実ちゃんのことを見ているようだ。

俺も、真奈実ちゃんをクンニしながら、隆文のペニスをフェラチオする優香を見ていた。性格的に、浮気なんてしなさそうな優香。他の男にフェラチオするなんて、想像もしたことがなかった。それを目の当たりにした俺は、嫉妬とか怒り、絶望みたいな感情を感じていたが、なぜかペニスだけは驚くほど固くなってしまう。それは、隆文も同じみたいだ。


『隆文、気持ち良いよっ! 設楽君、隆文より上手だよ。あぁっ、うぅあぁ、イカされちゃう……ごめんね、イカされちゃうよぉっ』
真奈実ちゃんは大きなクリトリスを舐められ、気持ちよさそうにあえぎながらも、隆文に言葉をかけ続けている。挑発? 嫉妬させたい乙女心? 俺にはよくわからないが、優香が必死でフェラチオを続けている姿をチラチラと見ながら、俺はクンニを続けた。

すると、
「ぅぅっ、で、出るっ」
と、隆文がうめいた。俺は、慌てて顔を上げ、優香の方を見た。すると、隆文は優香の頭を抱えるようにして口内射精を始めていた。
『んっ〜っ』
うめき声をあげる優香。俺は、優香が口の中に出されてしまったことに激しすぎるショックを受けてしまった。

『あ〜あ、直接注がれちゃったね。優香ちゃん、飲んじゃうんじゃないの?』
真奈実ちゃんが、小悪魔的な顔で俺に言う。俺は、言葉も出せずにドキドキしてしまった。

「ご、ごめん、出しちゃった! ティッシュ取るね!」
隆文が、慌てて優香に言う。すると、優香は隆文の腕を握り、動きを制した。優香は、急に俺の方を見て口を開けた。口の中には、当然のことながら隆文のザーメンが池を作っている。俺は、アウアウ言うだけで吐き出せとも何も言えなかった。
優香は、そのまま口を閉じる。そして、俺に向かって目で笑った後、喉を鳴らして飲み干してしまった。

『あ〜あ、飲んじゃったね』
真奈実ちゃんが、からかうように言う。俺は、他人のザーメンを飲み干した優香を見て、何か世界が急に開けたような感じがした。

『ホントだ。ちょっと水っぽい。おさむの方が濃いね』
優香は、そんな説明をする。
『優香ちゃんはどっちが好き? 私は設楽君の方が好きかな?』
真奈実ちゃんが優香に質問する。
『私は隆文君の方が好き。喉に絡みつく感じがしないから、飲みやすいしね』
優香は、そんな事を言った。俺は、そんな事でも敗北感を感じてしまった。すると、唐突に真奈実ちゃんが優香にキスをした。軽いヤツではなく、ガッツリ舌を突っ込んでかき混ぜ始めた。二人の吐息が漏れ続けるが、俺も隆文もフリーズしたようにそれを見ているだけだ。

『ねぇ、舐めっこしようよ』
真奈実ちゃんが興奮した声で言う。優香は、うんと答えた。そして、二人は69の格好になった。
『本当にツルツルなんだね。なんか、可愛い』
優香はそんな事を言って真奈実ちゃんのアソコに顔を近づける。そして、抵抗感もなく舐め始めた。
『あっ、うぅ、フゥあぁぁ、気持ち良い♡ 優香ちゃんやっぱり上手だね』
真奈実ちゃんは、気持ちよさそうに声をあげる。
『クリ大きいね。結構経験豊富なんだね』
優香が真奈実ちゃんに向かって言う。
『そんな事ないよ。隆文しか知らないし……。クリが大きいのは、自分でしすぎだからかも……』
真奈実ちゃんは、そんなカミングアウトをする。エッチな女の子だとは思っていたが、クリが肥大するほどオナニーをしているとは思わなかった。

真奈実ちゃんも、目の前の優香のクリトリスを舐め始めた。
『んっ、ん〜っ』
『んふっ、んぅ〜っ』
二人は吐息を漏らしながら夢中で舐め続ける。本当に、ヤバい状況だと思う。俺も隆文も、射精した事などなかったように、ギンギンに勃起したままだ。

ホモのセックスは想像するだけでもイヤだけど、レズのセックスは見ていてエロいと思うし、美しいとも思う。

『ンッ、ンッ! イクッ! うぅぁっ!』
『イクイクッ、くぅあぁっ!』
そして二人は、示し合わせたように同時にイッてしまった。すると、しばらく肩で息をしていた二人は、目を見合わせてイタズラっぽく笑い合うと、俺と隆文の方に近づいてきた。

でも、優香が隆文に、真奈実ちゃんが俺の方に近づいてくる。そして、それぞれに抱きついてきて、キスをしてきた。

俺は、真奈実ちゃんに舌を差し込まれながら、優香が同じように隆文にキスをする姿を見てしまった。優香が隆文にフェラチオしたりザーメンを飲んでしまったことよりも、キスしているということの方が衝撃的だった。

優香は、俺に見せつけるようにキスをしている。隆文とキスしているのに、隆文のことを見てもいない。俺に視線を向けたまま、濃厚すぎるキスを続けている。ハッと思って真奈実ちゃんを見ると、彼女も隆文を見ながら俺に舌を突っ込んでかき混ぜていた。二人は、とくに打ち合わせとかはしていないはずなのに、気のあったコンビのようだ。

『隆文君、どうしたい? 私はもう入れて欲しいな……』
優香は、今度は隆文のことを見つめながら言う。俺は、ドキンとしてしまった。自分で鼓動が聞こえてしまうほど、心臓がドキドキしていた。
「い、いいの? あいつ見てるでしょ?」
隆文は、申し訳なさそうな感じで言う。
『イヤなの? 私とじゃ、その気になれない?』
優香がそんな事を言って誘惑している。

すると、いきなり真奈実ちゃんが俺に乗っかってしまった。対面座位の格好で俺にまたがると、なんの予告もなく俺のペニスを入れてしまった。ビックリするくらいに熱くてキツい膣。男のペニスのように、膣の作りも個人差が凄いと感じた。

『うぅあっ、もう入れちゃったよ♡ 隆文がグズグズしてるから、お先に入れちゃった♡ すっごく太いよ、隆文のより太くて長いよ』
真奈実ちゃんは、隆文をからかうように言う。でも、俺は結構パニックだった。友達の彼女に入れてしまった……。しかも、優香の目の前で。でも、なによりもヤバいと思ったのは、生で入れてしまっていることだ。コンドーム無しで入れるのは実は初めてなので、余計にビビってしまう。そして同時に、コンドーム無しだとこんなにも気持ちよさが増すんだなと、驚いてもいた。

『あ〜あ、入れられちゃったね。しかも、コンドームつけてないみたいだよ〜』
優香が、隆文を挑発するように言う。すると、泣きそうな顔になっていた隆文が、優香を押し倒した。
『キャッ、犯されちゃう〜』
優香は、俺の方を見ながらおどけたように言う。俺は、真奈実ちゃんの生膣の快感にあえぎながらも、優香から目が離せないでいた。

隆文は、自分のペニスを握っている。そして、押し倒した優香のアソコにあてがおうとしている。
『良いの? 優香ちゃん、やられちゃうよ』
真奈実ちゃんが、俺と繋がりながらささやく。俺は何か言おうとするけど、言葉が出てこない。

『おさむ、入れられちゃうよ。隆君の入れられちゃうよ……』
優香は、戸惑いと興奮が入り混じった顔で俺を見る。すると、躊躇なく隆文がペニスを押し込んでしまった。コンドームなどつけていない、生のペニス……。それが、優香の膣中に入る瞬間を見てしまった。

『うぅああっ、こ、こすれるっ! なにこれ? うぅあぁぁっ♡』
優香は、驚いたような声をあげる。俺が入れたときとは、違うリアクションだ。自分の彼女が、他の男にやられて違うリアクションをする姿は、俺の心を大きく波立たせた。


『あれぇ? ビクンってなったよ』
真奈実ちゃんが、俺の耳元でささやく。さらに真奈実ちゃんは、
『隆文の凄く反ってるから、Gスポットにメチャ当るんだよ』
と煽るような事を言う。

優香は、俺のことを見ながら上気したような熱っぽい顔になっている。すると、真奈実ちゃんが、
『見すぎだよ。いまは私としてるんだから』
と言って、俺にキスをしてきた。それだけではなく、キスをしながら腰をくねらせるように動かし始めた。一気に快感が高まっていく。生の膣が絡みついてしごくような感覚。コンドーム付きのセックスしかしたことのない俺には、未知の領域だ。俺は、思わず真奈実ちゃんにしがみついた。すると、彼女の背中越しに隆文が腰を振っているのが見える。

優香は熱っぽい目で隆文のことを見つめ、自分からキスをした。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません完【ブロマガ】

前回の話

「ごめんなさい。すぐ大きくなっちゃうんだ……」
アキラは激しく動揺しながらも、そう言って謝った。
『ふ〜ん。毎晩オナってるのに、そんなに元気なんだ』
真梨恵がからかうように言う。そんな風に軽口を叩いている真梨恵だが、内心はドキドキしていて、手が微妙に震えていた。初めて触る勃起したペニス……。あまりの固さに、これが本当に生身の身体なのだろうか? と、驚いていた。

「ね、ねーちゃんだって、さっきしてたじゃん!」
アキラは、思わず言い返した。
『バ、バカッ、声デカいって』
真梨恵はそんな風にアキラを叱りながらも、耳まで真っ赤にしていた。やっぱり見られていた……そう思うと、すぐにこの場から立ち去りたくなる。

「ごめん……。ねぇ、もう離してよ」
アキラは、消えそうな声で言う。でも、真梨恵の柔らかい手で握られていると思うと、ペニスの固さは増すばかりだ。
『ねぇ、見せてよ。アキラが自分でするところ、ねーちゃんに見せてよ』
真梨恵は、微妙に震える声で言う。そんな事は、さっきまでは考えてもいなかった真梨恵だが、アキラにオナニーを見られてしまったことがわかり、ある意味吹っ切れたようだ。

「えぇっ!? む、無理だよ、そんなの無理に決まってるよ!」
アキラは、半分パニック状態で答えた。
『なんで? 私のは見たんだろ? 不公平じゃん』
真梨恵はいったん口に出した以上、引き下がれない気持ちになっていた。
「そ、それは……」
『見せないと、ママに言っちゃうぞ〜。アキラが毎晩変なことしてますって』
笑いながら言う真梨恵。
「うぅ、ねーちゃんひどいよ……。わかった……」
アキラは、迷いながらもそう答えた。母親に対しては、アキラはウブでなにも知らないフリをしている。真梨恵に変なことを言われてしまっては、矛盾がでてしまう。アキラは、覚悟を決めた。

『じゃあ、ちょっと電気付けるよ〜』
真梨恵はそう言って、リモコンをいじった。すると、常夜灯の薄暗い明かりがともる。それでも、お互いの姿がはっきりと見えるようになった。

「どうすればいいの?」
アキラは戸惑いながら聞く。
『え? いつもと同じでいいよ』
真梨恵は、いまいち”どうすれば”の意味がピンと来ていない感じだ。ただ、しごくだけなのではないか? そんな疑問だ。
「うん……。じゃあ、するね」
アキラは最初はすごく恥ずかしくてイヤだと思っていたが、憧れの姉の前でオナニーをするというシチュエーションに、ドキドキして興奮し始めていた。

アキラはパジャマのズボンを膝まで降ろし、パンツも同じように降ろした。すると、すでに勃起して大きくなっているペニスが姿を現わした。年齢から考えると、異形と言ってもいいくらいの大きさ。それが、破裂しそうなほど張り詰めてそそり立っている。
『うわぁ、ビンビンじゃん』
真梨恵は、初めて見る戦闘状態のペニスに怯んでいた。勃起していない時のペニスはまだ可愛げがあった。でも、そそり立って包皮も完全に剥けている状態のペニスは、怖いと思うほどだ。

「う、うん。じゃあ、するね……」
そう言って、アキラはスマホにイヤホンを刺し、イヤらしい動画を見ながらペニスをしごき始めた。
『へぇ、動画見ながらなんだ』
真梨恵は少し驚いた顔で言う。真梨恵は、いつもイメージだけでオナニーをする。動画やマンガなどのオカズを使うことはない。それは、男と女の違いだと思う。

「うん。ねーちゃんは見ないの?」
『み、見ないよ、そんなもん』
真梨恵は、恥ずかしくて口ごもる。
「想像だけでするの?」
アキラは、オカズもなしでオナニーをすることにビックリしていた。
『うん、そうだよ』
「どんな想像するの?」
『う、うるさいよ、いいから早くしなって!』
真梨恵は、顔を真っ赤にしながら言う。アキラのことを想像しながらオナニーをしているなんて、言えるはずがない。

「ご、ごめん」
アキラは、慌ててオナニーを始めた。スマホで、ネットの動画を見ながらオナニーをするアキラ。真梨恵に見られていると思うと、やっぱり恥ずかしくてやりづらい。それでも、なぜかいつもよりも気持ち良くて夢中でしごき続ける。
真梨恵は、小さな画面を見ながらオナニーをするアキラを見て、ドキドキして呼吸まで荒くなってきた。あんなに小さかったアキラが、こんなに立派になってオナニーまでしている。成長を喜ぶのと同時に、少し寂しいなと思ってもいる。

『どんな動画見てるの?』
真梨恵は、ふと気になって画面をのぞき込んだ。すると、そこには可愛らしい若い女の子が、女子校生の制服を着てオナニーをしている姿が映っていた。
『こういうのが好きなんだ』
真梨恵はそんな事を言う。アキラは、黙ってうなずいた。でも、いつもは人妻ものや母子相姦もののAVを見てオナニーをしている。そんな異常なAVを見ていることを真梨恵に知られたくないアキラは、たまに見る程度の元アイドルだった女優のAVを見ていた。その女優は、真梨恵に少し似ている。アキラは、それが理由でたまにこの動画を見ていた。

『可愛い子だね。こういう子が好きなの?』
真梨恵は、少しジェラシーを感じながらそう言った。アキラが、他の女の子に興味を持っている……。許せないとすら思ってしまう真梨恵は、やはり重度のブラコンのようだ。

「う、うん。元AKBだし……」
『そうなの!? ふ〜ん、確かに可愛いね』
真梨恵は少し苛立った口調で言う。
「ねーちゃんの方が可愛いけどね」
アキラがそんな事を言った。すると、真梨恵は一気に笑顔になる。
『じゃあ、ねーちゃんが見せてあげよっか?』
真梨恵は、上機嫌でそう言った。
「えっ? 見せるって?」
『それは……この動画みたいなヤツだよ』
「ホントに!? 見せてくれるの!?」
アキラは、ついつい声が大きくなってしまう。
『どうせ、さっき見たでしょ? 今さらじゃん』
そう言って真梨恵はアキラのベッドに寝転がると、パジャマの上から乳首を触り始めた。指が乳首に触れると、真梨恵は驚くほどの快感を感じてしまい慌ててしまった。いつもよりも、気持ち良い……。それは、アキラが見ているからなのだろうか?

