二十代半ばの頃に、ボーイッシュな三つ年下の女の子と交際していました

二十代半ばの頃に、三つ年下の女の子と交際していました。

僕の胸までしかない小さな背丈で、細身の体つきをしていた彼女。

化粧気の無い童顔に、ボーイッシュな短い猫毛の黒髪が良く似合いました。

【続きを読む】
[ 2019/03/26 03:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

彼女の家に行ったら、3Pしててなおかつ撮影中だった

浮気ならされたことあるわ、一年位前。
今年の盆休みは実家に帰るとか言ってた彼女。
じゃあ俺もそうするかなってことで話が決まって盆休みに突入。

けどいざとなったら実家帰るのだるくなって結局家にいることにした。

【続きを読む】
[ 2019/03/26 02:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

▲輪姦される妄想でオナニーをしていた私が、本当に廻された

私は19歳で、都内の大学に通う大学生です。昔からエッチなことに興味が強くて、小学4年の頃からほとんど毎日オナニーしていました。

でも、入れるのは怖くて、18歳で一人暮らしを始めるまでは、アレをこするだけのオナニーをする毎日でした。

【続きを読む】
[ 2019/03/26 01:00 ] 男性の体験談 男の娘との体験談 | TB(0) | CM(-)

取引先のロリ可愛い女の子は、見た目と違って百戦錬磨だった

9年前、バツイチ2年目の34歳の頃、取引先の倉庫にいた髪の長い可愛い由香を再三口説いて、やっとホテルに連れ込みました。
髪を縛ってバスルームから出てきた別人のような由香を見て、目を疑ったのでした。
『え?高校生?じゃないよね?』
元々可愛い顔をしているなと思っていましたが、由香は、頬とうなじを露にすると、強烈に幼く見えました。

【続きを読む】

私の初めての浮気は、主人との初夜の時でした

今は私には5人のH相手がいます。
もちろん、主人には内緒です。
今までにも大勢の男性と関係を持ちました。

最初の浮気の男性は同じ会社の2つ下の同僚でした。
それも私と主人の結婚初夜でした。

主人は結婚式の2,3日前から体調を崩してしまい、式の当日もやっとのことで出ることができたのです。

【続きを読む】

超高嶺の花のあの子が、失恋のショックで抱いて欲しいとアピールしてきた

1コ年上で高校時から他の人より大人びていた。身長も160ちょっとくらいあって、スレンダーなスタイル。顔立ちもはっきりしていて、モデルっぽい雰囲気もだしていた。

それでいて、飾らない性格で、よく笑い、ノリも良いため、男子にはもちろん、後輩女子からの人気も結構高かったのを覚えている。
俺との関係は、仲良くさせてもらってた先輩の友達でもあったので、その先輩を経由してではあったが、わりとよく遊んだりして仲もそこそこ良かった。

【続きを読む】
[ 2019/03/25 22:00 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた3(マガブロ 転載禁止)

前回の話

まさみは、子犬が鳴くようなうめき声を上げながら、アキオのペニスを舐め続けている。張り出した立派なカリ首を、教えられたように強めに舐めるまさみ。
アキオは、くっきりと水着に浮き出ている乳首を、執拗に指で触り続けている。
『もう~。エッチなんだから。ねぇ、どうしたらもっと気持ちよくなるの?』
まさみは、うわずり気味の声で質問した。まさみは、どう見ても感じてしまっているようだ。他の男の手で、感じてしまう妻……。俺は、こんな状況なのに興奮が大きくなっている。

アキオは、フェラチオのやり方を教えた。唇の使い方や、バキュームの仕方なんかも教えている。まさみは、まだ彼のペニスを舐めただけで、くわえることまではしていない。
でも、あっさりと大きく口を開け、その巨根をくわえてしまった……。
目一杯に近いくらいに大きく口を開けてくわえているまさみ……。アキオは、さらに細かく舌の使い方やバキュームの仕方をレクチャーしていく。
まさみは、嫌がるどころか、妙に楽しそうに言われたことを実行していく。
「スゲぇ気持ちいいよ。やっぱり、センスあるよ」
アキオは、まさみのフェラチオを褒める。でも、それは褒め言葉なのだろうか? と、複雑な気持ちで考えてしまった。