『んっ、んっ、フゥ……ぅ、うぅ……』
真梨恵は、吐息を漏らしながら乳首をまさぐる。アキラは、その様子を興奮しきった顔で見ていた。母とは違い、ほとんどぺったんこの胸。でも、日頃畏れながらも憧れている姉が、可愛らしい吐息を漏らしながらオナニーをしている姿は、あまりにも現実離れしていてドキドキしてしまう。

「ねーちゃん、パジャマ脱いで……」
アキラは、そんな注文をした。すると、真梨恵はなにも言わずにパジャマのボタンを外し始めた。真梨恵も、このシチュエーションに興奮してしまっていて、かなり大胆になっているようだ。

そして、パジャマの上着を脱ぎ去った真梨恵。淡い膨らみと、小さな可愛らしい乳首が姿を現わす。アキラは、ドキドキがどんどん加速していく。真梨恵は両方の手で両方の乳首を触りながら、可愛らしい吐息を漏らし続ける。
『ん、んふぅ……あ、あぁ、んっ、んっ、ふぅあぁ、んっ』
真梨恵は、いつも以上の快感に声がどうしても大きくなってしまう。

そして真梨恵は、我慢しきれないようにパジャマのズボンとショーツを膝まで降ろした。すると、淡いヘアと、少女特有の膨らみ方をした柔らかい恥丘が姿を現わす。アキラは、初めて見る女性器にひどく興奮していた。まだ、母の秘部はしっかりと見たことがない。お風呂でチラッとヘアのあたりが見えた程度だ。
真梨恵の秘部は、無修正の動画で見るものとは違っていた。ビラビラ自体が小さいし、色も黒っぽくない。凄く綺麗だなと思いながら、アキラはそこを凝視していた。

真梨恵は、自分の人差し指と中指をペロッと舐めて濡らすと、そのまま秘部に指を持っていった。そして、クリトリスの辺りを押さえるようにしてこすり始め、甘い吐息をさらに大きいものにしていった。

『ンフゥ、フゥ、ふ、あっ、んっ♡ くぅ、あぁっ、はぁん♡』
真梨恵は、吐息から軽いあえぎ声に変化していった。アキラは、母に聞かれてしまうのではないかと思いながらも、我慢しきれずにオナニーを再開した。一気に高まる快感に、アキラまで吐息を漏らす。

『み、見てる? 私が気持ち良くなってる顔、見てる?』
真梨恵は、うわずった声で言いながら夢中で指を動かし続ける。軽くクチョクチョという音が響き、一気に部屋の中の空気が変わってしまったように感じる。

『ンッ、ンッ、フゥ、んん〜ッ、ンあぁ、ダ、ダメぇ、イクッ、イッちゃう』
真梨恵は控えめな声でそんな事を言うと、腰を軽く持ち上げるような格好になり、身体をビクンと震わせた。
「イッたの?」
アキラは、震える声で聞く。
『うん。ねぇ、してあげるね』
真梨恵は上気した顔でそう言うと、アキラをベッドに仰向けで寝かせた。真梨恵は、不思議な気持ちだった。以前は、たまに一緒に寝ていたベッド。真梨恵が怖い話をして、アキラがトイレに行けなくなるのが定番だった。そんなベッドの上で、姉弟そろって卑猥な格好をしている……。真梨恵は、とんでもないことをしてしまったな、やっぱりやめようかな? そんな事が頭をよぎる。

でも、ペニスをビンビンに勃起させたまま期待のこもった顔で見つめるアキラに、やっぱりやめようとは言えず、アキラのペニスを指で握った。

真梨恵は、アキラのペニスが濡れていることに驚いた。女性と一緒で、濡れるんだ……。そんな事も知らなかった真梨恵が、ぎこちない手つきでアキラのペニスをしごき始めた。思わずうめくアキラ。
『痛かった?』
慌てて手を離しながら言う真梨恵。アキラは、すぐに平気だと答える。真梨恵は、ホッとした顔で再びアキラのペニスをしごき始める。なんとか指は回っているが、本当に太い。経験のない真梨恵は、比較の対象はないのだが、これは大きいのだろうなということは想像出来る。

真梨恵は、黙ってしごき続ける。でも、真梨恵自身も高ぶった気持ちになっていて、自分のクリトリスも触りたいと思っていた。そんな気持ちを隠しながら、ひたすらしごき続ける真梨恵。アキラは、さっき風呂場で母に抜かれていなければすぐにでも射精してしまったかも知れない。それくらい、姉にペニスをしごかれるのは快感だった。

ただ、真梨恵は慣れない動きを続けて、疲労を感じていた。右手から左手に持ち替えてみるが、上手く動かせない。

「ねーちゃん、口でして……」
アキラは、絞り出すようにそう言った。
『えっ? う、うん。やってみる』
真梨恵は、フェラチオというものがあることは知っていた。でも、自分とは縁のないものだと思っていた。男のペニスを口にくわえるなんて、気持ち悪い……。そんな風に思っていた真梨恵だが、アキラのペニスにはなんの抵抗も感じず口にくわえてしまった。

ただくわえるだけの真梨恵。それでも、口の中いっぱいに拡がるペニスの感触に、嫌悪感ではなく興奮を感じていた。胸がドキドキして下腹部がうずくような感覚に、真梨恵は戸惑っていた。

アキラは、ただくわえられているだけなのに、あの美しい姉がくわえてくれていると言うだけで、激しい興奮と快感を感じていた。
「そこの段になってるところ、舌で舐めたり唇でこすってみて」
アキラは、そんな指示をする。そして、そんな指示をしながらも、母のフェラチオを思い出していた。母とも姉ともこんなことをしてしまった……。アキラは、強い背徳感を感じている。でも、今さらもうやめることも出来ない程、射精のことで頭がいっぱいだった。

真梨恵は、アキラに指示された通りに舌でカリ首を舐め、唇をすぼめてカリ首をこするように頭を前後に動かした。ぎこちなくて下手くそなフェラチオだったが、もともと頭の回転の速い真梨恵なので、アキラのリアクションを見て、どうすればもっと気持ち良くなるのか学習していった。

アキラは、あっという間に母と同じ……どころか、母よりも上手になった真梨恵に驚いていた。
「ねーちゃん、すごく気持ち良いよ。あぁ、ヤバい……」
思わず声をあげるアキラ。真梨恵は、その切羽詰まったような声にゾクゾクしていた。大好きな弟にこんなことをしている……。それだけでも興奮してしまっていたが、アキラの可愛らしいリアクションに母性が刺激されたのか、もっと興奮してしまった。

真梨恵は唇をすぼめ、軽くバキュームすらしながら頭を前後に振る。本当に、セックスのセンスが高いようだ。そして、アキラの大きなペニスを喉奥まで飲み込み、窒息しそうになると、頭がボーッとするほどの快感を感じることにも気がついた。

「ねーちゃん、ダメ、出ちゃうよ」
切羽詰まった声で言うアキラ。もう、気を抜いたらいつでも射精が始まってしまいそうだ。
真梨恵は、アキラのものをくわえたままさらに頭を早く動かす。すると、アキラのペニスがさらに固さと大きさを増すのがわかった。真梨恵は、そんなペニスの変化に、達成感と愛おしさを感じていた。

「うぅっ、ウッ!」
アキラは、うめきながら真梨恵の口内に射精をした。圧倒的な快感に、腰が抜けそうになるアキラ。真梨恵は、喉の奥にまで突き刺さるように飛んできたザーメンの熱さと感触に、軽くオルガズムに至っていた。

真梨恵は、口の中いっぱいにあふれそうなザーメンをそのまま飲み干した。喉に絡みつきながら食道を落ちていき、胃に流れ込むのがわかるような気がする。それは、真梨恵にとっては幸せな感覚だった。

『いっぱい出たね。気持ち良かった?』
真梨恵は、うわずった声で聞く。イッたアキラが多少冷静になったのと違い、真梨恵の性的な興奮は今がピークだった。
「すごかった……。ねーちゃん、ごめんね、まずいでしょ?」
申し訳ない気持ちで言うアキラ。でも、姉がザーメンを飲み干してくれたことは、自分でも不思議なほど嬉しいと思っていた。
『え? まずくないよ。なんか、美味しかった』
真梨恵は、少し照れ臭そうに言う。
 
「ねーちゃん、ありがとう……」
アキラは、戸惑った顔でお礼を言った。正直、どんな風に話をしたらいいのかわからなくなっていた。
『ねぇ、今度はアキラがしてくれる?』
真梨恵はそう言いながら、膝でとどまっているパジャマとショーツを脱いだ。完全に全裸になった真梨恵。アキラは、ドキドキしながらそれを見ていた。
「するって? 何をしたらいいの?」
アキラは姉がなにを求めているのかわからず、質問をした。
『……舐めて……』
真梨恵は、顔を真っ赤にしてうつむく。そして、アキラに目を合わせずに寝転がり、ゆっくりと脚を広げていった。アキラは、吸い寄せられるように真梨恵の秘部に顔を近づける。そして、間近で秘部を見た。

やっぱり、アップで見てもグロくはない。そして、中からあふれるように透明の液体があふれていて、それがアナルの方まで流れているのが見える。アキラは、むしゃぶりつくように真梨恵の秘部に口を付けた。
舌が陰唇や膣口に触れると、驚くほど熱くて濡れている。アキラは、その液体を舌ですくい取るような勢いで舐めていく。初めて口にした真梨恵の秘蜜は、ほとんど味も臭いも感じなかった。
『うぅっ、あぁ、ダメぇ、飲んじゃだめだよぉ』
真梨恵は、恥ずかしそうに言う。でも、アキラを押しのけようとはしていない。アキラは、必死で舐めて吸って味わった。舌がプクッとした突起に触れると、
『うぅあっ、ヒィウゥ……そこダメぇ』
と、真梨恵が声を漏らす。アキラは、そこがクリトリスだと理解した。そして、舌でそれを弾いたり押したり、ペロンと舐めたりしながら責め続けると、真梨恵の身体がのけ反ってきた。声が漏れそうになるのを、自分の指を噛むことで押さえ込もうとする真梨恵。アキラはそれを見て猛烈に興奮していた。

真梨恵も、アキラの舌がもたらす快感に驚いていた。指で触るのよりも、圧倒的な気持ちよさ。声を我慢していても、漏れてしまうほどの快感。真梨恵は、今までのオナニーで、女の快感を知ったつもりになっていた。でも、まったく比べものにならないほど気持ち良い……。真梨恵は、オナニーでいつもイッていると思っていた。でも、それは本当のオルガズムではなかったことを知った。アキラの舌が機械的にクリトリスをペロペロと舐めていくと、いつもオルガズムと思っていた快感に、まだ先があることがわかった。

頭が白くなっていき、足や腰が自分の意思とは関係なく跳ねたり痙攣する感覚。オルガズムは小さな死だと言うが、真梨恵はまさに死の恐怖すら感じるほどの快感を味わっていた。

『ダメぇ、怖いっ! 声出ちゃうっ! 死んじゃうっ! イヤぁぁっ』
真梨恵は、頭を左右にブンブン振りながらそんな言葉を漏らす。アキラは、母に聞かれてしまう! と思いながらも、姉をもっと狂わせたいという想いが勝り、さらに強くクリトリスを舐めた。
『うぅうっ! うぅ〜っ! うぅう゛っ!!』
真梨恵は、言葉にすらならない声をあげて果てた。アキラは、グッタリと脚を広げて横たわる真梨恵を見て、理性が飛んでしまった。そのまま覆いかぶさり、真梨恵の濡れそぼった秘部にペニスを突き立てようとする。真梨恵は、熱っぽい目でアキラの行動を見つめている。そのまま、一つになりたい……そんな想いでアキラを見つめていた。


『ダメよ。ちゃんと避妊しないと。お姉ちゃんはもう妊娠出来ちゃうんだから、ダメよ』
急に入り口の方から母の声が響く。アキラも真梨恵も、ビックリして声も出せずにいる。そのまま、つかつかと二人に近づいてくる玲奈。アキラも真梨恵も固まったように、近づいてくる母を見ていた。

『いつからなの? 仲良いなぁって思ってたけど』
玲奈は二人を叱責するわけでもなく、にこやかな笑みさえ浮かべている。そして、そのままアキラにキスをした。ビックリするアキラと真梨恵に構わず、舌まで差し込んで濃厚なキスを始める玲奈。真梨恵は、母と弟の濃厚すぎるキスを見て、興奮してしまっていた。

アキラは、初めてのディープキスに天にも昇りそうな気持ちだった。舌が絡み合うのが、こんなにも気持ち良いなんて想像も出来なかった。そして、アキラも夢中で舌を使ってみた。母と舌を絡ませながらキスをしている……。そう思うだけで、アキラは激しく勃起してしまった。

『お姉ちゃん、そんな顔で見ないの。ほら、してごらんなさい』
そう言って、アキラとのキスを促す玲奈。真梨恵は、玲奈のその言葉に驚いた顔をしたが、すぐにアキラにキスを始めた。アキラは、夢のような気持ちだった。大好きな母と姉の両方とキスをする事が出来た。

アキラは、夢中で舌を絡めていく。真梨恵も初めてのキスということもあり、ぎこちなくしかキスが出来ない。すると、そこに割って入るようにレナがキスをしてきた。3人で窮屈ながらもキスをし、舌を絡め始めた。三人とも舌を出し、舌を絡め合っていく。
玲奈は、
(こんなのダメ……でも、もう止められない。あなた、ごめんなさい)
と、心の中で思っていた。

『アキラくん、どっちとする? 初めてでしょ? 大事な記念なんだから、どちらとするか決めて』
玲奈は、真剣な顔で言う。真梨恵は、
『ママ、ダメだよ! 今、私としてたんだから! アキラの初めては、私がもらうんだからね!』
と、だだをこねるような言い方をする。
『でも、真梨恵ちゃんも初めてなんでしょ? 初めてでこんなに大きなおちんちんじゃ、壊れちゃうわよ』
玲奈は、アキラのペニスを握って言う。
『へーきだもん! ママでしょ? 娘に譲ってよ!』
真梨恵はそんな風に言う。
『しかたないわねぇ。真梨恵ちゃんのブラコンにも困ったものね。じゃあ、まずは二人でしちゃおっか』
そう言って、玲奈はアキラのペニスをくわえた。
『あっ、ズルいっ!』
真梨恵は慌ててアキラのペニスに舌を這わせる。アキラの大きなペニスをくわえる母と、竿の部分を舐める姉。禁断の果実を口にしてしまったように、二人は夢中でアキラのペニスを責め続ける。
アキラは、あまりの快感と視覚的な淫靡さに、すでに頭の中は射精のことでいっぱいだった。

娘と奪い合うように息子のペニスをフェラチオしている玲奈は、
(あぁ、大きい……。もう、ダメ……我慢なんて出来ない!)
と、息子のペニスを欲しがっていた。そして、息子のペニスを口でしながら、器用にパジャマを脱いでいく。そして、あっという間に全裸になってしまった。

玲奈は、そのまま無言で身体を起こすと、滑らかな動きでアキラにまたがった。真梨恵が、
『あぁっ! ダメぇっ!』
と叫ぶのと同時に、愛する息子のペニスを膣奥まで一気に挿入してしまった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

仲良しカップル同士で宅飲みしてたらレズプレイが始まって2【ブロマガ】

前回の話

『真奈実ちゃん、すごく濡れてるよ。やっぱりエッチだね』
優香は、真奈実ちゃんの股間をまさぐりながらそんな事を言う。
『イヤァ……。エッチじゃないもん』
真奈実ちゃんは、おっぱいを剥き出しにして、スカートも完全にまくれ上がった状態でそんな事を言う。
『だって、パンツまで濡れてるよ。もっと触って欲しいんでしょ?』
優香は、そんな事を言いながら真奈美ちゃんの股間の手を動かし続ける。息を飲んで見続ける俺に、かすかにクチョクチョという湿った音まで聞こえてきた。

『恥ずかしよぉ……。設楽君も見てるのに……』
真奈実ちゃんは、熱っぽい顔で俺を見ながら言う。俺は、いつものほがらかな笑顔ではなく、発情したメスのような顔の真奈実ちゃんに見つめられて、言葉を失ってしまった。
『見られてる方が、興奮するくせに。真奈実ちゃんエッチだもんね』
そう言って、優香は真奈実ちゃんの乳首を舐め始めた。真奈実ちゃんは、アソコと乳首を同時に責められて、のけ反るような格好になる。
『うぅあっ♡ 優香ちゃん、気持ち良いっ。どうしよう、こんなの恥ずかしいのに……あっ、あぁっ、フゥ♡』
真奈実ちゃんは、凄く気持ちよさそうだ。そして、優香も目の色が変わってしまっている感じだ。おっとりした天然キャラの優香が、まるで別人のように真奈実ちゃんを責め立てている。

『いいよ、もうイッちゃうまで感じちゃいなよ。真奈実ちゃん、本当に可愛いよ』
優香は、もう途中で止めるつもりはなさそうだ。俺は、恐る恐る横の隆文を見た。すると、興奮に目を血走らせながら二人のレズプレイを凝視していた。彼も、止める気がないようだ。嫉妬深くて一途な隆文。でも、相手が女の子であれば、寝取られてしまっても構わないのだろうか?