『固くなってきてるよ。もう出ちゃうの?』
まさみは、少し物足りないなと思っているような口調だ。アキオは、水着越しにまさみの乳首を触りながら、
「だって、こんなにサービスしてくれたら、そりゃ我慢出来ないよ」
と、言う。
『サービスになってる? 子持ちのおばちゃんのおっぱいなんて、罰ゲームじゃない?』
まさみは、そんなことを言う。
「そんなことないって。まさみちゃんならご褒美に決まってるじゃん!」
アキオは、調子よく言う。でも、実際にそう思っているのは間違いないと思う。夫のひいき目かもしれないが、まさみは本当に美しい女性だと思うし、30才で子供も二人産んでいるが、とてもそうは見えないほどに若々しい。

『ホント、口が上手いね。でも、嬉しいな。パパ最近褒めてくれないからね~』
と、私の方を見て言う彼女。私は、申し訳ないなと思いな柄、ゴメンと言った。まさみは、妖艶に微笑むと、アキオのペニスをくわえてフェラチオを続行する。手でするだけだったはずが、こんなことまでするようになっている……。私は、これ以上エスカレートしたらどうしよう? と、不安を感じていた。

アキオは、フェラチオするまさみの乳首を触り続ける。片方だけだったのが、いつの間にか両方の乳首を触っている。水着の上からでもクッキリと浮いていしまっている乳首は、見るからに固そうだ。そして、あんなに乳首が勃起していると言うことは、当然まさみが快感を感じていると言うことだと思う。

「ねぇ、挟んでもらっても良いかな?」
アキオは、突然そんなことを言い始めた。
『え? 挟むって?』
意味がわからないという顔になるまさみ。でも、私は意味が理解出来ている。アキオは、私が思った通りまさみにパイズリの説明を始めた。

『ふ~ん。そんなことしてもらいたいんだ。別に良いよ。お口でするのより楽そうだし』
まさみは、あっさりと承諾してしまった。そして、ビキニの水着を着けたまま、両手で胸を左右に広げて隙間を作る。そして、その隙間に彼のペニスを差し込んでいく。彼の長いペニスは、楽々とまさみの胸に挟まれ、先っぽがはみ出るほどだ。
まさみは、隙間に通したのを確認すると、手を離して胸で彼のペニスを挟んだ。
「おぉ、スゲぇ柔らかい。雪見だいふくみたいじゃん」
アキオは、そんな風に言う。わかりやすいたとえだなと思いながら、笑いそうになってしまった。
『なにそれ。アキオさんのもカッチカチだね。興奮しすぎだよ』
まさみは、アキオのペニスを胸に挟みながら楽しそうに言う。それにしても、すごい光景になった。ただでさえビキニの補正で胸の谷間が強調されていたのに、そこに太いペニスが挟まれたことによって、さらに胸の谷間が強調されている。
「じゃあ、動かしてみて」
アキオは、そんな風に指示をする。まさみは、うんと言って胸を動かし始めた。でも、上手く動かせないようで、手こずっている感じだ。すると、アキオが胸を両側から抑えるようにした。すると、スムーズに動かせるようになったみたいで、まさみはなめらかに胸を上下に動かし始めた。そして、自分で胸を両側から押さえ、挟み込むようにする。
「あぁ、気持ちいい。本当にしてるみたいだよ」
アキオは、気持ちよさげな声をあげる。
『本当にしてるって?』
まさみは、パイズリをしながら質問をする。
「イヤ、その、アソコに入れてるみたいだなって」
慌てるアキオ。まさみは、顔を真っ赤にし、耳まで赤くした。
『変なこと言わないでよ! 恥ずかしくなっちゃうじゃん!』
まさみは、本当に恥ずかしそうに言う。でも、今さらじゃないかな? と、思う。フェラチオやパイズリまでしておいて、今さら言葉で言われたくらいで恥ずかしがるのもおかしいと感じる。
「ゴメンゴメン。だって、本当に気持ちいいから。これなら、お店に行く必要もないよ」
アキオは、そんな風に褒める。パイズリを褒めても、それが褒め言葉になるのかどうか微妙だが、まさみは嬉しそうな顔になっている。