『優香ちゃん、もう一回キス……して……』
真奈実ちゃんは、顔を真っ赤にしながらキスをおねだりする。すると、優香がすぐにキスをせず、真奈実ちゃんの口に指を二本突っ込んだ。そして、指で真奈実ちゃんの舌をもてあそぶようにし始めた。
『うぅあぁ、優香ちゃん、早くぅ』
優香の舌をイヤらしい舌づかいで舐めながら、真奈実ちゃんがおねだりをする。すると、優香がサディスティックな感じで、
『エッチな子だね。ダメだよ、キスして欲しいなら、私のことも気持ち良くして♡』
優香がそんな事を言いながら、シャツを一気に脱いでしまった。セクシーな真奈実ちゃんのブラとは違い、どちらかというと可愛らしいピンクのブラが姿を現わす。
『優香ちゃん、可愛いのしてるんだね』
真奈実ちゃんが、少しからかうようなニュアンスで言う。
『だって、おっぱい小さいから、真奈実ちゃんみたいなの似合わないし……』
少し悲しげに言う優香。すると、真奈美ちゃんがサッと優香のブラを外してしまった。さすがに女の子なので、一瞬でブラのホックを外せるんだなと、変なことに感心してしまった。

小ぶりだけど形が良く、乳輪も乳首も小さい優香の胸が剥き出しになる。
『優香ちゃんのおっぱい、凄く綺麗じゃん。乳輪も小さいし、羨ましいよ』
真奈美ちゃんが、優香の胸を見てそんな言葉を漏らす。俺は、真奈美ちゃんは良いとしても、隆文に見られてしまったことに衝撃を受けていた。さっきまでは、逆に俺が真奈美ちゃんの胸を見てしまっていた。良いのかな? と思いながらも、ラッキーだと思っていた。でも、逆に優香の胸を他の男に見られていると思うと、激しい嫉妬と独占欲が俺を支配する。

『そんな事ないよぉ〜。おっぱいが小さいからだよ』
優香はのんきにそんな事を言っている。俺は、気になって隆文の方を見た。すると、血走ったような興奮した目で優香の胸を凝視していた。俺は、止めてくれ、見るな、そんな事を思いながらも、妙にドキドキしていた。嫌なのに、興奮しているような変な感覚……。俺は、それを振り払うように優香と真奈美ちゃんのレズプレイを凝視した。

『今度は私が舐めるね♡』
真奈美ちゃんはそう言うと、優香の胸にむしゃぶりついた。優香の胸が俺以外の舌で舐められている……。それは、今まで感じたこともないようなショックがあった。まだ、舐めているのが真奈美ちゃんなのでセーフというか見ていられるが、この後、優香の感じている顔や声を隆文に見られたり聞かれたりするのはなんとか避けたいと思う。でも、真奈美ちゃんに舐められて、
『あっ、うぅ、真奈美ちゃん、気持ちいい♡ 女の子の舌って、柔らかいんだね』
と、優香が甘い声をあげたのを聞き、もっと先まで見たいと思ってしまった。
『優香ちゃんのカチカチになってるよ。優香ちゃんだってエッチだね』
真奈実ちゃんは、さっき言われたことを言い返すようにしながら責め続ける。優香は、真奈実ちゃんに胸を舐められながら真奈実ちゃんのスカートの中に手を差し込んだ。真奈実ちゃんのスカートは、完全にまくれ上がってしまっていて、シミの出来たショーツは丸見えだ。
『真奈実ちゃん、もっと濡れてるよ。エッチだね♡』
優香は真奈実ちゃんのアソコを触りながらそんな事を言う。真奈実ちゃんは、優香の乳首を舐め続けて何も言わない。

荒い息遣いで優香の乳首を舐め続ける真奈実ちゃん。優香は、
『あっ、うぅ、気持ち良い♡ 真奈実ちゃん、気持ち良いよぉ』
と、甘い声を漏らし続ける。こんな風に、感じてしまっている声を隆文に聞かれるのは、彼氏としては辛いものがある。でも、隆文に見られたり聞かれたりしていると思うと、不思議と興奮してしまう自分もいる。

すると、真奈実ちゃんが優香のショートパンツのウェストの部分から手を突っ込み、まさぐり始めた。

『あぁっ、ダ、ダメっ! 中に入れちゃ、うぁっ! ダメぇっ!』
優香は、ショートパンツの中に手を突っ込まれ、慌てた顔で叫ぶ。
『優香ちゃんだって、グチョグチョじゃん』
『ち、違う、そんな事ない!』
慌てる優香。真奈実ちゃんは、ショートパンツの中の手を激しく動かす。
『うぅあっ、ダメぇ、そんなとこ触っちゃ、あぁっ! イヤぁぁ』
優香はさっきまでの余裕のある態度から一転して、泣きそうな顔になっている。
『優香ちゃんのクリ、大っきくなってるよ』
真奈実ちゃんは、さっきと立場が逆転したように、イジワルっぽく言う。
真奈実ちゃんは体勢を変えながら、優香のショートパンツの中の手をまさぐる。
『ダメぇ、あっ、あっ、あぁっ、イヤぁぁ』
優香はダメと言いながら、顔が感じている顔に変わってきている。

『すごい……。もっと感じて良いよ。優香ちゃん、凄く綺麗だよ』
真奈実ちゃんは興奮した顔でそんな事を言いながら、顔を優香の顔に近づける。すごく至近距離で優香のことを見つめながら、ショートパンツの中の手を動かし続ける。優香のことを見つめる顔が、やたらと熱っぽく見える。
『うぅ、ダメ、恥ずかしいよぉ。隆文くん見てるのに……』
優香が、泣きそうな顔で言う。でも、真奈実ちゃんはさらに激しく手を動かし続ける。

『ほら、もっと感じちゃいなよ。隆文に見られながらイッちゃいなよ』
真奈実ちゃんがうわずった声で言いながらさらに手の動きを早くする。
『うぅああっ! ダメぇっ! イ、イッちゃうっ! おさむ、ゴメンね、イッちゃうのっ!』
優香が俺を方を見ながら叫ぶ。すると、真奈実ちゃんが優香にキスをした。優香は、真奈実ちゃんにキスをされながら身体を震わせた。

俺は、喉がカラカラに渇きすぎて声も出せなかった。

『優香ちゃん、可愛い♡ 見られながらイッちゃったね』
真奈実ちゃんが、いじわるっぽく笑いながら言う。
『……もう……』
優香は、恥ずかしそうな顔で言う。真奈実ちゃんは優香のショートパンツから手を引き抜き、優香の顔の前に持っていく。
『こんなになってるよ。ちょっと、濡れすぎじゃない』
笑いながら言う真奈実ちゃん。
『バカ……』
優香は、うっとりした顔のまま言う。真奈実ちゃんは、濡れて光っている指を、そのまま優香の口に突っ込んだ。すると、優香は真奈実ちゃんの指を舐め始めた。まるっきり、フェラチオでもしているような舐め方で……。

しばらくそんな卑猥な光景が続いたが、真奈実ちゃんが優香のショートパンツを脱がせにかかる。俺は、もう終わったと思っていただけに、ビクッとしてしまった。そして、止めなければ! と思ったが、言葉が出てこなかった。

優香は、腰を浮かせて脱がせやすくする。すると、あっという間にショートパンツが脱がされ、可愛らしいショーツが姿を現わす。
『ねぇ、設楽君が見てるから興奮しちゃったんでしょ? 私じゃなくて隆文にされちゃった方が、興奮するんじゃないの?』
真奈実ちゃんがそんな事を言い始める。俺は、一瞬、真奈実ちゃんの言葉の意味が理解出来なかった。

『そんなのダメだよ! ダメに決まってるよ!』
優香は、ビックリしたような顔で言う。
『どうして? 設楽君も見たいって顔してるよ』
急に話を振られて、俺はフリーズしてしまった。

『……そうなの?』
優香は、ビックリした顔で俺に質問した。俺は、言葉に詰まって何も言えなかった。
『ほらぁ。設楽君は寝取られ好きなんだよ! ほら、隆文、交代して!』
真奈実ちゃんは、うわずって震えたような声で言う。すごく興奮しているのが伝わってくる。
「えっ? こ、交代って?」
隆文は驚いた顔で言う。
『私とするみたいにすれば良いだけだよ〜』
真奈実ちゃんはイタズラっぽく言うと、優香の横から移動した。そして、呆然としている俺の横に座った。ブラが下にずれておっぱいが丸見えの真奈実ちゃん。それがすぐ横に来たことで、どうしても目が行ってしまう。

「……いいの?」
隆文は、恐る恐る優香に聞く。優香は、助けを求めるように俺の方を見た。俺は、優香の困った顔を見ながら、何も言えないでいた。すると、真奈実ちゃんが俺の手を握り、強引に自分のおっぱいに持っていく。俺の手の平が、真奈実ちゃんのおっぱいに直に触れてしまう。
『ほらぁ、私、もう触られちゃってるよぉ〜』
真奈実ちゃんが挑発的に言う。すると、隆文はガバッと優香に覆いかぶさり、その乳首を吸い始めた。
『あぁっ! ダ、ダメぇ、隆くん乳首吸っちゃダメぇ』
優香が、ビックリした顔で言う。でも、隆文は優香の乳首を吸い続ける。

『イヤ、あっ、ダ、ダメぇ、うぅっ、あっ、あっ、ふぅ♡』
優香は、驚いた顔のまま吐息を漏らし始める。俺は、どうしていいのかわからないまま、優香が乳首を舐められている姿を見つめていた。
さっき、真奈実ちゃんが俺のことを寝取られ好きだと言ったが、そんな事はない。想像したことすらない。でも、今の俺は自分でも驚くほど勃起している。興奮している……のかもしれない。

『優香ちゃん、気持ちよさそうだね。でも、設楽君も興奮してるね』
真奈実ちゃんはそう言うと、俺のズボンのもっこりを握ってきた。思わずうめき声を漏らす俺。すると、隆文と優香がこっちを見た。
「ダ、ダメだって! なに触ってるの!」
隆文は俺の股間を握る真奈実ちゃんにそんな事を言う。

『ねぇ、いいから続けよ? 隆くんのだって、こんなじゃん』
優香がそんな事を言った後、隆文の股間を握った。ズボンの上からだけど、優香が他の男の股間を握っていると思うと、嫉妬や焦りが渦巻く。俺は、優香がそんな事を言ったのを聞き、
「あぁ、優香……」
と、うめくように言った。

『ふふ。もっと固くなったよ。やっぱり寝取られ好きなんだね』
真奈実ちゃんは、嬉しそうに言いながら、俺のペニスをしごき始めた。ズボンの上からでも、やたらと気持ち良くてうめいてしまった。

『隆くん、し、下も触ってよ!』
優香が、イラッとしたような口調で言う。慌てて優香の顔を見ると、すねているような、怒っているような感じの顔だ。

「いいの!?」
隆文は驚いたような顔で言うが、優香がうなずくのを見て、すぐに手を優香の股間に持っていった。
『あっ、うぅ……あぁ……』
優香は、隆文に股間をまさぐられて吐息のようなものを漏らし始めてしまった。

『あ〜あ、可愛い声出しちゃってるね』
真奈実ちゃんが、俺のペニスを握ったままからかうように言う。俺は、止めなきゃと思いながらも、真奈実ちゃんの手が気持ち良くて何も言えない。

隆文は、夢中で優香の股間をショーツの上から触っている。
「すごく濡れてるよ。パンツ、ビチャビチャになってるよ」
隆文は、うわずった声で言いながら、優香のアソコを触り続ける。
『だ、だってぇ、気持ち良いんだもん。ウッ、あっ、あ、あぁん♡』
優香の甘い声が、どんどん大きくなっていく。自分の彼女が、目の前で他の男に感じさせられているのに、俺は止めようともせずに興奮してしまっている。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

仲良しカップル同士で宅飲みしてたらレズプレイが始まって【ブロマガ】

俺と彼女と仲の良い友達カップルで、俺の家で4人で飲んでた時の話です。

俺は大学2年で、背は低めだけどイケメンと言われることが多い。俺の彼女の優香は、ぱっちり二重の美人タイプだけど、ド天然と言われる。俺は、そんな彼女をすごく可愛いと思うし不満はないけど、もう少し胸が大きいと嬉しいかな? と思う。優香も俺と同じ大学2年だ。

友達カップルの男、隆文はどちらかというとブサイクな顔だけど、やたらと体格がよくてボディビルダーみたいな体つきをしている。気は優しくて力持ちを画に描いたような男だ。
その彼女の真奈美ちゃんは、すごくエロい体をした童顔のロリキャラだ。胸がとにかく大きくて、なおかつ、いつも露出の高めの服を着ているので、ついつい見すぎてしまう。二人とも、俺らと同じ2年生だ。

『また真奈美ちゃんのおっぱい見てたでしょ〜。ゴメンね、貧乳で』
いきなり優香に指摘され、俺は慌てて視線をそらした。ご指摘通り、チラチラと真奈実ちゃんの胸の谷間をのぞき見していた。真奈実ちゃんは、今日は胸元がざっくり開いたニットを着ているので、ブラチラしまくっていた。

「み、見てねーし」
慌てて言い訳をする俺。
『別にいいのに、見せるためにこんな服着てるんだよ』
真奈実ちゃんは、からかうように言う。
「ダ、ダメだって、見せるなよ」
隆文は、不満そうに言う。こんな露出過多の彼女を持っているのに、嫉妬深いところは変わらないようだ。

『良いなぁ。私も、もうちょっとおっぱい欲しいなぁ。牛乳飲むと良いのかな?』
優香は、羨ましそうに言う。
『でも、肩こるし、男の人にガン見されるしで良いことないよ〜』
真奈実ちゃんは下から胸を持ち上げて、重さをアピールする。でも、その動きがエロすぎて、俺は軽く勃起してしまった。
『それって、自慢だよぉ』
優香は羨ましそうに言う。
『でも、優香ちゃん美人で羨ましいよ。私なんて、胸しか取り柄ないし』
真奈実ちゃんが悲しそうに言う。
「そんな事ないって、真奈美は可愛いよ!」
すかさず隆文が力んで言う。本当に、真奈実ちゃんにベタ惚れのようだ。

『隆くん、ホントに真奈実ちゃんのこと大好きなんだね。ラブラブじゃん』
優香が優しい笑みを浮かべて言う。
俺は、優香のことを見ながら、
「俺だって、優香のこと大好きだぜ。優香は本当に美人だと思うよ」
と言った。
『ふふ。ありがとう〜。でも、真奈実ちゃんのおっぱいは大好きでしょ?』
イタズラっぽく笑いながら言う優香。俺は、苦笑いしてうなずいた。

「でも、本当に大きいよね。やっぱり肩こるんだね」
俺は、真奈実ちゃんにそんな事を言った。多少酔っているのもあって、つい言ってしまったのだと思う。
『うん。持ってみてよ。ホント重いんだから!』
そう言って、自分でおっぱいを持ち上げる真奈実ちゃん。俺は、
「どれどれ」
と言いながら、真奈実ちゃんの手からおっぱいを受け取るようにして支えた。
『ちょっと! ダメだよ!』
「な、なにしてんの! ダメだって!」
優香と隆文が声を揃えて叫ぶ。俺は、慌てて手を離した。でも、すごく柔らかくて最高の感触だった。そして、真奈実ちゃんが言う通りメチャクチャ重かった。
「ホントに重いね。これが2つもくっついてるんなら、肩こるはずだよ」
俺は、ごまかすようにそう言った。

『でしょ〜』
真奈実ちゃんは笑顔で言う。
「でしょ〜じゃないって! なに触らせてるんだよ!」
隆文は少し怒っている感じだ。

『そんなに重いの?』
優香は、不思議そうにそう言うと、真奈実ちゃんのおっぱいを下から持ち上げるようにした。
『ホントだ! スイカみたいに重いね!』
優香は、天然ぶりを発揮して、そんなズレたことを言う。黙っていれば、芸能人クラスと思うほど美人なのに、中身はド天然で少しおバカな感じだ。でも、それが本当に可愛いと思う。

「ちょっとぉ、ダメだって」
隆文は、優香には脱力したように言う。
『え? 女の子でもダメなの?』
真奈実ちゃんが、優香に胸を持ち上げられたまま言う。
「いや、別に……ダメじゃないけど」
隆文は、もごもごと言う。
『じゃあ、揉んじゃお〜』
そう言って、優香が持ち上げるだけではなく、真奈美ちゃんのおっぱいを揉み始めた。

『優香ちゃん、エッチだね』
胸を揉まれながら、楽しそうに言う真奈実ちゃん。俺は、揉まれるたびにグニョグニョと形を変える柔らかそうな真奈実ちゃんのおっぱいを見て、ほぼフル勃起になってしまった。

優香は、
『本当に柔らか〜い。隆文くん良いね、こんなおっぱいいつも揉めるなんて!』
と、本当に羨ましそうに言う。
「えっ、あ、うん。でも、優香ちゃんだって、本当に綺麗だと思うよ」
隆文はそんな事を言う。

『ゴメンね、美人じゃなくて』
真奈実ちゃんが少しすねたように言う。
「ち、違うって! そんな事言ってないって! 真奈実は本当に可愛いよ!」
隆文は慌てて言う。本当に、ラブラブで微笑ましいと思う。でも、優香はそんな二人のやりとりは関係なく、真奈実ちゃんの胸を揉み続けている。
『ねぇ、気持ち良い?』
優香は、そんな質問をする。空気を読む気などないようだ。
『エッ? う、うん。優香ちゃんの手、柔らかくて気持ち良いよ』
真奈実ちゃんは、戸惑いながらも答える。
『じゃあ、もっと気持ち良くさせちゃうね♡』
優香はそう言うと、いきなり真奈美ちゃんのキャミソールの中に手を突っ込んだ。
『ちょっ、何してるの!?』
慌てる真奈実ちゃん。俺は、もっと見たいと思ったので、とっさにフォローした。
「女の子同士だから、良いんでしょ?」
『え? う、うん。あっ、ダ、ダメだって、ブラの中は、うぅッ』
真奈実ちゃんは、戸惑いながらも甘い声を漏らした。
「ま、真奈美……」
隆文は、なにか言いかけて黙った。多分、俺と同じ気持ちになったのだと思う。”もっと見てみたい”と……。

『真奈実ちゃん、おっぱいはぷにゅぷにゅだけど、乳首はカチカチなんだね』
優香はそう言って、真奈実ちゃんのキャミソールの中で手を動かし続ける。
『そ、そんなこと……うぅ、ダメ……。優香ちゃん、つまんじゃ、あぁっ、くぅ……』
真奈実ちゃんは、もう感じ始めているようなリアクションだ。俺は、優香にレズっ気があるなんて知らなかった。でも、おっとりで天然の優香が、こんな風に責めているのはギャップがあって妙にエロい。

『可愛い声。真奈実ちゃん、敏感さんだね』
優香はそう言って、さらにもう片方の手を突っ込んでダブルで揉み始めた。
『アン、もう……エッチ……』
真奈実ちゃんは、もう抵抗は諦めた感じだ。
『ホント柔らかいぃ〜。良いなぁ、大っきいなぁ』
優香は羨ましそうだ。俺は、レズっぽい二人の行動を凝視していたが、ふと隣の隆文を見た。すると、隆文も股間をもっこりさせながら二人のレズっぽい行動を凝視していた。