「じゃあ、先っぽ舐めてくれる?」
アキオは、そんなリクエストをする。まさみは、うんと言って舌を使い始めた。
パイズリしながら、舌で亀頭を舐めるまさみ……。風俗嬢代わりだったはずが、本当の風俗嬢になってしまったみたいだ。私は、自分の妻が風俗嬢のようになっているのに、突き抜けるほどの興奮を感じている。

『気持ちいい?』
まさみは、アキオに質問する。アキオは、
「すごくね。ホント気持ちよくて、すぐイッちゃいそうだよ」
と、答える。
『いつでもイッていいよ。全部出してすっきりしてね』
まさみは、優しい口調で言う。
「いやいや、もったいない。もっと楽しまないともったいないよ」
アキオは、そんな風に言う。
『ダメだよ。楽しませてあげない。搾り取っちゃうね』
まさみは、意地悪っぽく言うと、大きく口を開けて彼のペニスをくわえてしまった。そして、くわえたまま胸を上下に動かし続ける……。頬がすぼまり、バキュームのような事をしているのがわかる。私とのセックスでは、ほぼ口でしたことがなかったのに、すっかりと上手になってしまったようだ。

「あぁ、ヤバい。マジで絞られる」
アキオは、一気に余裕のない声になる。でも、まさみは動きを弱めるどころか、さらに激しく動かし始めた。水っぽい湿った音が響き、まさみの少し荒くなった息遣いが響く。感じていると言うよりは、激しく胸を上下に動かし、息が上がっているような感じだ。

「あぁ、ダメだ、出ちゃう。まさみちゃん、出ちゃうって、チンポ抜いてっ」
アキオは、慌てて言う。でも、まさみはそのまま動きを加速する。しばらくアキオは耐えていた感じだが、限界を超えてしまったようで射精を開始した。
『んっ~~っ!』
口の中に射精をされ、うめき声を上げるまさみ。私も、まさみが口内射精をされるのを見て、興奮のあまりうめき声を上げてしまった。

「あぁ、ヤバい……。ゴ、ゴメンね。出ちゃった。ティッシュ持ってくる」
慌てるアキオ。
『大丈夫だよ。飲んじゃったから。すごいね、喉に絡みつくんだね』
まさみは、苦いモノを飲んだ後の顔になっている。
「えっ!? マジで? ゴメンね、申し訳ない」
アキオは、焦って謝る。
『いいよ、別に。いっぱい出たから、飲まないとこぼれちゃいそうだったし。ソファ汚れたらイヤだもん』
まさみは、そんな説明をする。ソファを汚したくなかったから飲んだ……。まさみらしいと言えばらしいが、それでも他の男の精液を飲んでしまったことには変わらない……。私は、強いショックを受けていた。私ですら飲ませたことがない……と言うよりも、口内に射精したことすらない。
「そうなんだ。でも、嬉しいよ。ヘルスじゃ、飲んでくれないからさ」
アキオは、そんな風に言う。
『だったら、彼女作れば良いのに』
「イヤ、それは面倒くさいからいいや」
アキオは、そんな風に言う。
『変なの。じゃあ、ちょっとうがいしてくるね』
まさみは、そんな風に言うと立ち上がる。ビキニの水着姿でリビングを歩くまさみは、本当に違和感が大きい。