俺は、二人を止めようかと思っていたが、隆文もそんな感じだったので黙って見続けた。
『ンッ、フゥ……。優香ちゃん、上手……あっ、それダメぇ……うぅぁっ』
真奈実ちゃんは、酔いのせいもあるのか甘い声が漏れている。
『真奈実ちゃんの乳首、石みたいに固くなっちゃってるよ』
優香は、少しうわずった声で言う。やっぱり、レズっ気があるのだろうか? 優香と付き合い始めて1年経つが、まったく知らなかった。

『だってぇ、優香ちゃん上手すぎるよぉ』
甘えた声で言う真奈実ちゃん。本当に気持ち良くてしかたないみたいだ。

さっきまで、1LDKの俺の部屋で、普通にこたつを囲んで宅飲みしていた。いつものことだ。ピザやコンビニで買った総菜を食べながら、ワイワイとビールやワインを飲む感じだ。本当に仲の良い4人なので、結構頻繁にこうやってあつまっているけど、こんな風にエッチな展開になったのは初めてだ。

俺は、ドキドキしながら、股間をもっこりさせていた。すると、いきなり優香が真奈実ちゃんのキャミソールをまくり上げた。真奈実ちゃんのブラは、赤色のセクシーなもので、胸の大きさに対してカップが小さい気がする。胸の谷間はさっきからチラチラ見えていたが、こうやって真正面から見ると、乳輪とかがはみ出るんじゃないかな? と思うようなきわどさだ。

『きゃっ』
真奈実ちゃんは、慌ててキャミソールを戻した。
『どうして隠すの? もっと気持ち良くなりたいでしょ?』
優香は、いつものおっとりした感じがウソのように、痴女っぽい雰囲気だ。いつもよりも酔っ払っていることが影響しているのかも知れない。

『えぇ〜? それは……。隆文、どうすればいい?』
真奈実ちゃんは、困ったように隆文に助けを求める。
「べ、別に良いんじゃない? 女の子同士だし、優香ちゃんだし」
隆文は、嫉妬や独占欲よりも、単純にエロい気持ちが勝ったようだ。

『ほらぁ〜。隆くんもOKって言ってるじゃん。行くよっ!』
優香はそんな風に言うと、さっきよりも勢いよく真奈実ちゃんのキャミソールをまくり上げた。
『もう……。知らないからね。設楽君も見てるのに』
俺のことを言われて、ドキッとしてしまった。隆文は、一瞬俺を見たが、結局何も言わずに視線を戻した。俺に真奈実ちゃんのブラ姿を見られてしまうジェラシーよりも、優香とのレズプレイをもっと見たいという気持ちが勝ったようだ。俺は、ラッキーだなと思った。二人のレズプレイを見られるし、真奈実ちゃんのブラ姿を見ることが出来る。最高に嬉しかった。

『失礼しま〜す』
優香はそんな事を言うと、真奈実ちゃんのブラのカップに手を突っ込んだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません2【ブロマガ】

前回の話

玲奈が子宮のうずきを振り払いながら夕食の準備をしていると、
『ただいま〜。お腹ペコペコ!』
と、無邪気に言いながら入ってきた真梨恵。髪が少し茶色で、メイクも濃いめ、とても中3には見えない大人びたルックスだ。
その、整いすぎなほど整った美しい顔が、より彼女を大人に見せているようだ。
ただ、Fカップある母と違い、胸はほぼぺったんこだ。まだ成長途中なのか、巨乳遺伝子が遺伝しなかったのかはわからないが、本人はそれをとても気にしている。毎朝牛乳を飲んでいるのも、そんな切ない乙女心だ。

『アキラ、どうした? 元気ないぞ。また、いじめられた? 姉ちゃんがシメてやろうか?』
バクバクと男勝りに夕食を食べながら、姉がアキラに声をかける。どちらかというと気弱なアキラは、実際過去に何度かいじめっ子を姉にシメてもらって助けられたことがある。アキラは”大丈夫”と答え、”眠いだけだよ”と言った。

『ふ〜ん。毎晩変なことばっかりしてるからだろw』
姉は、からかうように言う。おっとりとして天然な母とは違い、彼女はアキラが毎夜のようにオナニーしていることに気がついているようだ。
アキラは、耳まで赤くしながら、
「なんだよそれ、変なこと言わないでよ!」
とムキになって言った。

『あらあら、相変わらず、仲が良いのね。ママ、嬉しいわ』
どこをどう見てそう思ったのかは謎だが、母が満面の笑みで言う。真梨恵は、ハァ? と言ったが、まんざらでもない表情だ。実際、真梨恵はアキラを溺愛している。アキラが中学生になった今でも、可愛くて仕方ないと思っている。でも、気恥ずかしくて、そんな素振りはなるべく見せないようにしている。

そして、3人での楽しい夕食の時間は終わった。それぞれ風呂に入り、それぞれの部屋にこもる。姉は勉強やスマホでlineをし、アキラはさっきの母とのことを思い出しオナニーを始める。そして玲奈は、10年以上ぶりにオナニーを始めていた。

玲奈は、パジャマを着たまま、パンツの中に手を差し入れる。そして、アソコに触れて驚く。
(こんなに濡れて……。私、どうしちゃったんだろう?)
そんな事を思いながらも、クリトリスをまさぐり始めた。忘れていた性的快感に、玲奈は声を漏らしそうになる。
玲奈は、夫のことを思い出しながら夢中でクリトリスをまさぐった。夫にキスをされ、胸を揉まれ、そしてアソコを舐められている自分を思い出しながら、切ない思いでまさぐり続けた。

もともと、夫とのセックスが好きだった彼女だが、夫が死んだことでセックスもオナニーもしなくなった。そんな気持ちになれなかったこともあるし、子育てが大変だったこともある。それが、さっきの息子とのことで、眠っていた感覚がよみがえってしまったようだ。

玲奈は、夫のことを思いながらオナニーを続けるが、もう10年以上も経っているので記憶は薄くなってしまっている。それよりも、さっきの生々しい息子のペニスの固さを思い出してしまった。
(ダメ、そんなこと考えちゃ……。ダメ、あぁ、あなた、ごめんなさい)
玲奈は、息子のザーメンの味のことまで考えてしまった。そして、それを考えた途端、一気に快感が増すのを感じ、戸惑ってしまっていた。

(ダメ、ダメぇ、そんなのダメっ)
玲奈はそんな事を思いながらも、クリトリスをまさぐる手の動きを強くした。
『んっ、うぅっ』
玲奈は短くうめくと、オルガズムに達した。玲奈は、10年以上ぶりの強い快感に、身体をガクガクッと震わせていた。

次の朝、いつものように息子を起しに部屋に入った玲奈。アキラは、まだ完全に熟睡状態だ。はだけた布団、そして、アキラの股間は盛り上がっていた。朝立ち状態のペニスが、パジャマのズボンを突き破りそうなほど盛り上げている。
玲奈は、思わずそれに見入ってしまった。そして、昨日の夜からおかしな気分だった玲奈は、気がつくとパジャマの上から触ってしまっていた。
(すごく固くなってる……。それに、やっぱり大きい)
玲奈は、瞬間的に火がついてしまった。寝ている息子のパジャマとパンツをずらし、ペニスを剥き出しにすると吸い寄せられるようにくわえてしまった。そして、夫にしてあげていたような感じでフェラチオを始める。
(あぁ、これ……この感じ……。懐かしい……)
玲奈はそんな事を思いながら、舌を使い、唇に引っかけるような感じでカリ首を責め立てる。

アキラは股間の異変に気がつき、一気に覚醒していた。でも、薄目で確認すると、股間部分に母の顔が見え、慌てて目を閉じた。昨日の手コキよりも、さらに大きな快感。気持ち良すぎて声が漏れてしまいそうだ。でも、母は夢中でフェラチオを続ける。荒い息遣いや吐息のようなものを漏らしながら、舌や唇が襲ってくる。

経験のないアキラは、一気に限界が来てしまった。もう、イク寸前という感じだ。

(あぁ、ダメ、こんなのダメなのに……。でも、固くなってきた。イクの? あぁ、出してぇ、お口にいっぱい出してぇっ!)
玲奈はそんな事を思いながら、スパートをかけるように頭を振った。すると、すぐに爆発的な射精が喉に突き刺さってきた。熱いものが、何度も何度も喉の奥にぶつかってくる感覚。玲奈はその刺激に、強い性的快感を感じていた。
(うぅッ、ダメぇ、イ、イクっ! うぅッ!)
玲奈は息子に口内射精をされて、あっけなくオルガズムに達していた……。

玲奈は口いっぱいのザーメンを飲み干し、また軽いオルガズムを感じた。そして、慌ててアキラのペニスをティッシュでぬぐい、パンツとパジャマを元に戻す。

そして、優しくアキラの肩を揺さぶり、
『アキラくん、朝よ、起きて!』
と、いつものように起し始めた。アキラは、すっかりと目覚めていたが、いつものようにムニャムニャと言いながら、なかなか起きないフリをした。そして三回ほど起こされた後、寝ぼけたフリをしながら玲奈に挨拶をした。

『アキラくんは、いつまでたってもお寝坊さんね』
玲奈は優しい笑みを浮かべながら言う。ついさっき、息子にとんでもないことをしてしまったのをごまかすように、玲奈はいつも以上に優しい口調だった。

そして、いつも通りの朝食が始まる。父親のいない3人での朝食だが、玲奈はもう慣れてしまった。アキラはそもそもほとんど父の記憶はないし、真梨恵もかすかに覚えている程度だ。
『アキラ、モタモタするなよ。早く食べて行くぞ!』
真梨恵はアキラをせかすように言う。
「いいよ、先行っててよ」
アキラは、自分がモタモタと食べている事が申し訳なくて、そんな事を言った。
『そんなのいいから、早く食べろよな』
真梨恵は取り合わない。アキラとしては、姉と一緒に学校に行くのは、もう気恥ずかしいという気持ちが強い。でも、真梨恵は乱暴な言葉づかいで言っているが、アキラと一緒に学校に行きたいと思っている。ほとんど、恋人のようにアキラのことを思っているようだ。

真梨恵は、持ち前の美しさで、当然のように異性に人気がある。一部同性にも人気のようだ。でも、真梨恵はそういった恋愛ごとにはまるで興味がない。アキラがいれば良いと思っているフシさえある。

『そんなにせかさないの。喉につかえちゃうわよ』
玲奈は、にこやかに笑いながら言う。父親がいなくても、二人はとても良い子に育ってくれているなと感じていた。それなのに、自分はとんでもないことをしてしまった……。玲奈は激しく後悔していた。
(私、なんてバカなことをしちゃったんだろう……。もう、絶対にダメ……)
玲奈はそんな事を思いながら、二人を送り出した。そして、いつも通りに掃除や洗濯をする玲奈。一段落つくと、またムラムラと性的なうずきを感じ始めてしまう。玲奈は、寝室に入ると再びオナニーを始めてしまった。そして、亡くなった夫のことを思いながらクリトリスをまさぐり続け、イク瞬間にアキラのペニスをくわえてしまったことを思い出してしまった。

(私ったら……。こんなのダメ……。もう、思い出しちゃダメ)
玲奈はそんな事を思いながら、寝室を出た。


夕方、まずはアキラが帰ってきた。アキラは”ただいま”と言って家に入ると、真梨恵が今日は友達と遊んで帰るからご飯はいらないと言っていたことを伝えた。
直接言うと小言を言われてしまうので、こういう時にアキラはメッセンジャーにされることが多い。
『もう……仕方ないわねぇ』
玲奈は少し怒ったような感じで言うが、よくあることなので半ば諦めてもいる。真梨恵は、見た目は結構ギャルっぽいが、意外に真面目だ。こんな風に友達と遊んで帰るというときでも、22:00を過ぎることはない。

母親としては注意をしなければいけないと思いながらも、ある程度は彼女の自主性に任せようと思っているようだ。

そして、二人での夕食が始まる。玲奈は何となく意識してしまい、ぎこちなくなってしまいがちだった。あんなことをしてしまった後なので、無理もないかも知れない。それに引き換え、アキラはいつも通りの態度だった。
でも、実際は朝のことを思い出して意識しまくっていたのだが、ある決意を胸に秘めていたので、意識していつも通りを演じていた。


そんな事も知らず、玲奈は食事を終えた。
『お風呂入っちゃいなさい』
玲奈はそんな指示をする。すると、
「宿題やっちゃうから、ママが先に入って!」
とアキラは言った。
玲奈は、そんなアキラを偉いなと思いながら、先に風呂に入った。身体を洗い、湯船に浸かると、1日の疲れが溶けていく。すると、ドアの外に人の気配がしたと同時に、いきなりドアが開いた。ビックリして声も出ない玲奈。すぐにアキラが入ってきた。
「ママ、一緒に入ろうよ!」
アキラはすでに全裸だ。
『ア、アキラくん、ビックリしたわ』
玲奈は、思わず腕で胸を隠しながらそんな事を言った。今までは、アキラに全裸を見られても気にも留めなかった玲奈が、とっさにそんな行動を取ってしまったのは、息子のことを異性として意識してしまっている証のようだ。

アキラは、何も言わずに頭を洗い始め、手早く身体も洗った。玲奈は、そんな風に身体を洗うアキラを見ながらも、チラチラと彼の股間を覗き見ていた。
(あんなに大きくなってる……。私の裸で興奮してるの?)
玲奈は、天井を向くほど勃起したアキラのペニスを見て、そんな事を考えていた。すると、身体を流し終わったアキラが、
「一緒に入ろうよ!」
と言って、湯船に割り込んできた。慌てる玲奈の後ろに回り込み、密着するようにくっついてきたアキラ。玲奈は、背中に固いモノが当るのを感じながらも、
『あらあら、子供に戻っちゃったみたいね』
と、母の顔で取り繕った。
「久しぶりだよね。なんか、湯船が小さくなったみたい」
アキラはそんな事を言う。確かに、広めの湯船だが、二人が入るとそれほど余裕はない。
『アキラくんが大きくなったからよ』
玲奈は、目を細めるようにしてそう言う。母親の彼女からしてみれば、ついこの間までおっぱいをあげていたような感覚だ。それがすっかりと大人びた体つきになってきて、なおかつ亡くなった父譲りの大きなペニスを背中に押し当ててきている。その事の是非はともかく、成長を喜ぶ自分がいる。

すると、いきなりアキラが後ろから玲奈の胸を掴んで持ち上げるような動きをした。ビックリして声も出ない玲奈。
「ママだって、大きくなったじゃん。僕がおっぱい飲まなくなったから、大きくなっちゃったの?」
アキラは、無邪気とも言える質問をする。
『そ、そうね。それに、少し太っちゃったかしら?』
玲奈は、胸を持ち上げられたままなのに、それを止めることもなく答えた。判断がつかなかったからだ。アキラが性的な意味で胸を揉んでいるのか、それとも、本当に好奇心でそんな事をしているのか……。

アキラは、玲奈の胸をユサユサと揺さぶり始めた。Fカップの彼女の胸は、お湯に浮いているような感じになっている。大きさから、多少垂れ気味の彼女の胸も、お湯の中では重力から解放されたように美しい形を保っている。

子供二人を産んで、母乳で育てたのがウソのように、薄いピンク色の乳首と乳輪。でも、授乳の影響か、乳首のサイズは大きめに見える。アキラは、後ろからそんな絶景を覗き見ながら、無邪気に胸を揺さぶっていた。

玲奈は、笑いながらもうずき始めていた。長い間他人に触れられたことのなかった乳房を鷲づかみにされ、上下に揺さぶられている……。すでに彼女は、ハッキリとした性的快感を感じ始めていた。そして同時に、焦れていた。もっと気持ち良いところを触って欲しいと……。

「おっぱいって、重いんだね。こんなの、肩こるでしょ?」
無邪気な質問をするアキラ。
『そ、そうね。ちょっと大きすぎるかもね』
「ねーちゃんに分けてあげなよ」
アキラは、貧乳すぎる姉のことを言った。でも、まだ彼女も成長段階だ。

『そんな事言っちゃダメよ。私だって、高校に入るまではまな板だったのよ』
玲奈は昔を懐かしむように言う。実際、彼女は貧乳だった。それが、セックスを経験したのがきっかけになったように、ロストバージン後一気に成長した。

「そうなんだ! ねぇ、軽くしてあげるよ!」
アキラはそう言うと、身体を折り曲げるような無理な体勢になり、いきなり玲奈の乳首を口に含んでしまった。
『あっ、ダ、ダメよ!』
とっさにそんな事を言う玲奈。でも、アキラはすでに乳首を吸い始めていた。玲奈は、乳首から電流でも流れたようにビクンと体を跳ねさせた。
(あぁ、ダメ、こんな……気持ちいい……)
玲奈は、久しぶりの快感に、腰が抜けそうになっていた。それでも、
『アキラくん、もう出ないわよ。ダメよ、こんなことしたら』
と言って、アキラの行為を止めようとする。すると、アキラは吸うのを止めて舌を使い始めた。
『ンッ、フゥ、コ、コラ! 何してるの! ダメよ、うぅ』
玲奈はあまりの快感の強さに、つい甘い声も漏らしてしまう。
「ママの乳首、どんどん固くなってる。おちんちんと一緒だね」
アキラは無邪気な顔で言いながら、玲奈の固く勃起した乳首を舐め続ける。
『ダメ、うぅ、あっ、ダメよ、こんな……うぅあぁ、あっ、ふぅ』
玲奈は、乳首を中心に、多幸感に包まれていく自分に戸惑っていた。そして、背中に当る固いモノが、何度も何度もビクンビクンと跳ねるように動くのを感じていた。

玲奈は、後ろでに手を回し、それをギュッと掴んだ。
『アキラくんだって、固くなってるわよ。モヤモヤしてるのね。だから、こんなエッチなイタズラしちゃうんでしょ』
「うぅ、ママ、こすって」
アキラは、柔らかい母の手に包まれ、快感のあまり動きを止めた。
『ふふ。すっかり男になっちゃったわね。いいわよ、ここに座ってごらん』
玲奈は、アキラを湯船の縁に座らせる。すると、ちょうど目の高さに勃起したペニスが来た。まだ色が白くて綺麗なペニスだが、大きさや形状は大人顔負けだ。巨根だった夫のものよりも、少し大きいみたいだ。
(やっぱり大きい……。あなた、アキラくんは立派に成長してます)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8

前回の話

ラブホテルの玄関で、入室してすぐに中出しをされてしまった美里。私は、それを見ながらパンツの中で精を漏らしてしまった。
『なんでイッてるんだよ。ホントにド変態になったもんだな』
美里が、冷たい目で私を見ながら言う。美里は、膝までショーツを下ろしたまま、床にへたり込むように座っている。腰が抜けてしまったようだ。

そして、アソコからはついさっき悠斗に注がれた精液が流れ出ていた。当たり前のように中に出されてしまった美里。最近、子作りを始めようと言っていたのに、私ではなく悠斗に注がれてしまっている。妊娠してしまったらという不安がよぎる。

美里は、一応、昨日は安全な日だと言っていた。でも、不安で色々調べたが、体調なんかで生理の周期は変わるそうだ。
美里は、基礎体温をつけたりしているわけではない。単に、生理の周期でおおざっぱに安全日だと言っているのだと思う。でも悠斗に妊娠させられてしまうかも知れない……そう思った私は、イッたばかりなのにまだ興奮が持続していた。

「ゴメン。出ちゃった……」
私は、恥ずかしさと申し訳なさで顔が赤くなる。
「いやぁ、触りもしないのにイクなんて、やっぱ先輩はニュータイプっすね!」
悠斗は、バカにしている感じではなく、本当に感心しているような言い方だ。こういうところが、彼の憎めないところだと思うが、それでも恥ずかしいものは恥ずかしい。

『なんだそりゃ。アムロじゃないんだから』
美里は笑いながら立ち上がると、ショーツを脱いでスカートも脱いだ。相変わらずの美脚だ。でも、溢れ出た悠斗の精液が、太ももをまで濡らしているのが見える。
『ホント、いきなり中に出すなよ。面倒臭い』
美里はそう言って、悠斗をにらむ。
「えぇ〜、だって、子宮にぶっかけてって言ったじゃないっすか」
悠斗は、ビックリした顔で言う。でも、美里は涼しい顔で、
『言ってない。バカかよ。なぁ、そんな事言ってないよな』
美里は、私にそんな風に聞いてくる。実際は、美里は悠斗の言うように、イキまくりながら子宮にぶっかけてと叫んでいた。でも、私は政治家のように記憶にないといって逃れた。

「おっかしいなぁ。でも、美里ちゃんも中に出されるの好きっすよね?」
悠斗は、めげない。
『康太にならな。オマエに出されても、面倒臭いだけだし』
美里はそんな事を言う。私は、妙に嬉しくなってしまった。
「そんなぁ〜。じゃあ、今日は美里ちゃんのことイキまくらせて、俺色に染めるっす」
悠斗は、勃起させたペニスをそのままに、力強く言う。昨日もあれだけ射精して、今も出したばかりなのに、まったく柔らかくなる気配もない。若いからと言う言葉だけでは説明出来ないような絶倫ぶりだ。

『ほら、風呂入るぞ』
美里はそう言って浴室の方に移動する。そして、躊躇もなく服を脱いで全裸になる。
『なにボーッと立ってるんだよ。早く来いって』
美里はお湯張りをしながら悠斗に命令する。すると、悠斗は謝りながら慌てて美里の元に急ぐ。そして、同じように服を脱いで全裸になった。風呂で全裸になっている二人。二人とも、スタイルも良いしルックスも良い。私となんかよりも、よほど良いカップルに見える。

美里は、何食わぬ顔でクールに風呂にお湯を張ったりしているが、太ももどころか膝のあたりまで精液が流れ出ている。そして、いつもは陥没している乳首も、クッキリと浮き出ている。クールに振る舞っていても、内心凄く興奮しているのが伝わってくる。私は、パンツの中がグチョグチョで気持ち悪いなと思いながら、敗北感と疎外感にさいなまれていた。

『ほら、あんたも来いよ! パンツの中、グチャグチャなんだろ?』
美里は、私にそんな事を言ってきた。私は、犬みたいに浴室に飛んで行き、服を脱いだ。3人で全裸になっている……。おかしな感じだ。

『こうやって比べると、ホントに違うな。ちょっと並んで立ってみな』
美里に命令されて、私と悠斗は並んで立った。
「なんか、恥ずかしいっすね」
悠斗は照れた顔で言う。でも、彼のペニスは天井を向くほどそそり立っている。私のペニスは、それに比べると角度が緩やかで、床と平行になるのが精一杯だ。

でも、角度のことなどより、大きさそのものが違いすぎる。すでに何度も見ているのでわかっていたことだが、こうやって並べて比べると、違いすぎて泣けてくる。

すると、美里がいきなり私達のペニスを掴んだ。
『太さが全然違う。体積だと4〜5倍くらい違うんじゃない?』
美里にそんな感想を言われ、私はうなだれてしまった。

『なんで固くなってるんだよ。馬鹿にされて興奮するのかよ』
美里は、私にあきれ顔で言う。私も不思議だった。こんな風に比べられて馬鹿にされているのに、私のペニスはより固くなっていく。

美里は、あきれ顔のまま、私と悠斗のペニスをしごき始めた。
「おぉう、気持ちいいっす。美里ちゃん、キスもして欲しいっす」
しごかれて、気持ちよさそうな声をあげながら美里におねだりをする悠斗。
『するかよ。死ね』
美里はそう言うと、私にキスをしてきた。
「あぁ、ズルいっす!」
ムキになったような声で言う悠斗。美里は、そんな言葉は無視して、私の口の中に舌を滑り込ませてきた。

美里は、私とキスをしながら、私と悠斗のペニスをしごき続ける。不思議な気持ちだった。こんな状況なのに、美里が私にキスをしてくれているというだけで、悠斗に優越感のようなものを感じてしまった。私は、浮かれた気持ちで美里に舌を絡め続けた。

『今度は、アンタがカチカチになってきたな』
美里は、悠斗に向かってそんな事を言う。
「嫉妬っす。ジェラシーっす」
悠斗は、気持ちを隠さずに言う。正直な男だと思う。

『バ、バカかよ。こんなババァ相手に、なに言ってんだか』
美里は、照れた顔で言う。強気な彼女だけど、実は恥ずかしがり屋だ。
「いや、マジっす。俺、美里ちゃんのことマジで好きっすもん」
『はいはい。よし、風呂入るぞ』
美里は、照れた顔のままぶっきらぼうに言うと、身体をシャワーで流し始めた。
そして、美里は湯船に飛び込む。かなり大きめな湯船で、ジェットバスの機能もある。悠斗はすぐに身体をざっと流すと、風呂に飛び込んだ。悠斗は、美里の後ろに回り、抱えるようにしてリラックスする。美里は、まんざらでもないような顔で悠斗にもたれている。私は、泣きそうな気持ちのまま身体をシャワーで流し始めた。

『なんか、異常に固いものが当ってるんだけど』
美里は、あきれたような口調で言う。でも、どことなく嬉しそうな感じがする。
「すんません。美里ちゃんと一緒にお風呂に入れるなんて、嬉しすぎてギンギンになっちゃいます」
『嬉しいと勃起するのかよ。まぁ、悪い気はしないけど』
美里は、やっぱり嬉しそうだ。
「今日は、声とか我慢しないで下さいね。本気で感じるところ、先輩に見せてあげないと」
『オマエの、デカいだけでたいして気持ち良くないけどな。まぁ、頑張れよ』
美里は、強がったような事を言う。実際は、悠斗にヘッドホンをかけさせてセックスしたとき、美里は絶叫してあえぎ続けていた。本当に気持ち良くてしかたないと言う感じだった。あの時の美里を見てしまっているので、今の強がっている美里を見て、内心、少し笑えてしまう。

『なにニヤニヤしてるんだよ! 入らないのか?』
美里は、私にそんな事を言ってきた。確かに、3人入ってもまだ余裕がありそうな湯船だ。でも、この3人で一緒に風呂に入るのは、あまりにもシュールな気がする。言ってみれば、夫と妻とその間男が仲良く風呂に入っているという事だ。違和感しか感じなくても無理もないと思う。

それでも私は、慌てて湯船に浸かった。二人が密着しているのの反対側に小さくなって浸かる私。私が小さくなる必要などないと思うが、自然とそうなってしまう。

『あっ、なに触ってんだよ!コラ、うぅ、止めろって』
急に美里が声をあげる。見てみると、悠斗が後ろから手を回して、美里の胸を鷲づかみにしている。それほど大きくはない美里の胸だが、お湯に浮いているような形になっているので、重力から解放されて大きく見える。
「止めて欲しくないくせに〜」
悠斗は、美里の言葉なんて気にもせず、胸を揉み続ける。
『うるさいわ! ベッドですれば良いだろ? や、止めろ、うぅあぁ、バ、バカッ! なにつまんでるんだよ、あぁうぅ、くぅ……』
美里は、止めろと言っているが、振りほどこうとしたりはしていない。悠斗は、ニヤけた顔のまま美里の乳首をつまんだりしている。日頃の陥没乳首がウソのように、はっきりと乳首は飛び出ている。

「ほらほらぁ、こんなにカチカチ。先輩に見せてあげましょうよ。美里ちゃんが乳首でイクところ」
悠斗は、調子に乗ってさらに美里の胸を責め続ける。
『イ、イクかよ、オマエの下手くそな触り方じゃ、全然気持ち良くないし』
美里は、さらに強がる。でも、顔がとろけているのはよくわかる。美里は、陥没乳首にコンプレックスがある。でも、実はかなりの性感帯だ。それを理解したように、悠斗は執拗に責め続けている。

『うぅ、うぅッ、ン、フゥ……やめろって……ヒィアあぁ』
美里は、声を出すのを必死で堪えているような感じだ。でも、それも限界になっているみたいだ。
「なんで我慢するんす? 声出して思いきり感じちゃえば良いじゃん。先輩もそれを望んでるっす」
悠斗は、そんな事を言う。
『だ、だって、明るすぎるし……ウゥ……』
美里は、そんな事を言った。もう、気持ちいいのは認めてしまったみたいだ。
「じゃあ、先輩、目つぶってて下さい! 見えなければ良いでしょ?」
悠斗はそんな事を言う。私は、慌てて目を閉じた。
『ウゥ……バカ……』
美里は、あきれたような口調でそう言う。そして、目を閉じた私の耳に、美里の甘い声が聞こえてくる。
『う、うぅぁっ、あっ、あぁっ♡ 気持ちいいっ! 乳首気持ち良いっ、あっ、あっ、あっくぅ、ふぅ♡』
美里は、どんどん声を大きくしていく。私は、目を閉じてしまっただけに、余計にイメージが強くなっていく。すぐそこで、美里が他の男の手であえいでいる……。私は、なぜこんなことになったのだろう? と、今さらながらに考えてしまった。
最初は、悪ふざけで美里が悠斗に胸を見せた。私はその光景を見て、なぜか興奮してしまった。今思えば、あそこで美里を止めなかった事が、私の寝取られ性癖の開花に繋がってしまったのだと思う。……でも、もしかしたら、自分でも知らなかっただけで、もともと秘めていた性癖なのかも知れない。
ゲームだったかマンガだったかは忘れたが、ヒロインがライバルに連れ去られ、主人公が苦労のすえヒロインと再会したとき、ヒロインとライバルとの間には子供がいた……そのシチュエーションに、何とも言えない興奮を覚えた事を覚えている。

「ほらほら、もっと感じて良いっすよ。ちょっと痛くするっす」
悠斗は、ノリノリでそんな事を言う。
『ひっぐぅ……強すぎるぅ、ひぁあぁ、ダメぇ、うぅっ! うぅあぁっ、あっ! それすごいっ! も、もっと! もっと強くして良いから! うぅあぁあぁっ! そう! もっとっ! 潰してぇっ!』
美里は、一気にとろけさせられてしまった。
「ほらほら、いいっすよ、もうイッちゃってもいいっすよ!」
悠斗は、うめきながらあえぎ声をあげ続ける。もしかしたら、乳首への愛撫だけで、私とのセックス以上の快感を味わっているのかもしれない。私は、目を閉じたまま美里の声を聞き続けた。

すると、いきなり美里の声が消えた。
『ンッ! んっ〜っ!! んん〜っ!』
美里は、あえぎ声と言うよりは、うめき声をあげている。そのまま、しばらくそんな状態が続く。私は、恐る恐る薄目を開けてみた。

すると、両乳首をつままれたまま、顔を後ろに向けてキスをする美里が見えた。私は、ハッとして目を開ける。悠斗は、美里とキスをしながら一瞬私を見た。でも、すぐにニヤッと笑った感じになり、美里と舌を絡め始めた。

悠斗の乳首への愛撫は、単調なものではなかった。ただつまむとか、こするのではなく、そういった動きを組み合わせたような動きだ。そして、美里の乳首は、見た事がないくらいに大きくなっているように見えた。男も、興奮しすぎると勃起度が増して多少大きくなるときがある。女性も同じなのかな? と思った。

美里は、うめき声をあげながらも、悠斗とキスを続ける。よく見ると、美里も舌を絡ませているような感じだ。時折、唇と唇の間から、二人の舌がチラチラと見えてしまう。それは、恐ろしく私を興奮させた。自分の妻が、他の男と舌を絡ませる姿……。普通は、一生見る事のない光景のはずだ。仮に見てしまったら、それは離婚の危機というシチュエーションのはずだ。

それなのに私は、股間を爆発寸前まで大きくさせながら、瞬きも忘れて見続けていた。すると、美里が悠斗とキスをしたまま、お腹を突き出すような格好になった。それは、お腹を突き出しているのではなく、背中をのけ反らせているようだ。
そして、美里は悠斗の腕にしがみつくようにして身体をガクガクッと震わせた。

「ほらぁ、イッたじゃないっすか。ちゃんと乳首でイケたっすね」
悠斗は、これがドヤ顔だ! というような得意げな顔で言う。する美里は、急に私の方を見た。そして、目が合った状態で、
『見てた? 乳首でイカされちゃったよ』
と、恥ずかしそうな顔で言った。私は、ゴクッと生唾を飲み込んだ後、黙ってうなずいた。

すると、風呂の中で美里の足が伸びてきて、私の股間を押さえつけるように触ってきた。
『やっぱり大きくなってる。アンタは、私とエッチするよりも、私がコイツとエッチするのを見る方がいいのか?』
美里は、真剣な目で私に聞いてきた。
私は、美里の足に快感を感じながら、黙ってうなずいてしまった。
『フゥ……。じゃあ、今日は思いきり楽しませてやるよ』
美里は、少しだけイラッとした感じでそう言うと、唐突に立ち上がった。全裸の美里を見上げる私と悠斗。あっけに取られてしまっている感じだ。

『ほら、ベッド行くよ。グズグズすんなよ』
悠斗にそう言って浴室を出る美里。
「あっ、美里ちゃん待って! 着てもらうヤツ持って来てるから!!」
悠斗は、勃起させたまま慌てて美里の後を追う。私も、着てもらうヤツ? と思いながら、二人の後に続いた。

悠斗は、ワンショルダーのバッグから紙袋を取り出し、美里に渡す。
『ハァ? なんだこれ』
怪訝な顔で言う美里。イヤな予感しかしないという顔だ。そして袋から中身を取り出した美里は、鼻で笑いながら、
『バカじゃねーの』
と、思わず吹き出しながら言った。美里の手には、スクール水着が握られていた。それは、コスプレ用とかではなく、胸に名札も着いているような、ガチなスクール水着だった。

「ダメっすか? 俺、スクール水着大好物なんす」
悠斗は妙に可愛らしい顔で言う。おねだりする子供みたいな顔だ。
『こんなババァに、頭おかしいんじゃねーのか?』
美里は意味が分からないという顔だ。
「先輩も見たいって言ってるっす」
悠斗は適当な事を軽いノリで言う。
『わかったよ。でも、入るかな?』
美里は諦めた顔で言うと、スクール水着を着始めた。それは、凄く新鮮で、妙にエロい光景だった。学生時代の美里を想像して、ドキドキしてしまった。