「悪かったな。まさか飲んでくれるって思わなかったからさ」
アキオは、服を着ながら私に言う。私は、もう満足なのか? と、質問した。
「え? まだ良いのか? て言うか、オマエも相当だな」
アキオは、苦笑いしながら言う。私は、なんとなく気恥ずかしくなって話をそらしてしまった。

少しすると、まさみが戻ってきた。まだ水着姿のままだ。
『気持ち良かった? すっきりできた?』
まさみは、優しい口調で質問する。アキオは、気持ち良くてすっきりできたと答えたが、股間を指さしながら、
「ゴメンね。まさみちゃんがセクシーすぎるから、また大きくなっちゃった」
と、言う。ズボン越しでもすっかりと勃起しているのがわかるし、時折、鼓動するように動くのもわかる。

『わっ、元気だね。パパは一回出したらショボーンなのに、アキオさんは若いんだねぇ』
まさみは、感心したように言う。私は、比較されて少し落ち込んだが、それでもやっぱり興奮してしまっている。この後、どんな展開になるのだろう? そんな期待で苦しいほど興奮している。

「相手によるって。まさみちゃんだからだよ」
『本当に口が上手いんだから。でも、悪い気はしないかな? じゃあ、するね』
まさみは、あっさりと2回戦を承諾してしまった。そして、ソファに座る彼のズボンのファスナーに指をかけ、脱がせ始めてしまった。
ぎこちないながらも、あっという間にペニスを取り出すまさみ。アキオのペニスは、いきり立つという言葉がピッタリなほど勃起している。まさみは、もう何の躊躇もなくペニスをくわえてしまった。

まさみは、イヤらしい水着姿のままフェラチオをする。いつも家族団らんしているリビングのソファで、他の男にフェラチオする妻……。私は、苦しくなるほどの嫉妬を感じながらも、堪えきれずにズボンの上からペニスをまさぐり始めた。

「あぁ、気持ちいい。ねぇ、横に来てよ。おっぱい触らせて」
アキオが指示をする。すると、まさみは床からソファの上に移動する。そして、横を向くような格好でアキオのペニスをくわえる。アキオは、すぐにまさみの胸を触り始めた。

可愛らしいうめき声を上げるまさみ。すぐに感じ始めてしまったようだ。そして、私は彼女の水着のショーツに、大きすぎるシミができていることに気がついてしまった。まるで、お漏らしでもしたような大きなシミ……。
続きはマガブロを購入して楽しもう!
このコンテンツはマガブロ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
マガブロって何?


3月20日新作アップしました ブロマガコンテンツ更新案内

オリジナル体験談一覧です。姉妹ブログのものも全て含んでいます。
・オリジナル体験談一覧(姉妹ブログ含む)
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった3
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・セックスレスだった妻が、パート先の高校生にデートに誘われた
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた5
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・彼女をバイト先の男性に抱かせたら、マゾ調教されてしまいました
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた3
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

[ 2019/03/25 21:15 ] おすすめやお知らせ | TB(0) | CM(-)

★妻の残業NTRわたし、旦那に嘘をついて残業しています




ネトラレーゼ 離婚した妻の告白


妻の残業NTRわたし、旦那に嘘をついて残業しています


僕のいけない母親(カノジョ)


頁〈ページ〉の中で抱かれる彼女

【続きを読む】
[ 2019/03/25 21:15 ] おすすめやお知らせ | TB(0) | CM(-)

個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた5(転載禁止)

前回の話

里帆は、泣き叫びながら抜いてくれと言っている。どう見ても、演技ではなくガチで泣き叫んでいるとしか思えない。私は、そんな里帆を見ながら射精をしてしまった。

画面の中では、男優が腰をリズミカルに動かしている。さっきの話だと、里帆は初めてのアナルセックスのはずだ。それなのに、男優はお構いなしに里帆のアナルを犯すように責めている。
『うぅっ、イヤァ、お願い、うぅっ、抜いて、痛いの、あぁ、うぅ』
里帆は、本当に痛そうに言う。
「ほら、力抜かないと。本当に裂けちゃうぞ」
男優は、お構いなしに腰を動かしながら言う。里帆は、やっぱり痛そうな顔で泣くばかりだ。いつの間にか、里帆の表情がわかるほどにモザイクが薄くなっている。知り合いなんかに見られたら、気がつかれてしまうと思うレベルだ。

「どうだ? 初めてのアナルセックスは」
男優は、そんな質問をしながら腰を動かし続ける。里帆は、やっぱり泣きながら、
『痛いです。身体、真っ二つになるくらい痛いです』
と、本当にツラそうに言う。
「そのうち気持ち良くなるよ」
男優は、冷たく言いながら腰を動かし続ける。時折、里帆のお尻を手のひらで叩いたりもしている。まだ、プレイとしてのレイプが続いているような感じだ。
でも、里帆は泣きながらもカットという言葉を言わない。本当にイヤならば、カットと言えばやめる約束のはずだ。この状況でも、里帆はまだ楽しんでいると言うことなのだろうか?

男優は、荒々しく腰を振り続ける。そして、腰を振りながら里帆の胸を鷲づかみにし、形がいびつに変形するほど強く揉んでいる。
『うぅっ、あっ、イヤァ、あっ、アンッ、ダメぇ、うぅあぁっ!』
里帆は、徐々に声に甘いものが混じり始めている感じだ。
「もう感じてるのかよ。ホント、どうしようもないド淫乱だな」
男優は、笑いながら言う。
『違う、感じて、ない……うぅっ、抜いて、あぁ、アンッ、アンッ、ヒィうぅ』
里帆は、言っている言葉とは裏腹に、あえぎ声が漏れ続けている。男優は、さらに激しく腰を振り始め、里帆はよりあえぎ声が大きくなっていく。

『あっ、あっ、イヤッ、うぅあっ、アンッ、アンッ、ヒィゥッ! うぅあぁっ、んっ、んおぉおぉっ!』
里帆は、聞いたことのないようなあえぎ声をあげながら、髪を振り乱して頭をイヤイヤするように左右に振ったりしている。もう、痛そうな感じは全くない。

「オラっ、イケっ! ケツでイケっ!」
男優は、冷たく言いながら何度も里帆のお尻を叩く。その度に、里帆は短く悲鳴をあげながら、のけぞったり身体を震わせたりする。
『んおぉおおおぉっ! イ、イクっ、イッちゃうっ! イヤァっ、イクうぅっ!』
里帆は、叫びながら果てた。すると、動画はここで終わった。すぐに場面が転換し、次の女性に切り替わってしまった……。

私は、ペニスを出したままのだらしない格好で、呆然と画面を見つめていた。私は、そのDVDのタイトルをスマホのメモに取る。そして、個室ビデオ店をあとにした……。

その足で、大人のDVDショップに訪れた。さっきのDVDを探してみたが、置いていない。そもそも、このDVDを発売しているメーカーの作品自体が置いてない。あまりにもマイナーと言うことなのだろうか?

私は、店を出るとスマホで検索した。でも、なぜか見つからない。私は、釈然としないまま帰宅した。
「パパお帰り~」
「お疲れ様」
「ご飯食べようよ!」
子供達と里帆が、笑顔で出迎えてくれる。私は、笑顔でただいまと言いながら、里帆を見た。里帆は、優しい笑みを浮かべている。色白で童顔の彼女は、とても子持ちの35才には見えない。そして、とてもドMの淫乱な女性にも見えない。どこから見ても、清楚で上品な感じの女性だと思う。

私は、いろいろな感情が入り交じり、自分でも感情の整理がつかないまま食事を始めた。今日の出来事を話す子供達、そして、それを楽しそうに聞いている里帆。私は、幸せな家族の姿だなと思った。そして、どうしてこんなに幸せなのに、私はバカなことをしてしまったのだろう? と、後悔していた。