そして、嫌がっていた割にはあっさりとスクール水着を着た美里。サイズはピッタリのようで窮屈そうではない。でも、最近少しムチムチしてきている美里が着ると、妙に肉感的でいやらしい感じがする。
20年前には気がつかなかったが、スクール水着ってエロいんだなと思った。意外に身体のラインがはっきり出るし、生地も微妙に薄いのか身体の凹凸が浮いているのもわかる。当時は、別になんとも思わなかったが、今思えばもっとよく見ておけば良かったかな? と思う。

『なんか、懐かしいな。どうだ? 別にエロくもなんともないだろ?』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません【ブロマガ】

アキラは、母の下着を顔に押し当て、匂いを嗅ぐようにしながらオナニーをしていた。もう、何度繰り返してきたのかわからないくらい、沢山してきた行為だ。
中学に上がり、友人からオナニーの仕方を教わって以来、アキラの性欲は爆発してしまった。もともとそれほど女の子に興味のなかったアキラ。幼い頃に父を事故で失い、姉と母との三人暮らしで、良くも悪くも女性の日常を知り、幻想を持てなくなったことが理由だ。

それが、オナニーを知って以来、主にネットでオナニーのおかずを得ていたアキラだったが、ある日風呂に入ったとき、洗濯かごに無造作に突っ込まれていた下着に過剰に反応してしまった。初めは、その場で手に取って眺めたり、匂いを嗅いでいただけだったが、ついにはこっそりと部屋に持ち込んでオナニーのおかずにした。

アキラは、母の下着を顔に押し当て、ペニスをしごき続ける。歳のわりにはかなり大きいペニス……。それは、死んだ父の遺伝的素養だ。ただ、大きいのにまだ真っ白で、皮も被り気味なところが、年齢相応なのかも知れない。

アキラは、母の裸をイメージしていた。最近はなかなか見る機会がないが、時折、わざと母が風呂上がりのタイミングで洗面所に入り込み、偶然を装ってそのまぶしい裸体をまぶたに焼き付ける。
母は全裸のまま、どこも隠すことなく”あら? どうしたの?”と、優しい顔で聞いたりする。おっとりしていて、天然だと言われることが多い彼女は、息子に裸を見られることに少しの羞恥心も湧かないようだ。

アキラは、ペニスをしごきながら、母の大きな胸をイメージしていた。彼にとっては、動画で見かけるどんなAV女優さんよりも綺麗で大きな胸だ。子供を二人産んだとはいえ、まだ30代前半の玲奈の身体は、さほど弛んだり緩んだりしていない。それは、中学生のアキラにとって、あまりにも刺激的だ。

最近、アキラはどんなAVを見ても、女優さんと母を重ね合わせてしまう。アキラは、顔に押しつけていた母の下着を自分のペニスに巻付け、さらにしごく。一気に快感が増し、彼は射精寸前になった。そして、慌てて母の下着をペニスから外し、汚さないように気をつけながら射精をした……。

痺れるほどの快感を感じながら、アキラは床にザーメンをぶちまけた。その瞬間、ドアがノックされた。アキラは大慌てで母の下着をポケットに突っ込み、
「は、は〜い」
と返事をした。
『アキラくん、ちょっと良いかしら?』
それは、母の声だった。
「ちょ、ちょっと待って!」
アキラは大慌てでパンツとパジャマを戻し、床を拭こうとした。でも、ガチャッとドアが開いてしまった。

すると、いつもの部屋着姿の母が入ってきた。デニムの短パンに、すぐにヘソが見えてしまいそうになる短めのTシャツ姿の母。なんと言うことのない普段の姿だが、オナニーを知ったアキラには刺激の強い格好だ。

「ちょっ、勝手に入ってこないでよ!」
アキラは、顔を真っ赤にして言う。アキラは、すっかりと油断していた。まだ、母も姉も帰ってきていないと思っていた。いつの間に? そんな事を思ったが、もう手遅れだ。

『ねぇ、アキラくん、ママのパンツ知らなぁい? 洗濯しようと思ったのに、なくなっちゃったんだ』
と、脳天気に言ってくる母。
「えっ? さ、さぁ? しらないよ」
アキラは、キョドりながら答えた。
『そうだよねぇ〜。どこ行っちゃたんだろう? あっ、もうすぐご飯だからねぇ〜』
と、母は部屋を出ていった。床に飛び散っているザーメンにも、部屋中に充満している匂いにも気がつかなかったようで、本当にいつも通りの感じだった。

アキラは、ホッと胸をなで下ろしながら、慌ててザーメンを拭き始めた。そして、拭きながらも興奮がどんどん増していくのを感じていた。ついさっき見た母の太もも……。そして、いつものようにノーブラでTシャツを着ているので、かすかに乳首も浮いていた。

アキラは、思い詰めた顔で部屋を出た。そして、洗濯機の前でパンツを探している玲奈に対して声をかけた。
「ママ、ゴメンなさい。パンツ、ここです」
アキラはそう言いながら、ポケットの中からパンツを取り出した。そして、それを玲奈に差し出す。
『えっ? どうしたの、これ? どこにあったの?』
玲奈は、キョトンとした顔で聞く。息子が、どこかに落ちていたのを拾ってくれたのだと思ったようだ。
「僕が、使った……」
アキラは、覚悟を決めてそう言った。
『使った?』
玲奈は、さらにキョトンとした。
「うん。その……オナニーに」
アキラは、正直に言った。でも、それは清い心で正直に言ったわけではなく、エロ漫画的な展開に持ち込もうと思っての行動だった。もう、妄想だけでは我慢出来ない……。そんな思いが暴走してしまっていた。

『えっ!? オ、オナニー? アキラくん、もうしてるの?』
玲奈は、心底驚いた顔になっている。アキラは、逆に驚いていた。ほとんど毎日オナニーしている彼。オナニー後のティッシュも、何重にもして丸めてこそいるが、そのままゴミ箱に入れている。きっと、気がついているだろうなと思っていた。

「う、うん。でも、やり方がよくわからなくて……。友達に聞いた通りやっても、上手く出来ないんだ……」
と、思い詰めた顔で言うアキラ。でも、それは演技だ。必要以上に困った顔をすれば、世話焼きの母が手伝ってくれるのではないか? そんな気持ちだった。

『そうなの? でも、まだ早いんじゃないのかな?』
玲奈は、顔を赤くしてそんな事を言う。彼女の中では、まだアキラは子供だ。ついこの間までランドセルをしょっていたし、おっぱいを飲んでいたのもついこの間のような感覚だ。
そのアキラが、オナニーをしている……。それは、想像もしていなかったことだ。でも、戸惑いながらも、成長を嬉しいと思う自分もいた。

「そんな事ないよ。みんなやってるし……。でも、僕は上手く出来ないから、ダメな男だよ……」
わざと落ち込んだ顔で言うアキラ。何度も妄想してきたようなことなので、滑らかに演技が出来ている。
『そんな事ないわよ! アキラくんはダメなんかじゃないわ!』
玲奈は、少しムキになったように言う。必死とも言えると思う。

「でも……」
アキラは、わざと弱々しいフリを続ける。
『ねぇ、見せてみて。ちゃんと出来てるか、見てあげるから!』
玲奈は、真剣な顔でそう言った。性的な興奮や好奇心は、まったく感じていない様子だ。

「う、うん。じゃあ、部屋に来て」
そう言って、アキラは歩き始める。
『えっ? ココじゃダメなの?』
玲奈も、意表を突かれた感じだ。
「うん。だって、恥ずかしいし、真梨恵ねーちゃん帰ってきたら、怖いし」
アキラは、そんな説明をした。でも、この説明も、沢山シミュレーションした中の一つのパターンだ。
『そんなに怖がらなくても良いのに。真梨恵ちゃん、ちょっと口が悪いだけよ』
玲奈はそんな事を言う。娘の真梨恵は、見た目は少しヤンキーっぽい。髪も少し茶色にしているし、メイクも少しキツい。でも、勉強は出来るし、誰かをいじめたり酒やタバコをやったりするようなことはない。単に、美的なセンスが少しヤンキー寄りだと言うだけだ。

でも、アキラは姉のことを結構畏れている。早くに父親が亡くなってしまったので、怒ることが苦手な玲奈に変わって、アキラにきびしく接することがあったからだ。
でも、アキラは畏れてはいるが、姉のことは大好きだ。きびしい時よりも、優しい時の方がはるかに多いからだ。

そして、アキラの部屋に入った二人。アキラは、心臓の音が聞かれてしまわないかと不安になるほど心臓がドキドキしていた。
『じゃあ、見せてごらん。そんなに詳しくないけど、教えるから』
玲奈は、勉強でも教えるようなニュアンスでそう言った。
「う、うん。じゃあ、するよ」
アキラはそう言って、ズボンとパンツを一気に脱いだ。すると、すでに7割方固くなっていたアキラのペニスが、ブルンと縦に揺れるようにしながら姿を現わす。
『まぁ、もう大きくなっちゃったのね』
玲奈は、目を丸くして言う。最近、一緒にお風呂に入っていなかったので、息子のそれが、こんなにも成長していたなんて知りもしなかった。
(パパに似たのね。大人みたいな大きさだわ)
玲奈は、少し頬を赤くしてそんな事を思っていた。同時に、夫が死去して10年、一度も勃起したペニスを見たことがなかったことを思い出していた。そして、かすかに性的な興奮のようなものを感じてしまい、慌ててそれを頭から追い払おうとした。

「ごめんなさい。すぐ大きくなっちゃうんだ……。上手く出せないからかな?」
アキラは悲しそうな顔で聞く。
『若いんだから、しかたないわよ。パパもそうだったって言ってたわ』
そんな説明をする玲奈。
「そうなんだ……。でも、ちゃんと出せれば、少しは落ち着くのかな?」
アキラは、そんな風に玲奈を誘導をしていく。
『そうね。ぴゅーっと出しちゃえば、スッキリするんじゃない? ほら、ママに見せてごらん』
玲奈は、義務感でそう言っていた。父親がいないので、性教育も自分がしなければならない……。そんな、義務感からだ。しつけだとか、道徳的なことの教育は、かなり姉に助けてもらった。でも、こればかりは姉に頼ることは出来ない。かといって、オナニーを教えられるほど、オナニーのことを知っているわけではないので、彼女に自信はなかった。

「じゃあ、するね」
アキラはそう言って、オナニーを始めた。と言っても、教わる必要もないくらいに毎日しているので、アキラはわざと下手くそなフリをした。竿の部分を握り、細かく動かす。それでは亀頭部分が一切刺激されないので、射精に至ることは難しいはずだ。それでも、アキラのペニスはどんどん大きさと固さを増していく。目の前に、大好きな母の肉感的でセクシーな太ももがあり、なおかつTシャツにかすかに浮かぶ乳首まで見える。

『えっ、まだ大きくなるの?』
玲奈は、目を丸くしてそう言った。もう、完全に大きくなっているとばかり思ったペニスが、さらに大きく太くなっていく。まるっきり、死んだ夫のものと変わらないサイズに見える。まだ13歳なのに、普通の大人よりも大きなペニスを持つ息子に、戸惑い照れてしまった玲奈は、無意識に生唾を飲み込んでいた。

「うん。これで100%だよ。僕の、どこかおかしい? 変かな?」
アキラは、玲奈のリアクションを見て不安になった。アキラは、他人の勃起したペニスを見たことがないので、玲奈の驚いた様子を見て、自分のペニスがどこかおかしいのかと不安に思っていた。

『そんな事ないわよ! ただ、その……。ちょっと大きいから、驚いちゃっただけよ。こんなところまで、パパに似るのね』
玲奈はそう言いながらも、頬に熱を帯びるのを感じた。まさか、自分の息子のそれを見て、こんなにも動揺してしまうとは思っていなかった。
(パパより、大きいくらいだわ……。子供なのにこんなに大きくて、大丈夫なのかしら?)
玲奈は、そんな心配をしていた。そんな心配をしてしまうほど、大きいペニスだった。

「良かった。ママ、ビックリしてたから、どこか変なのかなって思ったよ」
アキラも、安堵していた。そして、下手くそな振りのオナニーを続ける。
「これでいいのかな?」
アキラは、不安そうな顔を作って質問をする。
『そ、そうね。もう少し、先の方を刺激した方がいいのかしら?』
玲奈も、不安そうに言う。アキラは、そんな顔の母も可愛いなと思っていた。黒髪をショートにして、一見ボーイッシュな感じの玲奈。でも、ぱっちりとした二重まぶたに、柔らかそうな白い頬。顔の輪郭は丸っこくて、童顔な印象だ。そして、とくに意識せずに、自然とアヒル口っぽくなる唇は、よく姉にからかわれている。
それに対して姉は、大人びた美人顔だ。黙っていると、怖さを感じるくらいに綺麗だ。そんな、可愛くて美しい母と姉に囲まれているアキラは、クラスの女子にはどうしても興味を持てない。レベルが違いすぎるからだ。恵まれた環境だが、不幸と言えば不幸な話だ。

アキラは、玲奈の言う通り亀頭部分もこするようにした。
「うぅ、くすぐったいよぉ」
アキラは、大げさにそう言う。でも、実際はすごく気持ち良い。いつもしている動きに近い。

『くすぐったいの? 大丈夫よ、慣れるから。そしたら気持ち良くなるはずよ』
玲奈は、応援でもするような感じでアキラに言葉をかける。こんな異常な状況なのに、玲奈はいたって真面目だ。しっかりとした性教育をしなければ、死んだ夫に面目が立たないと思っているようだ。

「で、でも、上手く出来ないよ。これでいい?」
アキラは、わざとキテレツな動きをする。普通、そんな風にしないだろ? と突っ込まれそうな、おかしな動きをする。
『ち、違うわよ。もっと、握るみたいにしてごらん』
母は、大まじめで指示をする。でも、アキラはさらに脱線した動きをしていく。

「出来ないよぉ。どうしたらいい?」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた7

前回の話

美里は、私が覗いているのをわかった上で、積極的に悠斗にキスをしている。舌を差し込み、かき混ぜているのがはっきりと見える。美里の舌が、悠斗の舌に絡み合う……。私は、そんなものを見せられているのに、息を潜めて覗き続け、そして興奮していた。

美里は、チラチラと私の方を見ながらキスを続け、悠斗の背中に腕を回して抱きしめるような仕草までしている。まるで、恋人同士のようなキスを続ける二人。こんな状況なのに、私は自分が極限まで勃起しているのを自覚して、オナニーをしたくてたまらないと思っていた。

自分の妻が、会社の後輩とキスをする姿を見て、オナニーをしたくなる私……。どこで歯車が狂ったのだろう?