その夜、里帆が抱きついてきながら、
『パパ、お疲れ?』
と、聞いてきた。セックスのお誘いだ。最近、頻度が増えてきた気がする。私は、複雑な気持ちを抱えながらも動画の里帆を思い出して興奮してしまい、彼女を抱きしめてキスをした。

そして、濃厚なキスをしながらお互いの服を脱がせていく。薄暗い中でも、大きな胸が揺れているのがわかる。私は、むしゃぶりつくように乳首を吸いながら、他の男にも吸われてしまったんだなと嫉妬心を強くした。

里帆は、声を抑えながらも気持ちよさそうにしてくれる。でも、私の頭の中は、男優の巨根に狂う彼女の姿で塗りつぶされている。

私は、コンドームを装着すると、普段あまりしない後背位で挿入した。彼女のアナルの様子を見てみたいと思ったからだ。そして、少しだけ男優のプレイを意識して、荒々しい動きで腰を振ってみた。
『んっ、んっ、アァンッ、パパ、すごいっ』
里帆は、声を抑えながらもいつもとは違うリアクションをする。やっぱり、マゾなのは間違いないみたいだ。そして、私は腰を動かしながら彼女のアナルを見た。
でも、考えてみれば以前の状態を知らない。比較する対象がないので、普通の状態に見える。私は、こんな小さな穴に、あんなに大きなペニスが入ったんだなと思った途端、堪えきれずに射精してしまった……。

『パパ、今日は激しかったね。ドキドキしちゃったよ』
甘えてくる里帆。私は、彼女を抱きしめながら、あの動画のことばかりを考えていた。

次のに、私は会社帰りにあの個室ビデオ店に寄った。今日は、ノートPCを持って来た。あのDVDをコピーしようと思ったからだ。そして、棚を見ると貸し出し中になっている。私は、誰かが妻のあの姿を見てオナニーをしているんだなと思ってしまった。嫉妬と興奮……私は、勃起しながらなんとなく棚を見つめていた。すると、同じメーカーからの新作DVDがある。それもオムニバス形式の作品だが、パッケージの裏側を見ると、顔にモザイクがかかった里帆がいた。特徴的な胸の形と全体的なスタイルで、それが里帆だとわかった。

そのDVDは、夫が留守の間に自宅でセックスをしてしまうと言うAVでは定番のシチュエーションものだ。そして、里帆が映っている写真の背景は、見慣れた自宅のものだった……。

私は、震える手でそれをかごに入れる。そして、適当に他の5本もかごに入れると、受付をした。個室に入ると、すぐにDVDを再生し始める。
最初の女性は里帆ではなかった。すぐにチャプタースキップをする。そして、3人目に里帆が現れた。玄関のドアを開ける里帆。顔には薄いモザイクがかかっているが、里帆を知っている人間なら彼女とわかってしまうレベルだ。

『本当に来たんだ。早く入って下さい。見られちゃう』
里帆は、慌てた様子だ。そして、玄関のドアが閉まる。男優は、軽いノリで挨拶をしながら、里帆を抱き寄せてキスをした。里帆は、特に抵抗することもなくキスを受け入れている。そして、里帆はキスをしながら玄関のカギをかけた。

私は、濃厚なキスをする二人を見ながら、こういったAVは、ヤラセじゃなかったんだなと驚いていた。まさか、本当に素人の人妻の自宅まで行って撮影しているなんて、まるっきり信じていなかった。

「時間、どれくらいあるの?」
男優は、少し心配そうに質問する。
『1時間ちょっとくらい』
里帆は、落ち着いた口調で説明する。
「それだけしかないんだ。じゃあ、早速」
そう言って、男優は片手でズボンを脱ぎ始める。すると、里帆がそれを手伝い始める。私は、里帆のやる気がある姿にショックを受けてしまった。

里帆は、手際よく彼のペニスをむき出しにする。
『わっ、やっぱり大きい』
里帆は、少し驚いた口調で言う。確かに、彼のペニスはすでに半分程度は勃起しているようで、モザイクがかかっていても規格外に大きいのがわかる。
「でしょ~。旦那さんのじゃ、物足りなくなっちゃったんじゃない?」
男優は、軽いノリで言う。
『ホントだよ。責任取って下さいね』
里帆は、あっさりと認めてしまった……。私は、思わず凹んでしまった。昨日も、里帆は激しく感じてくれていたと思う。でも、内心物足りないと思っていたのだろうか? 

「了解。今日は、いっぱい責任取るからさ」
男優は、軽いノリで答える。私は、このAVがヤラセでないこと、そして、出演者が妻だと言うことにただただ驚くばかりだ。

里帆は、いきなり彼のペニスをくわえてしまった。大きく口を開け、無理矢理太いペニスを口に含んでいる感じだ。そして、すぐにハードに頭を振り、はしたない音を立てながらフェラチオを始めた。
それは、愛撫と言うよりは、無理矢理勃起させようという感じに見える。
「おぉ、今日は激しいね。口でイッちゃうじゃん」
男優は、おどけて言う。すると、里帆は、
『だって、時間ないから。ねぇ、固くなったでしょ? 入れて』
里帆は、うわずった声で言うと、立ち上がって下駄箱に両手をついた。そして、スカートをまくり上げると、お尻を突き出すようにした。

「パンツ穿いてないじゃん」
からかうように言う男優。
『だって、どうせ脱ぐから……。早く入れて。もう、我慢出来ないよ』
里帆は、媚びるような声で言う。私は、二人のやりとりを見て、二人がこの前のDVDの時以来の再会ではないことに気がついた。
あれから、何回くらい会ったのだろう? 何回セックスをしたのだろう? 私は、足が震え始めるのを感じていた。

「ホント、淫乱すぎるでしょ。まだ、家に入って5分も経ってないじゃん」
男優は、あきれた口調で言う。
『もう5分も経っちゃったよ。早くして。イジワルしないで』
里帆はそう言って、さらにお尻を突き出すようにする。着衣のまま、スカートをまくり上げた状態で挿入をねだる里帆……。
私は、この目で見ているのにそれが信じられないと思っていた。
「そんなおねだりの仕方じゃ、ダメだって」
男優は、イジワルな口調で言う。
『イジワル』
里帆はすねたように言うと、さらに大きく脚を広げる。そして、自分の両手でアソコを拡げながら、
『淫乱な浮気主婦のオマンコに、ぶっといおチンポ生でハメて下さい』
続きはマガブロを購入して楽しもう!
このコンテンツはマガブロ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
マガブロって何?


旦那しか男を知らない人妻とするのは非常に興奮します

旦那しか男を知らない人妻とするのは非常に興奮する。
しかもだんなや子供に罪悪感を感じながら、徐々に快感に染まっていく女の気持ちをかんじとるのが非常に好きだ。たぶん、私と私の妻の両方が童貞、処女カップルだったから妻と他の人妻を重ね合わせているのかもしれない。
俺はかなりの寝とられ好きだが、他の人妻を寝とり、その気持の変化をみるのがたまらなく好きなんだ。
もちろん、旦那しかしらなくてしかも初めて他の男としようっていう人妻を見つけるのは難しい。
俺もこれまでに3人しか会ったことがないが、その中でも最も興奮した最初の人妻の話をしようと思う。

【続きを読む】

可愛かった従妹の女の子が、ヤンキーになって俺の部屋に批難してきた

最近、いとこの女の子が不良グループにマワされそうになったらしく、一人暮らししている俺のアパートに避難してきた。
その女の子は仮にゆみとしておきます。
ゆみは子供の頃からよく遊んだ記憶があるけど、まさかヤンキーになっているとは思わなかった。