『もういいだろ? じゃあ、そろそろ帰ってくる頃だから、準備するか』
そう言って、美里は立ち上がった。私は、慌ててそっと玄関に戻り、内側からドアを開け、
「ただいま〜」
と、大きな声で言ってドアを閉めた。

『お帰り〜』
「お邪魔してます!」
二人が返事をする。私は、
「アレ? 来てたんだ!」
と、悠斗に向かってわざとらしい演技をする。でも、さっきは本当に驚いた。まさか、早く帰った悠斗が来ているとは思っていなかったし、美里が私に買い物を頼んだのも、こういう事だったのかな? と思ってしまう。

「すんません。美里さんが、ナイショって言うんで……」
悠斗は、多少申し訳なさそうな感じだ。
『ほら、アンタも着替えな。出かけるよ』
美里は、気にする様子もなく、そんな指示をしてくる。
「えっ? どこに行くの?」
私は、さっきの会話を盗み聞きしていたので、薄々見当はついているが、とぼけて聞いた。
『ホテルだよ。ラブホテル。見たいんだろ? 私がコイツにメチャクチャにされるところ』
美里は、ニヤッと笑いながら言う。私は、昨日”本気で感じてる美里ちゃんが見たい”と言った。でも、まさか次の日にこんなことになるなんて、夢にも思っていなかった。……昨日の今日で、どうやって悠斗と約束したんだろう?
私は、その事に気がついてハッとした。
「悠斗と、どうやって約束したの?」
『え? lineだよ。コイツ、この前こっそりメモ渡してきたからさ』
美里は、とくに悪びれる事もなく言う。
「すんません」
逆に、悠斗が申し訳なさそうな感じだ。軽くてノリの良い悠斗でも、ナイショで約束をするのはさすがに申し訳ないと思っているようだ。

「いや、いいよ。気にしなくても」
私は、二人が密かに連絡を取り合っていた事にショックを受けながらも、それ以上にこの後の展開が気になっていた。目の前で、美里が本気で感じる姿を見せてくれる……。想像しただけで、喉がカラカラになるのを感じる。

『ほら、行くよ』
美里は、そう言って玄関に向かって歩き始める。私は、慌てて服を着替え、二人の後を追う。エレベーターの前で二人に追いつくと、
「3人で入れるところなんてあるの?」
と、聞いた。ラブホテルは、普通は二人で入るところだと思う。3人でなんか入れないような気がする。
「大丈夫っす。ちゃんと、確認しときました」
悠斗が自信たっぷりに言う。でも、そもそもどうしてラブホテルなんだろう? 不思議に思った私は、質問した。
「どうしてラブホテル行くの? ウチじゃダメなの?」
『ダメでしょ。だって、ウチじゃ本気で声出せないし』
美里は、少し固い声で言う。彼女が、少し緊張しているような感じがした。

「そうっすね。こんな時間からあえぎまくったら、変な評判立っちゃいますもんね」
悠斗は、ご機嫌な感じだ。昨日も美里とセックスをしたのに、こんなにも嬉しそうな悠斗。悠斗は、本当に美里の事が好きなんだなと伝わってくる。

『まぁ、コイツとしたところで、そんなに声出ないけどな』
美里は、そんな憎まれ口を叩く。
「またまたぁ〜。今日は我慢しなくてもいいんすよ」
悠斗は、まったくへこたれる様子もない。打たれ強さが彼の持ち味だ。

『はいはい。デカいだけで、テクはたいしたことないくせに』
美里も、煽るように言う。
「言ったっすね! 今日は、重い胴着も脱いで本気出すっす!」
悠斗が、真面目な顔でふざけた事を言う。
『ピッコロかよ』
美里はそんな事を言って笑っている。美里は、古いアニメやマンガが大好きなので、そんなくだらないギャグにも良い反応をする。言葉づかいもそうだけど、趣味まで男っぽい。

そして、3人で車に乗り、ナビゲーションをセットすると、私の運転で出発した。すぐ近くのホテルかと思ったが、東名高速の横浜町田インター近くだ。
「なんで二人とも後ろに乗るの? 寂しいよ」
後部座席に乗り込んだ二人に、私はそんな事を言う。でも、本音は興奮している。
『ウソつけよ。そんな事言いながら、なに勃起させてんの?』
美里は、後ろから手を伸ばして私のペニスをズボンごと握る。
「うぅ、ダ、ダメだって、運転中だって!」
私は、少し慌てた。
『ガチガチじゃん。ホント、アンタも一気にド変態になったもんだよな』
あきれたように言う美里。
すると、
「じゃあ、もっと興奮させちゃいましょうよ」
と、悠斗が楽しそうに言う。
『そうだな。ド変態には罰をあげないとな』
美里もそんな事を言っている。そして、ゴソゴソと後ろで動く音や気配がする。でも、バックミラーには悠斗の姿がチラチラと映る程度で、何をしているのかわからない。

私は、運転しながらも気になってしかたなかった。そして、こういう時に限って、なかなか信号に掴まらない。モヤモヤしながら、それでも気をつけて運転を続け、やっと赤信号で停まると、すぐに後を振り返った。

すると、ニヤけた顔の悠斗と、悠斗の股間に頭をうずめている美里が見えた。美里は、ファスナーから悠斗のペニスを剥き出しにして、それをくわえていた。
「先輩、すんません。美里ちゃんのお口、借りてるっす」
悠斗にそんな事を言われ、私は軽く屈辱を感じた。でも、それ以上に興奮してしまった……。
『なに見てるんだよ。ド変態。ほら、悠斗、今度はオマエの番だぞ』
美里は、そんな指示をして座席に深くもたれた。私は、美里が悠斗の事を名前で呼んだのが凄くドキッとした。言葉は荒いけど、悠斗と言った口調は、妙に優しい感じがした。

衝撃を受けている私の前で、悠斗が遠慮なく美里の唇を奪った。美里も、まったく無抵抗でキスを受け続けている。悠斗は、キスしたまま美里の服の中に手を突っ込み、胸をまさぐるような動きを始めた。私は、生唾を飲み込んで、ただそれを見つめていた。
すると、後ろからクラクションを鳴らされて、私は慌てて前を向いて車を動かし始めた。

バックミラーには、美里の髪がチラチラ見える程度で、ほとんどなにも見えなくなった。私は、凄く後ろが気になりながらも、ナビに従って首都高速に乗った。高速に乗ってしまうと、もう後ろを気にする余裕もなくなる。でも、容赦なく美里の吐息が聞こえてくる。
『ンッ、あぁっ、そう、やっぱり上手いな、あっ、フゥ……』
美里の甘い声がドンドン大きくなっていく。
『バカっ、そこはダメだって、おい! うぅ、な、なにやって、うぅっ! 指入れるなっ! ひぃぅ……』
美里の焦ったような声が響く。
「またまたぁ〜。ぐしょ濡れじゃないっすか。2本にするっす」
『うぅあっ、だ、だめ、コラ、抜けって、ひぃあぁ、うぅあぁっ』
美里はやめさせようとしているが、声に力が入らなくなっていく。

「ココっす? あ、ココだ。ほらほら、もっと感じちゃって下さい」
『うぅあっ、あっ、こ、こするな、あぁっ! ダメだって、うぅっ! ぬ、抜けって、あぁっ、クゥ、あっ、あっ、あぁんっ♡』
美里は、とうとうあえぎ声だけになってしまった。

「ほらほら、今日は本気で感じるンっすよね? もっと声出しちゃって下さい!」
悠斗の声が響く。それだけではなく、クチョクチョという大きめの水音まで響き始めた。
『あっ、あっ、あぁっ、くぅ、そこ、あぁっ、気持ちいいっ、もっと強くて良いから! あっくぅ、そう! あっ、あっんっ、あんっ♡』
美里は、気持ちよさそうな声をあげ続ける。

私は、なんとか運転に集中しながら、首都高速から東名高速に入った。その頃には、美里はもう普通にあえぎ声を上げ、車内はとても淫靡な空気が充満していた。

『だ、め……うぅあっ! 気持ちいいっ! ヤバい、これ、うぅあっ! イクっ! もうイクッ! 康太、イクからっ! 悠斗の指でイクからっ!! うぁああぁっ!!』
美里は、挑発的な言葉を言いながら、ほとんど叫ぶようなボリュームで声を出す。
「スゲぇ締まってるッす! ほら、イッちゃって! 先輩の前でイッちゃって!」
悠斗も、うわずった声で叫ぶ。興奮しているのがよく伝わってくる。
『イクっ! イクっ! うぅああぁっ!!』
とうとう美里は大きな声で叫びながら、イッてしまったようだ……。そして、高速の出口が近づく。私は、危うく通り過ぎるところだったが、なんとか高速を降りた。

「もう着いたっすね。美里ちゃん、パンツ戻さないと」
悠斗がそんな事を言う。
『あ、あぁ、穿かせろよ……』
グッタリした声で言う美里。
「了解っす」
悠斗は嬉しそうに返事をする。美里は、自分で下着を穿けないくらいに深くイッてしまったのだろうか? 私は、悠斗の指にすら勝てないんだなと実感した。でも、もう悔しいとかそういう感情はわき上がってこない。

「OKっす」
『……ありがとう。オマエ、上手すぎ……』
「え? 褒めてくれてるんすよね? どうしたんすか、珍しい!」
『褒めてねーし。ホント、こんなことばっかり上手いんだな……』
美里は、そんな事を言いながらも、妙に優しい口調になっている。
「キスして良いっすか?」
悠斗は、わざわざ質問する。
『好きにしろよ』
「はいっ!」
そして、物音がしなくなった。バックミラーに、チラチラと悠斗の髪の毛が見え隠れする。濃厚にキスをしているような雰囲気だ。美里は、もう悠斗とのキスに抵抗がなくなってしまったみたいだ。

そして、信号に掴まる事なく、結局ホテルまで来てしまった。駐車場に止めて振り返ると、二人はまだキスをしていた。唇をお互いに密着させて、舌を絡めている。
「つ、着いたよ」
私が声をかけると、二人とも慌てて離れた。キスに集中しすぎて、本当に車が停まった事に気がつかなかったようだ。

「じゃあ、行きますか!」
悠斗はいち早く気持ちを切り替え、元気よく車から降りた。私と美里も、それに続くように車を降りる。でも、どんどん歩いて行く悠斗。少し距離が離れたからか、美里が小声で話しかけてきた。
『本当に良いのか? 声我慢したりしないぞ』
美里は、緊張と言うよりは、迷っているような感じだ。私は、小さくうんと頷いた。
『ハァ……。ド変態』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ブロマガ】強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた6

前回の話

美里は、私の上でイヤらしいランジェリー姿で繋がったまま、悠斗のペニスをくわえている。私が必死で腰を突き上げているのに、フェラチオをする余裕もあるようだ。
美里の舌が大きなペニスに絡みつき、頬がすぼまってバキュームをするのまでよく見える。そして、奥までくわえ込み、苦しいのか顔が赤くなり、涙目にまでなっている。そして、そんな風にすればするほど、美里の膣が痛いほどに私の粗末なペニスを締めつけてくる。

どうして私のペニスは小さいのだろう? そんな劣等感を強く感じながら、イキそうなのを必死で我慢している。美里は、私と繋がっているからというよりは、悠斗のペニスをくわえていることで興奮している感じだ。

美里が興奮しているせいか、今まで一度も当ったことのない子宮口に、私のペニスの先端がかすかに触れる感触がする。身体が種付けを望むと、子宮がグッと下がってくるそうだ。今までの私とのセックスでそうならなかったのは、私に種付けされたいという気持ちを持てなかったからなのだろうか?

私は、イキそうになっているので、腰を突き上げるのが弱々しくなっていく。すると、美里が焦れたように腰を前後にこすりつけるように動かす。そして、そのまま私を搾り取りにかかる。もう、まったく余裕がない。身体から力を抜き、なんとかイクのを紛らそうとした。

美里は、さらにフェラチオを熱心に続ける。いつも比較的クールな美里が、熱のこもったフェラチオをしている……。こんなにも夢中になるほど、悠斗のペニスは凄いということなのだろうか?

美里の口の端から、よだれも垂れてくる。それが私のお腹の辺りに垂れてきて、なぜかそれに激しく興奮してしまった。

「美里、ゴメン、イッちゃいそう……」
私は、まだ入れて3分も経っていないので、情けない気持ちでそう言った。
『ハァ? 小さい上に早いとか……。いいよ、早くイケ。それで、コイツと交代するから。アンタのだと、さっきから奥に微妙にかするだけだから、逆に欲求不満になる』
美里は、不満そうに言う。そして、腰の動きをさらに加速した。私は、
「あぁ、イクっ、ごめんっ!」
と、叫びながら、あっけなく射精してしまった。
『ホント、早いな。よし、交代』
美里は、いつも以上に口が悪い感じだ。それが照れ隠しなのか、それとも本当にキレているのか、私にはわからなかった。

「了解っす! じゃあ、先輩、美里さんのアソコ拡げて下さい」
悠斗は、私にそんな指示をしてくる。
『ハァ? なに馬鹿なこと言ってんだよ! 死ねっ!』
美里がキレ気味に言う。
「いいから、いいから。ほら、先輩こうして拡げて下さい」
悠斗がゼスチャーしながら、ニヤニヤ笑って言う。私は、悠斗に導かれるように美里の後ろに回り、後ろから手を伸ばして美里のアソコを拡げ始めた。美里は、口では過激なことを言っていたが、結局抵抗はしない。
私は、不思議な気持ちになってしまった。他の男が入れやすいように、妻のアソコを指で拡げる……。そんな狂ったような状況なのに、私は興奮してしまっていた。イッたばかりのペニスが、もう固さを取り戻しそうな気配もある。立て続けに射精している私が、こんなになっているのは、自分でも驚いてしまう。

「良い眺めっす。あらら、先輩のあふれ出てきてるっすよ」
『うっさいわ。いいから、さっさと入れろよ』
美里はそんな風に強気で言う。でも、声がうわずっているのが丸わかりだ。穴あきのエロいランジェリーを身につけ、他人のために夫にアソコを拡げられる……。どんな気持ちなんだろう? 興奮? あきらめ? 怒り? 私には想像できない。でも、この異常な状況が、私を激しく興奮させていることだけは間違いない。

「じゃあ、俺ので先輩のザーメン掻き出しちゃいますね」
そう言って、悠斗は自慢のペニスを握り、亀頭部分を美里の膣口にこすりつけ始めた。クチョクチョという音がするたびに、美里の身体に力が入るのが伝わってくる。悠斗は、私が大きく拡げた膣口にペニスをこすりつけながら、なかなか入れようとはしない。
『い、いいから入れろ!』
美里が、焦れたように叫ぶ。
「は、はいっ!」
余裕の顔で焦らしていた悠斗は、一気にビビった顔になり、ペニスを押し込み始めた。のぞき込むように見ている私の目の前で、私の倍……3倍近くはありそうなものが入っていく。精液が溢れ、ドロドロになった美里の膣を、悠斗のペニスがさらに押し広げながら入ってく。

『うぅ、太い……』
思わず声を漏らす美里。直前まで私のものを入れていただけに、その差に驚いている感じだ。でも、悠斗はそのまま一気に入れず、竿の半分程度まで埋め込んだ時点で動きを止めた。
『な、なんで止めんだよ』
美里は、言葉とは裏腹に、弱々しい声で言う。
「いや、スゲぇエロい眺めだなって思って。旦那さんが奥さんのおまんこに他人棒突っ込むの手伝うなんて、ヤバすぎっすもん」
悠斗は、少し言葉責めっぽい感じで言う。
『……いいから、入れろよ……。さっき、中途半端に焦らされてイライラしてんだから!』
美里はそんな事を叫ぶ。私は、私の短いペニスが中途半端に頑張ったせいで、美里が欲求不満を募らせているのが申し訳ない気持ちだ。
「先輩、美里ちゃんこう言ってるんで、奥まで入れてもいいっすか?」
悠斗は、ニヤニヤした顔のまま言う。本当に、この状況を楽しんでいるようだ。

私は、少しも迷わずにうなずいてしまった。
「じゃあ、美里ちゃん、先輩OKみたいなんで、奥まで入れるっすね」
悠斗は馴れ馴れしく言う。美里も、美里ちゃんと呼ばれることになにも言わない。じっと悠斗のことを見ているだけだ。すると、悠斗が一気に腰を突き入れた。悠斗の残りの半分が、一気に美里の膣中に消える。入れた途端に美里の体が跳ねるように動き、私は拡げていた手を離してしまった。
『ぅうぉおおっ、あ、ヒィ……』
美里は、今まで聞いたことのないような獣じみた声をあげる。
「イッちゃったっすね」
悠斗は、嬉しそうに言う。
『だから、イッてないって言ってるだろ……。ウザいわ』
美里は、強がってそんな事を言う。でも、声が震えているし、私にもたれかかった身体も、ビクッ、ビクッと痙攣するみたいに動いている。どう見ても、イッた直後という感じだ。

「じゃあ、もっと頑張るっす!」
悠斗はニヤけたままそう言うと、腰を動かし始めた。長いストロークを生かして、抜けるギリギリまで引っ張る。
『うぅあぁっ! めくれるうぅ……あぁっ!』
美里は、身体を内側に折り曲げるようにし、アソコをのぞき込むような格好になる。そして、悠斗が一気に押し込むと、今度は逆にのけ反るような格好になり、
『ンおおぉおぉッ! 奥、潰れるぅ』
と、弱々しくうめくように言う。

悠斗は、それを一定のリズムを刻みながらする。速くガンガン動かすのではなく、どちらかというとゆったりしたリズムだ。でも、美里はのけ反ったり丸まったりしながら、あえぎ、うめき続ける。

私は、目の前で、しかも身体を密着させている状態で美里をこんな風に責められ、大きく動揺していた。
「先輩、なにしてるんすか。美里ちゃん、触って欲しがってますよ!」
悠斗はそんな事を言ってきた。私は、その言葉に慌てて後ろから美里の胸を揉んだ。私の手の平に触れる彼女の乳首は、コルクのように固くなっていて、普段の陥没乳首がウソのように存在を主張していた。

私は、目の前で悠斗の大きなペニスに突かれる美里の胸を揉み、乳首もつまんで責め始めた。
『うぅっ、ダメ、ダメだって、うぅあぁっ!』
美里は、より大きな声であえぎ始めた。
「そうそう、良い感じっす」
悠斗は腰を大きく動かしながら言う。不思議なもので、あんなに衝撃的だった3Pにも慣れてきてしまった。悠斗と二人で、美里を責める。こんな風に自分の妻をシェアしながら、私はすっかりと回復して勃起してしまっていた。

『ひい、あぁ、は、早くイケって、もう、いいから、うぅあっ』
美里は、まだ強がったようなことを言うが、いつもの強気がウソのように弱々しい口調になってしまっている。
「スゲぇ締まってるっす。もう、イキっぱなしじゃないですか。やっぱ、俺のチンポ良いでしょ?」
悠斗はそう言って腰を振り続ける。美里が、私のものの方が良いと言ったことを、かなり気にしているようだ。

『ぜ、全然。康太の方が良いに決まってるだろ? ウゥ、もう、イケって、アンタも、乳首触るのやめろ!』
美里は、そんな強気なことを言う。でも、あえぎ声を抑えるのが難しいようだ。
「そんな事ないでしょ? ほら、スゲぇ感じてるじゃないっすか!」
悠斗はムキになったような口調で言うと、腰の動きを速くした。ストロークは長いまま、速度を速めた悠斗……。間近で見ていると、凄い迫力だ。クチョクチョという音だったのが、グチョッ! グチョッ! と、より大きく下品な感じに変わっていった。