【続きを読む】
[ 2019/03/25 19:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

チャットでDVのアザだらけの淫乱人妻が釣れた

私は色んなチャット広場で
ネットナンパをするチョイ悪親父です。

そこで奈良県在住の
涼子という人妻に出会いました。

【続きを読む】

教え子のJKはレイプされてレズになり、私に迫ってきました

今年、32歳になります。
女子高校で教師をしています。
そこそこの進学校です。

私の生徒に麻理という、背が高く大人びた雰囲気の生徒がいました。
成績優秀で何度も表彰されていたので彼女自身の頭は良かったのですが、なんというかとても問題のある子でした。

【続きを読む】
[ 2019/03/25 14:17 ] 女性の体験談 女同士での体験談 | TB(0) | CM(-)

※寝取られ性癖をこじらせた親友が、嫁さんに睡眠薬を飲ませて差し出してきた(転載禁止)

大学から東京に出て、就職も東京でした。基本的に友人や交友関係は東京に出てから知り合った人ばかりだけど、一人だけ中学の頃からの友人がいる。俺が東京の大学を受験するきっかけも、彼だった。高2の時、彼が急に東京の大学に行くと言い出し、アイツが行くなら俺もと言う感じの軽いノリで受験勉強を始めた。

大学自体は結局違う大学になったけど、しょっちゅうつるんで遊んでいた。就職後もそうだったけど、アイツが結婚してしまったので、遊ぶ機会は急に少なくなった。

【続きを読む】
[ 2019/03/25 13:16 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

課長の休憩しようという言葉は、フェラを始めろという合図です

みんなの帰った会社で40過ぎの上司と同僚の男の子、それから後輩の女の子。
私はもう三十路だから、どっちかというと20台前半の後輩の方がメインだったんだけどおばさんなりに楽しんじゃいました。
「ちょっと休憩しようか」いつも課長の一言を合図に始まります。

私は「失礼します」とか言って席に座っている課長の前にひざまずきます。

【続きを読む】
[ 2019/03/25 12:13 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

彼女がデートを急にキャンセルして、女友達とテーマパークに行くと言いだした

俺 直記 170cm メーカー勤務 26歳
彼女 美帆 165cm 銀行勤務 24歳

俺たちは合コンで知り合った。
付き合って10ヶ月。俺は一人暮らし。美帆は実家だった。

俺が美帆に部屋の鍵を渡したとき、美帆は子供のように喜んだ。
それ以来、会社から帰ると美帆が部屋で待っていることもしばしばあった。

【続きを読む】
[ 2019/03/25 10:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

逆ナンしてきた若妻は、旦那の裏切りへの復讐で、他人種で妊娠するつもりだった

新宿についた俺はアルタの前を避け、◯◯前の青信号を待っていた。
その時、なんとなしに対岸の一人の女性と目が合った。
彼女はハッとして目を逸らした。
格好は地味だが、目鼻立ちがすっきりした美人だった。
あんな女とやりてーなーぁ─と思いつつ、青信号になったので渡り始めた。
彼女は誰か待っているのか渡ってこない。

【続きを読む】

出会い系のセックスレスの人妻は、ねずみ男似だったw

29歳で結婚4年目の人妻。

2ヵ月ぐらい前に出会い系サイトで仲良くなりました。

メールし始めた頃は会うっていう感じではなく、悩み相談みたいな感じでした。

ミユさんはここ2年ほどセックスレスみたいで、どうやったらレスが解消されるのかを悩んでいたみたい。

いろいろ聞いているうちに、実は旦那とエッチがしたいっていうよりは、むしろ欲求不満が悩みみたいでした。

【続きを読む】

財布を落とした私が、出会い系で助けを求めてアナルマゾに堕とされていった

財布を落してしまい、どうしても支払いに必要だった為、出会い系で助けを求めました。 知り合ったのは同じ30代の独身男。彼は私の必要なだけ支払うから、アナルプレイを希望しました。

昔、付き合った人とアナルの経験がありましたが、もう何年もしてなくて怖かったです。

【続きを読む】
検索フォーム
カテゴリ