『ダ、メ……うぅっ! ウッ! あ、あっっ! 奥突くなって! もう、突くなよ、ウゥあっ! あっ! ヒィ、あぁっ! あっ! あっ! あっん♡』
美里は、もう完全に感じている声だ。私とのセックスでは、こんな声を出してくれることはない……。
「ほら、良いでしょ? 俺のチンポの方がいいでしょ!?」
悠斗は子供みたいにムキになっている。
『いいから、イケって! もう、うぅっ、速すぎるっ! ひぃ、うぅっ!』
美里はほとんど絶叫だ。すると、悠斗が美里にキスをした。舌を突っ込んでかき混ぜているのがよく見える。さっき、悠斗が美里にキスをしたときも、美里が自分から舌を絡めたときもショックだったが、やっぱり今もショックは変わらない。

美里が私以外の男性とキスをする姿……。どうしてこんなにも興奮してしまうのだろうか? 私は、ガチガチに勃起してしまったペニスを、図らずも美里の背中に押し当ててしまったような体勢になっている。

「ほら、もっとイッて! 先輩のチンポより感じてっ! ほら! ほらっ!」
悠斗も、かなり声を大きくしている。もう、誰が見ても美里は感じまくっている。美里も、意地とか、私の目の前だからと言う理由で、感じていないと言っているだけだと思う。

『ひぃっ! グゥッ! 奥突くなっ! もう、うぅあぁっ! ダメっ! んおぉおおぉっ! ひぃあぁっ、あっ♡』
美里がそんな風に言うと、悠斗は逆に腰を押し込むように動かす。美里が身体ごと私の方に押し当ってくるほど強く、悠斗は美里の膣奥をゴリゴリと押して責めている。
『ううんぅっ! んおぉおっ! も、もうダメ、ゴメン、イクっ! うぅっ! イクぅっ!!』
美里は私に謝ると、絶叫して身体をガクガクッと震わせた。激しいオルガズム。私では与えることの出来ない快感だ。

悠斗は、ペニスを押し込んだまま、美里にキスをした。必死で舌を絡めていく悠斗。すると、美里の舌も積極的に悠斗の舌に絡んでいくのが見えてしまった。

私は、絶望的な気持ちのままそれを見続ける。すると、急に美里が悠斗のことを押しのけた。
『な、なにキスしてんだよ! ふざけんな!』
そう言って、悠斗の身体をドンと押すようにした。すると、悠斗は押されてベッドに仰向けで倒れ込む。美里の膣から抜けたペニスが天井に向かってそそり立ち、色々なものが付着してドロドロになっていた。本当に、比べるのもバカらしくなるほどの立派なイチモツだ。

美里は、唇を手首の辺りでぬぐいながら、鋭い目で悠斗を見ている。

「そ、そんなぁ。俺、まだイッてないっす」
『うるさいわ! さっきイッただろ? 勝手に中に出しやがって……』
美里が、まだうわずったような声のままなのに、キツいことを言う。
「だ、だって、どこでもいいって言ったから……」
『だからって、人妻の中に出すか? 死ねよ』
美里は、吐き捨てるように言う。でも、声にいつもの迫力がない。
「すんません……」
それでも、悠斗は素直に謝る。セックスで優位に立っても、やっぱり美里のことは怖いみたいだ。

『ほら、もう帰れよ。ホントに疲れたわ』
吐き捨てるように言う美里。実際、クタクタなのだと思う。
「了解です! また来るっす!」
悠斗は、美里の機嫌が悪くなったのを感じ、慌てて服を抱えて部屋を出ていった。
そして、
「先輩、お疲れ様っす! 美里ちゃん、またね〜」
と言って、出ていった。

『フゥ……。ガキかよ』
美里は、ため息交じりに言う。でも、あんなに感じさせられて、キスまで積極的にしてしまった美里。私は、不安と嫉妬を感じていた。
「大丈夫?」
私は、なにを言って良いのかわからず、そんな言葉をかけた。
『なにが?』
美里が少し疲れた口調で言う。
「そ、その……。いっぱいイッたみたいだから、疲れてないかなって……」
『へーきだよ。それより、背中に思いきり当ってたんだけど……。アンタ、ホントにド変態だな』
美里にそんな事を言われて、私は慌てて勃起したペニスを手で隠した。すると、美里が私の手を剥がし、
『ギンギンじゃん。私がアイツにヒィヒィ言わされてるの、そんなに興奮するのかよ。どうしようもないな』
美里に冷たい口調で言われ、私は凄く申し訳ない気持ちになった。

「ゴメン……。美里ちゃん、凄くエッチな声であえいでたから……」
『わ、悪かったよ……。声、我慢しきれなかった……』
美里が、珍しく謝る。
「そんなに気持ち良かったの?」
『まぁ、多少は……。あんなぶっとくて長いのでガンガンされたら、声出ちゃうって。アンタも、ケツに突っ込まれたらわかるよ』
美里は、いつも以上に汚い言葉を吐く。照れ隠しなのはわかるが、ちょっと言葉が汚すぎる気がする。

「美里ちゃん、愛してる」
私は、どうしても言いたくなり、タイミングも考えずにそう言った。
『あ、ありがとう。ちょっと膣がヒリヒリすりから、お口でしてやるよ』
美里は照れ臭そうにそう言うと、私のペニスをパクッとくわえてくれた。私のものは、あっけなく彼女の口の中に入っていき、全部飲み込まれてしまった。
私のものが根元まで入っても、美里は苦しそうな気配もない。それどころか、強烈なバキュームと同時に、舌がカリ首を舐め回す。私は、異常な興奮状態のままだったので、一気に快感が高まってしまい、射精感が盛り上がってきた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

やっと出来た彼女の処女を、他の男に奪ってもらいたい僕 完【ブロマガ】

前回の話

僕は、すずの”飲んじゃった”という声に、自分でも驚くほど足が震えてしまった。クローゼットの内側の扉は、僕の精液でドロドロだし、臭いも充満してしまっていて、雅俊にバレやしないかと不安になる。

「の、飲んだの? ゴメン、マズいでしょ?」
雅俊が慌てた顔で言う。
『平気だよ。でも、美味しくはないんだね』
すずは、苦笑いみたいな感じで言う。

「ゴメンね! 水持ってくるよ!」
雅俊は、本当に申し訳なさそうに言う。
『大丈夫。マサくんのなら、全然イヤじゃないもん』
すずは、優しい口調で言う。僕を嫉妬させようとして言っているのではなく、本心でそう言った感じがした。

「本当にありがとう。ねぇ、続けても良い?」
雅俊が遠慮がちに言う。
『え? うん……でも、あっ、もう大きくなってるの!?』
すずが驚いたような声をあげた。確かに、雅俊のペニスはすでに勃起して大きくなっているような感じだ。
ずんぐりとしたフォルムで、ビックリするような大きさのペニスが、時折ビクンと脈打つように動いている。

「うん。イッても、全然柔らかくなってないよ。すずちゃんがそんな格好してたら、柔らかくなんてなるわけないよ」
雅俊は、真面目な顔で言う。僕は、雅俊はかなり本気ですずのことを好きなんだなと感じていた。そして、今さら焦りを感じてしまった。もしかして、すずの処女を奪われるだけではなく、すずのことを丸ごと奪われてしまうのではないか? そんな不安が大きくなる。

『……すごいね。でも、嬉しい』
すずも、本当に嬉しそうだ。そして、すずはまたベッドに寝転がった。雅俊は、買ってきたコンドームのパッケージを開けて中身を取り出した。そして、それを装着しようとしたが、
『着けなくて良いよ……。初めてだから、直接感じたいの』
と、すずが言った。すずはそう言った後、僕の方を見た。すずの顔は、ほとんど無表情だった。怒っている感じでも、罪悪感を感じている様子でもなく、感情が読み取れない顔だった。クローゼット越しに、射すくめられたような気持ちになる僕。

「えっ? そんなの、マズいんじゃないの?」
さすがに驚く雅俊。
『良いの……。初めては、一生の記念だから。そのまま来て……』
すずは、僕の方を見るのをやめて、真っ直ぐに雅俊を見ながら言う。
「……うん」
雅俊はそう言って、ベッドに上がった。そしてそのまま、すずに覆いかぶさっていく。自分でペニスを掴み、すずのアソコに押し当てていく。アイツの太いペニスが、すずのアソコに入ってしまう……。コンドーム無しで、生で入ってしまう……。
僕は、クローゼットを飛びだして止めるべきだと思った。でも、自分の精液の臭いでいっぱいのクローゼットから、どうしても出ることが出来ない。それどころか、僕のペニスは射精したばかりなのに、ガチガチにいきり立ってしまっていた。

「行くね」
雅俊はそう言ってゆっくりと腰を突き出すように動かす。
『ぅ……うっ、うぅあぁっ!!』
すずが痛そうに叫ぶ。僕は、とうとうすずの初めてを奪われてしまったなと思った。

「大丈夫!?」
雅俊は動きを止めて心配そうに聞く。
『う、うん。平気。もう、入った?』
すずは、顔をしかめながら聞く。すると、雅俊は結合部を確認するように見て、
「先っぽだけ……。亀頭の部分だけしか入ってないよ」
と答えた。僕は、”亀頭だけ”という言葉に激しく反応してしまった。”だけ”と言うが、僕にとっては、亀頭が入ってしまった!!! と、激しくショックを受けるような状況だ。

『ま、まだそれだけなの? 身体、真っ二つになっちゃいそう……』
すずは、恐怖を感じているような口調で言う。
「そんなに痛いの? もうやめる? 処女膜は破れたでしょ? だったら、もういいんじゃないの?」
雅俊は、本当に心配そうに言う。僕は、耳を疑った。この状況で、やめる? 正気とは思えない。

『大丈夫……。ゆっくり入れて。ちゃんと最後まで経験させて』
すずは、きっぱりとそう言った。僕は、願望だった”他人の手ですずの処女を散らされる”瞬間を目の当たりにした。正直、強い後悔はある。でも、僕は今までの人生で一番の興奮を感じていて、イッたばかりのペニスが破裂しそうなほど勃起していた。

「うん。じゃあ、入れるよ」
雅俊はそう言って、ゆっくりと腰を突き入れていった。
『うぅ……。い、痛い……』
すずは、我慢してもしきれないくらい痛いようで、声が漏れる。すずは、歯を食いしばっているが、涙もこぼれている。雅俊は、それでもかまわずに腰を突き入れていき、そして二人の下腹部がほとんど密着した状態になった。

「入ったよ。奥に突き当たってるよ」
雅俊が妙に自信にあふれた口調で言った。
『う、うん。当ってるのわかるよ……。処女、もらってくれてありがとう』
すずは、少し痛そうな顔でそう言った。
「僕こそ、本当にありがとう。……どうすれば良い?」
雅俊はこの期に及んでも、まだすずに気を使う。
『マサくんって、本当に優しいね。す、好きにしていいよ』
すずは、熱っぽい目で雅俊を見つめながら言う。まるで、恋人を見るような目だ。僕は、胸がザワザワしてしまった。

雅俊は、ゆっくりと腰を動かし始めた。ぎこちなく、おっかなびっくりという感じで腰を動かす雅俊。
「あぁ、すごい……」
思わず声まで漏れてしまうほど気持ちいいようだ。すずは、歯を食いしばるような表情でひと言も口をきかない。痛みに耐えているという感じだ。

雅俊は、時折うめき声をあげながら、気持ちよさそうに腰を振る。動きも、徐々にスムーズになってきている。
『お、奥に押し当てて動かして……』
すずは、何かを堪えるような口調で言う。
「わ、わかった!」
雅俊は、言われるままに腰を押し込み、奥に押し込んだまま小刻みに腰を動かす。さっきまでがピストンという感じの動きだったけど、今は杭打ち機で押し込むような感じになっている。

『うぅ……それ……。き、気持ち良い……かも……』
すずは、自信なさげに言う。
「えっ? 本当に? 痛くないの?」
雅俊は、気持ちいいという言葉に驚いたみたいだ。僕も、ビックリしている。処女を失ったばかりで気持ちいいなんてあるのだろうか? エロマンガじゃあるまいし、痛いだけに決まってる……。僕は、現実逃避するようにそう思った。

『うん。痛いけど、奥をグッと押されると、ビリビリってくるの……』
すずも、戸惑っている感じだ。
「こう?」
雅俊はグッと腰を押し込むようにして聞いた。
『ウゥッ、あぁっ、そ、そう……。もっとしてみて』
すずは、歯を食いしばるのをやめた感じだ。雅俊は、言われるままに腰を押し込むように動かす。グッグッグッと、リズミカルに押し込むようにする。

『ウゥッ、うっ、あぁ、アッ、アッ、それ、うぅっ、気持ちいい……』
すずの吐息が、どんどん甘い感じになっていく。僕は、すずが本当に感じてしまっているんだなと理解した。処女を失ったばかりなのに……僕が相手ではないのに……。そんな言葉が頭の中をグルグル回る。でも、考えてみたら、すずは乳首だけでもイッてしまうほど敏感の女の子だ。しかも、僕が覗いているという異常な状況だ。それが、すずの性感を高めてしまっているのかも知れない……。

「気持ちいい? もっと感じて欲しい。すずちゃん、もっと感じて!」
雅俊は、すずが感じているのがわかり、嬉しそうだ。そして、必死で奥に押し込むような動きを続ける。あの小刻みな動かし方では、雅俊の方はそれほど気持ち良くない気がする。それでも雅俊は、本当に嬉しそうだ。自分のことよりも、すずのことの方が大事みたいだ。

『んっ、うっ、あぁ、あっ、あっ、気持ちいいっ! 初めてなのに……気持ちいいのぉっ! すごいっ! もっとしてっ! もっと! マサくん気持ちいいっ!』
すずはそう言って、雅俊にしがみつくように抱きついた。僕は、すずが必死で雅俊にしがみつく姿を見て、嫉妬がますます強くなっていく。
「すずちゃん、僕もすごく気持ち良いよ。すずちゃん、好きだっ!」
雅俊が、興奮しきった顔で言う。すずは、雅俊に好きだと言われ、驚いた顔になった。そして、僕のいるクローゼットの方に視線を向けてきた。すずの表情は、泣きそうな感じだった。雅俊は、さらに腰を動かす。
『うっ! ウゥッ! アッ! あんっ♡ あっ、あぁっんっ♡ 気持ちいい……気持ちいいよぉ……』
すずは、僕の方を見たまま泣きそうな声で言う。僕は、すずが泣きそうな顔で僕を見ながらあえいでいる姿を見て、我慢できなくなってしまった。破裂しそうなほど勃起したペニスを握り、しごき始めた僕。あまりの快感に、うめいてしまいそうだ。

「もう痛くない?」
雅俊が心配そうに聞く。すずは、すぐに雅俊に視線を向けて、
『平気。痛いけど、気持ちいい方が大きいから……。あ、くぅ……ヒィ、あぁっ、アッ♡』
と、あえぎ始めた。雅俊は、すずの顔を真っ直ぐに見つめながら腰を動かす。視線と視線が絡み合い、火花でも出そうな感じだ。すると、雅俊が徐々に顔を近づけていく。すずは、雅俊のことを見つめながらあえぎ続ける。

さらに近づいていく二人の距離。もう、鼻と鼻がぶつかりそうな距離だ。すると、すずがスッと目を閉じた。僕は、思わず”やめてくれ!”と叫ぶ寸前だった。でも、雅俊はそのまますずの唇に唇を重ねてしまった。

すずは、抵抗することなく目を閉じたままだ。雅俊は、唇を重ねたまま腰を振る。キスをしたままセックスをする二人を見て、僕は泣きそうだった。でも、嫉妬や絶望を感じながらも、オナニーをする手を止めることが出来なかった。僕は、もうイキそうだ。自分でも、異常すぎると思う。でも、興奮を抑えることが出来ない。

雅俊は、唇を押し当てたまま腰を動かし続ける。唇と唇が触れるだけのキスだ。それでも、僕は足が震えて仕方ない。やめて欲しい……と思いながら、オナニーを続けていると、すずが目を開けて、目だけで僕の方を見てきた。僕は、息が止るかと思った。他の男と唇を重ねながら僕を見つめるすず。しばらくそんな状態が続いた後、すずはスッと視線を雅俊に戻した。
僕は、なぜかホッとした。でも、次の瞬間、すずは雅俊に舌を使い始めてしまった。すずの方から、雅俊の口の中に舌を差し込んでいくと、雅俊は大きくうめいた。

すずはかまわずに、雅俊の口の中をかき混ぜるような動きをしている。雅俊は、しばらくなすがままだったが、すぐに自分からも舌を絡めていくような動きをした。濃厚なキスをする二人。雅俊は、それに興奮したのか腰の動きを速くした。奥に押し込む動きだったのが、ピストンするような動きに変わる。たぶん、自分がイクための動きに切り替えたのだと思う。

抱きしめ合いながら、濃厚なキスを続ける二人。チラチラと舌が絡み合うのが見える。まるで、恋人同士だ。僕としたどんなキスよりも、気持ちがこもっているように見えてしまう。僕は、そんな二人を見ながら、もうイク寸前だった。

すると、雅俊がキスを振りほどき、苦しげに言う。
「出ちゃいそう……。イッちゃいそうだよ……」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー